5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

涙が出るほどいい話

1 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 20:56:28 0
マジで語ろう。

2 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 20:59:39 O
確かに聞きたい。

3 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 21:02:36 0
結構昔の話でもいい?

4 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 21:04:05 O
>3
きかせてちょーだい

5 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 21:04:09 O
聞かせて

6 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 21:04:54 O
わくわく

7 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 21:06:33 O
ドキドキ

8 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 21:07:17 0
自分は小学生の頃、神戸に住んでたんだけど、
ちょうど今の時期かな。
家の最寄の駅に異様に人が集まってたのね。
友達と「なんやろね〜?」って話してたんだけど、
しばらくしたら救急車が来たんだよ。

9 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 21:08:11 0
春樹が小百合に嫌われ始めた
涙出るほどいい話祭りスタートの予感

10 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 21:08:23 O
ふんふん、そいで?

11 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 21:09:13 0
人の群れがどっと割れて中から女性が運び出されたんね。
聞いた話によれば駅前で突然倒れたらしい。
それで運び出された女性は、学生?とともに救急車に乗って行っちゃったんよ。

12 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 21:09:18 O
それでそれで?

13 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 21:11:31 O
あらまぁ。大変だ。

14 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 21:11:44 0
まぁそれでその日は何事もなく終わったんだけど、
次の日うちにその倒れた女性が来たのね。
なんかよさげなお土産を持って。


15 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 21:13:18 0
中間地点では涙出る気配茄子

最後にはドカーンと期待してませう

16 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 21:13:35 O
お土産!

17 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 21:14:04 0
その女性は「昨日はお宅のお坊ちゃんに助けてもろうてなぁ・・・」
とか言ってたのね。
俺はそのときまったく状況が読めてなかったんだけど、
しばらくすると兄貴が出てきたのね。
それで女性は兄貴に「昨日はほんまにありがとね〜。おかげで助かったわ。」
とかいってんの。

18 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 21:16:08 O
おにいちゃんが!

19 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 21:16:24 O
志村っ、違う、違う!

20 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 21:16:30 0
なんか兄貴が昨日駅前で女性が倒れてたところを
「大丈夫ですか?」とか言ったり、
体をゆすり続けたりしてたらしいんだよ。

ふだん無口であんましゃべんない兄貴だからびっくりしたよ。

涙出るほどいい話じゃなかったな。スマソ。

もっといい話があるやつは書き込んでくれ。聞きたい。

21 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 21:18:05 0
兄貴偉いな

22 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 21:18:25 0
良スレっぽいからageとくね

23 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 21:18:56 O
ズコー

24 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 21:18:57 0
あんまゆすり続けるのはやめた方がいいね

25 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 21:20:07 O
お兄ちゃん、いい人だ。
親御さんの躾がきちんとしてたんだね。

26 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 21:21:03 0
クオリティー低い話でスマソね。

ほんのちょびちょびっっっとだけいい話にしといてw

27 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 21:21:19 O
普段そんなんだったら驚くだろーね。お兄ちゃん偉いね。
でも偶然現場に出会ったのはすごいな。

28 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 21:23:58 0
おれも全然兄ちゃんだって気づかなかった。
まぁ、後ろ姿じゃわからないか。

じゃ、落ち。

29 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 21:24:50 0
お兄さんいい人だを連呼する携帯厨がクオリティーを低くする原因

30 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 21:26:11 O
>28
なかなか良かった!おつかれ!

さぁ次は??

31 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 21:31:19 0
実話じゃないとダメなの?

32 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 22:14:24 0
俺はあんまりこれって話ないから、誰か次よろしくね。

33 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 22:21:46 0
誰かしゃべっておくれよ

ってことでage

34 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 22:28:20 O
ある!明日までまとめておく!

35 :ほんわか名無しさん:2005/12/06(火) 22:28:56 0
>>34
よろしく!楽しみにしてます!

36 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 20:03:23 O
誰かいますか?

37 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 20:07:56 O
みなさんには何でもない話かも知れませんが聞いてくれますか?

38 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 20:13:05 O
>37
聞かせてちょーだい

39 :走らない屋 ◆JE8BnO0L9c :2005/12/07(水) 20:18:54 O
では独り言で貼りますね。

1/5
僕が20のころ勤めていた会社に佐々木さんて人がいました。

佐々木さんはいつもニコニコしている口数の少ない白髪交じりで
がっちりした少し猫背の60くらいのおっちゃんでした。

( ´ー`)←こんな顔

会社では佐々木さんと同じ現場になる機会が多く、自然と佐々木さんと話すことが多く、僕はいつも半ば一方的に佐々木さんに話しかけていました。
佐々木さんは、僕がその頃夢中だった車(走り屋)の話をするといつでもそっとニコニコしながら相槌を打って聞いてくれてました。


40 :走らない屋 ◆JE8BnO0L9c :2005/12/07(水) 20:19:34 O
2/5
佐々木さんはまじめで責任者として仕事を完璧にこなせる会社の中でも玄人職人として一目置かれている人でした。

そんな佐々木さんの口癖は「ズルは必ずいつかバレる。」でした。
その場の楽を求めて手を抜くと、やがて、更に手間を取られる仕事になって帰って来る。ということでした。




41 :走らない屋 ◆JE8BnO0L9c :2005/12/07(水) 20:20:12 O
3/5
そんなある日、佐々木さんの孫が交通事故にあったという連絡があり、僕は現場から会社まで佐々木さんを送って行きました。

車の中で佐々木さんは下唇を噛み締めて助手席で目をつぶっていました。
次の日佐々木さんは会社に来ました。

「平気なんですか?」と聞くと
「手術は医者の仕事だべ。俺の仕事はこの現場だ。」
とのことでした。

僕は「きっとかなり心配だろうな。」
と思いながら。
一日の仕事を終えました。



42 :走らない屋 ◆JE8BnO0L9c :2005/12/07(水) 20:22:00 O
4/5
次の日、佐々木さんは休みました。
昨日で現場があらかた片付いていたので、僕ともう一人の先輩できっちり終わらせることが出来ました。

更に次の日も佐々木さんは休みました。
佐々木さんの孫がおととい、佐々木さんが現場にいるとき、亡くなったそうです。

その後も何日か佐々木さんは休みました。

そして、定年より少し早く、会社をあとにしたそうです。

     

43 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 20:22:01 0
続きが気になる

44 :走らない屋 ◆JE8BnO0L9c :2005/12/07(水) 20:22:31 O
5/5
みんなが現場にいってるとき、会社に挨拶をに来た佐々木さんは、僕にだけ、封筒を置いて行きました。

手紙にはこうありました。

「ズルは必ずいつかバレる。いまのまま正直な職人になれ。


あと、車の事故に気をつけてな。
孫を轢いたのは走り屋気取りの若いあんちゃんだったんだ。
ユウタ、お前は事故やっちゃだめだぞ。」



その日から僕は走り屋をやめました。


佐々木さんどうしているかなぁ。


45 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 20:25:57 0
「涙が出るほど」ではないがいい話だ

46 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 20:26:12 O
佐々木さん…

ウルッときた(T_T)

47 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 20:27:19 O
。°°(。´□`。)°゜。

48 :走らない屋 ◆JE8BnO0L9c :2005/12/07(水) 20:28:14 O
あまりいい話ではなかったですね。
でも、街で、猫背の白髪交じりのおっちゃんをみると佐々木さんを思い出します。

なんか切なくなるんです。

49 :走らない屋 ◆JE8BnO0L9c :2005/12/07(水) 20:28:58 O
みなさんありがとう。

50 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 20:29:07 O
佐々木さんの最後の手紙にじーんときてしまった…。
だから「走らない屋」か…。


51 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 20:37:45 0
ほの板の素晴らしい住人達に出会えてよかった

52 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 20:44:27 O
俺もそう思う。
走らない屋さんGj!
いい話、ありがとう。

53 :(´△`)ぽけお ◆2XEvqPokeo :2005/12/07(水) 20:46:25 O
ヾ(T△T)ノ"ウワーン
走らない屋さん、なんか心に染みました。

またいい話があったら聞かせてください。

54 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 21:30:18 O
あげ

55 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 21:38:53 O
私が体験した涙が出るほど良い話なんですが

56 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 21:39:54 O
>55
聞かせてちょーだい
涙がでるほど に期待

57 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 21:42:12 O
私に子どもができました嬉しくて嬉しくて毎日が幸せでした。
安定気に入って会社勤めもあと1週間と言うときに椅子に座って事務処理をしていると破水してしまったんです
いそいで自分で車を運転して病院に行きました
もちろん即入院です

58 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 21:45:19 O
うんうん。ほいで?

59 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 21:48:42 O
ベッドのうえから全く動いては行けない、起きあがってもいけないといわれました。まだ私には状況が把握できていませんでした
夜食事もそこそこに医師からの説明に愕然としました
今子どもは5ヶ月。お腹の羊水は全くない、助かる確率は非常に低いと…

60 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 21:53:33 O
けど私のズボラさからかダメだとは思えませんでした
だから耐えられたのかも知れません
それから1ヶ月。沢山の人や看護士さんにお世話になり12月を迎えました
医師との話し合いの席が設けられました
やはり生存は難しいとの事
そこで県内にある子ども病院に移って少ない確率にかけてみようと言うことになりました。

61 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 21:57:14 O
その子ども病院から産婦人科と小児医学博士なる方々が病院にお見えになりました。私たちはすがる気持ちでした
産婦人科医師は私の体優先
小児科の医師は子ども優先。もちろん私は子ども優先にしてほしかった。ただ生まれても生存はながくて何分かと…言われました。それでも少しの間だけでもこの世に生きてほしかった

62 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 22:00:57 O
病院サイドは私の考えを汲み取ってくれて最善の手段を考えますと言ってくれましたそれから1週間後。救急車で搬送されました
何重もの扉の先にMFICUなる部屋に入院し、検査をして生まれてくる子どもの為に沢山の人が私の世話をしてくれました

63 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 22:04:23 O
しかし入院した日の夜陣痛が始まってしまいました。救急車の揺れで早まってしまったようなのです
早朝から分娩台に寝転がり「まだ生まれてこないでと」神様に祈りました
夕方の17時38分女の子が生まれました

64 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 22:08:14 O
うんうん。それから?

65 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 22:09:05 0
お前、りえちゃんとゆりかちゃんに何してくれたんだ?
よくもキズものにしてくれやがって!
みんな何か言ってやってよ。
それにしてもやっと見つけたぜ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://tach.269g.net/

66 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 22:11:28 O
生まれてすぐに亡くなると言われていたから私の胸のうえでねむらせてやりたいとまだ処置が終わっていなかったのですが体を起こして固定されていたバンドを自分で外しました。
ところが赤ちゃんの姿が見えません
兼ねてからつけていた名前を呼びました。

子どもは隣の蘇生室で生きる為に人工呼吸器や点滴の管を沢山つけていました。生と死の間をさまよっていました。

67 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 22:17:45 O
毎日2回面会に行き保育器の中の手のひらサイズの我が子を励ましに行きました
その時生まれた子は519c今では今月2才になります 体重は5600c ですが…
神様が生かしてくれました

私だけが泣く話でしたね

68 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 22:25:12 0
うちの子供も未熟児で生まれただけにうるッときたわ。

こんないいスレ久しぶりに出会った。


69 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 22:27:36 O
>>68
だから私もカキコしちゃったんだ

70 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 22:31:48 O
良かったねぇ!
私は子供が産めないんだけど、子供欲しいなって思った。

71 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 22:36:35 0
いい話ですね。
母親がわが子を想う気持ち、伝わりました。

命って何でしょうかね。
寿命は医者が決めるものではないものだということを
改めてしりました。

ありがとう。



72 :片面焼き ◆8KLhFD.qJE :2005/12/07(水) 22:36:50 0

寝室|*´-ω-)σ 良スレage!!
寝る前にいい話聞かせてもらた・・・dクス!!

>>1
GJ!

>>57
漏れは未熟児ではないが羊水でおぼれて仮死状態で生まれてきた。
医者には脳に障害が残る可能性があると言われたが、漏れは元気w
母としての気持ちが伝わってきたぞよ



73 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 22:43:08 0
>>67
今は小さくとも、これから愛情をもらって、
元気に育つことを、1ちゃねらーとして陰で応援しています。

74 :(´△`)ぽけお ◆2XEvqPokeo :2005/12/07(水) 22:48:57 0
∧,,∧
 (;`・ω・)  。・゚・⌒) 今日もチャーハン作るよ!!
 /   o━ヽニニフ))
 しー-J

     Λ,,Λ
     (:::::  )・゚。   やっぱりカーチャンJ('ー` )しの味とちがう…
    (::::::::.. つニフ   どうしてだろ
  ̄ ̄と とノ ̄ ̄

     Λ,,Λ  ゴシゴシ
     (:::::  ∩゙。
    (::::::::. ノニフ
  ̄ ̄と とノ ̄ ̄ ̄

      Λ,,Λ
     (:::´・ω)。   な,泣いてないよ!
    (::::::::..つニフ
  ̄ ̄と とノ ̄

     Λ,,Λ
     (:::::  )・゚。   ホントだよ…
    (::::::::.. つニフ
  ̄ ̄と とノ ̄ ̄

      Λ,,Λ
    (:::´;ω)。   だって…おいしくできたもん…
    (::::::::..つニフ
  ̄ ̄と とノ ̄



75 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 22:50:34 O
みんなありがとう

みんなに愛してもらえて家の子はホントに幸せ者です
>>1さん良スレありがとう

76 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 22:51:54 0
やっとウンコ出た!

77 :和心 ◆yncm3PNMtA :2005/12/07(水) 22:55:14 O
67です
>>74 AAで泣けた〜

78 :1 ◆zBvvMGYmRg :2005/12/07(水) 23:02:19 0
どうも>>1です。
昨日はこれを立てた直後にパソコンの電源を切ってしまったので、
丸1日以上来れませんでした。
こんなにたくさんのレスがあるとはびっくりです。
自分は泣ける2ちゃんねるに影響されて立てただけなんですがね・・・
自分はまだ高校生で>>39さんのように車を運転したこともないし、
>>67さんのように子供を生んだ経験もありません。
でも、2人の話を見ていたらちょっと本当にいい話聞かせてもらったと思いました。

明日は自分の話も載せますんでこれからもこのスレを応援してください。m(__)m

79 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 23:14:37 0
がんがれ


80 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 23:16:21 0
うんこが出たんだって!

81 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 23:17:47 O
おめでとう

82 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 23:18:02 0
初めまして〜。
お邪魔しても宜しいでしょうか?

83 :和心 ◆yncm3PNMtA :2005/12/07(水) 23:21:19 O
>>82
こんばんわ( ゚∀゚)∩

84 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 23:27:56 0
良スレage

85 :和心 ◆yncm3PNMtA :2005/12/07(水) 23:33:13 O
>>1さん お初です

86 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 23:36:29 0
>>83
こんばんは〜。
皆さんよろしくお願い致します。

87 :1のケータイ ◆zBvvMGYmRg :2005/12/07(水) 23:40:19 O
こんばんは。
>>85
和心さんはじめまして。
本当にいい話載せて下さってありがとうございました。

スレが意外と好評で嬉しいです。

「すぐに落ちちゃうかなぁ」とか思ってたので・・・。(^_^;)

88 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 23:42:20 0
>>1さん
よかったですね!
良いスレだと思いますよ。

89 :1のケータイ ◆zBvvMGYmRg :2005/12/07(水) 23:42:51 O
>>86
はじめまして頼りない>>1ですがよろしくお願いしますね。

90 :和心 ◆yncm3PNMtA :2005/12/07(水) 23:46:54 O
>>87
1のケータイさんこれから毎日来させてもらうね、

91 :1のケータイ ◆zBvvMGYmRg :2005/12/07(水) 23:52:40 O
>>90
そう言ってくれると嬉しいです!ありがとうございます。

92 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 23:53:16 O
僕も自分の悲しい恋愛体験について書き込みしたいのですが、トリップの付け方が分からないです…。
どうすれば…

93 :ほんわか名無しさん:2005/12/07(水) 23:56:00 0
>>92
半角シャープ→#の後に好きな文字で出来ますよ。

94 :ほんわか名無しさん:2005/12/08(木) 00:16:49 O
いいスレだなぁ
泣ける話聞きたい

95 :和心 ◆yncm3PNMtA :2005/12/08(木) 00:26:16 O
さぁて寝ますね
じゃまた明日ね〜
( ゚∀゚)∩″

96 :ほんわか名無しさん:2005/12/08(木) 00:52:15 O
1さんとか和心さんと友達になりたいなぁ

97 :和心 ◆yncm3PNMtA :2005/12/08(木) 12:54:30 O
>>96
これだけ沢山のスレの中で出会えた事は縁があるって事だよね!
よろしくね!

98 :ほんわか名無しさん:2005/12/08(木) 21:13:27 0
良スレage

99 :ほんわか名無しさん:2005/12/08(木) 21:21:58 0
>>67
すげー!!!あんたは偉い!!!

100 :ほんわか名無しさん:2005/12/08(木) 21:30:00 0
時々、ココ来ていいかな?


101 :和心 ◆yncm3PNMtA :2005/12/08(木) 21:54:03 O
>>100
キリ番オメww
私は住み着くよ〜

102 :ほんわか名無しさん:2005/12/08(木) 21:55:52 0
>>1さんこのスレ立ててくれてありがとう。

103 :100:2005/12/08(木) 21:58:01 0
すみません。。
俺のような新参がキリ番いただいちゃって・・
1さん、和心さん、よろしくです!!
後で、酉とコテつけます。

104 :ケータイ工房:2005/12/08(木) 22:20:26 O
通わさせて頂く(`・ω・)

105 :ほんわか名無しさん:2005/12/08(木) 23:07:10 O
この間、トリップについて聞いたものです。書き込みしてもよろしいでしょうか?
それと、誰かいい名前をくれませんか?

106 :ヒロトのケータイ ◆zBvvMGYmRg :2005/12/08(木) 23:16:40 O
すいません(^_^;)
自分の話を載せるのは10日になりそうです。
自分も他で使ってるコテにしました。

>>105
どしどし書き込みして下さい!
名前は自分のあだ名とかでいいんじゃないでしょうか。

107 :しー:2005/12/09(金) 00:09:59 O
私の職場での話です。
私は痴呆症の専門病院で看護師をしています。
あるおばあちゃん(以後Aさんとします)のベッドはいつも親戚みんな揃って面会に来ており、いつも明るい感じでした。その隣のベットのおばあちゃん(以後Bさんとします)は誰も面会来ずにいつもうつむいて過ごしていました。
あるとき、Aさんのベッドでいつものように面会にきた家族達が楽しそうに話しをしていると、曾孫と思われる小さな女の子がが隣のベットのBさんのところにいきBさんの手を握っていました。

108 :kouちゃん  ◆0cbAHbELNk :2005/12/09(金) 00:11:47 0
>>107
そのこは顔見知りとかじゃなくて?だったら偉いね優しいねww

109 :しー:2005/12/09(金) 00:12:36 O
私が『何してるの?』と聞くと『このおばあちゃんかわいそう。うちのおばあちゃんはみんないるから寂しくないよね。だから私このおばあちゃんの孫のかわりしてあげるんだぁ』とニコニコしながらそう言いました。
それからその子は面会に来るたびBさんに声をかけ、手を握り話し掛けてくれていました。
一ヶ月がすぎた頃でしょうか?
女の子ががBさんに『私にはおばあちゃんが二人だね』と笑って話すと、今まで話しも全くできずうつむいてばかりいたBさんが初めて笑いました。
その日夜、夜勤の時にBさんから初めてナースコールがありました。
行くとBさんはニコニコと笑いながら『あの子は天使だねぇ。私ももう少し回りにやさしくしてこれればね。でも、幸せだったわ。あの子のおかげ』と。

110 :kouちゃん  ◆0cbAHbELNk :2005/12/09(金) 00:15:27 0
>>109
>ニコニコしながら〜
いいイ子だねぇww
Bさんもやっぱ寂しかったよね?それに築いて行動したそのこは天使どころかネ申

111 :con ◆e0p7b7JF1A :2005/12/09(金) 00:15:39 0
ここに住みたい・・・

112 :しー:2005/12/09(金) 00:16:35 O
翌朝、Bさんはすーっと寝入るように天使になりました。
そのときのお顔はとてもすてきな笑顔でした。
これが私の体験したちょっといい話です。
人と人のつながりって大事だなと。
長々とすいませんでした。

113 :con ◆e0p7b7JF1A :2005/12/09(金) 00:17:23 0
(; ;)

114 :ほんわか名無しさん:2005/12/09(金) 00:20:54 0
(´;ω;`)

115 :しー:2005/12/09(金) 00:22:54 O
>>108 全く初対面でした。子どもってすごく純粋でほんとに天使ですよね。

116 :ほんわか名無しさん:2005/12/09(金) 00:30:22 O
いい話をありがとう。こんないいスレに出会えて幸せ。
1さんもありがとう。

117 :こじー ◆DZek155bWU :2005/12/09(金) 00:49:18 O
名前決めました。書き込みは明日にします。おやすみなさい。

118 :ほんわか名無しさん:2005/12/09(金) 01:10:10 0
しーさん泣けるぜ (ノД`;)

119 :ほんわか名無しさん:2005/12/09(金) 18:08:46 0
自分で言うのも変だが、自分は中学、高校時代は相当の悪ガキだった。
タバコもやってたし、喧嘩なんて一日10回以上やってたと思う。
その頃はそれがかっこいいと思っていたし、先生とか親に言われてもやめようとなんて思わなかった。
もちろん学校では超問題児、学力最悪のレッテルを貼られていた。

120 :ほんわか名無しさん:2005/12/09(金) 18:14:30 0
そんなときに親父が倒れた。確か高1の終わりごろだった。
相当やばい状態だったらしくそのとき俺のいた学校のも連絡が来て病院に行くように言われた。
おれは「親父はアホみたいに丈夫やから大丈夫やろ。」とか思ってた。


121 :ほんわか名無しさん:2005/12/09(金) 18:18:49 0
病院に着いたらすでに姉貴が来てた。
そのとき自分は大阪に住んでいて姉貴は神戸の大学に通っていたのだが知らせを聞いてすぐ飛んできたらしい。
父親の寝ているベッドの横に医者がいた。
医者は重々しい口調で自分らにこう言った。

122 :ほんわか名無しさん:2005/12/09(金) 18:21:07 0
「お父さんは今夜が山場でしょう。もうダメかもしれません。今のうちに親戚を呼んであわせた方がいいかもしれません。」
俺はこの事実が全然信じられないでいた。
悪い冗談のように思えた。
医者はその場を去っていった。

123 :ほんわか名無しさん:2005/12/09(金) 18:21:52 0
あ〜、もう時間がないわ。
続きは30分後くらいに書く。

124 :ほんわか名無しさん:2005/12/09(金) 18:27:01 O
続き気になる

125 :(´△`)ぽけお ◆2XEvqPokeo :2005/12/09(金) 18:42:15 O
つづきまだぁ!?
    ∧_∧
   ( ・∀・)
  ∫Φ_⊂)_
`/旦/三/ /|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
|愛媛みかん|/
` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


    ∧_∧ マダ?
   ( ・∀・)
  ∫Φ_⊂)_
`/旦/三/ /|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
|愛媛みかん|/
` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


    ∧_∧ …。
   ( ・∀・)
  ∫Φ_⊂)_
`/旦/三/ /|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
|愛媛みかん|/
` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


126 :ほんわか名無しさん:2005/12/09(金) 18:46:19 O
俺も同じような経験あるなぁ、まぁバッドエンドだったけどなorz

127 :ぬるぽ ◆Qii/KpYmWU :2005/12/09(金) 18:49:16 O
ぽけおハケーンw

128 :ほんわか名無しさん:2005/12/09(金) 18:54:28 O
気になるわ…。

129 :ぬるぽ ◆Qii/KpYmWU :2005/12/09(金) 18:56:35 O
+∧_∧ +
(0゚・∀・) テカテカ
(0゚∪ ∪  +
と _)_)
テカりながら待とうぜ

130 :123:2005/12/09(金) 18:58:27 0
遅れてスマソ。
では続きを書く。

131 :123:2005/12/09(金) 19:01:01 0
姉貴は「お父さんお父さん!しっかりして〜な!」みたいに言ってたけど俺はそうする気にはなれなかった。
呆然とただそこに立っていた。
姉貴は何も言わなくなって泣いていた。

132 :123:2005/12/09(金) 19:08:35 0
すると父親は突然口を開いた。
小さくて弱弱しいながらもいつものガラガラ声でこう言った。
「・・・真人・・・俺はもうすぐ死んじまうかもしれん・・・
俺はもう何でもいいが気がかりなのはお前らのことだ。
お前はいつまでたってもバカなことばかりしてお姉ちゃんや俺に迷惑かけてる。
もし俺が死んだらお前がお姉ちゃんを守らなくちゃいけんのだぞ。
俺はこのままじゃ心配で死にきれんわ・・・」

133 :123:2005/12/09(金) 19:10:59 0
「お前はホントはやさしいいい子だってわかっとる。
反抗してばっかやったけど実は優しい子だと思ってる。
だから、お前が男なんやからおねえちゃんを守ってやれよ。」

その瞬間俺の反抗期は終わりを告げた。

134 :ほんわか名無しさん:2005/12/09(金) 19:12:09 O
うん、ほいで?
ヮクヮク

135 :123:2005/12/09(金) 19:17:06 0
それから約10年経った・・・。
親父はあれから奇跡的に生還した。
右手があまり上手に動かなくなっているが。

俺はというと今は人の命を助ける仕事をしている。
あんだけバカだった俺が医者になるのは大変だった。

親父のあの言葉がなかったら俺は今頃まだバカなことをしてるのに気づかずにチンピラになっていたかもしれない。

136 :123:2005/12/09(金) 19:19:31 0
うわ〜俺の文才のなさがよくわかるなw
スレ汚しスマソ。別に泣けるわけでもないしな。
他の人に比べたらたいしたことない話やけど、
自分にとっては一番の話なんや。
じゃ、またいつか会えたら会いましょう。

137 :由納:2005/12/09(金) 19:23:07 O
いや、じゅうぶん良い話だったぞ!
うちもここに住まわせてもらう

138 :ほんわか名無しさん:2005/12/09(金) 19:37:04 O
>>123
お父様助かってよかったですね。
医者になってお父様や御家族喜んだでしょう。
とてもいい話をありがとう。

139 :(´△`)ぽけお ◆2XEvqPokeo :2005/12/09(金) 19:39:49 O
( ;△;)・・・






十分いいはなしです。(ノ△<。)

140 :(´△`)ぽけお ◆2XEvqPokeo :2005/12/09(金) 19:53:37 O
ぬるぽさんハケン
ぽけも近いうち書いてみます。

141 :ほんわか名無しさん:2005/12/09(金) 20:16:50 0
VIPVIPVIPVIPVIPVIPVIPVIPVIPVIPVIPVIPVIPVIPVIP


142 :ほんわか名無しさん:2005/12/09(金) 20:30:28 0
ryousurehabuttubusu!

143 :(´△`)ぽけお ◆2XEvqPokeo :2005/12/09(金) 20:40:19 O
まあまあ、そういわず。
っ旦

144 :ほんわか名無しさん:2005/12/09(金) 21:00:28 O
良スレage

145 :ぬるぽ ◆Qii/KpYmWU :2005/12/09(金) 21:12:27 O
楽しみにしとるで、ぽけお!
おまいも色々大変だったしな。

146 :ほんわか名無しさん:2005/12/09(金) 21:17:49 O
明日かきこむかも

147 :(´△`)ぽけお ◆2XEvqPokeo :2005/12/09(金) 21:20:41 O
ぬるぽさん、ありがとうございます。

>>164
ワクワク

148 :ほんわか名無しさん:2005/12/09(金) 21:37:30 O
自分が聞いて泣いた話でもいいのかな?

149 :ほんわか名無しさん:2005/12/09(金) 22:18:51 O
いいんじゃね

150 :ほんわか名無しさん:2005/12/09(金) 22:48:17 O
>>148
聞かせて!

151 :ほんわか名無しさん:2005/12/09(金) 22:51:43 O
>>148
聞かせて!

152 :ほんわか名無しさん:2005/12/09(金) 23:39:41 0
630 名前:(*゚Д゚)さん 投稿日:2005/12/09(金) 15:15 ID:6njaDE9N
うちの実家も自営で燃料なんかも扱っていたので年末はかきいれ時というか戦場のようで
               
            ハイ○○商店デス
ネーネーカーチャン      ハイ毎度アリガトウゴザイマス
コレミテー クリスマスノ    オ醤油ト オ米10キロト 灯油デスネ…
オモチャヤサンノチラシ…   ハイ!ハイドウモ!
                          モチゴメ配達イッテクルカラナー 
                        _、_    
          J(;'∀`)】       (; ー`)      
     □    (φ )ゝ~~~~田   (\品
 ( '∀`)ノ     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   |__米|
 (_ _)     . .|             |│



幼い頃からクリスマスなんて縁が無いんだなーと悟っていた

        アアモウ!イソガシインダカラ!
         クリスマス?プレゼント?ソレドコロジャナイヨ

          J(`Д´ )し        
           (φ )  苗 
 ( 'A`)     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
 (_ _)ヽ◇   |             



    


153 :ほんわか名無しさん:2005/12/09(金) 23:40:35 0
寂しい、つまらない、と声高に叫びたい気持ちは毎年抱いたけど

リーンリーン
                             タケシヤ  ミンナイソガシイカラナ 
リーンリーン                        ホレ バーチャンガ コヅカイヲ ヤロウ 
                …バーチャン…
                                @  
<ハイ○○商店…        ( 'ー`)       Iヾ(゛*゛)ヽ
                  (_ _)          ((_ )



くそ忙しい中それでもなんとか「それらしいこと」をしてくれようとしていた
父ちゃんサンタと母ちゃんサンタには、何も言えなかった。


カーチャン コレ オデンガー ジャナクテ 「オヂンガー」…
トーチャン… オ札 ツッコンデアルノ トーチャンノ クツシタダネ…  
デモ…アリガトウ

          v('ー`*)
          田 と )         __∩
      /⌒⌒⌒⌒⌒⌒ [1000| ̄_ソ
     // ̄ ̄ ̄ ̄フ        ̄      
   / (____/ /.  
  (_______ ノ    


154 :ほんわか名無しさん:2005/12/09(金) 23:41:38 0
いい話だったのでコピペです。
すまそ。


155 ::2005/12/10(土) 00:52:42 O
いい話ばっかりで涙出ました☆世の中捨てたものじゃないですね。
次の話期待して待ってます♪

156 :ほんわか名無しさん:2005/12/10(土) 01:02:18 O
私の友達のT君の話です

T君には頭がよくすごいかっこいいお兄さんがいました。
T君はかっこよくはないし頭もよくないけどとても優しい子でした
T君兄弟は仲良しでした

けれど交通事故でT君のお兄さんが亡くなってしまいました

T君のお兄さんが事故で亡くなる前日

英語の授業で自分の宝物
という題のスピーチがあったそうです
そこでT君のお兄さんは

「僕の宝物は弟です。たまにムカつく時もあるけど可愛くて仕方ない」

と語ったそうです

それを聞いてとても悲しくなりました


157 :(´△`)ぽけお ◆2XEvqPokeo :2005/12/10(土) 11:20:17 O
運命ってなんて残酷なんでしょうね。
一番の理解者を奪われたれた弟さんは悲しみとお兄さんへのあこがれや理想などを背負って生きて行くんでしょうね。
(。´△`) ウンウン

158 :ほんわか名無しさん:2005/12/10(土) 13:09:01 0
;;;;;;;;;;;;:;;;;:;;;:;;:;::;:::;::::;::::: ::::: ::: :::
;;;:;;:;::;:::;::::;::::: ::::: ::: ::
::::::::: ::::: ::: ::
::::: ::: :: .
どんなにくるしくても・・・
  .  , ― 、- 、
   << ) ):::: : .
    U( (U_つ::::.. .. .

おいしいものたべて
うんこしたらなおるよ!
         ハ_ハ
   /⌒ヽ ( ゚∀゚)')
   {   (/⊃ ノ   ___
   ヽ  (__⌒ワ')  (三(@
    に二二二)
     _)   r'
    └───`
                 ハ_ハ
               ('(゚∀゚∩ なおるよ!
                ヽ  〈
                 ヽヽ_)


159 :ほんわか名無しさん:2005/12/10(土) 13:48:22 0
                  ___    ____
            ─=ニ二__   ̄ ̄ ̄
                      ̄ ̄ ̄"""'''''''''──
__
    ̄ ̄ ̄二二ニ=-  あの頃思い描いていた大人に
'''''""" ̄ ̄
           -=ニニニニ=-     俺はなれたのかなぁ


                         ∧∧   _,,-''"
                       _  ,(ュ゚ /^),-''";  ;, '
                      / ,_O_,,-''"'; ', :' ;; ;, ''
                     (.゙ー'''", ;,; ' ; ;;  ':  ,  '
                   _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'
                _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'

160 :和心 ◆yncm3PNMtA :2005/12/10(土) 16:56:27 O
みんな心に一つは大切にしている話があるね。
(´・ω・)人(・ω・`)ネー

スレ主さん、話では無いけど話の種でもいいのかなぁ
スレ違いになるかなぁ

161 :ほんわか名無しさん:2005/12/10(土) 18:23:26 O
どんどん書いた方がいいんじゃない?


162 :1 ◆zBvvMGYmRg :2005/12/10(土) 19:14:01 0
またまた来れなくてすいません(^^;
今日から試験が始まっちゃったので14日の夕方まであまり来れないと思います。

>>160
話の種でも全然かまいませんよ!
どしどし投稿ください!(笑)

163 :ほんわか名無しさん:2005/12/10(土) 19:42:27 O
>>157死人は絶対的に美化されるしな…

164 :ほんわか名無しさん:2005/12/10(土) 19:56:38 O
話していい?長すぎるし、
いい話じゃないかもしれないけど…。

165 :ほんわか名無しさん:2005/12/10(土) 20:01:02 O
>>164
すいません、やっぱりやめます。

166 :ほんわか名無しさん:2005/12/10(土) 22:27:38 O
ガンガン書け

167 :ほんわか名無しさん:2005/12/10(土) 22:53:38 0
>>165
書いて書いて!!

168 :ぺけぺけ名無しさん ◆iaW/P027uw :2005/12/10(土) 23:32:30 0
今日はぼくが小さかった頃の想い出を話します。(゚_゚)ゝ

ぼくがまだ3歳くらいの雨ばかり続いたある日のことでした。
J( 'ー`)し< ゆうちゃん長靴買って来てあげたよ。これはいて保育園いこうね。
ウン!(゚-゚)"
その長靴はぴかぴかの、黄色くてかわいい長靴でした。
ぼくは自慢げにチャプチャプと足を踏み鳴らしながら保育園へ行きました。

保育園には何人かの友達が先に来ていました。
(^o^)/< ゆうちゃんおはよう!
(゚@゚)おはよう!
(^O^)< ゆうちゃんの長靴、アヒルさんみたい。

(゚_゚;)"。oO(アヒルサン・・・
(゚_゚。)"< いらない。
こんな長靴いらない。母ちゃんのバカ!
ぼく男の子なのに黄色い長靴なんか買ってくるから・・・
J( 'ー`)し< 黄色い長靴は目立つからいいのよ。それに幸せの長靴なのよ。
エッ?(゚_゚。)"幸せの長靴?

