5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

天才肌!【ADD・アスペ・LD自慢】発揮!

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 14:29:28 ID:st93B1nP
LD・ADHD・ADD・アスペ・自閉症等の軽度発達障害者へ!
コンプレックスを持つな!軽度発達障害者は天才肌の奴が多い。

障害を持つことは、ハンディキャップだと思われがちだが、強みとして働く事も珍しくない。
障害があるからこそ、それを代償しようと他の能力が発揮される事がある。
通常は眠っているものが目を醒ますのだ。結果として健常者にはない発想や才能が発揮され、
そうなれば健常者がいくら努力しても、考えつかない・得られない結果が残される事となる。

・エジソン − ADHD → 人並み外れた集中力で電球を発明する。
・アインシュタイン → 計算・読書苦手なLD→相対性理論の提唱。
・レオナルド − 計算・読書苦手なLD→実証主義精神の誕生。
・アンデルセン − 文法障害LD →新しい文学の創設者。
・ベル − アスペルガー → 電話の発明。
・ディズニー − 徘徊癖のあるADHD → ディズニーアニメの誕生。

さぁ!おまえら! 仕事面・趣味・日常生活で一般健常人に対して、発達障害
クオリティの発想・能力で対抗し、「あっ!と言わせた」場面を思い出し、優越感
に浸りながらその勝利に満ちた瞬間の、発想の課程・結果を、思う存分に書きなぐれ!!

この日本・この時世で天才になれなくとも、俺たちには一般人にない素晴らしい能力が
あるじゃないか!もう卑屈になるには、止めよう!!
※※※「天才はなぜ生まれるか」正高 信男 ちくま新書 を一部抜粋


24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 22:33:41 ID:3sMFEfic
>>23
天才が生まれやすいなんてことはありません。
『天才と呼ばれる人たちの中に軽度の者がいた。』という程度のことです。
LD・ADHD・ADD・アスペ・自閉症等が『奇人変人』であることは説明の必要が無いとは思いますが、
この奇人変人ぶりが見ようによっては>>1が言うように『天才肌』に見えるのでしょう。
ただそれだけのことです。
これらの多くは天才ではないし、無名の奇人変人として生涯を終わる者が大多数なのです。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 22:40:35 ID:+e29Qqfr
天才にならざるを得ない状況なら、不自由人だ。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 23:02:54 ID:kcGiADSU
>>24
アスペにおける天才の発生率は、健常者の5倍
という話を読んだことがある。

天才が生れやすいなんてことがない、という理由は?

>>25
脳の機能障害なんだから(頭が)不自由人だよね。


27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 23:04:59 ID:G2TcDufK
この板はDQNの集まりだなw

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 23:13:02 ID:GIa2K6lX
>>24さんの言う事が真実に近いと思う。
だいたいアスペと言う言葉が使われ出したのもここ10年くらいの極最近で
それまでアスペルガーの論文は日の目を見る事無く発表から数十年も埋もれていたんだから

アスペルガー症候群という概念もなく研究の対象にもなっていなかった頃に活躍した有名人を
勝手にアスペに仕立てるアスペ当事者どもの勝手な妄想と傲慢には呆れ果てるよ。

既に亡き人となっている歴史上の偉人を愚弄するのは止めてもらいたいもんだ。
怪しい新興宗教の教祖や信者が「私はキリストの生れ変わりで...」や「私の前世はフランス王室の...」などとバカ面で得意げに話してるのと同じだろw
恥ずかしくないのかよ


29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 23:29:20 ID:kcGiADSU
>>28
もまいの心は、差別意識でどす黒く染まってるな。
漏れはアスペではないが、
もまいの心の汚さは健常者の恥だと思う。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 23:31:38 ID:3sMFEfic
>>26
他人に質問する前に、先ずその5倍論の信憑性を示してもらいたいものだね。

>>28
その通りですね。
既に亡くなってる人を仕立て上げる論法はトンデモ科学そのものですね。


31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 23:35:43 ID:THlwK95c
>アスペにおける天才の発生率は、健常者の5倍

『天才=サヴァン』という意味?


