5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

絡まれてた女の子を勇気を出して助けた?14

1 :グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA :2005/07/29(金) 00:58:25 ID:UQ8D+hRF
スッキリしない形で終わるのは嫌だったので立てました

2 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 01:00:11 ID:I8h2CekG
2

3 :鳥紳士 ◆KEiA2PcJ2Q :2005/07/29(金) 01:00:31 ID:+ZdwxssF
(´・ω・`)グモハンGJ!!

4 :鳥紳士 ◆KEiA2PcJ2Q :2005/07/29(金) 01:01:05 ID:+ZdwxssF
(´・ω・`)ageてみる。

5 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 01:01:49 ID:PRFsrEeH
おー、たてれたか

6 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 01:03:57 ID:loVRFp07
キタコレ。

7 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 01:09:09 ID:sQnzMAO5
>>1
では、スッキリさせましょう
まず、グモさんはモレ達とともに悩み語りあうつもりはあるのですか?
少なくともモレはありますよ

それとも、もう終わりにしたいのですか?

まず、そこからハッキリさせましょう

8 :グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA :2005/07/29(金) 01:09:19 ID:UQ8D+hRF
ここで少し僕の昔話をしたいと思います。(詳しくいうと特定されるので曖昧にしますが)
オレは小さい頃はアパートに住んでいた。2階に住んでいた。
真下には同い年の男友達T。隣には同い年の女の子Sが住んでいた。

本当はあんまり思い出したくないし話すつもりないんだけどみんなには話すよ。

すぐ近くにあったアパートに住んでいた同い年の男Yを含めていつも4人で遊んでいた。
みんな仲良かったんだ。
たぶん、オレを含めて3人ともSの事が当時好きだったんだ。

でもある春、その関係は突如崩れたんだ。交通事故で・・・
Sが死んだから。なんかよくわかんないが葬式かお通夜の前の日の夜に
オレ達は彼女の顔をみた。なぜか悲しくなかった。というか
死がなにかよくわかってなかったんだと思う。

葬式が終わった後も俺たちはいつもみたいにはしゃいでた。
死の意味がわかんなかったから。

9 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/29(金) 01:10:52 ID:et8Lk+q8
キターーーー(>∀<)!

10 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/29(金) 01:13:05 ID:et8Lk+q8
なんか他人事だけどめっちゃ悲しくなった。

11 :グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA :2005/07/29(金) 01:14:31 ID:UQ8D+hRF
その後Sのおばさんはおかしくなった。変な商売にはまっていた。
よく覚えてないんだけど在庫をたくさん抱えていた。
アパートの廊下にもその在庫の入ったダンボールが積まれていた。倒れそうなほどで人が
やっと通れる程のスペースしかなかった。
部屋もちらかっており、足の踏み場も無い程ちらかっていて、3DKの部屋の
1部屋はものが積まれてほとんど入れない状況だった。
でも仏間だけはきれいだった・・・


12 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 01:17:16 ID:sQnzMAO5
とりあえず、静かに聞きます

13 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/29(金) 01:18:22 ID:et8Lk+q8
その気持ちわかる気がする。大切なのをなくした後のさ

14 :即死宣言:2005/07/29(金) 01:20:26 ID:Amhvswuw
グモ・・・

15 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 01:22:10 ID:X5b/RaGO
>>1
途中で寝落ちするなよ
と、まず先に言っておく

さぁ聞きましょか

16 :グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA :2005/07/29(金) 01:25:43 ID:UQ8D+hRF
小3でYが小でTが他学区に引っ越していった。(となりの学区だが)
オレも小6にあがる時引っ越した(学区内だが)

オレはある程度たってから死とは何かわかってきた。
というか、おばさんをみるとなんか悲しくなった。引っ越す前だけど
よくおばさんに朝とか会った。
おばさんがドアを開けてると玄関にSの写真が飾ってある・・・
それだけでもオレは悲しくなった。

オレが中学にあがったくらいのとき母とおばさんが話す機会があった。その時の言葉が忘れられない。
Sも今頃本当はグモと同じ歳なんだよねって。なんか涙が出そうだったので
オレはその場を離れた記憶がある。


17 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/29(金) 01:28:31 ID:et8Lk+q8
かなしい。。。。

18 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 01:36:37 ID:CjaMhj7E
うんうん

19 :グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA :2005/07/29(金) 01:37:15 ID:UQ8D+hRF
でそんな事もあってオレは小学校の頃から医者になりたいと思ってた。
人を救いたいって。だから勉強をがんばってしてた。
小3の終わりごろだったと思う。3者面談の時、教師がオレの母にこう言ったんだ。
お子さんを私立中学に入れたほうがいいよと。

家はけして裕福じゃなかった。兄弟もいるし、母も働きにでていた。
父も肉体労働者だったし。
でも母はオレに期待してくれてた。だから、そんなの無駄だという親父を制して
小3の3月から学習塾に入れてくれたんだ。月何万もかかるような
高いところに。

20 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 01:37:21 ID:tpdVRFtc
それで・・・?

21 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/29(金) 01:43:59 ID:et8Lk+q8
感動的

22 :グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA :2005/07/29(金) 01:45:49 ID:UQ8D+hRF
でもオレは行ってた塾を1年ちょっとで辞めてしまった。
親父はあきれていた。オレは母の期待を裏切った。
遊びたい、それに学校の授業がわかってしまってつまらないという理由で。
その塾は河合塾のように私立受験コースでは無かった。(家の近くにそんなのなかったし、仕事があるので母に送ってもらうのも無理)
このままじゃ無意味だとオレが勝手に判断してしまったというのもある。
そんなこんなでオレは私立受験をあきらめた。

時は流れオレが中学生(公立中学)になった時、オレはまた親に塾に入れてもらえた。(中1の時)
以前と同じ塾だ。


23 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/29(金) 01:51:49 ID:et8Lk+q8
大切に育ててもらえたんだね!

24 :グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA :2005/07/29(金) 01:53:11 ID:UQ8D+hRF
すいません、オレの過去の話なんてつまんないですよね・・・

25 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 01:54:44 ID:612NNf4H
>>24
続けてくれ

26 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 01:55:30 ID:X5b/RaGO
自分から話し始めたんだろ最後まで話していいたいことまとめてみろ

煽りや荒らしなんていないぞ

27 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/29(金) 01:57:22 ID:et8Lk+q8
そんなことないよグモ
俺は聞いてるよ

28 :即死宣言:2005/07/29(金) 02:00:28 ID:Amhvswuw
おれらはお前を求めている。そうだろう?
続けてくれよ、グモ。頼む。

29 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 02:00:38 ID:sQnzMAO5
静かに聞き入ってるだけだよ
続けて


30 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 02:04:59 ID:9GBQRn8U
もう出てこないだろう。
今回のグモハンって本物か?

31 :グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA :2005/07/29(金) 02:05:36 ID:UQ8D+hRF
みんなありがとう、でもこの話だけはつまらないやめろって言われても話させて
もらうつもりでした。

学校の勉強が好きだったオレは小学校の時は塾をやめてからは家ではまったくというほど
勉強してなかったが、成績もかなり良かった。学校で真剣に聞いていたからだと思う。

その成果と塾の効果もあってか中学の最初のテストでも220〜230人中一桁の順位だった。
主要5教科で100点の教科も2教科あった。

たぶんこれでオレは調子にのったんだと思う。塾では特別選抜クラスだったので教師もきびしかった。
その厳しさからオレは逃げる為半年くらいでまた塾を辞めた。
辞めても成績が落ちないと勘違いしてか・・・
中学に入ってオレは野球部に入っていた。
親父は目を輝かせて高いグローブやバットを買ってくれた。
でも、レはこれも半年ももたずに辞めた・・・・・
親は本当にあきれていた、根性無しだと。。


32 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 02:09:19 ID:vhk/wHmK
ありゃりゃ。まぁちょっとあきやすい性格なだけだよ。
そんなやついくらでもいる。

33 :グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA :2005/07/29(金) 02:15:30 ID:UQ8D+hRF
それでも急激には成績は落ちず、けっこういい成績を維持していた。
(といっても医者とかはもう無理なレベルになってきてるが)
そして時は流れて中3になった。オレは私立の有名高校を目指していた。
1学期の進路希望でオレは教師にそう伝え、今の成績ならいけるだろうと
言われた。で、親に話したんだが、父親にはこう言われた。
お姉ちゃんが私立だから公立に行け。というか私立は行かせない。
行くくらいなら就職しろと。
でも、母はこう言ったんだ。
親父はああいってるんだけど、あんたががんばって合格すれば
入れてくれるよって。

34 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/29(金) 02:20:33 ID:et8Lk+q8
感動(涙)


35 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 02:26:57 ID:LSmg6ehm
過去話もいいが、今はとりあえず今はおまいがこのスレをどうしたいのか?
自分はどうするつもりなのかをはっきりさせるのが先だと思うが…

36 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 02:28:18 ID:sQnzMAO5
>>35
そんなこたぁ後でいいでしょ?
話を聞いてからでも遅くないと思うよ?

37 :グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA :2005/07/29(金) 02:29:12 ID:UQ8D+hRF
親父がああいってたからオレに私立推薦とかありえなかった。
だからオレはがんばって勉強していた。
でも、11月くらいに親父が25年くらい勤めていた会社を辞めた。(実質リストラだったらしいが)
パートのおばちゃんもいれても10人もいないような会社だったんだけど
以前からオレの親父と社長はうまくいってなかったらしい
で、オマエなんかいらんやめろと言われたらしい。
小6にあがる時に引っ越した家が分譲で家にはローンもあったので
大変な状況になった。私立高校とか言ってられる状況ではない。
姉も親に負担をかけないようにじぶんのおこづかいと携帯代はという感じで
バイトをがんばっていた。

でオレはというと、この時期からいきなり勉強をしなくなった。
テストの成績2学期期末からいきなり悪くなった。不良風の友達と付き合うようになっていた。
最低だなって思う・・・

でも親父は毎日のようにハローワークに通っていた。
それで1ヶ月後くらいにゴミ処理の仕事に就職した。
だいぶ給料は下がったみたいだけど。

38 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 02:29:15 ID:LSmg6ehm
>>31
じゃあ聞くなよ!!

39 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 02:33:31 ID:sQnzMAO5
もう一度張ってみる


ttp://www.9033700kg.com/vip_aluminum.html

40 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/29(金) 02:36:34 ID:et8Lk+q8
せつない。。。

41 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 02:42:43 ID:LSmg6ehm
>>36
ま、グモのスレだからな。
今まで通りグモの好きにすればいいさ。

42 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 02:48:13 ID:9GBQRn8U
何人兄弟なんだよ

43 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 02:59:28 ID:X5b/RaGO
もうすぐ30分経過か・・・やっぱ途中で逃げるのか・・・
ま、後で言い訳するんだろうけど・・・

バカらしい・・・寝よ

44 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 03:01:17 ID:sQnzMAO5
1・>>39のフラッシュ見て泣いてる
2・思い出に耐えられなくなり泣いている
3・寝オチしている
4・ネタがおもい浮かばない
ん〜あとなんかあるかな?

45 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/29(金) 03:06:51 ID:et8Lk+q8
多分1だな!
前回もそうだったもん
んで疲れて寝たとおもう

46 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 03:06:55 ID:5Ibrmqpp
自作自演に疲れてネタ

47 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 03:07:31 ID:LSmg6ehm
>>44
漏れ予想
4>3>1>2
2番は大穴だなw

48 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/29(金) 03:10:05 ID:45LifNlf
このタイミングでなんで止めるんだろうね

49 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 03:10:39 ID:sQnzMAO5
大穴というと・・・・
ニモ(まぁ、誰でもいいんだが)からTelきたとかw


50 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 03:12:46 ID:5Ibrmqpp
これがグモクオリティー

51 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 03:14:09 ID:PRFsrEeH
自慰に疲れてネタ(小穴)

52 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 03:15:42 ID:sQnzMAO5
人が少なくなったんで止めたっていうのもあったね

53 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 03:17:57 ID:IpWq6rn1
今回の文章は誰かが手を加えているか
グモとは別人が書いたものだと思われる。
何と言ってもスピードが違った!


54 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 03:20:30 ID:LSmg6ehm
そもそもここはチャットじゃないんだから、人がいなくなったから止めるのはおかしいと思うが

自分が、反対されようがこれだけは語ります!とか言ってたのになー

偽グモ疑惑があったから、あえてグモリティー全開?w

55 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 03:21:21 ID:sQnzMAO5
1・>>39のフラッシュ見て泣いてる
2・思い出に耐えられなくなり泣いている
3・寝オチしている
4・ネタがおもい浮かばない
5・ニモ(あるいは誰か)から連絡がきた
6・実は釣りだった
7・実はグモじゃなかった
8・オナヌーしている、んで寝た
9・観客すくなくなったんで張り合いがなくなって落ちた

他ある?

56 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 03:21:36 ID:u7CXOGeK
派生スレ見てメモ帳にネタを準備し投下

57 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/29(金) 03:35:53 ID:nHdzs/qj
みんなグモがいなくなったからって批判しすぎ!普通はこの時間は寝るでしょ?それにグモはテストの疲れがたまってるんだしさ〜!あと今いろいろなやんでたから精神的に疲れてたと思うから今は休ませてあげようよ!

長文マジすみまさんm(_ _)m

58 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/29(金) 03:40:09 ID:nHdzs/qj
そんなにながくなかったw
あとすみまさんになってた!すみませんm(_ _)m

59 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 03:40:34 ID:u7CXOGeK
>>57
ふう、ところでキミなんでグモハンクレイって名前かわかった?

60 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/29(金) 03:45:31 ID:45LifNlf
昔話だけは書くの早いんだねって書こうとしてたけど
結局暇つぶすだけつぶして飽きたら終わるんだね

61 :グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA :2005/07/29(金) 04:04:25 ID:UQ8D+hRF
結局オレは成績ボロボロになり近所の公立高校に入った。
時は流れ高2の12月頃だ。
姉は短大生だったんだが学校を辞めた。
それに影響されてかおれも何かが吹っ切れた・・・
別に学校に行かなくてもいいんだなって・・・・
オレは高2の3学期から学校を休みがちになっていった・・・・


遅くなってすいません、うとうとしちゃってました。
実際眠いので続きは明日にさせていただきます。すいません、おやすみなさい

62 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 04:17:50 ID:epDfIjAO
>>61
おやすみ〜 ノシ

63 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 04:17:53 ID:sQnzMAO5
答えは3番の寝オチでした

さて、オナヌーしたしネヨカ

64 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 05:44:26 ID:P9hfvaci
愚喪、同情買おうと必死だな。

死ぬとか、昔語りとか、
そーゆーいかにもな手段で
住人達をコントロールしようとするのな。

 24 名前: グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA [sage] 投稿日: 2005/07/29(金) 01:53:11 ID:UQ8D+hRF
 すいません、オレの過去の話なんてつまんないですよね・・・

 31 名前: グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA [sage] 投稿日: 2005/07/29(金) 02:05:36 ID:UQ8D+hRF
 みんなありがとう、でもこの話だけはつまらないやめろって言われても話させて
 もらうつもりでした。

なにこれ?書く気マンマンなくせに、この同情引く気がミエミエの前振り!?


あと、RYO ◆S/24kcgAJM が愚喪の自演なのがバレバレ
どのレスも愚喪臭いけど、特に >>57 が愚喪臭全開。


やっぱこいつ人として最低としか思えない。


65 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 05:52:38 ID:P9hfvaci
っつーか、もうニモとかもどーでもいいから
今すぐこのスレ止めろ。

前スレ終わり直前で死ぬとか生きてる意味とか
突然グダグダ言い出して、
つまりは新スレ立ての下地つくりだっただけだろ?

前スレで

 890 名前: グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA 投稿日: 2005/07/28(木) 23:29:44 ID:6nvzhOIA
 >>888
 心がもう折れかけてます。
 なんかわかんないんだけどもやっと感があって。。。。
 というか、今のこのスレが僕にとってはストレスになってるのかも

こんなこと書いておきながら、

 1 名前: グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA 投稿日: 2005/07/29(金) 00:58:25 ID:UQ8D+hRF
 スッキリしない形で終わるのは嫌だったので立てました

これは何だ!?
いい加減にしろ
お前はどこまで自分本位なんだ!?


66 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 05:59:30 ID:P9hfvaci
それにさ、その昔語りが本当なら
土日にゲーセン行きまくりはありえないんじゃね?

姉短大辞めてんのに、お前は大学(?)行って
バイトもしないでゲーセン行きまくりか?
自動車学校だって、安くないよ?
飯が合わないとかで止めたり、また通ったり
そんな簡単に出来るの?


愚喪、同情引きの貧乏話ならもっとうまく作れ。
正直釣りにもなってない。


67 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 06:03:24 ID:P9hfvaci
>>61
姉は短大辞めたんだろ?
お前は”吹っ切れた”のに休みがちなだけか。
んで、今は大学生(?)な訳だ。

ハァ!?って感じ


同情引きの貧乏話ですら自己中全開で腹が立つ


68 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 06:11:05 ID:P9hfvaci
 1 名前: グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA 投稿日: 2005/07/29(金) 00:58:25 ID:UQ8D+hRF
 スッキリしない形で終わるのは嫌だったので立てました


 7 名前: 名無しさん@毎日が日曜日 [sage] 投稿日: 2005/07/29(金) 01:09:09 ID:sQnzMAO5
 >>1
 では、スッキリさせましょう
 まず、グモさんはモレ達とともに悩み語りあうつもりはあるのですか?
 少なくともモレはありますよ

 それとも、もう終わりにしたいのですか?

 まず、そこからハッキリさせましょう


 8 名前: グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA [sage] 投稿日: 2005/07/29(金) 01:09:19 ID:UQ8D+hRF
 ここで少し僕の昔話をしたいと思います。(詳しくいうと特定されるので曖昧にしますが)


常に自分本位、それがグモリティ


69 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 06:32:36 ID:+udc0Pnl
    小倉優子の真実!!ペラペラとギャル語調子で話すゆうこりん!!(某番組にて)

http://www.tanteifile.com/download/geinou/geinou09/01.mpg
http://www.tanteifile.com/geinou/scoop_2003/10/14_01/index.html



70 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 07:24:15 ID:P9hfvaci
愚喪、どーしても住人達無視して自分語りしたいんだったら
ホリエモンにブログ借りろ

もしくは

      r;ァ'N;:::::::::::::,ィ/      >::::::::::ヽ
.      〃  ヽル1'´        ∠:::::::::::::::::i
       i′  ___, - ,. = -一   ̄l:::::::::::::::l
.      ! , -==、´r'          l::::::/,ニ.ヽ
      l        _,, -‐''二ゝ  l::::l f゙ヽ |、
        レー-- 、ヽヾニ-ァ,ニ;=、_   !:::l ) } ト
       ヾ¨'7"ry、`   ー゙='ニ,,,`    }::ヽ(ノ
:ーゝヽ、     !´ " ̄ 'l,;;;;,,,.、       ,i:::::::ミ     チラシの裏に書いてろ、
::::::::::::::::ヽ.-‐ ト、 r'_{   __)`ニゝ、  ,,iリ::::::::ミ
::::::::::::::::::::Vi/l:::V'´;ッ`ニ´ー-ッ-,、:::::`"::::::::::::::;゙ ,     な!
:::::::::::::::::::::::::N. ゙、::::ヾ,.`二ニ´∠,,.i::::::::::::::::::::///
:::::::::::::::::::::::::::::l ヽ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /
::::::::::::::::::::::::::::::! :|.\;::::::::::::::::::::::::::::::/ /



71 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 07:39:37 ID:X5b/RaGO
やっぱり途中で逃げたか・・・クソグモ

今日の態度次第ではここもすぐ埋められそうな




・・・ヨカンwwwwwwwwwwwwwww

72 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 08:08:52 ID:LSmg6ehm
>>64-68>>70
グモから見れば荒らしの様に見えるかもしれないが、言ってる事は正しい。

住人から指摘・批難されたら、当分の間逃げる。
スレが終わったらやって来て自分で立てて、ほとぼり冷めた頃に何事も無かった様に語り始める。
同じ事の繰り返しだな。
進歩なさすぎてこっちが虚しくなってくるよ orz

自分が間違ってるんじゃないか?と少しは考えたりしないのかと小一時間(ry

73 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 08:44:16 ID:blaUtf/X
よくわからないんですが
グモハンクレイとニモハンクレイの恋話をすればいいんですよね?

74 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 09:01:56 ID:8pCKrwca
グモは他人の神経を逆撫でする天才だなw

75 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 09:04:05 ID:BN5U4qaz


  グモ マンセ〜

76 :鳥紳士 ◆KEiA2PcJ2Q :2005/07/29(金) 09:11:43 ID:+ZdwxssF
(´・ω・`)

77 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 09:22:56 ID:DL0JL5Gc
>ここで少し僕の昔話をしたいと思います。(詳しくいうと特定されるので曖昧にしますが)
>オレは小さい頃はアパートに住んでいた。2階に住んでいた。
なんでいきなり一人称が変わるんですか?

78 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 09:23:20 ID:8pCKrwca
グモの「死にたい…」「生きてる意味…」アンド昔語りは、
よーするに
「みんな僕に注目して!
でも批判はダメ!!
同情と称賛のみOK!!!」
っつーことだろ。

79 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 09:26:25 ID:8pCKrwca
>>77
私小説を書いてるつもりだから。
何自分に酔ってるんだか。

80 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 10:47:08 ID:urojle4g
ていうか報告ねーから今のグモの状況が全くわからん

いきなり昔話されても・・・って感じ

81 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 11:13:46 ID:vhseL8Ly
ハマーンに相談しろ

82 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 11:17:45 ID:OXHhZrxf
さっき絡まれてる女の子を助けたら
逆にボコボコにやられ財布も取られ
その子も逃げてしまいました
映画のようにはいきませんね…

83 :緒之犬 ◆8VXrTokf1s :2005/07/29(金) 11:18:39 ID:RuIpBY3i
まだあったんだな…

84 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 11:20:33 ID:OT5onx8u
>>77
  ワ   ロ   ス

85 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 11:58:50 ID:ifLQS7VW
グモ故意よー

86 :名無し@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 12:30:38 ID:z0EA0rWm
ウーン グモは結局このスレでどうしたいんだろ?
アドバイス欲しいならちゃんと報告して欲しいし
いらないんだたったら このスレやめたらいいのに

87 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 12:35:54 ID:8pCKrwca
貧乏で姉が短大辞めて、
さて、この後自分が大学行って、バイトもせずにゲーセン通いの話にどう繋げるつもりやらw

88 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 13:38:08 ID:kyLOWfE0
疑問点まとめ
1.おとんリストラで家計大変→服に5万、教習所に2回も通う、土日はゲーセン通い
2.1人称僕→オレ
3.高2の終わりから学校サボり気味→現在大学生
4.友達がいない→不良風の友達と付き合ってた
5.RYOの存在

89 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 13:39:43 ID:urojle4g
資金源だけでも教えてくれよ

グモ

90 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 13:48:59 ID:hK0E2Zn8
クソグモクエストV
そして伝説へ…

91 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/29(金) 14:12:27 ID:et8Lk+q8
>>88
5のRYOの存在は関係ないでしょ!
俺はただ単にグモの応援をしたいと思ってるだけだよ。
てか荒れたらグモがこなくなるんだよ。まぁたしかにスレたてた人(主役)が
なんも言わずに書き込まなくなるのはよくないけどさ。それはグモに耐える精神力がなかったからだよ!
本人が言ってたじゃん!だから何も言わずに黙って見守ろうよ!
それでグモが俺らを必要としたら、またみんなでグモの相談にのろうよ。

俺のこと「なんだこいつ!」って思うかもしれないけど
俺はこれからもグモを応援していく。

92 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 14:26:59 ID:4CTYoUog
てかなんでコテつけてるの?

93 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 14:37:55 ID:urojle4g
>>92
印z(ry

94 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 14:57:07 ID:MDrOY18L
>>82
詳しく。グモいないし。

95 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/29(金) 15:34:57 ID:et8Lk+q8
てか関係ないけど俺にも勇気があったらな〜!
俺はいつもにげてばかりいた。女の人が男の人にいろいろ言われているときでさえ。
勇気がない男さ


96 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 15:48:04 ID:pI4suYnM
スレタイと現状があっていないスレはここですか?


97 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 16:26:34 ID:Q6Hv1jqf
>>92
夏厨だから

98 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/29(金) 16:30:22 ID:45LifNlf
みなさんがトリップつけろっていうからつけたんですが・・・

99 :グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA :2005/07/29(金) 16:38:24 ID:wYMTh+7u
高1の頃からオレはいろいろなバイトをしていたがどれも3ヶ月ともたなかった。
スーパーのレジ、居酒屋、ピザの宅配、引越し・・・・・

成績は、レベルの低い高校に入ったという事もあってある程度余裕があった。
3学期から休みがちになったけど、それまでしっかり行っていたので問題はなかった。

そして3年生。遅刻・早退・欠席しまくりだった。1年で遅刻は50回くらい、早退20回くらい、
欠席も40くらいした。でも、卒業はできた。
2月にみんなが卒業式までの1ヶ月くらい休んでいる時にがんばって学校に行ったり
プリント補充していたからだ。
この頃には、オレの親父の仕事も安定していた。
母もソニーの契約社員だったので家計もだいぶ一時期に比べたら安定していた。
姉はフリーターだが・・・

話は少し戻るが、3年の11月頃からオレは進路に悩んでいた・・・・
もちろん、大学推薦なんてもらえる訳も無い。
レベルの低い高校だったので良い大学の推薦なんてもともと無かったが・・・

100 :RYO ◆JfSYbtVKo6 :2005/07/29(金) 16:38:59 ID:45LifNlf
俺に挟まれるグモ

101 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 16:42:43 ID:VAx7Bijf
クソすれ立てんな

糸冬了

102 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 16:48:11 ID:w9iBnYrO
続きまーだー?

103 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/29(金) 16:49:00 ID:45LifNlf
あと半日は来ないよ

って書くと直ぐ来るよ

って書くと半日来ないよ

って書くと

104 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 16:49:22 ID:QwbUM2xY
いとふゆ

105 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 16:52:28 ID:hrRZ+T8Q
                      __,,:::========:::,,__   ギガショボ〜ン
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...  
                      ..‐´      ゙          `‐.. 
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                        ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'         /  |||||||||   \
   |                        ● ,,.  .,,   ●                 ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /           (__人__)             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il|||ilii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||i|ii||ll/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´



106 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 17:16:53 ID:gFc8dvAN
ひさびさにこっち来たけどさ
昔話語ってるのって、絶対派生スレの影響だよね?
向こうでは昔話でだいぶ盛り上がってるからねw

で、グモは昔話を語ったらすっきりするのか?てか、ニモどこ行ったの??

107 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 17:22:39 ID:w9iBnYrO
今頃矛盾点をどう修正するのかゴーストライターと相談中です。すんばらくおまつくだすぃ

108 :グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA :2005/07/29(金) 17:30:57 ID:wYMTh+7u
もう疲れたよ・・・せっかく話しても派生スレがどうとか
ゴーストライターがどうとか自演とか言われて・・・・・・・・・



109 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 17:32:01 ID:blaUtf/X
↑正しくは脳内のゴーストライターですよ

110 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/29(金) 17:33:28 ID:45LifNlf
話したいなら話せばいいじゃん?
俺らのためにせっかく話してくれてたの?

111 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 17:34:09 ID:blaUtf/X
ここは「絡まれてた女の子を勇気を出して助けた」ってスレですよね?
オマエの半生となんか関係あんの?

112 :表島次郎:2005/07/29(金) 17:34:28 ID:PDxtj71F
(罠に)絡まっていた鶴を助けたらお礼に鶴宮城へ連れて逝ってくれた。

113 :表島次郎:2005/07/29(金) 17:37:06 ID:PDxtj71F
グモが出てくるとすかさずRYOが出てくる件について

114 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 17:37:38 ID:hrRZ+T8Q
       ウワァァァアン!!
                 。・。∧_∧。・。
                。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
                  o( U U
                   'ー'ー'


115 :オッチョンジ何でそんなこと言うのかな:2005/07/29(金) 17:37:39 ID:maxTv0nH
スーパーファイト

青コーナー熊田曜子対赤コーナー山崎真実

判定の結果をお知らせします
29対29.5ドロー 29対30赤 山崎 29対30赤 山崎
勝者山崎


116 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/29(金) 17:38:14 ID:45LifNlf
じゃあ俺はずっといればいい?

117 :オッチョンジ何でそんなこと言うのかな:2005/07/29(金) 17:38:47 ID:maxTv0nH
ダメぽ

118 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 17:39:57 ID:blaUtf/X
>>116
オマエ誤爆していついてんじゃねえよ

119 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/29(金) 17:40:19 ID:45LifNlf
誤爆って何の事?

120 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 17:40:42 ID:blaUtf/X
すまん>>117だった(´・ω・`)

121 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 17:41:27 ID:sQnzMAO5
>>108
グモさん何か勘違いしてない?
せっかく話っていっても話終わってないし
続きがこないで暇だから雑談してるだけでしょ?
まぁ、悪意のあるレスもあるけど

でもさ

一番怖いのは無視されることだよ
何だかんだいったって、相手にしてる
相手にされてる内が華だと思うけど?
ま、とにかく話をつづけて
黙って聞いてるから

122 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 17:41:42 ID:hrRZ+T8Q
  / /  ∧  \ ヽ
     |   /_l     |
     ヽ /   l   ,ノ
     /     /      _ ─┐
    ノ  \ ノ  \    _  ⊂
                    ─┘
        ,/  ,/
        \,  \,



123 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/29(金) 17:41:50 ID:45LifNlf
良く見ればわかることだった
俺こそ頭悪くてごめん

124 :オッチョンジ何でそんなこと言うのかな:2005/07/29(金) 17:42:05 ID:maxTv0nH
すまん>>118だった(´・ω・`)




125 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 17:42:59 ID:hrRZ+T8Q
      ______
            /   /   /|i ))
         (( i| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|: |i
         i|.終了だよ♪|: |i ))
         (( i|       .|/
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



126 :オッチョンジ何でそんなこと言うのかな:2005/07/29(金) 17:43:29 ID:maxTv0nH
>>123
おまえほんと頭悪いね。

127 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 17:44:00 ID:PDxtj71F
もう一匹のRYOが出てこないな

128 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/29(金) 17:44:06 ID:45LifNlf
でしょ?良く言われるんだ
でもおまえほどじゃないよ

129 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 17:45:03 ID:blaUtf/X
やべぇ・・・RYO・・・オマエピュアハーツだな

130 :RYO ◆dp7zOFlg9M :2005/07/29(金) 17:47:01 ID:maxTv0nH
RYO ◆wfgwLA5WrEオッチョンジ何でそんなこと言うのかな

131 :グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA :2005/07/29(金) 17:49:01 ID:wYMTh+7u
しかし、母はこう言った。大学いきなよ。
家の親父は高卒。母は子供くらい大学までしっかり行かせたいという考えだった。
オレは悩んだ・・・・しかし2月に受ける事を決断して3次試験で受験した。(3月に入ってから)
受けた大学のレベルも低かったので3次の募集定員は少なかったが合格したんだ。

2月の受験決意と共に免許合宿の予約もしてた。




ごめん、何が言いたいのかわかんないよね

132 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 17:49:08 ID:hrRZ+T8Q
          ヘ⌒ヽフ フーン
        ⊂( ・ω・ )つ-、
      ///   /_/:::::/
      |:::|/⊂ヽノ|:::| /」
    / ̄ ̄旦 ̄ ̄ ̄/|
  /______/ | |
  | |-----------| |




133 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 17:49:28 ID:blaUtf/X
まあせっかく来たわけだし
オッチョンなんとかの名前の由来でも聞かせてくれ

134 :RYO ◆dp7zOFlg9M :2005/07/29(金) 17:50:56 ID:maxTv0nH
131おまえじゃ無理だな。残念、、、、、、、、、、、、、、
行きつく場所はハードゲイ斬りーーーーーーーーーーーーーー

135 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 17:52:10 ID:hrRZ+T8Q
  ァ  ∧_∧ ァ,、
 ,、'` ( ´∀`) ,、'`
  '`  ( ⊃ ⊂)  '`
 
       


136 :RYO ◆dp7zOFlg9M :2005/07/29(金) 17:52:46 ID:maxTv0nH
ガキの使いで韓流スターとおおぎりコーナーで菅が言ってた言葉。

137 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/29(金) 17:53:34 ID:45LifNlf
俺がいっぱいいてうれしいよ。

138 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 17:55:05 ID:sQnzMAO5
>>131
うん、ブッチャケわかんない
でも、いいたいことはみんな言ってごらんよ
黙って聞いてるからさ

139 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 17:55:39 ID:hrRZ+T8Q
  ,-‐-、
 γ ・∋・ はて自分は
 | (゚Д゚)フ何がしたか
 (ノ γー、 ったのか
 | /  )
 || ノ
  "` "`


140 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 17:56:00 ID:nuFC7+ZR
>>137
おまえかわいいやつだなwww

141 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 17:57:30 ID:blaUtf/X
>>136
そうかよかったな。で夏休みの宿題とかはマメにやっとけよ

142 :ハマーン ◆1OmGEjChkI :2005/07/29(金) 17:57:58 ID:maxTv0nH
,、i`ヽ                        ,r‐'ァ 
 `ヽ::                      ::´
   ヽ ヽ        , -‐--、         / /
    ヽ \      I:::::::I_      _ / / ┌────────────
     ヽ  ヽ    i,(;;;ノI、;;;)l    ,,/  , '  <140 世も末フゥゥゥオオオオォォォオオオオゥゥ!
      ヽ  ` ー 、.,,ゝ´ヮ`,ノュ_, - '   r'    └────────────
        ` 、_ /::: `山':::::    /
         ヽ:::::::::::|::::::::"",r‐'
          〉::::::::|::::::::::¨/
         /;;;;;;;/;;;;;;;;;;/
        /;;;;;;;/:::::::::::《
        <;;;;;;;《:::::::::::::ヽ
      /   ヽI,r''"""^~ヽ
     /   ,/ ヽ    ヽ




143 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 18:01:17 ID:hrRZ+T8Q

  ァ  ∧_∧ ァ,、
 ,、'` ( ´∀`) ,、'`
  '`((⊂   つ)) '`



144 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 18:12:19 ID:sQnzMAO5
続きは夜中くらいかな?
しょがない、でかけよかな

145 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 18:18:29 ID:blaUtf/X
グモよ
オマエはなんで執拗に2ちゃんにスレ立てるんだ?
アドバイスにも反応なし、コピペのような文章ばかり
何がしたいの?


146 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 18:20:40 ID:hrRZ+T8Q
(・ω・`*)しらんがな



147 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/29(金) 18:21:36 ID:45LifNlf
グモは俺に逢いにきてるんだよ

148 :瞳ROY:2005/07/29(金) 18:24:01 ID:tWqhgyfK
それがグモリティー

149 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 18:38:36 ID:kPGlImGo
グモでてこないかな

150 :ハマーン ◆1OmGEjChkI :2005/07/29(金) 18:39:50 ID:maxTv0nH
,、i`ヽ                        ,r‐'ァ 
 `ヽ::                      ::´
   ヽ ヽ        , -‐--、         / /
    ヽ \      I:::::::I_      _ / / ┌────────────
     ヽ  ヽ    i,(;;;ノI、;;;)l    ,,/  , '  <あなただけ見つめてるフゥゥゥオオオオォォォオオオオゥゥ!
      ヽ  ` ー 、.,,ゝ´ヮ`,ノュ_, - '   r'    └────────────
        ` 、_ /::: `山':::::    /
         ヽ:::::::::::|::::::::"",r‐'
          〉::::::::|::::::::::¨/
         /;;;;;;;/;;;;;;;;;;/
        /;;;;;;;/:::::::::::《
        <;;;;;;;《:::::::::::::ヽ
      /   ヽI,r''"""^~ヽ
     /   ,/ ヽ    ヽ


151 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 18:43:40 ID:kPGlImGo
このスレはハマーン、アチュットジは出入り禁止

152 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 18:56:57 ID:tpdVRFtc
グモは何事も継続できなくて、がまん弱くて、ダメ人間って事がいいたかったのか?
つか言いたいこと全部逝っちまえYO

153 :グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA :2005/07/29(金) 19:00:59 ID:wYMTh+7u
オレは無力だなって。もっと力が欲しい・・・

154 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/29(金) 19:01:38 ID:45LifNlf
ぼくの顔をたべなよ

155 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 19:01:59 ID:612NNf4H
>>153
つ力

156 :ハマーン ◆1OmGEjChkI :2005/07/29(金) 19:02:11 ID:maxTv0nH
,、i`ヽ                        ,r‐'ァ 
 `ヽ::                      ::´
   ヽ ヽ        , -‐--、         / /
    ヽ \      I:::::::I_      _ / / ┌────────────
     ヽ  ヽ    i,(;;;ノI、;;;)l    ,,/  , '  <Berryz工房あなたなしでは生きてゆけないフゥゥゥオオオオォォォオオオオゥゥ!
      ヽ  ` ー 、.,,ゝ´ヮ`,ノュ_, - '   r'    └────────────
        ` 、_ /::: `山':::::    /
         ヽ:::::::::::|::::::::"",r‐'
          〉::::::::|::::::::::¨/
         /;;;;;;;/;;;;;;;;;;/
        /;;;;;;;/:::::::::::《
        <;;;;;;;《:::::::::::::ヽ
      /   ヽI,r''"""^~ヽ
     /   ,/ ヽ    ヽ


157 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 19:07:06 ID:sQnzMAO5
>>153
ふむ・・・・・・
やっぱ、まずは大学いって勉強して
なおかつバイトも一生懸命やってみる
目標六ヶ月ってことで

158 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 19:12:20 ID:nuFC7+ZR

 力 が 欲 し い か ?

力が欲しいのなら・・・



てめーにはやんねー!クソして寝ろ!!

159 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 19:24:49 ID:VCtc6Nn2
やっと生グモに遭遇。

160 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 19:25:06 ID:blaUtf/X
どうでもいいが一人よがりはもうたくさんだ。
これ以上スレタイとは関係ないことグダグダ言うなら
もう終わりにしないか?


161 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 19:25:35 ID:kPGlImGo
グモはやくでてこいよ

162 :グモハンクレイ男:2005/07/29(金) 19:27:15 ID:kPGlImGo


163 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 19:30:05 ID:8pCKrwca
高校の時はバイト三昧だった訳ね。で、今はゲーム三昧な訳だ。
母は、お前には大学行けと言ったんだ、姉は短大辞めてフリーターのままなのに。
お前の家の経済力もお前の都合で回ってるようだな。


164 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 19:32:32 ID:8pCKrwca
>>91
自分で自分を応援してそれで満足なら、スレ立てんなよ
なあ、グモ


165 :グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA :2005/07/29(金) 19:33:47 ID:wYMTh+7u
姉が短大辞めたのは経済的理由じゃないです。姉は2個上なんですけど。
自分のわがままで姉はやめただけというか。

166 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 19:39:15 ID:612NNf4H
>>165
あんまり親御さんに迷惑かけるなよ。

167 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 19:39:25 ID:sQnzMAO5
>>165
てか、続きは?
とりあえず、最後まで聞こう
てか、聞きたい

168 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 19:41:39 ID:kPGlImGo
グモハンまとめが更新されていない件について

169 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 19:42:52 ID:sQnzMAO5
>>168
まとめは義(ry

170 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 19:43:05 ID:8pCKrwca
>>165
お前、言ってることが矛盾してないか?
脳内ライターともう一度相談して来い


171 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 19:44:03 ID:kPGlImGo
今、グモハンは自分がいじめられていると思っているに違いない!
http://the-fooo.dyndns.org/foo/foo/flash/rw.swf

172 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 19:44:47 ID:sQnzMAO5
>>170
てか、自分の気分っていうか都合に合わせて
周りの状況の認識を変えちゃってるのでは?
ダメダメな人によく見られる症状だったりする

173 :弟。 ◆GxL2yKkN1M :2005/07/29(金) 19:52:12 ID:4dLpwtcX
もうね、グモに出来る事っつったら

死ぬ。

か、もしくは

地球から出て行く。

くらいしか無いんじゃね?

174 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 20:00:08 ID:a99BKnAr
とりあえず言ってみる。

グモ、何でもいいからもう書け。
過去の話は、真実でも脳内ライターでもいいからけりつけて。
最後に言いたいことあるんでしょ?それまで続けるのは義(ry

で、後はどうなるか知らん。
ただ、何か『力が〜』とかやめて。それ以後禁止。リアルでも使うな。

175 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 20:02:40 ID:sQnzMAO5
フト思った
ぐもさんは自分の思うとおりにならないと
なんでもイヤになって止めちゃうのでは?
バイトとか教習とか塾とか・・・・など等
確かに、スレ見てるとそういう所を感じてしまう
どんなことでもいいから最後までやり遂げるのって大事だと思う

176 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 20:14:23 ID:8pCKrwca
>>172
同意

>>165
お前、姉まで自分勝手にしてしまうのか。
自分を棚に上げておいて。
こいつマジサイテー

177 :即死宣言:2005/07/29(金) 20:16:32 ID:Amhvswuw
ふぅ。随分言われてんな。確かにおかしなところがあるが、用はグモが人の気持を考えない駄目人間だってことを考慮すれば理解できるだろうが。
一人で何もできないクソ野郎だと自分で自覚したから、おれ達にアドバイスもらおうとしたんだろ?脳内だ、ネタだと全て否定するなら、黙ってろ。ネタなら、グモが満足するまでとまらん。


178 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 20:17:43 ID:SFK7O4Ne
まじで、まじでさ。もうね、ここまで私物化して良いのかと。
スレを立てたとは言え、ここで自分の内情やら自分史やらを吐露して。
もうね、好き放題とはこのこと?

こんなの、書籍化は無理だから。もうね、良いんじゃ?
早めに  m9(^Д^)プギャー    で、終われば?
大体テスト期間だとか言って来れないくせに、三連休位でなに急に自分語り初めてんのさ。
もうね、無駄。存在自体無駄。

こんな奴相手なのに、周りは「とにかく書け」「落ち込むな」「聞いてるよ」励まし放題。
なのに、大事な所になると「眠い」「試験期間だから」「ケーブルが…」といって無期限に消える。
もうね、なんだろね。
書かないのは良いよ。来れないのも良い。事情は誰にでもある。
でも、何日位来れないとか、まだ無理とか、いくらでも相手を考えたレス返せるだろ。

もうね、いいじゃん。この展開で今後のスレ復活は望めないんだから、スッパリ釣りでしたっつって終われ。
今、お前に残された道はこれだけ。無駄に夏を過ごすな。外へ出れ。


179 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 20:18:09 ID:sQnzMAO5
>>176
でもさ、多かれ少なかれ
誰でもそういうところはあるでしょ?
妙に不幸ぶったりとかさ
まぁ、そこまでいうこたないと思うよ?


180 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 20:22:24 ID:sQnzMAO5
>>178
そのキレっぷりの裏側には
信頼というか愛情というかそんなものがあったのかな?

グモさんも言葉を額面通りに読まないで欲しいな
って言ってもウマノミミニネンブツっぽいけど
スレ8とか9辺りで熱く語った人は冷め切って
見てるだけだからねぇ
無視されたら終わりなのにねぇ
気づかないのかなァ

181 :RYO ◆OayhygRydg :2005/07/29(金) 20:24:17 ID:Q6Hv1jqf
昨日のアンビリバボーに出てたロシアの超能力少女は
曽我さんに似てたけど美乳だった

182 :即死宣言:2005/07/29(金) 20:28:42 ID:Amhvswuw
グモ、お前も荒らされんの覚悟しろ。ここは2CH。馴れ合い目的には向かない。
なぜここを選んだ?電車のパクりだと言われるのはわかったことだ。それでも、肯定的、否定的意見がくりひろげられるここで、自分をさらしたいと思ったからだろ?
もうやめたいなら、そう言え。おれは、お前が続けたいと言うと思うが。

183 :ハマーン ◆1OmGEjChkI :2005/07/29(金) 20:29:31 ID:maxTv0nH
,、i`ヽ                        ,r‐'ァ 
 `ヽ::                      ::´
   ヽ ヽ        , -‐--、         / /
    ヽ \      I:::::::I_      _ / / ┌────────────
     ヽ  ヽ    i,(;;;ノI、;;;)l    ,,/  , '  <Berryz工房なんちゅう恋をやってるぅYOU KNOW?フゥゥオォォオオゥ!
      ヽ  ` ー 、.,,ゝ´ヮ`,ノュ_, - '   r'    └────────────
        ` 、_ /::: `山':::::    /
         ヽ:::::::::::|::::::::"",r‐'
          〉::::::::|::::::::::¨/
         /;;;;;;;/;;;;;;;;;;/
        /;;;;;;;/:::::::::::《
        <;;;;;;;《:::::::::::::ヽ
      /   ヽI,r''"""^~ヽ
     /   ,/ ヽ    ヽ


184 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 20:32:02 ID:kPGlImGo
>>181
ほらよ 
http://www.uploda.org/file/uporg158602.jpg

185 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 20:32:22 ID:SFK7O4Ne
>>180
キレて見えるよね。でも、なんだろ。早く終焉を迎えて欲しいというのが本音。
信頼も愛情も、そんな人間に対して持つようなものを感じてるつもりはない。
早く、こいつがいなくなれば良いと思っているだけ。
私がここを見る見ないに関わらず、無益なやり取りが行われているだけで腹立たしいのだ。

SMAPがオヤジなのにも関わらず、はっちゃけて夏の歌を唄っちゃうくらい心寒い恥ずかしさが私にとってのストレス。

186 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/29(金) 20:34:12 ID:AmC5QQWM
>>185
今Mステでながれてるよ

187 :ハマーン ◆1OmGEjChkI :2005/07/29(金) 20:34:43 ID:maxTv0nH
,、i`ヽ                        ,r‐'ァ 
 `ヽ::                      ::´
   ヽ ヽ        , -‐--、         / /
    ヽ \      I:::::::I_      _ / / ┌────────────
     ヽ  ヽ    i,(;;;ノI、;;;)l    ,,/  , '  <Berryz工房なんちゅう恋をやってるぅYOU KNOW?フゥゥオォォオオゥ!
      ヽ  ` ー 、.,,ゝ´ヮ`,ノュ_, - '   r'    └────────────
        ` 、_ /::: `山':::::    /
         ヽ:::::::::::|::::::::"",r‐'
          〉::::::::|::::::::::¨/
         /;;;;;;;/;;;;;;;;;;/
        /;;;;;;;/:::::::::::《
        <;;;;;;;《:::::::::::::ヽ
      /   ヽI,r''"""^~ヽ
     /   ,/ ヽ    ヽ


188 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 20:35:43 ID:8pCKrwca
>>177
その自覚とやらをあなたは何処から読み取ったのですか?
スレを立てた事は理由になりませんよね、書籍化狙いとか目立ちたいとかいくらでも考えられますし。

189 :RYO ◆OayhygRydg :2005/07/29(金) 20:39:30 ID:Q6Hv1jqf
>>184
dクス

190 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 20:40:05 ID:SFK7O4Ne
言うなら今だ。
ほれ、グモ。  良いから   m9(^Д^)プギャー  ←あげるから

もう、周りも堪忍袋切れてほつれを繕ってたけでお、もう布も擦り切れてしまってるから。
今スレに居る奴も、終焉見れれば落ちつかね?ここに居る奴、ただ最後見て安心して終わりたいだけじゃね?

191 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 20:41:10 ID:kPGlImGo
昨夜のデリヘルのねえちゃん、あら正真正銘のプロフェッショナルだね。
とても18とは思えないFテクで、2度も簡単に逝ってしまった。
ねえちゃんうますぎ。18とか言っていたけどぜったいうそだね。
もし本当ならすごい18だわ。でもボディ汚いし、あそこは真っ黒でイボまで
あったし、目隠しでもしてFだけにしとくべきだった。

192 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 20:41:53 ID:8pCKrwca
>>179
常識の範疇の相手ならそう思う。
過去スレ読んだ上での発言だとしたら、君の心の広さに脱帽だ。

193 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 20:42:05 ID:kPGlImGo
結局あれからほとんど宿題も進まず僕たちは解散した。
「はぁ 再来週までには宿題終わらせたいな…」
家に着くと庭の縁の下でお姉ちゃんがギターをイジっていた。
「お姉ちゃんただいま」
「あぁ>>1、おかえり」
お姉ちゃんの持っているアコギはお父さんから貰ったものだ。
お姉ちゃんの音楽好きはお父さんの影響が大きい。お父さんは
古いロックが好きでエリッククラプトンやThe Whoなどをよく聞いていた。
それらの曲を毎日のように聞いていたお姉ちゃんがお父さん
の様に音楽好きになったのも実に自然なことだ。
「今日予備校の帰りにストリートの若者が歌ってたの、
大して上手くはなかったんだけど、久しぶりにギターのこと
思い出しちゃってね」
そう言うとお姉ちゃんは楽しそうに微笑んだ。
「帰りに弦買ってきたの。今張り終わったから一曲弾いて
みようと思ってたんだけど聞いてくれる?」
「うん いいよ」
「フフッ ありがと」
そう言うとお姉ちゃんは井上陽水の少年時代を歌いだした。
僕は歌を歌っているお姉ちゃんが好きだ。小さいとき、眠れない
夜はよくお姉ちゃんが子守歌を歌ってくれた。
「夏がすぎ 風邪あざみ 誰の憧れにさまよう…」

夕日に照らされながら歌を歌うお姉ちゃんはどこか神秘的な
雰囲気がした。

194 :ハマーン ◆1OmGEjChkI :2005/07/29(金) 20:42:20 ID:maxTv0nH
,、i`ヽ                        ,r‐'ァ 
 `ヽ::                      ::´
   ヽ ヽ        , -‐--、         / /
    ヽ \      I:::::::I_      _ / / ┌────────────
     ヽ  ヽ    i,(;;;ノI、;;;)l    ,,/  , '  <スレ違いフゥゥオォォオオゥ!
      ヽ  ` ー 、.,,ゝ´ヮ`,ノュ_, - '   r'    └────────────
        ` 、_ /::: `山':::::    /
         ヽ:::::::::::|::::::::"",r‐'
          〉::::::::|::::::::::¨/
         /;;;;;;;/;;;;;;;;;;/
        /;;;;;;;/:::::::::::《
        <;;;;;;;《:::::::::::::ヽ
      /   ヽI,r''"""^~ヽ
     /   ,/ ヽ    ヽ


195 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 20:42:38 ID:kPGlImGo
「えー! 海の近くの別荘!!」
「うん >>4君がお姉ちゃんも行かないかって」
「いくいく〜 最近受験勉強ばっかでストレス溜まってたのよ」
「来週の金曜から二泊三日て、あんた日曜の模試はどうすんの」
ハシャグお姉ちゃんにすかさずお母さんから横やりが入る。
「えぇー そんなの休むよ〜 だって高校最後の夏休みだよ ラストサマーだよ」
「何言ってんの! そんなことじゃ浜美受かんないわよ」
お姉ちゃんは浜美という美大を目指していた。それほど難しい
ところではないらしいが部活ばっかりでろくに勉強をして
いなかったお姉ちゃんにはなかなか厳しい目標のようだ。
「英語以外からっきしなんだからもうちょっと勉強しなきゃ
だめでしょ」
「ブゥ〜」
子供っぽくホッペタを膨らませるお姉ちゃんを見かねて僕が
話し出した。
「じゃあちょっと僕が>>4君にメールで相談してみるよ」
「ほんと!?」
とたんにお姉ちゃんの目が輝いた。
「聞いてみるだけだよ。上手くいかなかったら我慢してね」
「うんうん いざとなったら模試なんてサボっちゃうから大丈夫」
ガチャチャンッ
お母さんがワザトらしく音をたてて食器を洗う。
自分の部屋に戻り、僕は>>4君にメールをした。


196 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/29(金) 20:42:43 ID:AmC5QQWM
>>184
よーくみると乳首がみえるw

197 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 20:43:08 ID:1tGcy34+
>>176
姉はわがままで辞めてるだろう・・・親思いだったら短大入ってないだろ。
普通授業料一括納入だし、辞めたら逆にもったいない。
その状況で本当に苦しかったら入学する前に就職だろ。母がソニー社員だから経済余裕ありそうだし。
辞めてからフリーターだっていうし。
>>170>>172>>176状況判断悪すぎwwwお前らが勝手に脳内フィルターかけてるんだろ?wwww


198 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 20:44:08 ID:kPGlImGo
眠いからプロフだけ…

由良マガヒト ユラ マガヒト
15歳。空音高校1年。
母親はマガヒトを産んですぐに他界、父親は謎の失踪を遂げる。
武家屋敷に一人で住んでいるが、週に何度か親戚の人が世話をしに来てくれる。

県 鼎 アガタ カナエ
17歳 空音高校2年。
5年前に交通事故で両親を失い、母方の祖母に引き取られる。
明るい性格で誰とでも仲良くなれる。
胸の 薄さ がコンプレックス。

199 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 20:45:07 ID:oJNOg0iA
プロフ2

木守 連 コモリ ツラネ
17歳。空音高校2年。
写真部に入って真面目に活動していたが、最近では裏で鼎の盗撮をしていた。

如月 透子 キサラギ トウコ
17歳。空音高校2年。
鼎の親友で、つい最近彼氏と別れたばかり。

斑弥 逸美 マダラヤ イツミ
25歳。酒屋の娘。
由良家とは親戚にあたり、マガヒトの家に世話をしに行っている。
マガヒトの事を一人の男として狂おしい程愛している。

200 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 20:45:38 ID:oJNOg0iA
ごくフツーというか、まぁ、普通より結構優秀な高校生小村七海が、ある日突然吸血鬼になる。
七海に「好きだ」と告白した宮路ゆかりという少女は、実は教会から派遣された悪魔退治のスペシャリスト。
吸血鬼であることを知られ、吸血衝動を抑えながらなんとか逃げていた七海の前に、
演劇部時代の後輩、遠野翼が現れる。七海は吸血衝動を抑えきれず、彼女の血を吸う。
一方七海の双子の妹六花は、半身を失ってしまって狂喜乱舞。悪魔に取り付かれる。
その取り付いた悪魔というのは実は七海のクラスメートの野田弘樹だった。
戦いの中で、実は七海の中に『吸血女王の因子』なるものが入れられてしまっていたこと、
それを入れたのが遠野翼であったことが発覚。
そして、遠野の後ろで糸を引く人物とは誰なのか!?
たまにエロかったり、ややグロかったりする。


201 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 20:46:29 ID:oJNOg0iA
……く、は……」
明け方。七海は小さく息を吐き出した。
「なんだ、これ……」
嫌に身体が冷たい。自分の肉体はこんなに冷たいものだったろうか。
そして、心臓はこんなに静かに打つものだったろうか。
こんなに遠くまで闇の中を見渡せただろうか。
感覚が鋭かっただろうか。

ナニカ、オカシイ

それでも頭の中は嫌にクリアだ。
「…翼」
傍らで荒い呼吸をする少女に声をかける。
彼女は惚けた顔を七海に向け、薄く白みつつある空を確かめる。
「翼、動けるか?」
「はい、大丈夫です……」
遠野の顔を見ながら、自分を確かめる。
そうだ。俺は小村七海だ。
それ以外の何者でもない。
身体が、冷たい。
七海は遠野の身体を引き寄せる。自分よりほんの少しだけ、温かい。
ちゃんと体温を感じられる。まだ大丈夫。まだ大丈夫。「まだ」大丈夫だ。
「七海、先輩……?」
「……行こう、翼」

202 :RYO ◆OayhygRydg :2005/07/29(金) 20:46:31 ID:Q6Hv1jqf
>>198-199
それなんてエロゲ(ry


203 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 20:47:04 ID:oJNOg0iA
あぁ、明け方の空気というのはこんなに重苦しいものだったろうか?
今横に遠野が居なければ、七海は狂っていたかもしれない。
確かにナニカが変わっているのだ。
この、身体の中で。
「翼……」
身体が重い。
それは別に、朝の気だるさでもなければ、昨夜の戦いの所為でも遠野との行為の所為でもない。
身体が、ナニカ別の物のように、引き摺らなければ動いてくれないのだ。
「何か、ズレてきてるんだ……」
「……」
「段々俺の中に何かが入ってくる。いや、違う。内部から俺を壊そうとしてる」
遠野は何も言わない。少しだけ悲しそうに、瞬きをする。
七海は言葉を紡いだ。
「…………これが、『女王の因子』か?」
数秒の、沈黙。長い沈黙。
少女は確かに頷いた。
「はい。貴方を食らい尽くそうとする吸血鬼の女王の因子、です」

七海は一体何のために遠野が自分にそんなものを植え付けたのか、知らない。
でも、信じてる。
彼女を信じられないのなら、もう自分すら信じられない。
このまま女王とやらに喰われたって、七海は遠野を信じ続けて「消える」だろう。



204 :アチュットジ:2005/07/29(金) 20:48:23 ID:gAboqwkA
絡まれてた女の子を助けてレイプした人のスレはここですか

205 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 20:48:39 ID:oJNOg0iA
半ば吹っ切れたように七海は遠野を見つめた。
そして、言う。
「俺が消えても傍に居てくれるか?」
遠野は、笑う。
「貴方は、消えない。私が消さない。私が先輩を守ります」
背伸びをして七海の唇に、キスをする。

206 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 20:49:32 ID:oJNOg0iA
昼が来て、吸血鬼達は日の当たらない場所へと身を隠した。
「………これから、どうすればいいんだろうな」
地下水道の中に声が反響した。
七海の言葉に、遠野は少しだけ姿勢を改めた。
「七海、先輩。会ってもらいたい人がいます」
その人物に、七海はある程度見当をつける。
「……お前に『因子』を与えたとかいう奴か?」
「はい、その人です」
七海に因子を植えつけるため、遠野を使ったという「黒幕」。
確かにそれは興味深い。
「じゃあ、日が落ちたら案内してくれ」
「いいえ、『彼』はここに来るでしょう。私たちの場所など筒抜けでしょうから」
「は……見張ってやがるのかよ」
誰か知らない男に向かって、七海は舌打ちをした。

207 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 20:50:05 ID:oJNOg0iA
夜が、やってくる。
血がそれを伝えてくる。
ずっと闇の中に居ても、夜の気配が世界を侵食するのが肌に直に伝わるのだ。
「七海、先輩。起きてますか?」
「いい加減その先輩ってのをやめろ、翼」
一応恋人同士だろうがと寝起きの不機嫌な顔で言うと、遠野は困りながら照れるという器用な顔をした。
「あぁ、えっと……そろそろ『彼』が来ると思うんです……」
呟く声に、七海は鼻をひくつかせた。
汚れた水の匂いに混じって、微かにソレの匂いが、する。
人間ではないのは確かだ。
七海は立ち上がり、ソイツを待ち受けることにする。
隣では遠野が、ソイツが来るであろう方向をじっと見つめていた。

かつん、かつん、かつん、かつん、かつっ

「やー、七海。久し振り」
ソイツはやけに軽い調子で声をかけてきた。
「どうしてお前が……ここに、いる?」
七海はそれ以外い吐く言葉が見当たらない。
───佐藤
「どうしてって言われても、今のお前なら分かるだろ、俺がヒトでないことくらいさ」
異様に細い腕伸ばし、大げさな振る舞いで佐藤は肩を竦める。
どういうことなのか、分からない。

208 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 20:50:37 ID:oJNOg0iA
佐藤から漂ってくる匂いは明らかにヒトのものではない。
しかし、佐藤は……去年までクラスメートで……よく学校をサボってて……
混乱する七海に、佐藤は笑いながら言う。
「まぁ、こんなドブ臭いところで話すのも気分が悪い。今日はいい月夜だぞ?」

確かに見事な月夜だった。
しかし月見を楽しむような余裕は無い。
「何で佐藤が……」
「その辺りは話すと長い。簡潔に、『因子』を何でお前に植え付けたのかって話をしようじゃないか」
しばらく黙っていたが、七海は小さく頷いた。

「そもそも女王は、死ぬ前に誰かに己の因子を植え付け、そうして身体を乗り移って生きてきた」
「……ありがちな話だな」
「だが、あるとき女王は因子を残し損ねてな」
佐藤は一度月を見上げ、溜め息を吐く。
「そのとき、傍に居た俺に呪いを掛けた」
「呪い?」
問い返す。佐藤は軽く溜め息を吐く。
「俺が女王の因子を誰かに植え付けない限り、永遠に行き続ける呪いさ」


209 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 20:52:16 ID:SFK7O4Ne
とどこおるな。書け。

210 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 20:53:35 ID:oJNOg0iA
>>209
ウルセーテメーが

211 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 20:54:03 ID:gFc8dvAN
てかさ、なんでグモはレスしないの?
一度ここに来たんならある程度書き込んでいけよ。
一人一人に対してレスしろとは言わない。あまりにも批判が多すぎてそれは難しいだろうし。
でも、自分で話を振ったならそれぐらい書いていけ
一気に書けないと思うなら、途中で「一度きります。」の一言でも入れれば大分読み手に対する印象は変わる。
それも無しに急に話止めるんじゃねーよ!

義務じゃ(ryとか言ってるが、お前だけは義務だ!!
それが嫌なら止めてもらって結構。
これぐらい言わないとおまえは俺らを完全なCPUとしか思ってないだろ

と、ガラにもなくマジレス

212 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 20:54:49 ID:SFK7O4Ne
私はエロゲしたことねーもん。
このスレをグモが来る前に埋めて欲しいだけだ。

213 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 20:55:47 ID:gFc8dvAN
すまん・・・なんか途中に割り込んでしまったな_| ̄|○

214 :RYO ◆OayhygRydg :2005/07/29(金) 20:56:27 ID:Q6Hv1jqf
ググッても出ないな。oJNOg0iAのオリジナルか?

215 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 20:57:09 ID:8pCKrwca
>>197
また名無しで口汚い反論か。
グモさぁ、お前が相手を罵る時っていつも同じ口調なんだよ。
自分で気付いてないのか?

216 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 20:57:42 ID:SFK7O4Ne
>>211
まんせー反応がないとスレを何らかの理由でやめるから、結局続かないの。
どうせ現れてもなんら進行しない所で終わるから、出てきても意味ないの。
さらに言うと、レスの必要性さえも感じてないと思われる節がアリアリなの。
だから、こない内にスレを終わらせてしまえば良いと思うんだ。
君はどう思うかい。

217 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 21:03:46 ID:gFc8dvAN
>>216
いいアイデアだな!!
>レスの必要性さえも感じてないと思われる
ここにはとくに禿同だよ

218 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/29(金) 21:04:03 ID:AmC5QQWM
別に進展してなくても
何でもいいからグモの話が聞きたい

219 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 21:05:29 ID:Q6Hv1jqf
>>216
こない内に終わらせてもまたコレ↓でしょう

1 名前:グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA [] 投稿日:2005/07/29(金) 00:58:25 ID:UQ8D+hRF
スッキリしない形で終わるのは嫌だったので立てました


220 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 21:05:37 ID:8pCKrwca
>>216
スレ埋めてもグモはまた立てるよ、どーせ。

221 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 21:08:59 ID:gFc8dvAN
>>218
マジでそう思うのか??大丈夫かよ?
心のそこから心配するよ・・・

一番良いのはこのまま放置がいいと思うけど、
結局は誰かが書き込むからね・・・

222 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 21:09:51 ID:8pCKrwca
>>218のRYO(グモの別人格)が出てきたからグモもそろそろ出て来るよ。

223 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 21:10:24 ID:sQnzMAO5
>>221
あ、ゴメン
モレも聞いてみたいw
でも・・・・・
みんなが言ってることをするなら
埋めるじゃなくて放置だと思うよ?
埋めるってかまってることだから


224 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 21:11:36 ID:oJNOg0iA
「チッ、、、寝ちまってたぜ…。」
ふと起きた俺は携帯の充電を立ち上げる。
続いてEZwebを立ち上げ、慣れた手付きでニュー速VIPへ、そしておにゃのこで検索を始める。

…!?
「……な…に……。」
俺は携帯を握り締めたまま固まった。あまりに興奮したのだろう、一言言い放つ。
「何故だ!? 何故投下が始まってる!?」
俺の前に写し出された『世界』。
【森蔵】なる人物の後書きから始まった【れあ】と呼ばれる人物の綴る幾多の文字。
そして俺は『すべて』知った。
「…そうか、俺は……乗り遅れた…のか………。」

____

ってことで一番キモイのは俺だwwwwwwwwwwww
佐藤イイヨー佐藤w


みんな消えてしまった…。私だけが残されたこの『世界』にいる…。
まるで、すべてが凍りついたかのような幻想を抱く『世界』でただ一人、私だけが活動している。

「…みんな…来ないのかなぁ……?」

そんな呟きは混沌の海に消えゆく。儚い夢の中にいるような…そんな……感じ。
隔離された時間の中で、残された輝きを必死になって集める。

「綺麗…。」

なんだろう、この気持ち…。胸が、、、痛い…。
偽りの自分を出すことでしか存在出来ない『世界』で、私は、、、待ち続けている。
いつかあの人たちが、、、あの輝きを、、、もう一度見せてくれると信じて…。

225 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/29(金) 21:11:40 ID:AmC5QQWM
俺の考え
今回の最初の方はグモはテンポよく書いていたけど
ちょっとこなくなったら急に荒れた
そうしたらこなくなった
今回も荒れているせいでグモがこないと思う

226 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/29(金) 21:12:06 ID:45LifNlf
夜はなんか進むのが早いんですね

227 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 21:12:14 ID:oJNOg0iA
ふと、目が覚めた。
二度寝してしまっていたらしい。なぜか涙が溜っていた。
それを拭い、ベットから降りると活動が始まる。
『あーあ、今日も戦争だなぁ…。』
そんなことを考えながら、早々に制服に着替えた。

部屋を出て、すぐに知った顔を見る。…いつもの光景だ。
「あっ、おはよう。」
俺の目線に少女の頭が見える。…いつも光景だ。
適当に「おはよう。」と言うとニコニコしながら「いつも私が起こす前に起きるね。」そう言い放つ。
それを聞きながら、黙って階段を降りる。
後ろからついてくる彼女。…いつも光景だ。

身支度を済ませた。朝食を採る。
この時間は両親がいない。いつも彼女と二人だ。
食事中は彼女がひたすら喋る。
今時の女の話題についていけない俺は適当に相槌を打つ。そして時間になると、彼女は急いで朝食を口に放り込む。
…いつもの光景だ。でも……いつになっても慣れないソレ…。
…今日も学歴に左右される『戦争』へと向かった。


228 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 21:12:48 ID:SFK7O4Ne
まんせーな奴が居るのかと思ったが、
結局、誰も味方なんて居ないんだな。奴には。
そこでだ、何スレも無駄にしていて既に肩身なんて無いに等しい奴ではある。
しかし、ここが残っていることが奴の心の支えになっているのも腹立たしい。
優しさなんて、必要な奴とそうじゃない奴が居る。
今までのスレで、優しいレスを返していた住人の優しさを
さも当然顔で踏み躙っていた奴に、何を遠慮が要ろうか。居場所なんか、無くせば良いんだよ。

229 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 21:13:22 ID:gFc8dvAN
>>225
なるほど、荒らせばグモは来ないのか。耳寄りな情報ありがとう!!