ぼくはその後、二度とその長靴は履きませんでした。
母ちゃんは代わりの長靴は買ってくれませんでした。
というより、今考えると貧乏で買えなかったんじゃないかと思います。

いつの間にか無くなってしまったあの黄色い長靴。

母ちゃん、あの長靴、今でもはっきり覚えてるよ。
そう。あれはあのころの元気な母ちゃんを思い出せる幸せの黄色い長靴なんだよね。





169 :ほんわか名無しさん:2005/12/10(土) 23:52:31 0
ほのぼのとしたこの場所でぼくの話はなんか空気読めてないかもしれませんが、ぼくの母ちゃんの想い出です。

ぼくが小中学生の時、うちはかなり貧乏でした。
ぼくは部活をやっていたので土曜日だけ、学校に弁当をもって行くことになっていました。
ぼくはその土曜日が嫌いでした。
なぜなら、ぼくの弁当箱にはいつだって肉が入っていなかったからです。
母ちゃんは肉の代わりにさつまあげの焼いたのやはんぺんを煮たのなんか詰め込んでました。
ぼくはいつも冷やかされてました。
だからさつまあげとはんぺんが嫌いでした。
ぼくは家に帰るといつも母ちゃんに怒鳴り、当たりました。
そんなぼくの様子を見ても母ちゃんはただ決まって、にこにこしながら
J( 'ー`)し< かあちゃんは栄養を考えて作ってあげてるんだよ。
とだけ言いました。


今、ぼくはさつまあげとはんぺん大好きです。
かあちゃんは今も遠い空の上でさつまあげを焼いているのかな…。



170 :ほんわか名無しさん:2005/12/10(土) 23:58:36 O
初めましていいスレなんで自分も書き込んでみようと思います。


あれは小三の時のことです。

当時、私は学校内でイジメの的になっていました。原因はアレルギー皮膚炎による全身の赤みと頭のフケ。それから、天然パーマの髪の毛でした。

初めは机の上に『天然パーマの〇〇は死ね』と書かれた紙が置いてありました。
それを見た私はぐちゃぐちゃにしてすぐ捨てました。その日を境に私への集中攻撃が始まったのです。
『シカト』『暴力』『暴言』『影言』上の学年や自分より下の学年にもイジメられるように。
正直三階から飛び降りたら死ねると思ったことは何回もあります。


171 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 00:12:16 O
ある日の下校途中、堤防に座って海を見ていました。
『あぁ、なんで私なの?………もう学校なんて行きたくない。
今ここでこの海に飛込めれば確実に死ねるよね?』と思いじっと海を見ていると『何か悩みでもあるんかい?』と白髪のおじいさんに声をかけられました。

『うん。学校でイジメにあってるの。
それでこの綺麗な海に落ちたら死ねるかなって思って』と、見知らぬおじいさんと暫く話し込み一時間くらいしてそのおじいさんとは別れました。

今でも覚えているのは『簡単に人間は死ぬなんてゆったらあかんで。おじいさんはな。もう永くはないけど人生結構楽しいんやで。
嬢ちゃんみたいな年頃の時は何にも食べるもんなくて大変だったんで。
でも今の時代では結構いい暮らしじゃけん。(一部省略)そんなイジメられとんなら何かでそいつらを驚かせればいいんじゃ。な?』


いまでも思い出すあのおじいさんのいってくれた言葉。
おじいさんありがとうございました。

172 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 00:15:23 O
作文能力がなくお目汚しでスマソ。

173 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 01:02:14 O

素敵スレハケーン
上げ上げ(・∀・)

174 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 01:04:47 O
作文能力なんて関係ないよ。

話に心を込めればそれでいいのさ。

175 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 01:06:50 O
屁が出るほどいい話

176 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 01:48:31 O
良スレだな

177 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 02:37:29 O

>>169
漏れあんまし肉好きくないからハンペンとか入ってた方が嬉しいが漏れの家もかなり貧乏だったから気持ちが凄く分かる。。。


178 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 02:40:55 O
>>169
なんかのマンガで見た「黄色い弁当」思い出した
GJ

179 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 02:43:49 O
>>170は少しスレ違いだと思うのは漏れだけかな?気のせい?

180 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 07:50:08 O
>>179
気のせい

181 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 07:59:35 O
ネ申スレ

182 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 10:49:17 0
age

183 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 10:49:58 0
age

184 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 11:19:58 O
ここに書かれてるいい話って「貧乏だった頃」の話っての結構あるよね。
それで思ったんだけどさ…。
貧乏って、そうじゃない人には絶対理解できないよね。
なんてか、独り言みたいなもんだけど。

うち、はっきりいって金持ちだった。親が結構いい仕事してたから。
小学校のときは塾にスイミングスクール、バレエ、ピアノ、お習字に絵の教室…習い事たくさんしてた。
中学は私立で毎日塾通い。
ずっとそんなかんじだった。

でも大学三年の時親が倒れちゃってさ。

色々あって借金もできて生活がかわった。

でもさ、甘やかされてこの年まできて、急に金銭感覚なんて変わんないのよ。
まあない袖は振れないから我慢するしかなかったんだけど。

185 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 12:04:35 0
俺が中2のとき親戚が亡くなった。
その人は軽い知的障害があり、言葉が変だった。
いつも近所のお寺の墓場の掃除ばっかしてた。
俺は口には出さなかったがこれをバカにしていた。

それでその人の葬式に行った。
お坊さんがお経を読み終わったとき、
不意にこっちを向いてこういった。
「○○さんは確かに頭が少し足りなかったかもしれない。
けれど、毎日お寺の掃除に来てくれるくらい清く澄んだ心をしていた。
頭が少し足りないのは、神様が彼に澄んだ心を与えたからです。」

いままで親戚のおじさんのことをバカにしていた自分がバカに思えた。

気づくと涙があふれていた。

186 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 12:13:35 0
他のスレで見つけたものですが・・・


保育園から小中高まで一緒だったあいつ、
高3の二学期から学校に来なくなった。
父親の事業の失敗で夜逃げしたと聞いたときはびっくりした。

どこで知ったかは知らないが、なんかガラの悪そうな男の声で
俺を含めた同級生の家に「○×(友人の名前)がどこに行ったか知らないか?」と
しつこく電話がかかってきた。もし知っていても誰が教えるものか。

担任のS先生が言っていたぞ「みんなであいつを守れ!汚い金の亡者から
あいつを守る事がお前たちの今できるたった一つのことだ!」ってな
S先生らしいだろ?こんな事を言う教師も少ねぇよw
お前、S先生にだけは事情を説明していたんだな・・・水くさい事するなよ(泣)

なあ○×、今どうしてるかは知らないけれど
俺たちは今でもお前の事が大好きだ。いつかどこかで会う事があれば
そのときは美味い酒でも奢らせてくれ。みんなで思いっきり騒ごう。
いや、会えなくてもいい。お前が幸せであってくれれば何も言う事はない。


187 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 12:31:35 O
こんないいスレ久しぶりに見た

188 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 13:08:56 0
(つд`)

189 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 13:13:34 0
(つдつ)



190 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 13:15:40 0
プルプル(‘д‘)


191 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 13:20:33 O
( ΩдΩ)

192 : ◆8jAgwI7S.Y :2005/12/11(日) 13:52:12 O
海外であった実際の話
強く印象に残ったから書かせていただきます。
知ってる人もいるかと思いますが・・・。

生まれつき心臓を患っている少女がいました。
小さな村には手術を行なえる施設や医師はおらず、
雪国で吹雪のために、大きな町に出るにも一苦労でした。
ある日ドナーの発見の知らせが届きました。
でも猛吹雪で移動は不可能に近い状態でした。

193 : ◆8jAgwI7S.Y :2005/12/11(日) 14:02:21 O
続き
しかしその村のラジオ番組でその少女のことが話題にあがり
少女のためにと村の教会に軍のヘリが来てくれました。
しかし雪国。
教会まで車で15分程度の距離なのに
雪で道は埋もれています
両親は歩いてでも行こうと外に。
しかし道はありました。
聞き付けた村民たちが
雪をかき、松明をかかげ
道を作り、見事教会までたどりつきました。
手術も成功して元気になりました。

この話にはもう一人の
小さな協力者がいます
次はその話に続きます。

194 : ◆8jAgwI7S.Y :2005/12/11(日) 14:14:07 O
さっきの話とは別の国。
暖かく裕福な家庭。
暖かな家庭で育つ少年の話です。
優しい両親に育てられた少年は、学校の作文で
『僕は、天使になりたい』と書いていました。
心の優しい少年らしい作文でした。
少年は原因不明の頭痛に襲われ、倒れました。
少年は両親に倒れる前に
『僕、天使になって人を幸せにするよ!』と話していました。


195 : ◆8jAgwI7S.Y :2005/12/11(日) 14:27:40 O
続き
しかし倒れた少年はその日のうちに脳死と告げられ
両親は深い悲しみに襲われました。
医師は、こんなことを言いました。
『少年の死を無駄にしたくありません。』
心臓は綺麗なままです。
移植に使うと言いました。両親は少年の言葉を思い出して、許可しました。
『天使になりたい。』


196 : ◆8jAgwI7S.Y :2005/12/11(日) 14:31:30 O
続き
数日後の朝。少年のいない朝。
父は仕事のため用意を。
母は朝ご飯の支度を。
しかし二人は驚きました。戸棚やタンス、服のポケットから
『I love Dad』
『I love Mom』
と両親の絵と天使になった少年の絵が次々と見つかりました。
少年は死ぬことを知っていたのかもしれない。
そして天使になると。
少年の心臓は少女の心臓となり
今でも生き続けています。

駄文で申し訳ありません

197 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 14:35:13 O
仰天でやってたけど良い話だ…(T_T)

198 : ◆8jAgwI7S.Y :2005/12/11(日) 14:40:03 O
>>197
駄文すまない。
表現力なくてさ。
オレは初めてテレビで泣いたよ。

199 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 15:32:23 O

。°。(´д`)。°*'ウァア

上げとくぜ藻前ら!

200 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 15:43:12 O
200!
ここはすごいなぁ。
ここに住み着きたいわ1さんありがとう。

201 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 17:20:37 O
俺んとこ、両親やじいちゃんも武士みたいに厳しい人で
ファミコン買ってなんていいだせなかった。
だから毎日のお菓子代を我慢して
マリオの攻略本買ったんだ。ステージのMAPとかでてるやつ。
買ったときはすげー嬉しくて、毎日学校から帰ってはずーっと眺めてたんだ。
それから一ヶ月くらいたって、やりたい気持ちがおさえられなくなったのよ。
それで俺が何したかっていうと、紙と鉛筆でファミコンを描いた
本体とコントローラ描いて、その二つをヒモでむすんで・・ 
それでお世辞にも似てるとは言えないその紙ファミコンをTVの側においてさ
妹に攻略本を1-1のマップがでてるとこを開けさせて
テレビの画面のとこで持たせとくの。
それで俺は紙ファミコンのコントローラをにぎって架空のマリオワールドへ。
 それを一面毎に兄妹交代でやってた。今になって思えばホント馬鹿だよな・・

それをみて じいちゃんが泣いてさ、俺と妹ひっぱって店にいって買ってくれた。
どう見ても精子です。
本当にありがとうございました



ガイドライン板どう見てもスレより

202 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 17:27:36 O
時々「それって『いい話』なのか?」って思う書き込みがあることをほっとけない空気を嫁ない漏れが来ました

203 :ヒロト@期末試験orz ◆zBvvMGYmRg :2005/12/11(日) 17:52:04 0
次スレにもしいったらのスレのタイトルは「【涙が】泣ける話【溢れて】」
とかにしようかな・・・

204 :(´△`)ぽけお ◆2XEvqPokeo :2005/12/11(日) 18:07:22 O
>>202
人間とは自分の経験とか感じ方で受け取り方というのはひとそれぞれなんです。

だから、あなたの意見も間違ったことではないとおもいます。

ただ、ここでは他人の話に議論するのはやめた方がいいのでは?
と思います。

あくまでこれも自分勝手な意見です。

気分悪くした方、すみません。

長文マジレス、すみません。

205 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 19:16:00 O
age

206 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 20:18:35 O
いい話だよね。

207 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 21:25:55 O
いいスレでつね

208 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 21:42:01 O
良スレ(・∀・)

209 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 22:03:52 O
思ったより伸びてるじゃん

210 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 22:18:32 O
スレのクオリティ高いからね

211 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 22:21:03 O
携帯暦大杉

212 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 22:22:32 O
age

213 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 22:38:08 O
明日俺も投稿してもいい?

214 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 22:39:50 0
流れをぶったぎってしまってすいませんが書かせてください。

私は昔一番信頼していた、大好きだった友達に裏切られたことがあります。
その時は少し人間不信に陥りました。
自分の中で自殺だけは絶対しないと決めていたのですが、
その時だけは一度だけ自殺を考えました。
毎日どうやったら楽に死ねるかを考えていました。

そんな私の姿を見て、兄は泣きました。
私は昔から自分の意見などを言えない子で大人しめの性格でした。
だから昔から「この子は何しても怒らない」と思われ、
(よくイジメというには小さいかと思いますが)
イジメのようなものを受けていました。
そのことを知っている兄は、私を抱きしめて泣きました。
後から母に聞いた話ですが、兄は母の前でも泣いていたそうで。
泣きながらずっと「何であの子だけあんな目にあわんといかんの?
俺あの子守る為やったら世界を敵にまわしてもえぇ。
もうあの子がそんな悲しい目にあってるの見たない。」と
ずっと言っていたそうです。

兄馬鹿に聞こえるかもしれませんが、
私はこの話を聞いてまた泣いてしまいました。
たまにうっとうしく思うこともあるけども、私は兄を誇りに思ってます。

長文、乱文すいませんでした。

215 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 22:40:29 O
良い話待ってるよ(σ・∀・)σ

216 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 23:11:20 O
>>214
いいお兄さんですね。
お兄さんや家族を悲しませないためにも自分に自信を持った方がいいんじゃないでしょうか。
いい話です。

217 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 23:12:44 O
>>213
聞かせて。

218 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 23:14:34 0
ほの板で珍しくほのぼのしてるなここ

219 :(´△`)ぽけお ◆2XEvqPokeo :2005/12/11(日) 23:17:42 O
>>218
www

220 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 23:34:45 0
私も少々話してもよろしいですか?(´・ω・`)

221 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 23:40:02 0
sage進行のほうがよろしいかと思います

222 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 23:57:17 0
>>220
聞かせて。


223 :ほんわか名無しさん:2005/12/11(日) 23:58:46 0
>>221
ageに過剰反応イクナイ


224 :♪kouちゃん♪  ◆0cbAHbELNk :2005/12/11(日) 23:59:09 0
>>214
いいお兄さんをお持ちで・・・オレも兄だけどそんなことできない・・・
>>220
どうぞ

225 : ◆9N4nUN7jEY :2005/12/12(月) 00:24:26 O
言葉に出して言う事でもないから書かせて下さい(無駄にながいですが)


その日の朝私はいつものように通学路にしている国道沿いの歩道を歩いてました。(大学生です)
交通量が多く反対に人通りが少ない住宅街です。その日も朝から渋滞していました。異変に気づいたのは自宅前で遭遇したゴミ収集車がその道で私を追い越して行った時です。

ゴミを回収するため後ろにはおじさんが車につかまっていました。
ある地点になるとほかの車が迂回しておりそのおじさんが何やら走行車から降りたそうにしているのが見えました。
私は歩みを速め先に急ぎます。視界の先には一匹の犬が右往左往してたからです。


226 : ◆9N4nUN7jEY :2005/12/12(月) 00:26:20 O
ゴミ収集車は犬を追い越し犬はマーチ(車)を遮っていました。

一瞬私はゴミ回収のおじさんとマーチの運転手(女)と目配せをしましたがおじさんは走行車から降りるわけにもいかず、マーチの運転手も降りるわけなく私はさらに足を速めました。

他に人がいたら、と思いましたが生憎私一人。
仕方なく走って国道に入りました。犬には首輪があったので私はそれを掴んで歩道に連れて行きました。後方でクラクションが鳴ったのでイラついた反面慌てました。(授業に遅れそうだったし)



227 : ◆9N4nUN7jEY :2005/12/12(月) 00:27:06 O
歩道に連れ出した老犬はヒドく汚れており初対面の私に無反応だったので、私は人間にするように目の前で手を振ったり声をかけました(私は犬好きです(笑))

確証はありませんがその犬は目も耳も機能していないなと感じました。
やせ細っていたし満足に歩けないようでしたし。

犬は首輪を離すとまたヨロヨロと車道に向かってしまい、車の流れを止めてしまいます。

しかし私はその犬をどうすることも出来ず道脇の草はらに置いてくることしかできませんてした。

228 : ◆9N4nUN7jEY :2005/12/12(月) 00:29:33 O

何もしてあげれなかったことが悔しくてたまりませんでした。
服には犬が付けていた雑草がいっぱいひっていていてそれを取りながら、飼い主が引き取りに来なければ保健所で殺されるだろうと想像し教室で泣いてしまいました。

授業後気になって見に行きましたが老犬はおらず、また悲しくなりました。

都会には哀れな犬や猫が本当に多いですからつらいです。

おわり。
泣くのは私だけかもしれない話のくせに長すぎて(;´^`)ゴメン

229 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 00:35:52 O
例え犬であれ、あなたの心は命の大切さや老いに対する哀れさを悟ったのですね。
いい話だと思います。

230 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 00:38:43 0
犬好きに悪い香具師はいない!

231 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 00:45:24 O
板違いですが言わせてもらいます

何で人を殺したら終身刑や死刑に確実なるのに、動物を殺しても終身刑や死刑にならないんですか?
真剣に考えてますので誰か意見を聞かせて下さい

232 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 00:48:15 O
age

233 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 00:52:56 O
あげ

234 :220:2005/12/12(月) 01:01:44 0
ちょっと遅くなってしまいました(;´ω`)

昔から学校で虐めにあっていました。
その事でリストカットを繰り返していたり不登校になったりして、家の中が不安定だったんです。
家のいざこざのストレスも重なり、また手首を切りました。
二の腕を固く縛りいつもより力を入れカッターを手首の血管に突き刺しました。
思いっきりえぐってカッターを抜くと血が腕から吹き出し、床一面が血の海。
止血もせずボーっと血が吹き出る様を見ていると、父が部屋に入ってきた瞬間叫び私の腕に飛びついて血潮を抑えようとしたんです。
一旦落ち着いた後思いっきり叱られました。まぁ当然の事ですが。
父は何を思ったが知りませんが私が先ほど腕をえぐったカッターで自分の手首を切りました。
私が慌てて止血をすると父は、
「お前がお父さんの体を気遣うようにお前の体も大切なんや。それに腕切るなんてあかん。ただ痛いだけなんやから」
と、言いました。
私はここまで分かろうとしてくれている人が居るのだなぁと実感し泣きました。
今でもその時の傷跡は残っています。たまに腕を切りたくなる衝動にかられますが、その時の傷を見て思いとどまっています。




文法めちゃめちゃでごめんなさい(´・ω・`;)

235 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 01:02:54 O
age

236 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 01:05:28 0
>>234
親孝行しる

237 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 01:15:16 O
あげ

238 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 01:19:04 O
血管に対して真横から切ってもダメージは少ないらしい、効果的なのは血管に沿って縦に刃を入れるそうだ。

239 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 01:23:16 0
>>231
>動物を殺しても終身刑や死刑にならないんですか?
殺処分のことを言ってるのか?

一口に「動物」と言っているが何を指してる?犬か?猫か?
だが俺らが普段食してる肉だって動物のものだ
俺たちだって間接的に動物を殺してるぞ

牛や豚が殺されるのはよくて犬猫はダメなのか?
そんなのは人間が勝手に決めていることだ、動物たちに罪はない
快楽のために動物を殺してる奴は許せんが、
殺処分される犬猫も食べられる牛豚も変わりはない、人間の都合だ

最後に。
殺処分はもう殺処分される犬猫が1匹でも減るようにと職員も心をすり減らしながら行ってるんだ
少しはわかってやれ

240 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 01:59:02 0
私死んじゃうかも☆おじいちゃんに天国で会える。

241 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 02:03:00 O
>>240簡単に死ぬなんて言わないで下さい。貴方が亡くなったら悲しむ人が必ずいます。その人達の思いはどうなるんですか?もう一度よく考えてみて下さい。

242 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 02:09:32 O
>>240は釣りと思われ

243 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 02:12:23 O
>>242分かってますがもし本当だったら大変なので……

244 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 02:42:28 0
>>243
いい人だね。

245 :しー:2005/12/12(月) 05:12:23 O
夜勤の休憩中に来ちゃいました(^-^)v
いい話ばかりで癒されます。
昨日ちょっといいことがあったのでまた書かせていただきます。
うちの病院は以前も紹介させていただいたように痴呆症の専門病院です。患者さんの中に一組ご夫婦で入院されている方がいました。

246 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 05:12:48 0
支援

247 :しー:2005/12/12(月) 05:27:02 O
いつもどこに行くにも一緒で仲のいいことで有名な夫婦でした。
あるとき奥さんが体調を崩してしまい、精密検査の結果すい臓癌であることがわかりました。
すい臓癌は予後が悪く余命一ヶ月ないだろうという状況。
深夜、夜勤のラウンド中奥さんの部屋から明かりがもれていたのでのぞいてみました。
すると、奥さんがアルバムを見ていました。
中には若い頃のお二人の写真がたくさん貼られていて二人の過ごしてきたあったかい時間が感じられるアルバムでした。

248 :しー:2005/12/12(月) 05:36:46 O
奥さんは写真を見ながら、『あの人は人一倍寂しがり屋でね。私がいないとダメなのよ。困った人でしょ』と笑いながら話してくれました。
数日後、奥さんの容態は急変し、昏睡状態に。
しかし、何度も危険な状態になるも持ちこたえる日々が続きました。
そんな状態で時は一ヶ月を過ぎました。
旦那さんが面会に来て奥さんの枕元の椅子に腰掛けたまま老衰で亡くなりました。
奥さんはそれを見届けたかのようにあとを追うように息を引き取りました。

249 :しー:2005/12/12(月) 05:42:49 O
二人が亡くなったあとに私は奥さんの言葉を思い返しました。
きっと、奥さんは旦那さんに寂しい思いをさせないように頑張っていたんじゃないかと。
人を愛することってすごいパワーが秘められてるんだなと思うと同時に素敵な夫婦だったなと思いました。
再び駄文長々とすいません。

250 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 05:44:09 0
>>249
すごい・・・、綺麗だね。
言葉に詰まるよ。
良い時間をふたりで重ねてきたんだね。

251 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 05:46:32 O
。゜゜(´□`)゜゜。ぃぃ話デス 泣きました

252 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 05:50:09 0
。・゜・(ノД`)・゜・。

253 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 07:53:40 O
(T_T)

254 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 10:44:22 O
学校の休み時間に読むもんじゃない。
泣きそうになっちゃったジャマイカ。

255 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 11:12:30 O
作り話でもそんないい話はなかなかないぞ、ちきしょー!
俺、悪い話とかなら色々知ってるけど…

256 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 11:22:51 O
>>249
MVPキタよこれ

257 :(´△`)ぽけお ◆2XEvqPokeo :2005/12/12(月) 12:11:37 O
>>231
くやしいことに、今のところ我が国の法律では、人を一人殺しただけでは死刑になりません。

なぜなら、殺人を犯した側の生きている者の人権が優先的に尊重される傾向にあるからです。

事件の残虐性をいかに訴えても精々無期懲役か、6、7年てとこでしょう。(銃等を使わない場合)

さらに動物は、言葉を喋ることが出来ず、いかに身体的苦痛(あるとすれば精神的苦痛も)を受けたかなどを他人に話したり、記録に残したり出来ないので事件の立証や訴えを起こすことができないのです。
また、法改正があるとしても、犬や猫、馬や牛、鳥や虫など、どこで刑の有無を決めるかが難しいのではないでしょうか。

今の世の中、平気で殺人が起きます。

今の法律には平和を望む一般市民が、道徳的観点からみたらかなり納得のいかない部分もたくさんあります。
殺人のみならず、あらゆる悪質な事件の本質と命の大切さを考えた刑法の改正がそろそろ必要な時期が来たのではないかと思います。
またもや長文スミマセン


258 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 12:30:53 O
てかやっぱり親子モノは泣ける(T_T)漏れ的には>168>169のような「おふくろモノ」が最強

259 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 12:47:30 O
みんな、いまわかったよ。

【心にしみる】【泣ける】【ジ〜ンとくる】

みんな人の優しさや思いやりを知った時に感じるんだね。



260 :しー:2005/12/12(月) 13:17:01 O
>>259
本当にそうだと思います(o^_^o)
私は職業上、命に直結しているので普段は愛とか人と人とのつながりとかなかなか恥ずかしくて言えなかったり表現しづらかったりするような場面に出会うことが多くあります。(特に救急にいた頃は)
なので、そういう場面に出会うと色々なことを考えさせられます。
その度少し優しくなれたり、少し強くなれたりします(^-^)

261 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 13:28:26 O
>>257僕が思う事を書きます。 野生の動物は狩りをしなければ生きていけない。なので生きる為に狩りをする。これは生きる為なので仕方ないと思います。 人間は作物を栽培する事が出来るから狩りをする必要は無い

262 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 13:29:17 O
。しかし人間は食を一種の娯楽のように楽しみ、それは無駄に命を奪っている事になる。 ここから下は思った事を全て書くので矛盾している所もあるかもしれないです。

263 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 13:31:01 O
。 今の社会、人間の都合で動物の命が奪われている(実験的虐待、ストレス虐待等)。それは生きる為ではなく只の殺戮です。それは人を殺す事と何ら変わりないと思いませんか?なので死刑や終身刑になってもおかしく無いと思います。しかし今の法律を変えないとこれは変わりません。

264 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 13:32:47 O
今後法律が変わる事はあるのでしょうか? 長文、駄文、読みづらくてごめんなさい。 最後に関係無いですが地球上で一番必要無いのは人間だと僕は思ってます。


265 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 13:51:12 O
>>257>>261-264のセッションもある意味いい話として成り立つ。
と思うのは俺だけか…。

266 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 13:56:43 O
>>259 おまいの話もみぢかいが、いい話だ。

>>260 おまいをふくめ、ここの常連はいい椰子ばかりのようだな。
俺もちっとは心を入れ替えて見るか。



267 :小泉 純イチロー:2005/12/12(月) 13:58:49 O
書籍化祈願カキコ

268 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 13:59:35 0
「生まれたところや皮膚や目の色でいったいこの僕の何がわかるというのだろう。」

あ〜なんだっけ?この歌初めて聴いたときなんか涙が出てきたわ。

269 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 14:20:20 O
ブルーハーツの青空じゃない?

270 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 14:51:24 O
そうそう。ヒロトの声や歌い方も良かったなぁ。

271 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 15:33:38 O
ブルーハーツ好きだった、てか今でも好きだけど

272 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 15:40:02 0
たいした話ではありませんが、書いても良いでしょうか…?

273 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 15:49:09 O
>>272
どんどん書いていこうぜ

274 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 15:53:05 O
>>272
遠慮はいらないよ

275 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 16:06:31 0
流れぶった切る上に昨日も書いてしまったし
自分しか泣かない話だと思いますが…失礼します。

つい最近あった話ですが。
私は3、4年前から詩を書き綴って、それを投稿しています。
子供が集う大規模なサイトがありまして、
そこのお絵かきコーナーにその書いた詩を投稿するんです。
昔から結構「共感できる」や「感動した」と言って頂き
とてもありがたいと思っていました。

そこで、ある女の子に出逢ったんです。
その子は私が詩を書く度いつも感想を言ってくれて
いつもありがたいことを言ってくれたんです。
そしてその子と私は友達になったのですが…
ある日、私は自分が仲間はずれにされたことや
イジメられたことを思い出して詩を書いてみたんです。
すると、その子は投稿してすぐに感想をくれました。
「本当に共感する。私も同じような状況だから」と。
その後彼女に聞いたのですが、すごく昔の私と似ていたのです。

276 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 16:07:37 0
親友に裏切られたこと、休み時間はいつもひとりで寂しいこと、
学校には部活だけのために言っていること…
丁度彼女は中1で、2年前の私を見ているようで
どうしても人事には思えませんでした。
そこで私は彼女に詩を書くことにしました。
私にはそれぐらいしかできないけども、
少しでも彼女を楽にさせてあげたいと思い詩を書きました。

そしてその詩を投稿した後、すぐに彼女に感想をもらいました。
「心に響いた。勇気が出た。凄く嬉しい。本当にありがとう」と。
そこで私は彼女に
「こんなことしか出来ないけどこれは○○ちゃんに書いた詩だよ。
私も仲間はずれにあって本当に辛かった。
でも、家族とか他の友達が私のこと支えてくれたから。
○○ちゃんもきっと大丈夫だよ」と伝えました。

277 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 16:14:27 O
( >д<)ウンウン。ソレカラ?

278 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 16:14:35 0
その後すぐ彼女からコメントが返ってきました。
「まさか自分に書いてくれてるとは思わなかった…
ありがとう、あたし頑張るから」と。
それからしばらくして、また私の書いた詩の
コメント欄に彼女からのメッセージが入っていました。

「××ちゃん(私)の詩のおかげで勇気が出て…
友達と話し合うことに成功しました!
勇気を出して友達に話しかけてくれたら笑ってくれて、
ちょっと状況が良い方向にいったよ!すごく緊張して怖かったけど
××ちゃんの詩を思い出して頑張ったよ。本当にありがとう!」と…
私は凄く嬉しい気持ちになりました。
ほんのちょっとでも私の書いた詩が彼女の心に響いたのかと思うと。
すごくあったかくてほんわかした気持ちになりました。

これが私の凄く感動した話です。
長文乱文申し訳ありません…

279 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 16:23:47 O
泣きそう(/・。\)ハンカチたのむ

280 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 16:24:49 O
詩は送る側の波長と受けとる側の波長が合えば心に染み渡るんだよね。
例え飾らない言葉でも。
この板でも、自分の詩をカキコしてる人結構いるよ。

言霊【コトダマ】って言葉があるくらいだからいい詩は心には響くよね。

281 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 16:26:26 O
( >д<)イイヨ!スゴクイイヨ!

282 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 16:27:52 O
お腹空いたぁ…
…独りは淋しいなぁ…

     ∧,,∧
    (TωT`)))
      |nnヾヽ
     。し-―J!!


Σあっ!
(…つまづいた!!)
あ゛〜 〜 〜ぁ…

   Σ∧,,∧ ″
   (@ω◎`)
    ⊂  ⊃
      ヽ)ヽ)


…ドテッ…
…い……痛いよーぉ…

    ∧,,∧
 εヽ(TωT⊂⌒⊃з


283 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 16:28:58 O
…痛いょ…お腹空いたょ…独りは淋しいよぉ…

 …ショボーン…
   ∧,,∧
  (TωT`)
   (∩∩ )


『大丈夫かぁー…
 …ショボーン!!』
『おーい!!
  みんなー!!』


…みんなぁ?


モナー:
『…ショボーンを
待ってたモナー♪』


∧ ∧  ∧ ∧♪ ∧ ∧
*^ー^)(´∀`) (^Д^*
)□〇 ∧〇∧〇〇凵Z
  | (`TωT) |  |
|~∪  (∩∩ )旦∪~∪


284 :♪kouちゃん♪  ◆0cbAHbELNk :2005/12/12(月) 16:29:26 0
>>278
すごい感動した!!お互い優しくしあってて・・・サイコーの友達ジャン!!!
オレも書いていい?

285 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 16:29:37 O

しぃ:
『大丈夫?
お薬持ってきたょ♪』

ギコ:
『腹減ったろ?
サンドイッチと
お茶持ってきたぞ♪』


…ありがとう…
みんなぁ…ありがとう♪

やっぱり…仲間って
いいな…♪…イイ♪

   ∧,,∧ 嬉し…
  (TωT)
   /nn|
   し―J


『One for all…
  All for one!』

《一人は皆の為に…
  皆は一人の為に!》

286 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 16:31:15 0
>>284
どんどん書いちゃって!

287 :♪kouちゃん♪  ◆0cbAHbELNk :2005/12/12(月) 16:31:38 0
>>285
なんかすごい感動したんだけど・・・・

288 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 16:31:50 O
>>284
(。>д<)ワァァァン!
サラニ マタクルノカ?

289 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 16:34:39 O
>>282
AA缶からのコピペ。
俺のお気に入り。

290 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 16:36:08 O
>>282
3つで1つなんだね
いいねなんか

291 :♪kouちゃん♪  ◆0cbAHbELNk :2005/12/12(月) 16:36:13 0
んじゃ俺も書きます。
小学3年のとき、ちょうど3年前の夏休みに、今すんでるトコロに転校してきました。
初めての転校で、そんな慣れてなかったし、地方のほうからの転校だったので、多少言葉のなまりもありました。
元々そんな明るくないからか、中々友達が出来ませんでした。その学校は結構荒れてましたし、いじめにもあいました。
自分からも話しかけましたが、そんな気が合いそうな友達はできず、休み時間は図書室に通っていて、ほとんど孤立してました。


292 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 16:36:52 O
>>287
早く早く!

293 :♪kouちゃん♪  ◆0cbAHbELNk :2005/12/12(月) 16:41:05 0
そんな毎日を過ごす中、ある子(女の子)が「今度一緒に遊ぼww」って話しかけてくれました。
相手が女の子だったので、ちょっと迷いましたが、一緒に遊ぶことになりました。
待ち合わせ場所に行くと、沢山のクラスメイトがいました。7人くらいかな?
沢山のこと遊ぶことになりました。
話しかけてくれた女の子はその中の代表だったらしいです。
あんま友達がいないボクと遊んでくれた皆が大好きだったし、嬉しかったです。
それで遊べる日はほとんど一緒にゲームしたりして遊んでました。


294 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 16:42:05 O
>>292
(`。´) シーッ
  b       

295 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 16:43:30 O
>>294
すまん。

296 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 16:44:25 O
>>294-295
ワロスwww

297 :♪kouちゃん♪  ◆0cbAHbELNk :2005/12/12(月) 16:46:31 0
そんな感じで、沢山のこと遊んでました。そこにいた期間も短かったので、親友は出来なかったけど。
マタすぐ転校しました。
次の学校は転校生が多いせいか、すぐ友達が出来ました。
皆いい香具師ばっかで、「一緒にサッカーしよ!!」って声もかけてくれたし。
そんな日は、寝る前にそれを思い出して泣いてました「皆ありがとう」って。
今では親友もいて、沢山の友達がいて、幸せな毎日です。
今でもあの時話しかけてくれた子に感謝しています。
あんま泣けなくてすみません

298 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 16:49:30 O
kouちゃんよ、よく頑張った。
やっぱ友達っていいよな。
これからもがんまれ!

299 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 16:53:30 O
。。。(〃_ _)σkouチャン…
イイヨキミ。マケルナヨ!



300 :♪kouちゃん♪  ◆0cbAHbELNk :2005/12/12(月) 16:56:53 0
>>298友達もうサイコーです。気が合うしww
>>299
まけねぇよ!!
まだあるから書きます。
次は今年の恋愛のことです。

301 :♪kouちゃん♪  ◆0cbAHbELNk :2005/12/12(月) 17:00:39 0
一学期、ある女の子と隣になりました。
そのこはMさんという子でした。
結構明るい性格で(オレには負けるなww)悪戯好きで男好きな子でした。
かなり気が合うし、授業中も喋ったりして、たまに怒られてましたww
まぁそのこが特別仲良かったってワケでもないけど、すごい大切な存在でした。
もうすぐ落ちるかもしれませんが頑張って書きます。

302 :♪kouちゃん♪  ◆0cbAHbELNk :2005/12/12(月) 17:03:49 0
しばらく経って、席替えがありました。その頃からボクがそのこのことを好きって噂が流れてました。まだそうでもなかったのに・・・
そのせいか、あまり話さなくなり、そのうち完全に疎遠になってしまいました。
すごく寂しく、たまに泣いてしまったりしました。

303 :♪kouちゃん♪  ◆0cbAHbELNk :2005/12/12(月) 17:08:18 0
どうしようもなくなり、2ちゃんの恋愛サロンで相談しました。そのときから2ちゃん始めました。
最初の答えは、まず「自分から話しかける」でした。
ボクはそのとおり、話しかけてみました。
初めはドキドキだったけど、少しずつ慣れて、だいぶキョリが近くなりました。
その辺りからほの版に来ました。
そのことをチラッと話すと、みんなが、「がんがれ!!」「努力したら成功するよ」!!とか励ましてくれて、泣けてきました。
そのおかげもあって、仲良くなってから、告白することにしました!!

304 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 17:25:09 O
( ゚ー゚)ウンウン

305 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 17:26:36 O
( ゚ー゚)ソレカラ?

306 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 17:27:59 O
( ゚ー゚)

307 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 17:28:48 O
( ゚_゚)…

308 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 17:31:10 O
(*゚_゚)マァアレダ ホラ、ガンガレ!

309 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 17:32:18 O
kouちゃん、終わりかいwww

310 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 17:33:59 O
good job!
kouchan!!hahaha

311 :昨日の私:2005/12/12(月) 17:36:28 O
あっ!明日は父さんの誕生日だ!何を買おうかな?
…………何、言ってんだろ。父さん、二年前に死んだんじゃん。
…葬式でも泣かなかった私が昨日号泣してしまいました。
皆、生きているうちに親孝行しなさい。

312 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 17:38:08 O
結果報告せよ!