32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 23:53:37 ID:3sMFEfic
アスペに天才が多いという立証された科学的根拠など何も無いのが現実じゃん。
『バカと天才は紙一重』という諺を誤解して『アスペ=天才』と思い込んでる人が多いだけ。
特にアスペ自身が自分を美化するためにそう思い込んでいるだけ。
美化したいという傾向が強いからこそ歴史上の著名人を必死になってアスペだと言い張っている。
だが、しかし、

   こ れ ら の 著 名 人 が ア ス ペ だ と 確 定 診 断 さ れ た こ と は 一 度 も 無 い

というのが現実。
結局は厄介な障害の一つでしかないということ。
美化したり、妄想に逃げ込んでも仕方ないだろ?
反論があるなら、現在存命のアスペの天才の名を一人でも挙げてみろよ。
アスペに天才が多いと主張するのなら、ノーベル賞やフィールズ賞受賞者の中にたくさんいるんじゃないのか?


33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 23:55:24 ID:GIa2K6lX
サヴァン症候群は イディオ.サヴァン症候群=白痴の天才=記憶能力の優れた重度知恵遅れ

と言うような意味だったのが、いつの間にかサヴァン=天才と一部分だけが使われ誤解されているに過ぎないんだけどね。

知的障害だって知的なわけじゃない 知的な部分に障害がある知恵遅れ

高次脳機能障害だって、なにかが高次と言う訳ではなく 低次脳機能を持っている低脳

そんな当事者やその親が不当に事実を隠そうとした末の言葉遊びなんだけどね。

サヴァン症候群? もちろんどうしようもないキチガイだよ。


34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 00:04:06 ID:nQMD/GuA
>>33
 高次脳機能障害とは器質的精神障害のことです。


35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 00:05:59 ID:vmP0VIOm
>>33
その通りです。
サヴァン症候群=天才というのは完全な誤解です。
10万年分のカレンダーを暗記するという能力を持つサヴァンもいますが、
逆に言えば、それ以外の能力(計算、空間認識など)は全くダメです。
一つだけ得意分野を持っているだけの知的障害者でしかないのです。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 00:17:37 ID:NM3zDeSo
>>32
ひとりでいいのか。

フィールズ賞を三十八歳で受賞したリチャード・ボーチャーズは、
自らアスペであることを明らかにしている。

こんな事もしらないとは。
無知な奴ってほんとどうしようもないな。

あと、>>30についてなんだが、
質問に質問で返したら「0点」だって、小学校の時に
習わなかったのか?

まぁお前くらい無知だと、小学生レベルの返答の仕方も
知らないのかもしれないけど。

とにかくお前が思い込みで断定してくるやつだということは十分分かった。
話すだけ無駄だったな。じゃあな。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 00:22:00 ID:P2CIBnLT
>>24
俺も
>アスペにおける天才の発生率は、健常者の5倍

の根拠を知りたいもんだね。
天才の発生ってのも笑えるけど、どんな基準で算出したのか興味があるw




38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 00:27:33 ID:LWtwYaQ/
>>36
とりあえず一人はいたみたいだな。
あと何人挙がるかが楽しみだな。(多いと言い切るだけの割合にはならないと思うが。)
つ〜か、お前はリアルで池沼か?
>>30のどこが質問返しになっているの?
どこにも疑問文などないのだが・・・

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 00:29:40 ID:LWtwYaQ/
>>37
美化願望に端を発した妄想だから、ソースは期待しない方がいいと思います。w

40 :チンポマン:2006/07/18(火) 00:42:11 ID:O8LQ2f0d
天才は完全よりも、どこかに欠点があったりするほうがエピソードがおもしろくなる。
おもしろくなると語り継がれる。
完璧な天才やダメダメな池沼は歴史に残らなかっただけだったりして

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 00:53:18 ID:3bybFDoe
ADHDが芸術とかの創造的な分野に向いているというのは間違いじゃないと思うよ。
一般社会では欠点とされている事が、逆に有利の働く場合があるから。
例えば、空気が読めないというのは、一般社会では欠点とみなされるけど、芸術作品を作る上では
何事にも囚われない自由な発想が出来るという事で有利に働く。
宮崎駿とか北野武なんかは、ADHDな特性を生かして作品を作ってると思う。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 00:56:55 ID:QOlnH3RU
>>40
ダメダメな池沼の伝記、読んでみたい

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 01:16:22 ID:FofEJCLo
アスペには、レインマンや、海の上のピアニストみたいな天才がいる。
数字につよかったり、言語につよかったり、音楽につよかったりさまざま。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 01:30:27 ID:P2CIBnLT
あのぉ〜

事実と妄想とを脳内で混合させて
現実からかけ離れた嘘っぱちの美談を都合良く形成させ
あたかもそれが事実であるかのように思い込めるのも
アスペ故の特徴ですか?