230 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 21:13:41 ID:Q6Hv1jqf
>>225
^^;

231 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/29(金) 21:14:05 ID:45LifNlf
>>229
そういうと荒れてても出てくるよ

232 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 21:14:46 ID:oJNOg0iA
『戦場』となる場所には、いつもこいつと一緒に向かう。
彼女は楽しいのかわからないが、いつもニコニコしながら一方通行な会話をする。…適当に相槌。
時間が苦痛だ。
こんな俺達でも、外から見た人間には『仲のいい兄妹』に見えるのだろう。だけど、俺は彼女が嫌いだ。
別に彼女が悪いわけではない。それはわかってる。それでも……、

彼女との時間は……苦痛でしかない………。

____

「じゃあね。」
その一言にすべてが解放される。
一人教室に向かう時間。あいつに邪魔されない時間の一つ。
…幸せってこんなもんだよなぁ。
目の前に扉が広がる。扉を開けると同時に戦闘開始の合図が鳴る。
「おはよう。」
みんなにそう言い、返ってくる「おはよう。」を聞きながら配置についた。
「一時間目ってなんだっけ?」
隣の席の男、黒川に聞いた。
「あぁ、英語なんだけど新しい先生が来るんだと。」
「女?」
「野郎」
……朝からへこまさないでくれ。

233 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 21:16:48 ID:oJNOg0iA
教壇に繋がる扉が開いた。そこに現れた担任、続いて新しい先生。
男子一同から歓声じみた声が……女じゃねーか!!
「…お前、知ってて言っただろ?」
その問いに、黒川はニヤリとしながら、
「当たり前。朝から不機嫌なお前を更にへこますのが俺の趣味やぞ。」
…コロコロ変わる言葉遣いにキレそうになりながら教壇の方を向く。
担任と新しい先生の二人がいる。
どうしたものやら…。
問題は無いはずなのに、そう、呟いた。

234 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 21:17:18 ID:oJNOg0iA
_____

「起立。礼。着席。」
それに合わせて全員が同じ行動を取る。…いつもの光景だ。
ただ一つを除いては…。
「今日から新しく英語を担当する先生だ。…それでは私は別のクラスに向かいますので自己紹介を…。」
「はい…。初めまして。今日からみなさんの英語の授業を担当する…えっと……。」

カッカッ

黒板にチョークで名前を書いていく。身長は160ぐらいだろうか?細い体。綺麗に整った顔……いや…綺麗…と言うよりは可愛いだろうか?
生徒達がざわめく中、先生は名前を書いていった。


235 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 21:17:54 ID:gFc8dvAN
>>231
じゃあ、どうすりゃいいんだ?w

まぁ、いろいろ言ってる俺もグモスレ2〜8辺りは真面目にアドバイスしてた奴さ。
なんでこんなになっちまったんだろうか?

236 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 21:18:35 ID:oJNOg0iA
「芹川聡美です。みなさん、よろしくお願いしますね。」
そこで一斉に聡美ちゃんコール。
わかってる。こいつらは馬鹿だ。
「あ、え、えっと…。何か聞きたいことはありますか?」
あ、言っちゃった。
それを言うと男子が………。
「誕生日は?」「スリーサイズは?」「今、彼氏いますか?」「経験人数は?」「彼氏に立候補してもいいですか?」「俺も!」「ずるいぞ!聡美ちゃんは俺の物だ。」
ほら、質問と馬鹿なやりとりの嵐だ。
「え、えっと…、その…、うぅ…。」
先生の顔がどんどん泣きそうになっていく。ここで泣かせるのは可哀想だな。
立ち上がって一言。
「お前らちょっとは落ち着けよ。先生が可哀想だろ?」
男子一同が一斉に睨む。
俺は続けて、
「先生、早く授業を始めてください。一時間潰す気ですか?」
と言う。
生徒達から冷たい視線が送られる中、着席した。
全員敵に回すことになるが、あの騒がしさに比べたら『戦闘』中のがいくらか気がマシだ。
しらけた様子の生徒達に、
「そ、それでは授業を始めます。」
やっと落ち着いた先生の宣言。
だるい『戦闘』の時間が始まる。

237 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 21:19:50 ID:oJNOg0iA
ふぅ…、やっと一時間目が終わった。短かったがやっぱだるいな。
一息ついているといきなり、
「てかお前はなんであそこで止めんねん!」
黒川が俺に突っ込む。
いつもだったらシカトなんだけど、今日はなんとなく反論してみた。
「それだったらお前は泣かす気だったのか?」
「そこまでしてへんやんけ!」
「泣きそうだったけど?」
「そんなん関係ないやん!」
理屈の通らないやつだなぁ。……とも言ってられないか。
気が付くと、クラスの全員が睨んでた。
俺を恨んでいるのが即座にわかった。
これはまずいな。早めに逃げよう。
急いで『戦場』から離脱、目指すは安楽の地。
しかし周りのやつらは道を阻む。
「お前空気読めよ馬鹿!」「授業潰れかけてたのに何考えて余計なことしてるわけ?」「そんな連れないことしてないであのままいじめときゃ良かったじゃん。」
はぁ…。
溜め息をつきながら道をこじ開ける。
罵声を背中に浴びながら逃げる。
そして即座に戦場からの離脱を果たした。
______

238 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 21:20:55 ID:oJNOg0iA
坂本「おまぇら、さぁ食えぃ!」
僕、瑠衣、ローザ、睦「いただきまーす」
食堂での昼食代を全部払ってくれるなんて、ありがたいことです…
僕「坂本さんどうもすいません(^^ゞ」
坂本「構わん。かわいい後輩達の為ならな」
瑠衣「そう言えば坂本さん」
坂本「ん?」
瑠衣「早河先輩は来てないんですか?」
坂本「あぁ…あいつは今頃秋葉原だ」
ローザ「電子部品ですか?」
坂本「いや」
睦「まさか…」
坂本「塚本とヲタショップデートだ」
一同「_| ̄|●」

さて、これから午後の競技だ…
瑠衣「私はバレーボールに行って来るね」
僕「あいよ〜(´∀`)ノシ」
グラウンドでは、古舘が大声を張り上げている。
古舘「さぁ、これから午後の第一競技、バトル双六の開催だぁ!」
ローザ「バトル双六…?」
首をかしげるローザ。
僕「心技体全てが問われる双六だ。各学年の精鋭15人1チームで戦う」
ローザ「どんなのでしょう?」
僕は笑いながら言った。
僕「見れば分かるさ」


古舘「さぁ、一年生チームのターンだ!」


239 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 21:22:27 ID:oJNOg0iA
でかいサイコロは6の目を上にした。
古舘「さぁ6進む!マスの指示は…」

『全員好きな人の名前を言う』

ローザ「なるほど…」
ローザは少し微笑んでつぶやく。
僕「な?」
ローザ「…参加はしたくないですね…見てるのは良いですけど」
そう言って、いたずらっぽく笑う。そうか…ローザが表情豊かになってきた事を、改めて実感する。

まだ出番まで時間があるので、ベンチに腰かけて休む。
ローザ「疲れたんですか?」
ローザがすぐ隣に座る。
彼女の右足が、僕の左足と密着する。

240 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 21:23:28 ID:oJNOg0iA
僕「ろ、ローザ…くっつきすぎだぞ」
ローザは顔を赤らめたまま、離れようとはしない。
ローザ「祥一さん…嫌ですか?」
僕「い、嫌ではないけど…^^;」
ローザが震えながら僕の手に触れて、そのままきゅっと軽く握る。
ローザ「じゃあ…しばらくこうさせて下さい…お願いですから…」
僕「…わかった…」
そう言うと、ローザがゆっくり体をもたれかけてくる。
ローザ「…嬉しい…」
密着した体操服から、彼女のぬくもり、そして心臓の鼓動までもが伝わって来る…

…僕は自分の心臓が高鳴っていくのを感じながら、ローザの髪を撫でた。
指が触れるだけでさらさらと流れる金色の髪…
ローザ「祥一さん…私、悩んでたんです…」
ローザが弱く呟く。
ローザ「私は…7月にはイギリスに帰ってしまうから……でも」
体を起こし、こっちを見る彼女の目には、涙が浮かんでいる…
ローザ「でも…っ、私は…ずっと、隠し続ける、のは…いやですから…」
僕「ローザ…?」
ローザは僕の両手を取って、言った。
ローザ「祥一さん…私は、貴方が…貴方の事が…」


「好きです」

僕は、確かにその言葉を聞いた。


241 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 21:24:55 ID:sQnzMAO5
愛情のうらがえし?

242 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/29(金) 21:26:13 ID:AmC5QQWM
>>240
結構面白いw

243 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/29(金) 21:27:35 ID:45LifNlf
面白いの?
いままで飛ばしてたけど読んでみようかな

244 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 21:27:57 ID:SFK7O4Ne
荒れてれば来ないなら荒らせばよい。
来ても相手しなきゃ、奴一流の礼儀のつもりかなんか知らんが、書き込まないから。
それで又恐らく奴は他のスレを他の板に立てるだろう。
そこには誰も書き込まなければ良い。
新規の客を、奴は奴で集めるだろう。
そうやって前も住人を減らしてきた奴だ。

奴には罪悪感も無いさ。利己主義の塊とは奴のことさ。
目的のためだけのスレ立てだからな。アドバイスを貰う相手は何ら顔の無い、ただの文字の羅列と考えているんだ。

自分語りをしているのだって、ただの人間集め。そこに気持ちの表出や住人との交流も...元来求めちゃいないんだ。
だから、ただひたすら居場所がなくなれば良いのにと願うんだ。
私には煽動する力もないし、そんなこと元来2chで無意味なのはわかっている。
だから、ただひたすら願うんだ。


245 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 21:31:44 ID:gFc8dvAN
グモが来てもシカトってことだなw

グモの相手は義務じゃ(ry

246 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/29(金) 21:37:52 ID:AmC5QQWM
おれ は グモ の 話 を聞いて 相談されたら きくよ


247 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 21:38:44 ID:FHSchude
>>245
義務義務うるせーよ!

248 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 21:39:20 ID:SFK7O4Ne
所でだ。
下の毛の処理って疲れるな。

今までハイレグを着たとしても大して気にしなかったが、
一回やっとくか精神で剃りだすと、もうエンドレス。
こういう時にエステの必要性を感じた。抜けば抜くで毛穴とか、汚くなるもな。

な。

どうよ。


249 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 21:40:30 ID:SFK7O4Ne
>>246
一対一なら、交換日記を勧めるよ。

250 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 21:41:41 ID:SFK7O4Ne
義務って言い出したのは、スレ主の御大だしな。
別にどーでも良いよ。

251 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 21:42:06 ID:gFc8dvAN
>>247
スマソ・・・が、過去ログ読めば俺なんて比較にならんぞ
グモが義務じゃない!!ってずっと叫んでるからw

252 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/29(金) 21:46:58 ID:AmC5QQWM
>>249
違う。
俺ひとりの意見じゃ駄目
だからみんなのいけんが必要だと思う
でも今シカとするっていってたから
でも俺は応援するよっていみ

253 :即死宣言:2005/07/29(金) 21:47:52 ID:Amhvswuw
完璧のっとられたな。これが2CHだ、耐えられるか、グモ?
〉188
アンカーあってるかな?おれへ質問した方へ
確に、書籍や目立ちたいなど、他の理由も考えられる。だが、だとしたらこんなに荒らされたら普通もうスレ立てないだろ?
もしくは別のスレ立てて、そっちで英雄になってるはず。この文章力じゃ英雄は難しいが。
そんなこんなで、おれは屑だから人に聞こうっていう他力本願的発想でスレ立てたんだと思ったんだ。
口は悪いが、おれはグモ結構好きだ。だから、色眼鏡で見てるかも知れない。

254 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 21:51:38 ID:SFK7O4Ne
皆って何さ。私だろ。
ここまで見ても、無視シカトされてるのは住人の方だ。
別に皆を煽動するつもりは無い。ここは2ch。
しかし、このスレでのやりとりがどれだけ空しいかを自分の意見として言った。

奴がしたことを奴は気付いていないし、今後も変わらないんだから、
こっちが変わるしかないとも思うんだ。

これを君はどう思うんだい。    腋毛の処理をしながら聞くから。

255 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 21:51:41 ID:gFc8dvAN
RYOさん、ひとつ質問いいかい?
過去ログ全部読んだ??

256 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/29(金) 21:53:44 ID:AmC5QQWM
>>255
12以外は全部みた
てか後半はあれすぎ

257 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 21:55:35 ID:SFK7O4Ne
さて、腋毛。

これもやっかい。腋毛ボーボー文化って流行らんかなぁ。
そうさな。柴咲あたりがやれば欧風文化、とかいって流行ったり…しねぇか。


258 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 21:56:52 ID:gFc8dvAN
>>256
読んだうえで応援するならいいよ。
んじゃ俺落ちますので〜〜

259 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 22:00:04 ID:SFK7O4Ne
着信ありでも見るか。

260 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 22:00:40 ID:NpJyRE45
早くグモこい

261 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 22:06:55 ID:NpJyRE45
                       / ,ィ ,.ニィ         /´ヽo‐´
                   /_〈 レ'´∠-‐‐- 、__ /   l
                   ト<,__,>  _ ,,,,, _     </   |
   ┏┓  ┏━━┓     ( \_ 、__∠-、‐、‐ヽ   、 .l l   /    ┏━┓
 ┏┛┗┓┃┏┓┃      〉/ _.ィ‐'´ヽト、Alヽト、ヽlヽl   |     ┃  ┃
 ┗┓┏┛┃┗┛┃┏━ イァ ノ.イ'"_     ;==、 ヽ  l   ┝━━┓┃  ┃
 ┏┛┗┓┃┏┓┃┃  ,イ |  l /lハ     }Viゝ } /|   l:.:.ヽ   ┃┃  ┃
 ┗┓┏┛┗┛┃┃┗/.:L.ヽハ ド上!     ゙‐' ノ ト、    レ' { ━┛┗━┛
   ┃┃      ┃┃ 〈-‐'´.-'´ >ゝ" ` _ ....、´ ´7/、 `ー'´ .イ   ┏━┓
   ┗┛      ┗┛ ヽ‐'´,-/ィヘ、 ヽ _ノ  ,彳 `ー-‐'´ /   ┗━┛
 

262 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 22:08:43 ID:NpJyRE45

  /          _ノ        ,_ノ    ヽ
  /         / iニ)ヽ,        /rj:ヽヽ    ヽ         ヽ
 .|         ;〈 !::●:c!      ' {.:●:;、! 〉   |         つ
 |          (つ`''"    __ `'ー''(つ    |          わ
 |      /////         |    |      ///  |       ぁ ぁ
 ヽ    γ´~⌒ヽ.       /     |       /         あ ぁ
  ヽ   /      ヽ    /      |      /⌒ヽ      ぁ あ
   \/       |    | ̄ ̄ ̄ ̄|     /    ヽ    あ ぁ
     /        |             /


263 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 22:12:13 ID:NpJyRE45

           O000o
           (⌒⌒)
            ヽ  (
            (_)  ペタ
  o000O
  (⌒⌒)
  ヽ  (
   (_)  ペタ
           O000o
           (⌒⌒)
            ヽ  (
            (_)  ペタ


264 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/29(金) 22:12:34 ID:AmC5QQWM
俺はドラゴン桜でもみよ

265 :鳥紳士 ◆KEiA2PcJ2Q :2005/07/29(金) 22:12:40 ID:+ZdwxssF
(´;ω;`)ちょっと見ない間にレスが進みまくってる。

266 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 22:14:01 ID:SFK7O4Ne
脱出系のゲームがしたい。誰かしらね?

267 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/29(金) 22:14:48 ID:45LifNlf
覚えてるのはMyDiamondBabyとクリムゾンルームくらいだなぁ
MyDiamondBabyはめんどくさいど面白かったよ

268 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 22:22:19 ID:sQnzMAO5
>>266
暇つぶしにどぞ
つttp://www.xylo.co.jp/animetion/game/orignalgames/drmetoro/drmetoro.html

269 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 22:29:43 ID:P9hfvaci
 31 名前: グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA [sage] 投稿日: 2005/07/29(金) 02:05:36 ID:UQ8D+hRF
 みんなありがとう、でもこの話だけはつまらないやめろって言われても話させて
 もらうつもりでした。

 108 名前: グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA 投稿日: 2005/07/29(金) 17:30:57 ID:wYMTh+7u
 もう疲れたよ・・・せっかく話しても派生スレがどうとか
 ゴーストライターがどうとか自演とか言われて・・・・・・・・・


これは同じ人間が書いているのですか?
それともトウシ(ry


270 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 22:30:25 ID:SFK7O4Ne
ありがと。お前らやっぱ優しい。
その優しさを、享受できないなんて本当に不幸だよな。奴は。

けど、残念。全て経験済み。
その優しさで、ご飯三杯いけそうだ。


271 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 22:31:51 ID:QCUi7Lta
                                    ,,...、      ,,.:ィろ
                      _ゝ  ,:r ''^'ヽ、_,, :-、,, ,ノ 、 )      ノィ"゙i3
 ゙フ   許せませんグモハン    \  / ,,,..;f"´   `ヽ,ノ ヽ,  r-‐'ヾ ,ノ'°
  7〃      ッッッ       ヽ ̄  ノ三三ミミヽ、,   ゝヽ, , ) ノ、゙゙゙ノ'"´、ゝMMMMMMMMMヘソ
   ヘ∨v            vV大  /   /  `ヽミi、   i, ゙'゙' ノ  f´ ≪            ≫
     ヽノ、     人ノゝリ     /   /    ヾリ、、  ヾ''て,,ィ :i'  く    なんとも     >
       ヽVwwVノ       :r'"   ,ノ     i, ゙iトニ'  'l、  ;:;:;l  く    許せません   .>
                   ,ノ´ ,r' ,i'′ i  、  ヽ,ノヽ、  ;,トヽ;:;:,ノ  ≪            ≫
 、\(巛川川州州川川《ノ/ ,r''^ヽ'" ,i'   l、,.:-ゝ='"'゙ー、-、  ij ,l/   ノリWWWWWWWWWミゞ
 <             >i   イ  ノ、   ヾ   ゙t,,_,,:r''^`'i   ノ"    
. 《    日記スレを     》゙t''" ヽ, ,f ,)   ノ   ノ 、ノ) ト-‐'′   ヽ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧ノ
く    立てたばかりか  フi`ー'〃    ィf´ヽ、,,,,ノ^ーく"/l,i'      <                >
<    RYOと名乗って    ゝト-ィ^i    (,リ       l 'リ,!     <  許されざる行為ですッ   >
 《   自己擁護まで行う .》 f´ r'ヽ、_,,ノ      _,,.ノ  ヽ      <                >
 <             > ヽ.,`ー=、ヽ、,,.. r-、   'ー ''t, , 、ヽヽ     ノ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨ヽ
 /斤巛川川州州川川ア\   ゙`ー-::、 ,( 二)'′     〃 l l、j゙′
                       ゙゙ (_ーろ
                         `''''"

272 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/29(金) 22:32:19 ID:45LifNlf
こんなのも出てきた
俺はまだやってないからわかんないけど面白いらしいよ

ttp://709709.com/game/esk.htm
ttp://www.minijuegos.com/juegos/jugar.php?id=3259

273 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/29(金) 22:59:22 ID:AmC5QQWM
ドラゴン桜終わった
おまえの命
あと56秒

274 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/29(金) 23:00:59 ID:45LifNlf
23時になると死ぬの?

275 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 23:01:17 ID:b27Abfsq
やっと追いついたので記念真紀子

276 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 23:02:22 ID:b27Abfsq
携帯からやっと追いついたので記念真紀子

277 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/29(金) 23:11:23 ID:AmC5QQWM
じ、時間がとまっているよ〜
着信ありより

278 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/29(金) 23:12:48 ID:AmC5QQWM
もどっているの間違いでしたw

279 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/29(金) 23:23:28 ID:w6a9F50W
連続でごめん!着信ありみたけど意味がわからなかった。
最後とかなにあれ?
てかグモがこないな〜


280 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 23:26:45 ID:kyLOWfE0
>>279
もう来てるじゃまいか>>277>>278>>279

281 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 23:27:53 ID:QCUi7Lta
中学生は元気があっていいね

282 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 23:30:37 ID:SFK7O4Ne
ID変えてから来るからちょっと待っててね。グモより(ハァト

283 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/29(金) 23:30:59 ID:pLTta/JY
だから俺中学生じゃないって

284 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/29(金) 23:31:38 ID:45LifNlf
>>283
それは俺の台詞なんだよ^^

285 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 23:34:30 ID:QCUi7Lta
>>283
こんなところに来てはいけない
ちゃんと勉強して、いい高校に入れるようにするんだ

286 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 23:38:13 ID:SFK7O4Ne
http://www.cool-condoms.com/game.html

中学生へ。
何事も勉強。

287 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/29(金) 23:39:38 ID:pLTta/JY
>>285
どっちのRYO?
俺?

288 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 23:41:06 ID:SFK7O4Ne
グモなほう

289 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/29(金) 23:42:35 ID:pLTta/JY
>>286
勉強になったw
中学生じゃないけどねw

290 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 23:45:52 ID:SFK7O4Ne
つか、だんすぃ。
お願いだから腹筋・体力・スタミナつけとけ。
ピストンの継続力無い奴とのセクスほど、おもろく無いもんはない。
ピストンのみならず、体力ない奴ありえん。

この夏にやっとけ。

291 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 23:47:49 ID:SR11h3DL
首を鍛えるとFackが全然強くなるんだって
オレもそれ聞いてから首鍛えだしたんだ
あとは実践するだけ

292 :291:2005/07/29(金) 23:49:12 ID:SR11h3DL
↑Fuckの間違い orz

こんなんだからアレなんだろうな・・・


293 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/29(金) 23:50:28 ID:SFK7O4Ne
あとな、すぐにおヘラして貰おうとするな。もうな、がっつくなと言いたい。

>>291
万端に備える心意気は素晴らしい。総合的に鍛えろよ。

294 :鳥紳士 ◆KEiA2PcJ2Q :2005/07/29(金) 23:50:54 ID:+ZdwxssF
>>291
なして首を鍛えるとFackが全然強くなるの?

295 :291:2005/07/29(金) 23:55:04 ID:SR11h3DL
>>293
おお、まかせとけってんだコンチクショーめ

>>294
なぜかはしらん、本に載ってたのだ
っつーかキミはボクとおんなじスペルミスをしているじゃないか!
キミもそんなんじゃアレだぞ


296 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/30(土) 00:10:43 ID:WVE2k/vx
たぶんもうグモはこないな
一夜あけないと。

297 :鳥紳士 ◆KEiA2PcJ2Q :2005/07/30(土) 00:15:54 ID:TEPpBrvP
訂正。(´・ω・`)
→Fack ×
→Fuck ○


298 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/30(土) 00:59:46 ID:WVE2k/vx
今誰も来ていないから報告して
荒らしはないよ
てかもしかしてニモとかになんかいわれた?

299 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 01:16:40 ID:5YhKYQad
もうね、なんかRYOって奴うざいのよ。
きもいぐらいグモを擁護してさ。
なんかもうヤツのレス見てるだけでイライラするの。
このスレでうざいのはグモだけでいいっていうのにさ。
だいたいコテ使う必要は正直全くないでしょ。
「RYOもう消えてくれていいよ。」
ここの住人の何%ぐらいがこう思ってるかな。
気になるところです。
あ、こんな書き込みはチラシの裏に書いとくべきだったかな。

300 :鳥紳士 ◆KEiA2PcJ2Q :2005/07/30(土) 01:19:03 ID:TEPpBrvP
(´・ω・`)300

301 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 01:21:32 ID:bYMrijOf
>>299
(´・ω・`)ノシ

302 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/30(土) 01:22:33 ID:5ReexHim
俺きえたほうがいいの?

303 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 01:23:02 ID:jSL+qii1
>>299
禿同

304 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 01:36:07 ID:bYMrijOf
後から出てきたwfgwLA5WrEの方のRYOはどういう意図でRYOを名乗ってるんだ?

まぁどっちもいらんが

305 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 01:37:50 ID:Mev55SHp
>>299
同意 RYO消えろ

306 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 01:43:18 ID:TDKK0ZVH
グモの昔話を聞いて..
 1.グッときた
 2.愚もっときた
 3.モグっときた
 4.もぅグッタリきた
 5.とにかくキタ−
 6.もはや何もこなかった..

 みんな何番?

307 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 01:44:04 ID:a9DRyaFG
7

308 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 01:45:38 ID:TDKK0ZVH
<<307
正解!!



なわけあるかー!

309 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 01:47:08 ID:oRwS8nPH
RYOってやつが消える必要は無いYO 普通に考えて消えるのはアンチの方 逝ってよし

310 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 01:52:48 ID:J51IYbOg
>>309
アンチじゃなくて裏切られた擁護派の気がする

311 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 01:55:18 ID:jSL+qii1
なんで昔話はあんなに書けるのに報告は書けないんだろ
3連休なら書けやボケ!

312 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/30(土) 01:58:26 ID:WVE2k/vx
>>309
ありがと
なんかうれしいよ!

313 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/30(土) 02:00:52 ID:5ReexHim
>>312
その都合のよさが消えろって言われる理由だと思うよ

314 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 02:11:29 ID:vmBd2cRA
>>310
その通りです
他の方もそうだと思いますよ

315 :即死宣告:2005/07/30(土) 02:35:19 ID:Vwdg0rM7
グモ、今日はもう来ないのかな。
グモは過去の話をして、おれ達にどうしてほしかったんだろう。自分は変われない人間なんだと、悲観したかったのかな・・・。


316 :マスター ◆ozOtJW9BFA :2005/07/30(土) 02:58:19 ID:GKnJ7bZm
>>315
そこですよね、一番の問題点は。
昔話を一通り語って、それが本題に関わってくるのなら話は聞きます。
それでその後に本題の報告をしてくれたら何も問題ないんですけどね(´・ω・`)

報告しない、一時の気分で自分の精神面を語る、昔話を語る、荒らされると顔出さない。

こんなことしてたら余計に荒れるだけだと思います。
とりあえず今話してる昔話は、本題に関わってこようが無関係だろうが
読んでくれたわずかな人のためにも、最後まで書くべきだと思いますけどね。

317 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/30(土) 03:04:50 ID:kj4LSeQn
なんかマスターさんってカッコいい!おとなの意見って感じがしてさ
俺なんか厨房とおもわれてるし(笑)

318 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 03:05:05 ID:vmBd2cRA
>>316
禿同
グモは一体何がしたかったのか解らないよ

319 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 03:07:26 ID:vmBd2cRA
>>317
実際君みたいな香具師は厨房って言われてるんだよw

320 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 03:09:07 ID:lxoIVvJF
今まで人格のこと住人に突っ込まれてたのに、その時はスルーor逆ギレ
なのに今になって鬱スパイラルに陥ってるのもなぁ(´・ω・)

321 :即死宣言:2005/07/30(土) 03:37:50 ID:Vwdg0rM7
〉マスター
そうだね。グモにとって、何かを完成させることはとても大切なことだと思う。
読んできた感想だと、グモは飽きやすく、短気でとても子どもっぽい。
だから、最後まで諦めずやりとおす力を身に付けてほしい。今この状態でへこんでるようだと、これから先進めなくなっちゃうから。
諦めず、もどってこいよ、グモ。
・・・なんかおやじくさいな、おれ。

322 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 06:41:49 ID:yvHzIlMy
あいつはホントに人の神経を逆なでするやつだね。
マジでむかつくよ

323 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 06:42:48 ID:c/pwm8o/
 153 名前: グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA 投稿日: 2005/07/29(金) 19:00:59 ID:wYMTh+7u
 オレは無力だなって。もっと力が欲しい・・・


無力って、どういう意味で無力?
力が欲しいって、何の力?

まさか、ニモハンクレイを力ずくで・・・(((;゚Д゚)))ガクガグブルブル


324 :岡だ氏 ◇kjMYILT2ZE:2005/07/30(土) 06:57:45 ID:8uJoCSUE
やぁ


325 :グモ </b>◇SigMOw2DYA<b>:2005/07/30(土) 07:03:43 ID:c/pwm8o/
u

326 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 07:04:36 ID:c/pwm8o/
おぉ、トリってすげえ


327 :即死宣言:2005/07/30(土) 07:21:19 ID:Vwdg0rM7
鳥解析された?
ちょっと騙された自分がいる・・・orz
本物はまだ寝てるか。

328 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 07:45:43 ID:c/pwm8o/
>>327
おまいは
RYO ◆S/24kcgAJM
と違って愚喪の自演じゃなさそうだな。

過去スレは一通り読んだのかな?
その上で、リアルで目の前に愚喪がいたらどうする?

煽りじゃないんだ、
俺と違う意見を持った奴の考えを聞いてみたいんだ。

ちなみに俺は、愚喪が人間として最低だと思っている。
前スレ終わり辺りで「死ぬ」とか「生きる意味」とか言い出して、
またスレ立ててあからさまな同情引きの昔語り始めたことで
その思いは更に強くなった。

俺は簡単に「死ぬ」とか言っちゃえる奴が大嫌いだ。
派生スレでも書いていた奴がいたけど、
そんなことが簡単に口に出せる奴は
本当に「死」を感じたり考えたりしたことが無い奴だ。


329 :即死宣言:2005/07/30(土) 08:19:09 ID:Vwdg0rM7
目の前にいたら・・・?
そうだな、まずこれから何がしたくて、今まで何がしたかったのか聞き出す。その上で判断するだろうが、たぶんとりあえず助けようとするだろう。根が甘い偽善者だからな。
グモはただのガキだ。飽きっぽく、目立ちたがりで、自分勝手。だが、好きで人の神経をさかだてるようなやつじゃないと思う。
だから、もう少し人の気持を考えられるよう、何とかしてあげたい。もちろん、甘えだしたら蹴る。ひたすら無視する。自分に変わる気がなければ何しても無駄だしな。
生命感に間しては、確かに気安く死を語る傾向があると思う。辛いと、幻想に逃げて優しい言葉をかけられるのを待つ、卑怯な面を持つ。だが、傷ついてるのには変わりない。こう思うところが、君との違いかな?
君はとても素直で、義理固い。グモが最低なやつと思えるのも無理はないだろうな。どちらの意見が正しいとか決ってないから、互いに参考になればいいな。

330 :マン汁一番搾り ◆QkRJTXcpFI :2005/07/30(土) 08:26:50 ID:suavFydA
グモがいないとツマラン早くでてこい
         (⌒─-⌒)
     __ ((´・ω・`))__
〔ノ二二,___       __,二二ヽ〕
 |:::::::::::::::::::::::::::ヽ ゜ ゜ /::::::::::::::::::::::::::/
 〉::::::::: :::::::::::::〉 ・ 〈:::::::::::::: ::::::::〈 バッ
 |:::::::::::::::::::::::::/ (u) ヽ::::::::::::::::::::::/
〔:::::::::::::::::::::/  ノ~ヽ  ヽ::::::::::::::::::|
ヽ:::::::::::::::::/ /:::::::::::: \ ):::::::::::::::::::ゝ
ノ:::::::::::::::::::| |_〜─〜─ -| |〜〜〜/

331 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 09:27:27 ID:U8rEVJsj
いいかげんネタだと気づけよ。
だいたい居住地からしておかしいだろ
長久手と言ったら万博の開催地だし話題性を狙ったものだし
グモ本人はもう一つの開催地、瀬戸市に住んでいるとは名乗らず
長久手の隣の日進市居住と言うし、行動範囲や飲食店等も
パソコンで情報を得た様な感じがしてならない。
早くでてきて反論してくれ。


332 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 09:31:45 ID:c/pwm8o/
>>329
レスありがとう。

君とはまともに話ができそうだな、
愚喪は「義務じゃな(ry」だから。


> グモはただのガキだ。飽きっぽく、目立ちたがりで、自分勝手。
> だが、好きで人の神経をさかだてるようなやつじゃないと思う。

ここは一応同意する。
ただね、5歳児だったらそんなもんなのだが、愚喪は19歳の大学生なんだよ。

> だから、もう少し人の気持を考えられるよう、何とかしてあげたい。
> もちろん、甘えだしたら蹴る。ひたすら無視する。
> 自分に変わる気がなければ何しても無駄だしな。

ここなんだ。
愚喪は、もう「何をしても無駄」な奴だと思ってるんだ。
それは過去スレを読めば同意してもらえると思う。

> 傷ついてるのには変わりない。こう思うところが、君との違いかな?

確かに、さすがに愚喪も傷ついてるとは思うよ、どの程度かは知らんけど。
でもね、愚喪は”自分の傷”しか感じられないんだよ。
この独善性、自己中心性が俺ら住人達を一番怒らせているんだと俺は思っている。


過去スレを読んだ上で、
「もう少し人の気持を考えられるよう、何とかしてあげたい。」
愚喪に対して君は何が出来ると考える?


333 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 09:39:59 ID:iGeTP8BJ




次ぎスレ立てたらぬっころす

334 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 10:00:21 ID:XIK08xzD
次スレは必ずたつ

335 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 10:07:22 ID:c/pwm8o/
前スレ

 940 名前: グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA 投稿日: 2005/07/28(木) 23:59:52 ID:6nvzhOIA
 いや、オレは死にたいなんて言ってないよ。
 がんばってオレの存在で1人でも救えた、幸福になったって
 思えてもらえるようになりたいなって。その為にもがんばらなくちゃって。
 でも、今のオレじゃ・・・・・
 このまま何もせずに人生終わりたくないそう思っただけ。
 だから偽善かなって思ったの・・・

こいつ、過去スレの自分の書き込みとか覚えてて
これ書いてるんだろうか?

もう、愚喪の存在自体が偽善、っていうか
イカサマっていうか、イヤラシサ全開っていうか、、、


336 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 10:19:46 ID:XIK08xzD
夏房全開

337 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 10:30:20 ID:XIK08xzD
幸い剃り残しは一本だけだったが、姉さんは気付いてしまったようだ。
「も、森蔵…」
「ゴミがついていたよ、姉さん」
姉さんは顔を赤らめた。
「森蔵、実は私…」
唐突に姉さんは褌を脱ぎ始めた。
「ちょwwww姉さwwwwwwwww」
褌の下には、褌と同じ白さのTバックがあった。
「私…恥ずかしくて、それで褌で…」
「そんな姉さんが好きだよ。」
「森蔵…」
「姉さん…」


「森蔵、お前に兄弟姉妹はいないだろ」
頭の中に僕の中の人の声が響く。
その瞬間、姉さんも、褌も、着信アリも消え去った。
後に残ったのは、HDDのカリカリした男と、床に散らばったすね毛だけだった。

涙がちょちょぎれた。


338 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 10:32:33 ID:XIK08xzD
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!






                              糸冬
                          ---------------
                          制作・著作 NHK


339 :グモハンクレイ ◆SigMS2kbeI :2005/07/30(土) 11:29:13 ID:Bok+eVwz
すみません。僕のスレの書籍化に協力して下さい。

もう疲れたよ。
オレは無力だなって。もっとカネが欲しい・・・


せっかく書いてやっても自分勝手だのガキだのって
次スレは立てるなだの・・・

なんだかすっきりしないので少し寝ます。
このスレが終わりに近づいたらまた報告しますね。

340 :鳥紳士 ◆KEiA2PcJ2Q :2005/07/30(土) 12:29:27 ID:TEPpBrvP
>>339
(´・ω・`)トリップ違うくない??

341 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 12:33:52 ID:Bt+SgaJ4
ネタ終了
もうレスすんなボケ
m9(^Д^)プギャー

342 :ニセハンクレイ◇SigM2DYA:2005/07/30(土) 13:36:10 ID:jN9TNY0u
ニョ

343 :グモハングレイ■SigMOw2DYA:2005/07/30(土) 13:40:12 ID:a+OfFYnq
書籍化書籍化っ今夜のおかずがワヤんなってまったがね
グモハンさんもいかんわwwwwwうますぎるもん

344 :グモハングレイ■SigMOw2DYA:2005/07/30(土) 13:43:08 ID:a+OfFYnq

1位 748 名前: 本日の利用料 12,504円 [] 投稿日:2005/06/24(金) 12:37:46 ID:NLXFkHez
2位 417 名前: 本日の利用料 12,435円 [] 投稿日:2005/06/28(火) 17:45:16 ID:btvODEB5
3位 811 名前: 本日の利用料 12,409円 [] 投稿日:2005/07/07(木) 21:29:28 ID:XhddXHQk
4位 338 名前: 本日の利用料 12,281円 [] 投稿日:2005/06/12(日) 08:28:00 ID:ppbLeT+Y
5位 442 名前: 本日の利用料 12,222円 [sage] 投稿日:2005/06/28(火) 22:21:40 ID:fFnf9X0V
6位 755 名前: 本日の利用料 12,220円 [sage] 投稿日:2005/06/24(金) 15:10:27 ID:/mD2TszS
6位 648 名前: 本日の利用料 12,220円 [] 投稿日:2005/07/11(月) 11:13:17 ID:ZCdi7+An
8位 459 名前: 本日の利用料 12,203円 [] 投稿日:2005/06/12(日) 11:20:41 ID:Ccazqbjn
9位 438 名前: 本日の利用料 12,182円 [] 投稿日:2005/06/28(火) 22:00:56 ID:X7/NDHSe
10位 708 名前: 本日の利用料 12,174円 [] 投稿日:2005/06/23(木) 13:19:35 ID:V6pNRcyu
11位 898 名前: 本日の利用料 12,146円 [] 投稿日:2005/07/08(金) 01:44:43 ID:ttUiM+kA
12位 906 名前: 本日の利用料 12,140円 [払えん…] 投稿日:2005/06/13(月) 17:16:33 ID:frUNf2ge
13位 397 名前: 本日の利用料 12,116円 [] 投稿日:2005/06/12(日) 10:17:06 ID:prKWIjou
14位 379 名前: 本日の利用料 12,099円 [] 投稿日:2005/07/05(火) 22:18:10 ID:2sYn79Nr
15位 707 名前: 本日の利用料 12,097円 [] 投稿日:2005/06/23(木) 13:19:20 ID:V6pNRcyu
16位 360 名前: 本日の利用料 12,068円 [] 投稿日:2005/07/05(火) 20:55:46 ID:YWsZYLQj
17位 810 名前: 本日の利用料 12,058円 [] 投稿日:2005/07/21(木) 00:23:40 ID:nuTDqn9K0
18位 373 名前: 本日の利用料 12,035円 [] 投稿日:2005/06/01(水) 08:05:16 ID:TtYYpW7r
19位 350 名前: 本日の利用料 12,024円 [] 投稿日:2005/06/01(水) 05:01:29 ID:nXa8y7V6
20位 641 名前: 本日の利用料 12,016円 [sage] 投稿日:2005/07/07(木) 14:44:32 ID:m7Uk12Cp


345 :グモハングレイ■SigMOw2DYA:2005/07/30(土) 13:44:11 ID:a+OfFYnq
スペックを晒したら貴方は晴れて勇者です。
 >>(未来)でアンカーを出し見事的中した文を相手に送信。 送る送らないは自己責任です。
どうしても無理な場合には再指定してあげて下さいね。
 VIPPERの道標を信じ、突き進むかは貴方次第です。

・勇者が多数冒険中はタイミングずらして始めた方がクオリティが向上するかも。
・勇者に値しないクソコテの量産を防ぐ為、 教会にいる勇者はコテを外しておいたほうが良いでしょう。
・ネタ師の皆さんは良心の呵責と葛藤しつつ迷える勇者を精一杯導いてあげましょう。

・進行中の勇者以外はメール欄に何もいれないでください。
 (メール欄にsageは勇者のみ)

↓それでは物語をお楽しみ下さい。↓


346 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 13:45:27 ID:a+OfFYnq
朝マックのポテトがうまい。
あきらかに体に悪そうな油がたまらない。
みんなスーパーサイズミーは見たかい?

347 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 14:04:02 ID:aar8YbZg
で?

348 :サンイチ ◆X2aPbOyrZQ :2005/07/30(土) 14:10:10 ID:hEM3OgdG
結局何がしたいのさ グモハンよ
アンタの元々の悩みは
『絡まれてた女の子を助けた』
この後の展開についてアドバイスを求めてたはず
なのに一時期はアドバイスしているにも関わらず
『レスするのは義務じゃない』の一点張り
で、またバックして報告するのはいいが
相変わらず何をどうしたいのかが全くわからん
で、仕舞には『自分は無力』だの『俺の過去はこうだった』だの
(少なくとも俺は)アンタの過去を聞きたいわけじゃない
こ れ か ら 一 体 ど う し た い の か ? 

もうニモとか関係ないならソレはソレでいいし
まだ恋愛したいとか思うならアドバイス出来るだろうし
ただ何の目的も無いなら本当にブログなりチラシの裏なりに書けと思うんだが

医者だかなんだかわからんが人を救いたいヒーローになりたいんなら
もうスレ立てせずに勉強だけ必死でやれと思う

ネタならネタで↑にも書いてあるけどプギャーで終わらせばいい

とにかく何がしたいのかをはっきりさせてほしい
そんだけ

349 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/30(土) 14:12:03 ID:5ReexHim
なんでここは長文がおおいの?
グモって結局読まないか
読んでニヤニヤしてるかどっちかでしょ?
労力の無駄じゃん

350 :即死宣言:2005/07/30(土) 14:12:22 ID:Vwdg0rM7
そう、19才。確かにガキっぽすぎる。おれは18なんだが、ここまで自己中のはまず周りにいない。家庭環境を考慮すると、なぜ責任性がのびなかったか不思議だ。
何ができるか、か。できる行動を2CHへの書き込みに限定して、話をする。
おれの前の書き込みを見てほしい。大分きついことを言って、グモを挑発してるのがわかるだろうか?
これは、グモが甘えの状態に入ってると判断し、「蹴る」を実行してるからだ。だが蹴るだけでは荒らしと判断されかねないので、随所に戻ってこいとカキコんでる。注目してもらうために。おれは汚いからね。
これは君と違い、まだグモが諦めてないと思ってるからだ。だから色々手を尽してる。徒労に終らないよう、祈りながらね。

351 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 14:13:29 ID:aar8YbZg
グモがきたな

352 :即死宣言:2005/07/30(土) 14:19:41 ID:Vwdg0rM7
上のは>>332へのレス。答えになったかな?
おれも偉そうなことばかり言ってグモを操ろうとしている、一介のナルシスとにすぎん。大した意見ではないかもしれんが、とりあえず書いておいた。

353 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 14:24:18 ID:aar8YbZg
ちょっと数字をだしてみましたが
249回の総売上が3808586600円
そして、当選額合計1711573500円とつまり38億-17億で21億
諸経費を引いたとしても20億近く銀行に入るというわけだ。
月80億近くになる稼ぎなんですが。
この場合のイカサマをする目的としては、企業としては80億を稼ぐが
その中から個人的に冨を特定の奴にわりふったろという動機が必要なわけで。
そう考えると、仮にその事実があったとしたら、トップ数人かトップだけが
知り得る情報となりますね。
確率とは期待値の事ですから、抽選が行なわれた後にはなんとでもいえます。
その強みがギャンブルにはあるので、イカサマを行なっていると思う人が
絶えないのも又事実。そして、受け付けないのもそーいった理由かと推測できるが。
しかし、そこは信用でなりたっているのであるから公開する必要性も
あるわけですよね。
前置きはこれぐらいにして、実際どうなのか検証する事にしませんか?
正直上記の計算は誰でもできます。後必要なのはシステム・物理学・数学等の
エキスパートです。皆の力をあわせて、イカサマの確立を算出しませんか?
数学板・物理板等に出張して意見を募ろう!
疑うなら、とことん疑ってみよう。ロマンがあるんだ。そしてみずほから
口止め料をせしめるんだ!立ち上がれ!


354 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 14:25:48 ID:aar8YbZg

       /\___/ヽ
    /ノヽ       ヽ、
    / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ
    | ン(○),ン <、(○)::|.  .|`ヽ、  
    |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l.  .|::::ヽl     いらっしゃい!注文はなんでしょうか!!
.   ヽ ヽ il´トェェェイ`r ;/   .|:::::i |
   /ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ   |:::::l |
  /  |^|ヽ、 `ニニ´/|^|`,r -|:「 ̄
  /   | .|           | .| ,U(ニ )
 /    | .|           | .|人(_(ニノ


355 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 14:26:43 ID:aar8YbZg
某所からきました。強力ガスバーナーいかがですか?

(巛ミ彡ミ彡ミ彡ミ彡ミ彡)ミ彡ミ彡)ミ彡)
     ,,,,,,,,,                            ,,从.ノ巛ミ    彡ミ彡)ミ彡ミ彡ミ彡)ミ彡)''"
    [,|,,, , ,|] フゥゥゥゥゥゥゥマフィアの資金稼ぎじゃないよ!!      人ノ゙ ヽ         彡ミ彡)ミ彡)ミ彡)''"
  ┌.( ^ω^)                   ,,..、;;:〜''"゙゙       )  从    ミ彡ミ彡))ミ彡ミ)
  ├(  ┏┷┓_ _ _   _,,..、;;:〜-:''"゙⌒゙           彡 ,,     ⌒ヽ     彡)ミ彡)"
  ├ Lつ┏┓三((〓((━(。゚。)  ::゙:゙          ;;∵:.:,         '"゙          ミ彡)彡'
  └ ≡≡≡ノ  ̄  ̄  ̄  ̄   ``゙⌒`゙"''〜-、:;;,_   ;;:.,           )   彡,,ノ彡〜'' 〉",,ミ
   (___| 三 |          ゴォォォォォォ   ゙⌒`゙"''〜-、,,       ,,彡⌒''〜''",,ミ 〜'
       ̄                             "⌒''〜""''



356 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 14:27:45 ID:aar8YbZg
         ,,,,,,,,,,,
          [,|,,,☆,,|,]
     V.   (o^ω^)。ο(残りは署のほうで美味しくいただきました
   __ ‖  (つ旦と)     
  |\□ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 ./..\\            \
/ ニ \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
\  ラ..ノ ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.\
  \  韮     韮     韮\
    \    韮      韮   ..\


357 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 14:28:46 ID:Fz7lhK42
【川久保栄二】痴漢男、ついに漫画化【ヤングサンデー】
http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1094822653/l50

358 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 14:31:00 ID:aar8YbZg
ハートパワー
●●●●●●●○○●●●●●○○●●●●●●●●●
●●●●●●○●●○●●●○●●○●●●●●●●●
●●●●●●○●●●○●○●●●○●●●●●●●●
●●●●●●○●●●●○●●●●○●●●●●●●●
●●●●●●●○●●●●●●●○●●●●●●●●●
●●●●●●●●○●●●●●○●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●○●●●○●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●○●○●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●○●●●●●●●●●●●●●
これを見た人は運がいいです。
三日以内に10個のスレにこれを貼ってください。
そうすればハートパワーが効きます。


359 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 14:31:46 ID:aar8YbZg
叩け三段腹 響け奇声 踊れ東のアキハバラ
ヲタクだけが 浮かれ騒ぎ ヲタの汗がはじけとぶ
ヲタの吐息に 体あずけ 心ゆくまで萌えれば
キモがられたよ ヲタのサンバを 胸にあふれる寂寥感

萌え〜萌え〜 キモヲタサンバ
萌え〜萌え〜 キモヲタサンバ
あぁ 恋せよ ゴスロリ
踊ろう 腐女子と
現実さえ忘れて 踊り明かそう
サンバ ビバ サンバ
キ・モ・ヲ・タ サンバ 萌え!

叩け三段腹 響け奇声 踊れ東のアキハバラ
夢のように 時は過ぎて 二次元への恋の夜
デブい素肌 肩を抱いて 萌えをささやき踊れば
白い顔に 脂肪も輝き 上手くもないのに歌い出す

※くりかえし

萌え!


360 :グモハンクレイ ◆3qeOQ8AdX2 :2005/07/30(土) 15:27:12 ID:8vCBqo04
怖くない・怖くない・・・逃げちゃダメだ・逃げちゃダメだ

361 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 15:50:09 ID:c/pwm8o/
>>350
君は真面目な奴だな。

考えてることはまともだと思う、
挑発して、食いついてきたら辛抱強く相手をする。

ただね、それは過去に何人もやっているんだよ、既に。
それでも今の状態なわけだ。

俺が「過去スレを読んだ上で」
って書いたのはそういうこと。


362 :RYO ◇S/24kcgAJM:2005/07/30(土) 16:16:59 ID:c/pwm8o/
■2004/11/23 (火) シャドーです。

ゆきまさを苦しめるあいつに対して
俺ができることは なんだろう?
守ってやらなければ・・・。
本当は ゆきまさだって つらいはずなのに
それを全然見せなくて 平気なふりして・・・。
ぼろぼろになっているのを このまま見過ごすことなんて
俺にはできないよ。
俺は ゆきまさを守るために生まれた存在なのだから。


363 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 16:38:24 ID:wiQdmsP4
大RYOでつね

364 :即死宣言:2005/07/30(土) 16:39:03 ID:Vwdg0rM7
うん、過去スレを読み、先人達の徒労を知った上で、発言してるんだよ。だから、自分も徒労にならないようにと、最後の言葉を付け足した。
擁護派としては、グモの人間的成長を望んでる。そのためには、二番煎じでも厳しい意見を続けなければならないと思う。時には守りながらね。
とりあえず、おれにはっきりわかるような、変わる気がないというサインを見付けるまで続けるつもり。
見付けたら、切り捨てる。愚痴やネタだと割りきり、騙されたおれが悪いと、近付かないようにする。これが一番基礎的な行動方針。

365 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 16:53:24 ID:wiQdmsP4
早くこいよグモ

366 : ◆pGE1YUCCvI :2005/07/30(土) 17:35:03 ID:XwDwGHAP
リリリ

367 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 17:42:18 ID:XwDwGHAP
テヘ

368 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 18:40:04 ID:ABYqGjDZ
オレ、大切なものを見失ってたのかも・・・・・・・

369 :グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA :2005/07/30(土) 18:48:35 ID:oK6p5WoD
ゴメン、大切な事がやっとわかりました

370 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 18:50:44 ID:lw/Ve6Dh
>>369
おめでとう

371 :アチュットジ:2005/07/30(土) 18:52:21 ID:hjCKHJlY
へーそっかー

372 :アチュットジ:2005/07/30(土) 18:53:40 ID:WUg9YylM
偽物現る……か。

373 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 18:53:57 ID:c/pwm8o/
>>364
過去スレ読んだ上で言っているのなら
俺にはこれ以上言う言葉は無い。

ただ、過去に同じような努力をした先人達は
「はっきりわかるような、変わる気がないというサイン」を見付けてしまい、
「愚痴やネタだと割りきり、騙されたおれが悪いと、近付かないようにする。」
となっている。

愚喪がいつ出てくるか分からんが、
まあ、頑張ってくれ。

俺は愚喪よりお前を見守りたくなってきた。


374 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 18:55:32 ID:c/pwm8o/
>>369
金か?
注目か?


375 :グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA :2005/07/30(土) 18:58:03 ID:oK6p5WoD
あの日流れたあなたの涙を
心に刻んで・心に刻んで僕は歩いて行きます・・・・・・

376 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 18:58:54 ID:R26I8DIH
7月25日に発表された今年のMTV Video Music Awardsのノミネートリストで、
グリーン・デイが最優秀ビデオ賞、最優秀グループ・ビデオ賞、最優秀ロック・ビデオ賞、
最優秀ポップ・ビデオ賞を含む、最多の8部門にノミネートされた。
アルバム『American Idiot』からヒットソング「Boulevard of Broken Dreams」が
7部門で候補に挙げられており、タイトルトラックの「American Idiot」が1部門でノミネートを受けた。

授賞式は8月28日にフロリダ州マイアミで行われる予定。P.ディディがホストを務め、
グリーン・デイ、ケリー・クラークソン、カニエ・ウェストらのパフォーマンスが決定している。
グリーン・デイのフロントマン、ビリー・ジョー・アームストロングはAPのインタヴューで、
当日は「最高のプレイをしたい」と語った。

ほかにはミッシー・エリオットとグウェン・ステファニーがそれぞれ6部門、U2が5部門にノミネートされている。

http://www.barks.jp/news/?id=1000010071&m=all

【洋楽】グリーン・デイ、MTV VMA最多ノミネート!
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1122376606/




377 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 18:58:55 ID:lw/Ve6Dh
>>375
ああ、そうだな
やっとわかってくれてうれしいよ

378 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 19:03:09 ID:c/pwm8o/
>>375
なんだこれ?
本物か?

本物だとしたら
本格的に逝っちゃったな。


まあ、これで終了ってことでFA?
m9(^Д^)プギャーで終了でも良かったんだが、
逝っちゃったから同じことか。


379 : ◆S/24kcgAJM :2005/07/30(土) 19:13:55 ID:WVE2k/vx
意味わからん
一人で進むってことかな。

380 :グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA :2005/07/30(土) 19:15:49 ID:oK6p5WoD
僕がこの世に命授かりしは偶然なのですか?
僕がこの世に命授かりしは必然なのですか?
君がこの世に命授かりしは偶然なのですか?
君がこの世に命授かりしは・・・・・・・

僕にはまだ、わかってる事の何億倍、何兆倍って知らない事があるんです。



381 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/30(土) 19:16:28 ID:5ReexHim
ここにいること
ここにいれること 
大切に想い
日々を送っています

382 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 19:24:05 ID:wTYt3d5n
神は死んだ

383 :グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA :2005/07/30(土) 19:27:19 ID:oK6p5WoD
昔話はもう置いときますね・・・みんなをブルーにさせる必要はないと思うので。

ホンゴウテイに行ったあとの所から話しますね。

384 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 19:28:43 ID:c/pwm8o/
>>380
なんだかもうわけわかんないけど、
オマエには今流行ってるらしい
「ザイン」への入会をお勧めする。

生きてる意味とか分かるんじゃね?


385 :RYO ◆OayhygRydg :2005/07/30(土) 19:29:02 ID:oABsh/+O
これは私が体験した真の体験です。
学生時代に彼女(元モデル(爆)とふたりで歩いていました。
すると前方から、なんと形容すればいいやら、
例えるなら暗黒の騎士とでも言おう存在が突進してきました。
私は無我夢中で彼女を突き飛ばし、「斬るなら俺を斬れ!!!俺の命で済むなら・・・安い物ッ!!」と
無意識の内に叫んでいたそうです(彼女・談)
すると私の身体から光のモヤみたいなものが飛び出し、
うーん、これも形容しづらいんですけど、白き翼をたたえた騎士、とでもいうような形に成りました。
白の騎士は暗黒の騎士を光りの剣のようなもので断ち切り、私に向き直り
「真の勇気、しかと見届けた」と呟き、消えさりました。

5年経った今でも、はっきりと覚えています。
あれは私の守護精霊のようなモノだったのでしょうか?

386 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/30(土) 19:29:30 ID:5ReexHim
ttp://www.utamap.com/searchkasi.php

親愛なるあなたへ…
偶然という名の必然

ロードオブメジャー大好きなんだね

387 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 19:30:27 ID:c/pwm8o/
>>383

 31 名前: グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA [sage] 投稿日: 2005/07/29(金) 02:05:36 ID:UQ8D+hRF
 みんなありがとう、でもこの話だけはつまらないやめろって言われても話させて
 もらうつもりでした。

この言葉はチミの脳内に残ってますか?


388 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/30(土) 19:30:28 ID:5ReexHim
検索結果は残らないのあたりまえかー

ttp://www.utamap.com/showkasi.php?surl=B09331&title=%BF%C6%B0%A6%A4%CA%A4%EB%A4%A2%A4%CA%A4%BF%A4%D8...&artist=%A5%ED%A1%BC%A5%C9%A5%AA%A5%D6%A5%E1%A5%B8%A5%E3%A1%BC&ss=%CB%CC%C0%EE%B8%AD%B0%EC&sk=%CB%CC%C0%EE%B8%AD%B0%EC

ttp://www.utamap.com/showkasi.php?surl=B08756&title=%B6%F6%C1%B3%A4%C8%A4%A4%A4%A6%CC%BE%A4%CE%C9%AC%C1%B3&artist=%A5%ED%A1%BC%A5%C9%A5%AA%A5%D6%A5%E1%A5%B8%A5%E3%A1%BC&ss=%CB%CC%C0%EE%B8%AD%B0%EC&sk=%CB%CC%C0%EE%B8%AD%B0%EC

389 :グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA :2005/07/30(土) 19:34:11 ID:oK6p5WoD
>>387
だから考えた結果そうなったの。後ろなんて振り返っても無駄かなってさ

390 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 19:35:50 ID:c/pwm8o/
>>389
じゃあ、なんで

 7 名前: 名無しさん@毎日が日曜日 [sage] 投稿日: 2005/07/29(金) 01:09:09 ID:sQnzMAO5
 >>1
 では、スッキリさせましょう
 まず、グモさんはモレ達とともに悩み語りあうつもりはあるのですか?
 少なくともモレはありますよ

 それとも、もう終わりにしたいのですか?

 まず、そこからハッキリさせましょう

 8 名前: グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA [sage] 投稿日: 2005/07/29(金) 01:09:19 ID:UQ8D+hRF
 ここで少し僕の昔話をしたいと思います。


こうなったの?
住人達はブルーとか、そんなレベルじゃないよ?


391 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 19:37:46 ID:c/pwm8o/
貧乏話で同情を買おうとしたが
辻褄が合わなくなって止めたとしか見えないのだが。


392 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 19:40:33 ID:lw/Ve6Dh
>>390
聞くなって
ヤツは前しか見れないって言ってるんだから

393 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 19:43:08 ID:bYMrijOf
まあなんでもいいから早く報告汁

394 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 19:48:08 ID:c/pwm8o/
 153 名前: グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA 投稿日: 2005/07/29(金) 19:00:59 ID:wYMTh+7u
 オレは無力だなって。もっと力が欲しい・・・

無力って、どういう意味で無力?
力が欲しいって、何の力?

 369 名前: グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA 投稿日: 2005/07/30(土) 18:48:35 ID:oK6p5WoD
 ゴメン、大切な事がやっとわかりました

何が分かったの?

 375 名前: グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA 投稿日: 2005/07/30(土) 18:58:03 ID:oK6p5WoD
 あの日流れたあなたの涙を
 心に刻んで・心に刻んで僕は歩いて行きます・・・・・・

何これ?
今までの愚喪のレスの中でも最上級に意味不明
漏れのようなパカにも分かるように説明してくれ


395 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/30(土) 19:51:49 ID:5ReexHim
>>394
>>375>>380はロードオブメジャーの歌詞

ロードオブメジャー好き⇒ROM好き
グモはいつも居るのに書きこまずみんなを見てニヤニヤしてたんだよっていう暗号

396 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 19:52:51 ID:bYMrijOf
>>395
おまい頭いいな

397 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 19:53:27 ID:lw/Ve6Dh
>>394
本人も言ってるだろ
振り返るだけ無駄

398 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 19:53:32 ID:CBvP6p/O
>>395
オマイ天才!すごいな!久しぶりに感動したよ!

399 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 19:53:41 ID:c/pwm8o/
>>392
「で、どうしたいの?」という前を見ようというアドバイスはスルーなのだが。

>>393
どーせ、また私小説気取りのナル全開書き込みなだけだぞ。


400 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/30(土) 19:54:12 ID:5ReexHim
でしょ?良く言われるんだ
でもおまえほどじゃないよ

401 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 19:55:33 ID:LTql5zPj
新宿で倒れてた女の子にだいじょうぶですか?ってこえかけたら

事務所みたいなところにつれていかれて金とられた俺がきましたよ

402 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 19:56:25 ID:WVE2k/vx
グモ、おかえり!


403 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 19:56:47 ID:CBvP6p/O
>>400
いやいや、オマイのほうが断然頭いいって!

404 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 19:57:02 ID:c/pwm8o/
あぁ、そうか。
今日の自演自己マンセーIDは
ID:lw/Ve6Dh か。

気付くのに時間が掛かってしまった。
漏れもパカだなw


405 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 19:57:20 ID:KKeifUw8
>>401
おもしろくないネタ乙

406 :グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA :2005/07/30(土) 19:58:15 ID:oK6p5WoD
前向きに・・・・・

407 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 20:00:10 ID:bYMrijOf
だから報告するって言ったならちゃっちゃと汁

だから荒れるんだよ

408 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 20:00:46 ID:c/pwm8o/
>>395
なるほど、疑問氷解した
サンクス!

ついでに
>>153>>369
解説も頼む


409 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 20:01:17 ID:lw/Ve6Dh
>>404
違う違う
本気になって熱入れてもヤツには無駄
掘り返してここどうなの?って聞いてもヤツには無駄
もう叩いても無駄だから適当に泳がしてるだけ

410 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 20:01:37 ID:WVE2k/vx
>>406
そう前向きに事を考えてる
離れても同じ空の下で
過ごしてるすぐにまたあえる
だっていつもぼくらはつながっているんだ!

411 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 20:02:04 ID:c/pwm8o/
漏れは前向きだよ。


412 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 20:03:33 ID:c/pwm8o/
>>409
うむ、そうかもしれん。
漏れもまだ若いなw


413 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 20:11:57 ID:lw/Ve6Dh
まあ前向きに行くってことと省みないってことは違うんですけどね><

414 :RYO ◆OayhygRydg :2005/07/30(土) 20:15:36 ID:oABsh/+O
>>406
グタグタな言い訳はいいからさっさと報告汁

415 :グモハンクレイ ◆SigMOw2DYA :2005/07/30(土) 20:17:05 ID:oK6p5WoD
みんなに1つだけ聞きたいんだけどいいかな?

アンダーグラフのボーカルと原口あきまさって激似じゃない?

って先週ニモに言われたんだけどどう思う?

416 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 20:18:04 ID:CBvP6p/O
>>415
とりあえず市んだらいいと思う

417 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/30(土) 20:18:38 ID:5ReexHim
飽きてきたならそう言って良いんだよ

418 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 20:20:34 ID:WVE2k/vx
>>415
ゴメン!アンダーグラフの顔がよくわからないw

419 :RYO ◆OayhygRydg :2005/07/30(土) 20:31:44 ID:oABsh/+O
やはり狂人であったか

420 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/30(土) 20:37:13 ID:WVE2k/vx
俺ひさ登場

421 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 20:37:55 ID:Zw1+5bDt
つーかRYO大杉

422 :RYO ◆OayhygRydg :2005/07/30(土) 20:40:58 ID:oABsh/+O
>>421
貴方も一族になりませんか?

423 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 20:42:16 ID:c/pwm8o/
>>415
それって、”アドバイスを求めてるよ〜”というアピールなのかな?

それがどうした、としか返答のしようがないんだが。


424 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 20:51:11 ID:CBvP6p/O
アンダーグラフ、ググってみたけど

似てないよ

425 :即死宣言:2005/07/30(土) 20:58:05 ID:Vwdg0rM7
・・・久々に純粋な殺意が沸いたな。この程度では諦めないが。
正直、微妙。それがどうしたんだ?まだニモとつづいてると判断していいな?

426 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 20:59:42 ID:9EUd2Aml
トリ解析されたようだな


427 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 21:00:37 ID:CBvP6p/O
>>426
可能性大ですな

428 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 21:04:23 ID:9EUd2Aml
偽者でもいいやー本人こないし。
>>415
今日からチミがグモハンクレイだ。
さぁ楽しいネタを聞かせてくれ!

429 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 21:08:43 ID:I/k8bF9v
>>415
激似だなウン

430 :即死宣言:2005/07/30(土) 21:10:21 ID:Vwdg0rM7
一日に二度も騙されるおれって・・・ほんと駄目男。
しかも調べてみたら別人の顔を覚えてたし・・・orz

431 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 21:11:43 ID:9EUd2Aml
>>430
オマエピュアハーツだな

432 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 21:12:40 ID:oABsh/+O
416 :名無しさん@HOME :03/04/22 23:34
大学時代、インカレの先輩で、学習院女子−学習院大の学生がいた。
彼女は高校時代、同級生であるところのサーヤに、なんらかの電話連絡を
しなくてはならないことがあった。で、「御所」に電話をした。
しかし、それはサーヤ直通ではなく、何度も誰かお付きの人に代わって代わって。
何人目かで電話応対に出た人に、いい加減切れた先輩は、
「さっきからずっと待っているんです。いい加減にしてください!」と怒鳴った。
その人は「すみません」と謝って、やっとサーヤが電話口に出た。
さすがに気が引けた先輩は、「ごめん…さっき出た人、どなた?」とサーヤに
聞いた。サーヤ曰く「父」。
そして、その先輩には「天皇を怒鳴りつけた女」というあだ名がついていた。

433 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 21:21:30 ID:c/pwm8o/
>>432
なんかカコイイ


434 :即死宣言:2005/07/30(土) 21:25:47 ID:Vwdg0rM7
>>432
詳細が知りたくなった。おもしろかった。

435 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 21:30:27 ID:I/k8bF9v
記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ
記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ
記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ
記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ
記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ
記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ
記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ
記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ
記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ
記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ
記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ
記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ
記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ
記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ
記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ
記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ
記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ
記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ
記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ
記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ
記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念ヌルポ記念パピコ記念パピコ記念パピコ
記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ
記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ
記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ
記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ
記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ記念パピコ


436 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 21:32:08 ID:CBvP6p/O
>>435
記念ヌルポにガッ!

437 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 21:48:04 ID:nMQryIUM
スレ7くらいから中身入れ替わった悪寒

438 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 21:52:23 ID:c/pwm8o/
>>437
そうかな?
コテハン決めた時、既に
「皆さんの意見を・・・」とか言いながら
大多数の「ガリガリ君」をさくっとスルー

誰がトムハンクスとかガリレオガリレイって言った?