313 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 17:40:08 O
>>311
短い中にも噛み締めると何か切ないものが…。

314 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 17:41:59 O
>>311
俺父ちゃんとあんまし性格合わないからなー。


でも今夜話しかけてみよかな。



315 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 17:43:43 O
>>312はkouちゃんに

316 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 17:45:02 O
ここって携帯の人ばかりですね。
で上がりっ放し。

317 ::2005/12/12(月) 17:46:26 O
私も書いてみようかな…
みんなみたいに上手く言葉に出来ないけど…

318 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 17:48:08 O
>>317
勇気を出して行こう!

319 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 17:49:35 O
>>316
( ゚ー゚)ホントダ

320 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 18:03:14 O
ありがとうございます!
ぇっと、私の家族の話ですが…

私には妹がいるんですが、本当に仲がいいと他の人から羨ましがられる姉妹でした。
私が小6の時、妹と一緒に塾へ行こうと雨の中二人で歩いていました。すごい風と雨の中、私達は傘をさして『雨なんか降るんじゃねー!濡れるじゃんかっ!』と話ながら歩いていました。

321 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 18:12:09 0
バスの出発時間は4時30分だった
あとわずかで僕らは別々の道へ行くことになる・・・
きゅうに彼女の父親が転勤になって別れることになってしまった
バス停まで僕らは歩いた彼女は僕の少し後ろ
涙ぐんで下を向き歩いていた・・・やるせない想いだけで
石ころ蹴飛ばしてみても足が少しばかり痛くなるだけ・・・
いつからか互いに素直になれぬままに別れの日が来てしまった
大切に思うほど大事なことがいえなくなっていた・・・
バスはもうすぐ君を迎えに来て僕の知ることのできない明日へ君を連れ去って行く・・・
バスよ。。どうか来ないでくれないか?やっぱり君が好きなんだ
4時30分。。。
ついにバスが来てしまった。。
今ならまだ間に合う
ほんの少しの言葉もでないまま、、
バスに乗り込んで行く後ろ姿をそっと見つめてた
お釣りをまつ君の振り向いた最後の笑顔・・・
どうしてなんだろ、、きずくのが遅すぎて
楽しかった時間だけ思い出の中映し出させる、、
バスは君を乗せて静かに走り出す。。
手を振る君がだんだん遠くへ行ってしまう・・・
立ち尽くす町並み独りぼっちには
慣れてるのにどうして
涙が・・・止まらないんだろう・・・
サヨナラサヨナラ
また笑って話せるその日まで
僕は僕らしくいるから・・・


322 :景320もです:2005/12/12(月) 18:29:16 O
交差点に差し掛かり『早く渡っちゃおうね』って妹が言って走って渡ろうとした時でした。大きなダンプがすごいスピードで走ってきて妹を引きました。妹は嘘みたいにポーンッと軽く飛ばされました。

323 ::2005/12/12(月) 18:36:38 O
道に倒れている、妹は痙攣をして全く反応がありませんでした。すぐに近所の人が救急車を呼んでくれ、病院に運ばれました。私は訳が分からなくて、ただ泣いていました。


324 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 18:47:08 O
>>323
え!?マジデカ!!血の気が引いた。


325 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 18:50:35 O
>>321
>>320の人とタイミングかぶっちゃったけど
なんかいい詩だね。
切ないんだけど清々しい。

俺的にはかなり好き。

326 ::2005/12/12(月) 18:50:47 O
意識不明の重体が5日間、医者に覚悟して下さいと言われました。私は一緒にいたのになんであの時、走ったら危ないよって言えなかったんだろうって思いました。6日目の朝、奇跡的に妹は意識を戻しました。

327 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 18:51:40 O
>>320
・・・・・・・・

328 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 18:52:22 0
>>325
でもそれホントは実話なんだ・・・
ついさっきおきたことです。。

329 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 18:56:28 O
>>328
マジデカ!!

330 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 18:58:50 0
>>329
まじだよ。
ついさっきだよ。

331 :しー:2005/12/12(月) 19:00:43 O
>>326
良かったね、意識戻って(つд`)
目の前で妹さん事故にあっちゃったんだね。辛かったね。

332 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 19:01:19 O
>>321
文才あるね。
きれいな文章だね。

333 ::2005/12/12(月) 19:01:45 O
今ではすごく元気です。けど、後遺症が残りました。交通事故は本当に恐いです。運転する人も、歩いてる人も気を付けてほしいです。…って、全然感動も何もありませんね。ごめんなさい。

334 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 19:02:03 0
>>332
さっきおきた実話を
詩みたいにしてみた、、

335 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 19:02:58 O
>>326
その後は?
だいぶよくなったの?

336 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 19:10:43 O
>>333
目の前で起きたことにあなたのショックも大きかったことでしょう。

他人がなんと言おうがあなたにとっては妹さんの回復に涙が出るほど喜んだのでしょ?


337 ::2005/12/12(月) 19:19:43 O
336さん
はい、私は妹が生きてくれて本当に嬉しいです。

338 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 19:36:22 0
>>337
今は歩けるようになったんですか?


339 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 19:38:47 O
ここは「涙が出るほどいい話し」を書くスレであって雑談スレじゃないぞ

340 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 19:42:00 O
だれかまとめサイト作れ!

最初から読んだら涙で画面が滲むよ・・・

341 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 19:43:19 O
>>339
多少はええやろ
かたいこと言いなさんな

342 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 19:45:15 O
確に俺も最初から見てて何回か泣いたけど…
何だか「不幸自慢」的なカキコもあって時々別の理由で泣きそうになる………

343 ::2005/12/12(月) 19:46:15 O
後遺症は右耳が全く聞こえなくなって、顔右半分と腕、足が動かなくなりましたが、リハビリで以前より動くようになりました。

344 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 19:48:20 O
ここのスレで泣いた話は?

345 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 19:51:43 O
全部感動したけど俺としては今持ち上がってる妹さんの話しかな…
バスタオルでも涙ふききれなかったよ…

346 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 19:52:13 O
俺はしーさんが夜勤中に書いてくれた話かなぁ

347 : ◆2/qs3QIcuc :2005/12/12(月) 19:56:54 0
はじめまして(>_<)
一通りROMってみたけど
>>321の話しが一番感動です(>_<)

348 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 20:14:46 0
それぞれいいよね


349 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 20:15:43 0
>>343
そうですか・・・。
回復をおいのりします。


350 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 20:16:51 0
>>340
いいね。
しかし、俺にはそのスキルがない。。。

351 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 20:18:59 0
>>344
俺は>>169にやられたよ。


352 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 20:29:13 0
すいません、またも流れをぶった切ります。

人生って辛いことがいっぱいある。
もう生きてたくなくなることだって、いっぱいある。
だけど、きっと大丈夫なんだと思う。
きっと周りに味方がいるから。
泣いてるときそっと抱きしめてくれるひと。
そっと励ましてくれるひと…必ずどこかにいるはずだから。
ひとりじゃないよ。
必ずどこかにあなたを応援してるひとがいるから。
誰かが絶対あなたのこと、好きだから。
ひとりなんかじゃないよ。

353 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 21:01:00 0
>>352
いい詩だね。でも、スレ違いって叩かれちゃうよ。

354 :和心 ◆yncm3PNMtA :2005/12/12(月) 21:15:24 O
知らぬ間に沢山の人がきてるね
>>1 よかったね〜

355 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 21:25:39 O
勿論次スレもあるよね?

356 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 21:26:55 0
今日、精通しましたv(^^)v

357 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 21:29:29 0
>>355
wwwまだまだ早いでしょwww


358 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 21:36:47 0
321ってゆずの『サヨナラバス』じゃないんかwww

359 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 21:37:56 0
>>358
何ですか?それ??

360 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 21:39:36 0
精通。いい話v(^^)v

361 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 22:33:17 O
いいね

362 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 22:33:21 0
>>359
ゆずの歌だよ。
昔流行ったやつ。

363 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 22:34:51 O
じゃあ>>321は作りってこと?

364 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 22:36:24 0
サヨナラバスの「サヨナラ」とっただけなんじゃ…?

365 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 22:40:00 0
サヨナラバスって何????
っつうか作りじゃねーよ糞

366 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 22:40:42 O
たぶんあの詩に感動したってことだろう。

367 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 22:41:03 O
必死だなW
大丈夫信じてるよ漏れは

368 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 22:42:26 O
このスレの雰囲気を悪くしないでほしい

369 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 22:46:03 0
信じてもらえないって
彼女と別れるより辛い。。。

370 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 22:46:15 O
ただいまここに載せる話をまとめてます。

3000文字超えた・・・

371 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 22:46:20 O
>>365が一番悪くしてるとおもうけど・・・
糞とか言うなよいい詩が台無しだぞ

372 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 22:48:21 O
雑談板じゃ無いので雑談しないで下さい

373 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 22:49:03 O
ま じ で 誰 か ま と め サ イ ト 作 っ て く  れ。

374 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 22:50:13 O


よっしゃ、じゃあ次の話を待とうぜ。

375 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 22:51:54 O
今、ラジオききながらはじめから呼んだんやけど、ラジオでちょうどゆずのさよならバス流れてたょ…ワラーィ

376 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 22:52:44 O
>>372
>>341

377 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 22:56:09 0
泣けるほどの話ではありませんが、書いていいですか?

378 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 22:58:22 0
:::゜:::::::::::☆:::::::::::::::::::::::。:::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::..........゜::..........
:::::::::::。:::::::::::::::::::::::.......................  ゜ ☆  ...............:::::
  。  ........  ...... ☆. .......。    .........  .......... ☆
       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        (  僕たちいつまでも一緒だよ
   。o ○\_______________/
  .∧∧ヘヘ      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  (  ノ  ) 。o○(  うん、わかってる
  ./  |  \   \_________/
 (___ノ(___ノ:::::::.:::::::.


379 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 22:59:08 O
>>377
どうぞ!
待ってました!

380 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 22:59:32 O
>>377許可とる必要ないよ全然書いておK

381 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 23:00:20 O
どぞA

382 ::2005/12/12(月) 23:02:04 O
どうぞ〜

383 :しー:2005/12/12(月) 23:11:28 O
書いて書いてヾ(^▽^)ノ

384 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 23:13:58 0
私には祖父母がいて、私の家のすぐ近所に住んでます。
私は学校に行く時祖父母の家に自転車を置かせて貰ってます。
その時祖父母はよくジュースなどを買ってきてくれたり、
いつもジュースを買える分だけのおこづかいをくれたり…
とてもありがたく思っています。

そして今年の夏…
私は暑さに弱く貧血を起こしやすいんですが…
今年も貧血を起こしかけてしまったんです。
お茶が底をつき、喉が渇いて立ちくらみがして…本当に辛かったです。
辛くて辛くて泣きそうになった時祖父母の家に辿り着きました。

385 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 23:17:46 0
祖父母はいませんでしたが、自転車のカゴにメモがひとつ。

「○○ちゃん、ジュース冷蔵庫に入ってるよ。好きなだけ飲みなさいね」
冷蔵庫の中にはジュースが山ほど入ってました。
私は嬉しくて泣きたくなりました…
貧血で心細くてこわかったのですが…一気に安心しました。
私はずっと祖父母のことは大好きですが、
その一件からもっと大好きになりました。
これからも祖父母孝行したいと思います。

ってこれじゃ私しか泣けませんけども…orz

386 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 23:24:20 O
ほのぼのとしたいい話だからいいよね!

387 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 23:24:23 O
カゴにメモ…ジュース





カゴメ トマトジュースだろ!

388 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 23:25:50 0
すいません、ファンタでした…
トマトジュースだったら貧血悪化してたと思います。
泣けない話失礼しました。

389 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 23:29:29 O
泣けないかもしれないけど暖かさを感じたよ

>>387はノシ

390 :しー:2005/12/12(月) 23:29:37 O
>>385さんのことおばあちゃんも大好きなんですね!
なんか読んでてあったかいきもちになりました(o^_^o)
自分のことをいつも思っててくれる人がいるって幸せなことですよね。

391 :♪kouちゃん♪  ◆0cbAHbELNk :2005/12/12(月) 23:38:53 0
すみません!!急遽落ちてました!!続きはマタ明日書くんで!!お休みなさい!!!

392 :ほんわか名無しさん:2005/12/12(月) 23:41:06 O
俺は、誰にも頼んでねぇーよ、嫁さがしを みーしゃ

393 ::2005/12/12(月) 23:41:50 O
温かい話ですね!今、読んで心がほわんってなりました。おじいさん、おばあさんを大事にして下さいね☆

394 :♪kouちゃん♪  ◆0cbAHbELNk :2005/12/12(月) 23:42:07 0
>>385
泣けたんだけど・・・・心にズキュンと何か飛んできたんですけど・・・
メモがマタ泣ける・・・・・・・
孫のことをいつまでも思ってたんだね・・・


395 :しー:2005/12/13(火) 00:03:57 O
再び今度は救急で働いていた時の話しを書かせていただいてもいいですか?

396 :ほんわか名無しさん:2005/12/13(火) 02:01:32 O
どんどんお願いします。

397 :ほんわか名無しさん:2005/12/13(火) 02:14:03 O
今更だけど>>321はモロにユズのさよならバスですよね?
歌詞とほとんど一緒なんですけど・・・

作りじゃないとか言ってますけど多分作りですよ

そういうカキコがあると他の本当にあったことも信じにくくなるんでやめてほしいです・・・

398 :397:2005/12/13(火) 02:18:24 O
詩を歌詞からチョイスしただけで彼女と離れ離れになったのは本当って事ですかね?
そうだったらスマソm(__)m。

399 :ほんわか名無しさん:2005/12/13(火) 02:21:44 O
何と無く>>321の真意が分かった気がします
>>397のカキコはスマソでしたm(__)m

400 :ほんわか名無しさん:2005/12/13(火) 05:58:35 O
400!

401 :ほんわか名無しさん:2005/12/13(火) 06:35:04 O


402 :ほんわか名無しさん:2005/12/13(火) 12:40:20 O
age

403 :ほんわか名無しさん:2005/12/13(火) 13:56:53 O
良スレ

404 :しー:2005/12/13(火) 14:22:21 O
只今日勤で休憩中です!( ^-^)⊃旦~
私が救急で働いていた時の話です。
ある家族がいました。
父と母、長男(年長さんくらい)と生まれたばかりの長女(三ヶ月くらい)の四人家族。
その長男君とお母さんの話です。
長男君は最近気にいらないことがありました。
それはお母さんが妹にかかりっきりになりあまりかまってくれないこと。
『お兄ちゃんでしょ?』長男君はこの言葉が大嫌いでした。今までお母さんは僕のものだったのに・・・。
ある日妹に何気なくちょっかいを出し大泣きさせてしまいました。
『何やってるの?!お兄ちゃんでしょ?どうしてそんなことするの?』
長男君は『僕なんかいないほうがいいんでしょ?嫌いなんでしょ?いなくなっちゃえばいいんだ』と家を飛び出してしまいました。

405 :しー:2005/12/13(火) 14:33:33 O
長男君は一人公園にいました。
『お母さん僕のことホントに嫌いになっちゃったのかな?』
日はどんどん暮れてきます。
それとともにどんどん寂しさがつのってきました。
長男君は家に帰ることにしました。
家に帰ると誰もいません。
隣のおばあちゃんの家にいくとお父さんがいました。
『どこいってたんだ!!探したんだぞ!早くお母さんとこいくぞ』
すぐ車に乗せられ着いたのは病院でした。

406 :しー:2005/12/13(火) 14:38:44 O
病院につくと妹を抱いたおばあちゃんがいました。
長男君はそこで初めて状況を知ることに。
お母さんは妹を預けてすぐ長男君を捜しに行ったこと。
そして事故にあったこと。
手術後意識がまだ戻らないこと。

407 :しー:2005/12/13(火) 14:48:49 O
ちょっと困らそうと思っただけでした。ただそれだけだったはずなのに。
『お母さ〜んごめんなさい』何度も廊下に長男君の悲痛な叫びが響きました。
危ない時期は越えたもののなかなかお母さんの意識は戻りません。
時間は過ぎ、事故から二日が過ぎました。
お母さんの意識が戻ったのです。
私は家族を呼びました。長男君は泣きながらお母さんの手を握りました。すると、気管切開をしているため声は出ないのですが何か言おうとしています。

408 :しー:2005/12/13(火) 14:55:26 O
口の動きをみんなで一心に見つめました。
『ご・め・ん・ね・だ・い・す・き』
口はそう動いていました。
長男君は再び『お母さんごめんなさい。僕いいこになるからぁ。ごめんなさい』と泣きました。
その後お母さんは順調に回復し、無事退院となりました。
その後年賀状をいただき知ったことですが長男君は妹さんをかわいがるいいお兄ちゃんになったようです。

409 :しー:2005/12/13(火) 14:57:39 O
この出来事は私がフレッシュだった時に経験したことで今でもよく覚えています。
長文並び駄文失礼しました。

410 :ほんわか名無しさん:2005/12/13(火) 15:06:12 O
うぅっ…(´;ω;`)
私も長女だから、幼い頃は長男クンのようにやきもちを妬いたこともあったなぁ。
でもやっぱり両親の愛は平等なんだよね(ρ_<。)

411 :ほんわか名無しさん:2005/12/13(火) 15:39:36 O
イイ話しばかりだぁ〜*・゚゚・*:。:*・゚。・゚・(ノД`。)・゚・。゚・*:。:*・゚゚・*

412 :ほんわか名無しさん:2005/12/13(火) 16:09:40 0
*・゚゚・*:。:*・゚。・゚・(ノД`。)・゚・。゚・*:。:*・゚゚・*

スレ荒らしが趣味なおれだけどここは荒らす気になれない。

413 :ほんわか名無しさん:2005/12/13(火) 16:54:11 O
>>412
おまいいい椰子だぁ〜*・゚゚・*:。:*・゚。・゚・(ノД`。)・゚・。゚・*:。:*・゚゚・*

414 :ほんわか名無しさん:2005/12/13(火) 18:50:28 O
これがほの板クオリティー

415 :ほんわか名無しさん:2005/12/13(火) 19:45:19 O
命の現場ってすげぇな・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆・:
ドラマだマジで感動。

416 :ほんわか名無しさん:2005/12/13(火) 20:03:50 O
今のところ>>412の話が一番感動した

417 : ◆JJsiiWhoTk :2005/12/13(火) 21:31:08 0
nice thread!

418 :ほんわか名無しさん:2005/12/13(火) 22:04:09 O
明日載っけます。

419 :ほんわか名無しさん:2005/12/13(火) 22:55:12 0
では私は今から失礼します。大した話ではありませんけども…

420 :ほんわか名無しさん:2005/12/13(火) 23:11:14 0
私のうちでは犬を飼っています。
私が物心ついた時にはもう結構大きくなってきていたので、
家にきてもうすぐ15年でしょうか。
父が会社に迷いこんできた子犬を
「誰も引き取れないから今日預かりたい」とつれて帰って来ました。
当時6歳だった私の兄はどうしても犬が飼いたかったらしく、
飼いたい、飼いたいと母に何度も頼んだそうです。
母は断固反対しました。
「一時的な感情で動物を飼ってはいけない。
△×(兄)だって大きくなったらきっとちゃんと世話もしなくなるだろうし、
何より別れる時が辛すぎる。絶対自分より早く死んでしまうから」と。
それでも兄はずっと頼みこみました。
そして父まで飼おうと言い出し…
母は最後まで反対していましたが、結局飼うことになりました。
そして犬はどんどん大きくなり…

421 :ほんわか名無しさん:2005/12/13(火) 23:16:13 0
私は多分3歳ぐらいの時物心がついたのかと思いますが、
私が3歳の時犬はもう、2歳。だいぶ大きくなっていました。
何度か噛み付かれたりして怖かった時期がありましたが、
そんなことはすっかり忘れて12年の月日が経ちました…。

今私は中学生で、犬がどんどん年をとってきました。
目が見えにくくなってきて昔に比べたら細くなり。
暗い道を怖がるようになって活気が失われてきていました。
でも帰ってきたら吠えてくれたし、近付いていったら
寄ってきてしっぽをぶんぶん振りながら嘗め回してきてくれたのです。
私には犬が可愛くてたまりませんでした。
大きすぎて1人で散歩には連れて行ってあげられなかったけども。

422 :ほんわか名無しさん:2005/12/14(水) 02:01:49 0
さて、続きを書きます。

最近は本当に老犬で帰って来ても吠えてくれないことが多くなりました。
家の裏の木陰で眠っていることが多くなったんです。
だから、油断していたのかもしれません…
ある日私は学校から帰宅しました。
犬は吠えてくれません。何の反応もしません。
不思議に思い私は犬の名前を呼んでみました。全く反応がないのです。
しかし私は疲れていてそのまま家に入ってしまいました。
それから1時間ほど経って母が帰宅しました。

423 :ほんわか名無しさん:2005/12/14(水) 02:16:29 0
その時私は電話をしていました。
母も犬は寝ているものだと思っていたようです。
それからまた30分くらい経って…兄が帰宅しました。
母に何かを伝え、2人は慌てだしました。
私はまだ電話をしていて、不思議に思いながら2人を見ていました。
そして母は私にメモを渡してきました。
ただ「○○(犬)がいない」とだけ書いて…
私はすぐ電話状況を説明して電話を切り犬を探しに行きました。
私が学校から帰宅してきたときもう犬はいなかったんです。
本当に責任を感じて自転車で町内をぐるぐる回りました。
母と兄も必死に探したようです。
1時間ぐらい探し続け、母から電話がかかってきて
「もう暗くなってしまったから見つけられない。明日また探そう」と
言われ、とぼとぼと家に帰りました。

家に帰ると母と兄が泣いていました。
兄は「15年間ずっと世話をしてきたのに。○○は俺のこと嫌いだったのかな。
何で神様はこんなことするんだろうな…」とずっと、
うわ言の様に言っていました。私も本当にたくさん泣きました。
私達にすると犬は家族の一員だったんです…

424 :魔王バラモLV?? ◆PWTcGEfp1s :2005/12/14(水) 02:34:15 0
そのワンちゃんはは帰ってきたのでしょうか?

425 :ほんわか名無しさん:2005/12/14(水) 02:56:03 0
ごめんなさい、途中で用事が入ってしまって…長くてすみません。

最終的に犬は帰ってきました。
私が学校から帰ってくると、祖母が教えてくれました。
私はとにかく早く犬に会いたく夢中で走って帰りました。
途中車にひかれそうになりましたが;
家の門を開けると懐かしい鳴き声がしました。
私は嬉しくてすぐ犬に抱きつきに行きました。
まだ恐怖で凶暴になっているらしくグルルと言われましたけど。
本当に嬉しくて私は泣いてしまいました。

我が家の犬は水を一番嫌っているそうなのですが…
浅くて広い池に落ちて震えていたそうです。
兄の友達が偶然発見してくれて、母たちを呼んでくれたそうで…
警察を呼んだりして、大変なことになってしまったそうです。

色々な人に迷惑をかけてしまったけどやっぱり愛犬であって、
家族の一員であって…大好きです。
多分、命が尽きてしまうのももう少しだと思います。
それまでずっと側にいたいです…という話です。
長々とすいませんでした。

426 :魔王バラモLV?? ◆PWTcGEfp1s :2005/12/14(水) 02:59:50 0
ワンちゃん帰ってきてよかったですよ…
家も1週間帰ってこなかったことがあったんでお気持ちはよくわかります!
大事にしてあげてくださいね

427 :ほんわか名無しさん:2005/12/14(水) 06:57:55 O
goo

428 :ほんわか名無しさん:2005/12/14(水) 18:06:49 0
ああああ・・・・・

429 :ほんわか名無しさん:2005/12/14(水) 21:20:40 0
いい話募集age

430 :ほんわか名無しさん:2005/12/14(水) 21:25:31 O
私は部屋で動物を飼っています。

431 :ほんわか名無しさん:2005/12/15(木) 12:56:58 O
ageage

432 :ほんわか名無しさん:2005/12/15(木) 13:48:09 O
泣けるくらいいい話しではないですが…書いてみます。
当時産婦人科の看護師として働いていたときの話です
中年の女性が入院してきました
彼女は40代後半で、家族構成は夫、中2の娘の3人家族でした

433 :ほんわか名無しさん:2005/12/15(木) 13:53:12 O
入院した理由は妊娠
確か4ヵ月…少し越えていたかもしれません
更年期の歳ということもあり閉経だと思い妊娠に気付かず、来るのが遅れたそう
高齢出産だし本人と夫が話し合った結果
堕胎することにしその手術のための入院でした

434 :ほんわか名無しさん:2005/12/15(木) 14:01:06 O
入院期間は一週間の予定で
彼女もたまに病室を訪れる旦那さんも明るい方でした
堕胎手術は妊娠3ヵ月以内と決まっていますが
高齢の場合、妊婦の負担を考えその限りではありません
しかし3ヵ月をすぎると胎盤が子宮とがっちりくっついて血管がはりめぐっているので
その時期に手術をすると傷も酷くなります
しっかりくっついてる母孑を無理矢理離すようなものですね…

435 :ほんわか名無しさん:2005/12/15(木) 14:08:11 O
入院の次の日手術をしましたが手術については成功でした
手術中出血量が多く止血剤を数回投与していましたが…
病室に戻り、麻酔からも半ば覚めた彼女は夫の問い掛けに微笑で答えてましたね
私はその日は日勤で夕方には病院を去りました

436 :ほんわか名無しさん:2005/12/15(木) 14:15:49 O
次の日病院に着くと何か変なんですよね
自分の科の階の雰囲気…長年の勘とでもいうのかその日は何かあったと言うのがわかりました
詰所に行ってやはりだったのですが彼女が亡くなっていました
夜勤の方の話です
ナースコールがなり病室に向かうと彼女が
「お尻のあたりがあったかい」って言っていたそうです
見ると出血していてそれがシーツに広がっていた
すぐに当直医を呼びに電話をし
すぐまた彼女の病室に戻ったときにはすでに亡くなっていました

437 :ほんわか名無しさん:2005/12/15(木) 14:22:37 O
旦那さんと娘さんきて…娘さんが病院にきたのはそれが初めてでした
彼女は歳が歳で妊娠したこともあって
旦那さん以外誰にも何も言ってなかったんですよ
旦那さんも仕事帰りに来てわりとすぐ帰ってましたしね
娘さんにゎ「お母さんちょっと一週間くらい友達と旅行に行くわね」
と言っていて…
それきりになってしまいました

438 :ほんわか名無しさん:2005/12/15(木) 14:30:59 O
この事があって少しで私は病院をやめ看護学校の教師になりましたが…
今でもこの事は頭に浮かびます
何十年も前の話ですが堕胎手術は今でも母子共に危険で体にも心にも傷がつきます
その後娘さんは医療関係の方に進んだみたいです
元気に頑張っていてほしいですね。。
長文・乱文・スレ違い失礼しました

439 :(´Å`):2005/12/15(木) 15:54:17 O
age

440 :ほんわか名無しさん:2005/12/15(木) 21:23:34 O
あげ

441 :ほんわか名無しさん:2005/12/15(木) 21:52:23 0
>>438
もう一月もしないうちに自分の誕生日を迎えるのですが、母をねぎらう日として過ごすことにします。
母は、割と高齢で私たち兄弟を生んでくれました。いつも心配かけてごめん。長生きしてね

442 :和心:2005/12/15(木) 22:50:32 0
>>57
で お話した子供が今月23日で2歳になります
>>1 さんげんき??


443 :ほんわか名無しさん:2005/12/15(木) 22:53:43 0
>>441
うぅ・・・泣けてくる・・・。
私は誕生日にはなにもしなかった。
アナタは偉いよ。

444 :1ことヒロト ◆zBvvMGYmRg :2005/12/16(金) 00:13:11 0
やっとテスト終わりました(^^♪
試験期間中はここにほとんどこれなくてすいません。
自分の話は今夜まとめて明日投稿します。

では、おやすみなさい。

445 :ほんわか名無しさん:2005/12/16(金) 16:53:51 O
楽しみ♪

446 :1ことヒロト ◆zBvvMGYmRg :2005/12/16(金) 20:21:37 0
遅れました。(^^ゞ
では書かせてもらいます。  


自分が小さい頃に仲の良かった友達でN君という奴がいた。
家も近くてよくバカな遊びをしてふたり一緒に怒られていた。
そして同じ幼稚園を卒業して、
あいつは隣の神奈川に引っ越してしまった。
自分は東京のはずれだったから今思えば行けない距離じゃなかったんだけど、
ガキの行動範囲といえばせいぜい自分の家から半径2メートルくらい。
小学校時代は一度もあいつに会いに行かなかった。

447 :1ことヒロト ◆zBvvMGYmRg :2005/12/16(金) 20:26:24 0
そして自分が小学校を卒業して中学校に上がってすぐ、
母親がこんなことを言ってきた。
「あんたの小さい頃仲良かったN君が入院したんだって。相模原だから行ってあげなさい。」
俺は「N君と会うのも久しぶりだなぁ。」
とか思いながら相模原にある病院に行った。

448 :1ことヒロト ◆zBvvMGYmRg :2005/12/16(金) 20:32:54 0
病室に入るとN君は意外と元気そうだった。
点滴も一つか二つしかなかったし。
なんの病気かは聞いたけど全然教えてくれなかった。
でもそんな重い病気には見えなかった。
そして俺たちはいろいろ今のことや昔のこと話して、
俺は2時間くらいいて帰った。

449 :1ことヒロト ◆zBvvMGYmRg :2005/12/16(金) 20:43:17 0
そして俺は楽しい中学生活を送っていた。
中1も終わりの頃になるともうN君のことも半分忘れかけていた。
「あいつのことだからもうとっくに退院して元気にやってるだろう」って感じで。
そして春を迎え自分は中2になった。
今思うと本当にこのときにあいつのところに見舞いに行けばよかった。

450 :1ことヒロト ◆zBvvMGYmRg :2005/12/16(金) 20:46:58 0

「N君が死んだ。」
そう母親から聞かされた。
最初は意味がわからなかった。
なんかの悪い冗談だろうと思った。
あいつが死んだという実感がなかった。
地面が崩れていく感じがして絶望した。

451 :1ことヒロト ◆zBvvMGYmRg :2005/12/16(金) 20:53:29 0
それであいつが死んだという気持ちを整理できていないまま葬式に行った。
あいつの母親がいろいろしゃべっていた。
そのとたん突然悲しくなってきた。
突然ぽろぽろ涙があふれてきた。
あいつの死因は心臓の病気だったらしい。
何であいつが死ぬ必要があるんだ。
とまで思っていた。

452 :1ことヒロト ◆zBvvMGYmRg :2005/12/16(金) 21:03:24 0
葬式が終わって俺はあいつの姉から呼ばれた。
そして姉は「ヒロトへ」と書かれた見覚えのある汚い字の手紙を渡した。
「Nが入院中に書いてて渡してくれって頼まれたの。」
姉さんはそう言っていた。
俺は封筒を開けて中を読んだ。

453 :1ことヒロト ◆zBvvMGYmRg :2005/12/16(金) 21:10:11 0
「ヒロトへ。
お前がこれを読んでる頃には俺は多分もういない。
いや、絶対にいない。
俺は心臓の病気でもうすぐ死ぬらしい。
まだ小さくて手術も受けられないらしい。
悲しいよ。寂しいよ。つらいよ。
まぁこんなこと言ってもなんも変んないんだけどさ。
死ぬ間際にもなってこんなこと言ってるんだぜ俺。
死ぬ間際くらいかっこいいこと言ってみたいもんだよ。
あ〜何がいいたいか分からなくなってきた。
まぁとにかくお前は元気でやってくれよな。
もし俺がまだ死んでなかったらまた下らん話しまくろう。」

454 :1ことヒロト ◆zBvvMGYmRg :2005/12/16(金) 21:12:59 0
もうお前いないじゃんかよ。死ぬってわかってるんなら何で言ってくれなかったんだよ。
俺もあいつの姉も泣いていた。
姉さんこんなときに渡すなよ。涙で目が見えないよ。
Nも死に際にこんなの書いてんじゃねえよ・・・・

455 :1ことヒロト ◆zBvvMGYmRg :2005/12/16(金) 21:16:01 0
あれから2年半くらい経って俺は今高校1年生だ。
楽しいことも辛いこともそりゃある。
あの手紙は今でも大切に取ってある。
いつもつらいときはお前とお前の姉さんとあの手紙を思い出すんだ。
ありがとうな・・・N・・・・

456 :1ことヒロト ◆zBvvMGYmRg :2005/12/16(金) 21:17:50 0
これでおしまいです。
長文でしかもまとまってない、読みづらかったらごめんなさい。
いまでもあいつは天国で明るく笑っているんだとおもいます。

457 :ほんわか名無しさん:2005/12/16(金) 21:22:50 O
いい話と言うより悲しい話だな…


カナシス(´・ω・`)

458 : ◆ery0CbqJyU :2005/12/16(金) 21:39:41 0
いい話かどうかわからないけど…書いていいかな?

459 :1ことヒロト ◆zBvvMGYmRg :2005/12/16(金) 21:50:52 0
確かにいい話じゃなかったな。
スマソ・・・

>>458
どうぞどうぞ。

460 :ピギー:2005/12/16(金) 21:57:28 O
>>456
ウォォォン! 素敵すぎるぜ、N君!
ただ、N君が黙ってたのはことヒロトさんに悲しんでもらいたくなかったからだと僕は考えます。
だから、ことヒロトさんは自分が今生きていることの素晴らしさを、N君の分まで噛み締めていきていってください。
それがあなたがN君にしてあげられる最高の手向けです!
いい話をアリガトウ!>>458
どうぞ、期待してます!

461 : ◆ery0CbqJyU :2005/12/16(金) 21:58:30 0
書いちゃいます。

私が生まれたばかりのころの話です。
私の父が、重症筋無力症という重病にかかってしまい、入院しました。
父は学生のころはスポーツマンで、成人になってからは社交ダンスをしていて、とても健康的でした。
そんな父が、ほぼ寝たきりの状態になってしまったのです。
それも、医者が言うには助かる確率は1割程度だったのです。

そのため、母が病院で付き添いをしなければならず、私と私の兄は母の実家によく預けられてました。
まだ赤ん坊の私や兄にはもちろん、そんな大変なことが理解できるはずがありません。

父は長期にわたって治療を続けました。手術を何度も受けました。
時々、家に帰ってきてくれるときもありました。だけど一時退院みたいなもので、その時家族と写っていた父の写真は、病気で顔が真っ赤に腫れていました。

462 :ピギー:2005/12/16(金) 22:02:18 O
ふんふん、それで?

463 :ピギー:2005/12/16(金) 22:08:55 O
続き…(´д`)マダー?

464 :ピギー:2005/12/16(金) 22:15:35 O
>>461
堕ちたか?