45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 01:37:14 ID:P2CIBnLT

分かりやすくお話してあげますね。

昔々、世の中には沢山のバカがいました。

ところが近年、そのバカに詳しい名前をつけたのです。

あるバカはアスペ、また他のバカはADD、こっちのバカはADHDなどとです。

バカとその家族は自分が自分が馬鹿である事も忘れそのカタカナやアルファベットに酔ったのです
まるでバカではなくなったかのように。

しかしバカは変わらずバカのままなのです。
役立たずの野呂まで社会性の無い嫌われ者なのです。
コミュニケーションが苦手で自分勝手な妄想で人に迷惑をかけるキチガイなのです。

新たな名前をもらってもバカやキチガイが改善するわけではないのです。
それが分からずこういうスレを立てるからバカだキチガイだと言われるのです。

ちゃんとバカな自分を、役立たずの自分を、キチガイの自分を見つめなさい。


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 02:10:30 ID:LVOpdjzs
デスノートに出てくる「L」「ニア」「メロ」も、天才だが欠陥の目立つ
変人で、ADDやアスペっぽいキャラ設定になっているね。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 05:38:56 ID:uFUN+PJh
健常者の支えがあってこそだということ忘れるなよ

48 :ななし:2006/07/18(火) 06:02:54 ID:5iEGRK/q
人間の5%程度は何らかの発達障害がある。
偉業を成し遂げた人の中に、ちょっとした発達障害があっても不思議でない。
ただ健常者よりも偉人が出現する確率が多いというなら、データを示して欲しいものである。
数百年前の故人、信長だのシェイクスピアをどうやって発達障害と診断できるのか?

ただ、アインシュタインについては、複数の発達障害を抱えていたのは間違いないようだ。
発達障害=人より潜在力がある、という誤解は、アインシュタインの影響が大きい。
映画や漫画にやたら出てくる奇想天外な「博士」は、全てアインシュタインがモデル。


49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 06:37:06 ID:7OulZRFF
結局、障害者(及びその関係者)は障害について激しい劣等感を持っていて、何とかしてその劣等感を払拭したいだけ。
その劣等感を払拭する方法が『置き換え』なんですよ。
ダウンは『天使』という言葉で置き換えられるし、アスペ等には『天才』という言葉が用いられる。
傍から見れば荒唐無稽な置き換えだが、彼らにとってはこの『信仰』こそ心の拠り所なんです。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 07:00:18 ID:ka0TAHfx
俺は内輪では天才と言われる診断済みアスペだけど(社会的にはタダの変人会社員)
やっぱ足りない物は足りないぞ。よき理解者ではあるけど嫁には苦労かけまくり。
記憶力とかは良いしIQも高いけど、決定的に何かが足りない。
健常者でこれだけ能力があれば天才になれたかも、って悔しかった時期はあった。

変な美化は当事者としても気色悪い。自閉は嘘つけないとかな。
普通につきますからw

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 07:03:24 ID:EOJ13Kfi
この手の障害者とその関係者達に信奉されている学問に「病跡学」があるが、これは完全な疑似科学。
直接会ったわけでもない大昔の有名人の、どこまで本当か分からない逸話や伝記の中から、自説に都合の良い部分だけを組み合わせて、「○○(人名)は××(病名)だった可能性がある」と推測しているだけ。
ところが、この推論に過ぎない代物が発達障害者及びその関係者の手にかかると「○○は××だった」と勝手に断定型に変換されちゃうの。その理由は>>49が指摘している通り。
「エジソンもアインシュタインもゲイツも……」と、妄想を膨らませている暇があるなら、彼らの1/100でいいから、なんらかの業績をあげる努力をすべきだね。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 07:23:38 ID:HKbCbFFn

…と、なんの業績もあげられない盆栽が熱弁をふるっておりますw

53 :予備校講師:2006/07/18(火) 08:05:26 ID:smsOTLBh
具体的な数字は出したわけではないけど。

理数系なら確実に健常者より出来る生徒の率高いですよ。
ありがちですがSEなんかに向いてるのでは?