439 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 21:56:27 ID:lw/Ve6Dh
>>438
ガリガリだからガリレオとは誰か言ってたよ

440 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 22:23:59 ID:9a6BSb5x
33 名前:山師さん[sage] 投稿日:01/10/09 19:09
タジマ写真店のご主人から聞いた話ですが、現像した写真におかしなものが写り込む事は
めずらしく無く、そういったものは職人技で修正してお客さんへ渡すそうです。
このご主人ですが1度だけ修正せずに渡した写真があります。

その写真の話ですが、就職活動で使う履歴書用の証明写真を撮りに高校生のお嬢さんと母親が
来店されたのですが、写真を現像してみると椅子に座ったお譲さんの右側に初老の紳士、
左側にご婦人がにこやかに微笑んで立っている写っていたそうです。
証明写真というのは胸から上を撮るのですが、なぜかその写真は椅子に座ったお嬢さんの
全身とその場に居るはずの無い2人が写っているのです。

にこやかに微笑む老夫婦?の表情があまりにも素敵だったせいか、証明写真用にカットした
ものだけ渡せばいいのになぜかその写真を母親に見せてしまったそうです。
その写真を見た母親は涙を流しながらこれは娘が生まれる前に他界した両親で、「生前は会うたびに
早く孫の顔が見たいと言っていたけど、お父さんお母さんは今までもこうして見守ってくれて
いたのね」と号泣し、一緒に泣くお嬢さんと母親みてご主人もつられて泣いたそうです。
ご主人は3人で写っている写真に職人技でさらに母親の写真も合成して引き伸ばし額に
入れて渡したそうです。

441 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 22:25:15 ID:nMQryIUM
トムハンクスやシグモって意見はあったな。
てかやっぱり漏れはグモマンセーだな なんだかんだいってグモの周りには人が集まってるし
そばにいたらなんだか退屈しないし


442 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 22:26:39 ID:wTYt3d5n
>グモの周りには人が集まってるし
悪い意味でな…

443 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 22:29:01 ID:9a6BSb5x
>>442
コンバットとかの類だな

444 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 22:37:45 ID:I/k8bF9v
うんこうんこうーーーーーんこ

445 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/30(土) 22:42:08 ID:5ReexHim
>>422
俺だね

446 :マン汁一番搾り ◆QkRJTXcpFI :2005/07/30(土) 23:12:04 ID:xWimLRWj
鳥の解析されたグモでておいで

447 :アチュットジ:2005/07/30(土) 23:13:02 ID:hjCKHJlY
グモ来い来い

448 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/30(土) 23:37:53 ID:xWimLRWj
グモまーだー?

449 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 00:11:00 ID:2LQ6nFtu
さらし

450 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 00:13:33 ID:DipwJtpw
トリ教えろよ
俺がグモになってファンタスティックな話にしてやる

451 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 00:42:47 ID:rCQkM+GK
なりきり希望。奴自身に、もうなんら期待もないし。なりきって埋めてくれ。

452 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 00:47:01 ID:cMXcGgky
じゃあここをグモのトリ究明スレにすればいいんじゃね?

453 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 01:04:01 ID:X7UCsKfw
鳥解析ソフトでみんなで誰が一番速く見つけられるか勝負でもする?
解析はPC依存だから、早い奴ほど高スペック

454 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 01:05:45 ID:r8upnivP
>>453
そのソフトを持っていないのだが?

455 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/31(日) 01:06:40 ID:7USQY7bW
>>454
「mty トリップ」で検索したら出てくるよ

456 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 01:22:58 ID:X7UCsKfw
ちなみにオレのは見知らぬ国のトリッパー。

457 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/31(日) 01:24:50 ID:7USQY7bW
トリッパー遅くない?
せめてmillion_seekerとか

458 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 01:25:11 ID:3LahCMxI
まぁ何だかんだ言っても愚喪の支離滅裂さが
マンセーってことでFA?

459 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 01:25:48 ID:cMXcGgky
>>456
使い方がいまいち分からん
[S][i][g][M][O][w][2][D][Y][A]
でおk?

460 :即死宣言:2005/07/31(日) 01:45:35 ID:/gvZzobI
・・・素で騙されるからやめてくれ。
あいつのアイデンティティー奪ってどうすんだ?

461 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 01:48:13 ID:cMXcGgky
>>460
スマソ…だが意外な言葉を使ってそうでびっくりだ。
俺は派生スレにしか普段はいないから安心してくれ。

ぐも、こねぇかな…

462 :即死宣言:2005/07/31(日) 02:14:00 ID:/gvZzobI
以外な言葉?なんか変なこと言ったっけ?
ほんと、はやく来ないかな。このままじゃ偽に騙されつづけそうだ・・・orz

463 :マン汁一番搾り ◆QkRJTXcpFI :2005/07/31(日) 02:16:09 ID:4amp662F
朝の6時代に来るだろう

464 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 02:16:46 ID:cMXcGgky
実際誰がグモかわからんwwww

465 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 02:19:26 ID:T+h132CT
>>464
グモはみんなの心の中に

いねーなwwww

466 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 02:20:43 ID:X7UCsKfw
>>459
大文字と小文字区別にチェックして、
前検索に[S][i][g][M][O]の前から何文字か
後検索に[w][2][D][Y][A]の後ろから何文字か
あとはひたすらまつ。

467 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 02:22:13 ID:cMXcGgky
>>466
とりあえず
SigM
は調べてみた。
で、今は
SigMO
を調べてみてるんだが、結果って変わるのかな。

468 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 06:31:24 ID:27FL49yL
トリップって入れる文字数でも変化するからね

例えば
#1234
#12345
では、鳥の頭四文字も変化する。

鳥解析は現実的ではない気はするが、
悪意をもった詳しい暇人が頑張れば出来るモノなのかもしれん。

希望の鳥を貰えるスレもある位だしな。

469 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 09:33:35 ID:ETRIs58q

 _              x''¨"^:':、
/::::::ヽ            、f     .::キ
!::::::::::::':,     _   y^    .:;:メ
':,:::::::::::::':,   /::::::::',  〉    .::':メ
 ':,::::r-、::':,__.l:::i:::::::::::! メ '   .::;:::f
  Y゙マ_)':::::::::`丶;::::::Y '   ::;:':y゙
  /ー':::;∠´ ̄`'_:;マ:::..,..,.::;:;:::y^
  f:::::::/f::::l    {::!i:ハ、::::::::::::_メ
  l:::::::| ー'   ゚ `゙リァ<`^'~'´
  ヽ::::ヽ__ ̄__/'〉'´
   `/_::::::::バ::::l,/
  f ̄ _/ ̄  T これアナルにぶちこむぞ

470 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 10:23:44 ID:ns/qqVei
【優秀な人材とは】

訪英したブッシュ大統領は、サッチャー元首相と会談することとなった。
「マダム。あなたの成功の秘訣を是非お伺いしたいですな」
「あら」
鉄の女は言った。
「それは優秀な人材を集めることかしら」
「もっともですな」
ブッシュは深く頷いた。
「しかし、どうやって優秀かどうかを見分けるかが難しくはありませんか」

「簡単なことよ」
サッチャーは答えた。
「じゃ、やってみるわね」
彼女は,ブレア首相に電話した。
「こんにちは、トニー。ちょっとした質問に答えてくれるかしら」
「どんな質問でしょうか、マダム」
「あなたのお父上とお母上から生まれた子供で、あなたの兄弟でも姉妹でもない人は誰?」
「はっはっは」
ブレア首相は笑った。
「それは私です」

471 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 10:26:38 ID:ns/qqVei
ブッシュは、ホワイトハウスに戻ると、さっそく、チェイニー大統領補佐官と
ラムズフェルド国防長官を呼び出して、例の質問をしてみた。
二人はしどろもどろとなり、緊急の用事を思い出したと言って、いったん大統領の前を辞した。
そして、頭のいいパウエル国務長官を見つけて、例の質問をぶつけてみたのである。
即座にパウエルは、それは私だよ、と答えた。

二人は大統領執務室に戻り、こう言った。
「例のご質問ですが、それはパウエル国務長官ですな」

大統領はひどく落胆した。こんな連中がブレーンでは、次期大統領選は絶望というものではないか。
「どうしようもないな。君たちは」
大統領はため息をつきながら言った。
「そんなことも分からないのかね。まったく」
大統領は、二人の愚か者に答えを教えてやることにした。


「答えは、トニー・ブレアだよ」

472 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 10:40:10 ID:ETRIs58q
まんまんみてちんちんおっき

473 : ◆3mWZr6RJAU :2005/07/31(日) 12:57:07 ID:Lynai3Xj
てs

474 : ◆WMhvyKf/Y. :2005/07/31(日) 12:58:56 ID:Lynai3Xj
てst

475 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/31(日) 12:59:27 ID:7USQY7bW
楽しい?

476 : ◆57/lrhsf5w :2005/07/31(日) 12:59:28 ID:Lynai3Xj
てすてす

477 : ◆boczq1J3PY :2005/07/31(日) 13:00:41 ID:Lynai3Xj
tst

478 : ◆meTSJqqORU :2005/07/31(日) 13:01:40 ID:Lynai3Xj
ありゃ

479 : ◆HjIMeGBMvI :2005/07/31(日) 13:02:13 ID:B/tbFHq6
てす

480 : ◆2Z94Sex/3o :2005/07/31(日) 13:02:54 ID:Lynai3Xj
>>475
すまんageてしまった

481 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/31(日) 13:03:46 ID:7USQY7bW
>>480
俺もあげてるから気にしないといいよ
Sexトリップすてきだね

482 : ◆SigMowViiU :2005/07/31(日) 13:08:51 ID:B/tbFHq6
てす

483 : ◆2Z94Sex/3o :2005/07/31(日) 13:09:35 ID:Lynai3Xj
>>481ごめwww
#アナルセックスやりたかったwww

484 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/31(日) 13:10:35 ID:Xoz1yslk
グモ。

485 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/31(日) 13:14:08 ID:7USQY7bW
なにそれ召還の呪文?

486 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 13:15:05 ID:Lynai3Xj
>>484
教えろよ

487 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 13:54:51 ID:LKtROqOe
たしか、電車男検証に
酉バレはありえないとか普通のPCで何十年もかかるとか書いてあったけど
ホントに酉バレとかありえるの?
もちろん、数字3桁とからならわかるだろうけど
解析だったら無理なんでしょ?

488 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/31(日) 13:57:42 ID:7USQY7bW
ttp://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Bay/2377/10keta.html
ここ読めばよくわかるよ

489 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 14:00:05 ID:LKtROqOe
10文字完全一致 1/28.8京 1828C 914C 609C 457C 366C 304C
やっぱ無理っぽいね

490 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/31(日) 14:03:48 ID:7USQY7bW
死ぬほど運が良ければ直ぐだけどね

491 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 14:06:02 ID:LKtROqOe
ただ、酉バレはない
グモ本人だったと考えるのが妥当ではないの?
なんか、偽者にしたい理由ってあるの?

492 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/31(日) 14:09:16 ID:7USQY7bW
電車男もグモの前身もトリバレでごまかしたりしてたから
もう○○男ではトリバレが定番なんだよ

493 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 14:10:07 ID:LKtROqOe
あぁ、ゴメン
ネタとしてってことね
失礼シマスタ

494 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/31(日) 14:10:36 ID:7USQY7bW
でしゃばってごめんね

495 :マン汁一番搾り ◆QkRJTXcpFI :2005/07/31(日) 15:17:52 ID:uE5l+p3n
>>494
          (;;;:::)
          (;;;;::::::)
        (;;;;;;;;:::::::::)
       (;;;;;(;;;;;;:::::);;:::)
      (;;;(;;;;;(;;;;;:::);;:::);::)
     (;;;;;(;;;;;;;;(;;;;;:::);;:::);;::)
    (;;;;;;;;(;;;;;;(;;;;;:::);;:;;;::);;:;;:)
        ヾ|i l i i l;|ソ
         |i l i i l |
         |i ( ゚Д゚)っ < 木にするな
         |i (ノ l !,|
         人从从入
          ∪∪



496 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 15:53:38 ID:lfF5cKq1
>>494
おまい、色々詳しいな
感心した。


497 :◆166dRIFz0c :2005/07/31(日) 16:03:30 ID:Ilzgwr9q
            ,. ''"´    ` ` 、        
           ;'            ':..     
          ;'     ´       `     
        ./        ●     .●     
        ./          ⌒  ▼⌒':
  __  ./         彡  ∵人∵ノミ___<こんぬるぽ!!
    ̄ ./  _         ミ   ノ"ミ ̄ ̄ ̄
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄━━ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ̄ ̄━━━ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


498 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 16:05:11 ID:B/tbFHq6
>>497
ガッ!

499 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/07/31(日) 16:27:32 ID:Xoz1yslk
グモハンクレイ。

500 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 16:32:47 ID:E/c009om
◆S/24kcgAJM はグモってことね。ハイハイ

501 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 16:53:43 ID:++LZq6UG
コレ、スゲーって!wwwマジで!!
ttp://kuroma.ddo.jp/2ch/uploadercgipm/src/koe1377.mp3

や、やあっ!お兄ちゃん、嫌っ!、(´・ω・`)
よ、ようこそ……バーボ……バーボンハウ…っ! ハウスへっ! くっ!
このテキーラはサービスだ……から……いや、いやっ! だめぇっ!
んっ! んんっ!
ふぁふほんへほひふひてほひひ……んんんっ!
んんんんんーーーーっ!
けほっ! けほっ! ごほっ!
や、やっ! そこは…そこはおま……おまたなのっ! 
仏の顔もって……言うし……謝って許してもらおうとも……
や、や、やぁあっ! 許して、それは許してぇっ!
ひぎぃっ!!!

で、でもぉっ!……このっ……んあああっ! 
スレ……すれてるっ! こすれてるぅっ! 君は…ああああっ!
きっと言葉……んんああっ! はぁあっ! いやぁっ! やぁっ!
と、ときめっ……き……みたいな…感じるぅっ! 感じちゃうっ!
 
そういう……そう……気持ち……気持ちいいのっ! お兄ちゃん!
気持ちいいのっ! もっと! もっと欲しいっ!お兄ちゃんの欲しい!
立てて! もっと立ててぇっ!。
あああああー!! なんでもするから注文を聞かせてぇっ!!!

502 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/31(日) 16:57:12 ID:7USQY7bW
いまさらマルチしてるからなにかあるかと思ったら普通だった

503 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 19:13:46 ID:KJKQ+1Ew
ロード

504 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 20:48:52 ID:w8k/4ch/
金曜の痴漢行為の書き込みの続きを書き込もうとしたが
なんか入り込める余地は無いようだな。

505 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 20:50:23 ID:LKtROqOe
>>504
余地はいっぱいあると思う

506 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 21:06:01 ID:7r/kKow8
以前セックスフレンドを募集されてましたが、今も募集されてますか?
まず自己紹介します。涼子、31歳、専業主婦で子供はいません。
主人はそれなりの収入がありますが、海外に出る事が多く
お恥ずかしい話、セックスレスで身体がなんとなく寂しいというか不安で・・・
いきなり不快にさせてしまったらごめんなさい。
ただ一応学生時代水泳をしていたのと、今でもジム通いを続けているのでスタイ
ルに自信あります。
髪型は肩よりも少し長めのロングで少し色白な感じです。
既婚者である私とでも問題がなければ、家も比較的近いようですし悪い条件では
ないと思います。
先ほど申し上げたとおり既婚の身ですので今は家の細かい場所まではご容赦下さ
い。
まずは1日だけでも割り切りの関係でお会いし、それでお互い相性が良いと
感じるようでしたら継続したいと考えています。
なにかご希望があれば、なるべく従うようにしますし、お金の事なら心配要りま
せんので
気軽にお返事を下さい。お待ちしております。


507 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 21:06:56 ID:gFUONKkS
 ____
    /∵∴∵∴\
   /∵∴∵∴∵∴\
  /∵∴∴,(・)(・)∴|
  |∵∵/   ○ \|
  |∵ /  三 | 三 |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |∵ |   __|__  | <ちゃんとレスしろやボケェ>>506ハゲ場かキモい全科者がー。
   \|   \_/ /  \_____
      \____/    |      
   /⌒    ⌒ヽ     |||
  / _イ    /⌒\    ||||
  (___つ/     \   |||||
    / /   イ\   \  /\グシャッ>>506僕はハゲで場かで生きてる価値ないゴミです舎弟にしてください。
    |     /|   \  \∧ │ ☆   
    \_/  |     \<  >/   ●  ●
       │  |    ☆ \∨;:":; l;:;  ●● ●
       /  ノ       :;:;从:.,,从从*;+● ●
      /  /      Σ l,,;;l;l*゜;l::;,゚:;.。,.,:;;;;:;;+;,,;  
     丿 /         |     x x   |
    (  (__         |     )●(  |
     ヽ_ノ        . \     Α   ノ





508 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 21:23:27 ID:w8k/4ch/
>>506
マジですか!?

509 :506:2005/07/31(日) 21:47:11 ID:fcOeyCb4
こんなメールがきた

510 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 21:48:37 ID:LKtROqOe
>>509
同じ文面でモレも着たことあるよ
もちろん、すぐ削除したけど

511 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 21:59:10 ID:fcOeyCb4
グモでてこい

512 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 22:00:03 ID:fcOeyCb4
スレが終わりそうになった頃に現れるのか?

513 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/07/31(日) 22:03:16 ID:7USQY7bW
日曜日だしニモとデートしてるんじゃない?





って書いたら喜び勇んで出てこないかな

514 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 22:47:49 ID:LwF8Y3PP
ってかニモって妹のほうだっけ?

515 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 23:16:30 ID:X7UCsKfw
ニモ姉
トマト妹

516 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 23:18:27 ID:B/tbFHq6
ナスビ弟
トーマス従兄弟

517 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/07/31(日) 23:25:26 ID:B0iM2fx8
そろそろ来るかな

518 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 00:34:26 ID:n/YMnNLS
まーだー

519 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 08:53:54 ID:+kt+o61j
23歳の妹・里香の三歳年上の兄貴おいら。別に腹違いとかスペック的に萌え要素
は薄いんだが、まぁ普通の夫婦に生まれた兄弟。
お互いもう両親の元からは離れて一人暮らし。だけど、妹の住んでるアパートは
何故か近い。駅の反対側西口と東口と降り口が違うだけ。妹曰く
「何かあったらお兄ちゃんの家の近くの方が安心」との事。そんな事で
時々会社の通勤でも鉢合わせする。電車通勤でラッシュになると必然的に
ひっついてしまうわけだが、朝から妹とは言え胸は当たるし、しがみついて来るし
シャンプーのいい香りはするしで、朝立ちに気づかれない様に一苦労。


520 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 08:54:51 ID:0RmAxKwN
この間、人身事故で本数が少なくなり、いつもの倍以上乗ってる電車に押し込められ
妹はおいらの胸に顔埋めて「くるしいぃよぉ」とか言う。
こりゃいかん、今まで26まで生きてきて妹には性的な感情は正直一切なかった
お互い彼氏彼女はいるし・・・しかし、このなんだか胸がむずむずする感覚は
なんなんだ?これが妹萌えってやつなのか?
ぎゅうぎゅう詰めの車内では妹のフトモモがもろに朝立ちに直撃してるし…
妹だって気がついてるはず。胸みてコンナに成長したんだぁとある意味感心
していると。電車急停車。人間なだれ発生。


521 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 08:55:34 ID:0RmAxKwN
必死で手を握る妹。通路ではすでにドドドドと前に流れる人波。ドア側にいる
おいらと通路に身体半分くらい出てる感じの妹は巻き込まれそうになる。
ぎゅっと引っ張って抱き寄せると「きゃ」。そのまま顔をおいらの胸に押し付ける
やばっ…かわいい。その日から一週間なんだか罪悪感で電車も一本遅いのに変更。
すると妹からメール「何故朝来ない!ラッシュで私を守るのが兄貴の役目!」
で、ちょっと酔ってたのでシカト。二時間後「返事よこせYO!!」。再びシカト。
友人と飲んでて酔いも絶好調、すると「くそ兄貴!ぶっころす!byりか」。
あまりにシカトして機嫌損ねてもいけないので「かわいいよ、りか」と送信。
あとあと酔いが冷めると、なんて馬鹿なことメールしたんだと後悔・・・


522 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 08:59:11 ID:0RmAxKwN
妹も飲んでるのか?返信には「私もお兄ちゃんカッコイイと思うYO!!」。
うっそ…お兄ちゃんなんて今までここ何年も呼んだ事ないじゃんか!
「お兄ちゃんと呼ぶな、恥ずかしいからやめろ」と酔い全開で送信。
すぐ返信来る「お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃんだ〜すき」。
やばい…メール本文がかわいすぎる。件名がRe3:くそ兄貴 という
アンバランスだが。妙に意識してしまいなんだか酔いがかなり冷めてしまう。
正直お兄ちゃんと呼ばれることは珍しくいつも兄貴だったので異常に恥ずかしい。

もう返信するのを辞めて醒めてしまったので再び飲みに。
またまた酔い全開で携帯が鳴り「人が好きって言ってんだから返事位よこせYO!」
うっそ!妹に「好き」とか言ったらそれは家族としての愛情だよね?
その〜男と女の異性関係の「好き」とは違うよね?我が妹よ!
で再び返信「大好きならキスでもするか?(笑)」と笑いマークなんか
入れてみた。10分後・・・返信来る・・・


523 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 08:59:47 ID:0RmAxKwN
「ん〜どうしよっかな?お兄ちゃんがしたいって言うならいいよ〜( ̄^ ̄) 」
だから、件名のRe:くそ兄貴を消せ!すぐに返信「りか、お前酔ってるだろ?」
来た「いたって平常です。しらふだよ」。真面目に答えると返信できねぇ・・・
でまた飲み。酔いが限界でもう携帯も打てない位に酔いまわる。友人と店を出て
じゃぁに〜で家に帰路につく。帰路中に来た「おぃ!今日私と飲みなさい!」
無理っす、さすがに飲めません。返信「無理。寝ろ。おやすみ。」で家に着く。

妹のりかは、ちょっと強気な所があって、二人で酒飲んでも「兄貴に負けない」
とか平気で言ってくる。彼氏と喧嘩すると酒飲み相手だし、おいらの彼女には
「このくそ兄貴お願いしますね」とか言うし、周りからは仲の良い兄弟という
近所では噂だ。おいらは妹にあまり頭上がらない。家庭科の宿題とかやってもらったし、
金も借りてるし、今の彼女も妹のバイト先だった所での紹介だし、性的な事だが
おいらが下におけけ生えるまで一緒に入ってた。別に性的な物は感じたこと無し。
初体験の話とか童貞喪失の話とか、隠しながらもちょっとは話してたと思う。
最近胸成長したなぁとか高校の頃は思ったけど、良くある妹で抜いたとか
パンツ臭いかいだとかはまったく無し。風呂上りにカサカサ肌のおいらの背中
にクリーム塗ってもらったことがあるんだが、その時は風俗のローションプレイ
を思い出して半立ち。見つかりそうになって慌てて隠す。


524 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:00:28 ID:0RmAxKwN
家に着き寝ようとすると。「今からチャリで行きますんで玄関開けとけ!彼女
いるなら閉めとけYO」と来る。返信「彼女居ないけど来るなYO!夜危ないから」。
20秒後「私のこと心配してくれるの?ありがとう」。おぃおぃ!どうした?
行くぞ!( #゜Д゜)ゴルゥァ!! 位の返事を期待してたんだが…
どうせこねぇしな、寝るかと就寝。一応玄関開けとく兄貴の優しさ・・・?
がちゃ!ほんとにきやがった!いかんよ〜最近妙に意識してるから余計いかん。

寝たふり。ねてんじゃねぇ!でボディプレス。悶絶。いきなりそれかよ!
でおいらコーヒー、りか様ビールで宴会開始。宴もたけなわでエロ話に移行。
お前、さっきお兄ちゃんって呼んだろ!やめろよな!恥ずかしいから。
すると、いいじゃんさぁ、お兄ちゃん。だからやめろ!お兄ちゃん!やめろ!
お兄ちゃん。の繰り返し。
りか、お前さぁ、キスするか?なんて聞いたらボケろよ!真面目なっちゃうだろオレが!
・・・沈黙・・・
お〜い!飲みすぎですかぁ?お〜い!

して見る?兄貴?
うっそ!まじかよ。真面目に答えるな我が妹よ!ボケろ!やらしいなぁ兄貴とか
言えよ!


525 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:01:02 ID:0RmAxKwN
微妙にうなずいたおいら。こりゃ酔ってるせいだよな?
酒のせいにする卑怯なおいら。やばい・・・可愛く見える。
じゃぁお兄ちゃんの隣にいってと…と言いながら席を立つ。
きた、きた、キター! 隣に座るりか。
「お兄ちゃん、じゃぁ一回だけね。でまじ内緒だかんね。やばいじゃん?」
っていうか、お袋に知れたら殺されますよあーた。
おいら「おぃおぃ!りか!まじかよ!オレ嘘言った、ごめんお前とキスなんて
したくない、いや〜ごめんな、りか」

っと言った瞬間。唇はふさがれました。

すげー積極的なキス。フレンチ程度だと思ったんだが、レロレロするし
中まで舌入れてくるし…途中なんか「んっ…」って言うんだよ・・・
一分はしてないけど、お互い舌出し合ったりしながらようやく終了。
「お兄ちゃん上手!びっくりしちゃったじゃんさぁ、まじやばいわこれ〜」
「っていうか、お前レロレロするなレロレロ!フレンチで行けよ!フレンチで!」
「んじゃ私帰るね〜」( ゚д゚)ポカーン
おぃおぃ!これからじゃないですか?りか様。


526 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:01:38 ID:0RmAxKwN
「またさ、来るからねお兄ちゃん。今日はここまで〜」っておぃ!
続きはあるのかよ!
「おぃ!りか、オレをからかうなよ!」
「べつに、からかうつもりは無いよ、兄貴だったらいいかなぁと思ってさ
最近、電車とか一緒でしょ?やっぱ電車やばいよね、くっいてる時間とか
長いじゃん、なんか変な感じなんだよね〜だから兄貴が時間わざと
ずらしてるの解っちゃったんだよね、でもそれも寂しいしさ〜」
「彼氏がいるだろ!彼氏が!」
「いや、だから、彼氏とはね、先月終ったの!」なんですと?終った?
それはお別れな意味ですわよね?

「なんだよ、お前、それで兄貴に性欲求めんなっーの!」
「うるせぇバーカ!キスしたいって思ったら止まんなかったの!兄貴のば〜か!
もう帰るよ!じゃぁね!」
おーい!かえっちゃうの?
「おぃ!りか!…また来いYO!」
「うん、明日ね!」
明日かよ!
って訳で、その明日が、今日なんだが…

527 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:02:26 ID:0RmAxKwN
そうだったんですね?フレンチ=ディープだったんですね!知らなかった。
勉強になりますです。
昨日はですね、9時になっても登場しませんで、今日はこねぇのか?と
思ったら早速メール。いい加減Re18:くそ兄貴 という件名を消してもらえないかと…
「いまからいくYO」で返信「何しにくるんだYO!」
一応コンビニでお菓子とか酒とか買ってくる為家を出る。
すると返信「HなことするんだYO!(>_<) 」と・・・思わずコンビニ店内で
ポテチが手から落ちる。おぃおぃ!我が妹よ!こんな兄貴とHしようなんざぁ
何を考えているんだ?早速返信「じゃぁ勝負下着してこいYO!」なんていうのか
最後の「YO!」って部分がまだ冗談ですよ〜みたいな雰囲気を出しているんじゃ
ないかと思ってね、おいら「YO」つけまくってた。


正直に言えば妹とのSEXなんて絶対ありえない。性的な魅力なんて感じないし
やっぱり肉親だと思ってるから。でも、この胸のつっかえた感じってなんなんだ?
「了解でっす!」お〜い!まじかよ、冗談で返せよおぃ!きっと会ったら
何発情してんだくそ兄貴!とか言われて股間にけりでも入れられたほうが
よっぽどましだよ。
がちゃ。登場。おぃおぃ!いつもよりかわいいカッコじゃぁねぇかぁ。
お兄ちゃんど真ん中だよ!その服装。「兄貴、飲み行くぞ!」
月曜からは辛いです…「おぃ、りか、家に酒とか買っといたぞ」と言うが
「うるせぇ!早くしろ!さみーんだよ」23才の女の子が使う言葉じゃありませんな。

528 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:03:01 ID:X4xWmRdo
グモはきてないのか、立て逃げじゃねーだろな。

529 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:03:13 ID:0RmAxKwN
近くの居酒屋へ歩いて向います。風が比較的強く寒いです。
妹は小さいので、おいらの後ろに隠れて風を避けようとしてますが意地悪して
クネクネあるく。「おぃ!何やってんだよ、さみーんだよ兄貴」・・・帰りたい。
あんまりに意地悪するので、ついには諦めたのか隣に来て腕にすがります。
やばい…コートから見える胸元が、成長したなぁ、お兄ちゃんは嬉しいよ。
やっと妹をひきずり気味で居酒屋に到着。
腰をすえて飲むことに。

彼氏と別れた詳細を聞こうとしますが、妹はイキナリがんがん飲み。
おーい!月曜日ですよ?明日仕事ですよ?えっ?生理休暇ですか…都合よく生理くるな
おいらがビール一本開ける頃には、妹はもう三本目の半分まで消費。はえぇぞ。
やっと彼氏との経緯に到着。「あいつさぁ、裏でさ幼馴染と付き合ってたんだよ」
なんですと?だって彼、おいらに「いい妹さんですね」って頭下げてたいいやつじゃん?
「私とは、遊びだぁ〜とか言ってんだよ!あいつ」おぃ!泣くな!居酒屋で泣くな!
ここら辺から妹の挙動が不審に。店員呼ぶとカウンターに座らせてとお願いしてる。
トイレから帰ってくると、いつの間にかカウンターに、それも一番奥。
座ると、もうベタベタしてくる妹に変身。どうやら酔うとお兄ちゃんと言うみたいです。
「お兄ちゃんさぁ、昨日さどう思った?」
「お兄ちゃんと呼ぶな!」
「えっ、いいじゃん」てな会話がしばらく続く。


530 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:03:53 ID:0RmAxKwN
で確信へ。「りか、お前彼氏とHできない欲求をオレにぶつけてないか?
兄弟でキスするなんてあーた、どう考えてもおかしいだろ?お袋泣くぞ!」
「ん〜・・・そうかもね」おぃ!おいらは性欲の捌け口ですかね?
「でもね、お兄ちゃんとキスした後ってすごく落ち着いたの、これまじ話ね、
近くにいるんだぁって感じがしたの。いけないっていうか、変なの。っていうのは
自分でも解ってるけど、止まらない気持ちっていうのかなぁ〜、今流行りのさ
デフレスパイラルっていうやつ?」全然違います。何がデフレスパイラルだよ!
意味しってんのか!意味!おいらはとっくに妹スパイラルですけど。

やばい、顔が近くにありすぎる。胸も腕に当たりすぎてるし、で右手は何故
おいらのふとももにあるんだ?一昨日のキスシーンが脳裏を巡る。
おいらも酔ってきてたので会話にあまり正確性が無いかもしれんが勘弁してな
「お兄ちゃんは彼女とどうなの?」えっ?そっちの話題ですか・・・
「上手くいってるよ、優しい人だし気が利くしな」
「ふ〜ん…あの子私の紹介だもんね、いい子だよ、バツイチだけど」
おーい!今なんていいました?嘘付け!お前!X1ってあーた!聞いてないよ!
「あーあー!心配しないでお兄ちゃん。籍入れてすぐ抜いたとかそんな問題らしいよ
結婚生活は無かったみたいだよ、一ヶ月で別れたって言ってた」
てめー!それを早く言えよ!
「まぁまぁ、くよくよするな。私がいるじゃないか」いや…それは困る。


531 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:04:29 ID:0RmAxKwN
今日の妹は確かにかわいい。しかし、皆が書いてるような妹と○○みたいなのは
どうしても頭に浮かんでこなかった。おっぱい触る程度のいたずらでも考えつかない。
飲みも終盤でだいぶホロ酔い。妹泥酔。店を出ると案の定寒い。帰りに聞いたみた。
「りか、お前今日何しに来たんだ?なんか話があるなら聞くぞ」んで
冗談っぽく「まさか、勝負パンツはいてきたんじゃないだろうな?りか!」
・・・沈黙・・・
こ。た。え。ろ。よ!頼む夢であってくれ。
「お兄ちゃん…」
「ん?」
「今日もう少し居ていい?」
「ん?まぁ…いいよ」なに真面目に答えてんだおいら。ヘタレ

やっと家に到着。パジャマとか持参してるあたりの計画性を認識。
「りかお前!最初から泊まるつもりだったのかよ!」
「わるい〜?シャワー借りるね」とシャワーへ・・・すると
「きったね〜な!綺麗にしろよ!」と罵声。
いかん…いかんよ〜なおいらの脳内想像
シャワー出る→まったり会話→またキス→理性の鍵外れる→がおー!!
ってなシチュはやばい。ここは何があってもしちゃいけない。
脳内想像変更 まったり会話→ベッドで妹寝かす→おいらソファ→朝→OK!
よし、これでいこう。


532 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:05:20 ID:0RmAxKwN
「お兄ちゃん!タオル!」の声で脳内想像終了。
その棚にあるだろ!寒いから取って!てめーで取れ!いやだ!
仕方なく取りにいく、浴室のドアを半分開けてタオルを渡す。
「なに興奮してんだよエロ兄貴!」てめー!早く帰れよ!
パジャマの妹。みちゃいかん。なんか違う、「女」を感じてしまった。
交代でおいらの入湯。綺麗に磨いてくれてるところが妹らしい。
程なくして出ると、妹はTV見てる。昨日夜地震あったでしょ?
津波来るとか来ないとか、おいら住んでる地域は全然関係ないんだが
必死になって見てた。「りか、そろそろ寝るぞ、オレ明日会社だよ」
「う〜ん、私も眠いや、お兄ちゃんハブラシ貸して」
二人で口の周りアワアワだらけにして喋ってるのって何年ぶりだろう?
遠い昔のような気がするなぁと感慨深く思っていると「私ベッドね、お兄ちゃんは
ソファで!」

OK!ソファでOK!いいですよ兄貴は妹の為には寒いソファでOKです。
電気消灯!おやすみ〜!・・・10分後・・・
「お兄ちゃん、まだ起きてる?」「うん、もすこしで落ちるけどね」
「寒いよ」「暖房つけるか?」
電気点灯!
「りか、暖房のスイッチはここだ、暑かったら消せよ、タイマーもかけろ」
よくよく考えると、なんとも女心というものがわかってない兄貴ですね
だけど、肉親だからあんまり気がつかないのが普通かなぁと思ったんだが。

電気消灯!がいくら経っても暖房のスイッチが入った音がしない。
「お兄ちゃん?」「ん?なんだ?どした」
「まじさみーよ」「だから暖房つけろって!」
「腰痛くない?」「痛いけど、今日はしょうがないだろう?」
「こっち来る?」「・・・・」まじかよ。
「布団足りないし」いいえ、十分足りてます。おいらはあったかですよ。
「りか?どうした?寂しいのか?」・・・「うん」・・・かわいく言うな!


533 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:06:05 ID:0RmAxKwN
しかたなく?うれしく?困惑しつつ?移動。
「まじ兄貴、変なことすんなよな」「しねーよ!」
「寝るからな!話しかけるなよ、りか」・・・5分後・・・
耳元ではぁはぁ言うのはお前か!寝息を耳に近づけるな!
「りか、むこういけ!」「寒いんだもん」
「あやしいぞ!りか」 「キスして、お兄ちゃん」
・・・沈黙・・・
これは超えられません。キスしたら一気にいきますよこれ。

「りか、お前おかしいぞ?どうしたんだ?オレで良ければ話聞くぞ」
布団の中で向かい合う二人。暗闇に見える妹は目がうるうるしてる。
「お兄ちゃん寝ていいよ、寝たらキスしちゃうからね」
あのー、おいらだまくらかされてます?しょうがない…一回だけ!一回・・・一回・・・
「わかった!一回したら、寝ろよりか!」「うん」
とは言うがなかなか出来ない。ほんとかる〜く「ちゅ」って唇かする程度
でクレーム。今のはキスじゃない、触っただけとか、やるきあんのかとか
クレームまみれ。で再度。今度は妹から。ぐぅぅぅ。息が吸えないだろお前!

積極的な我が妹。もしかして貴方は好き物ですか?
右側で寝ている妹の左手はすでにおいらの胸あたりを服の上からまさぐってる。
あもわず「うっ」と声が漏れてしまったのさこの時。それが開始のホイッスル
パジャマの前ボタン外されてついに地肌へ。胸とかわき腹とか優しく撫でてくる。
口は唇で塞がれてて何もいえないし。やばいよ、下半身がやばい・・・
やっと離れて「おい。りか、何やってんだよ、やめろって」と一応拒否反応。
するとりか様とどめの一言を…
「だって、止まんないんだもん、お兄ちゃん」。
止めてくれ…もういいや。そうでも。なんか落とし穴に徐々に落ちてゆく感覚。


534 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:06:52 ID:0RmAxKwN
ええ・・・落ちてゆきました。禁断の扉を開けてしまいました。
妹の胸を舐めたり揉んだりつまんだり、初めて触る妹の身体。すげー背徳感
お袋ごめんよ。おいらダメ兄貴だ、でもっとダメなのは妹だよ。
全身上から下までお互いキスして、りかのうちももに触れたときあいつ初めて
声を出した、妹からは聞いてはいけない声。妹のくせにいい身体してんなぁとか
感心しちゃったよ。でもな〜そこ触るのってすげー抵抗あるんだよ。
逆の意味でなんか濡れてたらショックな訳なのよ、妹がこんなにとか思うと
かなり落ち込み激しいのよ。

でも、結果:濡れてた。
ちょっといじっただけで、ひゃんとか言って仰け反る妹見て、こりゃまじやばい事
してるわおいら。そうこう考えてるうちに妹は股間へと顔を向ける一気にパクッ。
ぐぅ、やべぇきもちい。詳細はあんまり覚えてないけど、あの妹、生意気りかが
おいらのチンポ咥えるなんざぁありえない!いきそうだ・・・
急いで頭を抱えると「りか!もう終わりだ!もう終わり!」
「え〜お兄ちゃんの欲しいって言ったらどうする?」あげません!
いいじゃんいいじゃんといいつつ再びカポ。69の格好にいつのまにかなって
妹のが目の前に…これを舐めろというのですか?おいらが?この兄貴が?…

妹の舐めるなんざぁ誰も許しはしないだろうなぁ、っておぃりか!腰を落してくるな!
あ〜あぁ〜、口付いちゃったじゃんかぁ!お前使ってる割には綺麗じゃん。
腰抑えて舐めまわすのもどうかとおもって控えめに。あふれてんじゃねぇ!
でしばらくすると。「お兄ちゃん、いきそう!」まじかよ!兄貴でいくなよ。
でも兄貴の優しさこんな時に発揮「いいよ、りか、いきなよ」。
「うん」うなずくなぁ!であっという間に身体がビクビクして昇天状態に。
あそこが凄い熱いんですが…顔中ベタベタなおいらって…あぁ。


535 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:07:29 ID:0RmAxKwN
ひと段落。重なり合って休憩。もう終れ。入れないぞ!入れてはダメだ!
さっきの69の時みたいに主導権を握られてはいかん。あんなするりとまたがれたら
こんどは間違いなく挿入まで行ってしまう。「なぁりか?」「ん?」「満足した?」
「まだ!」おぃおぃどういう神経してんだよ!
おいらの体の上で少しずつ脚を開いてゆくりか。でおいらの肩に手をおいて
下に下がってゆく。あのーそこには飛び出てるものがあるんですが?
こもまま行くとドンピシャですよ〜ドッキングしちゃいますよ〜
あっ・・・

あったけぇ・・・っておぃ!生じゃんかよ!お前生理休暇だって言ってたろ!
嘘つきやがって。動くな!動くな、移動禁止!じゅぶじゅぶしないで・・・


536 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:08:02 ID:0RmAxKwN
「ねぇお兄ちゃん」「ん?」「きもちい?」「うん・・・やばい」
「じゃぁ今度はお兄ちゃん上ってどう?」「えっオレが?」「そう、上」
仕方なく正常位で脚を広げてIN。うぅ、りかの中やばい・・・
抱き合ったまましばらく突付いていると、こりゃもう限界。
「なぁりか」「ん?」「オレもうダメだよ」「私ももうダメ」
「いっていいか?」「いいよお兄ちゃん」
ってお前、何処に出せばいいんだよ。
「何処にだす?」「う〜ん、顔はやばいよね〜」「だろ?」
「飲んであげよっか?」「まじかよ・・・」
だんだんとスピードアップ、でトップギア。聞いてはいけない妹の声。
最後あんまり覚えてないんだが、こんな感じだった。
「いいよ、すごいきもちい、お兄ちゃんきて、あぁお兄ちゃんいっちゃうよ
りかいっちゃう、あぁお兄ちゃん、りかいくよ、りかいっちゃう、あぁ…」
みたいな感じ。MAXで引き抜くとさすがに飲むのは引けたので、胸に。
ってか射精とまんねぇよ。乳首とか谷間にべっとりかかってしまい恥ずかしいな
「お兄ちゃん、いっぱい出たね、私うれしいよ」おーい!何がうれしいんだ?


537 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:08:56 ID:0RmAxKwN
終了〜。そのあと、シャワー浴びて二人で手を繋いで寝ました。
今日朝めったに朝食を食べないおいらに朝食を作ってくれた妹。
「早く食べろよ兄貴!」といつもと変わらず生意気でしたが・・・玄関で靴はいて
行って来ますを言うと「行って来ますのキスはどうした?」と強制。
もうキスぐらいどうってことないや…でキス。
「兄貴、まじお母さんとかには内緒だよ」言えるかよ!
「もうあれ一回だけだからな、りか」「えっ?そうなの兄貴?」
「そうなの?ってお前!」「今日休みだし、もう一回だけしてみる?ってか
兄貴まんざらでもなかった感じ〜、きもちいとかいってたしぃ〜」
「まぁまぁ落ち着け!」お前が落ち着け。
「俺たちは兄弟だろ?そこに恋愛感情は無いよな?」
「いいじゃん、結婚できる訳でもないしさ、私兄貴の事好きだよ、じゃなきゃ
実の兄貴とやらないって!気がつけよボケ!くそ兄貴!」
「すいません・・・」

「じゃぁ兄貴、今日待ってるから、夕食何がいい?」おまえってやつは・・・
で今日出社。
かな〜り複雑。図面も手につかないよ。


538 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:10:14 ID:0RmAxKwN
いや〜おいら二重ショックなのさ、彼女バツイチだったって…そりゃねぇよなぁ
妹は妹でやる気マンマンだし。今日はやらないで、バツイチ関係を詳しく追及!
予定…妹に言われると避けきれないおいら。

で、ほんと妊娠とかしたらシャレにならんからなぁ
産む訳にもいかんしな、妹もしばらくすれば冷めるんじゃないかな
飽きっぽいしな。妹があんなに積極的な女だとは思わなかったという誤算
前の彼氏に相当仕込まれたとの予想。みなありがとん

7日の日に家に帰ると、妹はいっぱいの料理でもてなしてくれた。
「食べろよ兄貴!」ってかまじぃよ全部・・・
あんまり昨日の夜の事触れちゃうとお互い気まずくなるかなと思って
しずか〜に食事。
キモチワルイこの揚げ物みたいのはなんですかね?りか様?
「揚げだし豆腐!お母さんから教わったんだ」
うそつけ!お袋のは絶品だぞ!これじゃぁスポンジだろお前!
あんまり言うのも一生懸命作ってくれた妹に可哀相なので
上手い振りして食いましたさ、ええぇ全部・・・


539 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:11:12 ID:0RmAxKwN
食い終わって一段落。
酒でも飲みますかね?でウイスキー投入。
この時点ですでに9時過ぎ、かる〜くのつもりが宴会に。
おいら早く寝たかったのよ、次の日会社だし、それ以前に
妹とは今日の夜は流石にまずいだろ?と思い始めてさ
んで、話をそっち方向じゃない方へ向けてみた。
「りかお前さぁ」と言い始めて、彼女のバツイチ問題に
突っ込んでみた

バツイチ問題は本当か?と聞くと本当だという。
おいらほんと騙された感が渦巻いちゃって
仕事も何もやる気なし。妹は妹で「私から聞いたって言うな」
って事だし、じゃぁ彼女と話する時どうやって聞けばいいんだよ!
妹はこの時もうすでに「お兄ちゃん大好き」状態全開。
人の膝枕でゴロゴロしてる。帰ってくれ!

しかし、よく考えるとおかしい。
妹がバイトしてる時代と照らし合わせるとなんか引っかかる。
直感で嘘だろお前!と言うと。「てへへ・・・」おぃ!
てへへじゃねぇ!嘘つきやがって!
「お前嘘ついたな!」「いや…お兄ちゃんごめん」
「なんで嘘つくんだよ!ちょっとは別れようかなとか考えちゃっただろ!」
「まさか本気にするとはさぁ、思ってなかったんだよね…」
膝の上の頭をグリグリ攻撃。そうとう強くやったんだと思う。おぃ泣くなよ!

540 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:11:48 ID:0RmAxKwN
半べそかきながら言い訳する妹。
「なんかさ、グス。彼女のさ、グス。話聞いてたらさ、グス。
「ちょっとさ、ズズゥ。嫉妬してさ、グー。」鼻水を拭け!
「お前、肉親同士で嫉妬してどうする!」
「で、嘘なんだな?全部?なぁ?」
「うぞでず…ごべんげ、ぼにいじゃん」泣いて許してもらおうと?
「やだ!」もう寝ようと思って話を切り上げたつもりだったんだが…

「じゃぁ、どうすれば許してくれるのよ!」逆ギレかよ!
「キスしたら許してくれる?」そういう問題じゃぁないぞ、我が妹よ!
「Hしたら許してくれる?」だから、お前自分に都合がよくないか?
「そんなぁ、H。Hって言うなよ、オレだってそりゃ男だからな
したいと思うときもあるけどな、相手が妹じゃまずいだろ?」
そんな感じでいったと思う。
「う〜ん、そうだね〜まずいよね、でもね、結構いるみたいだよ
お兄ちゃんとかお姉ちゃんとかとやっちゃってる人」お前だよ!おまえ!
っていうかいねぇよそんなに!


541 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:12:21 ID:0RmAxKwN
「お兄ちゃんはどう思ってるの?」
「オレか?オレはもうしようとは思ってないよ、一回だけの
特別サービスって感じだね、りかもそう思うだろ?」
「・・・」おーい!もしも〜し!
「好きって思ったらしちゃいけないの?」そういう問題じゃないだろう!
「いや、良いけど、俺たち兄弟だろ?」
「兄弟でも好きならいいじゃん!」まじでそう思ってんのかいな?
「お前マジで言ってんのか?」


542 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:12:52 ID:0RmAxKwN
妹も心では解ってるのに口では反抗してしまうというか
おいらと反対意見を言う癖がある。
もう夜も更けてまいりまして、まぶたがひっつきたくてうずうず
してる時間帯。
我が妹、その後全然喋ろうとしない。なんか言えよ!
おいらもうこの会話はこれ以上話しても進展なしと判断、で
シャワーでの浴びるかな?と思い「フロはいる」いい
ルンルンでシャワーを浴びていると。



543 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:13:25 ID:0RmAxKwN
ガチャ…お前入ってくんな!狭いだろ!おぃ!
明るい照明の中妹全裸。まじ勘弁して・・・
「お兄ちゃん、背中流してあげる!」
「いや、いいって!まじやめろ!いいって!」やめて〜
「兄弟でオフロはいっちゃいけないなんて誰も言わないもんね」
なにニコニコしてんだよ、「これならOKでしょおにいちゃん?」
い〜え、ダメです。早く家に帰れよ!
ぎゅぅぎゅぅ詰めの浴室では避けてても肌が触れ合ってしまう。

あかすりにボディソープで背中ゴシゴシ。意外とイイ!
お尻付近までゴシゴシ、こりゃイイ!って前はいいから!
自分でやるから!あかすりでチンポ隠しながら移動。
「あかすり貸してよ!」いや…今はダメだから!
ひっぱるな!チンポあかすりで痛いだろ!
妹の背中しか見えない位置に移動。前は直視できんよ。
だけど、鏡で反射して見えちゃうんだよね、シャワー多めに
だして、鏡曇らせみる。おぃ!りか!曇りおとすな!


544 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:14:00 ID:0RmAxKwN
後向いて、あかすり渡すと、「お兄ちゃん私の背中は?」
てめーでやれ!しかたなく優しさ発揮でゴシゴシ。
暑いって言うから後ろのドア開けたら自分の尻にぶつかって
前のめりに。チンポが背中直撃。妹「あっ…」あじゃない!事故だよ!
シャワーを取って、背中流してやって、おいらも自分流して
先に出ようと、シャワーをフックに戻そうとしたその瞬間。
おぃ!なに股間みてる!向こう向け〜・・・パクッ・・・


545 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:14:32 ID:0RmAxKwN
とろけるような感覚再び。
やめろ!って言ったってチンポ反応しちゃったら言い訳できない。
必死に勃起抑えようとしたって、口と両手で責められてムクムクと…
やばいよ、このままじゃ妹に兄貴としての威厳が!あるかどうかは
解りませんが。「もうでるぞ!おぃりか!やめろって!」
「もう何も言わないで、お兄ちゃん」言わない訳には・・・
実際ね、拒否しようと思えば拒否できるし、やめろ!って言って
こずいてでも辞めさせる事も出来る。けど、なんだろうなぁ
こんな気持ち初めてなんだ、落ち着くっていうか、安らぐっていうか
気にしないって言うか、なんとも表現しがたい。


546 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:15:11 ID:0RmAxKwN
いけない、って解ってはいるんだが、その居心地の良さに甘えてる。
気心知れてるというかそんな感じ。皆もそうなんだろうか?
体験者に聞いてみたくなったよ。女として意識してる?
おいらはそこまでまだいかない。
やっと優しく頭離して、優しく髪を撫でたら
「先に出て待ってて」主導権はおまえかよ!
「いや、りか、今日は寝るぞ!絶対寝る!」
「はぁ?なにのたまわっているんですの?お兄様」てめー!


547 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:15:43 ID:0RmAxKwN
先にはぶらしして、パジャマ着替えてさぁベッドへ・・・
と思ったが今日もソファで横になる。
TV見ていると妹が来てリモコンをひょいと取り上げると
パチッ。おぃおぃTV見せろよ!ジャンキンス見せろ!
妹の顔を見ると…鬼気迫る顔というかもう、爆発寸前じゃん
来るな、こっちへ来るな。お兄ちゃん寝たいの・・・
ソファに寄りかかってくる妹、言葉がない。何か言えよ、
緊張するだろ!ボケろ!ボケてくれ!頼むよほんと!


548 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:16:16 ID:0RmAxKwN
迫る顔、「おぃ?りか?」返事しろ!
「おぃ?り…」ぐぅ…相変わらず息が吸えないだろ!お前!
温かい感触に包まれて、上から頭抱えられて、妹が上にいる
目を開けると、妹は目をつぶりながらすげー真剣。やばっ…かわいい。
だけど、今日は、今日はしないぞ!心に誓ったつもり。
「お兄ちゃん、全然真剣じゃないんだもん」とむくれる。
「いや、そりゃお前、抵抗あるだろふつう!」
「ちゃんとしてよ!ちゃんと彼女にするのと同じくらいにさぁ!」
さっそくクレーム。


549 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:16:52 ID:0RmAxKwN
まさかそんな言葉か出てくるとは思わなかった、
彼女と比べられたらそりゃ無理だわさ、同じには出来ないよ。
おもちゃで遊んだりできないじゃんさぁ…
「りか、話を聞け!オレはどんなにしたってお前の兄貴で
お前はオレの妹なんだ、この関係は変えられないんだよ、
H拒むのもお前が嫌いだからじゃないんだ、兄弟の関係
が崩れるのがオレはいやなんだよ、りかはりかのままで居て欲しいんだ」
これで懲りたろ・・・
「私は私!お兄ちゃんが好き、結婚出来ないのなんて
子供じゃないんだから知ってるもん!だけど今のままこの気持ち
しまい込めないの!不器用なんだよ私。そばに居たいの!」
全然懲りてません、んで子供じゃんさぁ思いっきり、我慢できないおこちゃまだよ。
ってな会話が延々と一時間近く続く。おいら超ネムネム。
眠いのでこんな会話っぽいっていうのしか覚えてませんのである程度感覚で書きました。


550 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:17:24 ID:0RmAxKwN
「お前明日会社だろ?早く寝ろよ」
「うん、そうする」聞き分けいいじゃんかよ。
「じゃぁベッドで寝ようよお兄ちゃん、H無し!」ふぅ…
「いいよ、じゃぁおやすみ」
電気消して、早速就寝。二秒後もうスウスウ。
がんばったよね?おいら…
ジリリリリリリ…うるせぇ!うるせぇぞ目覚ましで起床。
隣、妹爆酔。寝顔はかわいいんだけどなぁ
会社の仕度しようとしていると、いつの間にか妹起床。
「ん?お兄ちゃんもう会社行くの?」
「そうだよ!お前も早く支度しろよ」
なんで酔いが醒めてるのにお兄ちゃんなんだ?
「今日もやすみぃ〜有給で今週日曜までだよ」てめー!
余剰人員決定だな。どういう取り方してんだよ。



551 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:17:58 ID:0RmAxKwN
「お前今日は帰るんだろ?」
「掃除しといてあげるよ」帰れよ!
「あっお兄ちゃん、頭になんかついてるよ?」
えぇ、えぇ、ついてますとも、ヘタレ兄貴の旗が!
そう言って手招きするベッドに向ったのが悪かった…
ガバッっと抱きつかれそのままバランス崩してベッドへドシン。
すぐさま妹の唇が重なってきて、耳元で女っぽく言う
「昨日の続きだよ」。あぁもういいや…
そんなせめぎ合いに負けるおいら。いつも負けてるけど。
遮光カーテンってあるでしょ?アパートだから窓なんて一つしか
ないし、その窓の遮光カーテン引くと、部屋中真っ暗。
びっくり妹・・・いつのまにゴム用意してんだよ!
枕の下のこの感触は何なんだよ!おーい!
暗闇に目が慣れてきて、ベッドのライトをつけると
妹の顔が浮かび上がる、相変わらずうるうるさせている。
積極的に責めて来る妹。身体に触れるとビクビクいう。



552 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:18:29 ID:0RmAxKwN
騎乗位で腰をふると、「止まらないよお兄ちゃん!」
どうやら妹の流行の台詞らしい。朝からなにやってんだYO!
おったってるおいらもおいらだが…
「お兄ちゃん?」「ん?」「会社休めば?」「はぁ!」
「いいじゃん、今日デートしようよ」「まじかよ!」
おいらも余剰社員決定かよ!
妹の白いお尻に腰を打ち付けるとやはり聞いてはいけない
妹の声がする。あんあん言うのは仕方がないが
息が切れた状態で「お…おにぃ…ちゃ…んっ」っていうのは
辞めて欲しい。ってか辞めろ!罪悪感MAXになるから!


553 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:19:01 ID:0RmAxKwN
正常位で同じように抱き合ったままキスしてゴムの中放出。
「お兄ちゃん、いっぱい出して!」エロビデオかよ!
何処で覚えたんだ我が妹よ!
お互いシャワー浴びて、朝からデート。
繁華街行って、ハウルの動く城みて、ダーツしたり
その間妹はずっと手を繋いだり腕を組んだり。
まじ疲れた。で相変わらず帰りは飲み屋へ。


554 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:19:32 ID:0RmAxKwN
二人とも疲れてるのか、あんまり飲まなくても
もうほろ酔い。きったねぇ焼き鳥屋で飲んでる兄弟。
焼き鳥臭い身体で帰るのもなんだね?という話になって
まさか!こいつ!ホテルにでも行くつもりかいな?
それを口実にするために「お兄ちゃん焼き鳥食べたい!」と?
計画的なのか妹よ!いや、次の日はまじ会社行かないと
やばいよおいら。午後から客先と会議だし。
歩いて駅まで帰りながらホテルの前。おぃ!目で合図するな!
「お兄ちゃん、いこ!」いかない!「いこうよ〜」甘えるな!


555 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:20:05 ID:0RmAxKwN
冗談で「りか、お前が全部金出すならいいよ」…言って後悔…
「んじゃOK!」。財布でも落しちまえYO。
おぃ!そんな高い部屋いいのかよ!ジャグジとかサウナとか
なんかわからんがクイーンベッド+アルファとか書いてあるぞ?
「貸しといて、お兄ちゃん!」てめー!入ってから言うなよ!
もう、高い部屋のボタン押してるし・・・
部屋はそれはそれは豪華絢爛。丸いフロだよおぃ!
脚伸ばしてもあたらねぇぞ!おいら初めて、びっくりだよ。

脚伸ばしてもあたらねぇのに、なんで隣でぴったり
くっついてるんだYO!
入浴剤入れないと、お湯透けてはずかしいぞ。
そんな胸押し付けてこなくていいですから・・・
のぼせて上がると、ふらふらしてる二人。
でっかいベッドにダイビング、って上に乗るな!
フトモモになんかアソコの感触があるんだよ、やめれ!
だけどね、往生際わるいと思ってな、ココまで来て
女として扱ってあげないとなんて考えちゃってさ。



556 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:20:36 ID:0RmAxKwN
「お兄ちゃん!すごいよ、いっぱいあるよ!」何がだよ!
アメニティーいっぱいのこのホテル。
がめってんじゃねぇ、このDQN娘!
はしゃぐ妹見てると、やっぱりかわいくて、そのかわいさって
彼女とかアイドルがかわいいって言うんじゃなくて
違う意味でのかわいさなんだよな、こんな気分じゃ抱けないよな。
裸で騒ぐな!大声でお兄ちゃんと呼ぶな!
掃除のオバサンの噂になるだろ!

ふと部屋の電気が暗くなる、妹はとなり。
「お兄ちゃん?」そう焦らすな!
解った、解った!今気分切り替えるからチョット待て!
「ねぇ?お兄ちゃん?」「ん?」
「大好きだよ!お兄ちゃんの気持ちよく解るんだ、辛い?
苦しい?妹ととこんな関係はやっぱりイヤ?」
よく解ると言いながら聞くのは辞めなさい!
「やっぱりな・・・ちょっとな・・・」言葉選んじゃったよ。
「こんな関係っていうか、何時までもこんな事出来ないぞ
お前だって結婚とか考えないのか?」


557 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:21:09 ID:0RmAxKwN
「考えるよ、でも、今こうしてる自分は後悔しないと思う」
お前自分の事しか考えてないな・・・
「まぁ一回しちゃったら同じじゃん?」おぃ!開き直りかよ。
ここまである意味頑張ってる妹にちょっと感動というか
感心した訳だが。え〜い!もうどうにでもなれYO!
妹を押し倒し(あんまり覚えてない)夢中でキスをした、
彼女の様にはいかないけれど、ある程度気持ち切り替えて
妹を女として見ようとちょっとは思ってみた。


558 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:21:51 ID:0RmAxKwN
耳栓貸してくださいな。ってか妹の声はさすがに気がめいる。
M字に脚を抱えると、中まで見えるようにして、やらしく
音たてて舐めまわす。じゅるじゅるって音がするたびに
お兄ちゃん恥ずかしい、とは言うが、いやでもなさそう。
熱くとろけそうになんかぐじゅぐじゅしてる妹の見ると
やっぱり女なんだよね、と再認識。自分のポコチン見ても
再認識。首を左右にふりよがってる妹は舌を入れると
動きが一瞬止まる。ビクビクっと脚が震えた?と思うと
あっいっちゃう・・・で弓なり。あらら・・・


559 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:23:28 ID:xGCWIJP8
ホテルの生活感のない部屋だと、お互い燃えるのかな?
指入れてかき回すと、これまたしばらくして、おいらの
腕をぎゅってつかんで、また・・・またいくよ・・・で弓なり。
身体やわらけぇなぁ。「りか、ここきもちいぃ?」「うん」
指入れたまま顔を見ると、もう妹じゃないみたい。
指と舌で一時間近く妹をいじくりまわすと、妹もぐったり。
「お兄ちゃんだけずるいよ」何がずるいんだよ!
「次は私の番で〜す」で〜すじゃないよ、もう終わりにし…
あっ。


560 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:24:00 ID:xGCWIJP8
温かなぬくもりで、股間がつつまれる。
「お兄ちゃん、なんか変な液でてるよ」恥ずかしいじゃねぇか!
じゅるじゅる、根元まで咥えてふたたび先っちょに戻る、横に
してみたり、しごいてみたり。おぃおぃ!りか様、馬鹿な兄貴は
いきそうですよ〜。
「おぃ、りか、ダメだ、口離せ」でも咥えたまま「やだよぉ」
やばいよ、「りか、離せって」、妹の髪の毛を
優しく引っ張るが、咥えたまま。もう限界です。
何処で覚えたんだ我が妹よ!
妹が一番奥に咥えた所で狙った訳じゃないのにドピュ。


561 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:24:33 ID:xGCWIJP8
ん〜ん〜唸る妹。はぁはぁなおいら。
ちゅぽんで顔を上げると。「でへ、のんじった」。
「りか、飲まなくてもいいんだぞ別に」「いいよお兄ちゃんのならさ」萌え!なのか?
じゃぁお返しにな、と酷いと思ったが、妹にまんぐり返し、兄貴鬼畜の所業。
「やだっ!ちょっと!やめてよ」とは言うが全然力はいってませ〜ん
そのまま、奥まですくうように舐めてみる、ひゃんと言ったあと
我慢する妹、だけど、次第に声が漏れて、しまいには
べちょべちょな液がお尻伝って背中に流れるほど溢れてた。



562 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:25:05 ID:xGCWIJP8
か細い声で「お兄ちゃん、もう…」
さすがにこの時はやらしい!と思った。
ゴムつけようとすると、いらないとのお達し。
しかし、先走りも出てるし、危険だから、しっかり装着。
妹は「あ〜あぁ、生がよかったのになぁ」ビールじゃないんだから…
腰浮かせて、一気に突進。こんときほんとおいら自分のチンポが
妹でおったっちゃってる事が身体は反応してるのに、頭では理解
出来てなかった様なきがするよ。ちっちゃくならないんだよ。
一回戦ボーイのおいらが、妹相手で小さくならずにおったったまま。
身体は萌えてるの?訳解らない状態だよ。



563 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:25:37 ID:xGCWIJP8
すげーやらしい。横からぐじゅぐじゅ染み出てくる。
入れるたびにぶちゅぶちゅって音は鳴るし。妹はあえぐし。
妹は浅いのか?奥に入れると当たる、その微妙な抵抗になって
快感は一気に頂上へ。きっとこの辺りで妹と会話してたと
思うんだが覚えてない。ズボズボしながら冷静な会話してるのもなんだが。
「お兄ちゃん?」「ん?」「当たってるぅ」「どこが?」「奥が、奥だよ」
やべぇかわいい・・・。
「りかいきそうっ」「いいよ、りか」「いっていい?お兄ちゃんいっていい?」
漫画みたいな台詞はやめろ!そんな簡単にいく訳ないだろ!