465 : ◆ery0CbqJyU :2005/12/16(金) 22:20:05 0
父の容態は一向によくはなりませんでした。
お見舞いに行った覚えがあるところから(よく病院に行った)、2,3年は続いていたのではないかと思われます。
母が家におらず、よくおばあちゃんに手を引かれて保育園に行った記憶があります。
母も付き添いで、疲労の限界に近かったのかもしれません。母の写真も、今思えばやつれていたのではないかと。

母はその時、友人からあることを勧められました。(あることとは言えませんが、教えに近いものです)
祈れば、心も安らぎ、救われると。
聞いただけではかなり胡散臭い話なのですが、母はわらにもすがる気持ちでそこに入会しました。
その時から、変化があったのです。
一生懸命お祈りをし、すべてを打ち明け、別に変なクスリを使っているわけでもないのに、気持ちがすっとする。

母は父が治るようにと、お祈りをし続けました。
そしてそれは、家族みんなも入会し、父のために祈りました。父自身も、入りました。
重病人として辛い生活を送っている父にとって、気持ちが楽になり、治そうと、頑張ろうとする気持ちになれるというのです。

466 :ほんわか名無しさん:2005/12/16(金) 22:25:34 O
もし
いい話スレで勧誘ネタなんか出したら
地獄に落ちると思えよ








そうじゃないならいんだけどね
宗教話だってさ

467 :ほんわか名無しさん:2005/12/16(金) 22:36:04 O
ウサンクサス(´・ω・`)

468 : ◆ery0CbqJyU :2005/12/16(金) 22:39:21 0
そして、1割程度しか助かる見込みがなかったのが、奇跡的にも回復していき、ついに退院というところまできたのです。
重症筋無力症とは、筋肉が思いどおりに動かなくなってしまう病気。
それが、もう約18年経っていますが、今では父は満足に歩けるどころか、社会復帰までしているのです。
(それでも、父は未だに身体障害者なのですが)
体力的には衰えてしまった父ですが、今も元気です。52歳です。

あの時、もし本当に治らなかったら、想像も出来ない人生になっていたでしょう。
それぐらい、父は私にとって、生き延びて、大きな存在となってくれたのです。

終わりです。
あんまりいい話じゃないかな。

469 :ピギー:2005/12/16(金) 22:42:59 O
まあ…色々あったみたいだけどとりあえずお父さん治ってよかったお(・ω・)

470 : ◆ery0CbqJyU :2005/12/16(金) 22:44:26 0
私もこんな宗教話みたいで、胡散臭く思われるのは当然だと思います。
でも実話なのだから、それはしかたないのだし…
でも、あれを宗教とは言い難いから、なんと表現してよいのやら…
もちろん勧誘なんてしませんから。てゆーかやり方わかんないし。

471 :ピギー:2005/12/16(金) 22:46:54 O
あと、>>460の書き込みはことヒロトさんぢゃなくて、1ことヒロトさんですね。
ことって何w?
テラワロス(´_ゝ`)プッ

472 :ヒロト ◆zBvvMGYmRg :2005/12/16(金) 22:56:26 0
>>471
いやいやヒロトってコテなんですけど>>1って呼ばれることが多いんで。
普通にヒロトでいいですよ。わかりにくくてすいません。

473 :ほんわか名無しさん:2005/12/16(金) 22:59:44 O
じゃあここで一つ私の話を。
私は高校時代バンドをやっていて、学園祭などでもそれなりに客も入ってきていたのですが…
高1の文化祭の直後ギター担当の子(以降O君とします)がリーダーでボーカルだった私に辞めたいって言ってきたんです。

474 :ピギー:2005/12/16(金) 23:05:04 O
それを聞いた私は悩みました。
正直そのバンドは、O君のギターテクのお陰で持っていたようなもので、彼無しではとてもやっていける自信はありません。
ただ、彼が辞めたい理由に挙げていた勉強と部活を頑張りたいという言葉を無視して無理矢理引き留めるわけにもいかないので、私は彼を辞めさせることにしたんです。
事実、今でも私はあれがベストな選択だったと思っています。

475 :ピギー:2005/12/16(金) 23:14:07 O
続きの前に訂正を。
473=ピギーです。
そして新しいギターも入り、1ヶ月ほどした頃、ベースのK君が曲を書いてきたというんです。
普段は無口なK君が、このバンド初のオリジナル曲の詞を書いてきてくれたんです。
所々抜粋すると、曲名が『笑顔の法則』。
歌詞には、
ギターを弾く君の寂しそうな背中
君のありのままの姿で明日を迎えんだ
などとあり、私はスグにピンときました。
コレはO君の事を歌った歌だと。

476 :ピギー:2005/12/16(金) 23:19:51 O
ですが、O君とK君はO君がやめるまえから事あるごとに喧嘩するような仲の悪さで、なぜK君がこんなものを?
っと思った私はつい聞いてしまいました。
「これOに書いたの?」
と。
するとK君が急に泣き出したんです。いつもはクールな感じのK君が大声だしてワンワン泣いて。
なんかそれ見てる私も泣けてきちゃって。


477 :ピギー:2005/12/16(金) 23:31:22 O
それで、高2の文化祭でその曲やることになったんですよ。
O君が辞めるときにライブにだけは来いって言ってあったんで、Oがどんな反応するかとか皆楽しみにしてたんですよ。
で、本番始まって暫くはコピーの曲で盛り上がってたんですけど、最後の曲になった時、『笑顔の法則』をやったんですよ。
ぶっちゃけ曲としては他のとは比べもんにならんくらい歌詞も曲もメチャクチャだったんですけど、出口付近で聞いてたOは周りがジロジロ見るくらい号泣してたなあ。
で、後日談なんですけど、Oはサッカー部の県大会にスタメンとして出場、BEST16の実績をおさめ、勉強でも第一志望校に合格しました。皆さんにはあまり泣けない話かも知れませんが、私にとっては最高の思ひ出です(ToT)
長文失礼しましたm(_ _)m

478 :ヒロト ◆zBvvMGYmRg :2005/12/16(金) 23:33:12 0
そーゆーバンドうらやましいな。
俺も組んでるけどそういうドラマチックなことはまだないな。

479 :ピギー:2005/12/16(金) 23:34:25 O
いえいえ、こちらこそ。
なんか私が無理矢理1ことを消しちゃったみたいでスミマセン

480 :ピギー:2005/12/16(金) 23:37:08 O
>>479>>472に対してです。
>>478
コメントアリガトウございます。
ヒロトさんもバンドやってるんですか!
なんかこういうの好きです(´∀`)

481 :ほんわか名無しさん:2005/12/17(土) 05:50:35 O
期待あげ

482 :ほんわか名無しさん:2005/12/17(土) 14:55:31 0
いい話〜!

483 :ピギー:2005/12/17(土) 19:40:21 O
もっとイイ話が聞きたいな〜。
ageちゃえヽ(゚∀゚)/

484 :ピギー:2005/12/17(土) 21:46:12 O
夜に
なると
イイ話が
聞きたく
なります
(/_;)グスン

485 :ほんわか名無しさん:2005/12/18(日) 09:49:25 O
いい話

486 :ほんわか名無しさん:2005/12/18(日) 13:35:59 O
あげてみよう(TДT)

487 :ほんわか名無しさん:2005/12/18(日) 13:45:09 0
僕が住んでいる四畳半のアパートには鍵がない。

488 :ほんわか名無しさん:2005/12/18(日) 13:46:48 0
ずっと前に壊れてそのままになっている。

489 :ピギー:2005/12/18(日) 15:31:32 O
終わり?

490 :ほんわか名無しさん:2005/12/18(日) 18:29:22 0
誰かまとめサイトを作ってそこにいい話を投稿するスタイルにしたほうがいいんじゃないか。
2chだと少なからず荒らされる危険がある。

491 :ピギー:2005/12/18(日) 21:37:50 O
このスレは荒らされません(゚∀゚)キッパリ

492 :セブンスター:2005/12/18(日) 21:47:49 O
俺は自他共に認める真面目くんだ。
…と言うより頭が固いと言ったほうが正しい。
そんな俺の友達との話
その子(以後A)とは仲がいい、性格は穏やかなやつ。そして根は真面目
よく、つるんで遊んだり勉強したりした。
ある期末考査が近づいた日Aの家で
勉強することになった。Aは一人っ子で
中学のとき父を亡くしていたから、母が夜まで働いていた。
だから、遅く迄いても気兼ねなかった。
いつものようにAの部屋に行き勉強をしようとした。
するとAは「麦茶持ってくるね。」と言い出ていった。

493 :セブンスター:2005/12/18(日) 21:49:40 O
『相変わらず気のきく奴』と思いふと部屋をみてた。
すると、Aの性格上ありえないものがあった。
…タバコ、
当時、高一だったから無論、違法。
しかも俺は頭カチカチの男だから許せなかった
俺は麦茶持ってきたAに怒鳴るのを堪えながら言った。
「おまえ、タバコなんてやってたんだな…。」
Aが慌てて弁解してこようとしたが
俺は聞く耳持たずで続けた
「まさか、お前が【表向きは、いい子ちゃんで
実は影でタバコふかしてます。】
みたいな奴だったとはね。」
オモッキリ皮肉っぽく言ってやった。
Aは泣きそうだった。

494 :セブンスター:2005/12/18(日) 21:51:43 O
そんなAを気にしないで帰る身仕度をして最後に
「お前とは一生付き合っていきたいと思っていたんだけどな…。」
と言って出ようとした、そしたらAが「ちょ、僕の話も…」
と言いながら掴んできた、そこでブチギレてしまった
ふりはらいながら、オモッキリ怒鳴った。「タバコ吸ってるヤローの
言い訳なんざ聞きたくねーんだよ!!」
…その後もがんがん怒鳴ったはずなんだが
頭に完璧血が上っていたのでなんていったか覚えてない。スマン
とにかく、Aが煙草を吸っているのが許せなかった。
一番信頼していたAだからこそ許せなかった。

495 :セブンスター:2005/12/18(日) 21:53:18 O
家に帰って何時間かするとAから電話が来た
無論シカトした。何回も何回も来たので
ウザイから着信拒否にした、Aとの関係もこれっきりに
しようとしたからメアドも消した。メール拒否の
仕方わからんかったから消すだけだった
【後から、メール拒否しなくて本当にヨカッタと思うことになるのだが…】
…一通のメール来た。登録している奴なら名前でる
けどでない、そして見覚えあるアドレス、Aだった。
メール確認は否応無しに本文が見えてしまう
だから、しょうがないから見ることにした

496 :セブンスター:2005/12/18(日) 21:54:51 O
【以下Aのメールの内容(今でも大事に保存している、それのコピー&パソ用に修正)】
僕は、○○に一度も嘘はついたことはないよ。
だから僕を信じてほしいよ。
僕のお父さん中学の時死んだ事○○に話したことあるよね?
お父さん結構ヘビースモーカーで、
(それが原因で心筋梗塞で死んじゃったんだけど…。)
僕が幼い頃からいつもあの種類の煙草吸ってたんだよ。
だから僕のなかではお父さんの
匂い=煙草の匂いって感じがあったんだよ。
ぼく、まだ死んで二年ぐらいだから
かもしれないけどにお父さんが
すごく恋しくなるときがあるんだ。

497 :セブンスター:2005/12/18(日) 21:56:33 O
そんなとき、香みたいにあの煙草に火を付けるんだ
そしたら、お父さんの匂いがしてくるんだ
まるで、お父さんがまだ生きてて一緒に暮らしている気がするんだよ。
そしたら、少し寂しいの紛れるんだ。
昨日もお母さん仕事で遅くなってずっと一人だったから
お父さんのことふと考え、寂しくなっちゃって煙草に火を付けたんだ。
いつもならお母さんに、心配かけたくないから
煙草隠していたんだけど昨日しまい忘れたんだよ。
…で○○に見つかっちゃった。


498 :セブンスター:2005/12/18(日) 21:58:09 O
○○真面目だから、持ってるだけで
ダメっていうかもしれないけど、吸っているという誤解だけは晴らしたかったんだよ。
こんなことで○○と仲悪くなるなんていやだよ
…俺は恥ずかしかった。勝手にAが吸っていると
決め付け、Aの話を聞かずに責め立てた自分が。

499 :セブンスター:2005/12/18(日) 21:59:49 O
俺は走ってAの家に行き
泣きながら生まれて初めて土下座して謝った
Aは「いいんだよ、いいんだよ」と言ってくれた。
Aも泣いていた。

……社会人になった今もAとの交流は続いている。
一生続くだろう。
…けど、携帯は代わってもあの日のAのメールを
写し書きして新しい携帯に入れているのは
俺とこの文を見た人だけの秘密だ

500 :ほんわか名無しさん:2005/12/18(日) 22:02:40 0
まじで涙が出るほどいい話だ。

501 :ほんわか名無しさん:2005/12/18(日) 22:02:49 O
お前もA君もいい奴だ〜。

最近いい話のクオリティが高くなってるな。

502 :ほんわか名無しさん:2005/12/18(日) 22:04:11 0
泣いてしまいそうだ…いい話だな。これからも友達大事にしてくれよ。

503 :ほんわか名無しさん:2005/12/18(日) 22:04:27 0
確かに。

504 :セブンスター:2005/12/18(日) 22:26:45 O
100人の友達より1人の親友を作ってくれ。
Aが煙草を持つのは法律的にはダメだったと
思うが理由を知った俺は非難できなかった
Aは今、一年に一回、父の命日だけ
煙草の煙をたくといっている。もちろん「セブンスター」を。

505 :ピギー:2005/12/18(日) 23:09:04 O
もまい偉いよ。
煙草吸ってると知って許せなかったもまいも理由を知って土下座したもまいも偉すぎる。
一曲作りたい気分だぞ
ヽ(`д´)/ウワァァン

506 :みかん:2005/12/18(日) 23:22:30 0
ほんとにいい話ですね…。
「100人の友達より1人の親友を作ってくれ。」
って言葉がすごく心に沁みました…。
セブンスターさんありがとう!

507 :ほんわか名無しさん:2005/12/19(月) 00:18:57 0
俺・・・自分の人生なんか軽く思えてしまいましたよ。
親友て、俺にもいるのかなァ・・・?

508 :ピギー:2005/12/19(月) 00:36:17 O
>>507
漏れでよければいつでもなろう(´∀`)

509 :ほんわか名無しさん:2005/12/19(月) 00:44:15 O
親友と友達の違いって何か分からん…
心友が良いな。

510 :>>509今イイ事言た!б(゚∀゚)б:2005/12/19(月) 01:24:00 O
今イイ事言たб(゚∀゚)б

511 :ピギー:2005/12/19(月) 01:25:37 O
>>509
今イイ事言た!!б(゚∀゚)б

512 :ピギー:2005/12/19(月) 01:27:19 O
>>510
間違えて名前欄に本文書いてもた!(´д`)

513 :ぽち ◆Fb4PhAII/U :2005/12/19(月) 05:25:47 O
12月19日 4:32

外は辺り一面の雪。
まだ辺りは暗い。

外の空気は冷たく張り詰め、痛みさえも感じる今朝、じいちゃんがあの世へ逝った。

最後はまるで外界の雪に体温を奪われるかのように静かに息を引き取った。

過去の幸せな思い出をゆっくり思い出すように静かに。

臨終の告知が下されたときのその顔はかすかにほほ笑みを浮かべたような表情に見えた。


じいちゃん、あっちでも幸せのつづきを・・・。

514 :ほんわか名無しさん:2005/12/19(月) 05:35:08 O
>>513
お疲れ様です。
どうか安らかにお眠り下さい。

良いお爺さまだったようですね^^
きっと、あちらでも幸せに過ごせますよ。

貴方にも、この先幸せがたくさん訪れますように。

515 :ほんわか名無しさん:2005/12/19(月) 05:55:34 O
_-=ニv三ニヽ
 /イ////ミ\トト\
`/イイ//// \ヽトトト
{=イ//   \三トト
トイ三/ニミ ∠ニ \ト}
\L┌─-ュ_r-─┐」リ/
f|丶 ゚"ハ 丶"゚ノ|T
ト|  ̄ |   ̄ |ノ
`||  (!__!  ||
 ‖ _/_ _ヽ_ lリ
  \    ̄  /
   ` ー――´
________
  /     ヽ
 /       \
`/        i
|   ノノ__ノノ|_ノ|_)
|  |/ --  "ー |/
|  ノ -ー くー レ
`\ ) ´゚ r"__>、ヽ
 ヽ」  )-=-ァ" i
  ヽ n ``二´ 丿
  /n||nnー----"ヽ
  /(1_ノ。ァィコ。|
 |/ |\゚。。。。
姉歯と愛子の共演

516 :ほんわか名無しさん:2005/12/19(月) 07:26:30 O
いい話=不幸自慢と勘違いしている奴が
いる件について。

517 :ぽち ◆Fb4PhAII/U :2005/12/19(月) 11:14:11 O
>>516
別に不幸が自慢したかったのではなかったのですが・・・。


私は、じいちゃんがあまりにも穏やかで、眠るように安らかに息を引き取ったので、じいちゃんの人生は幸せだったんだなと思ったんです。

だから、悲しいとか泣いたとか言ってないでしょ?

私のじいちゃんが亡くなったのなんか他人には悲しくないことくらい知ってます。

ただ、死を安らかに迎えることができたじいちゃんがあの世でも(あの世があるならば)同じく幸せに暮らして欲しい気持ちはこもっていました。

だから最後も
『じいちゃん、あっちでも幸せのつづきを・・・。』で、閉じました。


こんな想いは広告の裏にでも書けば良かったですかね。


マジレス長文すみません。
では、ばたばたしていますんで失礼します。

518 :ほんわか名無しさん:2005/12/19(月) 11:33:26 0
つらいだろうが頑張れ!
>>516みたいなゴミカスは気にするな!

519 :ほんわか名無しさん:2005/12/19(月) 11:40:12 O
>>517
アンタに言ったんではなかったんだが…。

520 :ほんわか名無しさん:2005/12/19(月) 11:43:23 O
>>518
自分が気にくわないと
すぐ罵るアンタも人間的にどーかと思うが

521 :ほんわか名無しさん:2005/12/19(月) 11:59:20 O
まぁいいじゃないか。ひとそれぞれ感じ方はあるよ。
だからケンカはやめようよ。





ここはほの板なんだから。

522 :ほんわか名無しさん:2005/12/19(月) 12:11:37 O
>>521
すまんかった、ゴミカスって言われて大人げなく
少しカチンとしてしまった。
反省している

523 :ほんわか名無しさん:2005/12/19(月) 12:28:08 O
>>522
521だけど俺は誰のことも責めてないよ^^

仲良くやろう。

524 :ほんわか名無しさん:2005/12/19(月) 14:18:02 0
クオリティ高くないけれども、少し書いても良いですか?

525 :ほんわか名無しさん:2005/12/19(月) 14:39:19 0
>>508
ありがとう。うれしいよ

526 :ほんわか名無しさん:2005/12/19(月) 14:46:36 O
誰にも遠慮はいらないんじゃない?

527 :ほんわか名無しさん:2005/12/19(月) 14:59:16 O
↑ここんとこの流れが心に来た。泣きそう

528 :ほんわか名無しさん:2005/12/19(月) 15:11:10 0
兄が中学1年生の時病気になりました。
10万人に1人がなる、結構な難病だったそうで…兄は入院しました。
当時私は6歳だったのであまり詳しい事は覚えていません。
でも、兄が入院してしまってとても寂しかったことを覚えています。

最初は風邪のような症状で、それがどんどんひどくなっていき…
母はどうしても心配になり兄を病院に連れて行きました。
当時は結構な難病だったそうで、病院をたらい回しにされたそうです。
そこでやっと大きい病院に辿り着き、ある病気だと診断されました。

親は「結構進行しているから…もしかしたら死んでしまうかもしれない」と
医者に言われたそうです。
私は6歳で勿論そんなことは理解できませんので、
何故兄が家を出てしまうのかが理解できずずっと泣いていました。

529 :ほんわか名無しさん:2005/12/19(月) 21:20:40 O
あげ

530 :ほんわか名無しさん:2005/12/19(月) 21:26:27 0
ここ数ヶ月間、人間不信(特に女性不信)で苦しんでました。
でも、ここを読んで少しだけ心が温かくなりました。
心の優しい人って、やっぱりいるんじゃんって。
ありがとう。少しだけ心が軽くなりました。

531 :♪kouちゃんDS♪  ◆Es/Cupid.. :2005/12/19(月) 21:26:32 0
オレが好きな子とうまくいかなくて泣いた日、2ちゃんで弱音を吐いた。
そしたらこんなレスがキタ。「笑ってるときはハッハッハって笑うから8×8で、泣いてるときはシクシクって泣くから4×9。
両方を足すと64+36で100。
人生を100とすると、笑ってるほうが多い!!」って。
ソレを見てまたないちゃった。

532 :ほんわか名無しさん:2005/12/19(月) 21:46:41 O
なるほど。

533 :ほんわか名無しさん:2005/12/19(月) 22:05:23 O
>>531
( ・∀・)つ〃∩ヘェーヘェーヘェー
良いこと聞いた(・∀・)♪

534 :みかん:2005/12/19(月) 22:58:15 0
>>531
いい言葉だねぇ〜(´∀`)


535 :ほんわか名無しさん:2005/12/19(月) 23:01:46 0
さっきから、ぐっと堪えつつ読んでるよ・・・
噛んでる下唇がパンパンだ。

ついでに、あたしもひとつ。
泣けるっていうか、ちょっと照れくさいけど嬉しかった話。

あたし、中学校のときにちょっといじめられてて、
「学校に行きたくない」って親に泣きついたのさ。

泣きながら親に、学校でされてる嫌がらせについて話してたときに、父親が

「どんなに周りが敵ばかりになっても、お父さんもお母さんもMちゃん(妹)も絶対味方なんだから。
嫌がらせするやつがいるんだったらぶっ飛ばしてやる!」

って励ましてくれました。

そのおかげで学校での嫌なことも耐えられるようになったし(本当にぶっ飛ばしに来られたら困るし)、
学校に通い続けて楽しいできごとも体験できて、今や学校好きになったよ。

ゴメン、涙でるほどいい話じゃないね。
そのときは、涙出るほど嬉しかったんだ。

536 :ほんわか名無しさん:2005/12/19(月) 23:19:28 O
現時点でみんなが一番いいと思う話は何?

537 :ほんわか名無しさん:2005/12/19(月) 23:33:48 0
他人から見て良い話かどうか分からんが、じいちゃんの最後の3ヶ月前くらいのことを書いてみる。

俺のじいちゃんは脳梗塞だった。そのうち痴呆も発症してしまった。
詳しいことは知らないが、痴呆には手足の運動が効果的だそうだ。
けどじいちゃんは運動嫌い。ずっとベットに寝たきりだった。
いつもの見舞いの去り際に、俺は何の気なしに言った。
「なあじいちゃん。昔は竹とんぼとか凧作るのが得意だったらしいじゃんか。治ったら教えてな。ちゃんと先生の言うこと聞いて運動すれば治るんだから。」
その後俺は最後の日まで見舞いに行けなかった。

お通夜で叔父から聞いた話。
叔父が見舞いに行くと、じいちゃんが握力を鍛える器具で一生懸命運動していた。
どうしたんだと聞くと
「良くなって○○(俺の名前)に色々教えてやるんだ。」
と、いつになくハッキリと答えたそうだ。

なんかまとまんなくてスマソ。

538 :みかん:2005/12/20(火) 00:49:47 0
>>537なんかすごくいい話・・・!!


539 :ほんわか名無しさん:2005/12/20(火) 02:25:15 0
>>490
じゃあ頼む
>>492
タバコがあったぐらいでキレるなんて最低だな。
しかもあんまり反省してないだろ

540 :ほんわか名無しさん:2005/12/20(火) 05:14:27 O
ちょっと
空気嫁が通りますよ
   _
  /,ァ、\
  ( ノo o) )
  ) ヽ◎/( ヒタヒタ
 (/(・)(・)\
 (/| x |\)
   ( ヽノ
   ノ>ノ
。。しU


541 :和心 ◆yncm3PNMtA :2005/12/20(火) 05:22:49 O
ここ進んだね〜
>>1
最近おみかけしませぬなぁ

542 :ほんわか名無しさん:2005/12/20(火) 06:45:15 O
>>539
痛いな…。見てるこっちが恥ずかしい

543 :ほんわか名無しさん:2005/12/20(火) 11:37:47 O
始めてきました。
良い話ばかりですね。うるうるしました。

544 :ほんわか名無しさん:2005/12/20(火) 12:44:54 O
空気嫁ョwwww

545 :ほんわか名無しさん:2005/12/20(火) 15:14:14 O
富山は雪がやばい

546 :ほんわか名無しさん:2005/12/20(火) 19:48:51 O
いいかみんな
   (゚Д゚ )
   (| y |)
 
売り場というのは
 金を払って
 物を買う場所だ。
   ( ゚Д゚) uriba
   (\/\/
 
逆らうとこうなるぞ。
abiru (゚Д゚ )
   \/\/)
 
 
よいこは真似すんなよ
    (゚Д゚;)
    (| y |)
 


547 :ほんわか名無しさん:2005/12/21(水) 00:16:49 O
なんかない?

548 :ほんわか名無しさん:2005/12/21(水) 00:50:48 O
かなり前の話でもいい?

549 :ほんわか名無しさん:2005/12/21(水) 04:07:24 O
人に伺いをたてることはない。
ガンガン逝こうぜ

550 :ほんわか名無しさん:2005/12/21(水) 10:36:57 0
用事でしばらく来れませんでした…今更ですが>>528の続きを。

兄はどんどん病状が進行していきました。
母は「まだ小さい子がいるので付き添いは少し…難しいです」と
医者にいったところ、えらく怒られたそうなので
これは難しい病気なんだ…と悟り兄に付き添いました。
兄が病気だということもまだ理解できていなかった私は
母と兄が同時に家からいなくなってしまい本当に淋しかったです。

毎週、週末には家に帰ってくることが出来ていたのですが、
小さい時からの筋金入りのお兄ちゃん子だった私は本当に泣いたそうです。
「私もお兄ちゃんと同じところに行く、お兄ちゃん行っちゃやだ」と
ずっと駄々をこねて、病院でもずっと泣いていたそうです。
その姿を見て兄も泣きそうになったとか何とか…

551 :ほんわか名無しさん:2005/12/21(水) 10:52:37 0
今、兄の部屋を見るとたくさんの千羽鶴があります…
色々な人の厚意と医学のおかげで兄は助かりました。
今兄は大学生になりました。後遺症もなく、元気に過ごしています。
あの頃は本当に淋しかったけれど、何とか治ってよかったです。
たまに喧嘩をする時もあってうっとうしいと感じる事がありますが…
喧嘩できるぐらい元気になった事を本当に嬉しく思っています。

ってこれ私しか泣けない話ですね。すいませんでした。

552 :ほんわか名無しさん:2005/12/21(水) 10:56:43 0
いい話だったよ。ありがとう。

553 :1 ◆zBvvMGYmRg :2005/12/21(水) 11:12:20 0
いやこの話で泣けるのはアンタだけじゃない。

今日はまた話を書き込めそうです。

ちょっと今から出かけてきます。

554 :1 ◆zBvvMGYmRg :2005/12/21(水) 22:40:01 0
では書かせてもらいます。
クオリティー低くても怒んないでください(笑)

555 :ピギー:2005/12/21(水) 23:21:20 O
ドウゾ〜

556 :1 ◆zBvvMGYmRg :2005/12/21(水) 23:24:42 0
すいませんやっぱり明日書かせてもらいます。

557 :ほんわか名無しさん:2005/12/21(水) 23:26:02 0
ガクッ
だけど待ってるからな。

558 :ほんわか名無しさん:2005/12/22(木) 03:34:24 0
俺の兄貴は先天的な知的障害者だ
その影響か、母親も頭のネジが一本足らないような人間で
親父は寝るために家に帰ってくるような人
兄以外兄弟も無く、今思えば愛とゆうモノに飢えてたんだろうな、
軽いイジメも受けてたし、高校の時には鬱にもなったしエロゲーにもはまった
ひきこもりルートまっしぐら
図書室でオタたちとオタな話をしてるのが高校最後の夏
(いわゆる腐女子も含む)
こんな俺なんか誰も愛してくれない誰も見てくれないそう思ってた
でも、違った。
「OO(俺)じゃ無きゃ駄目。」
そんなクソみたいな人生を送ってきた俺なのに、そんな事も言ってくれた
生まれて初めて心の底から泣けた
戸惑いながらも受け止めてくれた
それが嬉しくて、また泣けてしまった



559 :ほんわか名無しさん:2005/12/22(木) 03:37:19 0
月日は流れ桜散る頃
俺は都会へ、彼女は地元で就職
バイクで五時間くらいなのでバイクの免許を取った
早速逢いに行ったら彼女は変わっていた
社会に出るとはこうゆう事なのかと

でも、彼女からはいろんなモノを貰った
人を愛する幸せ。
人に愛される幸せ。
そして、バイクでいろんな景色を見る事の面白さ。

今、いろんな所へ旅に出ています。
旅先で、いろんな笑顔に出会ってます。
隣に居てくれる人は居なくなってしまったけど、時々思い出しています。
それくらい、いいですよね?w

駄文スマソ
涙が出るほどいい話では無いようなキガス・・・

560 :ほんわか名無しさん:2005/12/22(木) 09:03:28 O
自分の殻にひきこもらず、それをきっかけに外の世界へ飛び出すなんてなかなかできないことだよ。
君は気付かないだろうけど、本当はとても強い人間なんだよ。
そう思う。

561 :ほんわか名無しさん:2005/12/22(木) 09:13:57 0
clairvoyance.hp.infoseek.co.jp/nc_catastrophe.html
この話にはホント泣けました

562 :ピギー:2005/12/22(木) 11:57:38 O
>>559
あなたは彼女に感謝しなくてはいけない。
ヲタクの道から救い出してくれたことにではない、あなたが自分の在るべき姿を見つける手伝いをしてくれたことに対してだ。
ヲタクなあなたでも、彼女はあなたを好きだと言ってくれた。
そこからあなたはいまの素敵な旅人になった。
自分がこれだ!とか言う時は照れちまったり、卑屈になっちまったりするもんだけど、あなたと彼女は今在る自分を真正面から受けとめた。今自分がここにいるということが一番大事なこと、must beだと気付いた。
そんなあなたを深く私は尊敬し、そんなあなたをが素晴らしい人に出会えた事に、涙を流す。
世界中どこでも好きなところに行ってらっしゃい。
ちょっと、つうかかなり臭いな…
イイ話をアリガトウ。

563 :ほんわか名無しさん:2005/12/22(木) 18:54:18 O
>>562
おぉぉ〜!
いいこと言うなぁ!
君の意見に1票!

564 :ほんわか名無しさん:2005/12/22(木) 22:30:12 O
  !       i              |
    i     |
  i      |
    |    |
今の君に足りないものは
`|    |     i
  ||   i   |
 |  |i 優しさかも…
  | |i  | |
 | | i      |
  | | | |   |
 ______/ |  i
  \_、   \  ||
   `‐-、._ \  i
 ∧∧  / `-、\ |
(*´・ω・)/ ∧∧  ̄|
/  o〆 (・ω・ ) ; |
しー-J   uu_)〜

565 :ほんわか名無しさん:2005/12/22(木) 22:57:36 0
ヲタ話ができる友達がいるなんて幸せだと思う。
いつも孤独。わかりあえる友達、時間、場所。その友達にしかわらないこともある、
その友達がいなくなる寂しさ、もう二度と、二人にしかつっこめないボケ、ひとりでボケて自分で
つっこむ、孤独。

ああ電波だね、アルミほいるほしいね、
スマス

566 :ほんわか名無しさん:2005/12/22(木) 23:26:54 0
スレ違いになるんだろうけど、>>564がいう優しさを・・・思い出して・・・

ある夏の初め頃のこと、四・五歳のおんなのこが庭に出て言った。
 「ママ、お花が喉かわいたーって言ってるよ。お水飲ませてあげなきゃ。」
おんなのこは、おもちゃのジョロで庭の花々に水をやった。
 「ママ、お花さんがお水おいしーってゴクゴク飲んでる。」
 「お花さんがね、ありがとーっていってる。よかったね。」

ある台風のきた夏の午後のこと、おんなのこは窓から庭を見て叫んだ。
 「ママ!ママ!おさかなさんが泳いでる!」
おんなのこには、庭の木々の葉が強風で煽られ揺れる様が、
魚が泳いでいるように思えた。
 
いつのまにか、両手いっぱいに掬った水が無くなってしまうように
気付かないうちに失った・・・大切なもの・・・

567 :ほんわか名無しさん:2005/12/23(金) 19:31:59 0
スレ違いかもしれませんが、私の話をします

私自分に自信がなかったんです。誰よりも自分が下で
人よりうまくできるものはないと思って、いつも劣等感むき出しでした。
ずっと得意なものを探してたんです、
勉強はどうだ?いや○○ちゃんのほうがいい点数をいっぱいとってる。
運動・・・? いやいや跳び箱6段も飛べずに何を言う。
歌? ううん駄目だ、××さんにはかなわない。
絵はどうだ? いや・・・あいつやあいつの方がもっとうまい。

だんだん得意の定義がわからなくなって、
人より優れてるもの=得意なもの、に、なってしまい
余計に劣等感の嵐に巻き込まれてしまって、
すっかり自信がなくなってしまいました。

568 :ほんわか名無しさん:2005/12/23(金) 19:41:05 0
で、得意な物は見つかったのかい?

569 :ほんわか名無しさん:2005/12/23(金) 19:54:56 0
それから、ある掲示板に相談を持ちかけてみた、
どういうものが得意というものなのか、一番でなくてもいいのかな?