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 10:48:09 ID:P2CIBnLT
>>49

そうですよね、 その情報さえアスペ故の勘違いなのでしょう。

さらに彼らは自分のことを美化するのが大好きですからね。

そんな、根拠も無い虚言の繰り返しでいつしか出来上がってしまった 都市伝説的なものなのでしょうね。

実際アスペにしてもADDにしても取り上げらるのはその問題点だけですからね。



55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 11:52:17 ID:LVOpdjzs
でもさ、明らかに発達障害っぽい奴で、実は一流大学だったら、1のような目で
見る事もあるな。

バイト先に、挙動不審の変人男がいて、話しかけても遅い口調でトンチンカ
ンな返答しか返って来ず、いつもボーっとして目が逝ってて、天然でドジの
ろまの部類の奴なんだが、現役京大生と聞いて引いたよ・・・。

それまで馬鹿にしてたけど、それを聞いた瞬間「天才と馬鹿は紙一重」という
言葉が浮かんで、そいつを見る目が変わった・・・・orz。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 11:58:43 ID:P2CIBnLT
形骸的な学習が出来れば学校には入れるけれど
社会的なスキルは身に付かない
現代境域の矛盾の隙間を突いたのがアスペやADD特有の単純な機能なんだろうね。
大学入試なんてのはHDDと関数電卓があれば合格出来るけど
人間てのは豊かな人間性と心も併せ持っていることが大切なんだよね。
彼らにはそれが欠如しているんだよ、決定的に。


57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 12:21:53 ID:YEXajR5d
>>54
都市伝説と言うより、むしろタチの悪い風説とでも言うべきですね。
所詮は特定の集団の美化を目的とした虚言ですから。
>>53なんかは思い込みに基づく美化の典型例だね。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 18:17:19 ID:aat4h9u3
発達障害者の偉業は、馬鹿の一つ覚え。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 22:43:39 ID:MUXuX+pO
無能健常者:アスペを含む障害者を見下している。
       アスペに天才がいることを認めると、自分より下がいなくなる。

低脳アスペ:障害者である自分を卑下している。
       自分と同じカテゴリに属する人に天才が多いというのが、自分を救うための唯一の手段。

他人を評価する暇があったら、自分でせめてそこそこの業績でも上げたほうがいいのではないだろうか。
というより、中身のないやつに限って評価を気にするから、他人を評価したがる傾向があると思う。
そうでないやつは他人を評価するエネルギーを別のことに使うから、そこそこ何かができるんだろう。

結論:やたらと他人を評価したがる人は、評価する価値のない人間である。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 04:26:58 ID:rIp2q5Uj
発達障害が単なる障害なのだとしたら、とっくに淘汰されてこの世から消えてる筈なんだよな。
昔から5%とか常に一定の割合でいるという事は、何かしらの存在意義があるという事じゃないか?

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 05:46:46 ID:Jg5ImU7T
あるかもしれないが、ずいぶんとあとの世代のためにとってあるようなものだ。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 06:40:02 ID:9Eu0Nzn0
>>60
存在意義など無いよ。
割合が一定なのは下位5%を『発達が遅れている群』と定義しているから。
学業成績と同じだ。
『落ちこぼれ』を下位5%と定義すれば、全体の成績がどんなに向上しても常に5%の落ちこぼれが存在することになる。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 07:41:55 ID:kuplGjEf
>下位5%を『発達が遅れている群』と定義しているから。
これは知的障害 の定義。
単純なIQ.
IQは知的障害を見つけ出す為に便宜的に作り出されたものさしで
実際の頭のよさはバランス、情緒的安定が大きな要素なのでものさしとして
初めから欠陥がある。
統計ではIQ140以上の者に優位に自閉、近眼が多いことが統計ではでている。
IQが高いイコール頭が良いにつながらないのはこのことからも明らか。


64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 07:51:23 ID:kuplGjEf
>>48
>数百年前の故人、信長だのシェイクスピアをどうやって発達障害と診断できるのか?
シェイクスピアは知らんけど
昔の有名人は幼少の時の記録が残ってる事が多いので
それから類推できる。
何歳まで寝ションベンしてたとかね。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 08:03:37 ID:kuplGjEf
統計ではIQ140以上の者に,IQ平均値郡と比較して
優位に自閉、近眼が多いことが統計ではでている。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 08:08:12 ID:+2wxlkMs
IQが高すぎて、他の人と話が合わない
という状況と関係するのかも