564 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:26:08 ID:xGCWIJP8
ぎゅぅっとあそこが締まる。途端に妹は弓なりに。押えてる腰が熱くなる。
えっ?いったの?うっそ?おいらももうダメ。うっ、って止まったまま
無事ゴムに放出。入れたまま妹に覆いかぶさると、耳元で「ありがとう」
って言う妹。何に対してありがとうなんだ?
入れたもの抜こうとしても抜けない。あれ?と思ったら妹が「へへへ」。
と笑ってる。「抜けないでしょお兄ちゃん」えぇ抜けませんけど・・・
そのまま何回かピストンすると、んっ、んっと妹。何してんだよ!
早く抜かないと漏れちゃうだろ!くすぐってやっとすぽん!
しばらくベッドでお話タイム。



565 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:26:40 ID:xGCWIJP8
何はなしたろ?おいら寝ちゃったんだ。二時間位。
おきたらもう終電無かった。タクシーで帰れる距離だけど
なんかめんどくさくなってしまって。起きたら妹がじーっとおいらを観察してた
こえーんだよ!シャワー浴びて帰ろうとしたけど、妹はまだ裸。着替えろ!
その日結局泊まって、次の日は半休で午後から会社という予定に
してしまった。その夜は、もうただ男と女の関係で、それから3回?して、
後は次の日のチェックアウトまでグーグー二人で寝てた。
チェックアウト時は明るくなってたので二人で
なんか恥ずかしいなとか言いながら出てきた。なら入るなよ。


566 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:27:12 ID:xGCWIJP8
吹っ切れたとかそんな気持ちはまだ無いけし、一緒に暮らそうなんてのも無い
妹は日曜日まで兄貴の部屋で過ごす!とか言ってるし金がねぇぞおぃ!
家に帰って、おいらは出社して、妹は夜友人と久々遊びに行くって言って
出て行った。でも会社帰りに待ち合わせ…
クリスマスイルミ見ながら綺麗だ汚いだと騒いで歩いてる。
昨日の夜は何も無かった、相変わらず「くそ兄貴!」とかに変ってるし、
今日の朝は真面目に出社。妹は何か取りに一回実家に行くといい出てった。


567 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:27:44 ID:xGCWIJP8
でまたメール。Re:25くそ兄貴! だから消せっていってんだろ!
「今日は夜何処のみに行く?」返信「いかんよ!」
「冷たいねお兄ちゃん、あんだけ愛してくれたのにさぁ(笑)」脅す気か!
返信「特別週間はもう終了しました」
「お母さんに言うよ!」てめー!まじで脅しだろ!
返信「それだけは勘弁してください」
「で今日は何処?」やろー!
返信「金無いから家で」ジャグジー泊まるからだよ!
「OK!」OKじゃねぇ!「PS:今日私生理だから、まじで!」ホッとしました。



568 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:28:17 ID:xGCWIJP8
はぁ?またメールかよ「妹好きの変態兄貴へ」ぬっころす!
「ほんと、私の気持ち押し付けてごめんね、そしてありがとう、また来週から
普通の生活に戻っちゃうけど、この一週間忘れないし後悔しないよ、
また有給溜まったらお邪魔しますね、そん時はヨロシク(>_<) 」
おいら、お前戻れないと思うよ普通の生活に。それと有給たまっても
来ないで欲しい、ってか有給じゃなくて性欲じゃないのか?我が妹よ!
返信「兄貴とやった変態りかへ」どうだ?仕返しだ!
「何か困った事あったらいつでも来い、H抜きでな。」



569 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:28:48 ID:xGCWIJP8
またかよ!「じゃぁ手とか口ならOKですね?」わかってないぞ!りか!
返信「早く帰って来い!夜遅くなるな!」
「さんきゅ、お兄ちゃん」
返信「お兄ちゃんと呼ぶな!」
「ぐふふ、嬉しいくせに!」やろー!キー!
返信「わかったから、はいはい、嬉しいよ、仕事させてくれ」
「また一緒に寝ようね〜うぷぷ」
返信「てめー!帰ったら覚えとけよ!」
「はいはい、美味しいご飯が待ってるよ」いらねぇ…あのメシは…


570 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:32:45 ID:xGCWIJP8
>>1
      ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧
     ( (-( -( -( -д ( -д)
     (つ(つ/つ//  二つ
      ) .| /( ヽノ  ノヽっ
     ∪∪とノ(/ ̄ ∪

               ∧
  (( (\_ ∧ ∧ ∧ ∧ Д)っ
    ⊂`ヽ( -д- ) _)д-) )  ノノ
    ⊂\  ⊂)  _つ
     (/(/∪∪ヽ)ヽ) ノ
      ∪ ̄(/ ̄\)


      m9 三 9m
     彡  ∧∧  ミ
    m9  (^Д^)  9m プギャプギャプギャプギャー!!
     ヾヽ\ y  ) 彡
      m9/三 9m
       ∪ ̄ ̄ ̄\)

571 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:33:18 ID:X4xWmRdo
>>1
      ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧
     ( (-( -( -( -д ( -д)
     (つ(つ/つ//  二つ
      ) .| /( ヽノ  ノヽっ
     ∪∪とノ(/ ̄ ∪

               ∧
  (( (\_ ∧ ∧ ∧ ∧ Д)っ
    ⊂`ヽ( -д- ) _)д-) )  ノノ
    ⊂\  ⊂)  _つ
     (/(/∪∪ヽ)ヽ) ノ
      ∪ ̄(/ ̄\)


      m9 三 9m
     彡  ∧∧  ミ
    m9  (^Д^)  9m プギャプギャプギャプギャー!!
     ヾヽ\ y  ) 彡
      m9/三 9m
       ∪ ̄ ̄ ̄\)


572 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:35:22 ID:xGCWIJP8
>>1
      ∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧
     ( (-( -( -( -д ( -д)
     (つ(つ/つ//  二つ
      ) .| /( ヽノ  ノヽっ
     ∪∪とノ(/ ̄ ∪

               ∧
  (( (\_ ∧ ∧ ∧ ∧ Д)っ
    ⊂`ヽ( -д- ) _)д-) )  ノノ
    ⊂\  ⊂)  _つ
     (/(/∪∪ヽ)ヽ) ノ
      ∪ ̄(/ ̄\)


      m9 三 9m
     彡  ∧∧  ミ
    m9  (^Д^)  9m プギャプギャプギャプギャー!!
     ヾヽ\ y  ) 彡
      m9/三 9m
       ∪ ̄ ̄ ̄\)


573 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:41:19 ID:xGCWIJP8
パクリ大国 南朝鮮
http://nandakorea.sakura.ne.jp/frame.html

574 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:43:31 ID:xGCWIJP8
昨日の夜、会社の飲み会で酔っ払い、なんとか家に着いたけど
その後の記憶がありませんでした。
体を揺すられている夢を見て目が覚めました。
かすんだ視界でぼ〜と目をこらすと、
なんと、私の上で弟が必死の形相で腰を振ってたんです。
しかもすでに私の中に弟のモノが入っていました。

私は心臓が止まるほどびっくりしました!
あまりの驚きに何も言うことができず、そのまま寝たふりをしました。
姉ちゃん、姉ちゃん、と言いながら弟の動きが早くなったかと思ったら
これでもかっていうぐらい腰を密着させ、私の中でびゅっ、びゅっと出しました。

今日は会社が休みなのでゆっくり寝るつもりだったんですが、
弟とどんな顔して会えばいいのか不安で早く起きてしまいました。
誰にも相談できなかったので、先月みつけたここで告白しました。
もし良きアドバイスがあれば教えてください。   みき


575 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:44:43 ID:xGCWIJP8
もう、十数年前の話になるんだけど、4年生になるとき、俺は父親の転勤に伴っ
て、東京から中部地方の人口10万のある町に引っ越した。最初に住んだのは社
宅で、敷地内には2階建てのユニットが二つずつ組になってくっついた建物が、
数軒ほど立っていた。どういうわけか空き家が多く、うちの隣も空いたので、物
置代わりにつかわせてもらっていた。仮住まいということもあって、荷物の多く
が、ダンボール箱に入ったまま、隣のユニットに詰め込まれていた。大きなタン
スやら、家具やら、ダンボール箱やら、とりあえずいらないものが雑然と、詰め
込まれたその空き家は、俺の格好の遊び場になった。社宅には、年が同じくらい
の子供が何人かいた。俺は皆とすぐ仲良くなり、学校から帰ってくると、いつも
一緒に遊んだ。特に気があってよく遊んだのが愛美ちゃんという一つ年下の女の
子で、隣の建物に住んでいた。


576 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:45:15 ID:xGCWIJP8
彼女は、成長が早く一つ下ながら、俺よりも体が少し大きかった。おてんばで、
いつも男の子いっしょに走り回ったり、いろんなところによじ登ったりして、肉
付きのいい体は、よく日に焼けていた。

その頃は俺たちの間で流行っていたのは缶蹴りだった。鬼に見つけられて名前を
言われたら、つかまってしまう。誰かが鬼が名前を言う前に缶を蹴ったら捕まっ
た子はみんな逃げられる、という遊びだ。そのうち皆、鬼に見つかってもすぐに
誰かわからないように服をお互い取り替える「服替え」をするようになった。男
の子同士、女の子同士でどっかに隠れては服を取り替えていた。あるとき、愛美
ちゃんと俺は一緒に社宅の敷地を囲うコンクリートのブロック塀の外側に隠れた。
塀の外は、畑になって開けていたが、塀に沿って植え込みがしてあったので、格
好の隠れ場だった。


577 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:45:51 ID:xGCWIJP8
彼女は、俺に「『服替え』しようか」といってきた。男の子と女の子の服だから
絶対間違えるだろうと言って興奮気味だ。でも、今まで誰もそんなことをしたこ
とが無かったのだ。俺は女の子の服をきるなんて考えただけでも気恥ずかしかっ
た。俺がなかなか踏み切れずに躊躇しているうちに、彼女は「ここの木の陰だっ
たら見えないからいいじゃん。脱いだらここにおいて」といって草の生えた地面
を指差した。そして、彼女は植え込みの中に入って、ごそごそと自分の服を脱ぎ
始めた。俺も仕方なくシャツ半ズボンを脱いで、指定された場所に置いた。女の
子のシャツを着るのはなんか不思議な気分だった。思った通り少し大きめだった。
そしてスカートも履いてみた。めちゃくちゃ恥ずかしかった。そして、あれ、ま
だ何かあるぞ、と思って拾い上げたのは、なんとブルマー。その頃、子供心にも、
女の子のブルマー姿になんとなく性的なものを感じていた俺は、愛美ちゃんのブ
ルマーをみて異常に興奮してゾクゾクした。


578 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:46:23 ID:xGCWIJP8
俺がそこで何を言ったか定かではないが、「スカートの中が見えたら困るから」
という変な理由づけをした彼女の言葉を今でも覚えている。俺は顔を真っ赤にし
ながらぴったりとした彼女のブルマーをはいたら、中でオチンチンがカチコチに
堅くなっていたのも覚えている。彼女はと見ると、俺の服の中で窮屈そうだった。
俺の半ズボンはぴちぴちで、彼女の太腿にギュウっと食い込んでいた。

さて、その時の缶蹴りがどういう結末になったかは覚えていない。でも、それを
境に、二人で隣の空き家に入ったりすると、「服替えの練習」と称して意味も
なく服を交換して遊ぶようになった。俺にとっては、女の子の着るものを着ると
いう行為自体が興奮の材料になって、ドキドキしてそれがたまらなかった。その
うち、俺たちは、下着まで全部交換するようになった。愛美ちゃんのパンツを履
くと、堪らなく興奮してオチンチンが堅くなった。



579 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:46:57 ID:xGCWIJP8
その頃のことに関する記憶はあやふやなものがあって、前後関係は確かじゃない
のだけど、ちょうど同じ頃、近所の子供達数人で股間を見せあって遊んでいたこ
とがある。誰がどういうきっかけで始めたのかもよく覚えていないが、社宅の建
物の裏とかで皆であつまって、それぞれ、ズボンやらパンツやら下ろして見せた。
俺は小さい弟が一人いただけなので、女の子のあそこの形が興味深かった。男の
子にはついてるべきものが無くて、そこにはただ縦の筋が一本あるだけだった。
べつにそれを見てどうということは無かったのだけど、いつもドキドキしていた
ことだけは確かだ。その頃の仲間に浅利ちゃんといういい子ぶってる子が一人い
て(当然、彼女はそういうことには加わらなかった)その子の告げ口で(多分)
彼女の母親にこっぴどく叱られ、その楽しみは終わってしまったのだ。



580 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:47:28 ID:xGCWIJP8
でも、完全に終わったわけではなかった。俺と愛美ちゃんは空き家で遊んでいる
ときに、二人だけで、下半身の見せっこをした。愛美ちゃんが言い出したとおも
う。愛美ちゃんは妹しかいなかったから、オチンチンが珍しかったのだろう。興
味津々で、俺の前にしゃがんで、ものめずらしそうに観察した。彼女は嬉しそう
につついたり引っ張ったりしていたが、そのうち、両手の親指と人差し指でオチ
ンチンの皮を、根元に向けてギュウっと引っ張って、亀頭を完全に剥き出しにし
てしまった。それまで、風呂上りに、皮をちょっとだけむいて遊んだことはあっ
たが、なんとなく怖くて、完全に剥いたことは無かったので、ちょっとびっくり
した。でも同時になんとなく気持ちよかった。人にオチンチンを触られることの
気持ちよさを始めて知ったのもこのときだろう。



581 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:48:46 ID:V6p9eg1I
俺も、相変わらず興味津々で、そのときは愛美ちゃんの割れ目をもっとじっくり
と見せてもらった。オシッコはどこから出るのかという俺の質問に、愛美ちゃん
は段ボール箱に半うずもれたソファの端に腰掛けて足を開くと、ツルツルのあそ
こを両手で引っ張って、割れ目を開いて見せてくれた。初めて見る女の子のそこ
は不思議だった。たて筋だと思った場所は意外に複雑で、赤紫色のアサリ貝のよ
うなものがついていてその真ん中はピンク色のくちゅくちゅとなって柔らかそう
だった。彼女は、「ほら、私のオチンチンは、ここに穴があるでしょ?ここから
出てくるの」といってピンク色の部分に指を入れて見せた。彼女は自分の性器の
ことをオチンチンと呼んだ。俺は、彼女が両手で広げたオマンコの入り口に顔を
近づけてじっくり観察して、それから恐る恐るピンク色の部分をつついてみたが、
指を入れる勇気はなかった。


582 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:49:22 ID:V6p9eg1I
自分にとって非常に衝撃的なことが起こったのは、そんなある日のことだった。
このときのことは、今でも昨日のことのようにはっきりと覚えている。例によっ
て、空き家で遊んでいたときのことだ。愛美ちゃんはいきなり「ねえ、変な事し
てみたい?」と聞いてきた。俺にはいったい何のことを言っているのかその時に
は見当もつかなかった。俺が、聞き返すと、「すごい変だけど、面白いかも」と、
もったいぶって、教えてくれない。俺がそれじゃわからないといって、何回も問
いただすと、じゃあ「やるっていったら教えてあげる」という。好奇心に引かれ
て「うん、じゃあやる」というと、「絶対だよ、すっごいへんな事だけど、本当
にいい?」と念を押す。俺はなんか心配になって、「えー?愛美ちゃんもやる
の?」というと、彼女は「うん」というので、俺は「じゃあいいよ」といった。
でも彼女は、「えーとねー」「えーとねー」ともじもじしている。いつも、しゃ
きしゃきしている彼女にしては珍しい。



583 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:49:54 ID:V6p9eg1I
さんざん躊躇した挙句の果て、俺に何度もせかされて、彼女は「私のオチンチン
の中にリョウ君のをいれるの」と、恥ずかしそうにいうと、笑みをうかべながら
おれの顔をうかがった。

俺には彼女の言ったことが一瞬よくわからなかった。想像できないぐらいエッチ
なことだった。おれは考えただけで、興奮して心臓が張り裂けそうだった。その
頃は性の知識はゼロで、オチンチンを女の子の穴の中に入れるなんて事は、当然
一度も考えたこともなかったし思いつきもしなかった。当然、そんなエッチなそ
んな行為が、この世の中では許されるはずが無いと思った。でも、やってはいけ
ない事だと思うとますますやってみたくなった。なんか愛美ちゃんと二人で、秘
密で悪いことをするということ自体、十分な興奮材料だった。



584 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:50:27 ID:V6p9eg1I
こういった思いが頭の中をぐるぐると巡っていた。もうそれだけで股間が張り裂
けそうなくらいパンパンに張っていてずきずきと痛む程だった。

彼女がどうやってそんなことを思いついたのかは、今でもわからない。自分でや
ってみたいと思ったのか、あるいはどっかで、エロ本の類を見たのだろうか。い
ずれにしても一番わからないのは、その次に起こったことだった。

そのとき俺がどんな表情をしていたのか想像するよりないのだが、よっぽど恐い
顔をしていたのだろうか。あるいは今は忘れてしまっただけで、俺が何かひどい
ことを言ったのだろうか。とにかく、その直後に彼女はわっと泣き出したのだ。
そして彼女は家に帰ってしまった。俺は狐につままれたようなその気分だった。
それが、俺の乙女心のミステリーに遭遇した初めての経験だった。


585 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:50:59 ID:V6p9eg1I
それから、暫く俺達はお互いを避けていた。別に子供の頃よくやった「絶交」と
かいうのではなく、なんとなく気まずくてお互いに誘いに行かなかったというべ
きだろうか。それに、どういうわけかみんな缶蹴りもしなくなった。両親もあん
なに毎日べったりくっついて遊んでいた愛美ちゃんとさっぱり遊ばなくなったの
で、心配して何かあったのかと聞いてきたが、俺は何も言わなかった。というよ
りも、とてもじゃないけどいえなかった。夏休みになって、俺は、親戚の家に
2、3週間くらい遊びに行った。毎年恒例の事でちょうど同い年と二つ上の従兄
弟がいて、学校の友達よりも好きだったのでいつも楽しかった。でもその年は、
愛美ちゃんの事が気になって仕方なかった。早く家に帰りたいと思った。彼女が
言った「すごく変なこと」に思いが及ぶと、股間がムズムズした。


586 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:51:31 ID:V6p9eg1I
家に帰ると、さっそく愛美ちゃんの家に行ったが、彼女の家は留守だった。その
あと、数日さらに悶々とする日々が続いた。夏休みも終わりに近づき、宿題の黒
雲が目の前に立ち込めていた頃だと思うが、愛美ちゃん一家が戻ってきた。俺が
悩むまでもなく、彼女の方から誘いに来た。彼女はもう恐い顔はしていなかった。
久しぶりに二人で隠れ家の空き家に行った。俺は、夏の間じゅう何回も考えてい
た「変なこと」について言い出す勇気が無かった。愛美ちゃんもわざとその話題
を避けているようだった。俺達は、何も無かったように、例によって服を替えた
りして遊んだ。股間を見せ合あってからも、お互いの前で裸になるのはなんとな
く恥ずかしく、ダンボールの向こうとこっちというように隠れて服を脱いでいた。
俺は、一人になってからも、「変なこと」のことを考えて悶々とした。愛美ちゃ
んの「オチンチン」の穴に自分のオチンチンを入れる事を想像して一人でドキド
キしていた。そして今度会ったら絶対その話をしようと決心した。


587 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:52:03 ID:V6p9eg1I
その次の日、愛美ちゃんにあうと、俺は勇気を振り絞っていった。「あの、前言
ってたさあ」。でもそこまで言ってそこから先が出てこない。愛美ちゃんも同じ
事を考えていたに違いない。彼女が助け船を出してくれた。「あの変なこと?」
と彼女がいうと、俺は顔が真っ赤になった。彼女は「もういいよ別に、気にして
ないから」といった。俺はきゅうに力が出てきて「そうじゃなくて、やるって約
束したじゃん。だからやろう」といった。彼女は信じられないようなかおをして、
嬉しそうに「うん、やろう」といった。


588 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:52:34 ID:V6p9eg1I
おれは、この時のことを大人になった今でも鮮明に覚えている。彼女はパンツを
脱いでソファーに座って足を曲げて、股を広げて、両手で割れ目を広げた。俺は、
ドキドキしながらズボンとパンツを脱いで、彼女の前に立つと、カチカチになっ
て水平に突き出したオチンチンを彼女の股間に持っていった。

待ちに待った、待望の瞬間だった。夏の間何回も何回も頭に思い描いた瞬間だっ
た。俺は息遣いが荒くなった。俺は、彼女のピンク色の入り口にオチンチンの先
を当てて、押してみた。一刻も早く中に入れたくて、あせって、ぎゅうぎゅう押
してみたけど、なかなか入らなかった。頭の中で何回もリハーサルをかさねた筈
なのに、うまくいかない。俺の心臓は、興奮のあまりはちきれそうで、バックン、
バックンという鼓動が全身につたわるのがわかった。愛美ちゃんも、緊張してる
のか、「フゥーッ」と大きくため息をついた。そして、以前やったように、両手
の指先で俺のオチンチンの皮をぎゅうっと後ろに押して、亀頭を露出させてから、
自分の入り口にあてがってくれた。



589 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:53:43 ID:V6p9eg1I
そこでもう一回ぎゅうっと押すと、今度は難なく中に入っていった。堪らなくム
ズムズし、頭にカーッと血が上ってくらくらしそうだった。全部中に納まって、
俺達の股間はぴったりくっついた。愛美ちゃんは僕の方をみて、嬉しそうにニッ
コリ笑った。その瞬間、ムズムズ感が頂点に達し、俺の中で何かがはじけるよう
な気がした。俺は、オシッコか何かが漏れるんじゃないかと思ってあわててオチ
ンチンを引き抜いた。鋭い快感が股間からキューッと押し出され、それが背筋を
や両足を伝わって全身にひろがった。そして、お尻から股にかけての筋肉がギュ
ッ、ギュッ、ギュッと痙攣し始め、そのたびに、なんともいえない快感が波のよ
うに広がった。オチンチンもそれにあわせて、ぴくぴくと波打ったが、心配した
ようなものは何も出てこなかった。

これが俺の始めてのオーガズムだった。なにが起こったのかわからない彼女は、
心配そうに俺の顔を覗き込んで「どうしたの?」ときいた。おれは、「わかんな
いけど、何か漏れるかと思った。」といって、ハアハアと肩で息をしながら快感
の余韻にひたっていた。


590 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:54:44 ID:V6p9eg1I
それからというもの、俺たちの興味のもっぱらの対象は「変なこと」に移った。
もう「服替えの練習」もしなくなった。学校が終わってから毎日のように空き家
に入ると、この禁断の遊びに夢中になった。俺達は精神的にもまだ思春期を迎え
てなかったし、その時点で恋愛感情と呼べるものはまだ無かっただろう。それよ
りもむしろ、そのときに俺達を「変なこと」に熱中させたのは、単純に好奇心と
快感だけだったと思う。


591 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:55:16 ID:V6p9eg1I
そのころ、他にそんなことをしていた子供がいただろうか?俺自信はどちらかと
いうと何でも奥手の方で(中学二年まで精通が無かったし、声変わりは高校2
年)、この遊びにしても、愛美ちゃんがいなければ思いつきもしなかったはずだ
し、じっさい大人の遊びをしているという意識すら全く無かった。というか大人
がそんな事をするものだ、ということすら知らなかった。俺はどちらかというと、
数々の悪い遊び(例えば創業停止した工場の窓に石を投げて割るなど)の一種の
ような感覚だったと思う。唯一つの違いは、この遊びには肉体的な快感が伴って
いたということだ。でも今考えると、愛美ちゃんは相当なおませちゃんだったの
かもしれない。


592 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:55:52 ID:V6p9eg1I
彼女はそれに悪知恵にも長けていた。俺は基本的に素直でいい子だったので、自
分から悪いことはあまりしなかった。そのころ、俺達は同じそろばん塾に行かさ
れていたが、彼女にそそのかされて2,3回に一回はサボるようになった。俺は
罪悪感にさいなまれたが彼女はへっちゃらだった。「行ってきます」といって家
をでてから、途中の駄菓子屋さんまで行ってそこで、おやつを買って、そのまま
Uターンすると、見つからないようにこっそりと空き家にもどった。そして、時
間を見計らって、何事もなかったように帰っていった。これは、見つかる危険性
はかなり高かったが、他にいい隠れ家がなかったからしょうがなかった。それに
秋も深まって日が短くなってくると、もう帰る自分には真っ暗だったが、電気を
つけるわけにも行かず、真っ暗闇あそんでいた。


593 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:56:24 ID:V6p9eg1I
幼い俺達のエッチは、大人のそれとはずいぶん違ったものだった。まず、前戯だ
の愛撫だのなんて面倒くさいものは一切無かった。当然キスもなかった。キスは
大人が、好きな人するものだと思っていた。だからいやらしいと思っていた。裸
になることも無かった。「変なこと」を始めてからも、相変わらずスッポンポン
になるのは何となく恥かしくて、俺達はパンツだけを脱いで、入れた。それから、
セックスというものを知らない俺はピストン運動という概念が無かったので、最
初の頃はオチンチンを愛美ちゃんの中に入れるだけだった。でも、それだけでム
ズムズして気持ちよかった。精神的にギンギンに興奮しきっていたうえ、愛美ち
ゃんがちょっとでも体を動かすだけでもオチンチンを十分刺激するので、そうこ



594 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:56:59 ID:V6p9eg1I
うしているうちに、俺はたいていイってしまった。愛美ちゃんも、オチンチンを
入れると気持ちはいいみたいだったが、まだいったことはなかったみたいで、俺
がいく時どうなるのか知りたがった。でも俺には説明のしようが無かった。だか
ら俺は行きそうになると、抜いて、オチンチンがピクピクなるのを見せてあげた。
すると、彼女は喜んで、「もう一回いれて」といった。こうやって、俺たちは、
何回もオチンチンを入れて遊んだ。その頃はまだ、射精が伴わなかったせいか、
いった後も、オチンチンは堅いままだったと思う。あるいは柔らかくなってもま
たすぐ復活したのかもしれない。とにかく二人とも飽きるまで、何回でもやった。
それに、入れようとしたけどフニャチンで困ったという記憶も一度もない。


595 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:57:37 ID:V6p9eg1I
「変なこと」に関しては、愛美ちゃんが完全に主導権を握っていた。新しい体位
を考えるのも彼女だった。最初のうちは愛美ちゃんが座って俺が立って入れるだ
けだったが、そのうち、他の体位も試すようになった。あるとき、俺がソファに
座って、愛美ちゃんが俺の上にまたがるように向かい合って座って、入れていた。
最初、腰の位置をいろいろずらしたりしていた愛美ちゃんは、そうすると気持ち
いいのを発見したのか、自分の股間を俺の恥骨に押し付けて擦るような感じに前
後にゆっくり動かし始じめた。しばらくその動作を繰り返しているうちに、彼女
の様子が変になったとおもったら、「あー、なんか、ねーなんか、あー」とか言
いながら、きゅうっと全身に力を入れて体をそらしたかと思うと、そのあと俺の
体にしがみついてきた。彼女の穴が俺のチンチンをギュッ、ギュッ、ギュッとリ
ズミカルに締め付けてるのを感じたので、俺には、彼女がオーガズムに達したの
がすぐわかった。俺にしがみついたままの愛美ちゃんに「愛美ちゃんも、なった


596 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:58:08 ID:V6p9eg1I
じゃん」といったが、彼女は何も言わずに、ただ肩でハアハアと息をしながらオ
マンコを、ビク、ビクと収縮させ続けていた。

それからコツを覚えたのか、愛美ちゃんも徐々にいくようになった。彼女は、い
つも悩ましく腰を動かした。そして、行くときには、大きな声を上げるようにな
った。行くときだけでなく、その行為の最中も、気持ちよさそうな喘ぎ声を上げ
るようになった。それだけでなく、慣れてくると、入れながら普通のおしゃべり
もするようになった。向かい合ってやる時の愛美ちゃんの表情は独特だった。気
持ちが良くなってくると、彼女は体を動かしながら、切なそうな表情で俺の顔を
じっと見た。さらによくなってくると、俺の顔を見ている視点が中に浮いた。そ
して、目をつぶるようになると、もういくのが近かった。


597 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:58:44 ID:V6p9eg1I
大人になった今思うと、あの頃のエッチは自由で楽しかった。今みたいに、相手
を気持ちよくさせることを考える必要もなかったし、次はどこを刺激したらいい
のか、相手は感じているのか気にする必要もなあかった。行きそうになっても、
相手のために持ちこたえさせようと、必死で数学の公式や恐い先生の顔を思い浮
かべて頑張る必要もなかった。性感帯という概念も無かったし、当然クリトリス
なんていうのも知らなかった。愛美ちゃんは胸はまだ平らだったからそっちに気
を取られることもなかった。とにかく俺達が知っていたのは、彼女の「オチンチ
ン」の穴に俺のオチンチンを入れるという行為が気持ちいいものだ、ということ
だけだった。だから、俺達のエッチはただ、オチンチンをオマンコにいれるとい
うだけの単純きわまりないもので、それ以上何も無かった。実際入れるだけで、
十分気持ちよかったし、その行為自体がドキドキして、楽しかった。「イク」と
いうことも、たまたま起こるだけで、それ自体は目的じゃなかった。大体考えて
みれば俺はまだ精通もしてなかったから、たまったものを吐き出すという生理的
な理由がなかったわけだ。


598 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:59:25 ID:V6p9eg1I
じっさい、慣れてしまうと、彼女にオチンチンを入れたまま、普通のおしゃべり
をした。学校のこと、友達のこと、家族のこと、テレビのこと、将来の夢など、
愛美ちゃんと話したこと、を今思い出そうとすると、俺の上にまたがって喋って
いた彼女の姿が思い浮かんでしまう。最初は、心臓がぶっ飛んでしまいそうだっ
たエッチも、半年やそこら経つと、最初のような強烈な興奮は無くなって、どち
らかというと、仲良しな子が手をつないで歩くのと近い感覚になったような気が
する。
冬になっても俺達の禁断の遊びは続いた。今考えると、毎日毎日よく飽きなかっ
たものだと思う。他になにをして遊んでいたのかあまり記憶が無い。でもそれは
エッチの部分だけ、強烈な印象を持ってるから、覚えていて、他のことは忘れて
しまっているだけかもしれない。冬の空き家はストーブも何も無く、自分の家と
隣接してるとはいえ寒かった。でも、俺達にとって、そこが安心して「変なこ
と」ができる唯一の場所だった。少し涼しくなった頃から、愛美ちゃんは、パン
ツの上にもう一枚ブルマーとか毛糸のパンツとか履いていたが、寒い時は、それ
らを脱がずにつけたまま、股の部分をぎゅっと横にずらして入れることも覚えた。
愛美ちゃんがスカートの下にタイツを履いているときは、そういう技が使えない
ので、仕方なくタイツをちょっとだけさげて、後ろから入れたりした。


599 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 09:59:58 ID:V6p9eg1I
春になって、俺達にとって都合の悪いことが起こった。空き家に人が入ってくる
ことになったのだ。それだけではなかった。うちは、別の場所にある社宅に移る
ことになった。そこまで行くのに、子供の足であるいて45分、自転車を使って
も20分はかかった。だからそれまでのように、簡単に会えなくなった。雨の日
は完全にアウトだった。それに、会っても以前のように、自分達の隠れ家がなか
った。俺達がいつも一緒に遊んでいたのを知っているので、親達も気の毒がって、
週末にお互いのうちに泊りに行くことを許してくれた。(大抵は愛美ちゃんが俺
のうちに遊びに来た。)これは俺達にとってすごく都合がよかった。


600 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:00:30 ID:V6p9eg1I
今度の社宅は前よりも広く子供部屋があった。その頃、弟はまだ母親と一緒に寝
てたので、俺と愛美ちゃん二人だけで布団を並べて寝ていた。最初の頃は、楽し
くて明け方まで寝られなかった。別にエッチをしてというわけではなく、一緒に
いられるのがお互い嬉しかったのだ。でも当然エッチも沢山したことはいうまで
も無い。

あと、愛美ちゃんがうちに泊まりにきたときは一緒にお風呂に入った。俺の両親
は俺達が子供だからいいと思ったのだろう。俺の母親は、2歳の弟と愛美ちゃん
と俺を一緒にお風呂にいれてくれた。(これは変に思う人もいるかもしれないが、
俺の家では、そうでもないのだ。実を言うと、俺は高校2年くらいまで下の弟と
母親と一緒にお風呂に入っていた。別に性的なことは何も無かったし自分の家族
としては違和感なかったんだが)。とにかく全裸の愛美ちゃんを見たそのときが
初めてだ。母親は大抵、弟を連れて先に出してしまうので、俺達二人だけが残さ
れることがよくあった。そうなったら俺達がやることは、あれしかなかった。


601 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:01:24 ID:c0tjS8gA
その日、お風呂で二人っきりになった俺達は、お互い湯船の中で向かい合って座
り、愛美ちゃんが俺の腰に脚を回すような格好で入れていた。暖かいお湯の中だ
といつもと違うせいか、二人とも気持ち良くてすぐいってしまった。あまり楽し
かったので、ずっとやり続けていた。でもちょっと調子に乗りすぎてしまった。
しばらくして、いつまで経っても風呂から出てこないので心配して母親が様子を
見に来た時は、二人とものぼせて、湯船の中でぐったりしていた。俺は、母親の
叫ぶ声と、父親に抱かれて運ばれているのをおぼろげながら今でも記憶している。
後で聞いた話だと、母親が発見した時、湯船のなかで、愛美ちゃんは俺の上に覆
いかぶさるようになってたらしい。子供達が二人で仲良く抱き合って気絶してい
る姿を、微笑ましいとさえ思ったのだろうか、母親はさんざん「あんた達は、本
当に仲いいんだから」といって俺達をからかった。親達は、子供たちが気絶する
まで湯船の中でセックスをしていたなんて想像すらできなかったに違いない。


602 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:01:56 ID:c0tjS8gA
ある時などは、浴槽の中で、縁につかまってお尻を突き出した格好の愛美ちゃん
にバックで入れていた。普通ならば洗面所の戸が開く音で、人が来るのがわかる
のだけど、その時は、洗面所の戸が開いていたのか、なんの前触れもなしに、い
きなり風呂場の戸がガラガラとあいて母親が顔を出した。浴槽の向きから、愛美
ちゃんも俺も、母親とほぼ向かい合った状態だった。俺は、心臓が止まる思いで、
オチンチンを彼女に入れたままの状態で身を堅くしていた。そうしたら、以外な
ことに、母親は「あんた達、そろそろ出なさいよ。またのぼせちゃうわよ」とい
うと、そのまま行ってしまった。「フュー」。俺達は懲りずにその後もお風呂の
中でのエッチを続けたけど、少なくともそれ以降のぼせて気絶することはなかっ
た。


603 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:02:29 ID:c0tjS8gA
今考えると、よく一度たりとも見つからずにずっとエッチを続けることができた
と思う。特に、例の空き家が無くなってからは、もっぱら、うちでやっていたわ
けだし、それも、今考えると、股間で縫い付けられてたんじゃないかと思うくら
い、一緒にいるときは、結構のべつ幕なしやっていたのだから。例えば、夕方、
リビングで座椅子に座ってテレビを見てるときも、そこに他に誰もいないと愛美
ちゃんは俺を座椅子代わりにするように、太腿の上に乗っかってきた。そして、
申し合わせたように、俺は半ズボンの裾を引っ張り上げ、チンチンを出して、彼
女はパンツをずらしてそのまま入れていた。



604 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:03:01 ID:c0tjS8gA
あるいは、子供部屋で、二人で本を読んだりしてるときもそうだ。彼女は本が大
好きで、いろんな本を持ってきて俺の前で朗読してくれた。そのときも、俺がい
すに座ると、彼女は俺にお尻を向けて俺の太腿の上にまたがって座り、彼女はパ
ンツをずらして、俺はチンチンを出して、当たり前のようにしてはめた。そして
チンチンを入れたままの状態で、ヘレンケラーの伝記などを読んだりしていたの
だから、あの頃は殆ど癖のようになっていたと思う。



605 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:03:36 ID:c0tjS8gA
ちょっと話が前後するが、5年生になって間もなく俺は初恋をした。5年生にな
ったときのクラス替えで一緒になった美紀ちゃんという子だった。彼女はクラス
で一番かわいくて目だったので、最初に見たときから気になっていた。色白でポ
ニーテールが似合うその子は、ショートカットで色の黒い愛美ちゃんと比べてず
いぶん都会的に見えた。でもこれは変な話で、美紀ちゃんは地元の人で、方言を
喋ったけど、愛美ちゃんは俺と同じ東京出身で二人の間では標準語を喋ってた。
美紀ちゃんも、クラスでどんどん手を上げて意見をいうような活発な子だったが、
いつも男の子と一緒に走り回り、木に登ったり、変なところにもぐりこんだりし
ている愛美ちゃんと比べたら比較にならないぐらい女の子らしかった。大体、愛
美ちゃんは俺の頭の中では解剖学的に女性というだけで、殆ど男の子と同じよう
な存在だった。


606 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:04:08 ID:c0tjS8gA
そのうち、授業中に彼女の方をちらちらと見ると、必ず彼女も自分の方を見てい
るのに気がついた。そして、授業中に目が合うと、あっかんベーをするようにな
った。俺もあっかんべーをして返した。俺はそれがなぜかドキドキして楽しかっ
た。

あれは運動会の頃だと思うが、俺はクラスの男子が集まって「お前の好きな子誰
だ」という話で盛り上がっていた。皆、「そんなのいるかよ」とかいって誤魔化
していたのに、俺は、正直に「美紀ちゃん」といった。そして「男子だけの秘密」
だったはずなのに、俺が美紀ちゃんを好きだという噂はすぐ広まった。

数日後、俺は美紀ちゃんに、使われていない教室に呼び出された。そこで俺は彼
女の愛の告白(の様なもの)を受けた。この時の情景も俺の記憶にはっきりと残
っている。

それは、よくある「OOくんが好きです」式の告白ではなく、もっと子供らしい
ものだった。


607 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:04:39 ID:c0tjS8gA
彼女は教室に入って扉をしめると、「私の好きな子教えてあげようか」といった。
俺はドキドキして「うん、教えて」というと、ずいぶんもったいぶってから、
「4組の山崎みつる君とぉー、2組の慎吾君とぉー、3組のとおる君とぉー」と
3,4人の名前をあげて、一番最後におまけのように「あとリョウ君」と俺の名
前を付け加えた。彼女が名前を上げた子は、みんなカッコいい子たちで、いかに
も女の子にもてそうな人気者ばかりだった。だから自分の名前は殆ど耳に入らず、
心の中で嫉妬していた。俺は、結構賢く成績も良く、授業中は目立ったけど、背
が低く、運動もたいして得意じゃなかったので、お世辞にも「カッコいい」部類
ではなかった。何しろ、俺のとりえは、4歳の頃からやっていたピアノだったの
だから。

俺ががっかりして、なんとこたえていいのかわからず黙っていると、「でも一番
好きなのは最後の子」といった。そして「わかった?」というと一人で教室をで
ていってしまった。


608 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:05:12 ID:c0tjS8gA
まだ、精神的に子供で、しかも鈍感な俺にはその意味が最初よくわからなかった。
俺ががっかりした顔をしたいたから、最後に一言付け加えたんだろうと思った。
でも、彼女が、なんで何でわざわざ俺を呼び出して、彼女の好きな子を教えてく
れたのか良くわからなかった。そのうち、ひょっとしたら、彼女の言葉を額面ど
おりとっていいのかなも思うようになった。そう思うと、天にも昇るような気持
ちになった。で、その思いは的中していたのだ。それから、毎日のように、美紀
ちゃんは俺をさそって、その教室に連れて行った。でも5年生の俺達は別に何を
するということも無かった。二人でたわいもない話をしたりするくらいだった。
俺は彼女と向き合っているだけでドキドキした。俺は、それから毎日彼女のこと
ばかり考えた。毎日学校で彼女に会えるのが嬉しくて、うきうきしながら学校へ
いった。

609 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:05:44 ID:c0tjS8gA
このあと俺は、人生最初の大失敗を犯してしまう。

美紀ちゃんの告白があった頃も俺と愛美ちゃんは相変わらず泊りがけでお互いの
家を行き来して、エッチな遊びを続けていた。でも俺にとって、愛美ちゃんは同
じ秘密を共有するcomrade(戦友、同士)のような存在で、何でも話すことので
きる、すごく仲良しな友達だった。上でも書いたように、エッチな遊びができる
ということを除いて、彼女が女の子だという意識がまったく無かった。彼女も同
じような気持ちだろうとおもっていた。

だから、美紀ちゃんの告白をうけて有頂天になって舞い上がっていた俺は、嬉し
くて黙っていうることができず、愛美ちゃんに一部始終を話してしまったのだ。
愛美ちゃんは普通に聞いていた。「良かったね」とも言った。あのときは完全に
舞い上がっていたので、会うたびに美紀ちゃんのことばかり話していたに違いな
い。それから2,3週間別に愛美ちゃんの態度は変わらなかったし俺も同じよう
に接していた。


610 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:06:17 ID:c0tjS8gA
ところが、俺には理解に苦しむ自体が発生した。ある日、美紀ちゃんが露骨に俺
の視線を避けた。俺が彼女の方を見ると、「フン」と横を向いた。俺には何が起
こったのか皆目見当がつかなかった。俺が休み時間に彼女を捕まえて、「僕が何
かした?」と聞いても、恐い目つきで睨み返すだけで、向こうに行ってしまっい、
まったく取り付く島がないとはこのことだ。美紀ちゃんは女子の中でも人気者だ
ったから、取り巻きが一杯いた。その女の子達からも俺は冷たい視線を浴びるよ
うになった。俺は、愛美ちゃんにその話をしたけど、あまり親身になって聞いて
くれなかった。

その後も俺は、何回か美紀ちゃんを捕まえては問いただそうとしたが、「自分の
胸に聞いてみな」というのが彼女のくれた唯一の答えだった。


611 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:06:49 ID:c0tjS8gA
数日間そうやって悩み続けた末、何が起こったのか少しずつわかり始めた。取り
巻きの一人に「あんなひどい事しといて、まだ美紀ちゃんに付きまとうなんて最
低」というようなことをいわれた。「『ひどいこと』って別に何にもしてない
よ」というと、彼女は「4年生の愛美って子に言ったんでしょ?」といった。問
い正したわかったのは、どうも愛美ちゃんと、彼女と仲の良い同級生2,3人が、
俺が愛美ちゃんに教えた美紀ちゃんの愛の告白の台詞をそのままネタに使って、
美紀ちゃんをからかったようなのだ。美紀ちゃんにしてみれば自分が思いを込め
て言った事を全然関係ない下級生の女にべらべら喋ったわけだから、怒って当然
だった。

ひとつ加えておくと、その頃、俺と愛美が仲が良いということは、学校では知ら
れていなかった。というのも彼女とは学年が違うせいもあって、下校はばらばら
だったからだ。朝は一緒に行ったが、たいてい他の子供たちとも一緒だった。



612 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:07:21 ID:c0tjS8gA
とにかく俺は信じられない思いだった。幸せの絶頂から不幸のどん底に突き落と
された気持ちだった。でも美紀ちゃんに対してなんの言い訳もしようがなかった。
俺は愛美ちゃんに話したことを、ものすごく悔やんだ。愛美ちゃんを信用しきっ
ていた俺が馬鹿だと思うと同時に、愛美ちゃんに対する怒りがこみ上げてきてし
かたなかった。でも俺には、そのときなんで愛美ちゃんがそんなことをしたのか
わからなかった。

俺はその日、問いただすために愛美ちゃんのうちにいった。愛美ちゃんは事実を
否定しなかった。でもそんなことをした理由もいってくれなかった。ただ「だっ
てあの子、嫌いなんだもん」といった。それから美紀ちゃんの悪口をいろいろ言
った。俺には愛美ちゃんがわからなくなった。俺が何を言ってもだめだった。俺
がああいうと、こういう、こういうとああいうで、俺は終いに頭にきて「愛美ち
ゃんなんか嫌いだ」と吐くき捨てるようにいって帰ってきた。


613 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:07:55 ID:c0tjS8gA
その週末、愛美ちゃんはうちに来なかった。その次の週末も来なかった。その次
の次も、さらにその次の週末も彼女は来なかった。学校でたまたま顔をあわせて
も彼女は知らん振りをした。俺の母親は最初、「愛美ちゃん最近来ないわね」と
かいっていたが、俺が「しらねえよ、あんな奴」とかいうので、そのうち何も言
わなくなった。

おれは、どうでもいいと思った。その時は愛美ちゃんが憎たらしくてしょうがな
かった。あいつのせいで俺の幸せがめちゃめちゃにされたと思った。でもそれ以
上に、愛美ちゃんにそもそも話した自分が馬鹿だと悔やんだ。でも悔やんでも悔
やみ切れなかった。その頃覚えた「覆水盆に帰らず」という言葉を心の中で繰り
返した。

結局そのまま愛美ちゃんとは一言も喋らないまま正月を迎えた。



614 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:08:27 ID:c0tjS8gA
愛美ちゃんがいなくなったので、以前から同級生の中で一番気の合う孝司という
子とよくつるむようになった。あるとき、話が美紀ちゃんの事に及んだ。彼は、
美紀ちゃんと俺の間に起こったことはしらなかった。俺は事の顛末を話して聞か
せた(もちろん愛美ちゃんとのエッチの話はしなかった)そして「全部、バカ愛
美のせいだ」といった。孝司は同い年とは思えないくらい大人びている奴で、学
級委員長とか生徒会長とかをやるタイプだった。彼はいつもかしこいことを言う
ので俺は一目置いていた。孝司は俺の話を聞き終わると、「おまえ、鈍感だな。
愛美ちゃん、お前が好きなんだよ。お前がもし好きで仲良くしている子から、他
の奴が好きでカッコよくてとか言われたらどうする?愛美ちゃんがかわいそう
だ」というような事をいった。愛美ちゃんに対する怒りもおさまりつつあった俺
は、これを聞いて、自分のした事の愚かさ気がついた。そして愛美ちゃんにたい
して申し訳ない気持ちで一杯になった。それからだった、俺の愛美ちゃんに対す
る気持ちに変化が出てきたのは。


615 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:08:59 ID:c0tjS8gA
それから毎日俺は愛美ちゃんのことを考えるようになった。急に彼女がいじらし
くも思え、愛おしくてしょうがなくなった。そして、以前一緒に空き家でしたさ
まざまなことや、一緒に泊まって楽しかった事などを思い出すたびに、胸がキュ
ーッと絞められるような思いをした。同時にしばらく忘れていた下半身のムズム

ズする感覚がよみがえってきた。そう思い出すと、いつも女の子に囲まれ、ツン
とした美紀ちゃんを学校で見るたびに忌々しく思うようになった。そうなると不
思議なもので、今度は「あいつがいなければ愛美ちゃんと俺の仲はこうならなか
った」と思うようになった。

おれは愛美ちゃんを取り戻したいと思ったが、きっかけがつかめなかった。今は
学校であってもまったく無視だった。声をかけてもそっぽを向かれた。手に入ら
ないと思うと欲しくなるのが人間の性なのか、そうなると余計、愛美ちゃんのこ
とが恋しくて仕方なくなった。


616 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:09:32 ID:c0tjS8gA
孝司は手紙を書いて謝れといった。でも、俺は作文が大の苦手だった。でも、他
にいいことが思いつかなかったので、俺は、散々悩んだ挙句、手紙を書くことに
した。原稿用紙1枚の作文を書くのも四苦八苦の俺が、10枚くらいの長い手紙
をかいた。今でも手元にある何回も消しゴムで消して汚くなった下書きを読むと、
11歳の自分がどんなに必死だったかわかる。その手紙は、今読むと恥ずかしく
なるような甘い台詞で埋められていた。

俺はまず自分が思ったことを正直に書いた。そして、愛美ちゃんが、世界で一番
大切な人間で、心から愛している。そして以前の自分達に戻れるなら、自分は何
でもする。というようなことを延々10ページに渡って書き綴ったのだ。俺はそ
れが書きあがってからも数日間、投函できなかった。どんな反応があるか心配だ
ったからだ。投函してから、返事が来るまで、毎日毎日が、まるで一年のように
感じた。

数日後やっと来た彼女の返事は女の子らしい便箋二枚にかわいい文字で丁寧に書
いてあった。


617 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:10:04 ID:c0tjS8gA
手紙をもらうまでは、リョウ君がすごく醜いいやな人に思えていて、話もしたく
なかった。でも手紙を読んでリョウ君の気持ちがわかって、嬉しくて涙が止まら
なかった。リョウ君をどれくらい好きだったかわかった。今すぐリョウ君の所に
飛んでいきたい。でもリョウ君が来るのを待っている。ということが書いてあっ
た。

俺はこれを見て、ぶっ飛んでしまいそうだった。俺は早まる心を抑えて、電話の
受話器をとると、彼女の家の番号を押した。彼女の母親が出た。「あれ、リョウ
君久しぶりね、ちょっとまってね」といった。俺は、心臓がドキドキして、呼吸

困難に陥りそうだった。愛美ちゃんが電話口にでると、俺は上ずった声で「手紙
ありがとう」といった。それからやっとの思いで「いろいろゴメンね」といった。
受話器の向こうからは、「うん」という声がかすかに聞こえた。


618 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:10:48 ID:c0tjS8gA
その後何を喋ったか覚えてないが、最後に、俺が「また仲良くしてくれる?」と
いうと、それまで鼻をすすりながら「うん、うん」とだけ繰り返していた彼女は
感極まってワーッと泣き出した。俺は「今からそっち行くよ」といって電話を切
った。

そのあと俺は自転車を飛ばして愛美ちゃんの家まで行った。彼女は外で待ってい
た。もう泣いていなかった。彼女はばつが悪そうに、上目遣いで俺の顔を見た。
その何かを訴えかけるような目が堪らなく魅力的だった。あらためて、愛美ちゃ
んてなんて可愛いんだろうと思った。彼女は俺が近寄ると、何もいわずに抱きつ
いてきた。そして、しばらくそうしてから、ふと思いついたように、俺の手をと
ると家の裏の方に引っ張って行った。そこは、彼女の家と裏の柵の間の狭い空間
で、周りから見えなかった。「ねえ・・・、キスして」といって目をつぶった。



619 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:11:21 ID:c0tjS8gA
俺にとってキスなんて生まれて初めてだ。俺は、急に息が苦しくなって、俺は胃
袋の下の部分がムズムズする感覚を覚えた。俺はテレビとかのシーンのみようみ
まねで、恐る恐る彼女の唇に軽く自分の唇を重ねてチュッっと吸った。俺が唇を
話そうとすると、愛美ちゃんは「絶対逃がさないぞ」といわんばかりに俺の頭を
両手で抱えて、ギュウっと唇を押し付けて激しく吸った。俺は一瞬びっくりした
けど、自分も同じように思いっきり吸った。

久しぶりに股間がムズムズし股間に血液が流れ込むのがわかった。やっと苦しく
なって唇を離した頃には、オチンチンがビンビンになってズボンの前を押し上げ
ていた。

彼女は、俺の顔をジーッと穴が開くほど見つめながら、ハアハアと激しく息をし
ていた。その瞬間の彼女の、まるで仕切り直前のお相撲さんのような必死な表情
を俺は今でも忘れない。俺はそのとき、無性に彼女の中に入れたいとおもった。



620 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:11:55 ID:c0tjS8gA
すると、まるで、俺の心を読んだかのように、彼女はかべに手を突いてお尻をこ
っちに突き出した。俺はそれがどういう意味かすぐわかった。俺は慌ててズボン

を下げてパンパンになったオチンチンを出した。そして、ハアハアと口で息をし
ながら、彼女のスカートをめくって、両手で紺色のブルマに手をかけるとパンツ
ごと一気に下ろした。そこには、彼女の見慣れた「オチンチン」の入り口が割れ
目からちょこっと顔を出していた。心臓が壊れそうなくらいドキドキなった。

俺は、早まる気持ちを一生懸命抑えながら、自分で皮をむくと、もう無我夢中で
自分のオチンチンを彼女の中に突っ込んだ。この上なく気持ちよかった。彼女も
気持ちよさそうに「はぁー」と大きなため息を漏らした。まるで薬の切れた麻薬
患者が、やっと薬にありついたような感じだった。


621 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:12:52 ID:c0tjS8gA
彼女は、よほど気持ちいいのか、悩ましげに腰をよじるようにしながら、そのか
わいいお尻を俺の下半身にグイグイ押し付けてきた。そして自分でお尻を左右に
ゆっくり動かして、そのたびに気持ちよさそうに「アァ、アァ」と喘ぎ声をもら
した。

俺は愛美ちゃんの腰をしっかり持って、自分の下半身を彼女のお尻に一生懸命押
し付けた。そしてそのうち、俺は絶頂に達し電撃のような快感がほとばしった。
愛美ちゃんはその後もしばらく動いていたけど、ブルブルと全身身震いした後、
股間をビクビクビクと痙攣させていってしまった。

そのあと俺達はその場で抱き合った。その瞬間、彼女はそれまで張り詰めていた
気持ちが緩んで感情が一気に噴出したのか、わーっと泣き出した。彼女は俺を抱
きしめて泣き続けた。俺も嬉しくて一緒に泣いた。


622 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:13:25 ID:c0tjS8gA
それから俺達は夢のような毎日を過ごした。毎日、学校への行きかえりはもちろ
んのこと、学校でも逢引するようになった。もうすぐ6年生になるその頃、同様
に思春期を迎えつつあった同級生はいろいろといたずらを仕掛けてきた。愛美ち
ゃんは、下駄箱に俺の苗字を書かれたし、俺達が歩いてると「ヒュー、ラブラ
ブ」といってからかわれた。誰かが嘘のラブレターをでっち上げて、いやらしい
文章を大声で読み上げたりした。でお俺達は全然気にもしなかった。俺達は二人
の世界に入り込んでいて、外部の雑音は全然気にならなかった。逆にまるで、家
の中から、外を吹き荒れる嵐を眺めているように、ひそかに楽しんでさえいた。


623 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:13:56 ID:c0tjS8gA
今考えてみると、美紀ちゃん事件を機に俺は精神的に随分と成長した。その時を
境に愛美ちゃんは俺の恋人になった。俺はそのとき, 紛れもなく思春期の恋を
していた。言葉では良く表せないが、授業中でも愛美ちゃんのことを思うと、切
なく胸がキューンとなった。彼女が愛しくて愛しくて仕方が無かった。それは以
前みたいにただエッチな遊びをしたいという、好奇心と性欲だけに基づいた感情
とはまったく別物だった。その頃は一緒にいるだけで幸せ気分いっぱいだった。
親達も、二人が仲直りしたあと、以前にもましてべったりしているのであきれ返
っていたが、放っておいてくれた。俺達の相変わらず二人になるとエッチな遊び
を続けたが、エッチの質が少しずつ代わっていったような気がする。以前みたい
にただ入れれば良いというのではなく、もっと濃厚になってきた。



624 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:14:29 ID:c0tjS8gA
例えば一番大きな違いは、キスをするようになったということだろうか。親達の
目の届かないところにいくと、俺達はキスをした。知らないうちにフレンチキス
をするようになっていた。愛美ちゃんの舌は俺の口の中にニュルニュルっと入っ
てきてまるで、軟体動物ように動き回った。俺の舌とその軟体動物は絡み合って
遊んだ。そうすると、当然下半身が黙っていなかった。しばらくそうやっていて、
我慢の限界に達すると、とっちからとも無くパンツを下げて、下でも結合した。

そして向かい合って入れたまま俺達はさらにキスをした。そして、舌や口の周り
の筋肉が疲れて痛くなるまでお互いの口をむさぼった。それがあまりにも刺激的
なので、俺達はすぐいってしまった。変な話だが、それまでオチンチンをオマン
コに入れるということは散々やってきせいか、キスの方が新鮮で刺激があった。
でもやはり快感が欲しくてオチンチンを入れずにいられなかった。やはりエッチ
あってのキスだった。エッチの方が主食でキスがおかずといったような感じだろ
うか。


625 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:15:02 ID:c0tjS8gA
でも、そんな幸せな日々もそう長くは続かなかった。2月が終わろうという頃だ
ったと思うが、俺の父親がひとこと、「オマエには気の毒だけどな、愛美ちゃん
ところは東京に引っ越すことになったよ」といった。新学期は向こうの学校に行
くということだった。俺にはその言葉が信じられなかった。まさに晴天の霹靂と
はこのことだ。俺は、せっかく一緒になれた俺達を引き離そうとする運命の女神
を憎んだ。

俺達はそれから、無い知恵を絞って、なんとか離れ離れにならないですむ方法を
考えようとした。俺は、愛美ちゃんのうちにいって、愛美ちゃんのお父さんに頭
を下げた。愛美ちゃんのお父さんは、優しそうなおじさんだったが、その彼が、
申し訳なさそうに俺に向かって、「君の気持ちはよーくわかるけど、おじさんに
もどうしようもないんだよ。会社の決定だからね」といった。愛美ちゃんだけこ
っちに残ってうちで暮らすという案は、俺の両親に却下された。


626 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:15:34 ID:c0tjS8gA
残るは駆け落ちしかなかった。もちろん「駆け落ち」なんて言葉は知らなかった
けど、「二人でどっかに行こうか」と考えた。でもどこに?お金は?そうやって
考えていったら、結局、子供の俺達にはとても無理だった。俺は、毎日恨めしそ
うにカレンダーをみてはため息をついた。俺達にとって、死刑宣告をされたのと
同じだった。後残されたのは、刻々と迫る離別の日までの時間をいかに有効に活
用するかということだけだった。俺達は、寸暇を惜しんで逢引を続けた。

愛美ちゃんの家は、引越しの準備で忙しかったから、春休みに入ってから、愛美
ちゃんはうちに泊まりに来た。俺達は毎日、将来の事を話し合った。夏休みには
どっちかの家に遊びに行こうと約束した。愛美ちゃんは、毎日手紙を書いて、一
週間に一回は電話するといった。俺は作文は苦手だったけど、愛美ちゃんが相手
だったら返事が書けそうなきがした。そして、もっと大きくなって高校を卒業し
たら結婚しようと約束した。


627 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:16:19 ID:c0tjS8gA
俺達は、発情期の犬や猿のように、エッチをした。母親が午前中パートにでかけ
ると、家には誰もいなくなって、(弟は保育園か?)思う存分エッチができた。
それに飽きると、外に遊びに行った。

その頃、近くにチリ紙交換の会社があって、古雑誌が、倉庫からはみだして、裏
の敷地にまではみ出して散らばっていた。時々、かなりエロい漫画や雑誌の類が
混ざってることがあった。裏は、空き地になっていて、建材の様なものが積んで
あったりしてあって、周りからすぐ見える場所じゃなかったので、俺達はそこに
いって、そういう雑誌をみつけると、そこにしゃがんで、一緒に興奮して息を飲
んでの見た。

今考えると、かなりソフトなもので、もろの写真とか無かったし、絵も、肝心な
部分は、省略されていて、かなりの想像力を要求されるようなものだったと思う
が、それでも子供だった俺達にはすごく新鮮で、興奮材料としては申し分なかっ
た。


628 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:16:51 ID:c0tjS8gA
俺達は、興奮すると、その場ではめた。エロ漫画の登場人物を真似て、新しい体
位を研究したりした。俺がピストン運動という概念を覚えたのもその頃だろう。
壁に手をついた愛美ちゃんのお尻を抱えて、バックで突きまくった記憶がある。

こうやって、楽しかった最後の一週間はあっという間に過ぎ去った。

愛美ちゃんの家族が引っ越す前の晩、一緒にお風呂にもはいって、パジャマも着
て両親に「おやすみなさい」をいってから部屋にいくと、俺達は抱き合った。こ
れが最後だった。泣いても笑っても、明日から俺達は離れ離れになるんだ。俺達
は何もいわずにしばらく抱き合っていた。それから俺達は見つめ合った。愛美ち
ゃんは今にも泣き出しそうな顔をしていた。



629 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:17:23 ID:c0tjS8gA
俺たちは、いつもよりもゆっくりキスをして、そのあとエッチをした。でも、そ
れは快感を得るためというよりも、そうしていないと、そのまま、二人が一生離
れ離れになってしまう様で不安で仕方なかったからだった。お互いがいったあと、
つながったまま、いろんな話をした。今までの、いろんな楽しかった事。分かれ
てからどうするか。学校を卒業したらどうするかなど、その頃毎日話していたこ
との総ざらいだった。

布団に入っては見たものの、俺達は眠れなかった。あれは、たぶん夜中2時か3
時を回った頃だろうか、彼女が、もう一回俺との最後の思い出を作りたいといっ
た。俺達はごぞごぞ起きだして、服をきて、ジャケットに身をつつむと、物音を
立てないようにそうっと真っ暗な外に飛び出した。3月下旬なのに、真夜中の空
気は思ったほど冷たくなかった。俺達はいつも遊んでいた場所を歩いて一回りし
た。前の社宅まで行ってみた。普段は交通の激しいバイパス道路も、今は車が一
台もなく、不思議だった。俺達はそれから学校まで歩いていった。



630 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:17:56 ID:c0tjS8gA
学校の校舎は、真っ暗闇にたたずんでいた。俺達は、校舎の端の入り口を試しに
引っ張ってみると、意外な事にすっと開いた。俺達は中に入ると、真っ暗の階段
を上って、俺の教室に行った。夜の校舎の中は、いくら鉄筋の新しい校舎だとは
いえ、不気味だった。俺達は暗い教室に入った。同じ教室が昼間見るのとは、全
然違う場所にみえた。俺達が仲直りをして以来、愛美ちゃんはしょっちゅう俺の
教室に来てたからもうおなじみだった。

愛美ちゃんは、俺の席までいくと、机と椅子を、まるで大切なもののように、撫
でた。そして机にちょこんと腰掛けると、俺のほうに向かって両手を差しのべた。
俺は立ったまま彼女をぎゅうっと抱きしめた。彼女は俺の腰に両足を回して、俺
の下半身を引き寄せた。

いつもだったら、興奮するこういう何気ない動作の一つ一つもこのときだけは、
悲壮感を伴って俺達を余計暗い気持ちにした。俺達はそのままお互いの唇を求め
た。いつもよりも激しくお互いの舌を絡めあった。


631 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:18:29 ID:c0tjS8gA
俺は、さっきから愛美ちゃんのあそこに押し付けられて堅くなった俺のオチンチ
ンをズボンから引っ張り出した。愛美ちゃんは、パンツの股を横にずらして、入
り口を露出させると、もう一度「キスして」といわんばかりに俺の方に向かって
口を突き出した。

俺は、一人であせっているオチンチンをとりあえず彼女の入り口にあてがってあ
げて、愛美ちゃんの唇に自分の唇を重ねた。そして、俺の舌を彼女の口の中に押
し込むのと同時に、オチンチンをゆっくりと彼女の中にうずめた。その瞬間「ウ
ーン」と俺の口でふさがれた愛美ちゃんの口からうめき声ともため息ともいえな
い声が思わず漏れた。

こうやって、俺達は真夜中の教室で、二人のいつもの儀式を始めた。二人が一回
いった後、俺は自分の椅子に座った。そして愛美ちゃんは俺の上にまたがった。
俺は愛美ちゃんを抱きしめた。彼女は、俺の既に準備の整ったオチンチンを中に
自分で導くと俺の体にしがみついた。俺はまた彼女の口を自分の口でふさいだ。


632 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:19:22 ID:c0tjS8gA
二人が学校を出た時はもう既に東の空が少し薄明くなっていた。俺達は、冷たい
空気の中をてをつないで無言のままゆっくり歩いて家の方へ向かった。

「私は絶対泣かないよ」と愛美ちゃんはポツリと言った。そして「だって、また、
夏休みになったら会えるじゃん」と付け加えた。
俺は、「うん、そうだね夏休みなんてあっという間に来ちゃうよね」といった。
彼女は、「それに私たち、そのうち結婚するんでしょ?」といった。
俺が「うん、もちろん」というと、
彼女は「絶対だよ。忘れないように指切しよう」といって、立ち止まって小指を
突き出した。俺達は、指切りをした。俺はこの時の彼女の細い小指の感触が今で
も自分の小指に残っている。

俺達が家につく頃までにはすっかり明るくなっていたが、親はまだ寝ていた。俺
達は体が冷えたのか急にさむくなって、布団に服を着たままもぐった。二人とも
知らないうちに眠ってしまった。


633 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:20:56 ID:c0tjS8gA
騒々しい物音で、目が覚めた。母親が雨戸を開けていた。「ほら、もう起きなさ
い」といった。おれは、引越しの日だと気がついて、もう愛美ちゃんがいなくな
ってしまったのではと、あわてて振り返ったら、みたら彼女は俺のすぐ横でまだ
スヤスヤと寝息を立てて寝ていた。母親は、俺が服のまま寝ていたのに気がつい
て、「あれ、パジャマはどうしたの?」といったが、俺が答えを考えているのを
みて、それ以上詮索せずに、「愛美ちゃん起こしてあげてね。」といい残して部
屋から出て行った。

俺は、愛美ちゃんの寝顔があまりにもかわいかったので、思わずキスをした。そ
うしたら、彼女は、薄目を開けて、俺の口に吸い付いてきた。俺達はまたしばら
くそのままお互いの口を求め合った。


634 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:23:22 ID:c0tjS8gA
朝食を食べたあと、彼女の出かける仕度も終えて、子供部屋で最後のひと時を、
名残惜しんでいたら、ついにお迎えがやってきた。

愛美ちゃんのお父さんの車が玄関の前に外に見えた。玄関で俺の両親と愛美ちゃ
んの両親の話し声が聞こえた。俺達は、子供部屋で息をひそめて、互いの両手を
とってしっかり握り締めていた。そのうち、俺達を呼ぶ声が聞こえた。

俺達はお互いをぎゅうっと抱きしめた。俺達に覚悟はできていた。
愛美ちゃんはひと言「絶対泣かないよ」といった。でも、「ニコニコ笑ってバイ
バイしようね」という彼女の顔は、今にも泣き出しそうだった。

皆で玄関の外にで、彼女のバッグを車に入れたら、愛美ちゃんは、もう向こう側
の人だった。両親にはさまれて愛美ちゃんは寂しそうに立っていた。何もわから
ない愛美ちゃんの妹はお母さんの足にまとわりついて嬉しそうだ。



635 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:32:54 ID:B9t34sx7
不覚にも全部読んでしまってます・・・
ネタ?それとも実話?