答えはとてもあっさりしたもので、

「お前らしく逝きろ!!」

「一番はめんどくさいぞ。」

と、なんていうのでしょう、肩の荷が下りたような気がしました。
その後、じゃぁ、どういうものが得意というものなのかな?って考えてみました
答えは出ました。人と比べるのでなく、自分の中で比べて一番できることが
得意なことなのだと、私はそう答えを出しました。

人によっては、少し違うかも知れませんが、私の答えはそうです。

長文すいませんでした。  では




570 :ほんわか名無しさん:2005/12/24(土) 18:05:09 O
。 。o  。。 o 。 ☆。o
。o 。o。 。。 。w 。
 。。 o 。 。。 从v ゚
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|从tV 。
|今日すげえ暇|从*从。
|_へ_____|リ从*w゚
oノ)==ヽ‖。o w从*∵从
。(iдi)‖ 。o。_|;|_
。/ づΦ。o 。┝┰|┨

。 。o  。。 o 。 ☆。o
。o 。o。 。。 。w 。
 。。 o 。 。。 从v ゚
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|从tV 。
|今年も一人だ|从*从。
|_へ_____|リ从*w゚
oノ)==ヽ‖。o w从*∵从
。(iдi)‖ 。o。_|;|_
。/ づΦ。o 。┝┰|┨

571 :ほんわか名無しさん:2005/12/24(土) 18:05:31 0
  _   ∩
( ゚∀゚)彡 FUCK SANTA! FUCK SANTA!
 ⊂彡


〜アンチ・クリスマス・レス〜
これをコピペしてクリスマスムードに対抗しましょう。
「FUCK SANTA」の掛け声で手を振ればあなたも同士!
素晴らしい年越しが出来ること間違いなしです。


572 :ほんわか名無しさん:2005/12/24(土) 18:05:46 0
  _   ∩
( ゚∀゚)彡 FUCK SANTA! FUCK SANTA!
 ⊂彡


〜アンチ・クリスマス・レス〜
これをコピペしてクリスマスムードに対抗しましょう。
「FUCK SANTA」の掛け声で手を振ればあなたも同士!
素晴らしい年越しが出来ること間違いなしです。


573 :ヒロト ◆zBvvMGYmRg :2005/12/24(土) 23:18:09 0
  o   。         ______o  O   。    。 °
 。 ○  o    ○   /  ィ     ○  o    ○
        o      /ニニニ)⌒ヽ        o
    o         (・∀・ )__ )<おまいらに素敵なプレゼントあげるからな♪
  ○   。  ○  /○  ○) /|,. o       O  o
。  o    o   ∠∠______∠_/ /     ○
      o    .|/     |_/  ○   。  o  O 。
 o  O     / ̄ ̄ ̄/ ̄   o    。
      。  ノ      /    o         O
 o   o   y y_ノ)  y y__ノ)    。   o      ○
   o   (゚Д゚ )  (゚Д゚ ) つ  o   °      o   。
 。   o ∪-∪'"~ ∪-∪'"~  。  。 o   °o 。
     __  _ 。    __   _  o  o__       _ °
  __ .|ロロ|/  \ ____..|ロロ|/  \ __ |ロロ| __. /  \
_|田|_|ロロ|_| ロロ|_|田|.|ロロ|_| ロロ|_|田|.|ロロ|_|田|._| ロロ|_

574 :ほんわか名無しさん:2005/12/24(土) 23:50:03 0
最高のプレゼントありがとう

575 :ほんわか名無しさん:2005/12/25(日) 16:30:16 0
涙が出るほどってわけではないけど、
自分が感動して、思い出してもちょっとだけ胸が熱くなる話。

1/2

昨日、バスに乗った。
席は埋まってて、私も含めて何人かが立ってた。
子ども会か何かの小学生、低学年から高学年まであわせて10人くらいが途中から乗ってきて、
高学年の子は低学年の子を座らせて立ってた。
そのバスは、左側の一部が横座りのロングシートになってて、
そこに座ってた、70歳くらいのじいさんが、
80から90歳くらいのばあさんが乗ってきたのを見た瞬間に
「どうぞ」と言って席を譲った。
もし自分がそのじいさんだったら、周りの人が誰も譲らなかったら
しょうがねぇなって譲ってたなって思うけど、
そのじいさんは何の躊躇もなく、メッチャかっこええと思った。
見た目はフツーの頑固そうなじいさんだったけど、
背筋がピシッと伸びてシブかった。
自分も年寄りでも、目上の人は敬う。
そういうことがフツーに身についていて、
フツーに実践できるえらいお年寄りだと思いますた。


576 :ほんわか名無しさん:2005/12/25(日) 16:31:10 0
2/2

しばらくして、今度は80歳くらいかなぁ、ばあさんが、
後乗りのバスに前から乗ろうとして運転手さんにマイクで
「すみません、後ろから乗ってください」と言われて、
足が悪いらしく、ゆっくりと後ろから乗ってきたとき。

座っていた小学校低学年の子らが何人かいっせいに立ち上がって、
ばあさんに席を譲ろうとしたの。

立っていた高学年の子に「譲ってあげなよ」とか言われたんじゃなくて、
自発的に。

これは絶対、さっきのじいさんを見習ったんだと。
バスや電車で席を譲るときって、タイミングとか難しいけど、
子どもたちもじいさんの態度に感動して、尊敬の念を抱いて、
席を譲るテクニックやタイミングを会得し、
さらにすぐに実行に移せる・・・
そんな子どもたちの素直さというか、純粋さに・・・
オバチャンは感動して、食いかけの明治ガルボをふるまいたくなったよ。

ばあさんは恐縮しながらお礼を言って座りました。
譲った女の子はお礼を言われてすごくくすぐったいような、
かわいい笑顔をこぼしていました。
子どもたちはその後、席が空いていても座らずに、
自分たちが降りるまでずっと立ってました。

じいさん、子どもたち、ありがとう。
私も子どもたちに尊敬されるような、
立派な年寄りになりたいです。


577 :ほんわか名無しさん:2005/12/25(日) 17:32:30 O
さりげない気遣いってなかなかできないもんだよね。

いい場面に出会えたね。

578 :ほんわか名無しさん:2005/12/25(日) 18:44:53 O
小学生位はまだ素直でいいな
高校生ぐらいになると図々しくなるよな

579 :ほんわか名無しさん:2005/12/26(月) 20:21:54 0
良スレage

580 :ほんわか名無しさん:2005/12/27(火) 23:26:33 0
age

581 :ほんわか名無しさん:2005/12/29(木) 23:25:30 O
年末になるといい話が聞きたくなる。

582 :ほんわか名無しさん:2005/12/30(金) 00:36:08 O
明日書くわ

583 ::2005/12/30(金) 00:59:06 O
文書くの下手っぴですが…
良ければ今から書かせてください 寝ちまったらスミマセン

584 ::2005/12/30(金) 01:03:50 O
私は知っている人が亡くなってしまう事を初めて経験したのは小6の秋でした

私の家から歩いて5分のところにおあばちゃんの家がありました よく遊びに行ったりしていました
そのおばあちゃんがある日胃癌だということが分かりおばあちゃんは入院してしまいました
おばあちゃんはあまり良くなりませんでしたが手術には成功しました
私は今まで通りの元気なおばあちゃんに戻るんだなと少し安心しました


585 ::2005/12/30(金) 01:08:41 O

私はたまに家族でおばあちゃんにお見舞いに行っていました 行く度におばあちゃんはすごく喜んでくれて,いつも私と弟にお菓子とおこづかいをくれました
でも私は病院が好きではなかったのでだんだん行く回数が減ってきました

おばあちゃんが入院してから半年くらいたったときおばあちゃんの病状はどんどん悪くなって行きました
私がおばあちゃんに会いに行ったときにはおばあちゃんはもううまく話せませんでした
親戚の人達に何か言ってあげてと言われて私は色々話したあとに
『また来るからね』
と言いました
ちょっとおばあちゃんが笑ってくれた気がしました


586 ::2005/12/30(金) 01:13:00 O
それから1週間か2週間くらいたったある夜私はふと目が覚めました
すると電話がなりました
母が電話に出てその会話の内容で私は何があったのかを悟りました
母は泣きくずれました
でも私はそのとき涙が出ませんでした

その夜 私は夢を見ました
おばあちゃんが出てきました 私は夢の中で『誕生日のおこづかいありがとう』と言っていました

おばあちゃんは私に会いに来てくれたのだなと思いました

お葬式で私は泣きました




587 ::2005/12/30(金) 01:13:47 O


すみません…

悲しくて最後めちゃくちゃでした…
泣けなくて申し訳ないです

588 :ほんわか名無しさん:2005/12/30(金) 01:41:36 O
泣いた

589 :ほんわか名無しさん:2005/12/30(金) 01:43:22 O
そして私が泣きました

590 :ほんわか名無しさん:2005/12/30(金) 02:02:27 0
飾らない文章って、心を打たれるんだよね。
ありがとう。

591 :ほんわか名無しさん:2005/12/30(金) 15:50:45 O
揚げ

592 :ほんわか名無しさん:2005/12/30(金) 17:03:12 O
泣ける話かは判らない上に駄文ですが……私の話をします。

私、人間不信だったんです。どうしても人間ってものが信じられなくて…。でも、信じてみたいとは思ってて。
で、そのことを親友(以下A)にメールしたんです。
そうしたら、Aが、

「人を信じるって難しいよね。裏切られたら辛いし。でも、私は、○○を裏切らない。これだけは、絶対。だから、○○が信じてみたいって思うなら、信じることに挑戦してみたらいいんじゃないかな。もしそれで裏切られても、私がいるから。」


って、言ってくれて。
それで、今は、人間不信は回復傾向にあります。完全に治ったわけではないのですが……。
でも、Aがいれば、私はまだ人を信じられると思います。

593 :ほんわか名無しさん:2005/12/30(金) 18:03:41 O
信じれるほうにむかってるならええやないか

594 :ママ:2005/12/30(金) 18:33:03 O
私が過去に欝病で苦しみ人に会う事も外出もできなくなり毎日閉じこもり泣いていたある日…
中学一年だった娘が
「ママ!GLAYのライブ一緒に行こう!きっと元気になるから」そう言ってくれた娘。でも私は当時ガリガリに痩せて目付きもウツロで一緒に行ったら娘が恥をかくと思い行けませんでした。

595 :ママ:2005/12/30(金) 18:36:45 O
でも娘の優しい気持ちを無駄にしてはいけないと思い、そして娘の気持ちが嬉しくて…
なんとかそれからは回復に向かいました、ライブにも今は一緒に行ってます、娘は今年二十歳になりました世界一幸せになりますように!

596 :ほんわか名無しさん:2005/12/30(金) 18:40:58 0
いいお嬢さんじゃないですか。
いつか、子どもに支えられるものですね。

597 :1 ◆zBvvMGYmRg :2005/12/30(金) 21:04:07 O
>>1です。久しぶりです。

今、新潟の実家に帰ってるんですが、ちょっといい話として書けることがあったんで東京に帰ってきたら書きます。
みなさん相変わらず話の投稿ありがとうございます。

年末は忙しすぎて自分がレス出来ないのが悲しいですがもうちょっとしたらレス出来るようになると思うのでこれからもこのスレをよろしくお願いします。

598 :ピギー:2005/12/31(土) 01:17:57 O
>>597
楽しみだぞ(゚∀゚)/
ホント最近書き込んでくれてる人ってイイ体験してるよね。
そういう感動できる体験ってのはお互い大事にしなきゃね。

599 :ほんわか名無しさん:2005/12/31(土) 10:33:03 O
>>598に同意

600 :ほんわか名無しさん:2005/12/31(土) 10:37:00 O
600ゲトーッ☆ィヨッシャー!!
  _, ,_
(;´Д`)
./ヽ_ァ/ヽ_ァ
`)  )

601 :ほんわか名無しさん:2006/01/01(日) 20:04:19 O
良スレage

602 : 【末吉】 お年玉は 【896円】 :2006/01/01(日) 20:05:45 O
でるか

603 :ほんわか名無しさん:2006/01/02(月) 03:27:52 0
ここのスレって元はどこの板にあったんだっけ?

604 :(´△`)ぽけお ◆2XEvqPokeo :2006/01/02(月) 18:49:13 O
拾ったガラクタで車作るよ
~∧,,∧お金ないからね
( ・ω・)
/つ  о  ∞¢┿⇔∠
しー-J  ●§┏┓煤ロ

車あれば友達できるかな
~∧,,∧
( ・ω・)
/つ● つ╋ ф凵ソ
しー-J 〆〇〓⇔¶г

ダメダ・・・作れそうにない
~∧,,∧
(´・ω・)   〆
/つ  つ¬ 〃〇¶
しー-J  ●⇔∠⊥

こんなのできたよ・・・
~∧,,∧ ┣(・ω・)┫
(´・ω・)  | ̄|
/つ  つ  | |
しー-J  ● ●



605 :(´△`)ぽけお ◆2XEvqPokeo :2006/01/02(月) 18:50:32 O

     トモダチニナロウヨ
~∧,,∧  ┣(・ω・)┫
(´・ω・)   | ̄|
/つ  つ   | |
しー-J   ● ●

いいよ   ヨロシク
~∧,,∧  ┣(・ω・)┫
( ・ω・)   | ̄|
/つ  ο   | |
しー-J   ● ●


606 :ピギー:2006/01/02(月) 22:43:19 O
>>604->>605
全米が泣いた。

607 :ほんわか名無しさん:2006/01/03(火) 06:43:01 O
wwwワロタwww

608 :ほんわか名無しさん:2006/01/03(火) 18:43:39 O
>>606
泣かないでしょWWW

609 :ほんわか名無しさん:2006/01/03(火) 18:45:08 O
>>606-608
43分の奇跡!!

610 :ピギー ◆kgqSL35l1A :2006/01/03(火) 23:41:14 O
>>609
おお!言われてみれば…凄い!今年の初サプライズm9(^д^)プギャー

611 :彼氏いない歴774年:2006/01/03(火) 23:57:04 0
続きがみたいな

612 : ◆2XEvqPokeo :2006/01/04(水) 12:35:31 O
抱きしめて欲しい
っていうか
 抱きしめたい

君の体温で
 すぐに目眩したい
  __、
,ハ"ノノiリノヽ
(ノリノlリハiリ))
!_L!。^-^ノ!
く|つ_\!っ
`く/_|_ゝ
  しiノ
       ∧,,∧
      (・ω・´)
       o oヽ
       し--J



613 : ◆2XEvqPokeo :2006/01/04(水) 12:36:17 O

窓の外は雨
 濡れておいでよ

すぐ逢いたい
 すぐ逢いたい
 すぐ逢いたい

いつまでも待ってる
 ! . ,‘ 、

! ’ !  ゜i・
゜,   ゜   .
 ┌=======┐
i‖ ゜  i  ゛‖
 ‖ ∧,∧ i . ‖
,‖(・ω・`)i    ‖
 └=U=U====┘


┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳
╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋

614 :ほんわか名無しさん:2006/01/04(水) 12:51:10 O
(´・ω・`)ほんわかしたお。

615 :ほんわか名無しさん:2006/01/04(水) 13:18:42 O
昨日の古畑で泣いた。

616 :ほんわか名無しさん:2006/01/04(水) 14:58:21 O
一応あるけど書いていいかな。

617 :ほんわか名無しさん:2006/01/04(水) 14:59:32 O
早くしてくれ!

618 :ほんわか名無しさん:2006/01/04(水) 15:53:31 O
>>321
ゆずのサヨナラバスだろ!

619 :ほんわか名無しさん:2006/01/04(水) 16:43:51 O
今からまとめるからちょっと待ってくれ

620 :ほんわか名無しさん:2006/01/04(水) 22:49:46 O
>>618
レス遅!!www


621 : ◆2XEvqPokeo :2006/01/05(木) 11:50:25 O
チャーハン作るよ!!
.∧,,∧
(;`・ω・) 。・゚・⌒)
/   o━ヽニニフ))
しー-J


豚肉も入れるよ!


.∧,,∧ そ
(;`・ω・) !!
/   o━ヽニニフ
しー-J
     ヘ⌒ヽフ ⌒γ
  .ブヒ(・ω・ )  )
     しー し─J



622 : ◆2XEvqPokeo :2006/01/05(木) 11:51:31 O

.∧,,∧
( ´・ω・)…
/   o━ヽニニフ
しー-J
     ヘ⌒ヽフ ⌒γ
    (・ω・ )  )
     しー し─J




野菜だけでもおいしいね
      ∧,,∧
     (・ω・ )
 / ̄ヽ・゚。・゚/(_, )
./   ̄ ̄ ̄|、_)
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
` ̄|| ̄ ̄|| ̄
ε ⌒ヘ⌒ヽフ ブヒ♪
(  ( ・ω・)
.しー し─Jヽ・゚。・゚/
        ̄ ̄ ̄

623 :ほんわか名無しさん:2006/01/05(木) 12:32:30 0
>>619
ま〜だ〜〜〜ぁ??

624 :ほんわか名無しさん:2006/01/05(木) 12:32:37 O
>>621-622欧米と南米が泣いた

625 :マジでか  ◆BwOlPazz0M :2006/01/05(木) 12:33:01 0
殺っちゃんの話。

626 :ほんわか名無しさん:2006/01/05(木) 12:33:56 O
>>624
欧米かよ! パチーン

627 :ほんわか名無しさん:2006/01/05(木) 12:38:20 O

(・ω・)<欧米かよ!
.∪  ⊃
 ∪∪

628 :マジでか  ◆BwOlPazz0M :2006/01/05(木) 12:41:46 0
誰か
涙が出るほどいい話キボンヌ

629 :ほんわか名無しさん:2006/01/05(木) 15:50:59 O
小学生の頃の話です。
僕には親友が二人いました。一人は元気なわんぱく小僧ともう一人は宇宙人やUFOが見えるという不思議少年でした。

630 :ほんわか名無しさん:2006/01/05(木) 15:54:27 O
二人とも僕に毎日おごってくれていました
━完━

631 :ほんわか名無しさん:2006/01/05(木) 16:11:41 O
いい話だ

632 :ピギー:2006/01/05(木) 22:32:59 O
>>626
タカ&トシ、テラワロスwww
>>629-630
いい話…なのか?
このスレ来るとホントに和むわ。なんかいいヤシらばっかでさ。2ちゃんですさんでいる自分が途方もなく情けなくなって。
決めた!俺はここに住むと今決めた!

633 :ほんわか名無しさん:2006/01/05(木) 22:41:35 O
>>632

キミモ イイヤツ…。
 オレ ワカル。


。__(*・Д・*)_。
| (つ旦と) |
(⌒⌒○⌒○⌒⌒)
 ̄⊥ ̄ ̄ ̄ ̄⊥ ̄

634 :ほんわか名無しさん:2006/01/06(金) 03:21:10 O
良スレage

635 :にゃんこ飯◇:2006/01/06(金) 04:39:37 O
これは私がまだ小学二年生の頃の話です。
父の父の母(つまりひぃお婆ちゃん)が何故か好きになれませんでした

しかしひぃお婆ちゃんはひぃ孫の私を可愛がってくれていつもお小遣いをくれていました。

私はお小遣いをくれるときとにゃんこ飯(味噌汁とご飯を混ぜた物)を作ってくれるときだけひぃお婆ちゃんになついていました

普段は毛嫌いして逃げたりしているのに本当、最低ですよね…

そしてある朝母に起こされて、今日は学校をおやすみしなさいと言われました。小さかった私は単純に学校を休めると喜んでいました。

父の実家へ行くといつも出てくるはずのひぃお婆ちゃんが出てきませんでした

幼い私でもわかったようにみんなの様子がおかしかったんです。

そしてなぜかひぃお婆ちゃんの部屋に連れて行かれて私が見たのは自家用の点滴と機械を沢山付けたひぃお婆ちゃんの姿でした

636 :にゃんこ飯◇:2006/01/06(金) 05:00:35 O
もうひぃお婆ちゃんは疲れちゃったからお休みするんだよっと父に言われました。

会えなくなるけどずっと守ってくれるんだよと言われたときそれまでひぃお婆ちゃんにしてきたちょっとした意地悪や悪戯を思い出してしまい、泣かずにはいられませんでした

私はひぃお婆ちゃんに駆け寄り必死に謝りました。

ごめんなさいとありがとうを伝えて泣き崩れました。

ひぃお婆ちゃんが息を引き取ったとき、もう意識がないはずのひぃお婆ちゃんの目から涙が流れていました…

私は好きになれないと思っていただけで実際はひぃお婆ちゃんのことを好きだったのかもしれません…

今思えばもっと遊びたかった。
もっとひぃお婆ちゃんが作るにゃんこ飯を食べたかった。

素直な子じゃなくてごめんね…
今なら堂々と言える、大好きだったよ…ひぃお婆ちゃんありがとう


スレチ…かもしれないね…ごめん…


637 :ほんわか名無しさん:2006/01/06(金) 05:33:25 O
無意識のうちに君には大切な人だったんだね。

自分のひ孫にもおなじように接してあげるのがひい婆ちゃんへの孝行かもね。



いい話。

638 :ほんわか名無しさん:2006/01/06(金) 05:41:04 O
今更スマソ…>>321どっかで見たことあると思ったらゆずのサヨナラバスじゃんか…

639 :ほんわか名無しさん:2006/01/06(金) 06:00:43 O
私は私立高校に行こうとしてる受験生です。

夏休みに明けても
私は行きたい高校もなく、かといって高校を選べるほどの成績もなくただただ、呆然とした生活をしていました。

公立受験は落ちたらめんどくさい、だいたい落ちる確率の方が大きいしなぁ。。と考えて、どこでもいい私立高校をあげて先生に言いました。

ホントそこに行きたいのか?この高校のどこが良いんだ?

そう先生から聞かれて私は何も言えませんでした。

もう受験生という響きだけでウザッタイと感じはじめ、勉強も塾以外はしませんでした。

あっというまに12月にはいってしまい、先生も私に焦りを感じたみたいでいろんな高校のパンフレットなどを私にくれました。

で、目に入った高校を適当に言って『そこに行く』と言いました。



640 :ほんわか名無しさん:2006/01/06(金) 06:11:42 O
先生は私が笑顔で答えたので、ホントに行きたいんだなと思ったらしく進路希望調査書には私が適当に言った高校の名前が書かれました。

私はもう決まった。いちいち勉強とか高校決めろとか言われないですむ!!と喜んでいました。

そして行くことになった高校のパンフレットをなにげなく見ていると、学費がものすごく高い事に気付きました。

入学金も授業料もすべてバカがつくほど高かったのです。
うちはお父さんがいません、その分お母さんが必死で働いています。

最初は悪いなぁ〜って思ってたんですが、高校決めろって言ったのはお母さんと先生だし関係ないか。と思いなにもなかったかのように生活してました。

ある日からお母さんの仕事帰りが遅い事に気がつきました。いつもは5時頃に帰ってくるのに10時から夜中に帰ってくるようになりました。

私はなにやってんだよ。と言う気持ちであえてお母さんに仕事の事を聞きませんでした。



641 :ほんわか名無しさん:2006/01/06(金) 06:29:28 O
そして、そこの高校へホントに行くのかチェックする期間として三者面談がありました。

私はそこへ行くの一言しか言いませんでした。

お母さんも、行きたい高校に行けば良い。と言っていました。

面談も終わって何日かした日にお母さんはものすごい高い熱があって家で倒れてしまいました。

過労が一気にきちゃったみたいです。私はお母さんに、夜なにしてんの?と聞きました。

お母さんは、あなたの行く高校のパンフレットを見たとき学費が高かったからお金を集めようと思って…

と熱で苦しいのに頑張って笑顔でそう言いました。

私ははじめて適当に選んだ高校を後悔しました。どうしてもっとちゃんと真剣にならなかったんだろう…

お母さんがここまでしてくれているのに…
ごめんなさい、お母さん…
私は独りで泣きました。お母さんの前で泣くと迷惑がかかると思って。

私は泣きながらもう一回真剣に隅から隅まで、パンフレットを見ました。

すると、そこは行事がさかんで自由でカリキュラムも私に合っていると感じました。

私は決心しました。この高校に絶対行く、行って楽しんでバイトしてお母さんを少しでも楽にさせてあげようと…

今ではホントにその高校が行きたくてたまりません。
あの時お母さんに迷惑かけた分、これから迷惑かける分精一杯頑張ろうと思いました。


板違いだったらすいません…

642 :ほんわか名無しさん:2006/01/06(金) 06:49:04 0
うおおおおお〜朝から泣いた

合格して親孝行してやってくれ 今はバイト出来ないとしても
1つでも家の事でもしてあげて お母さんを少しでも楽にしてやってくれ〜(泣



643 :ほんわか名無しさん:2006/01/06(金) 06:49:57 O
>>639
いいお話。涙が……(;д;)頑張って高校通って、楽しい思い出いっぱい作ったほうが良いよ??

644 :ほんわか名無しさん:2006/01/06(金) 06:57:04 O
今、無差別な荒らしがいるからsageた方がいいですよ!!

645 :ほんわか名無しさん:2006/01/06(金) 06:59:26 0
>>644
オマイのそのやさしさにも泣いた

646 :ほんわか名無しさん:2006/01/06(金) 07:01:25 O
>>645 ありがとwww

647 :ほんわか名無しさん:2006/01/06(金) 09:36:51 O
<<<>>>642.643
ありがとうございます。お母さんをこれから大切にしていきたいです。。頑張って楽しんで高校通います!!

648 :ほんわか名無しさん:2006/01/07(土) 13:50:14 0
良スレだな

649 :ほんわか名無しさん:2006/01/07(土) 14:26:13 O
このスレ大好きだ〜(*´u`*)

650 :ほんわか名無しさん:2006/01/07(土) 14:28:38 O
死ねカスが何をほざくかクズ
大体の人は泣くよ

651 :ほんわか名無しさん:2006/01/07(土) 19:19:36 O
涙の数だけ強くなれるよ

652 :ほんわか名無しさん:2006/01/07(土) 19:21:14 0
自分が強くないと人には優しくなれないよ

653 :ほんわか名無しさん:2006/01/07(土) 19:26:11 O
そして沢山涙流して乗り越えたら強くなれるよ。

654 :ほんわか名無しさん:2006/01/07(土) 19:58:02 O
>>653
感動しました。。そうですよね。

私は近くにありすぎて見えなかったものを失なっちゃった時、

今まで本気に泣いた事がなかった私が、本気に泣きました。。

いつまでも泣いて前に進めない自分にまで悲しくなった時私に、

男トモダチが言いました。
『本気で泣く事ができたお前は、それだけで前に進んでる。本気の涙の数だけ強くなれるから大丈夫!』


この言葉を聞いてさらに号泣してしまいました。ホントにありがとうって気持ちでいっぱいでした。



655 :ほんわか名無しさん:2006/01/07(土) 20:32:11 O
父さん母さんごめんなさい。もう良い年なのに迷惑、心配かけてごめんなさい。

小さい頃の俺は素直だったね。今の俺はひねくれ者だよ。

父さん母さんが大好きだよ。二人の体のことが心配なんだ。いつも働いて疲れてるだろうね。精神的にも疲れてるだろうね。
俺のせいだよ。ごめんな。

父さん母さん、俺に本当に愛を注いでくれたね。
俺は今、人生につまずいてるけど負けないよ。
将来、趣味に没頭出来るだけの生活をさせてあげるから。



656 :らう:2006/01/07(土) 21:25:27 0
このスレ発見して、最初から全部見させていただきました。
今までの流れからそれるかもしれませんが、私の体験も語らせてください。

私は高校生になったとき、父の友人のお世話で初めてバイトをさせてもらうことになりました。
そこはスーパーの配送センターで、鉄錆で服は汚れるし、冷蔵室の中での仕事なのでいつも寒いし、力も使うわでけっこう辛いバイトでした。
やる気もなくはじめたのです。
いまはそうでもないと思うのですが、当時の私は非常に愛想の悪いヤツで、仕事の始めに、

「おはよっす。」

とか言うだけで、雑談というものを全くといっていいほどしてませんでした。
周りがおじちゃんおばちゃんばかりで話の合う人がいなかったっていうのもあるのだろうけど、やっぱり自分の性格の問題だったと思います。
さらに私は仕事の手際が悪くて、毎日のようにミスをしていました。
おじさんやおばさんたちも、ため息と呆れ顔を僕に向けていました。
陰口が直接私の耳に入ってきたこともありました。
しかしその中で、遠慮なく私をしかりつける人が一人だけいました。
仮名Kさんとします。50代のおじさんです。
その人は周りに他の人がいてもお構いなしで大声でしかりつけてきました。
それに対して私は、

「はいはい、すいませんでしたきをつけます。」

みたいな鬱陶しいですって態度全快でした。
そんな態度だから陰口いわれるんですね^^;

そして3年ほどそんなことが続いて、私は大学に進学することになりました。
それまでいた地元を離れることになり、バイトもやめることになりました。

657 :らう:2006/01/07(土) 21:38:52 0

最後のバイトの日、おじさんおばさん達に、見かけた順に「お世話になりました」と、形式ばかりの挨拶をこなして生きました。
私をしつこくしかりつけていたKさんの姿は、仕事中見つけることができませんでした。
いつもミスを連発していたことと、どなりつけられていたことで、Kさんに対して気まずさを感じていました。
できることならこのまま会わずに帰ってしまいたい・・・。でも父の友人の紹介で入ったんだし、挨拶くらいしないと・・・
そんなことを考えながら従業員の休憩室にいると、Kさんが入ってきました。
Kさんのほうから話しかけてきました。

Kさん:「今日で最後なんだってなー^^大学はどこいくんだ?」
私:「○○大学です。全然たいしたとこじゃないですよ」

三年も働いて、初めてでした。仕事と挨拶以外の言葉を交わすのは。




658 :らう:2006/01/07(土) 21:49:30 0

Kさん:「夏休みとかは戻ってくるんだろ?そしたらまたここで働けばいい^^」
    できの悪い孫がいなくなるみたいで寂しいわー。

あれだけ目の敵のようにどなりつけて、なぜそんなことが言えるのかわかりませんでした。
その時、Kさんの目が少しだけ潤んでいることに気が付きました。
その時の私なら、アクビをしたか、目にゴミでも入っただけ、そう思うだけのはずでした。
でもなぜか、そう思えなかった。
「寂しくなる!いつでもこいよ!」と言い残し、Kさんは帰っていきました。
私も自転車にのって帰りました。分けがわからなくなったまま、私のバイトは終わりました。

659 :らう:2006/01/07(土) 22:10:35 0

大学生になり、久々に地元に戻ってきたときのことです。母がした話に、私は驚きました。

私がまだ配送センターで働いていたときのこと・・・
Kさんは、私の陰口を言っていたということに激怒して、他のおじさん達と大喧嘩をしたそうです。
「あいつのミスは全部俺がカバーしてやる!だから次、あいつの陰口なんかいってみやがれ、許さねえぞ!」
と、言ってくれたそうです。
愛想の悪かった私のこと、Kさんの味方をしてくれる人なんて誰もいなかったのに、一歩も引かなかったと・・・
その話を聞いて、私は始めて泣きました。Kさんへの感謝と、自分の情けなさで。
仕事もできない、面白い話の一つもできなくて、居ても居なくても同じようなものだった私を、仲間と見てくれていたんですね。
あなたがかけてくれた言葉は、全部ホントだったんですね。
あの涙は、私なんかとの別れを惜しんでくれていたんですね。。。
その時すでに、Kさんはこの世の人ではありませんでした。詫びようのない悔やみでした。

660 :らう:2006/01/07(土) 22:18:40 0

いま私は、コンビニでバイトをしています。
時給も安くて、最も多くの人と言葉を交わせる仕事だと思って始めました。

「一期一会」

この言葉と実行が、私の生涯の課題になりそうです。


2ちゃんに書き込むことも初めてで、文章力もなくて長い文章を連続で書いて申し訳ありません。
皆様も、普段衝突している人がいたら、もう一度考えてみてください。
その人はかけがえのない、あなたの味方かもしれません。

661 :ほんわか名無しさん:2006/01/07(土) 22:19:47 0
ダメだ、涙止まんないよ。
いい人に出会えた。それがあなたの一番の宝だよ。
そして一生の宝だ。

感動した。age!

662 :チョコ:2006/01/07(土) 23:39:56 O
私が小学生の時でした。隣のアパートに4人家族が引越して来ました。
そのアパートは間取りも6畳一間のかなり古い建物でした。お父さん、お母さん、小学生の息子、保育園に通う女の子の一家でした。お父さんは目に障害を持ち、お母さんは足に障害をもち、とても貧乏をしていたようでした。ある日…

663 :ほんわか名無しさん:2006/01/07(土) 23:49:51 O
本当に良い話しですね。。感動しました。私と2ちゃんねるに書き込みしたのは昨日がはじめてです。

いろんな人の話をきちんと聞くと、これからの自分に繋がるヒントを得られるかもしれませんね★

664 :チョコ:2006/01/07(土) 23:53:21 O
私が近所のパン屋にお使いに行くと、丁度隣のお母さんがすれ違いに出て行く所でした。
その時、丁度店に居合わせたお客が大声でお母さんに向かってドロボーと叫びました…

665 :チョコ:2006/01/08(日) 00:00:58 O
お母さんは金縛りにあったように、その場に立ちすくみ、みるみる顔が真っ赤になって、洗いさらしのエプロンからポロポロとパンが落ちました。そこに店の主人が一言、「その方はうちのお得意さんだ!毎月前払いでお金を頂いてますから」
それを聞いた お母さんは涙をポロポロこぼして主人に一礼すると、何も言わず障害のある足を引きずり逃げるように帰って行きました…

666 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 00:06:27 O
(T_T)

667 :チョコ:2006/01/08(日) 00:07:12 O
それから何日かして私がパン屋に行くと、隣のお母さんが恥ずかしそうに入って来て、外のワゴンに置いてある一袋30円のパンの耳を持ってお金を払いました。お母さんは主人に、この前は申し訳ありませんでした と頭を下げました。

668 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 00:09:16 O
チョコさんの話の続きが気になる!
らうさん、確かにちょっと漢字の間違い目立ったけどw、そんなん関係ないくらいイイ話だったお(´Д`)
らうさんは、本当に素晴らしい人に出会ったんだね。あなたはしあわせ者です。
そして、あなたの素敵な話を知る事が出来た、私もしあわせ者です。
2chという場所であなたの話を聞いた、これも立派な出会いのひとつだよね。
素敵な話をありがとう。


669 :チョコ:2006/01/08(日) 00:13:20 O
主人は何も言わず
ありがとうございます、これ今日はサービスだから持っていって、と食パン一斤をパンの耳と一緒に袋に入れました。
お母さんの目からはまた大粒の涙がポロポロこぼれていました。

今でもその時の光景が
目に焼き付いて忘れられません。オシマイ

670 :らう:2006/01/08(日) 00:15:43 0

今見直したら、漢字間違えてるし文字抜けてるしボロボロでした^^;
意味が伝わってたら幸いです。これからも皆さんのお話を拝見させていただきます!

671 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 00:17:16 O
うわああぁぁん涙がとまらねぇー!

672 :チョコ:2006/01/08(日) 00:18:31 O
何だか割り込みしたみたい!ごめんなさい(>_<)

673 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 00:27:22 0
チョコさん、そんなことはないよ。
何だか、絵本にでもしたい位、いい話だよ。
それか、フラッシュに誰かしてくれたらいいな。

674 :チョコ:2006/01/08(日) 00:31:42 O
ありがとうございましたm(_ _)m

675 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 00:33:08 O
だ れ か ま じ で ま と め サ イ ト お 願 い し ま す。

676 :不安:2006/01/08(日) 00:39:15 0
私の兄は小さいころの事故で脳に障害があります。
停止している間は本人は何の意識もないそうです。
普段は”普通”の人と同じように話すことも動くこともできますが、突然何の前触れもなく脳の機能が一時停止してしまうのです。
しかし身内に障害を抱えたものがいると、それが”普通”、それがこの人にとっては当たり前なんだ、と目の前で停止している兄を見ても
「あ、また止まってる」といった感じで悲しくなるわけでもなく”日常”として捕らえるようにいつの間にかなっていました。
いつのころか家族で海水浴に行ったとき私達は親の目の届かないとこまで泳いで行ってしまい、戻ろうとしたとき兄の発作がおこり危うく溺れてしまうところでした。
兄は「ふ〜危なかったな〜」と軽く流しましたが、兄の意識もないのに溺れないように鈍く、小さく泳ごうとする姿を目にした私は胸が潰れそうなほど不安になりました。
そのとき初めて兄は”普通”の人とは”違う”のだと痛感しました。
そのときから私はもしもの時の覚悟だけはしておこうと心に深く刻んでいます。

677 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 00:39:29 O
>>674
おまえホントばかだな
死んだ方がいいと思うよ。本気で。
結局何も考えてないね。何が美談だよ。哀れすぎて泣けるよ。

お前の母親はお前が適当に決めて、後付けで行きたい理由を考えたような高校にお前を通わせるために
体をぼろぼろにして働くんだろうな。
「楽しい高校生活送る」なんてくっだらねぇ理由のためだけに、
カネかかるような高校に行く以外に、母親を幸せにする方法はいくらでもあんだろ。
お前働いてカネもらったことないからそんなこといえんだよ。
親はこれから急激に年老いる。
まあわかんないと思うけどな…3年ってのはなかなかキョーレツだぞ。
お前がそんな甘い考えで生きてはいけないってことを早く知るために、
落ちてくれることを願うよ。マジで…
大体行事が多いとかって…何のために高校行くのかわかってんのかね。
ま、バカには何言っても無駄だな…。
でもホント、これだけは。
親が死ぬ前に気付けよ。


678 :677:2006/01/08(日) 00:42:02 O
>>674じゃなくて
>>647でした…スマソ

679 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 00:42:34 O
おれも落ちることを心から願っている。

母親がかわいそう。

680 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 00:46:11 O
>>647

なんのために高校行くの?

母親かわいそう。

おまえみたいな知的障害のある子供を養うなんてかわいそう。

早く死んで下さい。

681 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 00:49:09 O
>>677レスアンカー間違ってねぇ?
言い方キツイけど…何か言ってる意味分かるなぁ…。
でもさ、それでも親は子供の幸せのために働くのが、嬉しかったりするんじゃないかなぁ?


682 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 00:51:47 O
681です
スマソ、更新する前にカキコしてしまった。もう間違いに気付いてたね。

683 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 00:55:25 0
うん、オヤジからも一言。
俺も今高校に通う娘がいるんだけどさ。
子供が行きたいと真剣に思っているならば、
それに向かって親も頑張るんだよ。3年間の
学費を一生懸命工面するんだ。

子供が行きたい所に行って、生き生きとして
高校生活を送れれば、それが一番だと思う。
親にとっても、そして子供にとっても。

684 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 01:07:02 O
ここ読んで反省しました。
親からもらった小遣いいっぱい溜まったんで
友達と遊びにババッと使おうと思ってたけど、
やめます。自分のお金じゃないけど、
親においしい食事食べてもらうのが余程ましです

気付かせてくれてありがとうございました!

685 :不安:2006/01/08(日) 01:12:03 0
実家からの通いで働いています。
給料が出ると「はい、5万もらうよ」と3年間、すでに180万ほど勝手に持ってかれてます。
これは親孝行?

686 :鉄砲玉:2006/01/08(日) 01:15:16 0
母が妊娠中に階段を踏み外し落ちてしまいました。

その時お腹の中にいたのは自分でした。

母はお腹を庇い、自らの足を犠牲にしてお腹の中の自分を守ってくれました。

幼い頃に片足を引き吊りながら歩く母が恥ずかしくて一緒に歩くのが嫌でした。

買い物を頼まれても断って、母が跛を引きながら歩いて行く姿を見ていました。

自分が小学生の頃に足の手術を受ける事になり心の中で『これで、買い物も頼まれなくなる』と喜んでいました。

母は退院するまで数ヶ月の間、父親が家事をやったりしていました。

何度かお見舞いにも行きました。行く度にお小遣いを貰ったりしていました。


687 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 01:20:42 0
母ちゃんに感謝しろ!

688 :1 ◆zBvvMGYmRg :2006/01/08(日) 01:40:04 O
親はまじで大事にしたい。

アホな自分をここまで育ててくれたから。

働くようになったら親孝行したい。とくに母親に。



明日やっと東京に帰れる。
新潟は雪がやばすぎて交通がマヒ寸前。

689 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 01:44:04 O
マメに顔見せる事と
元気でいる事が親孝行ですよ!

690 :ピギー:2006/01/08(日) 01:50:58 O
なんか今日異例のハイペースじゃないですか。
しかもクオリティ高ス

691 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 01:50:58 O
昔いじめられてました。そして今…インターネットで名前書かれたり中傷されたりしてます。あたしは一体なんなのでしょうか?