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 09:27:46 ID:Hk+hWgEc
本当にIQが高い人は周囲に合わせる術を持っている。
周囲に合わせながらも、その中で卓越した能力を発揮して『天才』だと賞賛される。
周囲から孤立するような奴は単なる環境適応力の無いバカなんですわ。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 11:19:22 ID:kuplGjEf
周囲に合わせる術を持ってない(あわせようとしない)者でも
IQ検査では異常に高得点を取ることは可能。
つまり、環境適応力はIQ検査の得点では計れないんですわ。バラツキである程度は類推は出来るかもしれんけど。


69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 11:24:16 ID:kuplGjEf
>『天才』だと賞賛される。
元々天才の評価事体が相対的な偶然的なもんでしょ。
天才は普通から悪い意味でもいい意味でもぬきんでてる者を形容するものだから。
だったら、普通とは何?という話になるんです。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 11:31:17 ID:wYcCj/xc
ADD ADHD アスペ って 昔はバカとかキチガイとか言われてた生き物でしょ。

何を言ってるのって感じしかしないけどね。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 11:38:03 ID:iZl0iR0a
うちの子発達障害の多動でいつもマグロが回遊するがごとく歩き回ってる。
もうすぐ3歳なのにママすら言わない。
よだれも今だ、垂れてる。
幼児教室に通わせているがデスクワークが苦手で
他の子たちがちゃんと座って先生の話聞いてるときも教室内をぐるぐる…
正直、疲れた…と思いながらふと我が子の太ももを見た。
ロナウジーニョもびっくりするくらい筋肉が付いているではありませんか!
ちなみにADHD特有の疲れ知らずの特徴なのか、いつも45分は走り続けています。
これを活かすにはスポーツ選手にするべきか…


72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 11:38:08 ID:JcbWpTTV
皆の職場とか学校とかに、「こいつ、アスペorADDだな・・・?」とか思う奴って
いる?そう思うときって、相手のどこを見て判断してる?

うちのバイト先に、仕事は出来るが、時間を守れない奴がいる。
しょっちゅう遅刻・休憩時間も5分位いつもオーバーして、迷惑かけて
るのに平気な顔。
何度注意しても、「すみません・・・」とか言うが治らない。
多分、ADDだと思う。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 11:42:47 ID:iZl0iR0a
おいおい、ただ時間にルーズなだけでADDって…正気?

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 11:56:15 ID:kuplGjEf
>>70
昔は「天才」はバカとかキチガイとか言われてた生き物です。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 19:44:03 ID:S91XNCjE
キチガイにしか出来ない発想が社会をここまで発展させたのだ!


76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 19:55:23 ID:mzIpFoml
>>71
うちの9歳ADHD男児も子どものクセにすごい筋肉ついてる。
リタで多動を抑えて、切れたら反動ですごく動き回って
その後、ぱったり電池が切れたかのごとく眠る。ギャップ激しすぎ。

スポーツ選手……。
チームスポーツは、性質的にムリそう。
昆虫ヲタならなれるかもしれない。

77 :チンポマン:2006/07/19(水) 20:19:56 ID:N9R3r2J8
>>71 76
ドラムやらせたらは?

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 21:22:20 ID:kuplGjEf
>>71
ADHDとは違う気がする

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 21:50:08 ID:/GixUH5+
このスレに真っ向から反対する人間はそうとう
卑屈な人間だろうね。全肯定なんてもちろんできないけど
俺の知り合いにもこういうのいるよ。
おもしろい人間だよ。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 22:23:07 ID:/GixUH5+
あとアスペ=天才とか基地外はおかしい
少なくともアスペ=独特、天才肌
ってのが正しいと思う。
俺等一ッパン人にはない個性がある


81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 22:51:43 ID:VloCQVkJ
>>79
卑屈なのはトンデモ理論をデッチあげてまでアスペを美化する奴らだと思う。
必死になって歴史上の偉人をアスペに仕立てようとするのは劣等感の裏返しか?