636 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:37:24 ID:cI358yrV
親達が大人同士の挨拶をしている間、彼女は今にも泣き出しそうな顔をして、俺
の方を見ていた。そして、いよいよ、挨拶が終わると、俺の父親は、よせばいい
のに、わざわざ俺達に向かってこう言った。
「おまえたちも、お互いにいい友達にめぐり合えて本当によかったな」そして、
「本当に、楽しかったなあ」とまるで自分の事の様に付け加えた。
その言葉を聞いて、それまで必死にこらえていたのに、顔の筋肉が自分の意思に
反して引きつっていった。もう遅かった。目頭から熱いものがジワーと湧き出し
目の前の情景が急に歪んだ。俺の顔をじーっと見つめていた愛美ちゃんの顔も、
急にくしゃくしゃに歪んだと思ったら、俺達は、ほぼ同時にわぁっと大声を上げ
て泣き出した。いったんたが緩んでしまうと、止め処もなく後から後から涙が溢
れ出した。


637 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:37:56 ID:cI358yrV
愛美ちゃんは思わず、俺の方に走りよって、俺に抱きついた。俺はしっかり彼女
を抱きしめた。「リョウ君、好きだよ、大好きだよ、わあああーん」といいなが
ら愛美ちゃんは体をガタガタと小刻みに震わせて泣きじゃくった。俺もなにかい
いたかったけど、言葉にならならず、「うん、うん」と頷くのが精一杯だった。
母親たちもそれをみてもらい泣きをして目頭を交互にぬぐっていた。ひとしきり
泣いて少し落ち着くと、おれはまだ、ヒクヒクしている愛美ちゃんに、一言「絶
対泣かないって言ったじゃん。笑ってバイバイなんだろ」といった。彼女は、
「だって、リョウ君が泣いたんだもん、つられちゃったじゃん、バカ」といって
笑い泣きした。

彼女は家族と一緒に車に乗り込んだ。俺達はもう泣かなかった。俺は角まで車を
追いかけていった。そして、そのあと、ずっと向こうの角を曲がって見えなくな
るまでそこに佇んでいた。そうして、「ああ、行ってしまった」と思うと、どう
いうわけか少し、すがすがしい気分になった。


638 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:38:29 ID:cI358yrV
愛美ちゃんから最初の手紙が来たのはそれから数日後だった。「好きだよ」
「あいたいよ」「寂しいよ」という言葉の合間に、今度移り住んだ場所のことが
ちょこちょこと書いてあった。その日の夜、俺は愛美ちゃんに電話を掛けた。
電話の向こうの彼女の声は、頼りなく、まるで宇宙の果てと交信しているようだ
った。子供である自分達の間にどうもできない障壁として立ちはだかって2百キ
ロという距離を実感させられた。

俺たちはたわいも無い会話を何時間も続けた。終いに俺達は喋ることがなくなっ
ても、電話を切りたくなかった。ただただ微かに伝わってくる相手の息遣いを受
話器を握ったままずうっと聞いていたかった。通話料も馬鹿にならかっただろう
に、俺達の恵まれない小さな恋を哀れんでか、親たちは何も言わなかった。


639 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:40:30 ID:cI358yrV
愛美ちゃんの手紙は殆ど毎日のように来た。一度に2通来るときもあった。俺も
一生懸命返事を書いたがとても書ききれるものではなかった。その分電話で補っ
た。俺たちは夏休みが待ち遠しかった。5月の連休も終わった頃だろうか、彼女
から来る手紙の中に悪天候の兆候が現れていた。でもまだ子供の俺にはその重要
性に気がつかなかった。

「和也君」という名前がポツリ、ポツリと顔を出すようになった。近所に住んで
る子で、すごく親切な子だということだ。でもその頃の俺は、あまり気にもとめ
ていなかった。俺には、愛美ちゃんしか見えていなかった。俺の回りは、愛美ち
ゃんがいなくなった事をのぞいては前と何の変わりも無かった。俺も一生懸命、
日記のようにして手紙を書いた。



640 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:41:06 ID:cI358yrV
待望の夏休みがやってきた。学校が終わって二日後、愛美ちゃんがやってきた。
その日、母親が働いていたのか、俺は、一人で電車を乗り継いで新幹線の駅まで
行った。愛美ちゃんはお母さんと来る事になってた。予定の時刻にプラットフォ
ームで待っていたけど、ぞろぞろと降りてくる人のなかに愛美ちゃんはいなかっ
た。俺は半分泣きたい気持ちをおさえて、フォームを行ったり来たりした。その
うち、人影もまばらになって、別の列車が入ってきた。それにも愛美ちゃんたち
は乗っていなかった。おれは、がっかりしながら、階段をとぼとぼ下りて、改札
を抜けると、「リョウくーん」という、あの可愛い愛美ちゃんの声が後ろから聞
こえた。俺が振りむくと、嬉しそうな顔をした愛美ちゃんが、俺の方に向かって
走っていた。



641 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:41:38 ID:cI358yrV
俺はそのとたんに嬉しくて、涙が出てきた。愛美ちゃんはぎゅうっと俺に抱きつい
て「会いたかったよう」といって、泣いた。愛美ちゃんのお母さんがすぐ追いつ
いてきて、「まあまあ、二人ともこんなところで泣いてないで、早くリョウ君の
お家に行こう」といった。俺は、最高に幸せだった。そして、それから一ヶ月、
夢のような毎日を過ごした。お互いに内容は違うけど、一緒に宿題をやった。二
人で、理科研究もやった。

ところで、その頃、11歳になった愛美ちゃんの体は明らかに変化し始めていた。
俺がそれに気がついたのは、来たその日に一緒にお風呂に入ったときだった。最
初、以前から肉付きが良かった彼女の、お尻のあたりが太ったように見えた。で
もすぐ、それよりも、もっと顕著な変化に気がついた。彼女の胸には、それまで
無かった膨らみが二つできていた。それは紛れもなく膨らみ始めたおっぱいだっ
た。これには、6年生だった俺も興奮した。おれは、「ああ、おっぱい」と思わ
ず言った。二人で湯船に入ってるときに俺が気になってまじまじと見ていると、



642 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:42:11 ID:cI358yrV
彼女は、「触ってもいいよ」といった。それまで、愛美ちゃんの胸を触ったこと
は一度も無かった。おれはそおっと腫れ物にでも触るように触ってみた。おもっ
たよりも堅かった。愛美ちゃんは、「うーん」と気持ちよさそうな声を上げなが
ら笑った。「気持ちいいの?」というと、「うん」というので、もっと触ってあ
げた。彼女が、気持ちよさそうにうっとりした顔をすると、俺はすごく興奮した。
あと、彼女の股間のふくらみの周りにも、産毛よりも濃い毛が生えつつあった。
俺の方はというと、まだ以前と変わらぬ、つるつるだった。でもそんなことはぜ
んぜん気にしなかった。俺たちは以前と同じようにオチンチンをオマンコにはめ
て遊んだ。でも、その時から、はめながら、愛美ちゃんの胸を触ったりするよう
になった。


643 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:42:43 ID:cI358yrV
夏休みも終わる頃、今度は、俺と母親が、愛美ちゃんを東京の家まで送り届ける
事になった。俺たちは新幹線にのって東京にいった。新幹線の中を二人で探険し
た。乗車口のところで二人で外を見ながら、軽くキスをしたりして、いつものよ
うにいちゃついていたら、可愛いと思ったのだろうか、カメラマン風のおじさん
が、写真を取らせてくれと頼んできたりした。

その頃、俺たちの親が、どこまで俺たちの関係を知っていたか定かじゃないが、
キスしたりしてるのは知っていたかも知れない。なにしろ、本当に、いつもベタ
ベタ引っ付いていたのだから。

彼女の家は、自分が3年生まで住んでいた社宅だった。ただ家自体は、建て替え
られていた。でも自分に取っては、懐かしい故郷に戻ったような気持ちだった。


644 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:43:16 ID:cI358yrV
母親は、叔母の家に一泊、俺は、愛美ちゃんの家に一泊した。彼女が、同級生の
写真などを見せてくれた。俺の知っている子も沢山いた。

今回は、どういう訳か、前回の別れの時ほど感傷的にならなかった。どういうの
か、また冬休みになれば会えるという確信があったからかもしれない。俺たちは、
次の日、俺たちは、近くの駅で「笑って」バイバイをした。ホームの上で、冬休
みに絶対あおうねといって指きりげんまんをした。その約束は結局、果たされる
ことは無かったのだが。

俺たちはまた手紙と電話にたよる毎日が始まった。ところが、そのうち、彼女の
手紙の回数が減ってきた。手紙が3日4日来ないことがあった。そして、もう冬
も近づいたある日、俺は一通の手紙を受け取った。


645 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:43:49 ID:cI358yrV
それは愛美ちゃんからじゃなかった。封筒の差出人の欄にOO和也と書いてあっ
た。何が書いてあったか詳しくは覚えていないが、とにかく、もう愛美ちゃんと
付き合うなという内容だった。「愛美をこれ以上きずつけるな」というようなこ
とが書いてあった。

これもまた晴天の霹靂だった。俺が愛美ちゃんをいつ傷つけた?なんでそんな事
を、このわけのわからん赤の他人に言われなきゃいけないんだと思った。俺は、
早速愛美ちゃんに電話をした。彼女にその手紙の事を話した。そして、
「ねえ、いったいこの和也って子は何?」と聞くと、
「お友達。私がさびしいからいろいろ私の話を聞いてくれる」といった。俺が、
「ぼく、愛美ちゃんを傷つけたの?」ときくと、
「ううん、私はリョウ君好きだもん。」といった。



646 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:44:26 ID:cI358yrV
「じゃあなんで、その人はこんなこといってんの」ときくと、
「知らない」というだけだった。俺は、和也という人と付き合わないでくれとい
う事を言ったけど、彼女は、
「なんで?和也君は、すごくいい友達だもん」というだけだった。
そして、いろいろ問い詰めているうちに、彼女は黙ってしまった。俺たちは、多
分一時間以上も無言で電話口に立ったままだった。

次の日曜日に俺は愛美ちゃんに会いに行くことにした。親に、愛美ちゃんとどう
しても話したいことがあるからと頼み込んで許しをもらった。俺はその頃よく一
人で電車に乗っていたので問題なかった。俺は愛美ちゃんには何も連絡しなかっ
た。彼女の家に着くと、お母さんが玄関口にでて、おれを見てびっくりして「あ
らぁ、リョウ君どうしたの?」といった。愛美ちゃんは遊びに行っていなかった。

お母さんは「寒いし、上がってまったら」と言ったが俺は、玄関の外でまった。
俺は何時間も待った。愛美ちゃんのお母さんが途中で心配して何回か出てきて中
に入るように奨めたが、俺は外で待ち続けた。

日も沈みかけて、薄暗くなり始めた頃、愛美ちゃんが戻ってきた。彼女は一人じ
ゃなかった。結構背の高い中学生らしき男の子の腕に自分の腕を絡めて嬉しそう
になんか話しながら歩いてきた。俺の姿を見るなり、彼女の顔色が変わるのがわかった。彼女はあわてて、彼から離れた。彼女は
「リョウ君、どうしたの」と一言いった。その中学生は俺を見て、
「ああ、お前がリョウか」と吐き捨てるよう
にいった。愛美ちゃんは、
「和也君」と一言いった。



647 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:45:57 ID:cI358yrV
愛美ちゃんは、夏に会ったときよりも、一段と大きくなって、体もさらに丸みを
帯びていた。俺は相変わらずチビだったから、彼女の方が10センチくらい背が
高かったかもしれない。その和也という男の子は、一見不良っぽいが、なんとな
く格好よかった。彼は愛美ちゃんよりも優に頭一つ以上背が高かった。

俺は、その二人の前に立って、自分がちっぽけで惨めな存在に思えた。そして、彼は、それに追い討ちをかけるように、
「お前、愛美をこれ以上傷つけるなっていっただろう」といった。
上から降りてくる既に声変わりした低い声は威圧感があった。愛美ちゃんに何か
言いたかったが、何も言えずその場で立ちすくんでいた。愛美ちゃんが
「リョウ君・・・」と何か言いかけたら、そいつは、遮るように
「お前は何も言わなくていい」といって、それから、毎日悩んでる愛美ちゃんを
自分がいかにして慰めているかという話をした。


648 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:47:23 ID:cI358yrV
俺は怒りと悔しさでカーッと頭に血が上るのがわかったが、あまりにも相手に圧
倒されて、何も言うことができず、ただ唇をかんでいた。最後にやっとのことで、
震える唇から搾り出した言葉は
「愛美ちゃんは僕が好きなんだ・・」だった。彼は、
「アホかお前は」といって一笑に付した。
俺は悔しくて涙がボロボロこぼれてきた。とても自分にかなう相手ではなかった。
愛美ちゃんはそれを見てか「リョウ君」といって泣き出した。彼は、
「見ろ、お前のせいだ、もうこいつを苦しめるな」といって彼女の肩を抱き寄せ
た。俺は心臓を引き裂かれるような気がした。

俺はもうその場にいたたまれなくなって、そのまま彼らに背を向けると、何も言
わずに走りだした。その場から一刻も早く逃げたかった。


649 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:52:43 ID:cI358yrV
母親が新幹線の駅まで向かいに来てくれた。彼女は俺の様子がおかしいのに気が
ついたのか、
「愛美ちゃんとなんかあったの?」と聞いてきた。俺は、我慢してたものが一気
に噴出した。
「お母さーん、僕さあ、僕さあ・・」といって母親の胸で泣き崩れた。彼女はそ
のまま何も言わずに俺を抱いて頭を撫でてくれた。

数日後に愛美ちゃんから手紙が来た。彼女の宛名書きを見ていると、あの憎たら
しい中学生と腕を組んでいる愛美ちゃんの姿が目に浮かんだ。俺は開封せずにゴ
ミ箱に捨てた。さらに数日後にまたもう一通来た。それも開けずに捨てた。冬休
みになってもお互いに連絡を取らなかった。実は、愛美ちゃんは一回電話もして
きたが、俺が出るのを拒否した。俺は、あの中学生に対する嫉妬で気が狂いそう
だった。毎日、胸が苦しくて、一日中ため息をついていた。


650 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:53:15 ID:cI358yrV
元旦に彼女から年賀状が届いた。ぱっと見たところ何の変哲も無い型どおりの年
賀状だった。ただ、最後にひとこと「リョウ君、ゴメンね」と書いてあった。俺
は、あの中学生の顔がまた眼に浮かんだ。「ごめんね」と言われても許せなかっ
た。それが彼女から来た最後のメッセージだった。

俺は完全に打ちひしがれ、食べ物もしばらく喉を通らず、体重も減った。両親は
心配していたはずだが、何も言わなかった。それ以降、家では愛美ちゃんの話題
はいっさい出なくなった。

後日母親に聞いた話だと、あのあと、母親が愛美ちゃんのお母さんと話をしたら
しい。向こうの親も何があったのかしらなかった。ただ愛美ちゃんもその後しば
らくふさぎこんでいたらしい。


651 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:53:49 ID:cI358yrV
あと、俺が捨てた手紙は、母親が密かに取って隠してあった。大人になってから
からそれを読むと、当時の彼女の気持ちが手に取るように伝わってくる。結局、
彼女は俺と離れ離れになった寂しさから、たまたま近所に住んでいてしりあった、
中学生の彼と良く話すようになった。彼女は、彼がいろんな悩みを聞いてくれる
から、お兄さんのような感じで付き合っていたのだが、彼は独占良くが強く、愛
美ちゃんに彼氏がいるのがいやでしょうがなく、とにかく俺たちの中を妨害する
ようになった。あの日は彼女も彼に威圧されて、言いたいことがいえなかったと
いうのだ。その後の手紙にも、彼女の悲痛な心の叫びが聞こえてきそうな内容だ
った。

でも、そのときの俺は、もうあまりの嫉妬心から思考回路がオーバーロードを起
こしてたから、その手紙をその時点で読んだとしても、おそらく、頭の中に入っ
てこなかっただろう。


652 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 10:54:35 ID:cI358yrV
俺は、勇気をだして、「愛美ちゃん」といった。彼女はびっくりしたようにこっ
ちを見た。俺たちは廊下の真ん中で向かい合っていた。心臓がドキドキなってい
た。空白の時間がすぎていく。2年生が俺たちの方を興味ありげにジロジロみな
がら通り過ぎていく。あの小学校から来た生徒は全体の4分の1しかいなかった
ので俺たちの事を知っている子は少なかった。

俺はそこから、なんて切り出して言いかわからなかった。昨日からさんざん頭の
なかでリハーサルしてきたのに頭のなかは真っ白で台詞が浮かんでこなかった。
始業ベルが鳴った。俺はとっさに、「放課後、会える?」ときいた。彼女は、困
ったような顔をしてだまっていた。「何組?」と聞くと、彼女は「2組」と
答えた。俺は「じゃあ、あとで行くから待ってて」と一方的にいって分かれた。

その日は、一日中彼女のことばかり考えて、授業は上の空だったことは言うまで
も無い。俺は、あまた頭の中で何を言うのかずっと考え続けていた。愛美ちゃん
が待っててくれるかどうかもわからなかった。

放課後、彼女のクラスにいくと、教室の端の方の机に、愛美ちゃんがぽつんと一

人で座っていた。他にはだれもいなかった。俺は、扉を後ろ手で閉めると、彼女
の方に近寄っていった。彼女は不安そうな顔をして、俺の方をみていた。彼女の
ところまでくると、俺は彼女の前の席に座った。おれは、心臓がバクバクドキド
キして痛いほどだった。

俺は、まずリハーサル通り「こんにちは」といった。実際に言ってみると、なん
か間の抜けた感じだが、彼女もそれにこたえて「こんにちは」といった。
彼女の視線は、机の上にあった。



653 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:01:27 ID:cI358yrV
「久しぶり」と俺が言うと、
「うん」と愛美ちゃん。それから、俺は一生懸命一日中考えていた台詞をいおう
とした。
「愛美ちゃん、僕さ・・・」といいだすと、彼女は、
「リョウ君、もう何にもいわないで。もう終わったことだし。私が悪いのわかっ
てるし、なに言っても許してくれないってわかってるから」
「・・・・」
おれは、なんか出鼻をくじかれて、次にどう言葉を繋げていいか困っていると、
愛美ちゃんは、俺の方を見て、
「リョウ君、元気だった?」と、助け舟を出してくれた。
「うーん、まあね・・・・愛美ちゃんは?」
「私は、うーん、わかんない・・」とまた視線を落とした。



654 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:02:00 ID:cI358yrV
「あのさ、なんていったっけ、あの男の子」
「和也君?」
「うん、まだ、仲良くしてるの?」俺は、表向きは平静を装っていたが、実は、
心の中は嫉妬心で胃がよじれるような気分だった。彼女は間髪いれず、
「ううん、あの後すぐ別かれた」といった。
この意外な返答に、俺は、一気に落ち着きを取り戻した。
「ええ?」
「なんか、あの子、すごく嫌になったの。」
「なんで?仲よさそうだったじゃん」
「うーん、そうなんだけど・・」
「・・・」


655 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:02:46 ID:cI358yrV
「なんか、リョウ君にすごい意地悪だったでしょ?」
「うん」
おれは頷きながら、あの、ちょっと格好をつけた憎たらしい顔を思い出していた。
また、内臓をギュウと捻られるような気分になった。
「リョウ君がすごく可愛そうだった」
「・・・・」
おれはなんて応えていいかわからずに黙っていた。
「私がまんできなくて、後でいろいろ言ったら喧嘩になっちゃって・・」
「そうだっんだ」
「信じてくれないかも知れないけど、あの時も、私、リョウ君すごい好きだったから」
「でも、あいつも好きだったんだろ?」
「うん、でもちょっと違ったの」
「・・・」

「なんかリョウ君の悪口ばっかりいうから、私、リョウ君の方が好きだってはっ
きり言ったの」
「・・・」
「そうしたら、怒っちゃって、それから私にもいろいろ嫌がらせしてきた」
「そうか」
「なんかそれで、一気に嫌いになっちゃった」
俺は、この予想外な話の展開に少しびっくりしたのと同時に、嬉しくて仕方がな
かった。急に全身にエネルギーがみなぎってくるのがわかった。スーパーヒーロ
ーが、やってきて、いじめっ子を、こてんぱんにやっつけてくれたような、なん
ともいえない爽快感を味わっていた。
「わたし、東京に行ってからさ、寂しかったから、お友達もいなかったし」
「・・・」


656 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:03:22 ID:cI358yrV
あの子が親切にしてくれたの。なんかお兄さんみたいな感じで」
「・・・」俺は無言で頷きながら彼女の話を聞いていた。
「でも最後、なんかあんなると思わなかった」
「そうか、知らなかった」と俺がいうと、
「手紙にも書いたと思うけど・・」といって俺の顔をみた。俺は、読まずに捨て
てしまった手紙の事を思い出した。
「ああ、あの手紙・・・・あれ、読まないで捨てちゃった」
愛美ちゃんは驚いたような顔をして
「ウソー、ひどい」というと、愛美ちゃんは俺の顔をにらんだ。
俺は、一瞬、いい訳を考えようとしたけど、正直に本当の事を言った。
「ごめん。だって、耐えられなかったんだよ」
「・・・」


657 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:03:54 ID:cI358yrV
「僕さ、愛美ちゃんの書いた宛名を見るだけでさ、あいつの顔を思い出しちゃってさ」
「・・・」
「なんか、心臓が引き裂かれるような気持ちになってさ、毎日、苦しくてため息
ばっかりついてた」
「ごめんね、本当にごめんね、私なんていっていいか・・・」彼女は下を向いた。
「いいよ。もう終わったことだしさ、忘れようよ」
「うん・・・でも、わたし・・・・嬉しい、またリョウ君と話ができるなんて」
このときの愛美ちゃんは本当に嬉しそうな顔をした。俺は可愛いなと思った。
「わたし、またこっちに来るってわかったとき、リョウ君に会ったらどうしよう
ってそればっかり考えてた。」
「・・・・」



658 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:04:26 ID:cI358yrV
「あっても、無視されるだろうなって・・・」
おれは、すこし心に余裕が出てきて
「でも昨日、そっちが無視したじゃん」と意地悪くいった。
「うん、私なんか恐かったの」
「何が?」
「まだ怒ってんだろうなと思って」
「おれ、そんな顔してた?」
「わかんないけど、なんて言っていいかもわからなかったし」
そして、「ふー」と大きく息をすると、愛美ちゃんはうれしそうにニッコリ笑って
「でもよかった。リョウ君まえと変わってなくて」といった。



659 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:06:38 ID:cI358yrV
「僕はもっと早く大きくなりたいたけどね、僕だけいつまでも子供みたいでさ」
「でも、ちょっとおっきくなったんじゃない。」といって、愛美ちゃんは俺の足
の先から頭のてっぺんまでながめた。
「うん、そうかも、でも愛美ちゃんは随分変わったね、最初だれだかわかんなかった」
「私も大きくなった?」
「ていうか、ちょっと太くなったんじゃない?」
「いやだあ、もう、気にしてんだから」
「それに、すごいじゃん」といって、俺は自分の胸の前に両手を持ってくると、
大きなおっぱいの形に動かした。
子供の頃から肉付きの良かった彼女は、女性的
な肉のつき方をして、さらにムッチリ度が増していたけが、特に2年間のうちに
胸は良く発達して、セーラー服が窮屈に見えるくらいになっていた。
「えっちー」といってい愛美ちゃんは俺のおでこをポンと叩いた。
俺は、嬉しくて仕方が無かった。愛美ちゃんとこんな風に喋れる日が来るなんて、
つい二日前まで思っても見なかったのだから。

思えば俺は、その前の二年間、愛美ちゃんの事を自分の心の中から消そうといつ
も努力しつづけていた。ほんの30分ほどの間に、俺たちは、以前ののりを取り
戻しつつあった。驚異的だった。俺は、ぽんぽんと軽い会話を交わしながら、大
人の女性になりつつある愛美ちゃんに新たに魅了されていた。

二人の会話がふと途切れたとき、俺は愛美ちゃんの目を見ていった。
「愛美ちゃん・・・」
愛美ちゃんは恥ずかしそうに
「なあにぃ?恥ずかしいじゃん、そんな見たら。なにぃ?」
俺は、本当は「好きだよ」、といいたかったけど、なんか気恥ずかしていえなかった。



660 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:07:12 ID:cI358yrV
「うん、なんでもない」といってごまかすと、
「なによう、いいかけて」と追及してきた。
おれは、かわりに、
「僕さ、よく愛美ちゃんの夢を見てた」といった。
「えー、ほんとう?私も」
「エーどんな夢?」
「リョウ君が先に言って」
「うん、大した事ないんだけどさ、・・・」といってから、
俺は自分の夢の話をした。
「へー」
「それだけ。面白くないでしょ。はい、今度、愛美ちゃんの番」
「私のはねえ・・・ちょっと言うの恥ずかしい。やっぱやめる」といって恥ずか
しそうな顔をした。



661 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:07:45 ID:cI358yrV
「ずーるい、僕は教えてあげたじゃん」
「うーん、じゃ言う。私のはね、リョウ君とね、・・・海で『変なこと』してる
の」と恥ずかしそうにいった。
俺は、そのとき「変なこと」というすっかり忘れていた言葉を久しぶりに聞いて、
心が騒いだ。なんか股間がムズムズとしてきた。俺は
「『変なこと』って、どっちがエッチなんだよー」とわざと意地悪そうにニヤニ
ヤして見せた。
彼女はニコっとしたあと俺の目をじっと見て、
「リョウくーん・・・・」というと急に思いつめたような顔をした。そして
「わたし、今日ね・・・」といって、視線を落とした。



662 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:08:19 ID:cI358yrV
「今日どうしたの?」と俺がきくと、
「わたしね・・・わたしね・・・」といって声を詰まらせた。
彼女は、机の一点を見つめているようだった。俺はすこし待った。
彼女の体が小刻みに震えるように見えた。
俺は、彼女の顔を覗き込むようにしてみた。
俺の視線に気がついて、俺の方を見た彼女の目に涙がが浮かんでいた。



663 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:09:08 ID:cI358yrV
俺が「え?泣いてるの」と思った瞬間、彼女の口元がギュウと歪んで、
わーっと泣き出した。
俺は、立ち上がると、彼女のそばに行って、彼女を抱きしめてあげた。
彼女は泣きながら、
「ごめんねー・・・・・リョウ君・・・・本当にごめんね・・・・・リョウ君」
とそれだけを何回も何回も繰り返した。
「いいよ・・・わかったから・・・もういいよ」
という俺の目からも、涙がこぼれた。
彼女の涙で俺の学生服の前が濡れた。
彼女はしばらく俺の胸でしゃくりあげるように泣きつづけた。

そのときに不意に、ガラガラという音とともに、入り口の戸が開いて、男子が数
人入ってきた。俺たちに気がつくなり、「おっとー」「ヤバイヤバイ」「なんか、
なちゃってよ」と口々にいった。

俺たちは、あわてて離れた。彼女はあわててセーラー服の袖手で涙をぬぐって鼻
をすすりながら笑った。俺は、愛美ちゃんの手をとると、驚きのまなざしで俺た
ちを見ている、2年生を尻目に、教室を出た。俺たちは、外に出ると、校舎と校
舎の間を通って、学校の外にでた。生徒が、門の周りに何人かたまっていた。俺
たちは、無視して、あてもなく、ただ、人のいないほうへ向かって歩いていった。




664 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:09:41 ID:cI358yrV
歩きながら愛美ちゃんは俺に聞いた。
「リョウ君って、付き合ってる子とかいるの?」
俺の頭にある女のこの顔が一瞬浮かんだが、すぐかき消した。2年生の時に
ちょっとした事があった。でもその時点では付き合っているという状態ではなか
った。俺は
「ううん、いないよ。愛美ちゃんは?」と聞き返した。
愛美ちゃんは何の躊躇もなく、
「私もいないよ。だってこっちに来たばっかりじゃん」といった。
そのあと俺たちはしばらく何も言わないで歩いていた。でもお互いに何を言いた
いのかわかっていた。俺たちは、畑の間の細い道を歩いていた。周りには誰もい
なかった。


665 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:10:15 ID:cI358yrV
しばらくして、愛美ちゃんがぽつりといった。
「わたし、また前みたいにリョウ君と仲良くしたいな」。俺は
「うん、僕も」といった。俺たちは立ち止まってどちらからともなく抱き合った。
そしてお互いの唇を求め合った。2年半ぶりのキスだった。俺たちはお互いの舌
を絡めあった。これでもか、これでもかというように、絡めあった。俺は、行き
先を失って、さまよっていた俺の魂が、やっと、帰るところを見つけたような、
安堵感を味わっていた。俺は愛美ちゃんのつぶった目からツーっと一筋の涙がこ
ぼれ落ちるのを見た。このときほど、愛美ちゃんが愛おしいと思ったことはなか
った。俺はこのとき世界中で自分が一番幸せ者だと思った。



666 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:10:48 ID:cI358yrV
あまり誇れた話じゃないんだけど、俺は中学2年生の頃から帰宅部だった。そも
そもは友達に誘われて一緒に剣道部に入ったんだけど、あまり面白くなくて、次
第に練習をサボるようになって、2年生になる頃から殆ど行かなくなってしまっ
た。そして、放課後、悪ガキとつるんで悪い事をするようになった。親たちは俺
が部活に行ってないのは知ってたが、悪がきとつるんでいるのは知らなかった。
だから何も言わなかった。でも今考えてみると、もし愛美ちゃんが帰ってこない
で、あのまま、あの連中と付き合っていたら、どんどん悪い方に転がって、高校
も行かず、今頃、何処かの牢屋にでも入っていたかもしれない。事実ヤクザにな
ったやつもいる。

でも結果的には、帰宅部だったというのは、俺と愛美ちゃんに取ってはたいへん
好都合だった。俺たちは部活が無かったから学校が終わると自由だった。彼女は
実際は、放送部に入っていたのだけど、別に、練習なんていうものが毎日あるわ
けじゃないので、帰宅部と同じようなものだった。


667 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:11:21 ID:cI358yrV
彼女は、最初の2,3ヶ月くらい、また例の社宅に住んでいた。そしてそのあと、
彼女の家族は、新築の家に移り住んだ。俺は毎日彼女の家経由で通学した。そし
て、前みたいに土曜日の夜どちらかの家に泊まるのを許してくれた。俺たちは中
学生になっていたけど、お互いの両親にとってみたら、俺たちは前と変わらない
子供に見えたのだろう、以前と同じような扱いだった。

例えば、俺たちは相変わらず、一緒にお風呂に入ってたし、同じ部屋で寝る事も
許されていた。殆ど兄妹と同じような扱いだった。でも今兄妹という字を書いて
思ったのだけど、学年は確かに一年離れているけど、考えてみると彼女は4月生
まれだし俺は3月生まれだから、殆ど、同い年だったし、彼女の方が、体の発達
も精神の発達も早かったから、俺は愛美ちゃんのお兄さん役では無かった。同い
年って感じか、強いて言えば、弟役に近かったのでないかと思っている。



668 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:11:55 ID:cI358yrV
なんにつけても、彼女にリードされていた。それに、周りから見ても、多分俺の
ほうが弟のように見えただろう。彼女は体型的には成人女性のにかなり近づいて
いた。服次第で、女子高生と言っても誰も疑わなかっただろう。それに対して俺
は、まだ成長期前で、子供みたいな感じだった。でもその頃ようやく俺も少しず
つ身長が伸び、かろうじて、155センチ前後の彼女と同じくらいにはなっていた
と思う。

俺たちにとって何よりだったのは、両方の親が俺たちの仲を支持してくれていた
ということだろう。それは、両親同士付き合いがあったのと、子供の頃からの長
い実績があったので当然なのだが、巷に溢れるような、女の子の両親から「娘に
手を出すな」なんていわれ、親の目を盗んでこそこそ付き合ったりするようなカ
ップルと比べたら、なんと恵まれていたことだろう。ただ、俺たちの本当の関係、
肉体関係があったことは、親たちには絶対言えない秘密だった。


669 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:12:33 ID:cI358yrV
親たちがどこまで知っていたかは聞いたことがないので、わからないが、キスを
しているところぐらいは目撃されていたとしてもおかしくは無いだろう。でもそ
れぐらいは多めに見てくれていたのかもしれない。大体中学生にもなればデート
の最中にキスの一つや二つぐらいは、その当時でも当たり前と思われていたので
はないだろうか。いずれにしても、俺たちが、だれもが羨むほど愛し合っている
のを一番良く知っているのは俺たちの両親だった。俺たちが仲直りしたときも、
俺たちの両親達は喜んでくれて、俺の両親は、早速次の土曜日に愛美ちゃんを招
待してくれてケーキまで買ってきて祝ってくれた。

さて、せっかく仲直りしたから、ちょとエッチな話題に移ると、最初は、仲直り
したもの、やはり2年間のブランクは大きく愛美ちゃんが初めて家に泊まりに来
る前の2,3日は会ってもキスをする位だった。やはり、俺としては、彼女の
体のあまりの変化に圧倒されていたという感じだろうか。お互いに子供だった以
前と何か勝手が違っていた。その頃までに、さんざんエロ本等で、大人の体に興
奮する事を覚えていたから、彼女の裸を想像するだけで、非常に興奮した。

愛美ちゃんが泊まりに来たときに、母親が、「二人ともご飯の前にお風呂に入っ
てきたら?」といった。小学生の頃、何回も聞いた台詞だった。そのとき母親が
「二人とも」を「二人一緒に」と言う意味で言ったかどうかは分からない。でも
俺たちは、自然とそういう解釈をした(別に違和感はなかった。何しろ、高校生
になるまで母親と一緒にお風呂に入るような家だったから)。でも俺たちは、正
直いってちょっと恥ずかしかった。


670 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:13:11 ID:cI358yrV
俺たちは、洗面所で服を脱いだ。彼女は、最初恥ずかしそうだった。彼女がシャ
ツを脱いで、俺に背を向けてブラジャーを取った。彼女は恥ずかしいのか、俺の
方を向いたときは腕組をするようにしてオッパイを隠していた。オッパイの膨ら
みは両手から大きくはみ出していた。

それから、彼女は「リョウ君、みたい?」といたずらっ子のような顔をして言っ
た。俺はゴクリと唾を飲んだ。彼女が「ジャジャーン」といって手を離した瞬間、
俺ははっきり言って、びっくりした。度肝を抜かれた。おったまげた。鼻血が出
そうになった。

目の前で揺れていたオッパイは、恐ろしく巨大だった(少なくとも俺にはそう見えた)。


671 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:13:50 ID:cI358yrV
その頃はオッパイの大きさなど、全然興味がなかったので、何カップか聞いたこ
ともなかったが、中学生の俺の目から見た彼女のオッパイはとにかく大きかった。
実際、男子生徒の間で、あいつオッパイでかいな、注目されるぐらいの発達ぶり
ではあった。ま、それはともかく、そのとき俺のチンチンが見る見る大きくなっ
たのは言うまでもない。

それから、二人で裸になった。彼女は腰の周りに肉がついてお尻から太腿にかけ
てムッチリとして、完全に大人の女性の体型になっていた。そして、太腿の付け
根のY字になった部分は、以前見慣れた縦筋一本に変わって黒い毛で覆われて
いた。俺は、それを見て、さいしょ、愛美ちゃんのように思えず、異様に興奮し
たのを覚えている。まるで他人のようだった。



672 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:14:31 ID:cI358yrV
俺の方はというと、相変わらず子供体格だった。背は少しずつ伸びてはいるもの
の、声変わりして、ビューンと背の伸びたクラスメートがうらやましかった。下
も相変わらずツルツルだった。(いや、名誉のために、一見そうだったかもしれ
ないが、実は何本か薄い毛が出てきていたという事にしよう)。
でもオチンチンは結構成長していて、半分皮が剥けかけていた。勃起すると完全
に亀頭が露出した。興奮してビンビンに剥けた俺のオチンチンをみて、愛美ちゃ
んは「うわー、リョウ君、オチンチン大きくなったね」といった。でも中学生の
俺は、別に嬉しくともなんとも無かった。その頃、大きさなんて気にした事もな
かった。

一緒に入ると、なんか以前と比べて急に湯船が小さくなったように感じた。二人
が入ると、結構狭かった。でもそんな事よりも、俺はとにかく彼女の胸の膨らみ
が気になってしょうがなかった。あの夏休みに膨らみかけた彼女の胸から目が離
せなかった時と同じだ。でも今回はそれよりも数十倍強烈だった。




673 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:15:05 ID:cI358yrV
彼女は
「なあにぃ?リョウ君、さっきから私のオッパイばっかり見てる」といって嬉し
そうに笑っていった。
「だって、スゴイんだもん」と俺が言うと、
「おっぱい見たことないの」といった。
「お母さんのはあるよ。でもこんなに大きくないじゃん」と母親の垂れ乳を思い
出しながら言った。本当は2年生の頃に、他の女の子のオッパイを見たことあっ
たのだ。でもその事は黙っていた。今彼女に言う必要の無いことだった。


674 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:15:43 ID:cI358yrV
彼女はあの夏休みの時と同じように
「触ってもいいよ」
といった。俺は生唾をゴクリとのむと、大きなゴムまりのようなオッパイを両手
で撫で回した。俺に取っては、本当に大きかった。手の中に納まるどころか、一
つを両手で抱えても有り余った。なんともいえない不思議な感触だった。柔らか
くて気持ちよかった。愛美ちゃんは、気持ちよさそうな顔をして「ハァハァ」と
口で息をした。俺が
「気持ちいいの?」って聞くと、
「うん」といって頷いた。
俺は、さわり心地が良くて、しばらく、オッパイを触っていた。

彼女は、俺の股間に手を伸ばして、俺の固くなったオチンチンを触った。俺は堪
らなくなって、彼女の腰を両手で引き寄せた。すると、彼女は、俺の上にまたが
ってオチンチンを持つと、自分の入り口に当てて、ゆっくり腰を下げた。俺のパ
ンパンに張り詰めたオチンチンはゆっくり彼女の中に入いっていった。彼女の口
から、「ああああ」という気持よさそうな声が漏れた。本当に気持よかった。
夢のようで信じられなかった。ほんの数日前、誰が愛美ちゃんと俺がこんな事を
していると予想しだだろうか。

誰が俺は、久しぶりだったのと、愛美ちゃんと仲直りできたことの嬉しさと、目
の前に揺れる巨大な膨らみとのトリプルパンチで、アッと言う間にいきそうにな
った。以前だったら、かまわずにそのままいってたんだけど、俺はその時既に精
通があって、射精するようになっていたから、あわてて彼女の腰を向こうに押し
て中から引き抜いた。間一髪で、俺はお湯の中に発射した。


675 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:16:34 ID:cI358yrV
とたんに、彼女のお臍の辺りに、なんか乳白色のものがフワフワとくらげのよう
に浮かんだ。俺が
「ああ、出ちゃった」というと、愛美ちゃんは
「うわあ、えっ、何これ?」といって嬉しそうだった。俺は、フワフワ浮
かんでいる精液を手桶ですくいながら、2年生のある日、オナニーをしてたら
ピュッピュッと精液が初めて出たという話をした。
彼女はものめずらしそうに
「精子が出ると気持いいの?」とか
「精子って何回でもでるの」とかいろいろ聞いてきた。
その時の彼女の反応をみて、俺は、彼女が俺以外の子とエッチしてないと確信し
た(俺は怖くて聞けなかった)。俺たちは、避妊についても話し合った。前みた
いにやりたいままに、やりっぱなしじゃだめだとお互い自覚した。


676 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:17:10 ID:cI358yrV
その日の夜は、生まれて初めてコンドームを使った。俺は親が大量にコンドーム
を買い溜めしてあるのを知っていた。ある日、母親に頼まれて両親の部屋の掃除
機をかけていたら、靴箱のようなものが置いてあって、ふたが開いていた。中に
は、1ダースいりのコンドームの箱がぎっしり。俺はその時、自分の両親がそん
な事をしているという当たり前の事実を知って唖然とした。30分後に戻った時
にはその箱は片付けられていたが、タンスの引き出しにしっかり入っているのを
すぐ発見した。

愛美ちゃんが泊まった日、俺はあらかじめそのタンスの引き出しから、こっそり
一箱くすねて置いた。まだ20箱くらいあったから、どうってことはなかった。


677 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:18:25 ID:cI358yrV
俺たちは、親に「おやすみなさい」を言って、自分達の部屋に入ると、二人で、
コンドームの箱を開けて、説明書を一生懸命読んだ。
楽しかった。変な話だが、何となく大人になったような気がした。なんか、正式
にエッチをするような感じだった。いかにも、「これからエッチな事をしまよ」
といっているみたいで、ドキドキワクワクした。

説明書を読み終わると、俺はパジャマを下げてオチンチンをだした。言うまでも
なく、既にビンビン状態だった。愛美ちゃんは、説明どおりに、先端の精子溜め
をつまんでよじると、ゴムの輪っかを俺の亀頭に被せようとした。愛美ちゃんは
慣れていなかった上、我慢汁で、亀頭が既にヌルヌルしていたので、すんなりと
うまく被さってくれなかった。俺は、嬉しくてしょうがなかったのと、愛美ちゃ
んの体の変化に興奮しまくっていたので、愛美ちゃんが慣れない手つきで、先っ
ぽのところでゴチョゴチョしているうちに、堪らなくなって、ビュッビュッビュ
ッと愛美ちゃんの手の中にいってしまった

678 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:19:05 ID:cI358yrV
「ヒャー、やだー、ちょっとリョウくーん」といった愛美ちゃんは嬉しそうだっ
た。俺は固いままだった。ティッシュでヌルヌルを拭いてからもう一回挑戦。今
度はうまくかぶさった。愛美ちゃんは嬉しそうに、ゴムの上から、オチンチンに
チュっとキスをした。

リビングの方から聞こえてくる両親が見ているテレビの音を意識しながら、俺た
ちはゆっくりキスをした。愛美ちゃんは口をはなして、「リョウ君、大好き」と
いうと、また俺の口に吸い付いてきた。そして、我慢が限界に来ると、愛美ちゃ
んはパジャマの下を脱いでパンツを下ろして、俺の上にまたがった。そして、俺
のオチンチンを持って自分のおまんこの入り口に当てると、ゆっくり中に入れた。
彼女は「はぁーっ」と気持よさそうに大きな溜息をついた。



679 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:20:03 ID:cI358yrV
彼女は俺の腰の周りに脚を回した。それから、彼女は、気の向くままに腰を上下
前後左右に動かし始めた。俺は、彼女のパジャマを押し上げてオッパイをむき出
しにした。彼女の動きに合わせて、胸の大きな膨らみは俺の目の前で揺れた。彼
女は一心不乱に動き続けた。そして、気持よくて喘ぎ声が出そうになるのを我慢
しながら、俺に「オッパイにキスして」といってきた。

俺はおっぱいを両手で抱えながら、左右かわりばんこに乳首をチュッ、チュッと
吸ってあげた。そうしたら、「ああ、気持いい」といいながら、彼女は俺の頭を
抱きしめて、俺の顔をオッパイにギュウッと押し付けた。俺は彼女の腰とかお尻
に手を回した。以前の愛美ちゃんと比べ物にならないほど、肉がついて、柔らか
かった。俺はなんか気が遠くなりそうだった。お尻を抱えて動かしながら、顔に
押し付けられたオッパイを舐めていたら、彼女は「あああ、リョウくーん」と押
し殺したような声を出して、あそこをピクピクと痙攣させながら、いってしまっ
た。俺もすぐ後を追うように発射した。


俺たちはしばらくその体勢のまま、絡み合っていた。そのうち、オチンチンがし
ぼんで来たような気がして、あわててオチンチンを引っこ抜いて、コンドームを
引っ剥がした。彼女の愛液でグチョグチョのコンドームの先にしっかりと精液が
溜まっていた。愛美ちゃんは嬉しそうに指でつまんだりしてみていた。俺たちは、
それをしっかりティッシュに包んで、わからないようにゴミ箱に捨てた。俺たち
は幸せだった。本当に幸せだった。俺たちは満ち足りた気分だった。そのあと、
ちゃんとパジャマを着て、布団の中で抱き合っているうちに寝てしまった。
それがおれの人生で一番幸せな夜だったかもしれない。


680 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:21:11 ID:cI358yrV
その頃から、愛美ちゃんと俺は、基礎体温をつけ始めた。俺は、愛美ちゃんと二
人で市の図書館に行って密かに避妊法の勉強をした。いろんな避妊方法があるこ
とがわかったが、どれも大変そうだった。中学生の俺たちには、病院に行かなき
ゃならないものは、どれも無理だった。基礎体温法というのは自分達でもできそ
うだった。理屈にかなっていた。

そこで早速、二人で、恥ずかしいのを我慢して婦人用体温計を買いにいった。店
のおじさんは、避妊用の道具を買いに来た中学生のカップルをみて胡散臭そうな
顔をしながらも、何も聞かずにだまって売ってくれた。

その頃、学校一の理科少年だった俺は、毎日彼女の記録をつけるのを手伝った。
彼女は生理が始まってから既に2年、彼女の周期は驚くほど安定していた。生理
一日目から毎日つけた折れ線グラフを重ねると、毎月殆ど1日2日の差で体温の
上昇日が重なった。だから危険日も簡単に予想できた。俺たちは排卵予定日の前
後数日を除いて、いつも生で中出しし放題だった。でも妊娠しないという確信が
あった。彼女は手帳に、危険日を書き込んであった。俺たちは、下手な大人より
も、避妊に関してよく知っていたかも知れない。


681 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:21:44 ID:cI358yrV
時々放課後とかお昼の放送の時間に愛美ちゃんと一緒に放送室によく行った。放
送室は、防音壁で囲まれていて外の音は入って来ないし中の音は外に漏れないよ
うになっているので、中から鍵を閉めてしまえば、完全な密室だった。今考える
と、信じられない話だが、俺たちは他の生徒がいない時、放送室でエッチした。
防音室だから、思いっきり声を出しても大丈夫だった。マイクのスイッチが入っ
ていないのを確認したらの話だが。



682 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:22:25 ID:cI358yrV
実はあるとき、危うく、全校に俺たちのエッチの実況中継をするところだった。
彼女は昼の放送の当番だった。その日は彼女一人しかいなかった。音楽をかけた
り、放送したりするのだが、俺たちはマイクのスイッチが入ったままになってる
のに気がつかないで、中でふざけていた。なんかいい雰囲気になって、ちょっと
エチな状況になりかかっていたとき、ドンドンドンと扉を叩く音。鍵を開けると、
放送部の女の子の一人が血相変えて「あんた達、何やってんの、全部聞こえてる
よ」。俺たちの顔から一瞬にして血の気がさっと引いた。みると、マイクのスイ
ッチは確かにオンのまま。ヤベー、あと、数分あとだったら・・・


683 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:23:14 ID:cI358yrV
さて、その年の夏の出来事について書こう。愛美ちゃんの家族とうちの家族とい
っしょに泊りがけで海水浴に行った。浜O湖の弁O島というところだ。

中学二年生の愛美ちゃんの水着姿は、眩しかった。ピチピチして引き締まってい
た彼女の肢体は、俺の目を釘付けにした。彼女の大きなオッパイを包むが競泳タ
イプのワンピースのがきつそうだった。ハイレグカットのから伸びた足が魅力的
だった。裸の彼女を見慣れている自分でも魅了された。

俺たちは、遠浅になったところをずっと沖の方まで行ってでふざけていた。親た
ちは、砂浜にすわり、まだ小学生の俺の弟と愛美ちゃんの妹は波打ち際で遊んで
いた。どこまで行っても水は俺たちの胸ぐらいの深さだった。

親たちが豆粒のように見えるとこまで来ると俺たちは、キスをした。俺の口の中
に愛美ちゃんのしたがニュルーと入ってきた。俺も負けじと愛美ちゃんの口の中
に舌を入れた。海の水がついて塩辛かった。あっという間に俺の股間はパンパン
に膨らんで海水パンツの前を押し上げた。

愛美ちゃんは俺の手を取ると、自分の胸に持っていった。俺は、彼女が水着に着
替えてから、ずっとそのゴムまりのような膨らみに触りたくてしょうがなかった。
ぴっちりした水着に包まれたその膨らみは弾力性があって柔らかかった。

彼女の息遣いが荒くなるのがわかった。俺も心臓がドキドキするのがわかった。
彼女は自分から、肩紐をはずして大きなオッパイを引っ張り出した。俺はすかさ
ず、生のオッパイを揉んだり撫でたりした。相変わらず、柔らかくて気持がよか
った。


684 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:23:47 ID:cI358yrV
彼女は「あはーん、ハァ、ハァ」と悩ましい声をだして喘ぎながら、俺の股間に
手を伸ばしてきた。俺のオチンチンは完全に上を向いて、カチコチになっていた。
彼女は海水パンツの中に手を入れると、俺のオチンチンを弄んだ。

俺は早く彼女の中に入れたい衝動にかられた。でも二人とも海の中だ。つかまる
ところもないし、寝転ぶわけにもいかないし、どうしようもなかった。近くに境
界線を示すブイがぷかぷかと波に揺れているだけでつかまれるようなものは何も
なかった。

愛美ちゃんも我慢できなくなったようで、「リョウ君、入れて」と催促してきた。
俺がどうしようかと考える間もなく彼女は俺の首に手を回して俺に飛びついてき
た。彼女は足を俺の腰の周りに回すと自分の股間を俺の固くなった棒の上にグイ
グイ押し付けてきた。いわゆる、駅弁スタイルだ。海水の中で彼女は軽かった。


685 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:24:24 ID:cI358yrV
俺たちはまたキスをした。彼女は、「ねえ、早く入れて」とまた催促して来た。
俺は海水パンツを下ろして海水の中でオチンチンを自由にした。それから彼女の
水着のまたの部分をめくった。水中でも、そこがヌルヌルになっているのがわか
った。俺は、オチンチンを彼女の股間に持っていくと、入り口に押し当てた。彼
女は自分から腰をずらして、オチンチンを体内に導きいれた。「あーん」と気持
よさそうな声を上げた。俺たちは海の中でゆっくり揺れた。ぬるま湯のような水
が気持ちよかった。時々波が通るたびにあがっては下がる水面にあわせて俺たち
も動いた。俺たちは幸せだった。そうやって、密かに水面下ではめている間にも、
知らない人たちが近くに泳いできたりしてたけど、俺たちは、気にしないでエッ
チを続けた。絶対に見えていないと思ってもドキドキした。そのうち、愛美ちゃ
んは、「リョウくーん」といって俺にしがみついて、いってしまった。彼女の下
半身がギュウギュウと俺のオチンチンを締め付けてきた。俺も我慢できなくなっ
て彼女の体内に思いっきり放出した。

俺たちのグラフによると、その日は、安全日だった。しばらく俺たちはそのまま
波と一緒に漂っていた。俺が彼女の中から引き抜くと、例によって、白い鼻水の
ような精子がプカプカと浮かんだ。俺たちは、一緒に笑った。俺たちのすぐ横で
ブイが上下に揺れていた。


686 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:25:25 ID:cI358yrV
それからの数ヶ月の間、俺たちはまさに幸せの絶頂だった。毎日が楽しかった。
俺は愛美ちゃんがいるから、生きているんだと思った。彼女も多分同じ気持だっ
たに違いない。

俺は、毎朝自転車で愛美ちゃんの家まで彼女を迎えにいった。そこから、彼女と
2人で手を繋いで仲良く歩いて登校した。俺たちの中は学校でも有名だった。で
も流石に中学生ともなると、誰もからかう者はいなかった。そしてどちらかとい
うとみんな羨望の眼差しで俺たちを見た。学校の近所に住む全然知らないおばさ
んまで俺たちの事をしっていて、たまに何かの理由で俺が1人であるいていると、
「あんた彼女はどうしだだい?」と聞かれた。

俺たちは、学校では、昼休みには放送室にいったり、そうでない時は、体育館や、
屋上に上って、そこで逢引をした。ある時は唯々ふざけあった。ある時は、クラ
スメートの悪口を言い合った。またある時は、将来を語り合った。そして、チャ
ンスがあれば、エッチをした。

あるとき、体育館の跳び箱などの器具をしまってある場所にはいって、跳び箱と
跳び箱の間に座って二人で話をしていた。そうしたら、ガラガラと戸があいて、
他の生徒が入ってきた。俺たちは、息を潜めていたら、どうも、カップルのよう
で、男女の話し声が聞こえてきた。俺たちがいるのに気がつかずに、なんかエッ
チな事を始めたようで、女の子のエロっぽい喘ぎ声が聞こえ始めた。

俺たちはそうなったら、出て行くわけに行かず、そのまま潜んでいたのだけど、
あまりにも声がエッチで、自分達も我慢できなくなって、エッチをして始めてし
まった。そうしたら、愛美ちゃんの声が大きかったのか物音がしたのか、そのカ
ップルが、他に人がいるのに気がついて、あわてて出て行ってしまった。

顔をみるチャンスが無かったので結局誰だったかわからずじまいだったが、少な
くとも俺たちのほかにも似たような事をやってるカップルがもう一つあったとい
うことがわかった。


687 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:26:14 ID:cI358yrV
冬が近づくと、俺はいちおう受験勉強というものを始めた。その地区は、高校受
験は殆ど内申書でだいたい決まるといわれていたが、それでも、入試の点数が悪
かったらいいところには入れない。俺は、先生と親と話し合って、近所の県立の
進学校と、滑り止めにちょとお離れた場所にある私立の進学校の二つを受ける事
にした。
俺の勉強の邪魔をしないようにと、愛美ちゃんは、自分も勉強道具をもって遊び
に来た。それでは、勉強にならなかっただろうと思うかもしれないが、結構それ
でも勉強がはかどった。

県立高校は、うちから中学校に通う途中にあった。だからそこへ行けばいままで
どおり毎日愛美ちゃんと通うことができた。でも私立高校は、電車を乗り継いで
1時間ぐらいかかった。だから、県立高校に行けなければ、愛美ちゃんと会える
時間が減ってしまうと思うと、俄然やる気が出てきた。

愛美ちゃんも応援してくれた。俺が数学の問題を解いている間に英語の単語カー
ドを作ってくれて単語を覚える手伝いまでしてくれた。彼女にとっても俺が県立
に入れるかどうかは大問題だった。俺が県立にいって、次の年に彼女が入るとい
うのが俺たちの計画だった。

冬になると、彼女は、俺が風邪を引かないようにと襟巻きを編んでくれた。毎日
毎日俺が勉強する脇で編み棒を動かしていた。クリスマスの頃には、おそろいの
赤と紺色の可愛い襟巻きができた。俺たちはどこに行くのもそれを首に巻いてい
った。


688 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:26:52 ID:cI358yrV
愛美ちゃんは、本当にいい子だった。小学生の頃は親に隠れていろいろと悪い事
をしたけど、基本的に素直でいい子だった。中学生になってから、益々いい子ぶ
りを発揮して、俺の母親からいつも褒められていた。

愛美ちゃんと仲直りしてから、殆ど毎日のように愛美ちゃんは俺のうちに来てい
たから、殆どうちの子同然のようになっていた。母親が晩御飯を作るのを手伝っ
た。食器の片付けも手伝った。母親がいつも「女の子は、お手伝いしてくれるか
らいいわね、うちも女の子がいればよかったわ」と口癖のように言った。「でも、
愛美ちゃんいつもお母さんの手伝いしてるからいいじゃん」、と俺は密かに思っ
ていた。

俺は、10時頃になると、愛美ちゃんを自転車の後ろに乗っけて送っていった。
彼女の家はすぐ近くだった。俺たちは、名残惜しんで、寒いのにも拘らず、玄関
の外で立って話した。そして物陰でしばらく抱き合ってキスをした。そしてお休
みを言って別かれた。気温がどんなに低くても、愛美ちゃんの襟巻きで包まれた
首と、心の中だけは寒くなることは絶対無かった。


689 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:27:53 ID:cI358yrV
二学期からは、愛美ちゃんの家族が新しくて広い家に移ったので、俺はよく勉強
道具を持って泊まりに行った。ここでも俺は家族同然の扱いで、お風呂はもちろ
んのこと、寝るのも愛美ちゃんと一緒だった。

愛美ちゃんの部屋は2階にあった。隣は小学校3,4年生の妹の部屋だった。愛
美ちゃんの部屋はベッドが置いてあったが、俺が行くと、お母さんが、俺達のた
めに布団を二つ出して並べて敷いてくれた。俺たちは、パジャマに着替えて歯を
磨いて愛美ちゃんの両親に「おやすみなさい」といって、部屋に入って2人きり
になると、思う存分エッチをした。

その頃は以前みたいにのべつ幕なしじゃなかったから、夜になるのが楽しみだっ
た。俺達は基礎体温グラフを見ながら、ちゃんとコンドームを使った。そのあた
り今考えても我ながらしっかりした中学生だと思う。確かに基礎体温法は完璧で
はないかもしれないが、それで危険日以外は必ず中だししてたにも拘らず一度も
妊娠しなかった。


690 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:28:42 ID:cI358yrV
俺たちがエッチしていたのは奇跡的にどちらの親にも気がつかれなかった。直接
たずねたことはないが、もし気がついていたら、いくらなんでもなにか言っただ
ろう。ところが、一度だけ、彼女の妹に見られたことがあった。

俺たちが部屋に入って、始めたところだった。愛美ちゃんが俺の上に乗っかって
喘いでいたら、部屋の入り口がバッとあいて、妹が「お姉ちゃん・・」といって
入ってきた。なにか用事があったのだろう。彼女の親が来る時は、階段を上って
くる音が聞こえるのでさっと布団の中にはいってしまえばよかった。それにいっ
たん「おやすみなさい」をした後は、部屋に来ることはめったに無かった。でも、
妹は隣の部屋だったから全然気がつかなかった。

愛美ちゃんは一瞬止まってから慌ててばたばたと布団の中にもぐりこんだ。妹さ
んは、何も言わないで行ってしまった。俺たちは、そのあと、おかしくなってク
スクス笑ってしまった。そして、どうせあの子には何してたかわからなかったよ、
という事にした。

でも考えたら、俺たちが始めてエッチをしたのはそのくらいの年齢だった。後日
大人になってから愛美ちゃんの妹さんと話していて、話題がその事に及んだとき、
彼女は、ちゃんとその時の事を覚えていた。でもそのときは何をしているのかわ
からなかったそうだ。ただ愛美ちゃんが俺の上にのっかて遊んでるとおもったそ
うだ。

さて、3学期にはいって、いよいよ受験が近づいた。愛美ちゃんは色んな事をし
てくれた。俺のうちで、アップルパイを焼いてくれたこともあった。ケーキを作
って、合格ケーキといって、上に「合格」って字を書いてくれた。

でもじつは状況はあまり芳しくなかった。学校の先生から内申点がちょっと足り
なくて危ないといわれた。入試でかなり頑張らないと難しいかもしれないといわ
れた。俺はその事を愛美ちゃんに告げた。彼女は意外と明るく、「大丈夫だよ、
リョウ君は、かしこいから」といっていた。


691 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:29:22 ID:cI358yrV
試験の数日前から俺たちは気を引き締めるために、禁欲生活を始めた。
愛美ちゃんは
「わかった?今日から無しだよ」といった。
「そんな・・・」と俺。
「試験がうまく行ったら、私の体がご褒美だからね」と愛美ちゃん。
「じゃあうまくいかなかったら?」と俺がいうと、
「もう一生エッチできないね」という。俺がすねた顔をして、、
「いいよ、誰か他の子とするから」といったら、
「こいつー」といいながら俺をこちょこちょとくすぐった。
「きゃっはっはっはっ、わかった、わかった、他の子としない」といっても、
彼女は
「許さねー」といってさらに、こちょこちょ。
俺は、「そっちがそう出るなら、仕方ない」といって、ぎゅうっと彼女を抱きし
めて口を口をふさぐ、彼女は反射的に俺の口に舌を差し込んで俺の舌に絡めてく
る。1,2分そうやってキスをしたあと、
「プふぁー、はぁはぁはぁ、どうだ分かったか」と俺がいうと、
「わかった許してあげる」と彼女。
こんな感じで俺たちはじゃれあった。

試験の当日、おれは愛美ちゃんはキスで見送ってくれた。
俺はあまり自信が無かったが、「よし、がんばるぞ」といって出かけた。
試験は感触は悪くなかった。でも点数が足りるかどうかはわからなかった。


692 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:29:55 ID:cI358yrV
その日の夜、彼女と一週間ぶりにエッチをした。俺は、彼女に、あんまりよくな
かったかもしれない、と正直に言ったが、彼女は、「いいよ。よく頑張ったから、
ご褒美あげる」といって、上を脱いでオッパイをむき出しにして俺の膝の上に座
った。そういうときの彼女はこの上なく可愛いかった。彼女は俺の顔にオッパイ
を押し付けた。俺は試験が終わった開放感から、彼女を思う存分味わった。

試験の結果が来た。だめだった。俺たちは結局4月からまた別れ別れにならなけ
ればならなくなった。でもこの世の終わりではなかった。一緒に通学できないと
いうのと、会える時間が2,3時間減るというだけの話だった。愛美ちゃんもそ
の悪い知らせを、明るく受け入れた。「いいじゃん、別に会えなくなる訳じゃな
いし、休みの日にはまた泊まればいいし」といってニッコリした。
でもこれがとんでもない間違えだった事にその時点では気づきようも無かった。


693 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:30:28 ID:cI358yrV
4月にはいって俺たちは別々の学校にいった。週日はなんだかんだ、忙しくてあ
えない日さえあった。でもその代わり休みの日はお互いの家にに泊まりにいって
一日中べったりした。だから2人は十分幸せだった。俺たちは、会うと、学校の
ことやら、将来のことやらを話し続けた。俺たちは、年取って死ぬまでの人生設
計ができた。でもそんな幸せな日々も長続きしなかった。俺たちは運命の女神の
残酷な仕打ちをまたぞろ経験する事になるのだ。



694 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:33:52 ID:cI358yrV
あれは、5月半ば過ぎのある日、俺たちは愛美ちゃんのお母さんの誕生日プレゼ
ントを買いに行った。このときのことは俺は一生忘れることができないだろう。

俺たちはあるデパートの食器売り場を見ていた。いろんな形や柄の食器が所狭し
と並んでいた。俺たちは、真っ白い食器がならんでいる棚なの前に立っていた、
彼女は俺の腕のを両手で掴んで俺にしなだれかかるようにして、
「ねえねえ、わたしの夢聞いて」といった。
「いいよ、なあに?」と俺。彼女は
「私ね、結婚したらね、こういう真っ白な食器をそろえるの」とうっとりした表
情でいった。俺が
「真っ白の食器じゃ詰まんないじゃん」というと、
「だめ、真っ白じゃなきゃだめなの」といった。
「そうじゃないと、料理の色が綺麗にみえないでしょ」
「そうかな」
「うん、そいで、リョウ君においしい物作ってあげるの」と嬉しそうにいった。
「なに作ってくれるの」
「うーん、リョウ君のすきなカレーと・・」
「ああ、おいしそう」
「あと、リョウ君の好きな餃子と・・・」
「ああ、おなかすいてきちゃった」
「あとリョウ君の好きなグラタン」


695 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:34:28 ID:cI358yrV
「ああ、食べたいね」と俺がいうと、愛美ちゃんは
「うん、ねー、いいでしょう?」といって俺の腕をさすった。それから彼女は
「ねえ、白い食器買ってくれるでしょ?」といって、俺の肩に頬を乗っけた。
おれは、
「うん、じゃあ結婚したらまず最初に白い食器を買おう」といった。彼女は嬉し
そうにニッコリ笑うと、
「リョウ君大好き」といって、彼女は俺のほっぺたにキスをした。
俺はこんな、ささやかな事を「夢」といって嬉しそうに話す愛美ちゃんが、愛お
しいくて仕方なかった。同時にこの上なく幸せな気持になった。

このときの彼女の笑顔は俺の脳裏に今でもしっかり焼き付いている。これが俺が
覚えている愛美ちゃんの最後の笑顔だった。

この次の日、彼女は大型トラックにはねられて、帰らぬ人になった。1人で下校
の途中だった。


696 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:36:14 ID:cI358yrV
その日、学校から帰ると、俺の母親が険しい顔をして、玄関で待ち構えていた。
「愛美ちゃんが大変なことになっちゃったの」
おれは母の言うことが最初わからなかった。それから、2人で病院まで駆けつ
けた。案内された病室のベッドによこたわる愛美ちゃんには既に息がなかった。
彼女の傍らで彼女の母親が泣きじゃくっていた。反対側には彼女の父親がうなだ
れていた。横には彼女の妹がぼーとして立っていた。

愛美ちゃんは、多少むくんだような顔をしていたが、すやすやと寝ているように
みえた。俺は最初わけが分からず、「愛美ちゃん」と呼んだ。彼女は何も言わな
かった。触ると皮膚がひんやりと冷たかった。今にも目を開けて「リョウ君、お
はよう」って言ってキスをしてきそうに見えた。俺はもう一回「愛美ちゃん」と
呼びかけた。でも彼女は目を開けなかった。



697 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:36:49 ID:cI358yrV
俺には信じられなかった。つい昨日まで「リョウ君においしい物つくってあげる
の」って嬉しそうにいった愛美ちゃんが冷たくなって息をしていないという現実
を受け入れることができなかった。俺は、でも、それが変えようの無い現実なの
だと言う事に気がついたとたん、俺の両目から滝のように涙がこぼれ落ちた。

俺は大声を上げて泣いた。
「愛美ちゃん、なんで?なんで?なんでなの?」とやりどころの無い気持を、声
に出して泣いた。冷たい愛美ちゃんの亡骸の上に覆いかぶさるようにして泣いた。
泣いたからといって愛美ちゃんが帰ってくるわけではなかったけど、どうしよう
もなかった。
俺は「愛美ちゃん、僕と結婚するって言ったじゃん」といって泣きじゃくった。
「白い食器、買ってあげるってって言ったじゃん」といって泣きじゃくった。
俺は「愛美ちゃん、俺とおじいさんとおばあさんになるまで一緒だって言ったじ
ゃん」と言ってさらに泣きじゃくった。


698 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:37:35 ID:cI358yrV
「どうして?、どうしてだよう?なんで死んじゃうんだよう」俺は泣いて泣いて
泣きつかれて涙腺が乾ききるまで泣いた。その間、愛美ちゃんのお母さんと自分
の母親が俺を交互に抱きしめてくれていた。

俺が、県立高校に受かっていれば、愛美ちゃんは多分死んでいなかっただろう。
俺たちはいつも回り道をして大通りを避けて歩いていた。ところが、彼女が轢か
れた場所は最短距離の大通りを渡る道だった。俺が県立高校に受かっていたら、
あんな危ない場所は彼女は歩いていなかっただろう。そう思うと悔やんでも悔や
みきれなかった。


699 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 11:38:50 ID:cI358yrV
お葬式が終わった後、俺は、彼女の襟巻きを形見にもらった。彼女が自分で編ん
だ俺とお揃いのやつだ。俺はそれと、愛美ちゃんがくれた自分の襟巻きを、机の
上に並べて置いた。それを見ていると、俺の頭の中に、おそろいの襟巻きをして
歩いている自分と愛美ちゃんの姿が目に浮かんだ。俺はふと思いついたように2
本の襟巻きを結んでみた。おそろいの襟巻きをした愛美ちゃんは嬉しそうに笑っ
た。俺は結んだままの襟巻きを畳んで引き出しにしまった。こうしておいたら、
俺たちは永遠に繋がったまでいられるような気がした。

今でも時々彼女を思い出して寂しくなると、その結んだままの襟巻きを取り出し
て頬にあてて見る。そうすると、彼女の元気な声が聞こえてくるような気がする。
おれは1人、彼女に向かって話しかけてみる。
「いいよ、真っ白な食器を買ってあげるよ」って。
愛美ちゃんが嬉しそうに微笑みかえしてきた。

700 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 12:07:32 ID:s8I43B5c
700ゲット

701 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 12:40:08 ID:IJmjK8we
泣いた

702 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 13:01:10 ID:5KHP4tjR
グモコネー

703 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 13:18:15 ID:1EWJdEqf
流行りの死別でつね。

704 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/08/01(月) 14:30:58 ID:d7AOmaLV
途中でID変えるから抽出が面倒だった

705 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 15:41:19 ID:A7aV/SG5
泣ける。

706 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 16:24:15 ID:Ckl3ihpB
あと250位消費したら来るんじゃないか?

707 :アチュットジ:2005/08/01(月) 16:27:55 ID:z12ICrXV
ここの馬鹿共はいつもグモハン待ち
1人じゃ何もできない屑ども

708 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 16:33:01 ID:Ckl3ihpB
>>707
夜一人でトイレに逝けないヤツがえらそうに言うな!