692 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 01:59:55 O
>684
気づいた君が偉い!

693 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 02:02:26 0
>>691
昔、苛められてたのはともかく、、、
なんで今、ネットで名前書かれたり、中傷されたりしてるのかなぁ?

昔のあなたのことを書かれてるの?
それとも今のあなたの中傷が書かれているの??

694 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 02:04:10 O
今です。悔しくてたまりません。

695 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 02:07:20 O
>691
気の毒だけどスレズレでは?空気嫁って事

696 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 02:09:19 O
ここの住人の人なら聞いてくれると…ごめんなさぃ。

697 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 02:11:34 0
>>696
どこか、今、使ってないスレに移動したらどうかな?

698 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 02:13:29 O
ありがとうございました…

699 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 02:14:14 0
>>691名前って、本名書かれているの?
それ書いてる人わかるんなら、親とか
学生さんなら学校の先生とか、とにかく大人に相談してすぐやめさせてもらいなさい。
本人の同意無しにネットに個人情報書き込んだり、
ネットに中傷書き込んだりするのは、犯罪です。

700 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 02:15:12 0
ああっ間に合わなかったか。。。orz

701 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 02:17:12 O
名前だけです。学生ではありません。19の会社員です。マジでありがとうございます!なんか頑張れる気がしてきました☆

702 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 02:20:14 O
他のスレに行きますありがとうございました☆

703 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 02:22:07 0
>>702
探して行くよ。
とりあえずスレを一回上げて。

704 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 02:24:55 0
未成年さんではないのか。
警察に通報してもいいよ>名前晒し
動いてくれるかどうか微妙だけど、「通報したぞ」って脅してやれば
少しはびびるかもよ、その非常識な奴。
逆ギレされそうだったら、「警察には、あなたのことは名前も住所もわかっている。
私に何かあったら、あなたは、少なくとも参考人として事情聴取されるはずだ」
と通告しておいたらどうだろう。親には相談しといた方がいいよ。ノシ

705 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 02:31:52 O
みなさん…ありがとうござぃますっ!あたしは優しい雑談にいます。ここでは迷惑かけてしまうのでアドバ待ってます☆

706 :1 ◆zBvvMGYmRg :2006/01/08(日) 02:33:49 O
そういう奴最悪だな。
上の人も言ってるとおり「アンタの行為を警察に通報した。」
「ケーサツが言うには住所も分かったらしいからあんたん家に電話来て逮捕になるよwご愁傷様ww」
とか言えば必死になって謝るかもよww

707 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 02:33:52 O
ここのヒト涙がでる位
いいヒト

708 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 02:37:08 O
ここの>>1さんとかとマジで友達になりたい。

どこ住み?

709 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 02:44:00 O



久々にええ人情みせてもらった



応援するで〜

710 ::2006/01/08(日) 03:57:35 O
1から全て見返しましたが良い話ばかりですね…そして良い人ばかりだ。泣ける(;∧;)

深夜にアレですが私も今泣きながら打っていた話書き込んで良いですか?

711 : ◆BuCrPgjAmc :2006/01/08(日) 04:13:46 O
深夜にスミマセン。少し昔の話になりますが、書きます。

私には優しくて笑顔を絶やさない、自慢のひいお祖母ちゃんがいました。

私の田舎は遠く1年に1、2回くらいしか帰れないのでひいお祖母ちゃんにも会う機会もあまりありませんでした。

712 : ◆BuCrPgjAmc :2006/01/08(日) 04:15:59 O
けれど、毎年私が肩をもんであげるとひいお祖母ちゃんは『はなちゃんは優しいね、ありがとね』といつも笑顔でお礼を言ってくれました。

ある年、私はいつものように田舎に帰りました。
けれど私ももう高校生だし照れからか毎年やっていた肩たたきをその年だけやりそびれてしまいました。

数日後、お祖母ちゃんの入院を聞きました。持病の悪化みたいでした。

713 :◆BuCrPgjAmc :2006/01/08(日) 04:20:10 O
ちょっと前まで元気だったのに…目の前が真っ暗になり、胸が苦しくて仕方ありませんでした。

次の日の朝。ひいお祖母ちゃんのお見舞いに行こう、と皆で準備をしていた時…電話でひいお祖母ちゃんの死を知らされました。

ひいお祖母ちゃんの残した手紙には『毎年はなちゃんの肩たたきを楽しみにしてたのにもうしてもらえないんだろうねぇ…悲しいな』と書いてあったそうです。

それを聞いた時、涙が止まりませんでした。ひいお祖母ちゃんと最後にあった日…なんで肩をたたいてあげなかったんだろう…と、後悔ばかりが浮かびました。

714 :◆BuCrPgjAmc :2006/01/08(日) 04:24:14 O
通夜や葬式…全てがあっという間でした。

白い箱にいれられたひいお祖母ちゃん…これから火葬されるとの事でした。

骨になる前の最後のひいお祖母ちゃんの顔…とても幸せそうでまるで眠っているかのようでした。

『最後にお祖母ちゃんの手、握ってあげなさい』とお母さんに言われたけれど…冷たく冷えきった手を握るのは恐くて、恐くて。

その時の私は、多分まだひいお祖母ちゃんの死を信じたくなかったのでしょう…

結局私は最後に手を握る事ができないままひいお祖母ちゃんは火葬場へと運ばれていきました。

715 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 04:27:38 O
そっかぁ…。それは悔いだけが残ってツライですよね。だけど大切なのは今ですよ!華さんの気持ちはきっと届いてます!お墓参りをかねて話し掛けては?私はなぜかそうゆう見えたりするのですがやはり、話し掛けたりしたら届くんですよ!!

716 :◆BuCrPgjAmc :2006/01/08(日) 04:28:42 O
今では握ればよかったのになぁ…最後だったのに…と悔やむばかりです。

葬式では『今は亡き、○○キミ子さま…』という言葉を聞くたびに涙が溢れて辛くて仕方ありませんでした。

身内の死が初めてだった私には…優しくて大好きなひいお祖母ちゃんが居なくなるのは衝撃的でとても悲しい出来事でした。

毎年墓参りに行く度に切ない思いがこみあげてきます。

717 :◆BuCrPgjAmc :2006/01/08(日) 04:30:15 O
今では人を救えるような人間になりたいと、看護婦を目指しています。

天国のひいお祖母ちゃんへ。たくさんの事を教えてくれて有難う。病気でつらい人を一人でも多く助けられるように頑張るので、天国から見守っていて下さい。



長文スマソ;途中文章変でしたね…最後まで読んでくれた方居たら感謝です。

718 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 04:35:14 O
華さん!!お仕事ガンガッテくださいっ!ひいお祖母さんにきっと絶対に届いてますよ!お墓参りでは明るく話し掛けてあげれば何よりもうれしいと思いますよ!

719 :◆BuCrPgjAmc :2006/01/08(日) 04:36:43 O
>>715
有難うございます(´∨`*)気持ちって届くものですよね…久々に墓参りに行こうかな、と思いました。

720 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 04:38:38 O
高校生にもなればそりゃ照れるよなぁ。
ひいお祖母さんもきっとほんとはしてあげたかったあなたの気持ちは分かってます。
俺は霊感とか全然ないけど>>715さんの言う通り必ず届くと思う。


721 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 04:40:46 O
そうですよ!年の功ですよっ☆わかっていたはずですっ!!そして今は華さんの側にいて見守っていますよっ!

722 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 04:42:37 0
今亡くなってしまった猫がつけていた鈴の音が聞こえました。

帰ってきてくれたのかな

723 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 04:43:56 O
私も、似たような体験をしたことがあります。
私の場合、祖父が病気になり、日に日に衰弱して、寝たきりになりました。
親や祖母も、「必ず治る」、そう言っていたので、私は絶対治るものだと思っていました。
よく考えればあれだけ衰弱したら治りはしないだろうと思ったのでしょうが
祖父が病気にかかったのは小学3年の時だったので、疑うことをしなかったのです。
私は祖父が大好きでした。
仕事から帰ってきたら私や妹をだっこしてくれたり
、遊び道具を作ってくれたり、私たちを大切にしてくれました。

724 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 04:44:04 O
そうですよっ!とゆうか常にあなたの側にいるんではないでしょうか?

725 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 04:47:24 O
しかし祖父が病気にかかってからは家の中はぐちゃぐちゃで、
祖母は祖父の付き添いでずっと家に帰らなかったり
週に何度かは遠い祖父が入院している病気にお見舞いに行ったり
とにかく忙しい日々が続きました。
そして、入退院を繰り返した祖父は退院し、家に帰ってきました。
そうなると余計忙しく、祖母も母も祖父につきっきりになりました。
そのため折角の夏休み、他の子がキャンプやプールで楽しく遊んでいた頃、暇を持て余しているしかありませんでした。
それでも、祖父が治ったら、また家族で旅行に行くとみんなで約束していたので、我慢しました。
しかし、祖父の容態は悪くなる一方で、今年こそ行くと言っていた
家族旅行が中止になったのです。
すごく楽しみにしていたのに・・・。

726 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 04:57:36 O
ずっと我慢していた私は、この時ばかりは激怒しました。
そして、その矛先が、祖父へ向かいました。
その日から、祖父を軽蔑視するようになりました。
今まで我慢していたのも祖父のせいだ、最低だ。嫌だ。祖父なんか、祖父なんか・・・。
祖父が亡くなる数日前です。
そして、当日。
毎日欠かさずしていた、行ってきますの挨拶を、私だけしませんでした。
すねていたんだと思います。
どうしてあの日、あのまま学校へ行ってしまったのか・・・。
学校に連絡があり、父が姉妹を迎えに来て、家に着いたときには
祖父は息を引き取っていました。
今もはっきり覚えているのは、あの、痩せこけた首元です。

727 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 05:10:10 O
「私がいい子にしていなかったから、祖父は死んじゃったんだ・・・」
しばらくは泣き暮れ、自分を責め続けました。
もっと話がしたかった、あんなに、あんなに大事にしてくれたのに、何で私は、どうして・・・。
そんな気持ちでいっぱいでした。
お経を読むときも、泣きました。
とにかく泣きました。
あれから6年も経ちました。
今でも、祖父の痩せた体を思い出すと泣けます。

些細なことなのに、何でできなかったんだろうって、すごく後悔しますよね。
でも華さんはおばあさんのことを忘れず、むしろ看護の仕事に就こうとしてるなんて、偉いです。
月並みですが、頑張って下さい!

オチが見付からなかったorz

728 :◆BuCrPgjAmc :2006/01/08(日) 05:11:03 O
>>723
泣ける。・゚・(*ノД`*)・゚・。いつもしていた事なのに…なんであの日ばかりはしなかったんだろう。

私も後悔ばかりしていました。旅行に行けなくてついやつあたりしちゃった>>723さんの気持ちも分かるだけに悲しいですね…

でも今でも祖父の事を想った気持ちは伝わると思いますよ(*・∨・*)

729 :723:2006/01/08(日) 05:16:42 O
(ノД`)゜+.
分かってくれますか!

祖父が成仏して、幸せになれれば私はいいです。
( ;Д;)おじいちゃん・・・。

730 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 05:26:07 O
>>729
そうですね…幸せでいてくれるのが一番!天国でも笑顔を絶やさない素敵なお祖母ちゃんで居て欲しいな(*´`*)
素敵な話&応援ありがとでした。もっと勉強して立派な看護婦になれるように頑張ります♪おやすみなさい。

731 :◆BuCrPgjAmc :2006/01/08(日) 05:27:01 O
最後の最後に名無しって…orz

732 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 12:57:40 0
くそっ。PCが、霞んで見えないと思ったら、涙じゃんか。
止まらないじゃんか。
一つ言っておくよ。後悔はいつでもつきまとうよ。
だけど、そうやって亡き人を思い出すたび、
亡き人は安らかになるんだそうだ。
思い出して、そして後悔して、涙する。
それがその人にとって一番の供養なんだよ。

ダメだ。又泣けてきた・・・・

733 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 13:03:22 0
♪母さんが夜鍋をして手袋に詰め込んでくれた〜

734 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 13:09:59 0
”みんな大泣きするから、三途の川が氾濫しちゃってるよ・・・
これじゃ渡れないですよ。困ったな〜”

735 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 15:58:31 0
なんか語っていいですか?

736 :1 ◆zBvvMGYmRg :2006/01/08(日) 16:00:32 0
ただいま新潟より帰宅!

>>735
どうぞどうぞ。

737 :◆BuCrPgjAmc :2006/01/08(日) 16:02:16 O
>>735
どぞどぞ(*´∨`*)ワクワク

738 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 16:03:22 0
マジで泣けるんだけど

739 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 16:11:58 0
今日、玉葱をみじん切りにした。

740 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 16:23:48 0
阪神淡路大震災
この地震で僕の母は他界しました
いまから10年前の1月17日 当時僕は10歳・・・
僕と母と父の3人暮らしだった。父は出張などが多くていつもいつも
学校から帰っても居なかった。 
1月16日 僕は友達と遊んで、6時まで遊んでいた。
家に帰ると母が怒った顔をして「なんでこんな時間まであそんでるの!?」
なんて言われた部屋に戻って大声で「クソババア!」って怒鳴った
夕ご飯 母と僕は喋らなかった 聞こえてたのかもしれない・・・
1月17日 母と僕は昨日のことから顔も会わなくなった
いつもどうりに学校に行った。 友達に母の愚痴を言いまくった
5時30分帰宅 母はまだムっとしている 僕も口をきくもんか!
なんて思いながら 今日の晩飯なんだろうなんて考えていた・・・
5時46分 阪神淡路大震災が起きた
台所から母が来た 「急いで机の下に入って!」と言った
母の悲鳴が聞こえた・・・
僕は机の中で恐怖と戦っていた
震災が1度収まった・・・ 僕は母を捜した
いた・・・ 母の心臓の近くに6cmくらいだろうか長くて大きい木が
刺さっていた母はかすれた声で「大丈夫?」と聞いた
僕は涙を流した母は一生懸命 僕を守ってくれていた・・・。
「生きて幸せになるのよ・・・」そう言って何も喋れなくなった母は
その2分後に手が冷たくなり 他界した・・・。
僕はいま20歳 あれほど悲しいことがいままでにはなかった。
僕は今レスキュー隊に入ろうとしている
またいつ来るか分からない地震
僕みたいな子が増えるのは見たくないから・・・
皆 がんばって生きてくれ


741 :名無し:2006/01/08(日) 16:53:00 O
あ〜。(゚∀゚)イイ。話しだね。>>740の話。
たしか、朝の5時46分だな。地震起こったのは。




カエレ!!(・∀・)

742 :通りすがりの…:2006/01/08(日) 17:00:34 0
>>741 お前って・・・

743 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 17:03:47 0
>>740
ちゃんとリサーチしないから、こういう結果になる。
それともおまえ、釣りのつもりか?

二度と来るな!!

744 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 17:05:26 0
>>740 マジで帰れ! ネタ野郎!

745 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 17:06:55 0
>>740 それってアンベリバボーって番組じゃなかったっけ?

746 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 17:09:03 0
さあマジで泣ける話募集。

747 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 17:09:07 0
聞いたことのある話だな

748 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 17:10:10 0
>>747 絶対パクってるって!

749 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 17:30:52 0
ああ、そっか・・・

750 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 17:33:32 0
http://www.happy-page.jp/gazou/471.htm

これ結構感動できる。

んで、作品中に出てきた色盲のテスト
http://www.liquidgeneration.com/sabotage/vision_sabotage.swf
見えた数字を右上に書いていくだけでおk。

751 :1 ◆zBvvMGYmRg :2006/01/08(日) 21:02:42 0
>>750
自分も軽い色弱があるから共感できた。
自分はそこまでひどくなかったからいじめられはしなかったけど。
その下のテストでも1問しか合わなかったよ。
最後はビビったw

752 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 21:56:58 O
私しか泣けないかもしれない上短いけど書いてもいいですか…?

753 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 21:57:45 0
ドーゾー

754 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 22:08:30 O
>>750
これは、危険やるな!
昔やったが死にかけた。

755 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 22:09:10 O
去年の五月の話なんですが、クラスメイトがいじめで自殺しました。
ジャージ隠されたりとか、うわばきに画鋲いれられたりとかを一部の人にしつこくやられていて、だんだん皆も彼女を避けるようになってしまったんです。うちは三年間クラス替えないのでいじめの被害者にとっては気の遠くなる長さですよね…
それでも、彼女は毎日休まずに学校にきて一生懸命勉強していました。
よく頑張るな、えらいなぁと思っていたんですが、私はとばっちりにあうのが嫌でやっぱり積極的に口きいたりとかはできずにいました。
そんなある日、たまたま朝練で早くきた私は教室に彼女の姿をみつけて声をかけました。

756 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 22:22:07 O
相当早い時間だったので私しかいないだろうと思ってた、と言うと彼女は毎日この時間にきてるんだ、誰も花に水あげないし、この時間は学校にいても安らぐから…と寂しげに笑いました。
たまに掃除とかもしてくれてたみたいで、私達はこんな酷い事してるのに…と胸が詰まって泣いてしまいました。
彼女が手首を切ったのはそんな彼女がとうとう学校にこなくなった翌々日でした。
遺書はありませんでした。
ネモフィラという花(もしかしたら押し花とかかも)がきれいに片付いた机の上に置かれていたそうです。
花言葉は、「私はあなたを許しています」
最期にまで人を許せる優しさを持ってた彼女はすごいというかなんというか…あぁもう何か言葉にならない…まとまらない上長文すみませんorzしかも言いたいことが伝わってない感じがするorz

757 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 22:29:01 0
>>755-756
途中でやめたかと思ったら携帯からだったのか。スマン。
>言いたいことが伝わってない感じがする
感動は充分伝わってるから安心汁

758 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 22:32:17 O
しかも手がすべって二分割&結局長文すみませんorz
あんなに私達に優しさをくれたのに何も返せなかったどころか傷付けた(直接的には何もしなかったけどやっぱりやめなよとか言えなかったとか)自分が嫌orz

759 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 22:33:27 0
何だか、胸が痛むな。
彼女を救ってあげることは出来なかったのかなぁ。
先生はどうしていたのかなぁ。
いじめていた生徒は、どうしたのかなぁ。
そして、クラスのみんなは?
何だか複雑な気持ちになってしまったよ。

760 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 22:40:55 0
ここのスレにあるいい話をAAとかにしたらまた感動できるんだろうなぁ…

761 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 22:42:28 O
そもそものいじめの原因はいじめてたグループの中心の子の好きな子が彼女を好きだった、という彼女に何も責任がない事だけにほんとに後悔しています。
一番ひどかった時期がすぎた頃だったから、これから関係修復できるかなと思ってましたorz
いじめてた子達はネモフィラの話を聞いてボロボロ泣いてました。もちろん他のクラスメイトも。
お葬式の時に皆で棺にいれる色紙を書いたんですけど、それを見て本当は皆彼女の事好きだったのに歯車が狂ってしまった事を感じました。
本当長くてごめんなさいorz

762 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 22:44:43 O
後悔先に立たずってこういう事をいうんですね…orz

763 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 22:52:26 0
>>761
感動したっていうか…ひどすぎて鬱になった・・・
作り話だったらどれだけいいか・・・(つдT)

764 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 22:53:50 0
なんかいい話にしているが、このクラスの連中で人を一人
殺してる罪悪感まるでなし。

765 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 22:56:32 O
いやあるだろちゃんと嫁www

766 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 22:57:45 0
>>761の話で、救われた気がするよ。
いじめてた子たちはもちろん、みんなも
これから重い十字架を背負って
行くんだろうけど。
あなたも、まっすぐにこれからの人生、
歩いていってほしいよ。


767 :ほんわか名無しさん:2006/01/08(日) 23:07:59 0
ここにある話をマジでまとめサイトにしてほしい。
いつでももっとたくさんの人に読んでもらえるように。
>>1さんそしていい話を投稿してくれてるみんな、ありがとう。

768 :1 ◆zBvvMGYmRg :2006/01/08(日) 23:17:43 0
ちょっと悲しい話かもしれない。
でもこれを機にまっすぐ道を歩けるようになったら救われる気持ちだ。

>>767まとめサイトの話はよく出てくるんですが、
自分にまとめサイトを作るほどのクオリティーはないわけでorz
誰か作ってくれる方がいたらぜひお任せしたいです。

769 :752:2006/01/08(日) 23:24:06 O
ありがとうございますm(__)m
十字架はとても重いけど倒れないで彼女の分も精一杯生きようと思います。
気分を害された方、申し訳ありませんでした。一応言っておくと罪悪感がない訳ないです。文章力が足りなくて伝わらなくてすみませんでした。

770 :ほんわか名無しさん:2006/01/09(月) 00:28:30 O
アゲ

771 :祐希:2006/01/09(月) 01:45:45 O
よければ体験書かせてください


私が高校生のときのことです
私は高校にバスで通っていました

入学当初はあんまり友達ができず毎朝一人で通学していました

ある朝,一番奥の席の一番左側の席に小柄なお婆さんが座っていました

お婆さんの顔はくしゃくしゃで小さな目は皮膚に隠れ,髪の毛もすっかり減っていました

その横に親子が座っていました
幼稚園くらいの男の子がふいに『このおばあちゃんの顔おばけみたい』と言いました

私はそのお婆さんがどんな反応をするのだろうと見ているとお婆さんは『可愛いお子さんですねぇ』とニコニコ笑いながら言っていました


その日から毎朝そのお婆さんは同じ席に座り続けていました



772 :祐希:2006/01/09(月) 01:54:52 O
ある日いつものようにバスに乗るとあのお婆さんはいつもの席に座らず,近くに立っていました

気になってお婆さんのいつもの席を見てみると中学生の女の子がお婆さんの席に鞄を置いて座り込んでいました

お婆さんはどうしても座りたいのかジッとその場で待っていました


中学生の女の子は気味悪がったのか,『何見てんだよ…どっかいけよ』とかブツブツいい始めました


私は何だかほっておけなくてその女の子に近付くと『鞄どけたら?』と一言言いました

その子は少し不快そうな顔をして次のバス停でそそくさと降りて行きました


お婆さんは私が奥の席に座らないのを見て『どうぞ,私には構わずお座り下さいな』とゆっくり言いました

私は『あ…貴方のために席空けたんで』と言ってかるく微笑みました

お婆さんはすごく嬉しそうにニッコリ笑うと『ありがとう』と言って座り,私に隣に座るように言いました

私はそのお婆さんと色々と話しました

『私はもう長く生きられないからこうやって毎朝外の様子を見るのが大好きなんですよ』とお婆さんは言っていました

773 :ピギー:2006/01/09(月) 02:24:14 O
ノシ
続きが読みたいけど、ゆっくりどうぞ

774 :祐希:2006/01/09(月) 09:12:16 O

私はお婆さんと毎朝話すようになりました

友達ができないこと,家族の愚痴…
お婆さんは楽しそうに,でも真剣に私の話を聞いてくれました
お婆さんと話すようになって2週間ほどたちました

私は近所に住んでいる子と友達になりました
私にとって初めての友達でした
通学も2人で行くことになり,バスに2人で乗りました

すると友達が言いました
『ねぇ,あの奥の方に座ってるババアの顔やばくない?』
私は何と言っていいのか分からなくなりました

『…え?マジ?』
一応そう答えましたが頭はガンガンしていました

『もうちょっと近付いてみようって!!』
友達はそういうとお婆さんにどんどん近付いて行きました
私も一人になるのが嫌でついていきました

『……祐希ちゃん…お友達,できたのねぇ…』
お婆さんは私ににっこりとそう言いました
『…祐希,知り合いなわけ?…てか祐希ちゃんとかウケるし…(笑)』
友達は小さい声でそう言いました
『…あたし知らないよ 誰かと見間違えてんじゃない?』
私は声を絞り出すように言いました
『そーだよね?あぁビビった!!!

ちょっとお婆さん,人違いなんですけど?』

775 :祐希:2006/01/09(月) 09:22:42 O

友達はずけずけとそう言いました
お婆さんは
『すみませんね…年をとると,目が悪くなってしまって』
と言いました
そのとき私は初めてお婆さんの悲しそうな顔を見ました

翌朝からお婆さんはバスに現れなくなりました
私は毎朝毎朝お婆さんの席をチラチラ見ながら,あの日のことを後悔していました

お婆さんを見なくなり1週間後,お婆さんの座っていた席に綺麗な女の人が座っていました
私は何かに引かれるようにその人に近付いて行きました
私を見るとその女の人は『祐希さんですか?』と言いました
『…はい』
私が答えた直後に女の人は私に封筒を渡しました
『ここに座っていた私の祖母,美奈江からです』

私は渡された封筒を開けました

内容はこんな感じでした


776 :祐希:2006/01/09(月) 09:39:24 O

『祐希ちゃんへ
突然のお手紙ごめんなさいね。最近バスに乗れなくなってしまいました。
実は祐希ちゃんに会った最後の日にお医者さんに行ったら私,癌だった。それでもう助からないらしいです。
でも祐希ちゃんにとっては私がいないほうが良かったかもしれません。こんな汚い顔したお婆さんと仲良しなんてお友達受け入れてくれないでしょう?それに祐希ちゃんは優しいから私に喋ってくれると思います。だから私はあえて
自 分 が 死 ぬ ま で
入院してることを祐希ちゃんに告げないように孫に頼みました。
祐希ちゃん後悔はしないでくださいね。私は何も怒っていないし祐希ちゃんに友達ができて本当に嬉しいです。
それではお友達と仲良くしてね』

私は便箋をくしゃっと握りしめ,胸に押し付けて泣きました

涙は止まりませんでした

長文すみません
文めちゃくちゃですが読んでくださってありがとうございました

777 :ほんわか名無しさん:2006/01/09(月) 11:40:55 0
思いっきりアクビした。そしたら・・・

778 :ぽち ◆Fb4PhAII/U :2006/01/09(月) 11:52:58 O
あるスレで常連コテが理由も言わずに次々と抜けていったんだけど。
そんなときに残されたコテが書いたレスになんかウルウルきた。

501:(´△`)ぽけお◆2XEvqPokeo :2006/01/09(月) 10:54:27 O
ぽけには正直わかりません。
ブレさんのアドにメールしようかと思いましたが、やめときます。

【ぽけの独り言】

みんな去って行っちゃった。

大事なことはなにもはなさずに。

ぽけはブレさんやマイケルさんや教水タンにウザがられてたかな。

ぽけは残ったから、こことしびれくらげを伸ばすことにしたんだ。

本当はもっと伸ばしたいスレがあるんだけどさすがにいくつもは無理だよね。



779 :ぽち ◆Fb4PhAII/U :2006/01/09(月) 11:53:41 O

ぽけもそうだったけどなんか2ちゃんを離れたくなる時があるんだよね。

でも、負けないよ。

ぽけは誰を待つとかじゃなくて、新しく来る人達を迎えることにしたんだ。

過去は楽しい想い出。

それでいいんだよね。

(。´△`) ナイテナイヨ
(⊃∩∩
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

780 :ぽち ◆Fb4PhAII/U :2006/01/09(月) 12:00:49 O
ぽけおガンバりや!

781 :ほんわか名無しさん:2006/01/09(月) 13:32:40 0
いて〜。
おぜんでスネぶつけた。たったったっ

782 :ほんわか名無しさん:2006/01/09(月) 14:27:03 0
もしも君が死ぬならば 僕も死ぬ!

783 :ほんわか名無しさん:2006/01/09(月) 14:27:27 O
>>781
涙が出るよねそれ。

784 :ほんわか名無しさん:2006/01/09(月) 15:59:19 O
>>782となりのじぃちゃんも氏むって言ってた

785 :ほんわか名無しさん:2006/01/09(月) 16:31:37 0
家の前で犬が盛ってた。オスの腰振りスゲー。はははは涙が・・・

786 :ほんわか名無しさん:2006/01/09(月) 16:33:40 O
だれかまともな話はないのか(笑)

787 :ほんわか名無しさん:2006/01/09(月) 16:49:17 O
俺のじいちゃん病気痛いの我慢しながらご飯笑いながら食べてたなぁ。けど後で皆に隠れて吐いてた‥見た時ゎ泣けたよ。

788 :♪kouちゃん♪ ◆Msan/W9LYo :2006/01/09(月) 17:05:05 0
>>786
オレでよければ話すよ?
>>787
な・・・泣ける・・・・・

789 :ほんわか名無しさん:2006/01/09(月) 17:11:51 O
>>785
今の時期は盛らない

790 :ほんわか名無しさん:2006/01/09(月) 17:13:53 O
>>788
ぜひ頼む。

791 :ほんわか名無しさん:2006/01/09(月) 21:40:39 O



792 :741:2006/01/09(月) 23:44:30 0
>>740
ああ、そうか!!小学生のくせに朝帰りか!!周りが暗かったから、晩御飯と間違えたんだねwwwwwwwww

>>742
なんか、俺間違ったけ?文句があるならドゾー

793 :741:2006/01/09(月) 23:49:15 0
>>782
ガガガSPのパクリかい?つか、死んだら死ぬとか縁起でもないこといってんじゃねぇ!!
死んだ人の分まで強く生きろよ。馬鹿。大切な人へのメッセージかなんかしらねぇけどさ。


794 :ほんわか名無しさん:2006/01/10(火) 01:44:33 O
祐希さんの話、胸が痛くなった…。
おばあさんの事はもちろん大事なんだけど、友達にひかれるのが怖くてどうにも出来なかった…って、分かる気がするな…。
私も、好きなモノを素直に好きと言えなかった。そんなん好きなの?って友達にひかれたくなくて。
でも、これからは自分に素直に生きたいよね。
私は大学に進学する時に、無理して人に合わせてばっかりの自分が嫌になって、自分の事を好いてくれる人だけと友達になろうって開き直ったよ。
今は、好きなモノは好きと、言えるようになったよ。

795 :ヒロト ◆zBvvMGYmRg :2006/01/10(火) 16:14:28 0
>>793
俺が突っ込むのもあれだけど銀杏BOYZ(ゴイステ?)だった気が・・・
まぁ、どうでもいいんだけど。



796 :ヒロト ◆zBvvMGYmRg :2006/01/10(火) 16:15:32 0
他の板にてちといい話を見つけたんで載せます。

202 :おさかなくわえた名無しさん :2006/01/02(月) 09:51:10 ID:LdnK6CfX
556:774RR :2005/12/31(土) 21:21:15 ID:BOafy7rO
当時、私は精神的に荒んでいて、よく大型バイクをかっ飛ばしたりしていました。
その日もバイクで走っていたのですが、広めの幹線道路は渋滞していました。

そこで、道の左端をすり抜けて進みました。それなりに運転技術もありましたし、
どうなってもいいや、という部分があったので..危険だと知りながら、それなりの
スピードが出ていました。

そして、渋滞している車が途切れている所へ来た時に、対向車線からファミレス
に右折する車に右側から当てられたのです。車も急いで右折してスピードがあった
為、かなりの衝撃でした

今にして思えば、一瞬のことでしたが..妙なスローモーションを見ている様な感じで、
バイクに乗ったまま、私は電柱が正面に迫ってくるのが見えました。

その時、何か白いものが横から飛びかかってきて、私はそれに抱きつかれる様な
感じでバイクから落ちて、道の脇にある歩道に転がりました。
転がるのが止まって、歩道に仰向けになっていると、その白いものは私の体から
離れました..それは、白い服を着た女の子でした。

その女の子は、ふぅ、とため息を一つつくと、
「あぶなかったね」
と微笑みました。そしてスッと消えました。そして、私があまりの事に呆然としていると、肩
を軽く叩かれ、耳元で「あまり無茶をしちゃダメよ」という声がしました。でも、振り返って
も姿はなく..
そうしているうちに、ぶつかった車の人が降りてきて、救急車が来て..病院に運ばれて..と。

私は、足に軽い打撲があっただけで、ほとんど無傷でした。事故の大きさと比べると奇跡的と
いっていいぐらいに。私のバイクは電信柱にぶつかり、グチャグチャに壊れていました。

797 :ヒロト ◆zBvvMGYmRg :2006/01/10(火) 16:16:23 0
203 :おさかなくわえた名無しさん :2006/01/02(月) 09:57:58 ID:LdnK6CfX
後に警察に事情聴取に行った時..警官が..
「よく、バイクから飛び降りられたな、
 そのまま突っ込んで悲惨なことが多いんだが..」と。

私は、飛びついてきた、白い服の女の子を知っていました。
その事故の三年ぐらい前に交通事故で亡くなった、私の婚約者だっのです。
病院で息を引き取る時の最後の言葉..
「愛している、ずっと見守ってる」
その事が鮮明に思い出されました。

実際のところ、私が見たのは幻覚なのかもしれません。
でも、事故の時に来ていた皮のジャケットが警察から戻ってきたとき、
歩道と擦れて毛羽立ってしまった傷だらけの背中の部分に、細い腕と小さな手の跡がくっきり残っていました。

彼女を失って自暴自棄になっていたのが続いていたのですが、
その事故があってから、ちゃんと前向きに生きなければと…。

798 :ほんわか名無しさん:2006/01/10(火) 16:43:25 0
ええやん
ええやん
ええやん
ええやん・・・・・

799 :ほんわか名無しさん :2006/01/10(火) 17:04:32 0
素敵な話ですね・・・

800 :ほんわか名無しさん:2006/01/10(火) 18:31:07 0
         /∧     /∧
         / / λ   / /λ
       /  / /λ /  / /λ
      /   / / /λ   / / /λ
    /          ̄ ̄     \
   /     / ̄\     / ̄\\
   /      |   ●|     |●   |  ヽ
  |       し ̄ヽJ     し  ̄ヽJ   |
  |             '"""         |
  |   """"   T"     |   T """ |
   |   """"    |      ノ    |  """ |
   \        丶 ___人___ノ    /  
    \_        ヽ―/   __/   
     /          ̄ ヽヽ   \    
    /

801 :ほんわか名無しさん:2006/01/10(火) 19:28:55 O
ここのスレ最高ですね!
今日初めてここのスレ知ったけど、1から全部読んで目が腫れちゃいましたW
このスレに出会えた事に感謝

802 :ほんわか名無しさん:2006/01/10(火) 20:47:12 O
ヒロトって>>1さんだよね?

いい話を有難う。
住み着かせて貰うよ。

803 :♪kouちゃんDS♪ ◆8wF2oW/o3Q :2006/01/10(火) 21:05:35 0
このスレは最高ですよww
ROMらせてもらったり書き込ませてもらったり・・・心が暖かくなります。

804 :ほんわか名無しさん:2006/01/10(火) 21:55:47 0
おい>>1!
もちろん次スレはあるよな?