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 22:57:18 ID:rhBFvpU3
仕事で東大生にアンケートした事がある
発達障害かなんてその頃は知識が全然なかったんだけど今思えばみんなどこか変わってた
頭はいいんだけど一般人とズレてるっていうか
普通の人もいるけど変わってる人のほうが多く感じた
発想が奇抜だったりして
発達障害の人と接してるとあの時の仕事を思い出す
普通の子でいくらがり勉しても東大って入れるんだろうか

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 22:59:16 ID:/GixUH5+
それは美化sじすぎだな。さすがに。
まあそれよりもネガティブにしかとえられない
やつのほうが自分以外を見下したいんだろう
日本人特有の差別意識というやつだ

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 23:06:29 ID:rhBFvpU3
どうしてこんなこと最近よく考えるかって言うと、
私の恩師、命の恩人のような方のお子さんがアスペルガー症候群で小さい頃は他動もあった。
その子、私は好きでよく遊びに行くと独特だけど楽しく話してくれるよ。
小さい頃から知ってるんだけど、
よく覚えてるのが園児の時方程式解いてたんだ。
恩師もお子さんの意志に任せて欲しがったら市販のドリルを買ってたらしい。
小1で因数分解やら漢文やらもマスター。
やっぱり尋常な脳の持ち主では不可能って事はないのかな。
しゃべるとまだまだ幼い子なんだけどね。不思議な子。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 23:09:17 ID:rhBFvpU3
あ、論点ずれてたらごめんなさい。
私は身近ではその子しかいないのでどうしてもその子と東大生の共通点を考えてしまって。

今中学生ですがこのままいくと当然東大行くと思う。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 23:47:12 ID:coaSvD+k
東大卒ですが、たしかに自閉症多いですね。
理系だったからかもしれませんが。
ものすごく変わっていて、無神経なことを言う人もいるけど、
みんな本当はものすごくいい人たちですよ。
才能もない上に人の足を引っ張っぱりたがっている健常者より、
よっぽど存在価値はあると思います。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 23:51:44 ID:0U5LfdnL
おやおや、とうとう脳内東大卒まで登場ですか・・・

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 23:52:48 ID:wbDfSc4u
>才能もない上に人の足を引っ張っぱりたがっている
これは健常者障害者関係ないだろう
言うならば魂の質

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 00:39:14 ID:sR4DNK7U
どこでADD.ADHD.アスペの話から 東大の変人の話に変わったんだ?
これがあるから当事者の勘違いや思い込みは恐いのよ。

要するにそういう変な思い込みが強い人達のことでしょ
天才とか関係ないがね。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 00:50:16 ID:5O/Qhhlk
>>要するにそういう変な思い込みが強い人達のことでしょ

北島哲郎君の話をするスレッドはここですか?

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 01:14:27 ID:6ZkFvYJe
でも私から見て東大生に変わってた人多かったのは事実だし
恩師の子がアスペルガー症候群で東大狙っててこのままいくと合格確実なのも事実なんですよ
妄想じゃないんです。

私はその子も恩師も大好きだから、発達障害ってだけで馬鹿にされるのはいたたまれないよ。
実際馬鹿じゃないしね。
その子にしかできない社会への貢献方法がかならずあるはず。

長々とすみません

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 01:51:08 ID:cJBC9JZZ
>>91
人を馬鹿にするのは、無能なやつの僻みだ。
いちいち真面目に相手をする必要はない。
東大入るようなやつは、人を馬鹿にするやつらを相手にすることがどれだけ無駄なことかわかっているので、
何を言われても平気。
東大入ったからといって社会貢献できるかどうかはわからないが、
アスペを馬鹿にする無能健常者が社会貢献できないのは明らか。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 06:10:18 ID:1R/HDvUq
>>92
お前、必死すぎるぞ!

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 06:27:33 ID:Zx32/mUP
>>91
君の『東大確実宣言』なんて何の信憑性も無いし、確実性も無い。
そんな偏見に満ちたレスまでしてアスペを美化しなくてもいいんじゃね〜の?