709 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/08/01(月) 16:33:37 ID:d7AOmaLV
ココのスレしか見てないのはお前くらいだよ^^

710 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 16:42:05 ID:Ckl3ihpB
       , −、/:::::::::::::::::::::l  ヽ::::、:::::::::::::',::::::::::ヽ::::::::::::::::ヽ:::::::::::ヽ
  /:::::::::::::t.- 、ノ::::::::::l::::::::|::|   ヽ::::i、:::::::::::、::::::::__ヽ:::::::::::::::`、:::::::::::',
. /   ::::::〃  }:::::::|:::l!::::::l|::|    丶:l.\::::::::i<:::::: ̄`ヽ::::l:::::l::::::::::::i
 i:::::::::::::;イ/`ーr':::::::::!::|!::::::|lィ´    ヽ  \:::゙、 丶::::ヽ\:::::l:::::l::::::::::::l
 |::::::::::/ li   l::::::::::l:::l|:/ !|      \  \:ヽ \::', ゙、:::l:::::l::::::::::::!
. !:::::;:/ l!   |::::::::::|::|イ:::| l:!           ヽ__ \ ヽ::!、::l::::l::::::|
  l::::l:!  |    |::::::::::l::| l:::! l   __        〃, ̄::`ヽ、  ',::ヘ:!-、:::::!
.  ヽ|!     |::::::::l:| l:|  ! ,, ==、       {::::::::::ハ ヽ Y ,ヘ !:::|
            !::!:::::l:l|  l! 〃/´:::::ヽ         い-‐ク    〈ヽ. ハ{  < なんでグモハン
           l:l|:::::l:lヘ   i! {:;、_;;:::、}         `¨´      !' ,.イ         こないの?  
          l| l::::ト.{. `、 l! `ー-- ′                 ,'r'´ l{     
             ! ヽ:| ヽ. ヘ           '          /i{
               `iー、                     〃
                   }ハ         _       ィl;{_
                     `  、       ‘ ′  ,. '´ ヽ: :`ー- 、
                          `j丁`i¬ー、‐ '´       \: :、: : :ヽ
                      ,{ { : :∨   }       _`_y: : : :.}_
                    /:! ヾ、 : :',    _,.-‐'´ ̄: : : : :`:ー--'j
                  /: : :|   ヽ: }  /: : : :_;.-‐'´ ̄`ー- :___;ハ
                 / : : :!   `f‐'´:_;.-‐'´           i



711 :アチュットジ:2005/08/01(月) 16:43:27 ID:z12ICrXV
>>708
いけるよ ばーか

712 :アチュットジ:2005/08/01(月) 16:57:27 ID:z12ICrXV
あほが一匹つれたw(プゲラ

713 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/08/01(月) 16:58:17 ID:d7AOmaLV
わ〜い釣られちゃった♪

714 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 17:10:55 ID:sjSs2fFc
アチュットジに比べれば、
ハマーン、サハラ、蒼江戸はまだマシだとよく分かる

715 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 18:35:21 ID:M17/fSwF
前々から言いたかった事があるのだが聞いてくれるか?

・・・・・つまり俺の言いたい事はこうだ











・・・スレタイと内容が違ってきてませんかと・・・・

716 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 19:06:10 ID:a688mTCI

         ..,-.,,-''-,,-,
          \ | / /
          ,....-,,〔".(")'],
       .,::''       "'-..
 ,,-..,,,..-:-"           ''ヽ,
/::::::::::::::::/..-──  。  ──- ヽ-...,,,,─,,,
ヽ,::,,::-" |      ヽ人ノ      |-,:.::::::::::::/
      '::.,            ..:  '-.:,:-" <今季最悪のスレ
       '::..,,,,     ,,,,,..-'"
         ,,- ̄ ̄ ̄ヽ  /:)
         |"     |:::|=''
         "-,,___'-


717 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 19:32:49 ID:a688mTCI

   ∩___∩ 
   | ノ      ヽ !
  /  ●   ● |   こいつすげえアホ
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|   / .\
/ __  ヽノ / \ ...\
(___)   /   .│ ..│
            │ │
            /  ヽ
            l..lUUU
            .U


718 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 19:35:25 ID:QAJ3Kucd
イヤーーーーーーーーーーーーーーーーー
http://cgi.2chan.net/o/src/1122796767691.jpg

719 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 19:54:26 ID:QAJ3Kucd

   ♪    /,ィ形斗‐''' ´  ̄`''‐- 、
       //ミ/           ヽ   ♪
     , - 、!({ミ/             ヽ
    / 、ヽ⊂!´/ ''''''    ''''''     「i「i}i、
  /冫┐ i'´.l (●),   、(●)  ,{  ノ
   ̄  l  l l    ,,ノ(、_, )ヽ、,,    ーゝ 'ヽ、   ♪
        !  l ',    `-=ニ=- '     /ヽ \
       l  ヾ,、    `ニニ´    / -‐、‐ヽ  >
      t     /` ー- 、___,ォュ'´   ヽ、  /
         ` ー-!    、`ーi 「´     , -‐'´
          ` ー- 、l  l」     <



720 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 20:15:05 ID:QAJ3Kucd
グモまーだー?

721 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 20:52:18 ID:B4Fbi7y/
ぐも

722 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 20:54:27 ID:WbOHbN8F
スレ主の名前が何でグモハンクレイなのかおしえてクレイ

723 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 20:56:20 ID:CeqeWNL0
私の中三のときの同級生に大人しい女の子がいた。
背は高いほうだったが、細身というか華奢、
腰だけは横に張っていたが貧乳で横から見ると体育に使うマットみたいだったので、
詳しくは書けないがそんなあだ名がついていた。
髪は黒で肩までのストレート、もっともその時代田舎の中学で
髪の毛染めてるようなヤツは坊主にされるか墨汁を上からかけられるかだったが。
顔は千秋というか坂井真紀というか由紀さおりというか、黙っていると
埴輪のような一重瞼だったが、かといってブサイクではない。
一重瞼の芸能人が思い浮かばないので例えようが無い・・・・。


724 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 20:56:51 ID:CeqeWNL0
普段も目立たないので、授業中も居るのかどうかもわからないくらいだった。
コーラス部に所属してたので声は良く通るのだが、無口なのでほとんど喋ったことも無かった。
文化祭のときにうちの中学出身の若手の落語家がきて講演か漫談か判らないことをしたときに
妙にツボにはまったのかズーっと笑いっぱなしで、体育館にその子(仮にマット)
の笑い声が反響していたので、みんな意外な一面を見たと話していたものだ。
中学時代はそれくらい、お互い違う高校に進学した。
高一の夏休みも終わった2学期の事。


725 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 20:57:41 ID:CeqeWNL0
私は珍しく朝に余裕があったのでいつもより早めに駅に着いた、毎日乗る電車より
2つも早いのに乗った。私の利用する駅は田舎で始発駅に近いのでわりとすいている。
一つだけ空いた席に腰掛けると、出発間際に駆け込んできた人が居た。
ギリギリ間に合って乗り込んでから方でゼーゼー息をしてる人を見るとマットだった。
中学時代より髪は伸びていたがイメージは替わっていない。
彼女も私に気づいたようだ、最初無視されると思ったが意外にも会釈して私の前に立った。


726 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 20:58:13 ID:CeqeWNL0
彼女は照れたように微笑んで小さな声で「おはようございます」とだけ云った。
敬語?と思いながらわたしも「おはよう、ひさしぶり〜」と挨拶した、
彼女は微かに肯いたが、まだ息が整わずフーフー云うだけで喋らない。
彼女の高校は私が乗り換えをする駅のひとつ向こうの駅にあった、
私が降りるまでの30分少々の間私たちが交わした会話は
彼女が忘れ物をとりに帰って一本電車が遅くなったこと、でも遅刻じゃないこと。
私は逆に早起きしていつもより早い電車に乗ったこと。それだけだった。
彼女は私の前に立ってほとんど黙って立っていたが不思議とその沈黙が苦痛ではなかった。
彼女も口元に微かに笑みを浮かべてジット私の膝も上も学生かばんを見つめていた。


727 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 20:58:47 ID:CeqeWNL0
私が降りる駅が近づいて、初めて席を替わってあげればよかったことに気づいた。
その頃になるとかなりの混雑でぎゅうぎゅう詰めの状態である。
「ゴメン俺降りるから、最初っから替わってたらよかったね・・・」
彼女はちょっと首を横に振って「またね」と云った。
社交辞令だとは思ったが私の中でひっかかるモノがあった。
次の日は早起きが出来ず普通どおりの電車に乗ったが、
更に次の日、私は訳も無くその電車に乗りたくて早く家を出た。
果たして、そこに彼女は居た。
席が空いているにもかかわらずドアのところに立って
ホームへ降りる階段のほうをジッと見ていた。
その電車は快速の通過待ちで3分ほど停車する。


728 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 20:59:19 ID:CeqeWNL0
その日から私は出来るだけ早起きするように努力した。
最初は3割くらいの確率だったが段々と毎日になった、
彼女は必ずその電車に乗ってくるようになった。
一緒に乗っていても会話は多くない立っていることが多かったが、
お互い窓の外を見ながらボーっと景色を眺めていることが多かった。
秋も深まった頃、私たちが乗る駅の次の駅で電車が動かなくなった。
アナウンスによると人身事故で遅れるという。
15分ほどで次の駅まで動いたがまた停まった、そうしているうちにものすごく
混雑してきた、私たちは奥のドアのところに押し付けられたような格好になった。


729 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 20:59:51 ID:CeqeWNL0
中学のときは彼女と私は同じくらいの背だったが、この半年で私は5p近く伸びて
彼女を少し見下ろす感じだった。
最初ドアのバーを持って彼女がつぶされないように突っ張っていたが、
発車のベルが鳴って更に人が乗り込んできたので私は耐えられなくなって
彼女とピッタリとくっついてしまった、普段ここまでラッシュになることは無い。
彼女は両手でかばんを前に持っている、私は彼女の斜め後ろくらいに押し付けられた。
まずい!

730 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:00:25 ID:CeqeWNL0
彼女の骨盤の右外側がちょうど私の股間に食い込むような形になってしまった。
私はそのころ16歳、マスは毎日欠かさず、一日数回というときもあったくらいなので、すぐにムクムクっと反応してしまった。
必死で腰を引いたが、電車が揺れるたびにコツコツ当たってよけいに硬くなっている。
彼女に気が付かれたらどうしようというのと、小春日和にラッシュと暖房が重なって
私はものすごく汗が出てきた。
彼女は最初私の汗に気がつき「どうしたの?」と怪訝そうだった。
私は「暖房効きすぎ」とごまかすと、彼女はごそごそとハンカチを取り出し
両手が使えない私に変わって汗を拭ってくれた。 何か幸せな気分だったが、
下はそんなプラトニックな状況ではない。

731 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:01:03 ID:CeqeWNL0
何度か拭ってもらったが、次の駅でまた沢山の人が乗り込み、私たちを含めて皆完全に
密着状態となってしまった。私のモノは彼女の右のしりっぺたにギュッと押し付けられた。柔らかい感触と体温が伝わり、出来るだけ気をそらそうとしたが無駄だった。
私はこのまま射精したらどうなるだろうとよけいなことを考えたりした。
しばらくして彼女は横目でチラッと私を見上げると黙り込んでしまった。
私はバレテシマッタことを悟ってものすごく落ち込んだ、でもやっぱり下は元気だ。
いつもより倍以上の時間をかけて電車は降りる駅に到着した、そこまで二人は無言だった。降りるとき私は「それじゃ」と一言だけいうと彼女は「もう!」といってニコッと笑った。

732 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:01:35 ID:CeqeWNL0
私は延着証明を貰う為に列に並んでいると、肩をたたかれたので振り返った。
彼女が立っていたのでビックリした。
「どうせ遅刻だし」
「用事?」
「今日帰り何時頃?」
「4時半かな・・」
「そう、待ってていい?」
「え、ここで?」
「うん、じゃね」
私は彼女を見送りながら心臓がドキドキした。

733 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:02:08 ID:CeqeWNL0
その日は学校でそのことばかりを考えていた。
『これってデートのお誘いなのか?』とか
『そもそも、俺とマットは現在どういう関係といえるのか?』とか
『それにしてもマットの方から言ってくるとは意外だ』とかとか・・・
放課後私は半信半疑で乗換駅で彼女の姿を探した。
まだ多少事故の影響でダイヤが乱れていたが、
ホームに入ってきた電車から彼女が降りてくるのが判ってホッとした。
お互い軽く会釈をして並んで歩き出したが言葉が出ない。
少し間が合って私の方から「マック行く?」と聞いた、彼女は肯いた。

734 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:02:41 ID:CeqeWNL0
駅前のマックには学校帰りの学生で賑わっていた、
私は県境を越えた高校(私立)に通っていたので同級生は他に2人居たが女子だったから私とは全然別々に通っていた。
彼女はちょと専門的な高校だったので同じ中学はいなかった。
お互い途中下車で寄り道するのは初めてだった。
相変わらず会話は少ない、途切れ途切れに取り留めの無いことを喋ってはあとはぼーっと店の中の人たちを眺めている。でもなぜかそれが心地よかった。
唐突に彼女が「どう見えるんだろうね?」といった。
「ん?なに」キョトンとして私が云うと、
彼女は、私と自分を交互に指差してからはにかんで下を向いてしまった。
私は顔に血がのぼってくるのがハッキリとわかった。


735 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:03:14 ID:CeqeWNL0
そんな感じで2時間近く時間が過ぎた、
私は大丈夫だったが彼女は遅くなってもいいのか不安になって、
「時間大丈夫?、そろそろ帰る?」というと彼女は肯いて立ち上がった。
再び駅に戻ると既に夕方のラッシュの時間になっていた。
私たちは最後尾の車両にのったっがどうやらそこが一番混むようだった。
彼女は両手を後ろに回してかばんを持っていた、
それがちょうどおしりをカバーする形だったので、
私は今朝のことを気にしてるのかと思ってブルーになってしまった。


736 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:03:48 ID:CeqeWNL0
彼女は電車にのってすぐ入り口とは反対側のドアのところへずんずんと割り込んでいった。私もはぐれないようについて行った。
発車間際になって駆け込み乗車があり私たちは一気に押し込まれた。
そのとき彼女は何を思ったか強引にドアを背にして向き直った、
私はそのまま彼女の真正面にピッタリと貼り付くような形になってしまった。
私のみぞおち辺りに弾力のあるふくらみがハッキリと感じられた。
私のモノはまたしてもムクムクっと頭をもたげてしまった。

737 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:04:21 ID:CeqeWNL0
私はこの状況に戸惑いながらも、これが偶然か、故意か、ということを考えていた。
私のモノは硬直し、電車の揺れにあわせて彼女の恥丘辺りにぐりぐりと押し付けられている。勇気を出して彼女の表情を見ようと覗き込んだ。
彼女は横を向いていたが、私が見ているのに気が付くと
こちらを向いてほんの僅かに唇の端を上に動かせてからまた横を向いた。
わざとだ!!
私の体中の血が頭のてっぺんと、自分のモノに
音を立てて急激に集まっていくような錯覚に襲われた。

738 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:04:54 ID:CeqeWNL0
私のモノはもう遠慮することなく、ドクンドクンと脈打っている。
彼女はしばらく横を向いていたが、目を閉じてこちらを向いたかと思うと
私の胸に顔をうずめるようにしてもたれかかってきた。
みぞおちの圧迫感が更に増した、中学時代より少しはマットが解消されているようだった。
電車の揺れと脈、それに彼女が時々身体に力を入れるので私はこのままでは暴発するのではないかと心配になった。
みぞおちに感じる圧力にも強弱が出始めた、彼女口元から小さく「フー、フー」と息遣いが聞こえる。
私はこの状態が永遠に続くようにと真剣に考えていた。

739 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:05:26 ID:CeqeWNL0
残念ながら、駅に付くたびに空いてくるのでいつまでもそんな格好でいると、
周りから変に思われる。
三つ目の駅についたときに私は軽く彼女の身体を押し戻した。
彼女は「ゥン」といって顔をあげたが、
少し赤味を帯びた頬と僅かに潤んだ瞳をみてものすごい劣情に襲われた。
やっとの事で感情を押さえつけたが、
それから私たちは一言も喋らず私たちの駅に到着した。
改札をでたところで彼女が私の手をギュッと掴んで
「明日から一番前に乗る?」といってから手を振って走っていった。


740 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:05:59 ID:CeqeWNL0
朝は逆に前の車両が一番混む。
それからしばらくはマットと私は電車の中で人知れず秘密の時間を過ごした、
混み合う時間は15分くらいだったが・・・。

それからの私たちは朝、一番前の車両の決まったドアのところに立ち、
徐々に混んでくるのを我慢強く待っていた。
混みだすと出来るだけ自然に体が密着するように、かばんは網棚に載せるようにした。
ピッタリと寄り添う二人を見ると周りからは恋人同士み見えたことだろう。
だが不思議なことに私たちは朝の電車だけを愉しみ、
それ以外にデートしたり、お互いの家に行ったり電話したり、
帰りの電車さえこの前の一回きりであとは待ち合わせなどは無かった。
朝の電車でもただピッタリと身体をひっつけるだけで、
手を伸ばしたりすることは無かった。
ただ、電車の揺れと、私の動脈の動きと、彼女の筋肉の動きだけが”行為”の全てだった。
それでも私たちは充分にお互いを堪能したいた。

741 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:06:33 ID:CeqeWNL0
その”日課”が崩れたのは2学期も終わりの頃、
そろそろ混雑してきて身体をくっつけようとしていたら、どうも彼女の様子が変だ。
なにやらしきりと身体をくねらせて私の方を見る、
いつものウットリとした表情でなく眉をひそめている。
何事?と思いながら彼女の肩越しに後ろを覗き込むと、
スポーツ新聞をもった50歳くらいのオッサンの手が彼女のお尻に伸びている。
一瞬どうしようかと思ったが彼女が肯いたので、私はそいつの手を掴み大声で
「てめー、自分が何してるかわかってんのか〜!!」と怒鳴り声をあげた。
その車両の全員がふりかえった。


742 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:07:06 ID:CeqeWNL0
あまりの大声に自分でもびっくりして呆然としてしまったが、
おっさんは私が挙げた手を必死に下ろそうともがいていた。
その時点でおっさんをどうしようかなどとは考えが及ばなかったが、
近くのOL風の女性と中年のサラリーマンが駅員に引き渡すように行ってくれたので
サラリーマンに同行してもらうことにした、
私は興奮していたのではっきり覚えていないが、周りから賞賛の声と二三の拍手があったようだ。
彼女は真っ赤な顔をして俯いていた。
駅員におっさんを引き渡すと駅員さんは親切に彼女の学校に遅刻する旨の連絡を入れたり
医務室で休むように言ったりしたが、彼女は案外平気な様子で断った。

743 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:07:39 ID:CeqeWNL0
次の電車を待っている間、私はヒーローになった気分だったが彼女の一言で我に返った。
「明日から、あそこに乗れないね」
「あっそうか!」私は二人の関係が崩れてしまいそうな危機を招いたことを悔やんだ。
先に彼女の電車が来て乗り込むとき、
「はじめ○○かと思った、だったらよかったのに」
意味深な言葉だった、その日は授業にならなかったのは言うまでもない。
ところが次の日から私たちは同じ電車の一番後ろに乗るようになった。
そこは混雑しても体が密着するまではいかない。
私も彼女も段々とフラストレーションが溜まっていった。


744 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:08:11 ID:CeqeWNL0
期末試験の最終日、彼女は一日早く試験が終わったので今朝は一人だった。
帰りの電車で私は、このまま冬休みに入ると
彼女と二度と合えないような気持ちになってあせっていた。
かといってお互い相手の家に行ったことも、電話をかけたことも無い、どうしよう・・・。
乗り換えの駅に着くと彼女が制服で立っていて驚いた。
私は理由を聞く前に思わず「よかった〜」と口走った、それが正直な気持ちだった。
彼女もまたその言葉を聞いて嬉しそうに笑った。
それだけで充分だった。

745 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:08:48 ID:CeqeWNL0
何も喋らないまま二人は決められたように、マックへ入った。
既に冬休みに入っている学校が多かったので、
お昼前のマックは閑散としていた。二階へ上がると奥様方が3人井戸端会議をしているだけだった。
席につくと彼女は「部活っていって出てきた」と説明した。
「そう、ありがとう」わたしにとって理由など何でも良かった。
相変わらず途切れ途切れの会話を”楽し”んだが、
前回と違うところは、わたしのモノが既にさっきから充分に反応していたことだ。


746 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:09:21 ID:CeqeWNL0
私の頭の中はHなことでいっぱいだった、それも冬休みではなく今現在のことを考えていた。
この時間だとラッシュになるまでは相当間があるので無理だ、
かといってそれ以外のシュチエーションを思いつくほど私には経験も余裕も想像力もなかった。
彼女はあいかわらず微笑を浮かべながらポテトを食べている。
とりあえず下の突っ張りを鎮めなければ、と思って、
「ちょっと、トイレ」といって席を立った。

747 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:09:55 ID:CeqeWNL0
私の者はおしっこが出にくいくらいパンパンに膨れ上がり、
でも一端で出すと便器から飛沫がいっぱい飛んでくるくらい勢い良く
真上じゃないかと思えるくらいの角度で放尿した。
おしっこをしても一向におさまらず、
私はこのまま個室に入って抜こうかどうしようかと便器の前に突っ立って考えていた。
ふと外が騒がしくなったので我に帰り、すこし扉をあけてみると奥様方が階段を下りていくところだった。
階段からテーブルのほうに目を移すと彼女が私のほうを見て可笑しそうにケラケラ笑っている。
私は何を思ったか咄嗟に彼女に手招きした。
今考えても何故そうしたか良くわからないが、とにかく彼女は素直にトイレの前まで来た。


748 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:10:28 ID:CeqeWNL0
私は彼女の手を掴んで紳士トイレに引っ張り込むと、ギュッ抱きしめた。
彼女は別に抵抗しなかった。
私は電車の中と同じように、私のモノを彼女恥丘に押し付けた。
しばらくはそのままだった、私もよっぽど舞い上がっていたのか、
そこが二人だけの空間で”ほかのこと”をしても許される(?)という事実に
気づくのにかなりの時間がかかった。
その間ずっと密着したまま動かなかったが、
彼女もいつも通り目を瞑って私に寄りかかっているだけだった。

749 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:11:01 ID:CeqeWNL0
しばらくして、私は誰か入ってきたらマズイことになると気が付き、
彼女の背中を押して個室に押し込んだ。
彼女は別に抵抗することなく相変わらず素直に応じている。
鍵を閉めると再び抱きしめた、
いつもなら周りから押されてもっと密着するのだが今は満員電車ではない、揺れも無い。
ちょっと物足らなくて、私は背中に回していた手をお尻まで下げて密着するように押さえつけた。
それに揺れを再現(?)させるように、腰を上下に動かした。
お尻に手が触れたとき彼女はちょっと目をあけて私を見たが、すぐにまた下を向いた。
が、しばらくすると、小さく「クククク」と声が聞こえた、
泣いてるの?感じてるの?私はちょっと戸惑って手を緩めた、それは笑い声だった。
多分私の必死の形相と、それとは逆のまどろっこしい行動が可笑しかったのだろう、
私も釣られて噴出しそうだったが、外に声が洩れるとヤバイので我慢した。
すると彼女は私の顔を見つめてから目を閉じた。

750 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:11:34 ID:CeqeWNL0
キス!!
私はそのときまで彼女とキスすることさえ思いつかなかった、
そもそもマットは私のことを彼氏と感じてくれてるかどうか確認したことも無い。
多分そうだろう、だったらいいのに・・くらいのものだった。
それが、彼女が目を閉じたことでお互いの気持ちを確認したことになった。
私は慌てて唇を重ねた、彼女の唇は油っぽくてショッパイ味がした。
キスをした事で私の行動は一気に大胆になった、彼女の許可を得たような気になったからだ。
唇を重ねたまま私の手は彼女の胸に伸びていった。

751 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:12:07 ID:CeqeWNL0
彼女のたいして大きくない胸は制服の上からだと、
掌にはすこ〜しだけクッションを感じる程度だった、
私はもっと感触を確かめたくて知らず知らずに力が入った。
「イタイ」彼女が小さい声で叫んだ。
私は服の上からだと限界があると思ってボタンをはずし始めた。
彼女はジッと私の手許を見ている。
寒い季節だったので私は、制服の上着、ベスト、ブラウスとイライラしながら進んでゆき、
その下のキャミソールをたくし上げて初めてブラに到達した。

752 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:12:41 ID:CeqeWNL0
彼女の胸についていたのは、ちゃんとしたカップが備わっていない
柔らかい生地で出来たサポーターのようなものだった、その真ん中に乳首が浮き出ていた。
私は再びブラの上から彼女の胸を揉みだした。
彼女の胸はやはり小さく手を押し付けたときはいいのだが、
掴もうと掌をすぼめていくと私の手で作った小さなドームでさえ空間が出来てしまう。
妙に乳首の感触だけが目立ってしまう感じだった。
私は仕方なく揉むといううより、摩る感じで彼女の胸を触っていたが、
そうしているうちにブラがずれてきて下乳の辺りから段々と生乳が現れてきた。

753 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:13:15 ID:CeqeWNL0
私は思い切ってブラを上にずらした。
ブラの下からはどら焼きを2つに割ってくっつけたような薄いふくらみが現れた。
その真ん中より少し下に小梅のような”ポッチ”がツンとして付いている。
彼女は耳たぶを真っ赤にして斜め下に俯いている。
恐る恐る手を伸ばして、指先が触れた途端、彼女は「ふっ」と鼻息をだして肩をすぼめた。
彼女の身体はすごく熱くなっていた。
私のモノはズボンの中で痛いくらいに膨張していた。


754 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:13:49 ID:CeqeWNL0
私は優しく彼女の胸を弄んだ、肩をすぼめているので更に掴みにくくなったふくらみを
ゆっくりゆっくりと時計回りに撫でるように揉んだ、ときには指と指の間に乳首を挟んだりした。
彼女は時々「ふっ」とか「うん」とか鼻を鳴らしたが、声は我慢しているのか出さなかった。
私はもっと胸の感触を愉しみたいとも思ったが、
あまり長くトイレに入っているわけにも行かないので、次の目標をどうするか考えていた。
いくらなんでもやりすぎか?・・と考えないでは無かったが、
このチャンスを逃せないという気持ちの方が大きかった。
それに何故か彼女が拒否しないだろうとも思った。
私はスカートの上から彼女の恥丘辺りに手を持っていった。


755 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:14:22 ID:CeqeWNL0
彼女はハッとした様子で顔をあげたが、嫌がる訳ではなく逆に私の背中に手を回して抱きついてきた。
私は勇気を得てスカートの中に手を差し入れていった。
ごわっとしたブルマーの生地が手に触ったがストッキングは履いていないようだ。
私はもう少し手を上のほうに登らせてブルマーの途切れるところ探った。
一旦そこから手を入れようとしたが上手くいかず、私はブルマーを強引に股の辺りまで下げた。
グリーンのチェック柄のパンティーと一緒に湿り気のある暖かい空気が立ち上った。
今度はパンツの上からとゆうまどろっこしいことはせず、
私はいきなりパンツの中に手を入れた。彼女の体が強張るのがわかった。

756 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:14:57 ID:CeqeWNL0
私はその時点では女性のその部分がどうなっているかという知識は
ほとんど無かった。
手を差し込んでゆくと、はじめにアンダーヘアーにさわった、
自分と比べると柔らかい感じがした。
次にパンツが湿っていることに気づいた、
これが”濡れる”ということなのだろうか?
そして一瞬硬い部分があってそれを過ぎると
急に指が柔らかいグニャッとしたものに包まれた感じがしたのと同時に
ヌルヌルした液体がまとわり付いてきた。
その瞬間彼女はブルブルっと小さく身震いしたようだった。

757 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:15:30 ID:CeqeWNL0
私はどうすれば女の子が気持ちいいのか当然判らなかったが、
とにかく痛がらないようにあまり力をいれずに人差指と中指を動かした。
彼女は、私の背中に回していた手は段々と腰まで下がり、顎を私の胸に乗せたような格好で
上を向いて眼を瞑っている。息は少し荒く「ふーん、ふーん」といっている、
時々息を詰めたように「ん!」「ん!」と途切れることがある。
しばらく指を動かして指先がネチャネチャになった頃、
私は「ん!」がある場所をさわったときにだけ出る反応だと気づいた。
指を手前に動かした最終地点、少し硬い部分だ。
私の乏しい知識でも、そこがクリトリスだということは容易に想像できた。

758 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:16:02 ID:CeqeWNL0
「ここが、一番キモチイイの?」私は聞いてみた。
彼女は薄っすらと眼を明けてはにかんだ様な笑みを浮かべると、
「わかんない、でも全部キモチイイ」と云った。
私は彼女がものすごくカワイく思えて再び唇を重ねた、少しだけ舌の先が彼女の歯に触った
すると彼女は口を開いて私の下が入ってゆくのを導いてくれた、
私たちは遠慮がちにお互いの舌の感触を味わった。
私の指先は更にグチョグチョになってきた。

759 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:16:36 ID:CeqeWNL0
私は指先に神経を集中して彼女の洪水のような部分を愛撫し続けた。
彼女は尚も「ふーふー、ん!ん!」を繰り返していたが、
間もなく微かに「アーアーアーーー」と声を洩らしはじめた。
「アーアーアー、ン!ン!アーアー、ン!ン!ン!」息の荒さが増してくる、
ふと気づくといつのまにか彼女の手が私の股間のところに来ていた。
掌を私のほうに向けて私のモノを押さえつけている。
私は頭の中がボーッとしてきたが、
彼女の息の荒さに合わせるように指の動きが速くなった。

760 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:17:27 ID:CeqeWNL0
彼女の汗ばんだ上気した表情を見つめながら、
私の幸福感と淫靡な感覚の混ぜ合わさったような不思議な気持ちに包まれていた。
今までリズミカルに規則正しかった彼女の息遣いが突然乱れた。
「アー、アッ、・・・ン、ンーーー」
彼女の全身に力が入った、同時に彼女の手が私のモノをギュッと掴んだ、
そして彼女の体が小刻みに震えたのと同時に、
私は恥ずかしながらパンツの中で漏らしてしまった。
ただそのときの”満足感”はいまでも忘れられないものだった。

761 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:17:59 ID:CeqeWNL0
大変長く感じたが実際は私たちが二人でトイレの中に居たのは10分弱だったようだ、
私たちは正気に戻ると再び見詰め合ってキスをした。
彼女は潤んだ瞳でいつものようにニッコリと微笑んで、「嬉しい」と一言だけ云った。
彼女は気づいていないようだったが、個室には既に青臭いニオイがしていたので
慌てて彼女に身づくろいさせると先に席に戻るようにいって、
私は必死で後始末をした。
結局気に入っていたトランクスは汚物入れに突っ込んで私はノーパンで帰るハメになった。
トイレから出ると彼女はオレンジジュースを美味しそうにごくごく飲んでいたが、
私の顔を見て、ケラケラ笑い出した。


762 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:18:32 ID:CeqeWNL0
私はパンツの中で逝ったことがばれたのか?と焦ったが、
彼女によると、トイレから出てきたときにちょうど店のヒトが掃除(見回り?)にきて
紳士用のトイレから出てきた彼女とバッチリと目があったそうだが、
特に問いただすこともなく、ズーッと怪訝そうな顔をして降りていった、というのだ。
「ばれないでよかった」と屈託の無い笑顔。
私は完全に彼女に気持ちが入っていくのがわかった。
その日初めて夜電話すると約束をして私たちは帰った。

763 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:19:06 ID:CeqeWNL0
冬休みに入って、私は時々彼女の家を訪れるようになっていた。
彼女のお母さんは娘にボーイフレンドが出来たと歓迎してくれたが、
天皇誕生日に誘いに行ったとき親父さんは明らかに不愉快な顔をしていた。
彼女には大学生の兄さんがいるが、
田舎の家なので隣同士の部屋は襖で仕切られているだけだった。
隣でヘンなことをしてるとばれそうなので、いつも兄さんがバイトの時間を狙っていった。
私たちは二階の彼女の部屋で何度かマックのトイレと同じようなことを繰り返した。

要するに私が一方的に彼女に”触れる”ということを・・・。


764 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:19:39 ID:CeqeWNL0
いつも私たちは炬燵に並んで座ってベットを背もたれにしていた。
一度お母さんがお茶を出してくれたときにその状況を見て(何もしていないとき)
「あら、仲がよろしいのね。」といってケラケラと彼女とそっくりな笑い方をした。
私は彼女の肩を抱いてキスをし、
トレーナーの下から手を突っ込んで胸を揉み、
そして彼女のその部分を指で愛撫する。
マック以来彼女の手は私の股間には伸びてこなかったが、
私は彼女の控えめな反応と
それでも最後はちゃんと満足げね表情を見せてくれるだけで納得していた。

帰ってからそれをオカズに何度抜いたことか・・・。


765 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:20:11 ID:CeqeWNL0
彼女の部屋に行く度にそんなことをしていたが、私はまだ彼女のその部分を直接眼にしたことも、
乳首を口に含んだことさえも無い状況だった、その先に進む”勇気”が無かったのだ。
何度目かのとき、彼女はいつもより少し大きな反応を示して登りつめる少し手前から
腰を波うたせた。はじめて「キミチイイヨ・・」と声を出してくれた。何かハッピーな気持ちになった。
しばらく目を閉じてぐったりしていたが、目をあけると急にヘンなことを言い出した。
「いっつもわたしだけね、ゴメン」
「えー、何云ってるの・・・」
「○○はどうしてるの?」
「え!え!?」

「帰ってから、一人でするの?」
彼女は別に悪びれた風でもなく、いやらしい感じもなく、ストレートに言い放った。
私は突然の質問にものすごく動揺した、息が詰まりそうだった。


766 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:20:42 ID:CeqeWNL0
高一にもなれば女子でも男がマスを掻くことぐらいは認識しているだろうが、
それにしてもマットの口からこんな言葉が出るとは全く想像さえも出来なかった。

「うちのお兄ちゃん時々してるよ」
「え゛〜〜〜、見たことあるの?」

「小4くらだったかな?お兄ちゃん中学のときね、何かカタカタいうから襖の隙間から見たの」
「覗いたの?」
「ううん、もともと少し空いてたの、何か苦しそうな顔してたけど白いオシッコした」
「・・・・。」
「もう一回見たけど、それからカタカタ云っても見ないようにした」
「あそう」そういうのが精一杯だった、それにしてもすごい告白を聞いた。
でも彼女は内容のすごさとは裏腹に普通にしゃべってる。
私は次になにを云われるかドキドキした。

767 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:21:14 ID:CeqeWNL0
「あさってね、映画いかない?」
私はホッとした。「23日?何観るの?」
「ジュリア・ロバーツ」
私にはあまり興味のなさそうな映画だったがOKした。
彼女は混み合うから朝一の上映を見ようと云ったので、8時前に迎えにいった。
声をかけると親父さんが出てきて、娘に付いた”虫”がどんな奴かを確かめるように
じろじろと見まわしていた。私は身がすくんだ。
同じ時間に兄さんがスキーを担いで出てきた、今日からツアーだそうだ。
出掛けに親父さんが念を押すように「門限守りなさい」と彼女に声をかけた。
「門限?」「うん8時」

768 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:21:47 ID:CeqeWNL0
映画館の中は結構混んでいたが、席を探すのに苦労するほどではなかった。
若い女性とカップルがほとんどだった、私たちは出来るだけ空いたところを選んで座った。
大人気だった映画なので観た方も多いと思うが、
R・ギアとJ・ロバーツが共演したこのシンデレラストーリーは
最初の方にHなシーンがある。
私はそのシーンのとき彼女の様子を伺おうと横を向いたが
ほとんど同時に彼女もこっちを向いたので目が合ってしまった。
お互い照れ笑いをしたが、彼女が私の肩にもたれかかって手を重ねて来た。

769 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:22:18 ID:CeqeWNL0
私の手の甲に彼女の掌が乗ったが、私はそのまま手を彼女の股間の方に持っていった。
彼女は黙っている。
私の指は既に彼女のその部分を良く知っていたので、スカートの上からだったが、
ポイントを探すのに時間はかからなかった。
そこを痒いところを掻くように、でも優しく指を動かし始めた。
彼女の手の圧力が少しだけ増した。

770 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:22:51 ID:CeqeWNL0
Hなシーンが終わってもしばらく私の手は彼女の股間に貼り付いていた。
彼女は私の肩でいつものように吐息を漏らしていたが、
そのとき私たちの真後ろに二人組みの女性が座ったので中断してしまった。
でも私は彼女の”積極的な受身”な態度をみて
もしかして、今日はいけるか?と漠然とだが期待をもってしまった。
そこから私の頭は”段取り”のことで悩み始めた。

飯食って、お茶して、ラブホか・・・
12:00〜13:00で次13:00〜15:00だからそれから1時間?2時間?門限8時として・・・
あっ、予算!いくらくらいかかるか全然判らない、1万もかかったら足りない!
どうやって入るか、彼女になんて云うか、黙って引っ張るか??????・・・・


771 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:23:24 ID:CeqeWNL0
その映画はハッピーエンドでみんなにこやかな顔で出てきたが、
私だけがしかめっ面だった、(と思う)。 

とりあえずお昼だったので食事をしたが、食べながらこの後どうするかまだ決めかねていた。
「映画、面白かった、やっぱり観てよかった」
「うん・・」
「ちゃんと観てた?途中から恐い顔してたけど・・」
「うん・・」
ちょっと間があって彼女は珍しく強い口調でいった。
「これから帰ろうか」
「え、もう?怒ったの?」
私は微かな期待がつぶれてしまうと思って焦った。

「ううん、食事して帰るって言ってきたんでしょ?晩ご飯なんか作ったげる」
私はこの提案を素直に喜びたいところだったが、
期待が遠ざかっていく状況と、今朝の親父さんの不機嫌そうな態度を思い出し
がっくりとしてしまった。(心の中で)
かといって”Hするからラブホ行こう”なんて口が裂けてもいえない。
私はシブシブ彼女に従うことにした。
帰りの電車の中でも私は親父さんの顔を見るくらいなら自分の家に連れて行こうか
とか考えたが、家は普段でもばあちゃん、母親、姉、弟がいるし、今日は父親もいる
あまり良い状況とはいえない(何に対してだ!>笑)
やはり、彼女の家に行くしかないのか・・・・・。


772 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:23:58 ID:CeqeWNL0
自転車を二人乗りして、彼女の家に着くと、家の中はシンとしていた。
「?」彼女の顔を見ると、
彼女はニッコリして
「きょうは父さん達もデート、8時まで帰ってこない」
「え?」
「昨日、結婚記念日だったの、だから街でうろうろしてたらバッタリ会うかもしれないし・・・」
「あっそうなんだ、だから門限8時なんだ」 
「それもあるかな、いっつも6時には帰って来いっていわれるし・・」
私は親父さんの顔を思い浮かべて半分本気で聞いてみた、
「もしかして、付けられてたりして・・」
彼女はケラケラと笑った。

773 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:24:32 ID:CeqeWNL0
*ふたりっきり*

この言葉が私の頭の中をぐるぐる回っていた。
当然彼女もこのあと起こるであろう事態を、把握しているはずである。
無言のOK、
私のモノは既に八割がたの反応を示していた。
彼女は私を居間のソファーに待たせ奥でなにやらやっていたが
しばらくしてココアとポテチを運んできた、
「なにしてたの?」
「ちょっとね、それより晩ご飯何たべる?」
いまの私なら「じゃ、きみ」ってなことくらい言えそうだが、16歳の私には
「なんでもいいよ」というのが精一杯だった。

774 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:25:05 ID:CeqeWNL0
ココアを飲み終わって私は彼女を引き寄せキスをした。
そのあといつものように胸に手を伸ばそうとしたら彼女に押し返されてしまった。
初めて”拒否”されたことに私は動揺したが、彼女はすぐ私に向かって
「二階上がっててくれる、すぐ行くから」と云ったので言われるとおりにした。
すぐ、といいながら彼女は中々こない、私はじれながら待った。私のモノは充分に反応していた。
なんとはなしに彼女の部屋を見渡していると、整理ダンスかカラフルな布が出ているのが目に付いた。
下着かな?と思ってわたしは立ち上がり引き出しを開けてみた。
そこは残念ながらハンカチ入れだった、私はもう一つ下の引き出しも開けた、
そこにはかわいらしいパンツとブラがたくさん入っていた。
その中の一つに手を伸ばそうとしたとき足音がしたので私は慌てて炬燵に戻った。

彼女はみかんを盛ったかごを手にして部屋に入ってきた。
スカートはそのままだったが上着を真新しいトレーナーに着替えていた。
いつも通りに私の横に座ったとき気のせいかいい匂いがした。


775 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:25:37 ID:CeqeWNL0
沈黙・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

彼女は私が何を考えているのか当然判っているはずだ、
キッカケ、キッカケが欲しい。 心臓が飛び出しそうなくらいドキドキしている。
彼女が私のほうを伺っているのが気配でわかった。
私は勇気を出して顔をあげ彼女と目を合わせた。
彼女はいつものようにニッコリと微笑んだ、自然にお互いの顔が近づいて唇が触れ合った。
そのまま彼女はゆっくりと後ろに倒れていった。

・・落ち着け、落ち着け。
私は頭の中で呪文のように繰り返しながら、彼女のトレーナーをゆっくりと上にずらしていった。
そこの現れたのは、いつものサポーターブラではなくちゃんとした(?)レースのピンクのAカップだった。
私はその大人っぽい(今考えると全然そんなこと無いが)下着をみて妙に興奮した。
はずすのがちょっともったいなかったが、わたしはそのぶらも丁寧にはずした。
仰向けになるとますます厚みが無くなる彼女の胸、でも少しづつだが最初よりはボリュームが増えている。
私は手で触る前にはじめてその愛らしい小梅を口に含んでみた。
「ぅんん・・」彼女は少しだけ身をよじった。
味はしなかった、何となく脂っぽいような感じがしただけだった。
でも私ははじめて彼女の胸を吸ったことに妙に征服感を感じていた。


776 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:26:12 ID:CeqeWNL0
手を彼女の背中に回して抱きかかえるように胸を反らせながら、
私は夢中で彼女の胸の感触を愉しんだ。
唇と舌で感じるふくらみ柔らかさと、それとは相反する小梅の硬さは
私の脳味噌に愉悦の成分を大量に生成していった。
しばらくは我を忘れて彼女の胸に顔を埋めたいたが、ふと彼女の様子をみると
彼女は口をギュッと結んで横を向き声が出るのを必死で我慢しているようだった。
彼女の胸は私の唾液でベチョベチョになっていた、それを服の袖で拭いながら
「気持ちよくない?」と聞いてみた。
「ううん、そんなこと無いけど、ちょっとくすぐったいかも・・・」
彼女は私の眼をジッと見つめながらそう答えた。


777 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:26:46 ID:CeqeWNL0
彼女と見つめあったまま私は片手でスカートをたくし上げた、ブラとお揃いのピンクのパンティーが現れた。
最初パンツの上から少しだけ触ってみた、彼女のその部分は二重になった布を通して少し湿っていた。
彼女は眼を瞑った。
そのまましばらくパンツの上から触っているとみるみるその部分のシミが大きくなってくるのがわかった、
私はこのまま最後まで行こうと思ったが炬燵とベットの隙間はどうにも窮屈で
どうも体が自由に動かせない、それに彼女の頭が勉強机につっかえそうだった。
「ベットあがる?」というと彼女はコクンと肯いて立ち上がり、
自分でトレーナーとブラ(ホックだけはづした)とスカートを脱ぎ捨てた。
良く考えるとトレーナーの下はブラだけだ、それに映画館では履いていたパンストもない、
彼女も準備してたんだ、と私は変に感心してしまった。


778 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:27:19 ID:CeqeWNL0
パンツとソックスだけでベットに横たわった彼女を改めて見つめなおすと、
華奢な肩、薄い胸、余分な肉の全く無いウエスト、そこから急なカーブを描いて
横に張り出した腰、股間に少し隙間のあるでも細すぎない太腿・・・

私はこのときの印象が強烈で今でも細身だが腰の大きい女性には必ず欲情してしまう。

冬場、ストーブを焚いても肌寒い感じがする彼女の部屋だったが
私は既にじっとりと汗ばんでいた、
彼女もからだか火のように熱く全身が仄かにピンク色に染まっていた。
私もトランクス一枚になり、とうとう彼女のパンツを下ろし始めた。


779 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:27:53 ID:CeqeWNL0
段々とベールをはがされたその神秘な部分は
私の想像していたより遥かに綺麗なもののように思えた。
大きな腰の真ん中に巾の狭いでも案外と密集したアンダーヘアーの帯が股に向かって伸びている。
そしてその先には外側に真直ぐな二重線があって内側に雲形定規で書いたような
不規則に弧を描いたヒダが僅かに顔を出していた。そして彼女自身の体液で光っていた。
色はピンクに染まった彼女の身体よりもう少し充血の赤が濃いような感じがした。
彼女の一番敏感な部分はヘアーに隠れてよく確認できない。
「触ってもいい?」私は彼女に確認した。
彼女は腕を眼のところにもっていって顔をかくし、「いいよ」と小さく呟いた。

780 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:29:54 ID:ICiQedT+
私は手と一緒に顔を近づけていった、セッケンの匂いが鼻をくすぐった。
「もしかしてお風呂入ったの?」彼女は肯いた。
「だから時間かかってたんだ、でもどうして?」野暮な質問だった。
「だって・・・・・」
私は彼女の私に対する気遣いと、彼女自身の期待が痛いほど感じられ
嬉しい反面、すごいプレッシャーにも思った。
私は左手の四本の指でヘアーを掻き揚げ、ヒダの分岐点にあるはずの突起を探した
だが彼女のそれはシワの奥に見え隠れする程度できっちりと顔を出してはいなかった
(女性にも包茎があると後に知った)
そして両手の親指でその部分の外側のぷっくりとしたところを抑えて
両側に開くように少しずつ動かしていった。

781 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:30:27 ID:ICiQedT+
彼女の内側の粘膜は、これから起こる過酷な状況に対応するかのごとく、
充分すぎる分泌物を溢れさせていた。
私はしばらくその艶かしいシーンを半ば呆然と眺めていたが。
どうにも押さえつけられない気持ちがこみ上げてきて、
彼女のその液体をすくい上げるようにして口をつけ下から上に嘗めあげた。
「ヒュッ!!」彼女の息を呑む音が響いた。
彼女は身を起こし、私が何をしているかを確認すると、
「ヤン!」といって真っ赤になり、両手で顔を覆うとまた後ろに倒れこんだ。
私は自分の口で彼女のグニュグニュした感触を貪るように堪能した。
彼女はやはり一番敏感な部分に舌が触れるたびにピク、ピク、と反応した。

唾液と体液で口元はグチャグチャだったが私は尚も彼女のその部分を吸い続けた。
彼女はさっきから控えめながら「ア、ア、ア、ン!ン!」と声を出し始めていた。
このまま行けば間もなく彼女は達してしまうだろう、だが今日はそれが目的ではない。
私は口を使いながら手でトランクスを脱ぎ捨てた。

782 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:31:01 ID:ICiQedT+
ところがである、
私があまりにも彼女を攻めるのみ集中していた為か、それとも初体験へのプレッシャーの為か
さっきまで充分に反応していたはずの私のモノは所謂”半勃ち”状態をキープで
それ以上血が集まってこない。
私は驚いて、起き上がり膝を立てた状態で情けないモノを覗き込んでしまった。

彼女も何事かと眼を開けた、
最初私のグチャグチャな顔をみて「や〜」といって手で顔を拭ってくれたが、
只ならぬ雰囲気を察して「どうしたの?」と聞いた。
私はどう答えていいかわからず、黙っていた。
彼女は私の視線の先にあるものに気が付いた。
彼女も私の実物を見るのは初めてだが、ズボン越しに私の大きさや堅さは充分判っているはずだ。
それに兄さんのを見たときの状態も知っている。
私のモノがいつもと違うとわかったのか、彼女は私を気遣ってくれた。
「どうしたらいいの?」彼女の手が伸びてきた。


783 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:31:33 ID:ICiQedT+
私はハッとしたが、言葉を出す前に彼女の手は私のモノを袋ごし包み込むように持ち上げた。
私はピクンとして腰を引いたが相変わらず反応しない。
彼女はぎこちなく手を前後に動かし始めた。
「こうするんでしょ?」彼女は私の表情を伺うようにして言った。
私は固まったまま何もいえなかった。
彼女は私が黙っているので、体制を立て直すとさっきより強めにシゴキ始めた。
少し気持ちよくなったような気がした。
彼女は私のモノを見つめながら一生懸命手を動かしてる、その顔を見ていると緊張眼が薄れたような気がした。
その途端私のモノは膨張をはじめ快感が脳に走った。そして私は八割がたの反応のまま逝ってしまった。
彼女は手を汚されたことを嫌がる風でもなく「大丈夫だったね」といってまたケラケラと笑った。

784 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:32:09 ID:ICiQedT+
私は彼女の笑い声に救われた気がした。
正直なところ満員電車を愉しんでいるときは、私は彼女を”一番初体験に近い相手”
くらいにしか考えていなかった、でもこのごろは多分彼女をDAISUKIになっていたと思う。
彼女の仕草や言葉が全て、私の気持ちを一種セツナイようなでもほのぼのとした良い心持にさせてくれた。

彼女はティッシュで自分の手とシーツにこぼれたのを拭いてから、
私の先っぽの雫をチョンチョンとした、そして
「?、さっきより硬くなってるの?」と聞いてきた。
私のモノは今逝ったところにもかかわらず8割からMAXにまで膨張していた。
動脈に血が通るたびにピクンピクンと動いている。
彼女は興味深そうにしばらく無言で見つめていた。
そしてちょっと不安げな顔をして私を見上げた。(多分痛さを想像したのだろう)

785 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:32:42 ID:ICiQedT+
ここで怯んではいけない!
私は自分に言い聞かせると彼女の両肩をつかんで、優しくべっとに横たえた。
彼女も覚悟を決めたのか手を胸のところで重ねて眼を閉じた。
さて、である。いざとなると具体的にどうすればよいかハッキリと判らない。
耳で聞いた知識だけではスムースに行く訳が無かった。
私が口でしているときから彼女は脚を∧字にしていたが、身体に力が入っているので
私の腰はなかなか奥へ進めない、とにかく突けば入ると思っていた私はは焦った。
先っぽは確かに彼女のヒダに到達しているのだがそこで行き止まりである。
しかも私が皮膚が擦れるような感じがして多少痛みを感じた。
私は何がどうなっているのかわからず、モノを押し付けながらもう一度彼女のその部分を見たみた、
するとどうやら彼女の入り口が閉じているようである、しかも乾いている?

786 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:33:14 ID:ICiQedT+
さっきのハプニングの間に彼女の潤滑油がすこし納まった見たいだった。
私は再びその部分に顔を近づけた、やはり彼女の小さな扉はピッタリとくっついていた。
しかし手で押し開いてみると中は相変わらずのウルウル状態だった。
私はちょっとだけ口をで外側を湿らすともう一度その部分の構造をシッカリと記憶した。
目的のところは下の端。
体勢を元に戻すと彼女に声をかけた、
「ゴメン、脚もう少し開いてもらってもいい?」
彼女は無言で応じてくれた。
私は先っぽをその部分に一旦つけてから入り口と思われるところまで押し下げた、
今度は摩擦感もなくスムースに移動した、ちょっとヌルッとした感覚があった。
狙いは定まった、私は意を決して腰を前に出した。

787 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:33:47 ID:ICiQedT+
先っぽの部分に少し温もりを感じた、と思ったが。
彼女は「ウッ!」と唸ると身体に力を込めて脚を閉じたので、
私の腰は急ブレーキをかけられたようになった、でも勢いをつけていたので
彼女の体が10pくらい上にずれた、そして抜けてしまった(というほど入ってないが)
無意識だったのか彼女は眼を開けてくれないので、私は仕方なく最初からやり直した。
再び彼女の体がずり上がった、更にもう一度・・・。
私はこの期に及んで達成できない不満から、つい語気を荒げて彼女に言ってしまった。
「力、抜いてよ!」
彼女はハッとして
「ゴメン、そんなつもりじゃないんだけど・・・」
「あっ、ごめん」私もすぐに謝った。
彼女はさらに大きく脚を広げてくれた、私はその足を持って、今度こそと腰を突き出した。

「イ――――――――――――――――――――――――――――――――――!」
彼女は押し殺した、しかし超音波のような甲高い声で悲鳴をあげた。

788 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:34:19 ID:ICiQedT+
先っぽはすぐに入った、が急に抵抗が増して進めなくなった。
それをかまわずに突くと、文字通りメリメリという感覚で奥まで到達した。
その時の彼女の顔は、鼻の穴を広げて口をヘの字に曲げ眉間に皺を寄せたので、
二人で甘い時間を過ごしているような雰囲気とは程遠いものだった。
挿れてからしばらくは動かなかった、いや彼女の様子を見て動けなかったというのが本当だ。

789 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:34:52 ID:ICiQedT+
しばらくして、やっと彼女の身体から力が抜けた。
彼女のナカは私が自分で握り締めたようにきつかった。
違うのは、熱いこととベタッというかヌルッというか、
締め付けられているのにどこかフワッとしたような感覚があったことだ。
彼女は眼を開けて私を見た、表情はまだ少し困ったような顔だったが、
そのときはすごくカワイク見えた。
そしてぼそっと「すき」といってまた眼を閉じた。
私はそれを聞いて舞い上がってしまった、脳味噌が熔けるようだった。
無意識に腰が動き始めた。

790 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:35:26 ID:ICiQedT+
二三回動いてから、彼女に「痛い?」と聞いてみた。
彼女は首をかしげ「う〜ん、何か痺れてるみたい」と云った。
痛いとは言わなかったので私は少し安心して腰を動かし続けた。
時々彼女とキスをしながら一定のスピードで前後していると、
指でしていたときとは違う音がしてきた。「にゅーる、にゅーる」って感じだ。
彼女は相変わらず困ったように眉をひそめた表情だったが、
少し開いた口からは微かに「ア、ア、ア、ア、」と声が洩れ始めていた。
私は元気はいいのだが何かフワフワしたような感覚でツボにはまらず
さっきからかなり長い時間腰を振ってるのに全然逝きそうな気配が無い、
同級生から聞いた「マスの掻きすぎはHで失敗する」という話を思い出し不安になった。

791 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:35:59 ID:ICiQedT+
体位を変えるという意識は無かったが、
同じ格好も多少疲れてきたので、今までM字で脚を抱えていたのをはなした。
そして彼女に覆い被さるように抱きついたような格好になった。
すると、何がどうなったのかよくはわからないが私のモノの裏スジが急に気持ちよくなった。
私は嬉しくて今まで以上に腰を激しく振った、
彼女も体位を変えてから困ったような表情はなくなりなんとなく微笑んでいるような顔つきに変わった。
もうすぐ逝きそうに鳴ってきた、私の腰は更にスピードを増した。
最後に一度大きく深く付いてから私は彼女のナカに迸しらせた。
彼女は私が行く瞬間「ふ〜うんん!」とため息のような声を出した。

792 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:36:31 ID:ICiQedT+
お互いしばらく放心したように抱き合っていたが、
さすがに続けざまに2度放出した私のモノは少し萎んできて栓が緩み
彼女のナカからこぼれてきたので私は身体を起こしティッシュに手を伸ばした。
彼女は脱ぎっぱなしの服のように、そのままの形で固まっている。
私のモノは多少ピンク色のような気がしたが
ティッシュで拭くと朱色になったのでビックリした。
これが処女の証なのだが、正直ちょっと引いてしまった。
自分のが済むと、彼女も拭いてあげたが白と赤が斑になった液体は
ちょっとグロテスクだった。

793 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:37:04 ID:ICiQedT+
彼女もやっと我に帰ったのか、押し出すような声で「手、引っ張ってくれる?」と訴えた。
彼女を助け起こたが、脚は依然ガニマタのままだった、
「脚の付け根が動かない」といううので、私は太腿を摩りながらゆっくりと脚を伸ばしていった。
「ありがとう、こんなになるとは思わなかった」ケラケラ笑った。
私は聞くべきかどうか迷ったが、思い切って言ってみた。
「気持ちよかったのかなぁ?」

彼女は照れながら、
「えー、う〜ん・・・触られてるのとは全然違ったけど・・」
「どう?」
「わかんない、気持ちよくないことは無いんだけど、ジンジンするほうが強い」
「やっぱ、痛かったの?」
「最初信じられないくらいなんかピリピリ痛かったけどその後ジンジンかな・・」
「ふ〜ん・・・・」
「でも」
「ん?」
「嬉しかった」
「!」


794 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:37:38 ID:ICiQedT+
私は胸が締め付けられるような気がした、
こいつを絶対嫁さんにするなんて思ったりもした。
「一緒に、お風呂入ろう」といって彼女は立ち上がった。
腰を屈めている。
「まだ痛いの?」というと、
「ジンジン、付け根はちょっと痛い」
彼女を支えながら、家の人がいないのをいい事に、
私たちは大胆にも裸のまま風呂場まで行った。
時計を見るとまだ4時前だった、私たちの行為は30〜40分だったことになる。
それにしてはずいぶん長く感じたが・・・・。

795 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:38:12 ID:ICiQedT+
一緒にお風呂に入っていると、お互いなんというか安心感というか一体感というか、を感じた。これが裸の付き合いってものか?(笑)
二人とも、もう恥ずかしさや、いい意味での遠慮が無くなっていた。見せあいっこをした。彼女の胸はベットで見るよりタップリにみえた。
「順調に発育してるね」というと、「そう?もしかしてアレ近いからかな・・・」
「え、そういうものなんだ〜」「うん、ちょとだけだけどね」
私はそのとき初めて大事なことを思い出し、ギクッとした。「大丈夫かな・・・」
「え?あ!」彼女もその意味を理解した。「もうすぐだし、大丈夫だと思うよ。今度からちゃんとすればいいよね」
私は大丈夫という言葉より、今度というところが嬉しかった。(結局は大丈夫だったわけだが)

796 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:38:46 ID:ICiQedT+
彼女を湯船の縁に座らせて改めて見せてもらった、
その部分は気のせいかさっきより複雑な形になったみたいだった、
多分少しだけ口を開けているからそう思ったのだろう、
それに気のせいではなく確かにさっきよりは内側が充血したような色になっていた。
クリトリスは完全に埋もれている。出血は収まっている様だ。
彼女は眺めている私の表情をじっと見つめていたが、さすがに照れたのか
「もういい?」といって脚を閉じようとした、私は両手でそれを阻止すると
舌を伸ばしてクリをつついた。
「もう!」彼女はそういいながらも別に拒否はしない。
さらに舌を動かすとそこが硬くなってくるのが感じられた。彼女はそれでも私の行為をジッと見つめている。
少しヌルッとしてきた、ちょっとだけ錆びたような匂いがした。
「もういいでしょ、○○君の番!」

797 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:39:19 ID:ICiQedT+
入れ替わると彼女はマジマジとわたしのモノを凝視した。さすがに照れる。
そのとき8割くらいだったのだが、恥ずかしくてちょっとづつ萎んできた。
「あっあっ、お辞儀、ナカに入っていくよ?、??」私を見上げた、(私はその段階では多少まだ皮が残っていた)
「普通はそうなの!」私は少し気を悪くしてそういった。
「そっか、そうだね・・・」そういうと彼女は指で袋の縫い目をなぞった。
「これなんだろね?」
「しらねー」わたしのモノはすぐ反応し始めた。


798 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:39:53 ID:ICiQedT+
ムクムクムクっと大きくなってきたものをみて彼女は、
「いや〜、なんか生き物みたいだね」といってケラケラわらった。それに
「これって、亀頭っていうんだよね、ソックリ!」
(小学校のとき亀の飼育当番だったそうだ)
私は彼女がなんか天然っぽいな、と思いつつ、つられて笑ってしまった。
そんな私を見つめながら、彼女はおどけた表情で舌をベロンと出して、
私のモノを嘗める真似をして見せた。
私は笑がとまり、真顔になった。「やってよ」といった。
彼女の唇が先っぽに近づいた、私のものは更に膨らんだように思った。
先っぽに触れた、としばらくそのまま動かない、
そして少しだけ唇を開いたかと思うと頭の部分を口に含んだ。
彼女のナカとはまた感じがちがう柔らかい肌触りだった、
でも固いものが先っぽに当たっている。

799 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:40:25 ID:ICiQedT+
「噛まないでよ」というと、歯の間から舌が出てきて(と思う)先っぽにヌメッとした感触があった。
彼女は頭の部分を唇で包んだまま、中で舌を動かした、ちょうど私の出口の部分を
チロチロと刺激するような感じだ。
私は気持ちいいような、オシッコをしたいような不思議な快感に襲われた。
私は眼をつぶってそこに神経を集中しようとした。が彼女は口を離してしまった。
「もうオシマイ!」
「え〜」
「ご飯作らないと、帰ってくるよ」
私は残念だったが彼女に従った。

800 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:41:00 ID:ICiQedT+
偉そうなこと云ってたが、彼女がご馳走してくれたのは親子丼と味噌汁だった。
味はちょっと辛かったがまぁまぁ美味しかった、
でもこういうときはべた褒めすべきだということは私でもわかっていたので、
「スッゲ〜、ウメー」といってお替りした。今思うとわざとらしかったかも・・。
彼女も喜んでいた、こいつ絶対嫁さんにする。私はまたそう思った。

801 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:41:33 ID:ICiQedT+
7時過ぎ私たちは私が居た痕跡を念入りに隠滅すると、最後にキスをして別れた。
自転車での帰り道、私は遠回りして出来るだけ人通りの少ない場所の自動販売機で
コンドームを買ってから家に戻った。幸せな一日だった。

802 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:54:14 ID:ICiQedT+

ドラえもん夏休みのばすにはどうしたらいいかな?