805 :ほんわか名無しさん:2006/01/10(火) 21:59:59 0
このスレは暖かいですね。本当に最高です!
僕の心に残っている素敵な話を聞いてください。
僕は下町の町工場で働いて、いつもラジオを聞きながら仕事をしています。
あれは、もう1年ちょっと前になりますでしょうか・・・
今でも想い出すことがあるラジオから聞こえてきた素敵な連中の話を・・・
今でも、仕事をしながらそのことを思い出すと瞳が潤み心が熱くなるのです。

これは、ラジオから聞こえたきた ある青年の話です。
その青年の彼女からのお便りでした。
手紙の内容をすべて覚えていませんのでうる覚えの箇所も
あると思いますがどうぞご勘弁を・・・。
確か以下のような内容だったと思います。

806 :ほんわか名無しさん:2006/01/10(火) 22:02:27 0
私の彼はお酒を飲んでほろ酔い気分になるといつも同じある想い出の話をします。
私はそんな彼のことが大好きです。
彼のお母さんは彼が小学校の時、病気で亡くなりました。
その後はお父さんが彼を育ててくれました。
学生生活のお昼のお弁当はずっと毎日お父さんが作ってくれたそうです。
彼もお父さんが作るお弁当を義務的に食べて学生生活を送りました。
そんな彼も卒業が近づくにつれ 「親父の弁当もうちょっとで食えなくなるな・・・」
と心の片隅にいつもあったそうです。
そんな彼も高校を卒業し(就職だったか進学か覚えていません・・・すいません)上京する
ことになりました。
上京する前の日、お父さんが「明日、見送りするついでに駅ビルで飯でも食おうか」
と言ったそうです。
すると彼は
 「わるいんじゃけど弁当作ってくれんかね、新幹線の中で食べるけん」

 「そんなもんでええんか、遠慮せんでええんど」 とお父さんが言ったそうです。

つづく

807 :ほんわか名無しさん:2006/01/10(火) 22:03:11 0
上京する日、駅のホームまでお父さんが見送りにきました。
 「がんばってこいよ!」とお弁当を手渡してくれました。
そのお弁当はいつもより重たかったそうです。
上京する新幹線の中でお弁当の蓋をあけると、いつもと変わらぬ弁当です。
彼はそのお弁当を食べながら泣きました。大声で泣いたそうです。

 「親父の弁当こんなにうまかったかな。親父!いままで本当にありがとう」

そんなことを胸にいだいて上京したそうです。
もう1度、書きます。

 私はそんな彼のことが大好きです。


以上です。このような内容だったことを覚えています。
この青年も手紙をラジオ局に送った彼女も息子の為に弁当を作り続けた
お父さんもこの手紙を涙声で読んだアナウンサーさんも、なんと心の暖かい連中なんでしょうか。
どうか、末永く幸せになっていただきたい。亡くなられたお母さんもきっと喜んでおられることでしょう。
これが今でも時折想いだす話です。
長々と長文で大変失礼いたしました。



808 :♪kouちゃんDS♪ ◆8wF2oW/o3Q :2006/01/10(火) 22:22:37 0
>>807
・・・・いいお父さんだね・・・・泣けるよコレ・・・

809 :♪kouちゃんDS♪ ◆8wF2oW/o3Q :2006/01/10(火) 22:27:02 0
>>807
人の心って温かいね・・・

810 :ほんわか名無しさん:2006/01/10(火) 22:41:48 O
こうちゃん。
今度、落ち着いたら、こうちゃんのためにスレプレゼントするね。



811 :ほんわか名無しさん:2006/01/10(火) 23:19:07 0
人の心は温かいのさ。

812 :ほんわか名無しさん:2006/01/10(火) 23:27:11 0
明日はもう一度ふれたいな。

よしだたくろうの詩にありました。

813 :♪kouちゃんDS♪ ◆8wF2oW/o3Q :2006/01/10(火) 23:58:32 0
>>810
こうちゃんってボク!?スレプレゼントって!?!?

814 :ほんわか名無しさん:2006/01/11(水) 00:00:09 O
いま入院中だけどこのスレを見るといつも勇気付けられるよ。

ありがとう、みんな。

815 :♪kouちゃんDS♪ ◆8wF2oW/o3Q :2006/01/11(水) 00:03:42 0
>>814
アナタのレスに感動した・・・
これからもオレイロイロ書くと思うのでよろしくお願いします!

816 :ほんわか名無しさん:2006/01/11(水) 14:22:03 O
良スレage

てかコテはなんのため?

817 :ほんわか名無しさん:2006/01/11(水) 16:22:43 0
>>816
気にすんな小心者。

818 :ほんわか名無しさん:2006/01/11(水) 18:12:49 O
殺伐しないで下さいm(__)mお願いします

そしてage

819 :ほんわか名無しさん:2006/01/11(水) 19:26:15 O
あげっ!ここは末長く続けていくべきスレ(*。′ー`)

820 :ほんわか名無しさん:2006/01/11(水) 19:54:35 O
所さんの(ry

結婚式の旅泣けるよ。

821 :ほんわか名無しさん:2006/01/11(水) 19:56:08 O
僕が小学生の頃、母親が急死。父親は夜勤の仕事。そんなクリスマスの夜、妹は僕の為に御馳走を作ってくれたんだ!サラダばっかりだったけど…涙が出てしょっぱかったよ。妹はまだ保育園だったかな?

822 :ほんわか名無しさん:2006/01/11(水) 21:39:24 O









823 :ほんわか名無しさん:2006/01/11(水) 21:54:34 O
あんまり良い話じゃないかもしれないけど、私も書いて良いですか?

824 :ほんわか名無しさん:2006/01/11(水) 22:00:52 0
>823
是非、お願いします。聞かせて下さい!

825 :♪kouちゃんDS♪ ◆8wF2oW/o3Q :2006/01/11(水) 22:02:43 0
皆言い放しに飢えてるねww>>821もいい話・・・感動したよ・・・妹さんを大切にね!
>>823
お願いします

826 :ほんわか名無しさん:2006/01/11(水) 22:04:13 O
書いて書いて(o^_^o)
ワクワク♪

827 :823:2006/01/11(水) 22:09:48 O
私の友人が1匹の犬を飼ってましたが、無駄吠え、粗相、悪戯、言う事を聞かない、飼い主に対して唸る等典型的な駄目犬でした。
その後友人が妊娠し、犬と赤ちゃんの面倒は見きれないので私に犬を飼って欲しいと頼まれました。
たまたま色んなタイミングが合い、とんとん拍子で2歳になるその犬はうちの子になり、元々飼い易い犬種だった為躾も上手くいき、友人も驚く程良い子になりました。
ある時TVで「人や動物との出会いに偶然は無く、全て必然である」といった話を聞いた時『この子も私の人生において必要だから来たのかな?』と思ってました。
更に同じ番組の別の回で「この世に生まれ無かった命は、5年かけて生まれ変わる」みたいな事を言ってて、ちょっと思い当たる事が…この子の生まれる5年前…実は当時学生だった私は堕胎手術をしました。私の浅はかな行動で、この世に生まれる事が出来なかった命。
これは私の勝手な解釈と思い込みですが、その後ずっと悔やみ続けてる私の所に、やり直しをさせる為にこの子は来てくれたんだと思いました。

年齢的にはすっかりおじいちゃんになったけど、たいした病気もせず跳ね回る程元気で子供の様に甘えん坊で、私の腕枕で熟睡して寝言を言ってるこの子を見てると『精一杯の愛情を注いであげたい』と思います。
かなり長文で乱文だし、私しか泣けない話でごめんなさい。



828 :♪kouちゃんDS♪ ◆8wF2oW/o3Q :2006/01/11(水) 22:12:23 0
>>827
泣けるってか奇跡だね・・・感動したよ

829 :ほんわか名無しさん:2006/01/11(水) 22:26:49 O
仕事中に見るスレじゃないなぁ。うぅ・・(;;)

830 :ほんわか名無しさん:2006/01/11(水) 23:13:06 0
僕たち本当はみんな、わかっていたんだ
あの日、君は僕たちの分まで涙を流してくれたことを・・・。

小学校3年の時、クラスの人気者だったS君が家庭の事情で県外の学校に
転校することになりました。
この時、クラスの女の子Wさんも転校することになり、クラスで送別会を
行うことになりました。
送別会が始まり歌や手品や物まね芸などで盛り上がっていた所、S君の1番
仲の良かったH君が突然泣き出したんです。


クラスの野郎たちH君を冷やかしました。
『お前、Wが転校するけん悲しいだろ!』
『Wのことが好きじゃったんじゃろ!』などと・・・。
まぁ、小学校3年の頃の野郎どものボキャブラリィと言うのはこんなもんです。
人前で泣くの恥ずかしい年頃ですし、しかも別れる友を前にして泣くのは・・・。
それでもH君の涙は止まりませんでした。眼を真っ赤にして泣き続けたんです。
S君、もらい泣きしていました。S君も、わかっていたんだねH君の気持ち・・・。

自分の気持ちをここまでストレートに出せれるH君・・・。
別れる友を前にして惜別の涙を見せたH君・・・。

僕たちよりちょっぴり大人だったんだね君は・・・。
でもね、本当はあの日、君と一緒に泣きたかったよ!

831 :ほんわか名無しさん:2006/01/12(木) 00:22:10 O
。・゚・(つД`)・゚・。

832 :ほんわか名無しさん:2006/01/12(木) 02:13:31 O
あああああああああああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・
なんてスレ立てるんだよお・・・
涙が溢れて止まらないじゃないかよ・・・

833 :ほんわか名無しさん:2006/01/12(木) 03:15:36 O
(ToT)

834 :ダーティー・ハリー:2006/01/12(木) 04:35:03 0
「泣かせるぜ…」

835 :うんこ:2006/01/12(木) 04:43:05 O
うんこ うんこ うんこ うんこ うんこ うんこ うんこ うんこ うんこ うんこ うんこ うんこ うんこ うんこ うんこ

836 :ほんわか名無しさん:2006/01/12(木) 04:54:04 O
1から一気に読んだけど…泣きすぎてゴミ箱がティッシュで埋まった。
元々涙もろい性格だからこのスレを読んでる3時間位泣きっぱなしだった。
こんなに泣いたから今日は目が腫れて大変な顔になりそうだ…。
忘れられなさそうな話もあった。感動をありがとう。
まとめサイト熱烈キボン

837 :ほんわか名無しさん:2006/01/12(木) 14:26:26 O
今のところ一番泣けた話はどれ?
レス番でよろしく。

838 :ほんわか名無しさん:2006/01/12(木) 15:00:37 0
小学校のプールの時間、クラスのみんなは
水着を入れるバッグの柄を自慢しあってた。
家が貧乏な俺だけ参加できなかった。

      仮面ライダーノ絵ー♪ 俺ノハウルトラマーン♪
( 'д`)      ヾ( ・∀・)ノヘ  ヘ(・ω・ )
(_ _)         (_ _) ■ 回 (_ _)

俺は母に、仮面ライダーの柄が入ったバッグをせがんだ。


「ゴメンネ、タケシ、
お給料日まで待ってね。」         
J(;'ー`)し
 (ヽ )     ヾ(`д´ )ノシ 明日ノプールノ時間ニ
 ||       (_ _)    使イタインダヨ!!

「明日は無理だよ。我慢してね、タケシ。」
         
J(;'д`)し
 (ヽ )ヽ            (   )ゞ ウェェェェェェ!!
 ||        Σ=== /(_ _)   カーチャンナンカ嫌イダー!!!


839 :ほんわか名無しさん:2006/01/12(木) 15:01:13 0
|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
||||||||||          ┌─┐  .|||||||||||
||||.            │└│   .||||||||
||.   J('ー`)し    └─┘    .|||||
     ゝ ノ)        カッチ…
    / ̄/ノ          カッチ…
     ̄


おはよう、タケシ。
J( '∀`)し       フン!
 (ヽ )ヽ ヘ      ( `д´)
 ||  図      (_ _)
「仮面ライダーは無理だけど、こんなの縫ったよ。」


J( 'ー`)し
 (ヽ )ヽ ヘ     (`д´ )
 ||  図      (_ _)
「綺麗にできたと思うんだけど・・・今日はこれで我慢してね。」



840 :ほんわか名無しさん:2006/01/12(木) 15:01:47 0
         ナンダソリャ、男ナノニ花柄カヨ、ダセー!!
( 'д`) ヘ     ヾ(゚∀゚ )ノ   (゚∀゚ )
(_ _) 図       (_ _)    (_ _)
          アキラカニ「手デ作リマシタ」ッテ感ジジャネーカ!!

  チクショー!!    ビリビリ  ヘ\(;д;)ノΣ 
 カーチャンノ馬鹿!!      Σ]  (_ _)    ビリビリ

J( 'д`)し         転ンデ
 (ヽ )      ('∀`;)   バッグ破ケチャッタ・・・
 ||       (_ _)
「アララ・・・じゃー
仮面ライダー買おっか。」

J( '∀`)し
 (ヽ )     ヾ('∀` )ノシ
 ||       (_ _)
        ホントー? ヤッホー!!

夜遅くまで花柄バッグを縫った日、母はパートだった。
その次の日もパートだった。

仮面ライダー   ('д` )
 水着入れ     ノ( ノ)
   ヘ          | |
   □ 1500円

デパートで似たようなのを見るたびに
二度と見ることのできない、母と花柄バッグを思い出す。

841 :838-840:2006/01/12(木) 15:05:56 0
自分の母はまだ健在だがこれを見てマジで親孝行せんとな〜、と思った。
うちは貧乏な母子家庭で東北の田舎に住んでたんだけど、
俺が高卒で働くこともなく思いっきり勉強できて、
東京の国立の大学に入れたのも母親のおかげだ。
社会人になったら今まで苦労かけた分絶対に親孝行する。

842 :ほんわか名無しさん:2006/01/12(木) 15:31:50 O
携帯からじゃ見れないorz

843 :ほんわか名無しさん:2006/01/12(木) 15:36:24 O
携帯から見たい人はこちらへドーゾ
http://au.s2ch.net/test/-/

俺も母親にはわがまま言いまくってたからな
同じ様な思い出があるから…
なんかいろんな意味で泣きそうになった…

844 :ほんわか名無しさん:2006/01/12(木) 16:56:52 O
俺のうちには小さい頃からずっと一緒だった愛犬がいた。
すごく人なつこい犬で、いつも俺のあとをタカタカついてきていた。
俺がイライラしてるとき、何か言いたげに目の前に座って、
「そんな怖い顔して、どうしたの?」
そんな風に言っているように思えた。
嬉しいときも泣きそうなときも、いつもそばにいてくれた。
それなのに、つきまとわれることをウザイとか思ったこともあった。
ごめんな。

ずっと元気だったのに、突然病気になった。病院につれていったが、もうかなり進んでいて危険な状態だと言われた。
ぐったりした姿を見ても正直実感がなくて、またすぐ元気になるような気がした。


845 :ほんわか名無しさん:2006/01/12(木) 17:07:57 O
でも…だめだった。ずっと寝たままになり、食事もできず、日に日に痩せていった。
ばかな俺は、まだ大丈夫まだ大丈夫と自分に言い聞かせていた。
できるだけそばにいたかったけど、忙しくてそうもいかなかった。
本当にごめんな。

ある日、家に帰ってそばに座ってやると、頭をあげて俺を見た。
もう動けないはずなのに立ち上がって、ふらふらの足で俺のすぐ横によりそってきた。
俺は、ちょっと具合がよくなったのかと思って、なでてやった。

…そしたら、ぐったり俺の腕によりかかって、目を閉じた。
しっぽをパタパタと振っていた。

「ありがとう。楽しかったよ」

俺にはそう言っているように思えた。
犬は、もう息をしていなかった。

わかっていたら、一日一緒にいてやれたのに。
最後にあいつが一番好きだったことを、一緒にしてやれたのに。

ごめんな。
俺の方こそ、今までありがとう。
俺も楽しかったよ。

846 :ほんわか名無しさん:2006/01/12(木) 17:17:23 0
>>841
あんたは偉いな。
あんたは真面目に勉強した。
それだけでお母さんの苦労は報われたと思うよ。

親孝行頑張れよ!

847 :ほんわか名無しさん:2006/01/12(木) 17:26:09 O
>>845
(;_;)
きっとそのワンちゃんも幸せだったと思うよ。

848 :ほんわか名無しさん:2006/01/12(木) 19:44:29 O
ここのスレ話、ほとんど作り話しじゃねーの?嘘臭い。

849 :ほんわか名無しさん:2006/01/12(木) 20:04:40 O
なんでそういうこと言うの?
じゃあ一人でそう思ってりゃいいじゃん。

850 :ほんわか名無しさん:2006/01/12(木) 20:24:20 O
>>849同感

851 :ほんわか名無しさん:2006/01/12(木) 20:37:20 0
>>850 激しく同感!


852 :穴開き靴下 ◆v.T/dshbsQ :2006/01/12(木) 20:55:01 0
この年になって感動に弱い俺が来ましたよ。
俺の個人サイトでよかったらまとめるよん。


●←コレ持ってないからまとめる前にdat落ちしたら終わりだけどね。

853 :ほんわか名無しさん:2006/01/12(木) 21:50:34 O
>>848激同!前から糞臭いと思ってたYO
頭の中がメルヘンの人多いよな

854 :ほんわか名無しさん:2006/01/12(木) 21:54:32 O
>>853だったら来るな

855 :ほんわか名無しさん:2006/01/12(木) 21:56:28 O
>>854やっぱり激しく同感

856 :ほんわか名無しさん:2006/01/12(木) 22:05:17 O
まぁ皆様!
(o^_^o)っ旦~<スルーしよ!ここのスレに殺伐は必要ない


誰かぁぁ!いい話キボン!

857 :穴開き靴下 ◆v.T/dshbsQ :2006/01/12(木) 22:17:49 0
>>852でも触れたが、
『まとめサイト』
需要あるなら作るよノシ

858 :ぇ〜たん:2006/01/12(木) 22:18:00 O
今朝 激しい陣痛が来た…そして私はトイレへ駆け込み …………………しばし30分 *;,.*:.綺麗な巻きグソが出来た:,*天辺は;ソフトクリームのようにツンと素晴らしく立っていた',',;*,誇らしげに;':*:';*私は感動で涙が止まらなかった

859 :ほんわか名無しさん:2006/01/12(木) 22:21:08 O
>>857
まとめて〜!
お願い!

860 :穴開き靴下 ◆v.T/dshbsQ :2006/01/12(木) 22:23:09 0
>>859
俺もリアルで仕事持ってるから、すぐには出来ないと思うけど、
約束しまつ。

861 :ほんわか名無しさん:2006/01/12(木) 22:23:45 O
|・`)つhttp://homepage2.nifty.com/adaneco/ada6.html

862 :ほんわか名無しさん:2006/01/12(木) 22:27:11 O
>>857サン ぜひお願いしますm(_ _)m

863 :ほんわか名無しくん :2006/01/12(木) 22:28:36 0
実際よ〜
スレ題は「涙が出るほどいい話」なんだから
作り話だろうがパクリ話だろうがよさげぢゃねぇ〜かと・・・?
「あ!これ聞いたことあるなぁ〜」と思っても
「ええ話やのぅ〜」とかカキコする人もいるし。
黙っている優しさもホスイもんですよ。

864 :ほんわか名無しさん:2006/01/12(木) 22:36:29 O
>>863それはそれでもいいけど
やっぱり聞いた話なら聞いた話で作った話しなら作った話しって言ってほしいよな

俺はそういう事故報告がないやつはほとんど実話なんじゃないかなぁと思ってるんだけど…

865 :ほんわか名無しさん:2006/01/12(木) 22:45:09 0
今でも、子持ち昆布の佃煮を見ると必ず思い出すんだ・・・。
あの時期、辛く悲しかった出来事の中にも僕の心の中に光を照らしてくれた友のことを・・・。


僕は中学1年の2学期に仲の良かった友達連中から突然無視され始めたんです。
いわゆる、いじめです。
僕が何か悪い事でもしたのかなと考えたのですが心当たりはありません・・・。
なんか凄く悲しかったです。人間不信になりました。
当然、昼の弁当も僕一人で食べてました。いじめが始まって何日かたったころでしょうか、
うつむいて弁当食べてると、左手に弁当、右手に椅子を引きずって来て僕の席の前に陣取ったんです。
顔を見上げたら、そこには同じクラスのS君が立っていました。
『いっしょに食べようや!』と・・・。
S君はクラスでも目立つ存在ではありませんし、気の強い子でもありません。
僕と話をするとS君まで跳ねにされるかもしれないのに、きっとすごい勇気を出してくれたのだと思います。
そんなS君の思いやりに、僕は泣きそうなくらいうれしかった。 いやっ、泣いてたかも・・・。
僕は『うんっ』と返事をするのが精一杯だったと思います。
それからずっといっしょに弁当を食べるようになりました。
それから、しばらくしていじめは無くなりました。


君のおかげであの局面を乗り越えることができました。本当にありがとうね!
中学を卒業して縁遠くなってしまったけど
君があの時見せてくれた思いやり今でも大切にしているよ。


君の弁当、いつもご飯の隅っこにそっと添えられた子持ち昆布の佃煮が入っていたね・・・。

866 :ほんわか名無しさん:2006/01/12(木) 22:49:19 O
(ToT) いい友だね!

867 :ほんわか名無しさん:2006/01/12(木) 22:50:19 O
このスレを長く続けて繋げていくためにも、皆で話し合うには良い機会ですね!素敵な事を活字にして皆に感動を与えている事実にかわりないと思うので、実話・フィクションなどを入れるのも有りと私は思いますが皆さんの意見はどうですか(*′ー`)?

868 :ほんわか名無しさん:2006/01/12(木) 23:18:07 0
>>867 大賛成!

869 :1 ◆zBvvMGYmRg :2006/01/12(木) 23:19:09 0
こんばんは。
まとめサイト作ってくれる方、ぜひぜひお願いしたいです。
自分にはホームページ作成とかの知識皆無なのでorz

フィクションや自分の体験じゃない話を書き込む場合は、
最初に
「この話は自分の作り話です。」とか
「他のスレでいい話を見つけたんでここに載せます。」
とか言っていただけるとありがたいです。

他のスレからの転載はまったく問題なしですが、
フィクションはそんなに頻繁に載せないでほしいというのが本音です。
「たまにはフィクションもあっていいじゃないか」ぐらいに思っています。

ここは皆さんの意見を聞きたいです。

870 :♪kouちゃんDS♪ ◆8wF2oW/o3Q :2006/01/12(木) 23:24:02 0
>>869
今は忙しいですが、受験終わればホムペ作れるかも知れません。
でも学校で習った程度なので知識ある人の方がいいと思いますが。
後フィクションもいいんじゃないですか?

871 :1 ◆zBvvMGYmRg :2006/01/12(木) 23:27:10 0
あと、このスレを読んでくれる人全員に言いたいんですが、
ここに皆さんが投稿してくれた話は「フィクションです。」ということわりがなければ
「はいはい、どうせ、作り話なんだろ?」
とかと冷ややかな目で見るのはやめてほしいです。

同じ感動した話を読むにしても冷ややかな目で「どうせうそだ。」と思って読むのと、
「こんな感動できるとは幸せだなぁ〜」と思って涙腺を緩めながら読むのでは、
後者のほうが気持ちいいでしょ?
こういうことは前向きにとらえていきましょうよ。
後ろ向きに捉えたっていいことありません。

872 :ほんわか名無しさん:2006/01/12(木) 23:28:40 0
だけど、ノンフィクションに似せたフィクションで、
後でバレちゃうのっていうのは、いただけないな。
と俺は思うんですけど。

873 :♪kouちゃんDS♪ ◆8wF2oW/o3Q :2006/01/12(木) 23:29:47 0
>>871
それはボクも前から思ってました。
実際に奇跡とかってあるし、実話なのに、「どーせ嘘だろ」とか言われたら二度と書き込まないと思うし。

874 :1 ◆zBvvMGYmRg :2006/01/12(木) 23:36:40 0
>>870
ホームページは>>860の穴開き靴下さんが作ってくださるようなんで、
靴下さんが無理になったらお願いします。
フィクションも最初に断ってくれれば構わないです。

>>872
たしかにそういうのはわかりにくいですしね。
でも特にことわりがない場合は自分は実話として読んでいきます。
いちいち疑って読んでたんじゃつまらないですからね。

なんかガキのくせに偉そうなこと言ってすいません。
では、風邪引いてけっこう熱あるんでそろそろおちます。


875 :1 ◆zBvvMGYmRg :2006/01/12(木) 23:41:43 0
あと、最後にひとつ。
よく話を書く前に、
「私も書いていいですか?泣けないかもしれないけど。」
と書く人がいますが、
このスレではそんなのいりませんよ。(^ω^ )
自分が泣いた話でも人から聞いた話でもなんでも遠慮なしに書いちゃって構いません。

876 :ほんわか名無しさん:2006/01/12(木) 23:50:26 O
いっぱいの人が居るから、どうしても、嫌な事書く方も居ると思います。でも、書き込んでるって事は、きっと暖かい話が聞きたくて、来てるわけですよね。
何を言いたいか分からなくなっちゃいました!ただ、こうして話し合えて感動し合う事が出来るこのスレもここの方々も暖かいです(*′ー`)

877 :ほんわか名無しさん:2006/01/12(木) 23:52:50 0
>>1さんがいい奴だからいい奴が自然に集まってくる。

超長寿スレの予感w記念パピコ。

878 :877:2006/01/12(木) 23:55:11 0
俺も今仕事中だから、
明日ここに書き込む










明日までに1000いってないよな?!

879 :ほんわか名無しさん:2006/01/13(金) 00:07:02 O
多分このスレは伸びないと思うよ
(雑談とかが無ければね)
フィクションじゃなくて泣ける話が何百もあると思えないしフィクションでもそんなに泣ける名作は多くはないだろうし
それにそんなにいっぱいあったら意味ないでしょ?
だからこのスレは「良スレなのに伸びないスレ」になると思う
でもだからこそ話の一つ一つの価値観が増すんだと思う

880 :ほんわか名無しさん:2006/01/13(金) 00:13:25 O
うざいけど最後に良いこと言った。

881 :ほんわか名無しさん:2006/01/13(金) 00:19:06 O
誉めてるのかけなしてるのか分かんないカキコが二回続きましたね

882 :ほんわか名無しさん:2006/01/13(金) 00:21:51 O
別にどっちもけなしてはないと思われ

883 :ほんわか名無しさん:2006/01/13(金) 00:25:29 O
だれも涙が出るくらいの話書いてないよ〜な・・・
だれかかいてくれー

884 :ほんわか名無しさん:2006/01/13(金) 00:36:26 O
さっきまで感動FLASH見まくってた…涙枯れたね

885 :ピギー:2006/01/13(金) 01:16:15 O
ではフィクション許可が降りたので、僕の作り話をしたいと思います。
それが嫌な人は飛ばしてくださいm(_ _)m
『俺、もうちょっとお前の事考えてたいな。
昼休みはまだ少し残ってんだ。
ギリギリまでお前を見てたい。
お前に貰った下手くそな字の手紙、まだ上から三番目の引き出しに入ってるよ。
ほら、俺ってさ、高校でお前以外に友達いなかったじゃん。
なのにお前と喧嘩したりしてさ、ホントバカだよな、俺。
一人ぼっちで家路につく俺を呼び止めて、手紙を渡すお前の顔、真っ赤だったよなぁ。
照れてたんだよな、分かるよ、うん。
お前いっつも馬鹿な事で意地張るところとか俺にそっくりでさ、そのくせ人一倍寂しがりやなとこまで、そっくりだったよな。
でも俺喧嘩ばっかしてたけど、お前の事大好きだった。
なんていうのかな。俺がお前の一部で、お前は俺の一部みたいな。
ワケわかんないだろ(笑)でもお前急にいなくなっちゃったんだよなぁ。
今日と同じよく晴れた日だったよなぁ。
俺が海行こうっつったらお前すげえ喜んでさ、色んなビーチのカタログ山のように抱えこんできて。
そんな行けるかっつの(笑)
一つだけでよかった。
一つだけでもバイクで行って、アイス食って、泳いで、砂浜に寝そべって…
いっぱいいっぱい遊んだ後、お前をバイクに乗せて帰れれば良かった…
はしゃぎ過ぎだよ、バカヤロウ。
俺なんかに、お前を守ってやれない俺なんかにそんな嬉しそうな笑顔向けやがって。
綺麗すぎるよ、全く。
おっと、もうこんな時間か。
そろそろ戻らねえと。
空…青いな。広いな。
お前は空の向こうになんか行ってないよな。
だって、俺のココに、いるんだから。
だから、大丈夫。
まだ迎えに行けねぇけど、いつか行くからよ…』

886 :ピギー:2006/01/13(金) 01:19:08 O
僕の自己漫になりそうなので、一応解説を。
主人公は、芝生に寝そべって太陽のギラつく空を見上げているところです。
『お前』の性別とかは…ご想像にお任せします。
本当に、お目汚し失礼しましたm(_ _)m

887 :ほんわか名無しさん:2006/01/13(金) 01:23:11 O
>>871 遅いですが、本当にそのとおりだと思いました。
もし本当のことなのに、せっかくみんなに知ってもらいたくて書いたのに、嘘だと言われたらどんな気がするか…
きっと、本人にとっては大切な思い出なんですから。
嘘だと思っても、自分の中でそう思うだけにしてもらいたいです。
せっかくの良いスレなんですから(´∀`)

888 :ダーティー・ハリー:2006/01/13(金) 01:44:45 0
「泣けるぜ・・・」

889 ::2006/01/13(金) 02:50:36 0
私は小さい病院で看護師をしています。私が新人だったころHさんという患者さんが入院していました。Hさんはガンの末期でしたが、まだ元気な頃は私を孫のように可愛いがってくれていました。

890 ::2006/01/13(金) 02:56:49 0
新人のへまばかりの私を「大丈夫大丈夫」とにこにこあったかく見守ってくれました。私は、毎日Hさんとお喋りすることがとても楽しみでした。私が徐々に仕事を一通りこなせるようになった頃、Hさんは徐々に衰弱していき、ねたきりになってしまいました。

891 ::2006/01/13(金) 03:08:11 0
ある日。私がHさんの所へ行くと、Hさんは動かない体で必死に私の白衣のポケットにちり紙を入れてくれました。私はその時花粉症だったので、Hさんが私のためにちり紙をくれたんだと思い、お礼を言って、もらって帰りました。Hさんの気持ちがとても嬉しかった。

892 ::2006/01/13(金) 03:12:39 0
でも、帰ってちり紙を見てみると中に千円札が包まれていました。看護師は患者から金品を受け取ることはタブーです。私はHさんにお金を返しにいきました。しかしHさんは頑に受け取ろうとしません。

893 ::2006/01/13(金) 03:17:06 0
「私は花粉症の春ちゃんにちり紙をあげただけよ」と言い張って聞きません。でも私は受け取れないのでHさんのベットにお金をおいて部屋を出ようとしました。するとHさんは私にこう言いました。

894 ::2006/01/13(金) 03:22:23 0
「春ちゃん。毎日来てくれて嬉しかったよ。楽しかった。春ちゃんのおかげ。でももう私は歩けないから、春ちゃんにお礼を何かしたいんだけど買いに行けないのよ。ごめんね。ちり紙が私の精一杯の気持ちなの。これしか、できないの。」

895 ::2006/01/13(金) 03:25:57 0
私は涙が止まりませんでした。ちり紙を大事にポケットにしまって、Hさんの手を握り締めていました。Hさんはもう話すのもやっとの状態でした。「さみしい」と言っていました。

896 ::2006/01/13(金) 03:31:03 0
次の日、私は犬が大好きなHさんのために、犬のぬいぐるみを2つ、買っていきました。Hさんはもうどうにか息をしている状態でしたが、私が行くと目を開けてくれました。私はHさんにぬいぐるみをひとつ、渡しました。

897 ::2006/01/13(金) 03:37:34 0
「Hさん。見てね。この子私とお揃いなの。ずっと一緒だからね。淋しくないよ」Hさんは頷いたように見えました。ぬいぐるみを持たせた手にぎゅっと力が入りました。Hさんはそのまま目を閉じ、その3日後に亡くなりました。

898 ::2006/01/13(金) 03:42:22 0
私はHさんの死に際に会えませんでした。空っぽのベットがなんだかせつなかった。それから4年の月日が流れました。つい先日、Hさんの最期を看取った先輩と夜勤をしたとき、Hさんの話になりました。

899 ::2006/01/13(金) 03:50:11 0
「Hさんさ、最期のへんからずっと犬のぬいぐるみ握り締めてたじゃない?ずっと離さずにさ。最期まで結局離さなかったんだよ。大事なもんだったのかねー」と。今もHさんからもらったくちゃくちゃのちり紙と、おそろいのぬいぐるみは私の宝物です。

900 ::2006/01/13(金) 03:56:46 0
Hさん、なんにもできなくてごめんね。可愛がってもらうばかりで看護師らしいこと何もできなかった。私、ターミナルケアの勉強をしようと思います。Hさんとの出会いを無駄にしたくないから。いっぱいありがとう。また会おうね。

901 ::2006/01/13(金) 03:59:18 0
多文、乱文失礼しました。長々すいません。このスレの人はあったかくて、私も大事な思い出を聞いてもらいたくなりました。

902 :ほんわか名無しさん:2006/01/13(金) 09:29:57 0
良スレですな。
感動フラッシュおいときまつ。
ttp://kandouii.sakura.ne.jp/flash/obj018.swf

903 :ほんわか名無しさん:2006/01/13(金) 09:41:10 O
いい話だ…
それがHさんの精一杯の気持ちだったんだろうね…
泣けてきた

904 :879:2006/01/13(金) 09:48:52 O
亀になりましたが
>>880>>879の何がウザイわけですか?
俺は別に悪いつもりで言ったんじゃなくて事実だと思いますけど・・・
伸びるスレ=良スレとは限らないし
伸びないからこそいいんじゃないですか?

でもなにか不快感を与えたなら謝りますよ
スマソm(_ _)m

905 :ほんわか名無しさん:2006/01/13(金) 10:06:36 O
>904に同意

大事に温めましょう。

906 :AS:2006/01/13(金) 10:25:58 0
それはまだ俺が中学生のとき。
よく喧嘩をしていた。
後輩だろうと先輩だろうと肩がぶつかればすぐに喧嘩。
そんな自分にも仲のいい友達がいた。
そいつとは、小学三年生のときにクラス替えをして
席が近くになった。
すごく優しいやつで俺とは全然種類が違うやつ。

907 :AS:2006/01/13(金) 10:31:21 0
そいつはよく弱いやつしか狙わない
いじめっ子共にいじめられてた。俺は弱いもの虐めをするやつがどうしても許せなくて
俺の友達がいじめられてる現場を目撃しては、いじめっ子共を追い払ってやった。
だが、「もちろん俺の見ていないところでも俺の友達はいじめられてる。」
そんな事を考えつつも体調を崩した俺はその日学校を休んだ。

908 :AS:2006/01/13(金) 10:40:31 0
まぁ次の日は学校に行ったよ。
するとどうしたことか、友達の様子がどう見てもおかしい。
なんていうかおびえてる?
俺は友達に声をかけたが無視される。
何があったのかは知らないがどうせ、いじめっ子達だろ。
そう思った俺はいじめっ子達のところにいって話を聞いた。
無論そいつらは何も話さない。こいつらだと確信した俺はそいつらを殴り飛ばした。
しばらく沈黙が流れたよ。
すると1人のいじめっ子がしゃべりだした。

909 :AS:2006/01/13(金) 10:56:23 0
いじめっ子「そいつよー、お前の事うざいってよー」
俺「は?」
すると俺の友達は俺に向かってこう言った。
友達「前々から迷惑していたんですよ。。頼んでも無いのに助けてきて・・・」
いじめっ子「ほーら。んでそいつお前とは縁切るから、俺らの仲間に入れてくれってよ」
俺「・・・」
友達「そういうことだからもう僕に関わらないでください。」

俺はこの時思った。
人間の絆なんて脆い物だと。自分がいじめられたくないからいじめっ子とつるむ・・・
喧嘩ばかりしていた俺でもこの時ばかりは胸が痛くなった。

それから半年位経ったかな?元友達が転校するって。
俺にとってはどうでもよかった。もう友達でも何でも無いんだから。
そして、転校する日。一度も話さずにそいつは行ってしまった。
家に帰ってケータイを見ると留守電が入っていた。


910 :AS:2006/01/13(金) 10:59:59 0
俺はそれを確認した。

「ごめんね。」

たったそれだけ、でもなぜか俺は涙が止まらなかった。
なんであの時俺は理由も聞かないで友達と会話をやめたんだろう
今でも後悔してる。
そんな青春時代の苦い思い出。

911 :ほんわか名無しさん:2006/01/13(金) 11:11:07 O
それはいじめっこのウソではなかったの?