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 07:35:43 ID:1G9F1DJP
やっぱりアスペに天才が多いという説は『都市伝説』の域を出ませんね。
この説を明確に裏付けるだけのソースなど無いようだし、研究もされていないのだろう。
都合良く美化したい人が思い込みで言ってるだけというのが現実でしょう。
>>64なんて思い込みの典型例だね。
後世の人が脚色したであろう歴史上の人物についての伝記を鵜呑みで全て事実だと思い込んでるようだし・・・

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 10:15:14 ID:klzR64bD
>>64なんて思い込みの典型例だね。
昔のある程度のエライ家の後取りには育児係がいて正式な歴史文献としての
育児記録が直筆で残ってるものだよ。
ADHD研究専門の教授から聞いた話だけど
後、ADHDだったんじゃないかと思われる人は
忠臣蔵の浅野匠の守。
あんな事件おこさなきゃ歴史にも話題にもならん人だけど
大名の子供だからやはり精細な育児の記録が残ってる。





97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 10:35:19 ID:klzR64bD
「天才」とはそもそも何なのか?という問いからはじめなければならないようだ。
例えると、銀行残高と通帳とハンコがあるとする。
通帳とハンコがあって初めてその額に見合う銀行残高を証明し引き出すことが可能。
どんなに高い残高があっても、通帳もハンコのないのがアスペ。
通帳はあるがハンコがないのがADHD.
ならば、小額でも通帳とハンコがある普通人が一番良いに決まってる。
もっとも銀行強盗中や災害時のどさくさにまみれて自分の工夫で残高を引き出せた
運のいい奴もいただけの話で
一番良いのは残高が高くて通帳もハンコも持ってる奴だ。


98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 10:35:23 ID:xq2n9CJW
ADDとかの過集中や集中力散漫は、薬で抑えられるが、
アスペは薬で抑えられないのか?

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 11:28:34 ID:klzR64bD
アスペはアスペの特質をむしろ活かしたほうがいいんじゃない?
現在の世界一の金持ちはアスペだそうだから。
自分の特徴から発明した牛の賭殺マシーンのアスペの女社長もいるぞ。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 11:53:14 ID:kFc0EZN/
『俺は天才だぁ〜覚悟はいいか?』

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 12:23:35 ID:1G9F1DJP
>>96
君は救いようが無いね。
直筆なら信憑性があるとでも思ってるの?
直筆なら脚色されてないと言い切れるの?
昔の文献ほどあてにならないものは無いよ。
織田信長の臨終ひとつにしても、討ち死にした、自害した、焼死したとする様々な『文献』が存在するんだよ。
何でも信じ込むその単純な性格は直した方がいいよ。
新聞記事と同じでひとつの事実でも書き手の主観によってどうにでも変わるものだ。

>>97
アスペに高い残高があるとする君の話の出発点こそ『思い込み』そのものだね。
そのような事実が科学的に証明されたことがあるの?
確かにアスペの中にも高い能力を持つ者がいるだろうが、
全てのアスペに能力があるかのような書き方は事実に即していない。


102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 12:29:02 ID:6ZkFvYJe
>>94
これからどうなっていくかは確定できないけど。
あくまで中3現時点で有名模試で全国片手に入ってるので。
その子の場合は学ぶ事そのものが好きなんですよ。
5教科はほんの一例で興味をもてば何でも自分で調べて会得してしまう。
私が不思議なのはそのスピードなんです。
速読??って感じで頭に入れちゃうんです。
テストの問題も見ると同時に鉛筆が動く。
これは一般人には努力しても無理ですよね。
私はその子の頭の中を覗き込んでみたいですよ。
こういった才能を障害であるということで埋もれたらもったいなさすぎると考えてるんです。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 13:01:35 ID:xq2n9CJW
>>102
その子、アスペとかじゃなくて健常者で、ただのIQの高い優秀な不思議ちゃん
じゃないの?

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 13:45:16 ID:klzR64bD
>>101
よく読め。そうレスは歴史版でしてくれ。歴史は信憑性を含めて文献でしか判断する資料がない。
そもそも、浅野が何歳まで寝ションベンしていた記録なんて
後の人間がわざわざ創作改ざんして脚色するだけの価値があるとは思えんね。
よく読め
>どんなに高い残高があっても、
全てのアスペに高い能力があるとは一言もかいてないぞ?