   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       / ____ヽ           /  ̄   ̄ \
       |  | /, −、, -、l           /、          ヽ
       | _| -|  ・|< ||           |・ |―-、       |
   , ―-、 (6  _ー っ-´、}         q -´ 二 ヽ      |
   | -⊂) \ ヽ_  ̄ ̄ノノ          ノ_ ー  |     |
    | ̄ ̄|/ (_ ∧ ̄ / 、 \        \. ̄`  |      /
    ヽ  ` ,.|     ̄  |  |         O===== |
      `− ´ |       | _|        /          |
        |       (t  )       /    /      |
                       ____∧_______
                      /学校壊しに逝けば?
                     |


803 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:55:06 ID:ICiQedT+

:::::::::::/           ヽ::::::::::::
:::::::::::|  キト  じ  き  i::::::::::::
:::::::::::.ゝ キト   つ   み  ノ:::::::::::
:::::::::::/  だ  に  は イ:::::::::::::
:::::  |  な。       ゙i  ::::::
   \_         ,,-'
――--、..,ヽ__  _,,-''
:::::::,-‐、,‐、ヽ. )ノ      _,,...-
:::::_|/ 。|。ヽ|-i、      ∠_:::::::::
/. ` ' ● ' ニ 、     ,-、ヽ|:::::::::
ニ __l___ノ     |・ | |, -、::
/ ̄ _  | i     ゚r ー'  6 |::
|( ̄`'  )/ / ,..    i     '-
`ー---―' / '(__ )   ヽ 、
====( i)==::::/      ,/ニニニ
:/     ヽ:::i       /;;;;;;;;;;;;;;;;


804 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:56:11 ID:ICiQedT+

                       _, -ぅ☆r-,  ◎◎ {ニニ}
   r==、___      ,____、 { <☆,/,_'5,,に~ _'コに_ニ, )
  j ! ___  __))___ j !  __,、__  il ,ン--'-'-'ーそ_ヽ,-く-'-=r'-、
 r'r' /,― l  l r'" ̄,、 ̄i !  ゝ,、r' ll/__l⊆ ̄⊇L/=  =  =〒'
 ` ='  ,:/  l ,l  ゞ ア  lL_,........、 //l  ロ  ロ l| E! E! E! .|
     ,r'  // il  _"^`  √~  ̄ヽ='' l  ロ  ロ 」`f―_‐_‐_―i'
     ゝ=' '  `=' ̄ゞ='       ⊂ニニ  ニ⊃.l  ==  l
                         └┘  └―――┘


805 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:56:47 ID:ICiQedT+

      ┏━┓        ┏┓        ┏┓
      ┗┓┃        ┃┃  ┏━━┛┗━┓
        ┃┃        ┃┃  ┗━━┓┏━┛
        ┃┃        ┃┃        ┃┃
        ┃┃        ┃┃        ┃┃
        ┃┃        ┃┃  ┏━━┛┗━┓
        ┃┃        ┃┃  ┃┏━┓┏┓┃
      ┏┛┗┓      ┃┗┓┃┗━┛┃┃┗┓
      ┗━━┛      ┗━┛┗━━━┛┗━┛
                      ,、
                 _ ,ノ ,ヘ、、
               /´   ノ    `ヽ、
              /     /       ヽ
                i′   ,/         ',
             {    {           }
              ',    `、        ,!
           ___ヽ    `       丿__,,
          , ゝ  `ヽ、         /´   く _
        <-‐''´  ̄ ̄`,ゝ、、___,,, <´ ̄ ̄` ー->
          ` ー''´Z_ノ        ヽ、_ヾ ー ´

        C H I N E S E   R E S T A U R A N T
    __ __ __ __       __     __       __
    `i  | | i'l_i'l_i'     i''´ __`ヽ-ッ _コ  l____ i´__`ー-ッ  _,,.、
     ,!  ,! .l l   _,,,_   └'´__ ``´ レ┐ ┌─┐ ,!'´ ``´ /,r''´
    / 丿 '、'、 l´ __`ヽ-ッi''´__`ヽ-ッ  .l  l  ノ /     / /
   / /   ヽ ヾ´  ``'´└'´,,_``'´   l └ ' ,/   ___,,ノ /
_,,.r'' /      \ `>  r'"´   ``ヽS.) l  「´    「´    _ノ
‘''' ´           `′ └ ''´ ̄``‐-‐'' └ ┘   └‐ '' ´



806 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:57:37 ID:ICiQedT+

     ,、‐;;;;;;;;;ヽ、
    /:::::;;-‐-、:::ヽ             _,,,,,,,_
     l::::::l  _,,、-‐"iiiiiilllllllllllliiiiiiiー-、__ゞ:::::::::::`ヽ,
    ヽ::`/: : : : iiiiiilllll||llllliiiiii: : : : : : ヽイ~`ヽ::::::i
      /;,..-‐、: : : : : l|l: : : : : : : : : : : : : \ ノ::::}
     /: /: : : : :`.: : : : : : : : :/´ ̄\ : : : : : ヽ:::ノ
     !: : : :iflllli、: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : :.!
    |: : : :llllf l: : : : : : : : : : :.iflllli、: : : : : <iiii|
    |: : : :|llll |: : : : : : : : : : .llllf l: : : : : : : : :.|
    |: : : :.!lllll!' : : : : : : : : : : |llll |: : : : : : : : :i
   /: : : : :    ●    : : .!lllll!' : : : : : : : :.i
   ̄|: : :"  ,,,,,,,,,,,,,|____    : : : : : : : :.<iii/     ____________
  /!.:   |:::::/    ̄''''''''l ヽ: : : : :-─/─   / >>1 くん!くそすれをたてないで!!
    ヽ   ヽ/  (´∀`)  ノ: :ヽ    /\   <  すぐにくびをつってしんでね!
     \  \,,_    _,,,/     : /\     \ しまじろうとお約束だよ!!!
       `''‐、、__  ̄ ̄   __,,,、-‐"           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      //:::::/ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ノ::::/\ 
    / /:::::/  ` ̄ ̄ ̄/:::::/.  \


807 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:58:17 ID:ICiQedT+

             ,. -‐''" ヽ.ヾ`''ヮ-...,_
          ,ノ'ニ-‐-、_、`  i ) ヘ.、__'`i、
         .i'_,. ‐---- `'ヽ、. !'/'-‐ヾ.、`ー`ヽ
         ,!,.彡7~゙゙゙゙'゙゙゙`'''''ー亠‐''''゙゙゙)ヾ、ヘ. {
         `i.'" i'     ー.、     ( / | ヾ〉
         {  ,!,.-‐‐- ..,_ `, ,. _,...ゝ,)、.! `i
         y';z::::;. -‐_=;:;;_`_'! i彡;;_-/'-、`ミ、l
           )へi'  、'_o.ン,. ` ノ "o_''ヽ Y`/
           (.!ゞ!  、 ,./   l  `ヽ`-  |'i)
          ヾ`ヽ.     ,.. .| _      /;,l'  
             iー-|,   /,ゝ‐-‐'ヽ.  //  
           .)'"}', .,/'"~:::;.: 、::_:゙`ヽ,/ノ  
          _,.ゝ'-ゝ─‐'i゙-‐─ `ー/,'         
           i=ニ-'゙゙ ̄ ̄|_O|     / i     
 ,. ----、 ..,,__!:::::::::::::::::::::::::| |.    ,/:'.ト、__,.-i 
゙゙──--、 ヽ、..,~_‐-:;-;;_::::::::| ド='、''_"  |_:::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::ヽ. .ヾ,ヘ`ヘ'''、-`ヾ.ヽ`、 \i~ヾ、\::::::::::::|



808 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 21:59:53 ID:ICiQedT+
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       ......  ヽ  ヽ
:::::/:::::::::::::::::::::   ...............:::ヽ::::::::::::::::.... ヽ  ヽ、_
::/::::::::  ..........:::::::::::::::::::::::::::::::l__:::::::::::::::::::::...l.....::::、-`ー
;':  ....::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::;:イ::lヽ`:ヽ::::::::::::::::!:::::::::\
!.::::::::::::::::::::j -!‐:ト:::::::::::::::::::::ハ:l ヽ::::、:::::::::::::|:::::::::::::::ヽ_
!::::::::::::::/:l  l:::ハ::::::::::::::::::l  ゝーヽ:ト\:::::::l:::、-‐ ´
i:::::::::::::/!:::l _.ヽ_ ヽ::::::::::::,' 〃 f ハ ヽヽヽ:::j_:::::>ーァ
:';:::::::::l V/´ ハヽヾ.、\:::/  ! !ノト,',  !;ヽ!Y ヾ   !
:::ヽ::::l /イ  !ノf!', i  `     ',.ゞ.|   l::|  }   !
/レヽハ !:!  l..ゞ l        ゞ-′  !::!  /   l
. !  l:::::i レヽ. ヽ._ノ                l:::|.ィヽ   /
. l   !:::::',           丶    ヽヽ /::::l l .ハ /
 ゝ、_l::::::l、  ヽ ヽ   、_,. ー‐'    ,.'l:::::〃 l  ヽ
./  ヽ'、::::lヽ、              /:.:.:!:::l':.:/   l
l   ヽ';:::l:..:..`:.ー-... _   _ イ:.:.:.:.:.:.:j/ /l   }
l    ヾ;:lヽ、:..:..:..:..:.:ヽ  ̄   !:.:.:.:./:/ /   !
〉、    ヽト、:`:.ー-.. _:.ヽ、 __ j:..:/:/ ./   /
 ヽ     ヽ ` ー- :_`ーヽ―/:.'::/  / l   l
     i   ヽ、    `>ヽ/イー ´   l   l
、     l      ̄  /7 Tヽ\ _,. ‐ ニリ _ , イ
、`ヽ、 _!      /    |    \    l´ /
.lヽ、 ` ーl     /     l     ヽ  1イ


809 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 22:02:21 ID:ICiQedT+

                __ ,. -  、  , -- 、
        ,.  - 、 ,. '".:.:.:.:.:.:く.:.:.:.:.:.:.:.`- 、.:.:.:.:.:ヽ
      /.:.:.:.:.:.:.:.:'    .:.:.:.:.:.:'、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、.:ヽ.:.:.:.:.',
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:  /   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:'.,.:.:.:i
    ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.: /      .....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',.:i.:.:.:.!
     i .:  ..:.:.:.:/    ..:.:.:.:.:.:.:.:,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.:.:.:.:.i.:!.:.:.l
    l ,...:.:.:.:.:/.:, イ.:.:、.:.:.:/.:.:./ !.:.:.:./ヽ/ヽ.:.:.:.:ト'.:.イ
     /.:.:.:.:.:.:.'.:´.:..!.:.:.:.:`/! メ、  !.:.:/ イilヽ、 i.:.:.:/.:.:.:.:',
   /.:.:,.:.:.:.:.:.:.:.:.:._j.:.:// i ノ! ` レ'  l'il } !ヾ'.:.:.:.:i.:.:.i
.   i.:.:.i.:.:.:.:.:./´ヾ 'ヾ l l j       `' '`lノ.:.:.:.:.:.l.:.:.:!
.   !.:.,l.:.:.:.:.:.!   ',  'ヽ `゛    ,   /.:.:.:.:.:.:.:.:lヽノ
    レ' l.:.:.:.__l    i` ー 、    r―,  , ィ'.:.:.:.:.:.:.:.:./ '
     ヽノ ヽ、   l、  ,ト、` ー -- r' ヽ i.:.:.:.:,イ.:/
     l'    i`   ヽ-‐'´ ̄ ヽ !`ヽ `ヽ/ '
    r'  i   l      _ _,.. ィ'  l、 /l-- 、
   ヽ ! l   l _ , イl !  ,イ ヽ   l'  !
    ヽヽ__ーr‐ ' 


810 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 22:03:01 ID:ICiQedT+

                    ,... -―‐- 、   iヽ
                , '" .,: : : : : : : : : : : ヽ l )
              , ': . . ./. . . .      : : : : '- 、
               /: : : : :/: : : : : : : : : : i.       ヽ
               i: : : : : :i: : : : : : : : : : /l: : : : .     i .',
                l l: : : : :j; i-、: : : :/´/ 丁ヽ: : : .   ト、l
              弋i: : : :l ヽ―--' ‐'ニ`ヾ、: : : : : :i. . .l: :ヽ、
             -ニ-r‐'/ ij     |イl  i ヽ、: : :/: : /,.._ ン
             ノ__.i: l,' lノ    lノ  ノ、 /`‐- ': : ヽ'、
                   l./ヽ ,         '  ,': : /‐-r‐イ´
               l.i、' '     ' '     ,': : /  ノ'"
               l./ヽ  ‐          i: :/-イ
               l'  ヽ ____   ./ l/: :/
                 ,_. ィ'" ト、   /レ'-、'
              ,. ‐'´.:.:.:.l.:.:.:.l,-/`r、' l`iヽ
            ,r'.:.:ヽ、.:.:.:.:i.:.:.:r' '   ヽl.:.ヽ.:ヽ、
             l.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.ン.|     l、.:.:.i.:.:.:.ヽ
            |.:.:.:.:.:.:.:.:i'.:l.:.:.:ヽ    ノ.:ヽ'.:.:.:.:.:/i
                l.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.i.:.:.:,rl、  /.:.:.:.:〉.:.:.:/.:l
               |i.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.ヽ/.:.:.:.:.:`゛i.:.:./ロ.:r'.:.:.:|
                |.:l.:.:.:.:.:.:.:.|.:./.:.:.:.:.:.:.:.//.:.:.:.,'.:.:.:.:.l
            |.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.i/.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.l



811 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 22:03:31 ID:ICiQedT+

              ____
        ,. '"´.:`´.:.:.:.:.:   `ヽ、
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..    ヽ
      /.:.:.,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.:.:.:/、     '.,            __
.     /.:.:./.:.:.:.:.:.:./'⌒/.:./ ヽ‐ト、.:.:.:.i.:l          ,.  '"::::::::::::::` ヽ、
.    ,'.:.:.:,'.:.:.:.:.:.:.:l.:.:./-i/    ヾ、.:.:.:.:.l.:!        /:::::::::::::,:::::::::::::::::  ヽ
.     l.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:/i/i_jl    'riヽヽ.:.:.!'     /::::::::::::::::/::::::::::............,i  ',
.     l.:.:.ヽ.:i.:.:.:./'i   ! .l.    i'l i ,' ヽ!      /:::::::::,:::::::'ヾ,. -イ::, -‐' lィ、  !
    /.:.:.:r' `ヽ/  `  `゛   、 '' ' !      ,'::::::::::!::::::r'",. ' ,ri   _' `!::::l
.   /.:.:.:.ヽ     ' '      ' ' j       i::::::,.‐l::::::l イ i ノ   /j ilノ::/
  /.:.:.:.:.:.:.:.`ー- 、       0   ,ィ         l::::::l !::::.:l  , ,゛   レ ノ,イ
  ,'.:.:,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l ヽ、    ,.ィ'.:.:.',         ,l:::::::` !::::::l      ' , , !::l
  '´  l.:.:.:.,ィ.:.:.:.:.:.l    ` T.:.:.:.:.:.r、.l       ,':::::::::::::l:::::::! 、    ' , ィ':::::!
    レ'  ' ヽ'ノ     lヽ'ヽノ `      ./:::::::::::::::l::::::l  ` r- '::::l::!::::::!
      ,.. イ::ヽ、 __   `ヽ、       /::::::::::::::::::l::::::!    l:::::::::::l::::::::,'
    /   ヽ::::::ヽ、  ` ´   l:lヽ、  .ノ::::,::::::::::,..ィ l:::::l __  ヽ、:::::!::::::,'
     !      i:::::::::::`::ー--.....'::::.', ヽ ´7:::::, '´   ',::::ト、 `   `ri、::/
    ',      l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ i  ' ー-l     i、l::::ヽ、___ノ.!:/、
     ',       !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    ',     i'::ヽ:::::::::::::::::::レ'、 !



812 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 22:04:06 ID:ICiQedT+

               _,. -ーv'⌒ ー--ー7   l   !
           γ.y'" '  ~ヽ、     ̄'''ー、 l   l
          _/ / , ,l /ゝト、リ 、  ヽ ヽ、、ヽl   l
         ''ラ  レ/!ヾ ' 。ヽレ、-...,,_ヽ−''  !   l
         /   ノfヽ゚ _, -、 ,ノ     _ゝ-‐''~    !
  , -ー-ク   ソ /,;;::'..,,,,ゝ'-‐'''"ヽy-ー-''"      _,,...ノ
 セヽ 〈    ノ ,'..::::......,...::::::::::::::...:l ノ     _,,. -'''~
   ~ヽ ヽ   ,,l::::::::::::::':ヽ::::::::::::::ノ! , -ー''''て_
    ヽ  `‐''" ヽ::::    ヽ :::::::::::}!  ヽ  ヽ''"
     ヽ_,,,... -/        /     ヽ |
         ./ _,,... --- ..,, 〈     ノ ノリ
        /'''" ,      ヽ!   ヽ、 (
        /   _,,.. -----..\   )~
       ;'_,,. -ニP-ー'''' ̄''''ニ弐ヽ /
       j-ィ''~ l         `\
      /'~   l       ,,..    `ヽ
      /     l    , / ,,.. -- 、 l}
     /  ̄''=、 ヽ  /,.-''"     ヽ
     /-ー―-ニヽヽ//         ヽ
    /       \{            ヽ
    ;         l!           ヽ
    i         l l            ヽ
    .l         l  l            ヽ
    l         l   l           ヽ


813 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 22:05:00 ID:ICiQedT+

        /             \
         /                ヽ
      /  /  ,      、    丶 ヽ
     , '  /   /    ,.-T、''‐   l  ヽ、
    /_ ,'  ,-'ナ''ト l   !∨ ヽ ∧  l  _.>
    ̄ / l  /V  ∨ヽ / ,,.-‐リ、、、 l   `ヽ、__
    /   l /     ∨  ' lイヽ ヽゝリ、  __,,..-'
  ∠... -''7 ,ィヾ  _,,,,,._,_    lリl  ~ /l l-、、、
      ',ニヽlヽ='" ̄  、  ヾ' ' ;' lノ ̄''''ァ
     r''   l l、 ` ` 、.. ‐-' ` ` ,:' !    l
      }    l !` 、      _,.-' l i    l
   (⌒ヽl    ヽ!   `i ー-‐''l   レ'    l
    `ヽ、\.r-v-tt、、、ノ     i  _   /
      ゝ、 l ヽ l l  _      `'''"l ! `ヽ./
     r:'  ヽヽ ヽl l   ̄`      l l   ヽ
    /、 ヽ ヽゝ ヽL_      _j_l    lヽ
    〈 ヽ、`ァ'l   )ー--ニニニ´-―l   l ヽ
    ヽヽ.二)   l           ヽ  l  ヽ
     ヽ     lー――――-----、、l  l   ヽ


814 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 22:07:15 ID:ICiQedT+
http://g002.garon.jp/gdb/GW/0z/0J/wG/8Q/f-/qy/mE/bO/3Y/SD/pMQ.gif

815 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 22:18:54 ID:ICiQedT+
名前: 名無しさんにズームイン! 投稿日: 2005/08/01(月) 22:18:31 ID:3Z8jg/Ud
これ全部逆効果だろ…
372 名前: 名無しさんにズームイン! 投稿日: 2005/08/01(月) 22:18:31 ID:Svg4WUdj
暴行キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!
373 名前: 名無しさんにズームイン! 投稿日: 2005/08/01(月) 22:18:31 ID:e6S0mQAm
息子、どこにも居場所無いなww
374 名前: 名無しさんにズームイン! 投稿日: 2005/08/01(月) 22:18:32 ID:kLVqcNwV
虐待またキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
375 名前: 名無しさんにズームイン! 投稿日: 2005/08/01(月) 22:18:32 ID:OKTZs1yf
よくテレビに顔出せるよね?
376 名前: 名無しさんにズームイン! 投稿日: 2005/08/01(月) 22:18:32 ID:NIbJu24r
虐待キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!
377 名前: 名無しさんにズームイン! [sage] 投稿日: 2005/08/01(月) 22:18:32 ID:LZ8PDa+u
家庭内暴力が酷いようなので児童相談所に通告しますた
378 名前: 名無しさんにズームイン! 投稿日: 2005/08/01(月) 22:18:32 ID:pJN85DzL

816 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 22:25:06 ID:ICiQedT+

│    /´・ヽ !
└→  ノ^'ァ,ハ
    `Zア' /
       ,! 〈
      /   ヽ、_
    l       `ヽ、
    ヽ       ヾツ
       \        /
         ヽ rーヽ ノ
         __||、 __||、



817 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/08/01(月) 22:56:30 ID:lMvrOshA
スレがだいぶ進んでる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

818 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 22:58:09 ID:ICiQedT+
オマイラプギャ━━━━━━━━━━━━m9(^Д^)━━━━━━━━━━━━ッ!!!!
オマイラプギャ━━━━━━━━━━━━m9(^Д^)━━━━━━━━━━━━ッ!!!!
オマイラプギャ━━━━━━━━━━━━m9(^Д^)━━━━━━━━━━━━ッ!!!!
オマイラプギャ━━━━━━━━━━━━m9(^Д^)━━━━━━━━━━━━ッ!!!!
オマイラプギャ━━━━━━━━━━━━m9(^Д^)━━━━━━━━━━━━ッ!!!!
オマイラプギャ━━━━━━━━━━━━m9(^Д^)━━━━━━━━━━━━ッ!!!!
オマイラプギャ━━━━━━━━━━━━m9(^Д^)━━━━━━━━━━━━ッ!!!!
オマイラプギャ━━━━━━━━━━━━m9(^Д^)━━━━━━━━━━━━ッ!!!!
オマイラプギャ━━━━━━━━━━━━m9(^Д^)━━━━━━━━━━━━ッ!!!!
オマイラプギャ━━━━━━━━━━━━m9(^Д^)━━━━━━━━━━━━ッ!!!!


819 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:00:22 ID:ICiQedT+
俺の友人、やべえんだよな。
ゲームしか楽しみがないらしくて、暇があればずっとゲームやってる。
昨日は15時間やったとか、いつもつまらないことばかり言ってる。
ゲーム以外の話題にしようとすると不機嫌になる。
いつからか学校に来ることが少なくなって、球技大会とか面倒くさそうな行事が来るたびに決まって休むようになった。
俺、そいつと仲がいいから、後始末やらは全部俺がやることになってる。それはもう慣れたが。
たまに遊ぶことがあるんだけど、そいつの家にいけばやることはやっぱりゲーム。
将来ゲームクリエイターになりたいとか抜かしてんの


820 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:06:53 ID:35SsjU6d
cbdirect_2001
cmdty191
eyeballsp
gjyjn012
gpyrch
hounann55
jgvuid
lofwert
mccmfx
monte_ss305
ncxas
pouhks
rubymoon1965
syuouwk
unnte5
xb12
ycyws547
ym362005

821 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:07:25 ID:35SsjU6d

Q: ここで欲しい物が安いのですが、買っても大丈夫なの?
A: 安物買いの銭失いを地に行くようなものです。やめましょう。

Q:それでも買いたいのですが。
A:部品取り、レストアベースとして割り切るなら、まあいいんじゃないかと。
 所詮、業オクで問題ありの物ですから。。。

Q: 買ってしまった場合、走れるまでどの位費用がかかるの?
A: まあ、買値と同じくらいか、2〜3倍はかかるようです。覚悟を決めましょう。

Q: なんかスレの流れが速いですね。
A: 都合の悪いことが書かれていたのでしょう。宣伝の甘いキャッチフレーズに
 騙された人が、怒りを爆発していることがあります。



822 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:08:00 ID:35SsjU6d
KRPヤフオク歴代出品ID
「isotsugu」「beko_no_bonno」「ducazuki」「bmzuki」「buells1zuki」「harleyzuki」「z1rzuki」
すべて削除。よくもまあ続くもんだね。
現在自己紹介欄は「ケイアールピー」

検索エンジンヒット用キーワード
ker_pi
kusifr
mig5656
K.R.P
KRP
ケイアールピー



823 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:08:33 ID:35SsjU6d
「イオン無く絶好調」のハーレーを110万円の希望落札額で落札。
さらに納車手数料・点検料もちゃんと払ったと思われる。
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/71204693

それなのに
>落札者から「 非常に悪い 出品者 」と評価されました。
>コメント:落札前に電話確認したところエンジンも掛かり正常に走るとの事でしたが、
>陸送で届くやいなやエンジン全く掛からず。納車前に点検したとの事でしたがなぜ
>マニホールドが外れているのでしょうか?点検費用を払っているのですからプラグ
>2本だけの交換でエンジンオイルはのり状・(2004年 11月 25日 20時 38分)
>コメント:態、古いバイクと言うのはこちらも充分わかります。ハーレ-を何台もあつ
>かっているようですがメンテナンスをしたことはありますか? (2004年 11月 25日 20時 41分)
>コメント:ちなみにキャブレターもオーバーホールが必要です。この車両は、かなりの間
>動かしてなかったのでは、少なくともそちらでの点検時ではエンジンはふけあがらない状態です。
>(2004年 11月 25日 20時 45分)
>コメント:到着時に私から連絡を差し上げましたが一方的に電話を切られたのはなぜでしょうか?
>(2004年 11月 25日 20時 47分) (最新)

>返答:他意は御座いません。旧車現状ですのですいません。 (2004年 11月 25日 21時 13分)

だとさ。



824 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:09:06 ID:35SsjU6d
〜〜〜【絶好調】なころのKRP名言集〜〜〜
返答:ベガー。
返答:当店でもめずらしいレディースベガー。
返答:エンジンは一切問題有りません。ベガー指数100という所でしょうか。
返答:このような評価にされて貴殿のセコサにビックリしました。
返答:いい加減にしてね。バイク乞食。
返答:KRP Groupは皆様の支持で年商12億円を超えております。
返答:荒利は1割もございません。
返答:私の会社は山善商店とか、あかんたれの成田屋をモチーフにしております。
返答:平成の猛やんこと太田いそつぐ。
返答:うちも商売ですしあまりにも安ければ売れないで取り消しして何処が悪いの。



825 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:09:38 ID:35SsjU6d
自作自演の吊り上げ工作が絶好調で、数々の迷文句を生んできたK.R.P.であるが、多くの被害者と、
多数のねらーがヤフーへの苦情が殺到し、ついに5月下旬には、吊り上げ用IDと出品用IDが
デリられる。また、バイク乗りの間では、「ベガー」と「イオン無く絶好調」が有名なネタとなる。
ネット上でも、2ちゃんねる以外の数々のブログと掲示板において、ここのバイクショップネタは
話題となっている。

ヤフーにおいては、K.R.P.の言葉が使えなくなった模様で、ケルピーや、ほかの個人名として、
バイクをそのオークションへ多数の出品をしている。しかし、完全にウォッチされてしまい、
現在は閑古鳥が鳴いている状態へなっている。一時期、ライブドアへ出品されたが、 これも
即座にIDをデリられた。

6月に入ると、goobikeへ宣伝を開始され、K.R.P とはっきり屋号を出してオークションとは 別の
ネット販売を開始されたが、ヤフーオークションとは違って、コメントが出ないので、はっきり
しなくなっている。最近は、近畿圏以外に九州・関東などへ輸送用トラックの目撃情報が相次いで
いる。7月には、関係者らしき自作自演用IDに於いて、アダルトグッズ・ピンクローターの落札
履歴が発覚した。


826 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:10:11 ID:35SsjU6d
最新リスト
■要注意ID
qrthk005
dush_0412
ukegbnori2

★確定のID
hime2bakahime (※アダルトグッズ、ピンクローター落札ID)
hekeheke777  
hamo0302


827 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:10:54 ID:35SsjU6d
http://dl1.n1e.jp/DATA/MOVIE/6-267g071e/6-267g071e.jpg

828 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:12:08 ID:35SsjU6d

    \  ガンバレガンバレ!    /  +
      \    オウエンスルヨ! /
   +                  +
       /■ヽ  /■ヽ  / ■ヽ
    (( ∩,,・д) (,,・∀・) (д・,,∩ ))
  +    ヽ ⊂ノ (⊃ つ (⊃ 丿    +
       (__(__) (__ノ__ノ  (__)し'  +




829 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:14:39 ID:35SsjU6d


 ゜ ,   , 。 .   +  ゜   。  。゜ . ゜。, ☆ * 。゜. o.゜  。 . 。
。 .  .。    o   .. 。 ゜  ゜ , 。. o 。* 。 . o. 。 . .
        。   .   。  . .゜o 。 *. 。 .. ☆ . +. .  .
 。 .  . .   .   .  。 ゜。, ☆ ゜. + 。 ゜ ,。 . 。  , .。
    ゜  。   ゜  .  +。 ゜ * 。. , 。゜ +. 。*。 ゜.   . . .  .
 。  .   . 。 。゜. 。* 。, ´。.  ☆。。. ゜。+ 。 .。  .  。   .
  .   。  ゜ ゜。 。, .。o ☆ + ,゜。 *。. 。 。 .    。    .
 ゜ .゜ ゜  。゜ + 。. +。 * 。゜。゜., ,+ 。゜. 。 . .   ,    ,   .
゜。゜+゜`, o。。.゜*。゜ 。.゜ 。 ☆+。。゜. ° 。 .   ,      ゜    ゜
 。, .゜。 + ☆。,゜. o。 。+ 。゜.,  . ゜   ,   。     。   .   .
 ゜. o * 。゜。゜.。゜。+゜ 。 。 ゜。 ゜ 。  ゜
゜` .゜ .゜. ゜. . ゜  .  ゜  .   ,  .     .  .   。      ゜ .
         ,-、            ,.-、
        ./:::::\          /::::::ヽ
       /::::::::::::;ゝ--──-- 、._/::::::::::::::|
       /,.-‐''"´          \:::::::::::|
     /                ヽ、::::|
    /    ●                  ヽ|
     l   , , ,             ●      l
    .|        (_人__丿     、、、  |       l                      l
    ` 、                       /
      `ー 、__               /
         /`'''ー‐‐──‐‐‐┬'''""´


830 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:15:31 ID:35SsjU6d
                           人_,.-'
                           ノ   、、    ,   、、
                            ヽ 二 /   ,.イ -ナ┐  '- /
                            ノ  / ヤ  |  /  |  /
                         <
             つ、            )   ̄フ  ---     /7
             ,{{iii}}}}、          <     人   フ~ イ ツ  /
           ,.-{{{iiii}}}}}"''-、_        )
         ,r'´ . .`""´    .ヽ      ヽ/Y^'v'^V⌒'ヽ、 .人/^'v'"
        /      /,.-、   |                Y
        .|     ,,;="  ヾ   |        ヽ^ヽ, .,.-、
        | '⌒'=ィ {i ,r'^'ヽ,    r'´'i       ) Y └、
       ト|. こ,こ'i  ゝ,__ン     !ζ .ト-''"^'-ヽ.r'´     .└i
       |.d ,.  .i|  ~~っ ,.-、 r'´      」       ノ
     __,.人r、L_,,,ゝン,,-"_,.イiiii7 .|    ,へ'^'、     /
  ,.-''"´   | ヒ^'----''"´,,.;ii||ツ /   /   ヽ、`ゝr'"´
,r'´      .| .|||iiiiiiiiii!!|||||||ツ ./  /      o >
|   -''"^ヽ-、」 .|||||||||||||||||ツ /,.-'´      .o ,イ
.ヽ、      | .||||||||||||||ツ /~        ./ |
  `T'-、    | |||||||||||ツ /「 r'     ,.-'´   |
   .|  `"''-、」.|||||||||ツ/  N    ,.-'´ |   |
   入     |`!ii!.ノ ト、__    ,.-''"   |    ヽ
  /  ヽ    トー´/ ヾ.Y`7''''´     人    ヽ
/    ト、  し'´    /        /  \    >、



831 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:16:23 ID:35SsjU6d
こんな夜更けに、普段来てない吉野家に馬を走らせるのは誰だろう。
 それは一家4人だ。父は特盛頼んじゃうぞー、とか言っている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには通が見えないの。150円やるからその席空けろと言っている・・・」
父   「あれはたなびく垂れ幕だ・・・」
通  「かわいい坊や、ちょいと聞いてくれよ。関係ない話をしよう。大盛りにはギョク(玉子)が入ってるし、ねぎを私の母さんが多めに用意して待っているよ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。通がぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、隣の奴がざわめいているだけだよ。」
通 「いい子だ、おめでてーな。私の向かいに座った奴がもてなすよ。お前といつ喧嘩が始まってもおかしくない、刺すか刺されるか、そんな雰囲気だ。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに通の向かいに座った奴が!」
父 「見えるよ。だが、あれはUの字テーブルだよ。」
通 「愛しているよ、ボケが。お前の美しい姿はもう見てらんない。 力づくでもすっこんでろ!」
子 「おとうさん、おとうさん!通がぼくを問い詰める!通がぼくを小1時間問い詰める!」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで吉野家に着いた・・・
 腕に抱えられた子はすでに店員にマークされていた。



832 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:16:56 ID:35SsjU6d

                ;' ':;,,     ,;'':;,
             ;'   ':;,.,.,.,.,.,,,;'  ';,
            ,:'           `:、
           ,:'              ',
           ,:' /        \   ;'   ショボーン
           ;  ●      ●    ;'   
           ';,   (__人__)      ;'
            `:、            ,;:''
             ';           ':;,
             ';             ':;,   ;`;,
             ';              ':;,丿 ;'
             ';               ;:_,;''
            (.,.,.,.,..,).,.,.,..,.,.,.(,..,.,.,.,..,.),.,.,,..;


833 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:18:22 ID:35SsjU6d

        .,yy_                .,yy_
    ..,zy .ll ̄ll     .llllllllllllllllllllllァ   .ll厂》 .zlz
   」ll厂 .゙ア″     |llll ̄ ̄¨|lll|    .゙ア″ .リlllz                   .,zlllllllllllz_
  .{ll^          llll!    |lll|         ゙《li,   :y_ .ulli.   uyyyyyyy、 .illll厂 .リllll
  illl′          |lll|    .llll!         ゙lll!   illlll|゙ .{lllli.   ^^^リ丁》lll「 ゙゙゙″ .,」llll「
  lll!           .llll|    .|lll|          |ll!  illlll|  ゙|lllli.    |lll|llll「    .,illll厂
  |ll|          ,illll′   .|lll|         .illl゙  ,llllll゙   《llll!    |lll゙″     i;;;ト
  .《ll、         ,illll「    .llll!         ,illl「 illlll|′   .《llll!   .illll′     ___
   .゙リlly      .lllllllllllllllllllllllllllllllllllllト      ,zll|¨  フll″    ミ「′ .,illll「       llll|
    .゙干      .|lll|        .llll!      .(|厂            ゙ア′ 



834 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:18:53 ID:35SsjU6d

           (\
            \\\
            (\\\\
            (\\\\\
             \\ |||
 ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ||
   ̄ ̄( ̄ ̄//// ̄\ _∧ ∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ̄(//// ̄\\ミ ゚Д゚ミ <フサエルは犬天使だぞゴルァ!
         (/(/// ̄_ミつ つ   \_______________
             (/(/_ミ   ミ
              (/((_/ ∧|
                  ∪  ∪


835 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:19:43 ID:35SsjU6d

      ∧∧
    /,,(,,゚Д゚)っ旦~ 1000をゴールにしてもいいじゃないかゴルァ!
   //\ ̄ ̄ ̄\  ということで835
  // ※.\___\
 \\※ ※ ※ ※ ※ヽ
   \`ー──────ヽ
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


836 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:20:57 ID:35SsjU6d


□□□□□□□□□□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□□□■□□□■□□□□□□□■■■■■□□□□■□□□□□□□■□■□□□□□□
□□□□□□■□□■■■■■□□□□□□□■□□□□□■□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□□□■□■□■□□□■□□□□□■□□□□□□■□□□■■■■■■□□□□□□□
□□□□□□■■□□■□□□□■□□□■■■■■□□□■□□□□□□□■□□□□□□□□
□□□□□□■□□■□□□□□■□□■□□□□□■□□■□□□■■■■■■■□□□□□□
□□□□□■□■□■□□□□□■□■□□□□□□□■□■□□□□□□□■□□□□□□□□
□□□□□■□□■□□□□□□■□□□□□□□□□■□■□□□□□□□■□□□□□□□□
□□□□□■□□■■□□■■□■□□□□■■□□□■□■□□□□■■■■□□□□□□□□
□□□□□□■■□□□■□□■□□□□■□□■□■□□■□□□■□□□■■□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□■■□■□□□□■■■■□□□■□□□□■■■□□■□□□□□□



837 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:21:31 ID:35SsjU6d

          /ヽ     /\
         /  ヽ    /  \
       /    ヽ    /    \
      /      ヽ  /      \
    /        ヽ /        \
   /           V          \
  /                         ヽ
 /                          ヽ
 |     ●    ______   ●   |  ● ● ● ● ● ● ● ●
 |                           |                       ○
 ヽ                           /
  ヽ                        /
  /     _                   ヽ
  /    /  \ ┌―――――┐ ヽ    ヽ
 |    /    / |_____|  ヽ/  |
 |   ̄     /   | _____ |    /    |
 ヽ     /   |______ |  |__ /
  ヽ         └―――――┘      /
  ヽ          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ヽ
   ヽ/           ヽ          ヽ
   /             ヽ          |
  /               |         |
  |                |          /
  ヽ___           /         /
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



838 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:22:05 ID:35SsjU6d

          /ヽ     /\
         /  ヽ    /  \
       /    ヽ    /    \
      /      ヽ  /      \
    /        ヽ /        \
   /           V           \       ━━━━     ━━━━┓
  /                         ヽ                           ┃
 /                          ヽ                     ┃
 |     ●    ├――――┤    ●   |                     ┃
 |           \       /         |    ━━━━━    ━━━━┛  ○
 ヽ.            \___/         /
  ヽ                        /
  /     _    ∫ ∫ ∫       ヽ
  /    /  \ ┌―――――┐ ヽ    ヽ
 |    /    / |_____|  ヽ/  |
 |   ̄     /   | _____ |    /    |
 ヽ     /   |______ |  |__ /
  ヽ         └―――――┘      /
  ヽ          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ヽ
   ヽ/           ヽ          ヽ
   /             ヽ          |
  /               |         |
  |                |          /
  ヽ___           /         /
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


839 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:22:44 ID:35SsjU6d

                   |\
                 __|  \
           __ /   |    \
           \           ヽ  
            ∨          i      
             |<()>  <0> |    
             三  、_人_,     三    乗っ取り予約だ!
              \  └'     ∠ 、        
                ミニニ{互)r'"{_ |     文句あっかてめーら。
             /       ├―l  |
            /       、  |―― '    
          /          |  |
          }     _論  |  L   
         /    ′  V´~}、_}     
        ハ、       __/ -'            
       / /  ゙ '' ー一 '"            
.       { {
      , .へ\    
     /三. \\   
   (/= "  \)


840 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:24:35 ID:35SsjU6d

                         ★         |     ィ === 、
     ☆                             |    //´∧∧ヽ∨
          ★               ★       |   ( ( (ー ゚* )')} !
                ☆                  |    }} ルっ:r //
        ★                ☆           .|    //  〉。:: { {
                   ∧               |  ∠/  ん、ィ_ヽ\
            |\   _/  V                   |           \7
            |  \´   `  V             ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            }          ヽ                    .\
            |   _     __ {  マンセー一杯貰えますように    \ 、
            三    、_人__ 三                  >一r┬や 、
             \    |_/  /                 /  , / |  \ 、
              /三二{瓦イ                   /__/ 厂~}  \ 、
             /    、 /´)}  …って七夕過ぎてるじゃねーか    .|マ |    \ 、
            /        //                        |ン | 
           /        r'′                        . |セ !     
          /         |      ┼――――――――       | l |
         /{         |      .  |                    ̄
         /ハ、    _  ノ         |  


841 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:25:15 ID:35SsjU6d
             、
            /  ヾ
            | |   \
                |: |    \      
              |:: |     ィヘへ  " ー- 、   
            |::.. |  /           ' r―---   _     
               l::::... '"  /              --一  ..:::::ラ
             |:: ////              ...:::::/
             } / / / :/ / /     ヘ. |    ..:::::::/
             ∨ / / / /Vハ,  r/ハヽ| レ  ....:::::/
             レi ′ .lrクムミ レヘ|′  レヘ=ミ レiヘ
                |ハ| N :::::::}      イ:::::..∨ | |ハ
               | ! ;| .ト::ン      |:::::::;; レ仆| .ゝ
                   V| |     、      ー‐' | |り |
               |ハゞ   、_        /ハトゞ  
                 |ハヽ     ̄    ,∧レ ハ|  
                    ` t--   イノノ、 レ′
                   _ノ     _
                 ィT   ‐-、   , -‐ 丁l 、


842 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:29:58 ID:35SsjU6d

         ∩___∩
         | ノ      ヽ
        /  ●   ● |     出かけるクマ
        |    ( _●_)  ミ
       彡、   |∪|  、`
      /      ヽノ ::::i \
     /  /       ::::|_/
     \/          ::|
        |        ::::|  クマ
        i     \ ::::/ クマ
        \     |::/
          |\_//
          \_/



843 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:31:19 ID:35SsjU6d

:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;, - =ー-、.:;:;:;:;:;.γ        `、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; ::   ○
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;r'; ; ; ; ; ; ; ;゛,:;:;:;/          `.:;:;:;:;:;:;:;:;: ::
:;:;:;:;:;:;:;:;,,."; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ゛,'               `:、:;:;;:;:;: ::.................
:;:;:;:;:;:;,'"; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; `゙、            ヾ:;:;:;:; :::;:;;;:;:;;:;:;:;:
:;:;:;:;:;/; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; 、λ λ         \:;:;:;: :;:;:;:;:;:;:;::
:;:;:;:;,'; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;(,゚д゚,)          `、:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:
"""""""""""""""""""""ノ`y´ヽ""""""""""""""""""""""""""
                 ヽノ=.ヽノ
         ....      く/:::::ヽ>                  * 。.゚*
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,::"゛`';'´゛;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,*ヽiノ,,,,,,,,


844 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:32:28 ID:35SsjU6d

;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:       仲間
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:>;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:      敵
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/<;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:      技
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/: :  .iー----- へ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:    設定
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/: :  ヾ   i/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:   etc・・・
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:r: :       !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l: : :   O  Oi;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:我輩は普通のギコである;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i: : : :''  /~l ノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:だが耳の形がちがう;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:>: :   ´ ̄く;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:名前はまだない(募集中);:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ::ヽ       ハ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:詳しい設定も無い;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/: : : 丶   / .i;:;:;:;:;:;:;:あなたのAA投稿で俺の運命が決まります
;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ: : :   \./ .i;:;:;:;:;:;:投稿さえしてくれれば粗方>>1が頑張ります
;:;:;:;:;:;:;:;:;:r: : : /__/__i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:'-‐--' ,,_::_._,,,|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:LET’S  GO!!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;/;;;; :: :: :: :l.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:



845 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:33:05 ID:35SsjU6d


             `ヾ      `ヾ
             γ^ヽ    γ^ヽ
                /:::  丶  /:::  i
            /::::::   \'::::   i
            i::::            i   だって嫌いなんだもん?
            |:::   O   O i
            |:::  ''''  (二/   i
             >:::::       <



846 :アチュットジ:2005/08/01(月) 23:33:26 ID:z12ICrXV
>>836





















がっ

847 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:34:07 ID:35SsjU6d
       ________                   ________
       |           l\        ∧          |        |\
       | 「「「「「「「「「「 | ::::\        lHl         | 「「「「「「「「「「「 | ::::\
       | 「「「「「「「「「「 | :::::: !    _lHHl _     | 「「「「「「「「「「「 | :::::: l
       | 「「「「「「「「「「 l :::::: !    l;;,,,   ,,;;;;;l     l 「「「「「「「「「「「 | ::::::: !
       | 「「「「「「「「「「 l :::::: l   |;;;;     ;;;l      | 「「「「「「「「「「「 | :::::: !
       | 「「「「「「「「「「 l :::/ ̄ ̄ ̄l;;;;  <  ;;/ ̄ ̄ ̄;! 「「「「「「「「「「「 ! ::::: l
       | 「「「「「「「「「「 i ::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;; <   ;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;! 「「「「「「「「「「「 ! ::::: l
       | 「「「「「「「「「「 l :::::: l ̄ ̄l;;;;<     ;;;l ̄ ̄ ̄| 「「「「「「「「「「「 | :::::: i
       | 「「「「「「「「「「 i :::::: l   /;;;  <   ;;l     | 「「「「「「「「「「「 | :::::: l
       | 「「「「「「「「「「 l :::::: l   l;;;;;   < ;;;l      ;| 「「「「「「「「「「「 | :::::: !


848 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:34:16 ID:DMK2qGBA
滝川クリステル嬢夏休みだとおおおおおおおおおおおおおおおおおお

愚喪なんかどうでもいいから滝川クリステル嬢出してください

849 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:35:01 ID:35SsjU6d
                                                      |
                                      ━━==]司〓ヨ             |
                                   ___   ~|□  ┌┐          |
                                ,,-|][ ][|」――┘└―┘└┸---┸―――| ┐
                             _ ,,,-'''__,,,,,__    ,,-ー''''~ ̄ ̄ ^ヽ^ヽ^ヽ^ヽ ̄皇├┐
              (○) ̄) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄))  )  ̄ ̄))| ̄ ̄|          ̄ ̄ ̄田田田田┤
                 ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ | ̄| ̄。ノ |__|____________./ ̄
                     __,,,,,,-─''''~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,,-'''~__,,,,,,-─''''~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                   /ニニ/ ニニニニニニ/ニニ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                  〈_______〈.О__ゝ__ゝ_О〈 ________/.\  |  |  |  |  |   /|
                   ヘ===ヘ ヽ       ̄ ̄ヘ====ヘ/⌒'‐┴―┴―┴―┴―┴―r''"″″
                    \===\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \====ゝ__人__人__人__人__人__人__r''"″ '"″″ ″
         ""''""''''""''"''''"""'''''''""'''''' ""''""''''""''"''''"""'''''''""'''''' ""''""''''""''"''''"""'''''''""'''''' ""''""''''""''"''''

850 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:35:47 ID:35SsjU6d

                       男のような女のような奇妙な侍さま。
   |ヽ              /|
  | \           / |   あなたの名前は 『ぶどうぱん』 です。
   |   ヽ          /  |
   |    \      /    |   なぜなら、あなたは武道をしてるし、
  |     ー−‐−'     |
    |                |   ぶどうぱんのレーズンのように
   |    ●   ___   ●   |
   l        |:::::::::|       l   あらゆるAAがついてからこそのAAだからです。
    |        l::::::::::l       |
   l        /ー-‐ヽ     l    そしてなにより、おなかを壊した私が
   ヽ              /
    `ー、         ,―'      今 食べているのが『ぶどうぱん』だからです。


851 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:36:45 ID:35SsjU6d

                                            ∧∧
                                             c(Д゚:)
                                         と  ノ
                                    _    と⌒ノ
                ∩__∩                /   (_ノ
                (,, ・Д)つ十━─――!ヾ    /  / /
               (,,,つ ノ        ,. ' ,   /  Y  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ,
              r-/ /)  川     _ ゛ ,.'     /|   喋るn    !
'           ―二二三三彡'  _,, ・''_,,, ''´スッ  / /丶_____丿


852 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:37:46 ID:35SsjU6d

               (⌒~ヽ     γ ̄ヽ
                \>  ヾ   ノ <ノ
                 !:    ̄ ̄` .  !
                 !:: 「! 〈{::+::フーl〕iこ!mn、
                   ヽ::,,丶=='   ,:/ と ー::::;;;
                   >:,,;;;;;;;;;;;,,, <   ゝ;,  ./
                     /;;,,  `  '  ̄    /
                  /,,          ::,,,,,__〆
                  /;, /~バ;,,       :::〆' \
              ノ;〆/ !;;;       :/
             ('゛ろ'   T;;,     !        また予告
           /:/   /;;,,       i
          〆:/    /;;    r;  ヾ
        /:/      /;;    l:::   i
       /:/       ノ;;:: : :   i:::   !
     /;/       〆;;:: : : : ` 1:: ,   ヽ
    /:/         /;;::         !: : :    i
   レ'            |;;;;       ;;/\;;;,,,__ノ
             ヽ;;___;ノ


853 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:38:28 ID:35SsjU6d

             / )
            ./ / 
           / / 
           / / 
         ./ /_Λ     , -つ
         / / ´Д`)  ./__ノ   
        /    \ / /   ⊂_ヽ、
        .|    へ/ /      .\\ Λ_Λ
        |    レ'  /、二つ       \ ( ´Д`)
        |     /.          . >  ⌒ヽ
       /   /             /    へ \
       /  /               /    /   \\
      /  /               レ  ノ     ヽ_つ
     / ノ               /  /
   _/ /                /  /|
  ノ /                 ( ( 、
⊂ -'                    |  |、 \
                     .  | / \ ⌒l
                       | |   ) /
                      ノ  )   し'
                     (_/


854 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:40:52 ID:DMK2qGBA
漏れIDがGBAだた。

GBAでもやってます。

855 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:43:53 ID:35SsjU6d

 (^A^)
C(__)O
 ((■))
  ̄  ̄
 (^A^)
C(__)O
 ((■))
  ̄  ̄
 (^A^)
C(__)O
 ((■))
  ̄  ̄
 (^A^)
C(__)O
 ((■))
  ̄  ̄
 (^A^)
C(__)O
 ((■))
  ̄  ̄



856 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:44:50 ID:35SsjU6d

              今ここ
                ↓
宿題は7月中に   あと1ヶ月もあれば
やるぞ♪         余裕余裕        2週間ありゃ・・・        怒られればいいか・・・
  ∧∧    ∧∧      ∧∧    ┃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ∧||∧
 (・∀・)  ∩・∀・)   (・∀・)∩....┃::: ∧∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(  ⌒ヽ
 / ⊃⊃ ヽ  ⊃ノ  /⊃  / ... ┃:::('д` )::::::::::::∧ ∧::::::::::::::::::::::::::::::::::: ∪  ノ
 (  (    ヽ  )つ〜( ヽノ .....┃:::と  ヽ::::::::: ('д` )::::::(   )⌒ヽ;:::::::::: ∪∪
  (/(/'    (/     し^ J  ...┃:::⊂,,_UO〜:::(∩∩ ):::::|/.|/uと  )〜:::::::::::::::  
      まだ1週間しか     まだ半分あるよ・・・    3日徹夜すれば・・・
      経ってないし  

857 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:47:10 ID:35SsjU6d
僕は、神山満月ちゃん!

858 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:48:58 ID:35SsjU6d
夜遊びして、心配して夜通し探してくれたおとん
朝帰りして、涙目で平手打ちされた
悪態をつく自分に、中途半端で口答えしかしない自分に、
私たちが死んだらどうするのと泣きながらげんこつしたおかん
こころからありがとう
親はきらわれて当たり前
きらわれて、尊敬につながってく

859 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:49:29 ID:35SsjU6d
だれか電話して釣ってくれ
052-806-8588
FAX 052-806-4088


860 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/01(月) 23:51:17 ID:35SsjU6d
ttp://www.imgup.org/file/iup63934.jpg
ttp://www.image4u.jp/cgi-bin/girl_t/img-box/img20050801200800.jpg
ttp://www.wb43.com/entertainment/gif/EW03-51-16A-2-14.jpg
ttp://www.imgup.org/file/iup63822.jpg
ttp://www.imgup.org/file/iup63725.jpg
ttp://img39.imageshack.us/img39/3359/nerbleX-XeverwoodX-XemilyXvanXcampX01.jpg


861 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 00:07:59 ID:DSocZGGw
>>860
上から3番目と一番下のコ


862 :即死宣言:2005/08/02(火) 03:12:24 ID:dAba40rh
・・・次スレ、もう立たないかもしんないな。
しかし、みんなクオリティー高いな。到底駄目男とは思えん。

863 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 03:22:47 ID:ccAy5gFo

〜グモハンへ〜


もうやめちゃいな

もう書き込みしないで逃げちゃえばいいじゃん

引越し、バックレ、高飛びみたいなもんだよ

オレらと関わり無くしちゃえばもう楽になれるだろ?


それにな、

2chにお前が存在してると イ ラ イ ラ すんだよ

864 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 03:37:38 ID:j0MAeNpM
もうこのままグモのことには触れないで埋めちまおーぜ。
自然消滅って事でスッキリ。

865 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 08:10:23 ID:3F5tcsw3
産め

866 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 08:11:20 ID:3F5tcsw3
産め

867 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 08:12:03 ID:3F5tcsw3
産め

868 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 08:12:37 ID:3F5tcsw3
産め

869 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 08:13:50 ID:3F5tcsw3
産め

870 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 09:38:22 ID:ODzq4Ns3


871 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 09:44:30 ID:5BQhTyEt


872 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 09:52:50 ID:ODzq4Ns3
目玉の親父

873 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 09:55:44 ID:398aYo3M
〜スレ住人へ〜


もうやめちゃいな

もう書き込みしないで逃げちゃえばいいじゃん

引越し、バックレ、高飛びみたいなもんだよ

オレと関わり無くしちゃえばもう楽になれるだろ?


それにな、

このスレにお前らみたいな低脳が存在してると イ ラ イ ラ すんだよ

874 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:04:01 ID:+rVbgQNq
姉ちゃんの部屋から盗聴器が発見されたっす(笑)

・去年の4月に増築したっす。
・誰が犯人なのか、俺には大体判ってます。
・姉は怖がって、以来俺と一緒に寝ています。
・姉は23歳で大学院だかなんだかに通っています。
・小中高ずーとモテてたし、俺から見ても可愛いですよ。
つーわけで、なんかエッチなことでもしてみましょうか?

独り暮らししても、俺のアパートとかに入り浸られても
困るんで、ビシッと喧嘩でもしてやろうかなってアホな理由です。

まずですね、俺の姉ちゃんって俺の部屋に遊びに来ることが
多いんですよ。俺が彼女を連れてきてても全くお構いなし。
鍵かけてても、
「こらぁーエッチなことしてるんじゃないでしょうねー?」
とかって扉ダンダンって叩くんですよ。実際エッチしてたことは
ないですけど、その時の彼女はそれ以来俺の部屋に来なくなりました。
姉ちゃんと買い物していると、いつも腕を組んでくる。
彼女にそれを目撃されていたらしく、浮気疑惑浮上で
音信不通になる。コレは直接姉ちゃんが原因とは思えないけど
とにかく、腕組むのはウザイ。
その他イロイロ
新しい彼女ができると、俺にふさわしくないとか必ず言い出す。
彼女と電話してると、横でエッチな声をだす。
彼女からの電話を俺に取り次がずに、自分で楽しく喋っている。

とにかく、俺と姉ちゃんは仲が良すぎるらしくて、
俺の歴代の彼女にとっては、ちょっと入り込めない雰囲気なんだそうです。


875 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:04:44 ID:+rVbgQNq
俺が先に寝る場合は、ベッドに姉ちゃんが潜り込んできます。
姉ちゃんが先に俺のベッドで寝てる場合は、俺は床に寝たり、
安っぽいソファーが部屋にあるので、その上で寝ています。
夜中に、「風邪ひくから一緒に寝ればいいじゃん」って
起こされるけど、さすがに俺からベッドに潜り込もうとは思いません。
姉ちゃんが潜り込んでくると、大抵目が覚めるんです。
で、姉ちゃんが眠りに落ちたなぁ、って思ったら、俺が
ベッドから場所移動して違うところで寝ますので、
朝まで一緒に寝ていたことは、2〜3回しかありません。
姉ちゃんは、普通に俺の腕に抱きついて寝ていますね。
俺は寝てるフリしてるので、突き放したりはしないです。
朝立ちなんて余裕で見られてるっす。
俺は寝るとき、上半身裸、下がトランクスですから。
中2のときに一緒に風呂入ってて、勃起するようになってしまい
俺が風呂に一人ではいるようになったのです。姉ちゃんも、俺が
勃起してるの何回か見てるだろうし、朝立ちくらいでは姉ちゃんは
怯みません。(笑) むしろ、楽しまれてしまうのは目に見えてるっす。
姉ちゃんの増築した部屋は、一階で、ちょっと離れみたいになってるんです。
ですから、騒動が収まるまで、ひとりでその部屋には居たくないみたいなことを
言い出してますから、親も黙認なのかもしれません。


876 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:06:23 ID:+rVbgQNq
俺が童貞卒業したときも、キィーって感じで怒ってました(笑)
俺が言ったわけではないです。
姉ちゃんの友達とヤッテもうたんです。(笑) で、即バレですた。
まぁ、それ以来SEX関係の話もするようになりましたね。

なーんか急に姉ちゃんと会うのがドキドキしてきたような…。
タイミングよく姉ちゃんから迎えに来てくれと電話が
掛かってきたんで行ってきます。

「あのさ、俺の部屋でしかも俺のベッドで寝るのやめない?
 離れで独りで寝るの怖いなら俺と部屋交換すればいいんだしさ、
 正直言って俺だって男だからさ、姉ちゃんの裸とか見てムラムラ
 しなくもないんだよね。裸って言うか、裸に近い格好なんだけど、
 十分それでも刺激が強いわけなのね。だからその…要するに
 うおーエッチなことしてーって思っちゃうこともあるんだけど?
 どうなのそのへんどうなの?姉ちゃんなんとも思ってないわけ?
 こんなこと考えてんの俺だけ?変態か?俺は変態なのか?」
と、ひとりでしゃべりまくりました。余裕など全く無くて汗かきまくりました。
「いいじゃん別に血繋がってないんだし…」
と、姉ちゃんは一言だけ言うと黙ってしまいました。
俺は何が何だか分からなくて、「え?え?まじ?ほんと?」
と、全く前を見ないで運転してしまいました。
姉:「嘘に決まってんじゃん。馬鹿か君は?
   あっ、ちょっと見たいビデオあるからTSUTAYA寄ってね。」
俺:「あ、あのビデオ?今日こそレンタル中じゃないといいね。」
なんて感じで、普通に「アザーズ」借りて帰ってきました。
あんな切り返しされるとは思ってなくて焦ってしまいました。
俺は捨て子だったのかーとか走馬灯のように思い出が頭の中を駆け巡りました。


877 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:06:58 ID:+rVbgQNq
ご飯食べてるときに、
「どうしたの?元気ないじゃん。美味しくかった?」と聞かれたので、
  (おまえも少し弟の告白聞いて動揺とかしろよっ!)
と心の中で叫びました。

風呂入ってたら、姉ちゃんが脱衣所から、
「私コンビニ行ってなんかツマミ買ってくるけど、欲しいものある?」
って話し掛けてきました。いつもなら、
(エロ本買ってきてぇ〜、すっごいエロイの!)
(おいおい一番身近にこんなに魅力的な女がいるのにエロ本かよっ)
(あ、そうか。ごめんごめん)
なんて、姉弟コントが繰り広げられるのですが、今夜は
「特にいらない」
「そう、車借りてくね」
で終わってしまいました。

【その後、お姉さんは宴会に強制参加】
姉ちゃん来ました。ほんのり頬が桜色っす。モロに意識してしまいます。
「いやぁー捕まっちゃったよ。なんでメル気付かないかなぁ我が弟よ」
って言いながら部屋に入ってきました。
パジャマにカーディガン(?)を羽織っていました。
ビデオを見ている態勢は途中から
・姉ちゃん → 枕を抱っこ  ・俺→枕を抱っこした姉ちゃんを抱っこ
になりました。


878 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:07:31 ID:+rVbgQNq
で、「アザーズ」見終わったんすよ。
そのまま2人でベッドにゴロゴロしながら
映画の感想を言い合ったりしてたわけっす。
もう明け方っすよ、でも全然眠くなくて。
とりあえずバイト午前中からあるって思ってたんで、
部屋の電気は消してベッドの小さなスタンドだけ点けたんですよ。
で、早く姉ちゃん寝せてしまおうとか思ってたんすけど、
コレがなかなか寝なくってですね、目は瞑ってるんだけど
ガンガン話し掛けてくるんですよ。
姉ちゃんは、カーディガン脱いでパジャマで一緒にベッドです。
姉ちゃん寝そうもないなぁと思った俺は、どうして珍しくパジャマ
なのか聞いてみることにしたんすよ。
俺が風呂に入っている間に、両親から電話があって
お客さん連れて帰るって姉ちゃんは知ってたそうなんですよ。
だから、とりあえずあんまり露出してるのはよくないかってことで
パジャマ来たんだそうです。ビデオ見に俺の部屋来る時も、途中でお客
さんに出会ったりすると困るから着て来ただけだそうです。
「脱いだほうがいいのか〜?」と意地悪な感じで言われたっすよ。
俺は、「いいからさっさと寝ろよ」と言いつつ、内心ドキドキっすよ。
もうバカみたいに心臓高鳴ってました。落ち着け、変に意識するな、
2チャンネルの影響受けすぎだ、いっつもこんな感じジャン、俺達
いっつもこんな感じジャン、って何度も自分に言い聞かせました。
姉ちゃんは、「おや、お姉ちゃんをさっさと眠らせて何をする気なの?
○っちゃんもしかしてエッチなことするんじゃないでしょうね?」
とますます図に乗り出しました。
俺は、姉ちゃんのこういうところがウザイんですよ。このときも一気に
ドキドキ感がなんて吹き飛びました。あーもう相手してられないって感じで
布団かぶって寝よう思ったっす。
姉ちゃんは「あーごめんごめん、そんなに怒らないで怒らないで。」
といいながら腕に抱きついてきました。


879 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:08:03 ID:+rVbgQNq
朝気付いた時には、姉ちゃんの顔が思いっきり目の前にあって
朝立ちなのか本勃起なのかわかんないくらい、ドキドキ勃起だったっす。
で、姉ちゃん起こして、「もう明るくなったから自分の部屋で寝ろ」と。
姉ちゃんがMY枕を引きずりながら、
俺の部屋から眠そうに出て行く姿がものすごく
可愛かったっすよ。


880 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:08:43 ID:+rVbgQNq
ベッドの中っす。
姉ちゃんは寝れないらしくてMY枕取りに行きました。
なんか怒ってる感じっす。
結局姉ちゃんが部屋に来る前にベッドに
入ってることが出来なかったんですが、
「湯たんぽ、こっち来い」
と呼ばれたので一緒に寝てます。(恥)
姉の怒りには心当たりないっす。
格好はキャミソール(?)にパンツのみ。もちろんノーブラ。
つーか家でブラしてるのなんか見たことないっす。
なんか帰り遅いので見にいったら、洗浄中
のコンタクトの容器を蹴り飛ばしたみたい。
可哀相なので一緒に探してきます。

コンタクト見つかりました。で、ありがとねって頬にキスされたわけです。
これはまぁいつもなんすけど、キスのあとにギュウって抱き締められたっす。
頭が真っ白になったっす。イイ匂いしたっす。嗅ぎ慣れてるはずなのに。
で、勃起収まるまでトイレ待機っす(笑)
なんか超イライラしてきました。頭にくる。
たぶん今から部屋行くと、姉ちゃん絶対寝てるっすよ。間違いないっす。そういう奴なんす。
で、たぶん超可愛い寝顔なんす・・。
くっそお。

姉ちゃんに、トイレの扉ノックされますた。
ウゼー。超ウゼー。もうやだ。


881 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:10:20 ID:+rVbgQNq
    〜    序盤省略     〜
俺:「あのさ、ちょっと唇にキスしてなんてお願いしたら
   姉ちゃん怒る?」
姉:「ん?どうしたの急に。そんなのキスじゃなくて
   チュウになっちゃうじゃんか。」
俺:(キスとチュウってどう違うんだ…)
 姉ちゃんの言っていることが意味不明で、
俺は一瞬考え込んでしまってたんですよ。
そしたら、姉ちゃんが上半身だけ起き上がって
チュウをしてくれたんです。一瞬の出来事でした。
姉:「なんか変な感じだねぇ。あはは。」
俺:「そ、そうだね…」
姉:「あーあ、また夜更かしになっちゃったよ」
俺:「…コンタクト落としたりするからだろっ?」
なーんて感じで喋りながら寝ちまったっす。
覚えてるのは唇が離れていく時に、姉ちゃんの
髪の毛が顔を撫でてくすぐったかったことだけです。
息も止めていたので、イイ匂いもしなかった。
姉ちゃんバガボンド読破するそうです(笑)
さっき思い出したように「私レズじゃないからねっ」って言われたっす。
「じゃブラコン?」って思わず聞いたら、「今日Hにあったでしょ?」
って聞き返されました。
ヤマシイ所は何もないのに答えにつまってしまいました。
で、姉ちゃんはソファーで漫画、俺は布団に潜って寝たふりっす。
今現在布団の中。
姉ちゃんの最後の台詞は「晴れ時々ブラコン。雨のちブラコン。」でした。
わけわかんなかったけど俺も「こちらこそシスコンっす」とか言っちゃった。
泣ける。俺は絶対姉ちゃんの手のひらで走りまわってる。

882 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:11:26 ID:+rVbgQNq
一昨日の夜のTSUTAYAの話っす。
姉ちゃんは、店内どこを見回しても俺が居ないことに
気付いて、エッチビデオコーナーにいるんだろうなぁ
とは思っていたそうです。で、中に入ろうとしたそうなん
ですが、もし俺がそこに居なかった場合は一人でそこから
出てくることになってしまうのが嫌だったそうです。
もし俺がそこに居たら二人で出て来れるから安心だけど、
一人で入っていって一人で出てくるのは怖かったのだ
そうです。
女性らしい考え方だと思ったっす。
帰り道は、
姉:「普通さー、お姉ちゃんのこと放ったらかしにして
    エッチビデオの吟味するかなー。」
俺:「てゆーか、敢えてやってみたんだっつーの。」
姉:「どのへんが敢えてなわけ?」
俺:「…。た、確かにどのへんだろうか…。」
姉:「えっち!えっちえっちえっちっ!」
俺:「馬鹿、ハンドル触るなってばっ!」
なんて会話をしながら帰ってきたっす。ヘタレですいません。


883 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:11:59 ID:+rVbgQNq
昨日はですね、ソファーで寝てしまっていた姉ちゃんを、
お姫様抱っこかなんかでベッドに運べば素敵な夢でも
見れたんでしょうけど、身長がデカイとそれなりに体重も
あるので半ば引きずるようにしてベッドまで運びました。
案の定姉ちゃんは目を覚ましてしまって、結局一緒に
ベッドに入りました。
自分でもなんで一緒にベッドに入ってしまうのか不思議
で仕方なかったんですけど。
姉ちゃんは、
「誰にどう思われようが困らないけれど、○っちゃん
 にはレズとかブラコンだなんて思われたくない。」
と言いながら、背中を向けてしまったっす。
俺は深い意味とか考えなかったんすけど、姉ちゃんが
俺に対してどのような想いを抱いて今まで生きてきたのか
理解してしまったような気がしたっす。
いや、言葉にするのは難しいんですけどね。
で、なんとなくオヤスミ代わりのチョップを後頭部に
見舞って、俺も背中を向けて眠っちまったっす。

884 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:12:43 ID:+rVbgQNq
1年くらい前、姉ちゃんの部屋を増築する話が浮上しました。
最初は俺が車を買ってもらう話を聞いた姉ちゃんがオネダリした
のかと思ったんすよ。で、
俺:「部屋増築とか言ってないで、さっさと結婚でもすりゃいいのに」
姉:「なによー。結婚なんてしたってココは一生お姉ちゃんの生まれた家だもん」
なんて感じで喧嘩したんすよ。後になって、姉ちゃんがオネダリしたわけでも
ないことが判明したんで、姉ちゃんに謝ることになったんですけどね。
喧嘩してる時に、祖父ちゃんが
「祖父ちゃん死んだら、お前達に部屋あげるから自由に使いなさい」
って言いだしてですね、
部屋に戻って姉ちゃんと2人で悲しくて泣いたという思い出を急に
思い出したっす。朝っぱらからブルーっすね。
今夜は飲み会で遅くなるらしく、夕飯の時に姉ちゃんは
居なかったんですよ。で、俺はなんとなく母親に聞いてみたんです。
俺:「母さんさ、姉ちゃんの彼氏とか紹介されたことある?」
母:「あら、お姉ちゃんの彼氏はアンタなんじゃないのっ!(笑)」
俺:「・・・」
母:「高校生くらいのときに、お姉ちゃんが男の子と2人で
   一緒に帰ってくるのを見かけたことがあったわねぇ。
   彼氏かどうかは分からないけど…。」
俺:「ふーん。それっきり?」
母:「そうねぇ、アンタと違って部屋に連れ込んだりしないわねぇ。」
俺:「失礼なっ!連れ込むって言い方は感じ悪いなぁ」
母:「そんなことないわよ、彼女の一人も連れてくるのが親孝行ってもんです」
俺:「そんなもんかな」

885 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:13:29 ID:+rVbgQNq
姉ちゃんから「迎えに来てcall」がこなくてですね、
心配なんですけど、それと同時に何でいい大人の心配
をしなくちゃならないんだと葛藤しています。
我慢できなくて、姉ちゃんの携帯にメールを送ってしまったんですけど、
送ったとたんに背後でメール着信音が鳴り響きました。姉ちゃんは携帯
を忘れていきました。
本当にイライラさせられます。胸が苦しいです。
姉ちゃんは何も悪いことをしていません。
ただ単に携帯を忘れていっただけです。
それを俺が勝手に心配したり葛藤したり背後の着信音にビビッテ
みたりイライラしたりして胸が苦しいのです。
姉ちゃんは俺のことを振り回したり、気を持たせたり、
別に意味ありげな態度をとっているわけでもないです。
俺が勝手な解釈で勝手に盛り上がり、ドキドキハラハラしてるだけなんです。
きっとそうなんです。きっとそうなんだろうけど、姉ちゃんも俺と同じ
気持ちだといいなぁーと思ってしまうのです。
俺は姉ちゃんが大事です。そして姉ちゃんに大事にされたいのです。
俺が姉ちゃんを大切に想っているのと同じくらい大切に想われたい。
もしかして、俺だけがこんな風に想ってるんじゃないのか、
姉ちゃんは俺のことをそこまで想ってくれてないんじゃないだろうか、
そんなことを毎日毎日考えています。
男とか女とか姉とか弟とかはどうでもよくて、
俺はこんなにあなたのことを考えてしまっているのですよ、
あなたのことを考えてこんなに苦しんでいるのですよ、
と伝えたいのです。でも伝えることはできません。
俺は今が一番バランス取れているんだということに
気付きつつあります。なにもしないことでバランスは
これからも保たれていくような気がします。

886 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:16:22 ID:+rVbgQNq
すいませんHさんから電話っす
なんか、一緒に飲んでたのかどうかは分からないんですけど電話で
ブラコン爆発してっから早く迎えにきてやれ呼ばれました。
Hさんの「ブラコン爆発してるから」発言の後ろで、
明らかに泥酔していると思われる姉ちゃんが、
「余計な事言わなくてもいいってばー」とケラケラ笑って
たりして、俺はドキドキしながら超急いで現場に向かった
んです。超ノロノロ運転だったんですけどね。
姉ちゃんはHさんのアパートに居ました。
俺が着いたときには、すでに寝息を立てていて、
Hさんも呆れたような感じで笑っていました。
Hさんは全くのシラフだったので、姉ちゃんが
勝手に押しかけたようでした。
(ブラコン爆発ってどういうことなんだろう…)って
聞きたくて聞きたくてどうしようか迷ってる俺に、
Hさんは、
「○○○さっきまで超暴れてたのに、○っちゃんが
   迎えにくると決まったとたん大人しくなったよ(笑)」
俺は「アホな姉ちゃんでごめんね」と言うのが精一杯でした。
とりあえず紅茶を飲みながら普通に世間話しちゃってましたけど、
Hさんがいきなり「○っちゃん、最近Hした?」なんて聞いてきた
のでマジで紅茶吐いてしまいました。

