5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

美女人事と面接プレイを楽しみてぇ

1 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/28(木) 12:17:17 ID:etcR5z4q
「緊張してるの?がちがちよ?」

2 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/28(木) 12:17:47 ID:JuDx5PV2
おっけ〜

3 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/28(木) 12:31:37 ID:puqLMJKc
さて飯も食ったし早退すしてイメクラ行くかな。

4 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/28(木) 12:37:40 ID:/MYcAJkv
>>1
詳しく

5 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/28(木) 12:39:25 ID:S0l0ZYfu
なると

6 :今日も雑炊 ◆bKaGbR8Ka. :2005/07/28(木) 12:54:56 ID:hw0a/tnT
パフパフ!


7 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/28(木) 23:45:46 ID:D2/ihy/b
「ぼく・・・・こういうの初めてなんです・・・」
「そう・・・・大丈夫。やさしくしてあげるから・・・。」
「は・・はい・・・。」
「うふふ・・・かわいいのね・・・」

8 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/28(木) 23:55:47 ID:D2/ihy/b
俺「あの・・・・ひとつ質問していいですか?」
美人面接官「なあに?」
俺「どこかで会ったことありませんか?」
美人面接官「え?私が?あなたと?・・・そういえば!」
美紗子(美人面接官)の脳裏に、稲妻のように記憶がよみがえる。
そう、美紗子がかってよっぱらいに絡まれていたとき、
偶然その場に居合わせた俺が、酔っぱらいを一喝し、
美紗子を助けたのだった。
美紗子は、淡い恋心を、その胸のうちに抱き続け、
今その思いがよみがえるのであった・・・
美人面接官「あ・・・あなたは・・・あのときの・・・」
俺「そう。思い出した?」
顔を赤らめる美紗子。
美人面接官「いやだ・・・わたしったら・・・・」

9 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/28(木) 23:58:13 ID:qo96P/Ra
という感じでお願いします

10 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/28(木) 23:59:28 ID:D2/ihy/b
美紗子の手を握り締める俺。
美しい顔を赤らめたまま、うつむく美紗子。
お互いの間に、沈黙が数分続いた・・・。

11 :羆出没注意:2005/07/29(金) 00:04:22 ID:356MChtv
でも仕事の方は不採用ということで。

12 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 00:06:56 ID:hqZ//zMK
お互いにじっと見詰め合う二人・・・・
もはや、二人は他人ではなかった・・・
美紗子の心臓の鼓動が高鳴る・・・
二人の顔は、徐々に近づいていく・・・・
美紗子は、とっさに顔をそむける。
美人面接官「だめ・・・・。今は、面接中なのよ?分かってるの?」
俺「がまんできないんだよ・・・。お前を、こんなに愛してるんだよ。
俺、お前のためだったら、なんでもやる。死んでもいい。」
美紗子の中で、何かが壊れようとしている・・・

13 :アバル:2005/07/29(金) 00:09:41 ID:AUg2ffPp
しかし、結果は不採用であったのだった

14 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 00:12:25 ID:hqZ//zMK
俺は、硬直して動けなくなった美紗子の背後に回りこみ、
そっと美紗子を優しく抱きしめた・・・
美人面接官「だめ・・・・」
美紗子の体は、汗でぐっしょりと濡れていた・・・

15 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 00:19:15 ID:hqZ//zMK
俺「この部屋、暑いよね・・・」
俺は、美紗子のスーツを優しく脱がせた。
大きくはないが、形のよい美紗子の胸のラインが、
ブラウスのふくらみで、くっきりと浮かび上がった・・・
美人面接官「やだ・・・・こんなところじゃ・・・」
美紗子がそう言い終わるや否や、俺は美紗子の唇を奪った。
美人面接官「んっ・・・・・」
美紗子は大きくのけぞる。

16 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 00:26:38 ID:11QJyorE
>>7
のが好み

17 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 00:29:50 ID:hqZ//zMK
二人のくちびるが重なり合う・・・
二人は、何もかも忘れて、むさぼるようにお互いの舌を絡めあう・・・
俺は、美紗子のブラウスのボタンを、ひとつひとつ、はずし始める・・
美紗子のブラは淡いピンクだった。
外からではよくわからなかったが、美紗子の胸は、意外と大きい。
俺は、美紗子を机の上へ押し倒し、むさぼるように乳首をなめまわす。
美人面接官「や・・・・っだ・・・・だめえ・・・」

18 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 00:34:37 ID:hqZ//zMK
この後二人はどうなるのか?
面接の行方は?
以下、作者急病のため、しばらくお休みします。

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)