ただ、優位に高いIQ群が、平均群と比べて、優位に自閉と近眼と
尿酸値が高いものがなぜか多いのは統計として医学的にはデータとして出ている。





105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 13:53:57 ID:klzR64bD
出現率は自閉>>>>>>>>尿酸>>近眼

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 13:56:30 ID:klzR64bD
これからも人の頭の良さを測る数値化するものとして
いかにIQがものさしとして欠陥があるかがわかる。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 14:02:15 ID:6ZkFvYJe
>>103
いえ確かに恩師からアスペルガー症候群と聞いてますよー。
幼少時他動がひどくてADHDの診断されたそうですが、
小学校高学年に他動が治まりADHDもあるアスペルガー症候群と断定ですって。
私は専門じゃないから何を基準に診断名が変わったかは分かりません。
不思議君で例えば人の恋の悩みなんかは
どうしてそんな事で悩むのか本気で理解できないみたい。
だから不思議君っぷりにハートしてくれる彼女が見つかるといいんだけど 汗
そういう細やかな女心は苦手だけど他はとにかく尋常でない記憶力とスピードは親もとっくに追い付かないそうです。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 18:15:10 ID:30AXk9HA
最近ADHDとかの事について知って今更自分がそれなんだって気付きました

親は昔から気付いてたらしいのですが病院には連れて行かれませんでした

そう思うと親の意思で病院つれてかれて障害って認定された人って得ですね

ずるい気がする



109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 21:14:29 ID:cJBC9JZZ
>>102
こんなところで一生懸命わかってもらおうと努力しても、
>>93みたいな煽りがつくだけ。
言っていることは正しいかもしれないが、言う場所が間違っている。

110 :PATIENT:2006/07/21(金) 03:50:48 ID:b0eRnHZM
この掲示板を見て好奇心がわきました。
もともと天才には興味がありました。
よく考えることなのですが、天才に女性が少ないのはなぜでしょうか。
精神科学には、男性は理論的動物で、女性は感情的動物だと論じられています。
それには関係があるのでしょうか。女性から天才は生まれにくいのでしょうか。


111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 09:21:31 ID:NIzaGYHZ
歴史史には一人もいない。

現代でもあらゆるジャンルで男性がほとんど


112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 10:18:06 ID:t+zHIAvp
>>110
男脳、女脳あたりでぐぐれば?
決してIQが高いイコール天才ではないけれど。
男は女に比べると、異常にIQの高いのも多ければ知的障害も多い。
特に自閉は男が多い。女の出現率の5〜6倍
つまりベル曲線の裾野が女に比べて広い。
ケンブリッジ大学のサイモン・バロン - コーエン教授は
自閉脳は男脳(システム化脳)の行き過ぎたものという説を出している。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 10:24:33 ID:t+zHIAvp
自閉症とは極端な男性型の脳(EMB)によるものである、とする説を非公式ながら最初に提唱したのは
オーストリアの小児科医ハンス・アスペルガーだった。


114 :PATIENT:2006/07/21(金) 15:13:06 ID:b0eRnHZM
そうですか。ありがとうございます。
僕にはあなた方のように天才に関しての知識は少ない。
つまらない質問ばかりしてしまうと思いますがよろしくお願いします。



115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 17:39:00 ID:Dg6utfHL
むかしは女性が学問にかかわる事が無かったからでしょうが!最近では女性でも活躍してる人もいるし

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 18:02:20 ID:bHCJYCh/
女は総じて低脳

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 18:37:03 ID:NIzaGYHZ
学問じゅあなくてもスポーツや棋士、芸術家
男しかいない、あと哲学者

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 18:47:27 ID:7rK/n5Ms
↑イデオロギーだろう?あまりにも古い概念ではないか?

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 20:00:26 ID:NIzaGYHZ
概念じゃなく現実
音楽は女性のほうがすごいかも

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 21:52:58 ID:JjjSaEb5
有名な音楽家
バッハ ベートーベン モーツァルト シューベルト ワーグナー
ブラームス ショパン シューマッハ ラベル ドビュッシー
エルガー サンサーンス ハイドン ムソルグスキー 他
男ばっかじゃんw

優秀な女の学者はマリー・キュリーぐらいしか思いつかない。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 22:20:16 ID:Dg6utfHL
だからその時代には女性がかかわってないでしょ バカッ

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 22:22:32 ID:Dg6utfHL
だからその時代には女性がかかわってないでしょ
♂脳♀脳ともに一長一短じゃなかな?

123 :背の高いブ男:2006/07/21(金) 23:00:50 ID:hdPyirCM
ギネスブックにも載ってる世界一知能指数の高い人は女性だよ。
確か。


159 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)