5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ヒルシュッ子達みんな集合!

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 12:40:57 ID:Q2HC8K3h
ヒルシュスプルング病について語りましょう。

http://forum.nifty.com/fmidi/odp/49884/77598/503605/1112289/1155023/1155054/




2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 09:25:51 ID:RKxQh1uP
2げと。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 09:32:52 ID:cUYd4fZ+
>>1

手抜きせずに自分の言葉で呼び掛けろ
オマエのはただスレたてただけで怠慢すぎる
まったく心がこもってない

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 13:11:27 ID:RKxQh1uP
>>3
例えば?

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 13:14:23 ID:RKxQh1uP
心がコモッタスレってどんなスレ?

ヒルシュのことを詳しく書くのかな?

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 13:44:21 ID:RFOLCwAI
子供のビョーキに立ち向かうママカッコイイwww
〜奮闘記とか〜っ子とかアイタタ婆カッコイイwww

7 :a ◆KI8qrx8iDI :2006/05/23(火) 23:45:46 ID:qsCYeF0h
a

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/24(水) 09:52:06 ID:07+91bfg
なんか、スレが荒らされてる気がする〜。

*ヒルシュスプルング病について

ヒルシュスプルング病は先天性の腸の病気。
この病気は、約5000人〜10000人に一人という珍しい病気で、特に男の子に
多い病です。(女の子の3倍〜8倍と言われています)
ヒルシュスプルング病は、医学書等によると100年以上前に、疾患として報告がされ
されている。
病状としては、結腸が風船のように膨れ上がるので、当初は「巨大結腸症」と呼ばれました。
原因は、直腸や下部の結腸の壁の神経節細胞が先天的に欠落し、その部分がゴムホースのよ
うに伸びた状態で、排便のための収縮運動が出来ません。
また、神経節細胞の欠落部分はいろいろあり、ごく校門に近い部分だけの直腸に限られる物
(ultra−short)もあれば、直腸及び結腸に範囲が及ぶ物(long)、更に全
結腸に及ぶ物(total)と小腸に及ぶ物(extensive)などがあります。
症状は、生後まもなく見られる強烈な便秘と腹部のガスの貯留。
時には、ミルクや母乳が一切飲めず、嘔吐を繰り返す場合もあります。
検査方法は、腹部のレントゲン、バリュウムを肛門から注入し撮影する注腸造影検査、直腸
の粘膜病理検査など。ただし、神経節細胞の欠落部分が長い場合、開腹手術にて調べるとのこと。
治療は、神経節細胞の欠落部分が短い場合は、下剤などの投薬のみですが、長い場合は神経
節細胞の欠落部分の切除となる。
一般的に根治術すると、直腸などの腸の一部を切除しますが、その後のリハビリでは、
腸の機能が適応して便が正常になるまで、食生活などを気をつけます。



3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)