887 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:16:55 ID:+rVbgQNq
「なんか心配なんだよね、○っちゃんって。悶々としてるんだったら
 マジで私に言ってね。抜いてあげるから♪」
この人はこういう人なんす。
俺の姉ちゃんとは正反対の奔放な性格なんです。全くの正反対なので
逆に仲良くなっちゃったのかも知れません。そんな感じがします。
まぁ一応俺とHさんは元恋人だったわけで、もちろん
何度となくエッチしてますからそのくらいの会話は
冗談っぽくできるんですけどね。でも俺は非常に
最近悶々としているわけで…、目の前の相手が結婚を
控えている女性だとしても「抜いてくださいお願いします」
って感じでした。
実際は、姉ちゃん側で寝てるし、もしかしたら寝たフリ
してるかもしれないしってことで、俺は平静を装ってましたけどね。
Hさんはですね、姉ちゃんと小学校中学校同じクラスではなかった
んですけど、背が高い二人は整列の時とか必ず一番後ろのほうで
一緒になったらしく、話す機会が多かったそうなんです。もともと
幼なじみではあったんですけどね。
背が高いことがコンプレックスだった俺の姉ちゃん、
背が高いことに引け目も何にも感じないHさん。
もともと髪の毛が茶色っぽいのを気にしていた俺の姉ちゃん、
黒すぎるんじゃないかってほどの綺麗な黒髪だったHさん。
とにかくこの2人はですね、陰と陽みたいな感じで、
良かれ悪かれ影響を与え合っていた2人なんです。
もちろん俺の姉ちゃんは常に引っ張られ役でしたけどね。

888 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:17:28 ID:+rVbgQNq
「俺の友達姉ちゃんのことおかずにしたんだってさ」、
って姉ちゃんに言ったことあるんです。俺って馬鹿だから。
そしたら姉ちゃんは『○っちゃんは、お姉ちゃんじゃダメなの?」
って聞いてきたんで、さも当たり前のように「実は昨日してみちゃった、姉ちゃんで」
って言ったんです。俺大馬鹿だから。
「えっち、変態ばかっ」って言ってたけど、姉ちゃん嬉しそうだったっす。
Hさんと歩いていると姉弟と間違われました。
姉ちゃんと歩いていると恋人同士みたいに思われます。
世の中うまくいかないもんです。


889 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:18:35 ID:+rVbgQNq
「毛布引っ張るなよっ」なんてくだらないことで、姉ちゃんにも
少し八つ当たり気味で接してしまったんです。ガキなんです俺って。
そこで「黙れ小僧っ!」とでも言ってもらえば俺も気が楽になる
んですが、姉ちゃんはすごく優しくて、俺のイライラを見抜いているのか
のようにすごく優しくしてくれて、反省しました。
俺は自分勝手にあれこれ想像することでイライラしたりして、
結果的には姉ちゃんにまで八つ当たりして迷惑かけてるんだなぁ。
でも一応、宿題はやってみますた。
俺:「姉ちゃんさ、将来娘とか生まれて、お風呂で体洗う時とか
   なんて呼ぶつもりなの?『お』ってつけるの?」
姉:「うーん…、大事なところって言うと思う。」
姉:「Hって絶対Sだよね、お姉ちゃん昨日確信したっ(笑)」
俺:「俺は姉ちゃんがMだってことも確信した(笑)」
姉:「うん、それは間違いない。お姉ちゃんはMです(笑)」
なんて感じで、話は簡単に逸らされてしまいましたけどね。
でも、姉ちゃんが自分でMですとかいってるのを聞いて
俺は激しくハァハァだったわけで…。でも俺もMなわけで…。
SのHさんが居ないと、俺たち姉弟はマッタリしすぎて
しまうのですが、それも微妙に心地良くて。
だから今のバランスが崩れてしまうような行動は自重すべき
と、分かってはいたのですが、ひとつだけどうしても聞きたい
ことがあって…。

890 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:18:56 ID:iqwc+VW6


891 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:19:08 ID:+rVbgQNq
「姉ちゃんって、今好きな人いないの?」って聞いてしまいました。
姉ちゃんは「○っちゃんはいないの?」って聞き返してきたんですが、
俺は絶対にココは話を逸らされてたまるか!って思ったんで、
「俺が聞いたことにまず答えてよ。」って少し強い口調で言っちまいました。
姉ちゃんは、「好きの種類にもよるけど、好きな人はたくさんいるんだよね。
お父さんやお母さんお祖父ちゃんみたいに家族として好き、Hのことも好き
だし。もちろん○っちゃんも大好きだよ。」
俺はまたしてもはぐらかされると思ったんで「そういうんじゃなくて…」
って言いかけたら、
「わかってるよ、ちゃんと答えます。お姉ちゃんは今現在、付き合いたいとか
 結婚したいとか思う男性はいません。今現在ってゆうか、ここ最近ずっと
 なんだけどね。」
と普段からは考えられないような早口で答えました。
「でもレズとかブラコンとかそういうのじゃないんだよー。
  あんまりそういうこと考えたくないんだよー。」
って最後に付け加えられました。
なんだか可哀想になってしまい、俺は自己嫌悪におちいる
ところだったんですけど、間髪いれずに姉ちゃんが、
「で、○っちゃんは好きな子いるの?ねぇねぇ?ねぇ?」
って無邪気な笑顔で聞いてきたので、ムカツキました。
俺は姉ちゃんが好きですと、答えてみました。かなり冗談っぽくですけどね。
そしたら、「なんだ両想いじゃーん」と超冗談っぽく一刀両断されました。
両想い発言はですね、冗談だとしても嬉しかったですよ。
そのあとは、まぁ姉弟として互いに想い合い、支え合っている
という点では確かに相思相愛だし、両想いだよねー、
みたいな話をしながらくっついていました。
不思議とこんな話をしている時はどんなに腕に抱きつかれておっぱい
当たったりしても、興奮しないんですよね。今、思い出すとハァハァなんですけど。

892 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:20:02 ID:+rVbgQNq
>>890


姉ちゃんに、
「ひとりエッチするから部屋から出てってくれ(笑)」
って言ってしまいました。
冗談のつもりだったんだけど、姉ちゃんは一瞬困った
ような表情をしてから、部屋を出ていってしまいました。
なんかイヤーな気持ちになってしまったんですが、
いったん部屋を出たあとに、すぐもう一度ドアを
開いて顔だけちょこっと出した姉ちゃんは、
「お姉ちゃんのこと想像してもいいんだぞっ。終わったら呼んでねー。」
って言ったんです。
もう止まりませんでした。(笑)

自慰行為は目撃されたことあります。
しかもエロビ見ながら事に及んでいるところで
「男の子は大変だね」
って声を掛けられました。
超ビックリして後ろを振り返ったら、
アコーディオンカーテンの隙間から姉ちゃんが
顔だけ出して観察してやがった…。
はっきり言って、つい最近までトラウマでした。


893 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:21:11 ID:+rVbgQNq
姉ちゃん新しく買った服を見せにきました。多少ウザイっすね。
誉めるとですね、調子に乗るのでトーン低めに
なんでも似合うよ、姉ちゃん可愛いからさ、って言っておきました。
スキップ気味で部屋を出て行きました。俺より単純な奴です。

履歴書書きながら何気に姉ちゃん見たらアクビしてたんで、
「先に寝てろ湯たんぽっ」って、言っちゃいました。
姉ちゃんは「なによー」と言いつつ嬉しそうに歯を磨きに行ったっす。
なんて可愛いんだろう…と思ってしまった自分が嫌です。

894 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:21:44 ID:+rVbgQNq
●ラブホ話。
大学一年生の夏休みに姉ちゃんと2人で日本海側のある都市
へと小旅行。何の計画もせずにブラブラと電車を乗り継ぎ、どっか
の大学の学食食べたり、海をぼんやり眺めたり、買い物したり
とそんな感じでした。あ、水族館にも行きましたね。
手持ちのお金が少なくなり、銀行郵便局でお金をおろすことも
忘れたまま日が暮れてしまいました。圧倒的に安いからラブホで
もいいよね?って言い出したのは俺だったかもしれないっす。
普段同じ空間で過ごすことが多いせいかラブホで2人きりでも
何にも違和感なかったっすね。今思うとすごくドキドキしますけど。
で、俺が先に風呂入って髪洗ってたら、「背中流してあげようかー?」
って姉ちゃんの声がしたので、「お、いいねぇー」ってな感じでした。
シャワーで髪の泡流して閉じてた目を開いてみたら、裸で姉ちゃんが
一緒に浴室に居たので、「なんだ一緒に入るってことか…」「うん」
みたいな言葉を交わし、2人で泡だらけになりながら洗いっこしました。
俺はさすがに、姉ちゃんのおっぱいその他まで手を伸ばすことはなかったっす。
で、浴槽に一緒に浸かったかも、勃起したかも覚えてないですね。
がしかし、姉ちゃんの右胸あたりにキスマークがあったのだけは
鮮明に覚えています。キスマークっていうと大袈裟な感じです
ね、それらしきもの、赤っぽいアザみたいなものですね。
コレしか覚えてません。全然ハァハァしませんね、俺自身も思い出ハァハァ
したいのですが…、思い出せません。

895 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:22:20 ID:+rVbgQNq
●母親との会話
まず第一に、母さんが俺達に姉弟に対し無関心なようで
実はとても大事に思ってくれていることが伝わってきて
感動したっす。まぁ、この話は省きますけど。
母さんはですね、姉ちゃんが中学か高校の時にチョコの
作り方を聞かれたそうなんです。バレンタインデーも近か
ったし一生懸命作っている様子を見て、(ほほう彼氏でも
出来たか?)と思ったそうなんです。ところがそのチョコの
行き先は俺だったそうで、「ハァ?」って感じだったそうです。
「アンタあの心の込め方は尋常じゃなかったわよ(笑)」
って言われました。俺はそんなことを全く知らなかったので
一口食べて「甘すぎじゃねーか?」なんて憎まれ口を叩いて
しまったんですね。そしたらすごい勢いで母さんに怒られた
って記憶があったんですよ。当時は(なんで俺ってこんなに
怒られなきゃいけないの?)って思ったのですが、謎は
全て解けたっす。
それから母さんは俺が知らなかったことを次々と教えてくれ
ました。姉ちゃんが中学生になる時に、泣きながら髪を黒く
染めたいと訴えたこと、黒いカラーコンタクトを買ってとせがまれた
こと、どうして私は他の人と違うのかと円形脱毛症になるまで
悩んでいたこと。

896 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:23:26 ID:+rVbgQNq
当時の俺はマジくそガキだったわけで、全然そんなことがあった
なんて気付いていなかったのです。
母さんからそんな話をされて愕然としましたよ…。
確かに姉ちゃんは小学校高学年あたりから性格が変わった
んです。ものすごーく明るく活発だったのが内向的になり、
一歩引いたところから様子を伺っているような、そんな時期が
ありました。俺は前スレで姉ちゃんのことを「背後霊」みたいと
表現したような覚えがありますが、こういうところなわけです。
当時の俺は姉ちゃんは大人になったなぁーなんて感じて
いましたけど、まさか母親とのそんなやり取りを経ている
とは知らなかったのです。でも俺もやがて思春期を迎え
背が姉ちゃんを追い越したあたりから、2人で色んなことを
相談しあうようになりました。俺が急激に身長伸びたのが
中1だったので、姉ちゃんが高1だったと思います。
学校の話、部活の話、異性の話、なんでも姉ちゃんに
話しましたし、姉ちゃんも話してくれてたと思います。
仲が良過ぎるんじゃねーかってくらい仲が良くなり始めたのも
このあたりですね。きっかけは悩み事なんかを共有したことかなぁ。
よし、俺は姉ちゃんを一生守ってやる、なんて冗談めかして言ってた
あの頃が懐かしいです。もしかすると姉ちゃんはこのあたりから
俺を頼りにしはじめてますね。いや、確実にそうですね。俺も馬鹿じゃ
ないのでそのくらい分かっているのです。

897 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:24:00 ID:+rVbgQNq
何度も言いましたけど、こんな風にして俺と姉ちゃんは支えあって
きたんです。姉ちゃんの心の中では容姿が純日本人っぽくない
ってのが物凄いコンプレックスなんです。あんまりコレ書きたくなかった
んですけどね。スレ上では可愛いだけの姉ちゃんでいて欲しいみたいな
俺の願望があったかもしれません。いったん陰にこもると抜け出せない
みたいな時があってそういうときは手がつけられません。暗くて。(笑)
でも大学に入ったときくらいから結構ハジケまして、背後霊のイメージは
払拭しましたね。ここらへんはHさんの功績が大きいのです。この2人は
同じ大学に通っていたという事実は明かしてましたっけ?本当にHさんと
一緒にいる機会が増えるにつれて姉ちゃんは元通り明るくなったわけです。
で、今に至るわけですが、俺は俺で学生生活をエンジョイしたくなる時期
だったわけで、姉ちゃんウザイかもと思い始めるわけです。


898 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:24:45 ID:+rVbgQNq
母親との話に戻りますね。
母さんは俺と姉ちゃんがこんなふうに一緒に励ましあいながら
過ごしてきたことを見守っていたわけです。「アンタが居なかったら
お姉ちゃんはどうなったただろう…」って涙ぐみながら話してくれました。
そりゃそうです、姉ちゃんが悩めば悩むほど、母さんはすごく辛い思いを
したはずです。姉ちゃんの悩みの原因は純日本人じゃないこと、
つまりハーフである母さんに全て跳ね返ってくるわけですからね。
お母さんは姉ちゃんに謝ることしか出来なかったそうです。
そして姉ちゃんと同じような悩みを母さん自身も若い頃に抱えていた
ということも教えてくれました。そんな時に力になれるのはやはり
身近にいつも居て支えてくれる家族だということを母さんは分かって
いるので、姉ちゃんが俺からいつまでたっても離れられない気持ちが
痛いほど分かるのだそうです。
最後に、「アンタに任せるわよ、母さん心配してないから。」と言われました。
俺には、
「だからといって近親相姦公認じゃねーぞ。オメーの理性に期待してるんだぞ!」
って聞こえました…。

899 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:25:18 ID:+rVbgQNq
昨日っていうよりも今朝なんですけど、
ポワーンと目を覚ましたら背中越しに姉ちゃんに抱きついて
右手でおっぱい触ってたっす。即、正気に戻り「ぐわーやっちまったー」
って思って手を離したら、姉ちゃんは起きてたんですね、
「寝ぼけてるんだろうなーとは思ってたけど、少しドキドキしちゃった」
と笑顔でこちらに向き直りました。
姉ちゃんの笑顔で安心したのか、俺は
「おっぱい柔らけぇ…」
って口走ってしまいました。
今思うに何でこのとき、ごめんって謝らなかったのか
不思議で仕方がないです。
姉ちゃんは布団の中で自分の胸を揉むような仕草をすると、
「最近少し大きくなった気がするなぁ。○っちゃん、さては揉んだ
 の今日が初めてじゃないでしょ?夜な夜なお姉ちゃんのおっぱいを…」
「ちょっと待って、俺って…揉んでたのっ!?」
「冗談冗談、ちょっと胸に手を置いた程度だったよ。」
「だ、だよね。そこまで寝ぼけてないよね…」
「やっぱり寝ぼけてたんだよねー、残念。」
と冗談っぽく言うと、姉ちゃんはベッドから出て大きく伸びをしました。
大きく伸びをした姉ちゃんは、体のラインが顕著に
露わになっていて、横乳の盛り上がり具合から察するに
確かにおっぱい昔よりも大きくなっているような気がしました。
きっと昔彼氏に揉まれたんだろうなーって気持ちと
さっきまで俺があのおっぱい触っていたんだなーって気持ちが
微妙に交じり合って切ない気分になりました。
でもティンポ反り返ってました。
コレは朝の生理現象だけではなかったです、絶対姉ちゃんで欲情してました。
母さんの話が台無しになるような書き込みで申し訳ない(笑)


900 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:26:01 ID:+rVbgQNq
俺マジで覚悟決めて姉ちゃんと一生一緒に過ごそうかなぁー
なんて考えてるけど、姉ちゃんの気持ち確認してないしね。あははは。
とりあえず何をどう説明してもいいかわからないけど姉ちゃんに全部
話そうと思います。「スレ上ではずっと俺の一方通行だ」みたいな
書き方ばかりしてましたけど、姉ちゃんはおそらく…いや、確実に
俺のこと弟以上に想っていると思います。
  我が弟異常?っって感じで否定はされないと思います(笑)
こんな時こそ、俺の悩みを共有してくれるような気がします。
今までそうしてきたのだから。これからだってきっとそうだと思いたいです。
俺は今、ものすごい勢いで臨戦態勢になってたんすよ。
ボクシングのボの字も知らないくせにシャドーボクシングなんか
しちゃったりして…。そしたら姉ちゃん部屋に入ってきて、
「早くお風呂入んなさいよ、湯たんぽ小僧っ!」
って言って去って行きました。
もしかしたら姉ちゃんと、こんなやりとりを出来なくなるのかと思うと
涙が出てきました。俺はどうすべきでしょうか。教えてください…。
俺は一生湯たんぽとして姉ちゃんが辛い時や悲しい時に
温めてあげる存在でいいか…。


901 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:26:53 ID:+rVbgQNq
寝不足でだるいし、頭ガンガンするけどとりあえず
一限行こうと思ったのですが、体温計が38.9度を示しました。
姉ちゃんも一緒にダウンっす。雪の降る中でオイル交換とかしたからかなぁ。
とりあえず病院行ってきます。
(ん〜結構眠ったかな)なんて思いながら時計を見ると
時刻は14時前。寝たのが12時過ぎだから2時間も寝て
いない計算だけど、それにしてはすっきりしていました。
それからは無理に眠ろうともせず、ベッドでぐうたらしながら
アルバイトの情報誌に目を通したりバガボンド読んだり、
ボーっとしたり…。
誰かが階段昇ってくるなぁって感じがして、ドアの方に目を
向けると、やっぱり姉ちゃんが入ってきました。
「一緒に寝ちゃダメ?」
MY枕持参の姉ちゃんは額に冷えピタ貼ってて痛々しかった。
お互い風邪引いてるんだから…なんてことよりも、
(ああこの人がここで俺と一緒に寝るのは、やっぱり
 夜ひとりで離れで寝るのが怖いってだけじゃないんだなぁ。)
って頭に浮かびました。
俺は掛け布団めくって、姉ちゃんをベッドに招き入れました。
姉ちゃんが俺の腕に寄り添って静かな寝息を立て始めるまで
ずっと天井を見ていました。色んなことを考えました。
電話がけたたましく鳴り響くまでは、本当に静かな午後でした。
電話の相手は母さんで、容態を心配してくれていました。
俺は大丈夫っぽいと伝えると、お姉ちゃんはどう?と聞かれ、
まさか隣で寝てるなんて言えるわけもなく、適当に答えて
電話を切りました。

902 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:27:25 ID:+rVbgQNq
目を覚ましていた姉ちゃんが
「お母さん達今日泊まりなんだって。だからお姉ちゃんと
 ○っちゃん2人きりなんだよ。」(祖父ちゃんは老人会(?)の旅行中)
「あっ、そうなの?飯どうすんの?」
「料理長にお任せします」
「俺?」
「だって○っちゃん全然元気じゃんか。」
なんて感じで、俺と姉ちゃん今夜は2人きりなんです。
姉ちゃんはまじヤバイですね。39度以上熱あります。
俺もまぁ38.5度くらいありますけど、大丈夫です。
「姉ちゃん座(坐)薬使ったら?」
って言ってるんですけど、絶対嫌だと言い張っています。
俺:「ねえ、俺が入れてあげようか?」
姉:「何を?」
って、すっとぼけた表情で言われました(笑)
俺:「座薬…」
姉:「しつこいっ!」
って、露骨にいやな表情をされました。(悲)
姉:「ってゆうか、実はもう入れたんだけど、
   すぐにトイレに行きたくなって…全部出ちゃったかも…」
って、恥かしそうに言っていました。(爆)

903 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:28:13 ID:398aYo3M
こういう話は派生スレでやれ!しかもマルチだし

904 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:35:19 ID:+rVbgQNq
昨日はですね、姉ちゃんの部屋で寝てみたっす。
離れで寝るのはどんなもんなのかなぁ〜と思ったもので。
姉ちゃんのベッドはシングルなので、ベッドに姉ちゃん、
床にきちんと布団敷いて俺が寝ました。
で、最高に寝苦しくなってきたんですね。
布団をきっちり掛けて寝ると暑くて、暑いからといって
布団をはいで寝ると、寒気がしてガクガクブルブルなんすよ。
こりゃ熱が高い時のパターンだと思ったんで計ってみたら
39.8とか表示されてて、萎え萎えっすよ。
こんなに熱上がってたのかぁ〜って知ったとたんに
無性に弱気になってきまして、どんどん気分が悪くなって
いったんです。そんで姉ちゃん起こして、俺もうダメかも、
なんて言い出してみたりしちゃったりして、ほんとヘタレなんす。
で、姉ちゃんから「座薬入れようよ」って言われたんですけど、
「こんなときにリベンジしてくんなよウザイなぁー」とか言ってたん
ですよ、だるくてだるくて自分で入れる気力もなかったし。
だいたい自分で姉ちゃん起こしたくせに、ほっといてくれよ
みたいな態度取るなんて本当に俺は馬鹿だったと今思い返して
反省しますた。
でもその時は、本当に辛くて、俺に構わないでくれ
みたいな心境になってしまっていて、最終的には
喧嘩っぽくなってしまったんです。
そしたら姉ちゃんちょっと泣き入ってしまって、本当に心配
してるから言ってるのにー、みたいな感じで怒られたんです。
「じゃ、部屋暗くしてならいいよ…」
なんて承諾してしまいました。まるで処女みたいなセリフですね(笑)

で、部屋暗くして、パンツ脱がされて、足広げられて、
入れられちゃいました…。
姉:「なんか戻ってくるよー、力抜いてよー」
って言ってました。
結構楽しかったかも…(恥)

905 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:37:14 ID:+rVbgQNq
月曜日のこと。
 学校が終わって帰ってくると、家には鍵がかかっていた。
「あれ?」
 今日は父も母も休みで、家にいる筈なのに。
 そう思って合鍵で家に入ると、キッチンにあるホワイトボードにメッセージ
が書いてあった。
「……二人で映画みてきます、だって」
「食事もしてくるから、夕飯は3人で適当に食べてねって」
 僕と同学年の双子の妹、ゆかなとゆきのが確かめるように僕に言う。
 ……つまり、夜まで僕達3人だけで過ごせるって事だ。
 夕食をどうするか話しているゆかな達を眺めながら、不意に来た3人だけの
チャンスをどう過ごそうか考えていると、不意にゆきのが聞いてきた。
「ねぇお兄ちゃん、今日の晩ご飯、焼き飯とお味噌汁とサラダだけでいい?」
「ん? いいよ」
「それじゃ買い物行かなくていいから……今日は家で夜まで一緒だねっ」
 ゆきのが甘えて抱きついてくる。


906 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:37:46 ID:+rVbgQNq
まだシャワーを浴びてないゆきのの体からは、ほんのり甘い汗の匂いがした。
「うん、一緒だね」
 背中に手を回して抱きしめ返すと、ゆきのは嬉しそうに喉を鳴らして、子猫
みたいに頬を擦りつけてくる。
「ねぇねぇ、お兄ちゃぁん……」
 上目遣いに僕を見あげて、ゆきのが甘えた声を出した。
「ん?」
「シャワー、一緒に浴びない?」
「いいけど……?」
 両親がいない時は大抵一緒に風呂入ったり、シャワー浴びたりしてるのに、
どうしてわざわざ聞くんだろう。
 そう思いつつ答えると、ゆきのはにこっと笑った。
「それじゃ、ボクとゆかなは後から行くから、お兄ちゃん先に入っててねっ」
「あ、うん」
 訳は判らなかったけど、何となくゆきのの言う通りにした方がいいと思って、
ゆかなの手を引いて2階に上がるゆきのを見ながら、僕は素直に風呂場にいった。
 ざっとシャワーを浴びた後、湯船に張ってある昨日の残り湯を暖めなおして
ぬるめのお湯にのんびり浸かる。
 しばらく湯船でゆっくりしていると、脱衣所にゆかなとゆきのの気配がした。


907 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:38:18 ID:+rVbgQNq
「お兄ちゃん……」
「入るよぉ〜」
「お〜」
 からからと戸が開いて、ゆかなとゆきのが入ってくる。
 僕は何気なく二人に視線を向けて……ドキッとした。
 ゆかな達は、学校指定の濃紺のワンピース――スクール水着姿だった。
「ど、どうしたんだよその格好っ!?」
「どうしたって……スクール水着だよっ」
 ほらほらと、ゆきのが笑顔で応える。
「えっと、ほら……今日、水泳の授業あったでしょ? だから水着洗っとこう
と思って……そしたら、ゆきのがこれでお兄ちゃん誘惑しようって……」
 羞しいのか、前を手で隠したゆかながしどろもどろに言う。
「だってゆかな、お兄ちゃんったらボク達にこの格好させてHしたいよ〜って
書いてたんだよ? それなら、ボク達の方から迫っちゃおかな〜って」
「えと……うん、それはいいんだけど……」
「……」
 僕はぼーっと二人の水着姿を交互に見つめた。
 授業で見た時もそうだったけど、ゆかな達の水着姿はとってもHだ。


908 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:38:51 ID:+rVbgQNq
特にスクール水着だと、胸の部分がまるで無理矢理押し込んだみたいに強調
されてて……水着自体が露出高い訳でも、切れ込みの深い訳でもない分、そこ
だけが犯罪的なくらいに目立つ。
 思わず見とれていると、ゆきのが湯船に入って僕に抱きついてきた。
「授業の時は駄目だったけど、今はいっぱい触ってもいいんだよっ」
 にっこり笑い、僕の胸に水着に包まれたおっぱいを押し付ける。
 布地の感触とおっぱいの弾力に興奮して、僕はゆきのの体に手を回した。
 腰に手を当てて体を引き寄せ、もう一方の手でお尻を撫でる。
 水着の布地とお尻の肉が、僕の掌に気持ちいい感触を伝えてくれる。
「はぁっ……お兄ちゃぁん……」
 ゆきのも気持ちいいみたいで、お尻を軽く持ち上げて僕に合わせてくれる。
 水着の間から指を入れ、お尻の方からあそこに指を這わせてみると、そこは
お湯以外のぬるっとした液体で溢れていた。


909 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:39:47 ID:+rVbgQNq
「ゆきの、すごく濡れてるよ」
「う、うん……ボク、いつもよりドキドキしてるもん……」
「じゃ、もっとしてあげる」
「うん……いっぱいして、お兄ちゃん……」
 ゆきのが首筋に顔を埋めてくる。
 僕は両手をお尻に回し、ゆきののあそこを後ろから愛撫した。股布の上から
クリトリスを擦ってやりながら、中に差し入れた指で直接あそこを刺激する。
時々アナルの周りにも指を這わせてやると、ゆきのはひくっと体を震わせる。
 スクール水着姿のゆきのが、僕の指で喘いでる。
 それだけなのに、僕はいつもよりずっと興奮した。
「はぁ……っ」
 ため息みたいな、ゆかなの喘ぐ声。
 洗い場の方を見ると、ゆかなは首筋まで真っ赤にして太股をもじもじと擦り
合わせていた。
「おいで、ゆかな」
「お兄ちゃん……」
 僕はゆかなを湯船の縁に座らせて、脚を開かせた。スクール水着に覆われた
ゆかなのあそこが、ちょうど目の前にくる。
 そこに首を伸ばして顔を埋め、僕はゆかなの股間を舐めた。
 ……ざらっとした布の感触と一緒に、微かにゆかなの味がする。
「ひゃぅっ!」
 口を大きく開いてゆかなのあそこを股布ごと頬張るようにすると、ゆかなは
僕の頭をぎゅ、と掴んできた。そのまま口をもぐもぐさせながら舌を使うと、
股布の奥からじわっと愛液の味がしてくる。
 しばらく舌と指でゆきの達のあそこの味と感触を堪能し、僕は一旦ゆきのと
一緒に湯船からあがった。


910 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:40:28 ID:+rVbgQNq
「「やぁ……もっとぉ……」」
 すっかり興奮してるゆかな達は洗い場にぺたんと座ったまま、もどかしげな
表情で僕を見上げてくる。その色っぽい表情に堪らなくなって、僕はゆきの達
の目の前にいきり立ったペニスを突きつけた。
「「ぁ……ん……っ」」
 ゆかな達はすぐに股間に顔を寄せ、先端にちゅっとキスをしてくれる。
 それからゆきの達は舌を出し、僕のペニスを左右から丹念に舐め始めた。
 先端から根元までゆかな達の舌が這いまわり、僕のペニスはすぐにゆかなと
ゆきのの唾液でべとべとになる。
 僕は思わず二人の顔をペニスに押し付け、そのまま腰を使ってしまった。
「「んっ……んちゅ……」」
 ゆかな達は逆らわず、そのまま左右から唇でペニスを挟むようにしながら、
舌を絡ませてくれる。ぷりっとした唇と柔らかい舌の気持ち良さに、そのまま
僕はゆきの達の唇に射精してしまった。
「「あんっ……んっ……んんっ」」
 びくびくと射精するペニスに唇を寄せ、ゆかなとゆきのは競うように精液を
舌で受け止めてくれる。それでも殆どはゆかな達の顔にかかり、一部は水着に
まで飛んで白く汚してしまった。
「あ……ご、ごめん」
「いいよ……どうせ洗っちゃうから……」
 そう言って、ゆかなは水着に飛んだ飛沫を指ですくって舐めてくれた。
 ゆきのはゆかなの顔にかかった精液を舌で舐めている。
「やだ、ゆきの……駄目だよ……」
「え〜、いいじゃない……ゆかなもボクの舐めていいからぁ……」
 ゆきのがそう言うと、ゆかなは素直にゆきのの顔についた精液を舐め始めた。
 ぴちゃぴちゃと小さな音を立てながら、ゆかなとゆきのが顔にかかった僕の
精液を舐めあうエッチな姿に、僕のペニスはすぐに回復してしまう。
「ね、ゆかな、ゆきの……」
 僕はゆきの達に立ってもらって壁に手をつかせ、お尻を突き出してもらった。



911 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:41:07 ID:egbMzXhl
さてと900も超えてそろそろグモたんの登場ですな
またあの名文句が見れるわけかw

912 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:41:35 ID:+rVbgQNq
突き出されたお尻を撫でてあげると、ゆかなとゆきのは水着に包まれたお尻
を嬉しそうに振って、甘い喘ぎ声をあげる。
「「はぁ……っ……んっ……お兄ちゃぁん……」」
 あそこを指で愛撫すると、二人の股布は水と愛液でぐっしょりと濡れている。
 堪らなくなって、僕はゆかなの股布を指でずらし、膣口にペニスを当てた。
「いくよ」
 耳元で囁いて、一気に腰を突き出す。
 ずりゅっ……。
 股布に擦られながら、僕のペニスはゆかなの膣内に根元まで沈んでいった。
「ううっ」
 いつもよりずっときつい感触に、僕は思わず声を出してしまった。
 出し入れをすると、ずらした股布がペニスを擦って強い刺激を送ってくる。
「はぁぁ……っ……あんっ……」
 僕が腰を振る旅に、ゆかなも気持ち良さそうに喘く。上から覆い被さるよう
にして水着に包まれたおっぱいを揉むと、ゆかなはぶるっと体を震わせて自分
から腰を使ってきた。


913 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:45:32 ID:egbMzXhl
しだおかよ
コピペは飽きた
オマエ必死すぎw

914 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:49:57 ID:V4xZ7n/b
>>913
おまえグモだろ?

915 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 10:53:21 ID:egbMzXhl
>>914
いやマジでちがう
グモが出てきたらマジで腹抱えて笑う派

つーか派生スレでコピペ張ってるって名乗ってるヤシいたな
ごめんな

916 :914:2005/08/02(火) 11:06:15 ID:V4xZ7n/b
>>915
1000に近くなったらアノ人が出てくるかもと思って・・・・・・

917 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 12:35:45 ID:hVPFkSwd
今後の行動を予想

・そろそろ降臨。また意味不明な語りがだらだら続く
・このスレが落ちるまで潜伏。そして再びスレ立て>>1
・もう二度と現われない。さようならグモハン。
・名無しで派生スレを煽る

918 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 12:49:54 ID:kIQM0udY
ところで、このスレとは関係ないけど
スカイラークは最低!地元に出来たので始めて逝ったのだが
レジのところで注文しようとしたら、いきなり空いてるテーブルに連れて行かれて
とりあえず喉が渇いてたのでドリンクバーとかいうの注文したら
店員が空のグラス持ってきやがった。

(゚д゚)ハァ? 客をバカにするのもいいかげんにしろよ!

即効で帰りました。 気分悪い!プンスカプンスカ


919 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 12:53:09 ID:es/2Vabr
>>918
・・・釣り乙

920 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 12:53:39 ID:kIQM0udY
>>917
・名無しで派生スレを煽る ←これは既にやっている

921 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 13:11:34 ID:kIQM0udY

  ./    ,.イ                        |
 .l    //      ,イ ,1    |ヽ     ト、      !
 i   ./  i  ,   /l / l.l !  、 ト、゙i ,ヘへ、l ヽ.ト、|、 /
 l.  /  .|  /|  /-|←┼‐l、 ヽ ト、!, -─ヽ|─!-l、i /
  ! l   l | ! |、`';:‐-_、._ ヽ、l\l-i'   _,_-='、"~! i"ヽ
.  ヽ!     ヽ|,/l゙、! l( (●)j` l──|. イ(●)) )l.  | )|
        l.(l  l ー-‐'   ,!   l、`゙‐--‐' l  /"ノ
        ヽ ヽ、._l_   _,.ノ (、_, ) ヽ、._   _.l_//   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           ヽ、.__,l  ̄   トェェェイ   ̄ /、‐'´    |
             `‐ 、   `ニニ´   , ‐'´‐-ヽ    <  バーロー!!
              _ ./l` ‐ 、. _,. ‐''"!\         |
          _,,.. -‐'ヽ ̄ヽ,-、シ ̄//  |`‐- 、.._      \________



922 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 13:12:40 ID:kIQM0udY
     r'    `-,  l;;r'"`'"``;;;l
     !      i ,ゞ: ニ.. ..ニ .ソ ,---.,.--,,
     l  ,..,,..ソ,,ノ  `l  .・・  i /     `.、
     .!,!./ _,.. _,..l'   ` .'~`/ (      |
     /`、  ゝ/,.-'"┌. .∨ `--y,,..,,...,,,...,,..,ノ
    /  l `ー-'ヽ.   l。      i -' `- ..ソ          ちょ、ちょ、ちょ、止めて下さい
   /   l  \l' y  l。  /   lヽ. '__ ./ `ヽ
  r'─-、 ̄`ー` i  .l。  /   | \-' ,   ,,\
 / `l  `l  /  l   l。     .l   ヽ    i  .ヽ     ちょ、神輿(みこし)やないねんから
 :==;i   i/、  ∧.  l。     i`,   `i ,,  /;  `、
 :三;_,,..-''"i_,,,/ i-=========-∧,..~`-'   /_,   `..、
.l    i  l _,,.-'"   >>1   .-,', , /   ,      i         ちょっとー
.L____`、-'      ヽ  ノ ,.///ノ.く   / \ ヽ  `l
 l:::::::::,.-'"      l `、..__..,'  `'`'`' .\/  ヾヽ / l
 l::::r'"        ,.       /.    \   ヽ   /
 l::::l     ,..--'"~ヽ、     ./ヽ     /\__,,...-,"
 `:::l     「ヾヽll  `、   / ll,ー   /:::::∧::::::::::::/
  :::l     l`ll''''ll   `..、/  lll/    l::::::r'/:::::::::::::l
  `::l    `ll  ll         :lll::   /:::::l l::::::::::::::/
  /:::l    ll  :ll         :lll    l::::::::l':::::::::::::::l
  l::::::L_,-'ll'`、 `============'i    l:::::::i:::::::::::::::/
  l:::::::::::::i/`========'`ヽ_,.l::::::l::::::::::::::l
  ;::::::::::::/ミ /'           `、 i ゝ::::l::::::::::::::l
  ヽ::::::::i__/             \ `,;:::l:::::::::::::l
   `ー' ヽ                `ー'ソ::::::::::l"



923 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 13:14:07 ID:kIQM0udY
        ∧         ∧
         / ヽ        ./ .ヽ、
      /   `、     /   ヽ
     /::       ̄ ̄ ̄    \ >>1の脳みそは・・・。
     l:::::::::              .l
    |::::::::::  -=・=-    -=・=-  |
    .|::::::::::     \___/    |
     ヽ::::::::::     \/      /
     ヽ::::::::::::          ノヽ
     /:::::::::              \
    /:::::::   /::::::            ヽ
   (:::::::   (  ::: ∧     ∧ 丿 ヽ
    \:::::::   ̄ヽ/ ヽ、   / (   |
     ヽ、::::::: _  )   ヽ__ノ   ヽ、ノ   
        ̄  '~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
            ∴;: o゚ ::。゚・ ゜。:゚o ∴       
           …:;,: ∴ O∵:: o・:: O ∵
          o゜   メ⌒V⌒ン⌒ハヾ  ∴      はいメロンパン入れになってマース
            ,,,(_乂人_メ_ノ乂ノヽ),,
           /ι∪;:δ・ι-┐・ν・ ヽ
           l ;;;  ○;;  |::::::::| ;;○  l
           |   ;;;    /:::::::::|  ;;; ,i
           ヽ ;;;   ;;; ´ ̄ ̄;;;   ノ
           /           ,丿"
      /⌒ヽ.(       >>1   丿
      ( く/,,ノ,,           ノ
      \,,,/ ヽ,.,,,_,,__,,..ノ



924 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 13:14:41 ID:kIQM0udY

  〜^リ'っ   〜^リ'っ  〜^リ'っ   〜^リ'っ  〜^リ'っ  〜^リ'っ
(ノ,==◎ >(ノ,==◎ >(ノ,==◎ >(ノ,==◎ >(ノ,==◎ >(ノ,==◎ >
||@ @| | ||@ @| | ||@ @| | ||@ @| | ||@ @| | ||@ @| |
ノヽ ▽ / しノヽ ▽ / しノヽ ▽ / し ノヽ ▽ / しノヽ ▽ / しノヽ ▽ / し
 _| ̄|_   _| ̄|_   _| ̄|_   _| ̄|_   _| ̄|__   _| ̄|_
/\ V /\ /\ V /\/\ V /\ /\ V /\/\ V /\/\ V /\
  〜^リ'っ   〜^リ'っ  〜^リ'っ   〜^リ'っ  〜^リ'っ  〜^リ'っ
(ノ,==◎ >(ノ,==◎ >(ノ,==◎ >(ノ,==◎ >(ノ,==◎ >(ノ,==◎ >
||@ @| | ||@ @| | ||@ @| | ||@ @| | ||@ @| | ||@ @| |
ノヽ ▽ / しノヽ ▽ / しノヽ ▽ / し ノヽ ▽ / しノヽ ▽ / しノヽ ▽ / し
 _| ̄|_   _| ̄|_   _| ̄|_   _| ̄|_   _| ̄|__   _| ̄|_
/\ V /\ /\ V /\/\ V /\ /\ V /\/\ V /\/\ V /\
  〜^リ'っ   〜^リ'っ  〜^リ'っ   〜^リ'っ  〜^リ'っ  〜^リ'っ
(ノ,==◎ >(ノ,==◎ >(ノ,==◎ >(ノ,==◎ >(ノ,==◎ >(ノ,==◎ >
||@ @| | ||@ @| | ||@ @| | ||@ @| | ||@ @| | ||@ @| |
ノヽ ▽ / しノヽ ▽ / しノヽ ▽ / し ノヽ ▽ / しノヽ ▽ / しノヽ ▽ / し
 _| ̄|_   _| ̄|_   _| ̄|_   _| ̄|_   _| ̄|__   _| ̄|_
/\ V /\ /\ V /\/\ V /\ /\ V /\/\ V /\/\ V /\


925 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 13:15:44 ID:kIQM0udY
     ,_  __   .__  ____  ____  _   _
     / / / /  / / /    / /     / | |  //
    / / ' /   / /  `フ / ̄ `フ / ̄  | |//
    /  /    / /   / /    / /      |  /
   / ∧\__  / /   / /    / /     / /
   / / \_/ / /   / /   ./ /     / /
    ̄       . ̄     ̄    . ̄       ̄

    :::         ,.- ..,                  :
 .   :        ,゙   ゙ ' ‐ ‐ ‐/⌒ヽ' ' ゙ ',    ..:::..
 .     ∧     :          .! ,.γ⌒ヽ ;    ::
     <  '7   ,'゙        ゙'‐-ヘ,   ノ.,⌒)
      レt-! . ,'            ~ ^ヾ_ノ
        !‐‐┼-                  ;
        !‐┼-   ○       ○  ー┼-
          !.‐十    \__/    ‐┼-
         ,.!- ヽ、    \/      ゙メ、
         ',.と   ゙ ッ‐,-.,.,.,.,.,.,.,n‐ッ, ‐ ' ゙
 .          ` !、  ./  ゙' -∠ィ^'゙    ゙ヽ、
            `.7 .,‐^- 、  ゙ヽ、    i
    ..::..      ノ   ι、r'     ヽ、,._ノ
 .     ::       ,∠..,,_     ゙         >   .:.
           ` ''! ゙ヽ.,, _ _     , イ   ...:: ::...
                 ヽ、  ヽ、  ̄  ,ノ    :: ::
                ゙ ' ' ゙   ゙ ' ' ゙      :  :


926 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 13:19:33 ID:kIQM0udY

|  >>1が糞スレ立てたの
|  なんでだろ〜♪
\____  _______________
        V     |
               |  なんでだろ〜♪
             \_____  _____
                      V
       _,ヾゝー'"'"'"ー、,;    ,.:-‐―‐-.、_
      ,ラ   、_    ヽ,、 /       \
      イ  r-'ー゙ "ー‐、,  ミ/          ヽ
      i!  ,!       i! ミi   ,ハ        i
      ,j i /ニ=、  ,r==、i ,,ハ ,ノヽi! ゙'レ>ヾ-、 ,!r'
      i V <(・)>i i!(・)>゙!,i  !!イ(・)) <.(・)>゙ i /!i
      ゙!ji!   ., j .i_   /j   i  。 。,      ト-'
      ,ィi:.  ;" ー-‐'   ト'   .!   ,.=、     / ̄ ゙̄ー-、_
    __ノ !ハ    : 0 ;  ,/ _,.-‐''\ ゙=''  ,/
  /   \\   ̄ ,//     ゙ー-‐‐"
/       \.゙ー-イ ,/
  _____∧_______________

|  そして立て逃げ
|  なんでだろ〜♪
\_______________∧_____
                /
                 |  なんでだろ〜♪



927 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 13:21:07 ID:kIQM0udY

  _______         ___________
 |悲しいときー! |         | 誰かが死んだときー!  |
   ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄          ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   (⌒-─-⌒)                ∧_∧
   ( ゚ (ェ) ゚  )               ( ´_ゝ`) 
   ノつ(リノ ))                ┏━━━━┓
   (ノリ・∀・ノ!リ              ( )/  \( )
.    ヽ)丕i(○               ┃ ∧_∧ ┃
...    〈/_|j_ ゝ               ┃(´∀` ) ┃
.     |∪∪                 ┃( >>1 .|つ┃
                         ┗━━━━┛
                         (_) (_)



928 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 13:22:16 ID:kIQM0udY
            f⌒ミ`ニキ'"三三ミミヽヽ`il))メナ彡ナシノノフイく,ノ三ノr=ヽ'
           ー=、 ゙ゝ'彡≫三≡ミ゙i`i l l lノ,r'リノッシノ彡ノノシ/F三ノニト
          ´~ゝ-ゝ<リ彡ノノ三ミミミfi l lゝi ノノノノニ彡三彡彡jノヨ'ノ巛ミ>'"二ヽ
          ^`ー三くj〃彡三≡ヾ.ゝt t )l ン"´ ゙ヽ、iミ彡ノシ人ミ三彡ニ=-
            、,:r''7ヘ又彡シ,r/'"~`゙゙゙`'二ニ:;、_,,.,.,  `゙゙ヾミミ三彡ブ>∈ニ
          ,'ニキ王彡彡彡;,fノ -=,=< l /,∠(_,.,.,、  ゙iミ彡彡三ノ∠ニ_
        、_,r=''7ヽ≡彡三彡'" '''"~,r''') `' ゙i  f‐-:,ニィ=、ヽ トミミミ三≫にニニ、ヽ 
       =〃ーヽヽfrミ三f'f ,,r;;ニ彡'´ `ヽ,  ノ  ノ.'・'´ ̄  i,ミ三ヽフ<7、,.r--=、 >>1
       `ー=''"~`ヾミ》彡/'イ (:ノZニr・ゞ   i f   `"_,,二ニヽ┤ミミY人ノリへ,,.=、 糞スレ過ぎて
           ,,ノ-r'彡〃:┤ ,,..,.  ̄",:' ,r j t`ヽ,、_,ニニヽ`t三彡彡メ>ノ、_`''"´とても突っ込めねェよ
         ,r''>=‐ナ〃フノノ:゙i'',r'',.=‐,'".ノ(_rゝ_ノ'" ,.,..,.、_´~)  l ) )ミミ彡==、、
       `~ f 、__,>ヲr7ノF彡 i ( r=''" _,.,.,.,.,.,.,.:ィ",.,-、=、,フ   イ ノミヘ三≡,.,、 ゙ヽ
        ゞ、_彡ナ7ノシノfr(ゝ、tヽ /,r‐―一 '"_,.,.,、ノノ^iフ′ l`ヾミr十=、``ヽ、)
           '"~フフr/ノミヽソ l'  ゙i〈〈(ヽノ'ー''"^´   ~`ヲ^i ,ノ :,ヾ''ー--==:、
            ニf‐ナ''チ,r=ゝノ、  ゙い''^',,.ィrー'='ーメ/ ,' ,/′':,  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
           ( ,r''サ;;;;;;;;;;;,ィ 、.゙ヽ、゙tヾ、ー=''"゙゙~´,ノ ,' /   :  ノ,ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\,,_
           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/人 ':, `ヽ、 `゙゙゙゙´~´ ̄    /   ,:' /   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙゙`'''ヽ、,,
         ,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;t ''"゙t  ゙;, `ヽ.        /  ,:'  /` /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;



929 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 13:22:53 ID:kIQM0udY

死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死
死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死鬱死死死死死死死死死死死死死死死死死鬱死死死死死死死死死
死鬱死死死死死鬱死死死死死死死鬱死死死鬱死死死死死死死鬱死死死鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱死死死鬱死死死死死死死死死
死死鬱死死死死死鬱死死死死鬱鬱鬱死死死鬱死死死鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱死死死鬱死死死鬱死死死死死鬱鬱鬱鬱死鬱鬱鬱鬱死死死
死死死鬱死死死死死鬱死死死死死鬱死死死鬱死死死死死死死鬱死死死死死鬱死死死鬱死死死死死死死鬱死鬱死死死死鬱死死
死死死死鬱死死死死死鬱死死死死鬱死死死鬱死死死死死死死鬱死死死死鬱鬱鬱鬱死鬱死死鬱死死死死鬱鬱死死死死死鬱死死
死死死死死鬱死死死死死鬱死死死鬱死死死鬱死死死死死死死鬱死死死死鬱死死鬱死鬱死鬱死死死死鬱鬱死死死死死死鬱死死
死死死死鬱死死死死死鬱死死死死鬱死死死鬱死死死死死死死鬱死死死鬱鬱死死鬱死鬱鬱死死死死死鬱鬱死死死死死死鬱死死
死死死鬱死死死死死鬱死死死死死鬱死死死鬱死死死死鬱鬱鬱鬱死死死死死鬱鬱死死鬱死死死死死鬱死鬱死死死死死死鬱死死
死死鬱死死死死死鬱死死死死死死鬱死死死鬱死死死鬱死死死鬱鬱死死死死死鬱死死鬱死死死死死鬱死鬱死死死鬱鬱鬱鬱死死
死鬱死死死死死鬱死死死死死死死鬱死死死鬱死死死鬱死死死鬱死鬱死死死鬱死死死鬱死死死鬱死死死鬱死死鬱死死死鬱死死
死死死死死死死死死死死死死死死死死死死鬱死死死死鬱鬱鬱死死死死鬱鬱死死死死鬱鬱鬱鬱鬱死死死鬱死死死鬱鬱鬱死鬱死
死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死



930 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 13:24:35 ID:kIQM0udY

       , --- 、_
      /ミミミヾヾヽ、_
   ∠ヾヾヾヾヾヾjj┴彡ニヽ
  / , -ー‐'"´´´    ヾ.三ヽ
  ,' /            ヾ三ヽ
  j |             / }ミ i
  | |              / /ミ  !
  } | r、          l ゙iミ __」   
  |]ムヽ、_    __∠二、__,ィ|/ ィ }    
  |    ̄`ミl==r'´     / |lぅ lj うんこぶりぶりぶぅ〜りぶりぃ〜♪
  「!ヽ、_____j ヽ、_  -'  レ'r'/  うんこぶりぶりぶぅ〜りぶりぃ〜♪ 
   `!     j  ヽ        j_ノ
   ',    ヽァ_ '┘     ,i
    ヽ  ___'...__   i   ハ__
     ヽ ゙二二 `  ,' // 八
      ヽ        /'´   / ヽ
      |ヽ、__, '´ /   /   \



931 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 13:25:08 ID:kIQM0udY
       彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡
      彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡
     彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡
    彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡  彡彡彡
   彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡   - -    ]
  彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡    - ---   [
  彡彡彡彡彡彡彡彡彡     彡彡巛   )
 彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡    彡  _)   )
 彡彡彡彡彡彡/ ̄ ̄彡彡    ∠=≡  (
 彡彡彡彡彡彡| |   彡彡        )  \
 彡彡彡彡彡彡||   彡彡             \
 彡彡彡彡彡彡\ ̄彡彡         (    )
 彡彡彡彡彡彡彡 ̄彡彡       _ノ ⌒─
 彡彡彡彡彡彡彡彡彡       _ノ《《《巛巛巛》》
 彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡     |巛巛《      )
 彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡    巛《 / ̄ ̄|
 彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡  《巛\\   |   ポアしたろうか? >>1
 彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡》》》》》 \\|  
彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡》》》》》》》\ノ
彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡》》》》》》》》》》》》》》》
彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡》》》》》》》》》》》》》》》》》
彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡》》》》》》》》》》》》》》》》》



932 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 13:26:02 ID:kIQM0udY
>>1
        ????
       ????     ?????????
      ???? ??  ???? ?????
     ??? ??????????????
   ????????? ??  ?????
   ????????      ???????
      ??? ???   ???  ??????
    ????????? ?????    ????????
    ????  ?????   ?????  ???????
  ?   ??? ????      ???
  ???  ???  ??
   ???  ?        ??????
    ?              ?????
                   
              ??????????
      ???????????  ??????        
       ????      ????
              ?????
               ????
                ???
                ???
                ???
                ???
                ???
                ???
           ????????
            ??????
              ????


933 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 13:27:42 ID:kIQM0udY

 :||:: \おい、隠れても無駄だ ゴルァ!     ドッカン  ゴガギーン
 :|| ::   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄_m ドッカン     ☆
 :||::   ___     ======) ))_____ /          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 :||  |     |      | ̄.ミ∧_∧ | | ────┐||::     ∧_∧ < おらっ!グモ一家 出て来い!!
 :||  |___|      |_..(   ) | | .___ │||::   (・Д・ )\____________
 :||  |___|      |_「 ⌒ ̄  ,|.. |. グモ ||||::  / 「    \ ::.
 :||  |___|      |_|    ,/  ̄ .  ̄ ̄ ̄ │||::  | |    /\\
 :||:   ̄ ̄ ̄         ̄|    .| :||│     ;,   │||; へ//|  |  |. |
 :||::   :;  ; ,,         :|    :.| ||│       (\/,.へ \|  | ::( .)
 :||::   :;  冫、. .      |   .i  .|:||◎ニニニニ\/  \    |    ̄
 :||.:,,'';      ` ..  . ::  . |  ∧. |:||│::::/    │||::.:.   .Y ./ ..:: ;;
 :||:;;;:    ;;.. ::::: 冫、 : .:: .|  | | |.||│ 冫、 ;;;,,│||:;;;.   | .|  ........
 :||:;;;:  .....   .. `     / /  / /::||│ `  .,;;;,,.│||:;;;.   | .|  ...:L
 :||;::: #   ..:        ./ / ./ ./ ||│|三三三|. │||;;:..::   | .| . #.. :: ;;
 :||;:::     #. ..:  :::::: (_) .(_).ミ||│        │||;;;k、,,,|,(_).. ,,, :::
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:::;三三;;;;;三三:::;;;;;;; :::::;;;;;::;;;;;;;;;;::::;; :::::;;;;;:::::;;;;;;;;;;::::;; :::::;;;;;:::;;;;;;;;;;::::;;;;;:::::::;;;;;;三



934 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 13:29:05 ID:kIQM0udY

        〜^リ'っ       〇/ ̄\〇
      (ノ,==◎ >      | /ωu\ |  
      ||@ @| |       | |@ @| |
      ノヽ ▽ / し      | |\▽ /| |
        〉  (、  n    ( ) ,) 〈 ( )
      イ´γ  、ヽ ,||、    ,,ノ,_i⌒)  __/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      (⌒r´⌒y/ f々)   (;:..(..:::;ノ /   \ ニモ&トマトでつ
       ハ::,;、::::ノ〈//`´   (二二ノノ     |  本当は巨乳ですわ。
       |ノ:::::::〈\./      (_ミ:::〈      \__________________
      ィf::::::::::;ヽ、        〈;::::::;::ヽ
      (ミ:::;;:::;;:::::}         〉;;;::::)::)
      人;;;;;y;;;;;;ノ       /^i;;:イ;;;ノ
        | / /       / /| /
        `y /       〈 <  | |
        || |        ヽ `ヽ| i
         | ト.、        \`ヾ:|
         | |/^〉        ノ ^〉|
        ノ__.|ヘ;|        しヘ;|_ 〉
       ∠_ノL!         ∠_ノL!


935 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 13:30:26 ID:kIQM0udY

ぐんまぐんまぐんま
 \\\  @@@  
   (⌒\@# _、_@ 
    \ ヽヽ( ゜Д゜)
     (mJ  ^ ⌒\
      ノ ∩  / /
      (  | .|∧_∧
  /\丿 | ( 。A。 ) さ・・・さいた・・・ま
  (___へ_ノ ゝ__ノ



936 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 13:32:17 ID:kIQM0udY

  / /  .,' /  /    ,  ',  '、 ヽ  ヽ,  ヽ. ヽ,ヽ\.   ',  , '      _,,
.    / /   .i ,'  .,'    ト  ゙、 '、.  ゙、  '、  ヽ、ヽ\ヽ  i/      /
.    ,' i   .i !   !   !  ハ  .i、 ,ル--,、、  ゙、 ゙、'、、 ゙、ヾ、゙v',ノ      , '
    , .i    l l  _i、- -ト. i ',  !゙r'´ !゙, ',゙,`ヽ、i ゙,. ゙,ヽ ',. ゙,'、゙、     , '
    i. l.    !,r'".i|   'l  ,' ! ' i ,j、L_l',i ',  i. i i. ゙、.i ゙,゙、',    , '
    !. l    ', ', !', ,,,'_ト./  ! ,'  r',r''‐=-ヽ,',.  ! l l  ',l  ゙、',゙,   , '
    l  ',    ',ヾ,r''-=:-、、  '/  リ ト-イiii::バi. ,i ,i ハ  !   ',゙,i /
    ',  ゙,    ',,i ト-イiii:::ハ '     !ゞ::!r''::リ,l. ,'.! ,'.j/ ゙,',     レ!゙
     i.  ',     'l{. !ゞ::!!r''リ   、.  ヽ-==' ,'イ.,'/.メ; .i',',    !.!    
    ', ./ '、   ', `‐-‐ '  ,-‐ ''',      j,'/ i. ,' ',',   .,'    
     ', ゙ 、ヽ 、. ',      {    }     ,. '"   .l.,' i !  .,'    
     '、'、``、゙、  ゙、.     ゙、  ノ  ,、‐'"i     !', ' ',.! /    
.      ' ,ヽ, ヽヽ ヽ`' ‐- 、、,`,,´、-ヤ  ', ゙,    , '  i.!,.'
       ヽ、\ヽ\ ヽ,、ゝr'ヽ     ハ   ', ',   , '   j,'
         ヽ. ヽ`,>ト、v .!      ノ ゙,  ゙、 ', ./    /
          / l i\iヽ、,   /,、‐'   ヽy'     '
.        ./   ',. !  ゝ--`‐´''´      \




937 :RYO ◆S/24kcgAJM :2005/08/02(火) 13:51:23 ID:kz7Xo6Pt
グモもうこないのかな?

938 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/08/02(火) 13:56:52 ID:kKYh0LBe
グモはニモと幸せになったから
ここに相談することがなくなっちゃったんだよ

939 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 14:11:46 ID:vevLTGzc
なんでおまえがそんなこと知ってんの?

940 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/08/02(火) 14:13:25 ID:kKYh0LBe
何で俺に噛み付くの?

941 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 14:20:28 ID:vevLTGzc
はあ!?別に噛み付いてないけど!

942 :RYO ◆wfgwLA5WrE :2005/08/02(火) 14:23:24 ID:kKYh0LBe
またまたエクスクラメーションマークとかつけちゃって
そんなに興奮しなくても>>938は俺の勝手な妄想だよ^^

943 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 15:54:45 ID:UXmi2A/9


944 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 15:57:28 ID:UXmi2A/9
母子

945 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 15:58:34 ID:UXmi2A/9
食べ

946 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 16:00:41 ID:UXmi2A/9
たい

947 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 16:07:22 ID:UXmi2A/9
僕は

948 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 16:08:10 ID:UXmi2A/9
今すぐ

949 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 16:09:35 ID:UXmi2A/9
君に

950 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 16:11:34 ID:UXmi2A/9
逢いたい

951 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 16:12:43 ID:FlxoNRLw
スピッツのスカーレットのカップリングの曲だな。
うめぼし

952 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 16:14:06 ID:UXmi2A/9
Yes!!

953 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 16:15:47 ID:FlxoNRLw
シングル持ってるから久々に聞いてみるか

954 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 16:20:30 ID:UXmi2A/9
スピッツは歌詞が直接的じゃないとこがいいんだよなあ

955 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 16:24:49 ID:VRNvbdQK
とりあえず埋めてみれ。

んで
・愚喪「すいません。これで最後にしたいと思います。」とか言って、
 再度糞スレ立てまくり
・二度と現れず2chに平和が訪れる
と考えてみた

956 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 16:27:05 ID:X1Bt1rS0
産め

957 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 16:27:37 ID:X1Bt1rS0
産め

958 :アチュットジ:2005/08/02(火) 16:28:56 ID:mPEh2pSM
うめ

959 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 16:30:59 ID:X1Bt1rS0
このスレよく続いてたもんだ加速生め

960 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 16:31:42 ID:X1Bt1rS0
産め

961 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 16:33:13 ID:UXmi2A/9
ぐっもーにんミスターウィッキー

962 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 16:34:12 ID:X1Bt1rS0
ksk

963 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 16:35:03 ID:X1Bt1rS0
ksk

964 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 16:36:08 ID:X1Bt1rS0
愚喪二度とスレ立て禁止産め

965 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 16:36:40 ID:X1Bt1rS0
ksk

966 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 16:37:33 ID:X1Bt1rS0
ksk

967 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 16:38:03 ID:X1Bt1rS0
ksk

968 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 16:38:39 ID:X1Bt1rS0
ksk

969 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 16:39:15 ID:X1Bt1rS0
オナニースレ終了梅

970 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 16:39:58 ID:X1Bt1rS0
あと30梅

971 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 16:40:38 ID:qm6VL1uL
紫煙

972 :アチュットジ:2005/08/02(火) 16:43:50 ID:mPEh2pSM
ぱーぷるへいず

973 :アチュットジ:2005/08/02(火) 16:44:43 ID:mPEh2pSM
うめ

974 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 16:44:57 ID:UXmi2A/9
すてぃっきーふぃんがーず

975 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 16:46:00 ID:UXmi2A/9
もしかしてオラオラですかぁ('A`)

976 :アチュットジ:2005/08/02(火) 16:50:40 ID:mPEh2pSM
うめ禁止

977 :アチュットジ:2005/08/02(火) 17:00:43 ID:mPEh2pSM
うめ

978 :アチュットジ:2005/08/02(火) 17:04:50 ID:mPEh2pSM
うっめ

979 :アチュットジ:2005/08/02(火) 17:08:34 ID:mPEh2pSM
まいう−

980 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 17:12:08 ID:hVPFkSwd
【韓国】李舜臣艦がミサイル発射訓練【写真あり】
ttp://news17.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1091441214/(dat落ち)

440 <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん  04/08/02 22:12 ID:pWiaXa+w
韓国洗濯機のモーターも日本製ですよ。

443 <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん  04/08/02 22:13 ID:bDeBmcWi
>>440
必死だな(w  モーターぐらい韓国で作れます。だったら今から俺の洗濯機を
見てみるよ。五分待て。逃げるなよ。韓国製だったらお前謝罪しろよ

501 <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん  04/08/02 22:27 ID:bDeBmcWi

畜生・・・・なんで難しい部品は日本製なんだよ。
お前らが韓国の技術力wお恐れて妨害しているに決まっている。
お前らみたいな奴とは話なんてもうしたくない。もう本当に帰る。ふん

518 <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん ianfushazainet@yahoo.co.jp  04/08/02 22:34 ID:bDeBmcWi

ねじの頭が壊れちゃったぞ!それに留め金がどっかにいっちゃってカバーがつかないぞ!
カバーつかないと動かないぞ!

お前らのせいで洗濯機が使えなくなったじゃないか。これ友人との共同品だぞ
どうしてくれる!

畜生、おまえたとちと構ってしまったからこんなことに・・・畜生。

電子メールアドレス提示したから僕に悪いと思って賠償する木があるなら連絡しろ。
畜生・・・・・友達にまた殴られる・・・・本当に帰る・・・

981 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 17:16:13 ID:hVPFkSwd
FFXのラスボス名「エストシーモア」 。 エンディングで主人公のディーダは死ぬ


FFXは三部構成。
第一部は現在公開されている ティーダがシンに接触して異世界に来たときのことから
エポンの民 対 シン です。 これがだいたい17、8時間かかります。

二部は物語の色々なエピソードが明かされます。
ブラスカ、アーロン、ジェクト、シーモアが昔シンと闘ったときのこと
ブラスカは究極召還を行って死んでしまったこと。
シンは昔召還獣を具現化する事もできたという大召還師が命と引き替えに召還したということ。
世界は多次元で構成されていて、シンは元々次元間を移動するための召還魔法だったこと。
召還氏のみがそれをコントロールできること そして、その後がシンの秘密を明かし世界を統合しようとし(統合すると次元が崩壊するかもしれない)
利用しようとしたシーモアと闘ったが 返り討ちにされ力つきたジェクトとアーロン。 アーロンだけが生き残った理由。
そしてアーロンはそのことを第一部ではまだ明かすわけにはいかなかった理由。 などを10時間くらいで明かされます。

そして第三部。
シーモアを倒した主人公等はシーモアもまたシンを消し去りたいと考えていたこと
シンの倒し方を聞きを完全に倒すために異世界にいるシンの召還主を 倒しに行くと言う流れです。
これは約15時間

ラスボスは「エストシーモア」なり。
ユウナは究極召喚と唱えるとともに命がたえる。

エストシーモアはティーダが存在する限り何度も復活する。
倒す方法はティーダの存在を消すこと(詳しい説明は省略)

キマリとワッカは死亡なり。(育てようとしてる人は:注)

982 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 17:18:26 ID:qoKwysLu
産め

983 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 17:20:35 ID:hVPFkSwd
漏れ、路線バスの運転手。
先日、深夜1時過ぎの最終便を運転していた。
あと十数分で終点。これで明日、明後日とお休み。
お客さんもみんな降りたので、マイクつけたままで気分よく歌ってた。
「えっびマヨマヨー、えびマヨー! えっびマヨマヨー!」
十分くらい歌って、終点まであと数停ってところで、

「ピンポーン」

死角になってる後部座席にお客さんがいらっしゃったんですね。
いやぁ、あの時は死ぬほど恥ずかしかったぁ・・・。

984 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 17:20:44 ID:UXmi2A/9
新スレ立ってるぞ

985 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 17:22:21 ID:hVPFkSwd
>>984
ちょwww

986 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 17:22:38 ID:qoKwysLu
絡まれてた女の子を勇気を出して助けた?15
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/dame/1122950031/

987 :名無しさん@毎日が日曜日:2005/08/02(火) 17:26:07 ID:hVPFkSwd
これは文藝春秋2000年11月号に掲載された阿川弘之氏の文を要約したものです。

2000年7月4日、20世紀最後のアメリカ独立記念日を祝う洋上式典に参加するため、
世界各国の帆船170隻、海軍の艦艇70隻がニューヨーク港に集結した。

翌日の5日に英国の豪華客船「QEU」が入港してきたのだが、折悪しくも2ノット半の
急流となっていたハドソン河の流れに押された巨大な客船は、あれよあれよと言う間もなく、
係留中の我が海上自衛隊の自衛艦「かしま」の船首部分に接触してしまったのである。

着岸した「QEU」からすぐさま、船長のメッセージを携えた機関長と一等航海士が謝罪に
やってきた。相手の詫び言に対応した「かしま」艦長はこう答えた。

「幸い損傷も軽かったし、別段気にしておりません。それよりも女王陛下にキスされて光栄
に思っております」
これが何千人もの船乗りたちの間で大評判になり、ニューヨークだけでなく、ロンドンにも
伝わって「タイムズ」や「イブニング・スタンダード」も記事にし、日本のネイバル・オフィサーの
ユーモ アのセンスを評価する声が高かったそうである。
「かしま」艦長、上田勝恵一等海佐の対応の見事さは勲章ものではないでしょうか。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)