912 :チロ:2006/01/13(金) 11:25:41 0
初めまして。とても良いスレに出会えたました。
皆さんのお話感動したので私も。

小学生の時チロと言うヌコを買ってました。チロは私の父と仲良しでした。
父もチロをいつも肩に乗せて。散歩したりとてもかわいがっていました。
しかしそんな幸せは長く続きませんでした。
チロは先天性免疫不全症候群という。病気が発病してしまったのです。
肝臓やあらゆる臓器が病気に侵されてしまいました。毛の色も黄色になってしまい
私はどうしてやる事も出来ず泣いてばかりいました。飼いたいと言い出した
のは自分だったのでお年玉の貯金から治療代を払いました。
それと同時期…

913 :13号 ◆xtb65.0.bI :2006/01/13(金) 11:26:17 O
いいスレなので喫茶店から差し入れ

珈琲g■~×人数分

914 :チロ:2006/01/13(金) 11:31:09 0
父も同じく癌に侵されていたのです。しかし父はチロの事をとても心配して
居ました。
父が一時退院した時チロが入院している動物病院から電話が来ました。
チロは死にました。
父は声をあげて泣きました。母も兄もみんな泣きました。
チロはペット霊園で火葬してお墓に埋葬しました。
チロと出会ってちょうど20ヶ月目の冬の事でした。
それから父の再検査の日の結果がでました。
肺がんだった父は脳にも転移していました。しかし、脳の腫瘍が消えていたのです。
私たちはペット霊園のおじさんのある言葉を思い出しました。

915 :チロ:2006/01/13(金) 11:38:52 0
『お宅のネコちゃん脳に病気あったの?悪いところは燃えづらくて燻ぶるんだよ。

その時はあまり気にしていませんでしたが、父の結果を聞いてもしやチロが持って
逝ってくれたのかな?と思いチロの49日を済ませ納骨の日に再び、おじさんに
訊ねると『そういう話はよくあるよ。きっとチロちゃんが持っていってくれたんだよ。』と
家族は回復の兆しに喜んでいましたが、その年の夏の初め
願いも虚しく父も逝ってしまいました。45歳でした。

しかし、その表情はとても穏やかに微笑んでいました。
きっとあっちの世界でチロに会えたのでしょうか?
長文ですいません。読んでいただいた方。ありがとうございます。

916 :ほんわか名無しさん:2006/01/13(金) 11:43:09 O
うちの近くでよく猫を肩に乗っけて歩いてる人がいたけど違う人だよね?w

うちもペット何匹か飼ってて死ぬところも何回か見てる
そのたびに「あいつが悪いことを持っていってくれたんだろうな〜」って思ってる

917 :チロ:2006/01/13(金) 11:46:10 0
>>916
レスどうもです。
今から12年前の話です。今でも家ではネコを飼ってますよ。

918 ::2006/01/13(金) 14:05:16 0
今でも忘れられない一つの話。

お父さんのお母さんつまりおばあちゃんね。
毎週日曜日はいつも会いに行っていた。
私はそのおばあちゃんとすごく仲がよかった。
優しくて面倒見がよくて、そんなおばあちゃんが大好きだった。
でもある日悲劇は訪れた。
「おばあちゃんが倒れた。」
私は耳をうかがった
「だって昨日会ったばかりなのに」
聞くところによるともうずいぶん前からだいぶ体が弱ってきていたみたいで
昨日も無理して笑顔で振舞っていたらしい

919 ::2006/01/13(金) 14:09:46 0
でもその時私は学校もあったのでその日は寝てしまった。
後ですっごく後悔した。

次の日学校から帰ってくると仕事のはずのお父さんが家にいた。

「おばあちゃんね・・・死んじゃった(泣きながら」
私は何がなんだか分からないまま思わず泣いてしまった。
喋ろうとするが涙が止まらなくて喋れない。
涙を流しならも私は手紙を書いた。

920 ::2006/01/13(金) 14:20:36 0
まだ小学二年生だったころの手紙です。

おばあちゃんへ
おばあちゃんなんで死んじゃったの?
まだたくさん話したい事とかあったのにどうしていなくなっちゃったの
色々あったよね、お花見に行った事。プールに行った事。
公園に遊びに行った事。雪で遊んだ事。
本当に色々したよね。もう、おばあちゃんと遊べないなんてやだよ
絶対そんなのいやだよ。戻ってきてよ
この手紙を書いてもおばあちゃんはもう見れないんだね
私はおばあちゃんの事を絶対に忘れないから
絶対に忘れないから・・・だからおばあちゃんも私の事忘れないでね
天国に行っても私の事忘れないでね。
おやすみなさい     ○○より

921 ::2006/01/13(金) 14:25:28 0
手紙はすでに涙でぐしゃぐしゃだったよ
お葬式の日。
その手紙を棺の中に入れたよ。
周りの人たちの泣き声がすごくよく聞こえてた
「私は忘れないからねだから・・・おばあちゃんも忘れないでね」
それから私はおばあちゃんの入った棺を見る事は出来なかったよ
こうしてお葬式は終わった

922 ::2006/01/13(金) 14:28:30 0
この出来事は今でも忘れられない大切な思い出

本当にいいおばあちゃんでした。。

長くなりましたがこれで終わりです
今思い出しただけでも泣けてきます。

923 :ほんわか名無しさん:2006/01/13(金) 15:00:26 0
         .。::+。゚:゜゚。・::。.        .。::・。゚:゜゚。*::。.
      .。:*:゚:。:+゚*:゚。:+。・::。゚+:。   。:*゚。::・。*:。゚:+゚*:。:゚:+:。.
ウェ━.:・゚:。:*゚:+゚・。*:゚━━━━゚(ノД`)゚━━━━゚:*。・゚+:゚*:。:゚・:.━ン!!
  。+゜:*゜:・゜。:+゜                   ゜+:。゜・:゜+:゜*。    
.:*::+。゜・:+::*   オマイら泣けるじゃね〜かよ!   *::+:・゜。+::*:.
・ ゚ ゜゚ ・*+:。。.。。:+*・ ゚ ゜゚ ・*+:。。.。。:+*・ ゚ ゜゚ ・*+:。。.。。:+*・ ゚ ゜゚ ・*+:。。.。。:+*
゚ ゜゚ ・*+:。。.。。:+*・ ゚ ゜゚ ・*+:。。.。。:+*・ ゚ ゜゚ ・*+:。。.。。:+*・ ゚ ゜゚ ・*+:。。.。。:+*・
゚ ・*+:。。.。。:+*・ ゚ ゜゚ ・*+:。。.。。:+*・ ゚ ゜゚ ・*+:。。.。。:+*・ ゚ ゜゚ ・*+:。。.。。:+*・ ゚ ゜
*+:。。.。。:+*・ ゚ ゜゚ ・*+:。。.。。:+*・ ゚ ゜゚ ・*+:。。.。。:+*・ ゚ ゜゚ ・*+:。。.。。:+*・ ゚ ゜゚ ・
松さんよ きっと天国で見守ってるぞ お墓参りしてあげてね、きっと喜ぶから

924 ::2006/01/13(金) 18:49:20 0
>>923さん
有難う御座います
ちなみにお墓参り。最近行って無かったので今週にでも行ってきますね


925 :ほんわか名無しさん:2006/01/13(金) 22:56:23 O
みんな!どんどん書いて!わくわく

926 :ほんわか名無しさん:2006/01/14(土) 03:05:20 O
(ToT)皆いい話で本当に泣けます。
皆に幸あれ!

927 :ほんわか名無しさん:2006/01/14(土) 05:37:11 0
高校の時同じクラスに男子バスケ部のキャプテンのS君がいました。
かっこよくてみんなの憧れの的で、県で最優秀選手に選ばれるほどバスケが上手でした。

うちの高校では何ヶ月かに1度クラスマッチというクラス対抗のスポーツ大会がありました。
ある時クラスマッチの種目がバスケに決まりました。
各クラスで男子3チーム、女子2チームを作らないといけません。(優勝チームのクラスが優勝というわけです)
そのチームはくじで決めるという規則でした。
S君のチームは運動の苦手な人ばかりになりました。

928 :ほんわか名無しさん:2006/01/14(土) 05:49:46 0
本番の日、私は自分のチームが負けたので友達とS君のチームの試合を見に行きました。
S君1人でどんどん点を取ってるだろうと予想して点数を見ました。
S君チームは大差で負けていました。
相手はそこまで強くないチームです。S君1人でも十分かなと思っていた私は驚きました。

S君はひたすら全員にパスをしていました。
自分はシュートをほとんど打たずひたすらみんなにボールがまわるようにしていました。
チームメイトがボールを落としても、相手に取られても、
「どんまいどんまい!」と笑顔でその人の肩をたたきました。
結局S君のチームは1回戦敗退でした。
しかしチームメイトはみんな汗をかいて、本当に楽しそうでした。
クラスの誰も負けたことをせめなかったし、そのチームの健闘をたたえていました。
多分S君1人が活躍して勝利していても、彼のチームメイトはあんなに笑えなかったと思います。
私はその時、勝利より大事なスポーツの意義、楽しさを実感した気がしました。

そしてS君が男子にも女子にも人気者だった理由がわかった気がしました。

泣ける話ではありませんでしたね;すみません;

929 :ほんわか名無しさん:2006/01/14(土) 05:55:56 0
Sくんいいやつ!まじ感動したよ!

930 :ほんわか名無しさん:2006/01/14(土) 07:39:01 0
S君! 高校生にして器のデカイ男だ。
感動した。
いい話をありがと!

931 :ほんわか名無しさん:2006/01/14(土) 09:45:17 O
自分もバスケをしてたから、S君みたいな人が居てくれれば、バスケが楽しく出来たかもしれないなーっと思いました!バスケで、チームの人の失敗を責めないことは凄いと思います!!長レスすみませんm(__)m

932 :ほんわか名無しさん:2006/01/14(土) 10:22:36 0
S君めっちゃいい人ですね
自分はバスケやってるけど自分がS君の立場なら1人で点を取りに行くね。
楽しむ>勝ち を優先してしまう。
誰だって目立ちたいのにS君は凄いね。
自分以外の人が失敗したら自分ならキレテしまうね。
いい人だね。ホントに

933 :ほんわか名無しさん:2006/01/14(土) 10:39:15 0
つい先日の話

大雪の日に車で移動していたら突然渋滞した。
そこは国道なんだが、田舎の一本道で迂回路は無い。
その内に車の流れは完全にストップし、停車してしまった。
反対車線も止まったままで、身動きが取れなくなった。
その状態が3時間以上続き、周囲は真っ暗になった。
近くにはGSもコンビニも自販機もなにもない。途方に暮れるしかなかった。
ガソリンの残量が少なかったので、この状態がいつまで続くかわからなかったので
エンジンを止めて、ジャンパーを着込んで我慢することにした。
仕方なく車で寝ていると、窓をトントンする音で目を覚ました。
外にはおばあさんが立っていた
「お腹空いたでしょ?こんなのしかないけど食べてちょうだい」
おばあさんはおにぎりを渡してくれた。そしてポットからお茶を
出してくれた。

934 :ほんわか名無しさん:2006/01/14(土) 10:50:58 0
聞くと国道沿いに住んでいる近所のおばあさんだそうだ。
「娘が仕事からまだ帰ってこなくてね、同じように困ってるんだと
 思うと可哀想になったから」
と、自宅周辺の車に配っているとのこと
冷えた体に温かいお茶はとてもありがたかった。
お礼に何か渡したかったが、あいにく車には何も入ってなかった。
気持ちだけでもと、千円札を渡そうとすると
「お礼は、あなたが困ってる人を見つけた時に、あなたに助ける余裕があれば
 その人にしてあげて」
お茶とおばあさんのその言葉で、身も心も温かくなった出来事でした。

935 :ほんわか名無しさん:2006/01/14(土) 11:14:05 O
なんて優しいお婆さんでしょう。きっと、若い頃にご苦労なさって、他人の気持ちが分かる人なんでしょうね。人間の鏡のような人に出会えて良かったですね。

936 :ほんわか名無しさん:2006/01/14(土) 12:01:51 0
泣けるなんて、いい話ではないのですが。書いてみたいと思い投稿します。スレッドを湿らせたらすいません。
その日は、連日つづく腹痛のために近くの病院に検査をしにいく日でした。
CT検査や音波検査を終え、担当の先生の前にいくと最初の一言めに「癌です」と発表されました。
まるでどこかのドラマのような展開ですが。主人公のようにショックで叫ぶこともありませんでした。
先生も淡々と作業つづけ、大きな病院の推薦状を渡されて終わりです。
他人事のように聞いていた自分が不思議でした。酒もたばこもやりませんし、まだ20代の半ばですし。
はっきりいって自分は、癌とは一番とおい存在と思っていました。
それより問題なのは、怖いと思わない自分が悲しかった事です。死に直結する癌の存在を知ったのに
怖くないというのは、今死んでも構わない。それは何かをやり遂げた人が思う胸中とは違い。
心のこりを残せなかった、自分が生きてきた時間の空しさでした。

937 :ほんわか名無しさん:2006/01/14(土) 12:04:03 0
★中高年 キレ方ズルい?

・「キレる」といえば、子どもの代名詞と思っていませんか−。感情を抑えきれなくなった状態を
 「キレる」というなら、年齢に関係はないはず。ほかの年代のキレ方も、もっと注目されていいの
 では。茨城県坂東市の国勢調査員の男性(66)が、担当した調査票をすべて回収できないのに
 キレて、せっかく集めた調査票まで燃やした騒動も記憶に新しい。夜の東京・新橋で、中高年の
 男性に「大人がキレる事情」を聞いて回った。

 酔いをさましていた会社役員の男性(57)は「仕事中はキレることがしょっちゅう」という。怒りの
 対象は若い部下らしい。「二十代はなってない。言葉遣いが悪いし、あいさつができないし、
 自分の都合で休む」。相当不満がたまっているようだ。「本人のためにも最低限のことはきつく
 教えなくちゃ」。話すうちにますます熱くなり、キレそうになってきた。

 スナックでは、今回の国勢調査で調査員を務めた元会社役員の男性(64)に会った。男性は
 「調査票を燃やした人の気持ちは分かるよ」とぽつり。アパートを担当したが「呼び鈴を押しても
 出ない。郵便受けに調査票を入れると、少したってからガサッと引き抜く音が聞こえた」。

 JR東日本東京支社によると、一昨年度まで、駅員に暴力を振るう年代は五十代がほぼ毎年
 トップを占めた。かなりの割合が酔客とみられるが、この年代はキレやすい傾向があるのだろうか。

 聖路加国際病院精神科部長大平健さんは「大人(中高年)は、相手が弱い立場で反撃
 できないとみると、徹底的に攻撃する。ずるいんですよ。乗客に反論しにくい立場の駅員に
 “キレる”のはその典型ですね」と分析する。
 それでも、夜の新橋では「キレるのは個人の資質の問題」など、自分は無関係と断言する
 中高年も多かったですが…。
 質問を重ねると、大平さんは「“義憤”から正当な行為をしたつもりなので、キレた自覚が
 ないのでしょう」と、ばっさり。
 大平さんによると、大人のキレ方は「会社のため」「部下のため」などと勝手な理由をつける
 ところが少年のそれと違うところだという。(一部略)
 http://www.tokyo-np.co.jp/00/thatu/20051107/mng_____thatu___000.shtml



938 :ほんわか名無しさん:2006/01/14(土) 18:33:55 0
>>936
あぁ〜なんて言葉かけたらいいかわからん・・・。
慰めの言葉も見つからん。・・・すまん。
ネタ話だったらどんなによかったろうに・・・。
どうか 『ネタでした』と言ってくれ!
 

939 :ほんわか名無しさん:2006/01/14(土) 19:16:38 0
936の続きですが。医学の話ですが、癌は高年齢なほど発癌しやすいですが治療する事はできます。
しかし若い時に発癌すると癌細胞は桁違いの速さで増殖し、転移を繰り返します。
成功率なんて怖い事は聞けなかったですが、かなり大きい手術になると言われました。
そんな事を言われたのにショックをうけない自分に愕然としました。哲学的な話になりますが。
「自分はなんで生きてんの?」そんなつまらないセリフも思いつきます。ポカーンとした頭で家路につくと
もう8時をまわっていました。マンションのドアを開けると靴が転がっていました。
少し歩くと上着が、その向こうにはスカートが。そして大音量でテレビの音と、それに負けない笑い声。
ドアをあけるとビール片手に顔を真っ赤にして、笑い転げている同棲している彼女でした。
ロレツが回らない口調で、おかえりと笑いながら良い。またテレビで笑い始めました。
そんな日常的な場面が、先ほどの病院での事を鈍らせてくれましたが。
カバンを置くと病院でもらった推薦状が見えて、また頭のなかが薄暗くなりました。
するとテレビの音が響いていましたが笑い声が消えていました。彼女は大きな口を開けて寝ていました。
口から少しよだれが出てて、酒臭くて、禁煙すると言って二日もたずにタバコの吸い殻はあるし。
年上のくせに、ガキだし。そのくせ自分の方が年上だと威張るし。貧乳と聞くとマジ切れするし。
でも泣けました。そんな彼女の寝顔を見て泣きました。そんな無茶苦茶な女性ですが、彼女のおかげで泣く事ができました。
やっと死ぬのが怖いと思えました。この人の前から自分が居なくなると思うと怖いと思えました。
数日中に癌の事を彼女に言おうと思います。どうなるかは解りません、逃げられるかもしれません。
それでも言おうと思います。初めて何となくではなく、自分で決めて。癌と向かいあうためにです

940 :ほんわか名無しさん:2006/01/14(土) 19:27:23 O
じゃあまだ癌だって彼女には伝えてないの?

941 :ほんわか名無しさん:2006/01/14(土) 20:11:56 0
>>939
そうかぁ・・ネタ話ではなかったんだな・・・辛いな、残念だ。
今は沢山泣けっ!泣いて泣いて泣け!
医学的なことは全然わからんのだが手術・治療の方頑張れそうか?
貧乳の彼女の為にも、お前は生きなければならん!
お前を生み、育ててくれたご両親の為にもだ!
自分の為だけではなく、お前を想ってくれているすべての人たちの為に生きろ!
いいかぁっ 絶対死ぬな!

でもな・・・。

ネタならネタと言ってくれてもいいんだぞ・・・。
しつこいな俺も・・・。すまん。

942 :♪kouちゃん♪ ◆8wF2oW/o3Q :2006/01/14(土) 20:18:31 0
939さんがんばって!こんな事しかいえないけど、貴方が誰か一人でもいいから、誰かに思われてる限り
頑張って生きて下さい

943 :ほんわか名無しさん:2006/01/14(土) 20:23:25 O
396さん、どうか生きる希望を無くさす、頑張ってください。私も10代の頃、腎臓の病気で生死をさ迷いました。


親、兄弟、友人、沢山の人に励まされ、沢山の人が私の命が消えてしまわないように祈って下さいました。貴方にも、こんな見ず知らずの人間までも無事を祈っている事を忘れないでください。

944 :ほんわか名無しさん:2006/01/14(土) 20:26:43 O
↑939さんでした(>_<)
すみませんm(_ _)m

945 :ほんわか名無しさん:2006/01/14(土) 20:27:46 0
>>933から>>934
なんと素敵なお話でしょう!心が暖かくなりました。
その時、食べたおにぎりの味とおばあちゃんの真心、きっと一生忘れられないね!
いい話聞かせてもらったよ。

946 :ほんわか名無しさん:2006/01/14(土) 21:13:34 0
しつこく投稿すみません。それから暖かな言葉ありがとうございます。
8時30分ごろにテレビで笑っている彼女を、机に座らせ告白しました。
「ふへ?」よくわからない擬音で言葉を返されましたが、突然たちあがり
トレイに、籠もること20分。彼女が何をして、何を考えていたのか解りません。
出てくると冷蔵庫からビールを取り出し、一気飲みをして。「だいじょうぶ!」と叫びました。
何が大丈夫なのか、さっぱり解りません。でも彼女の声に震えや、迷いは無いと思います。
その後、何故もっと早く言わなかったのかで10分説教をされ。二人で酒を飲み、彼女は爆睡中。
まったく無茶苦茶な人です。ドラマのように感動場面とは程とおい感じです。
でも笑えます。彼女のおかげで泣けて、彼女のおかげで笑えます。
この乱文にコメントをくれた人々ありがとうございます。
これからどうなるかは解りませんが。これからも、この無茶苦茶な人に振り回せされて。
たくさん笑いながら、たくさん泣きながらいこうと思います。
本当にありがとうございました

947 :ほんわか名無しさん:2006/01/14(土) 21:38:10 0
>>946
そうか、話したのか彼女に・・・。
貧乳の彼女の『だいじょうぶ!』・・・。
お前と一緒に戦ってくれる決意だな!うれしかったろ。
彼女も心で泣いたなきっと・・・。
彼女の決意無駄にするなよ!

948 :ほんわか名無しさん:2006/01/14(土) 21:52:18 O
(T_T)涙が止まりません

949 :ほんわか名無しさん:2006/01/14(土) 21:52:24 O
>>946さんは素敵な彼女をお持ちですね!
そして>>946さんの頑張ろうと言う気持ちに
すごく心打たれました。
私も、最後はネタであってほしいと
思ってましたが…

ありきたりですが、病気としっかり向き合い、
たくましい彼女と頑張って下さい!
病気なんかに負けないで!
応援してます!

950 :ほんわか名無しさん:2006/01/14(土) 22:10:27 O
>>946
何て言えばいいのかわからないけどさ…

俺ら見守る事しか出来ないけど…

あ〜っ!ダメだ
言葉に出来ないよ…
適切かどうかわからないけどさ

頑張って!

951 :穴開き靴下 ◆v.T/dshbsQ :2006/01/14(土) 22:16:45 0
次スレまでに間に合った〜・・・。。。

試験的にまとめサイトオープン。
携帯からでも見れるはずです。
今後充実させていきます。

便宜上、各話に勝手にタイトルを付けさせてもらいました。
あえて載せなかったのですが、筆者の表記も必要ですか?

あとタイトルが気に入らない、
ここをこうすれば…等の苦情・意見があればTOPページのメールアドレスよりメールください。

http://homepage2.nifty.com/ah75/namida.htm

次スレ立てる方はこのアドレスも載っけてもらえるとありがたいです。

952 :ほんわか名無しさん:2006/01/14(土) 22:37:28 0
>>951
穴開き靴下殿 GJ!

953 :ピギー:2006/01/14(土) 23:01:10 O
>>951
GJ!!
これで見易くなります。

954 :1 ◆zBvvMGYmRg :2006/01/14(土) 23:39:29 0
>>951
ををををを!穴開き靴下さん本当にありがとうございます!m(__)m
まとめサイトとても見やすいです。
ちゃんとケータイからでも見られました♪

そろそろ950超えたんでテンプレ書きますね。

本当にこのスレがこんなにのびるとは思ってもみませんでした。
これも常連さんやいい話を載せてくれる皆さんのおかげです。
頼りない工房の>>1ですが、これからもよろしくお願いします。

955 :1 ◆zBvvMGYmRg :2006/01/14(土) 23:55:26 0
【涙があふれて】涙が出るほどいい話【止まらない】 2ホロリ目

ここは2ちゃんねるにいる人が泣ける話を投稿していくスレです。
一応スレタイは「いい話」となっていますが、
たまには悲しい話や、嬉しすぎて涙が出てくる話もいいかなぁ〜、なんて思っています。
あと、投稿に遠慮はいらないので、
「泣けないかもしれない」と思っても自分がちょっとでもジーンと来たら書き込んじゃってOKです!

一応スレ主は自分ですが、家庭の環境上ネットできる時間が不定期なのでしばらく来れないときがあるかもしれません。
こんな頼りない>>1ですが、皆さんどうぞよろしくお願いします。

穴開き靴下さんが作ってくださったまとめサイト:http://homepage2.nifty.com/ah75/namida.htm

前スレ:http://human5.2ch.net/test/read.cgi/honobono/1133870188/

変えるべきところがあればレスお願いします。m(__)m

956 :ピギー:2006/01/15(日) 00:02:09 O
>>955
乙です(^_^)v

957 :723:2006/01/15(日) 00:03:10 0
>>1さん乙です!
工房なんですか・・・若いですね
ここのスレに居る方々はみんな優しいのでそんなに心配なさらなくても大丈夫だと思いますよ
スレ運営頑張ってください(`・ω・´)

>>951さん乙です!

958 :ほんわか名無しさん:2006/01/15(日) 00:08:05 0
1さん捨てアド晒したほうがいいんじゃない?
来れない日があるならなおさら

959 :ほんわか名無しさん:2006/01/15(日) 00:42:30 O
セックスしてたら彼女が「イイ!涙が出るほどイイよぉ!」って喘いでた

960 :ほんわか名無しさん:2006/01/15(日) 03:54:01 O
乙でーす

961 :ほんわか名無しさん:2006/01/15(日) 10:04:58 O
涙があふれてとまらない・・・ってブルーハーツのパクリかよ!

962 :ほんわか名無しさん:2006/01/15(日) 11:35:42 0
ある日、俺は家族と一緒に遊びに行くことにした。
比較的大きな道路を走っていた時のことです。前方が信号待ちで渋滞していたので、減速しました。
その時、後方からコルベット(米車)が急に割り込んで来て急ブレーキをかけました。
俺は慌てて急ブレーキをかけたが、間に合わなかった。勢いは無かったが、追突してしまった。
コルベットはハザードを出して。俺の車に並びかけた。
窓はスモークで真っ黒にしていて、感じの悪い車だな〜と思っていた。
次に窓が開いて運転手が顔を出した。その時「俺の人生終わったな」と感じました。
真っ黒のサングラスをかけ、見るからに893そのものだったのです。
運転手は「お〜い!」と声を出した。(まさに893です)もう頭の中は今後のトラブル対策でグチャグチャ状態だった。
わけが分からぬ状態でしたが、とりあえず詫びは入れようと思い「すみません。ごめんなさい。」と答えた。
変な言いがかりを付けられ、苦しめられるんだな・・・と、いろ々考えていた。
次に運転手が「大丈夫か〜!、ケガはないか〜!」と言った。俺は(ほらきた変な言いがかり)と思った
次にまた運転手が「悪かったな〜!勘弁してくれな〜」と言って手を振った。
本当に訳が分からなかった。俺はハザードを出して路肩に車を止め様としたその時、
コルベットは再び加速して前方に消えて行きました。
残された俺たちは、お互いの顔を見合わせ、狐につままれた状態だった。
「これって、もう・・・いいってことなのか?」と嫁に言う。
嫁は首を傾げ心身喪失状態だった。俺はハザードを解除して再び走行をはじめた。
その後、ず〜と狐につままれた状態がつずいた。
今、思い返せば何事も無く済んだ事に感謝している。誰にではなく・・・

963 :1 ◆zBvvMGYmRg :2006/01/15(日) 15:53:48 0
>>956>>957>>960
どうもありがとうございます。
バンドやってたり、友達と騒ぎすぎたり・・・etc
このパソコンは家族共用のため
父親が仕事でパソコンをつかっていたり、
自分の宿題やってたり、
などとくだらない理由でこれない時があったりして、
レスが不定期になるかもしれませんが、
このスレをよろしくお願いします。m(__)m

>>958
ステアドですか。
う〜ん、ちょっとよくわからないんですが晒したほうがいいですかね?
初心者ですいません。
皆さんの意見を聞きたいです。

>>959
涙が出るほどエロい話w

>>961
こんなマイナーな曲を知ってるとは・・・
この歌の音源持ってたらすごい。

>>962
よかったですね〜。
自分も一回自転車で通学途中に893っぽい人の車にぶつかっちゃったことがあるんですが、
特に何も言われもせず、「大丈夫か?」と心配されました。
893といってもそんなに悪い奴ばかりじゃないと思いました。

次スレは>>990くらいでいいですかね?

964 :ほんわか名無しさん:2006/01/15(日) 20:38:12 0
>>963
うん990くらいでいいと思われ

それとステアドは晒す意味がわかんないからいらない

965 :ほんわか名無しさん:2006/01/15(日) 22:50:04 0
ここの>>1のトリップに見覚えがある。

966 :ほんわか名無しさん:2006/01/15(日) 23:14:57 O
>>965
は?

967 :◆ilm3lGrZX2 :2006/01/15(日) 23:26:23 0
オレ、地方の国立大医学部に行ってるんだけど、同期の友達が
なんで医者目指してるのか話してくれてそうとう泣けた話がある。


968 :ほんわか名無しさん:2006/01/15(日) 23:31:09 0
>>967 是非にも聞かせてくださいませ。

969 :◆ilm3lGrZX2 :2006/01/15(日) 23:33:56 0
そいつは九州の熊本の出身で、そいつの親も医者なんだよね。
熊本には、FAPっていう地域に特有(熊本、長野のみ)の病気があって、親父さんは
その病気の専門医だったらしい。
あるとき、親父さんのとこに、近所のオジサンが診察に来たらしいんだけど、
当時FAPは癌以上に治療困難(今も臓器移植以外に根本的な治療は無い)
で、懸命な治療の甲斐なく亡くなったらしい。

FAPってのはファミリアル ポリアミロイド ニューロパシーの略で遺伝性のアミロイド沈着
を起こす病気なんだよね。  だから、そのオジサンの病気が娘さんにも遺伝してたらしい。



970 :◆ilm3lGrZX2 :2006/01/15(日) 23:38:20 0
地域病ってのは恐ろしいもので、FAPってのは伝染性がない病気なのに、
たたり、とまではいかなくとも、病気が発症した人間が分かると、町ぐるみで
その家族や個人を嫌ってたそうなんだ。(十何年か前のこと。現在はFAPの会などもある)
そいつは、その娘もその家族も、部落差別ってのが現代まで生きていたら、
こんな感じやったんやろな〜って位酷い扱い受け取ったらしい。

971 :◆ilm3lGrZX2 :2006/01/15(日) 23:42:10 0
なにせ、当時は病気の原因すら分かってなかったから、まあ、周りが恐怖するのも
納得いくけど、その娘もやっぱり小学校とかですごい いじめとか差別にあってたらしい。

でも、オレの友達は、医者である自分の親が治療して治せなかった人の娘だから仲良く、とまでは
いかなくても、話相手くらいにはなってたらしいんだよね。

972 :◆ilm3lGrZX2 :2006/01/15(日) 23:46:36 0
中学校になった時に、その娘のFAPによる肝臓のアミロイド沈着が始まって、
確実に遺伝してることが分かったらしいんだ。
 でも、アミロイドの沈着は薬で速度を遅くできるから、まだ7、8年は余命が
あったんだよね。 そこでその娘は何を言い出したかっていうと、自分が医者に
なってその病気を自分で治すって言い出したらしいんだよ。

973 :◆ilm3lGrZX2 :2006/01/15(日) 23:53:31 0
友達が言うには、その娘は、本当に頭も良くて、勉強もしてたらしい。
父親がいないから、お金がなくて、それでも県で一番の進学校に特待生として入った位だから、
そうとう頭が良かったんだと思う。
 おれの友達も最初はただ、自分の責任を果たすためにその娘と仲良くしてたんだけど、
だんだんその娘の生き方に惹かれて、友達も医者を目指すようになってたらしい。
だけど、神様は無情で、そいつとその娘が高校2年の時に、病気の進行が進んで
もうどうしようもなくなったんだよね。

974 :◆ilm3lGrZX2 :2006/01/15(日) 23:58:23 0
オレの友達は病院の息子だったから、ツテを使ってかどうかは知らないけど、
その娘の肝臓移植のドナーを見つけ出して、その娘に肝臓移植をさせようとしたらしいんだ。
 そしたら、その娘は「自分は、自分で医者になってどうにかしようと思ったから
ここまでがんばってこれた。だから、肝臓移植して数年寿命を延ばすより、
自分の気持ちに嘘をつく位なら死んだ方がいい」って言ってそれを断ったらしい。

975 :◆ilm3lGrZX2 :2006/01/16(月) 00:02:49 0
結局そいつが高校3年のときにその娘は息をひきとったらしいんだけど、
その娘は、自分が果たせなかった夢を、ずっとそばにいてささえてくれた
オレの友達に託したらしい。 
 そいつが言うには、オレは本当に好きな人に、好きなんだってことも言えずに、
ただただその娘のあとを追いかけることしかできなかった。
だから、その娘の夢の続きはオレが見せてやるんだ。
    って言ってた。 
 それ聞いて、おれ、世の中の医者もまだまだ捨てたもんじゃないなって思ったよ。


976 :ほんわか名無しさん:2006/01/16(月) 00:29:16 0
>>969->>975
なんとも切ない話ですね・・・。感動した!
辰さんの友人も、その話を聞いて心動かされた辰さんも
きっと、いい医者になれますよきっと・・・。
残念ながら夢かなわず逝かれた娘さんもきっと喜んでくれてると思いますよ。

ただ、娘さん、その友人の好きって言う気持ちわかっていたんではなかったかと・・・。
直接気持ちを伝えてほしかったのではなかったかと・・・。
と思うのは私だけでしょうか?

977 :1 ◆zBvvMGYmRg :2006/01/16(月) 00:29:40 O
その病気は知らなかったけど、何かのドラマになりそうなくらい感動する話だなあ、と思った。

その友達は絶対にいま多い手抜き医者にはならないと思う。

978 :ほんわか名無しさん:2006/01/16(月) 00:38:56 O
いいやつばっかり。
(つД`)

979 :ほんわか名無しさん:2006/01/16(月) 01:01:06 0
一杯泣いた。こころが洗われるよ。。

980 :◆ilm3lGrZX2 :2006/01/16(月) 01:08:54 0
>>976
いや、聞いた感じでは、お互いに気持ちは知ってたんだけど、
やっぱり病気のこととか、その娘の家が苦しいこともあって、
口に出せる状況じゃなかったらしいですよ・・・。
あと、オレの友達の両親もやはりその娘と仲良くするのに反対してたらしいので。
詳しい話はもっと色々あったんだけどなんせ2年前に聞から・・・。
  あ、あと、FAPの名称はファミリアル アミロイド ポリニューロパシー
の間違いです。ごめんなさい。

981 :ほんわか名無しさん:2006/01/16(月) 06:55:09 0
なんどググッても見つかんなかった。FAPで拾えたのは家族性大腸腺腫症。
ニューロパシーで探してやっとttp://www.hosp.go.jp/~kikutihp/rinken/h10houkoku/19.htm
知らない病気、またそれで苦しんでる人、たくさんいるんだろうね。

982 :ほんわか名無しさん:2006/01/16(月) 07:47:39 0
>>980
そうでしたか。
お互いの気持ちわかっていたのでしたら
それでちょっぴり救われます。
ありがとう。

983 :◆ilm3lGrZX2 :2006/01/16(月) 09:41:47 0
>>981
てか、981スゲーよ! よくそんなサイト見つけだしたな・・・。ってかそんなサイトあるんやね。
医学書でも結構マイナーな症例だよ・・・。 
因みに、家族性=ファミリアル=遺伝性で、
    アミロイド=アミロドーシス沈着性の
    ポリ=とっても大きい(過大の)
    ニューロパシー=神経症  って意味だよ。   
でも、医学の世界じゃあ有名なもの。 これ知らん内科医はモグリかと。

984 :ほんわか名無しさん:2006/01/16(月) 18:09:54 0
ここのスレ。スレ伸びるの早いね!
みんないい奴ばかりでいい話沢山聞かせてもらったよ。
仕事や人間関係なんかで疲れて、ここのスレ覗くとね
ちょっと元気になれるんだよね。
『明日も頑張りますか!』ってね・・・。なんか、すごく助かったよ。
ありがとうね。みんな!

ただ、気がかりなのは >>936 さん。
癌告知された青年のこと・・・。
だいじょうぶかなあの青年!
ネタ話ならどんなによかったかと思いますが・・・。
彼女の為にも元気になってもらいたい。
心から元気になられることをお祈りしております。

985 :ほんわか名無しさん:2006/01/16(月) 19:09:12 O
そんなお前もいいやつ。

986 :ほんわか名無しさん:2006/01/16(月) 20:02:10 O
あれは三年前の事です。
私は特殊部隊の任務でとある島に行くと、
イルカが怪我をして海岸に打ち上げられてました。
私はそのイルカを仲間の群れに帰してやりました。
それから私の周りについてくるようになりました。 http://i2ch.net/y/http://www.tellmewhereonearth.com/photostore2/abaday.jpg

987 :ほんわか名無しさん:2006/01/17(火) 00:11:38 0
もうすぐ次スレかな?

988 :ほんわか名無しさん:2006/01/17(火) 11:25:21 0
何かいい話はありませんでしょうか?
いい話、お待ちしております。

989 :五代 ◆9Iysgk63DE :2006/01/17(火) 15:06:09 O
糖尿病を患っていて、あまり目が見えなかったおばあちゃん。
家が近くて、よく遊びに来る私をずいぶん可愛がってくれた。
思えば、小さい頃はほとんどおばあちゃんと一緒にいた気がする。
一緒に買い物に行ったり、散歩したり。だけど、おばあちゃんの体が弱っていくのは子供だった私でもわかった。

990 :五代 ◆9Iysgk63DE :2006/01/17(火) 15:12:11 O
高校に入ると、友達と遊ぶほうが多くなっていて、おばあちゃんの家に行くことが少なくなっていた。
たまに行くと、「さぁちゃんかい?」と弱々しい声で反応してた。
もう、声だけじゃ私だってわからなくなっていた。
「そうだよ、さぁちゃんだよ。ばあちゃん、散歩行こうか?」
手を取って散歩に行ったけれど、もう昔歩いた場所までおばあちゃんは歩けなくなっていた。

991 :五代 ◆9Iysgk63DE :2006/01/17(火) 15:19:00 O
しばらくして、母さんから「ばあちゃんがボケちゃったよ。誰が誰だかわからないんだって」と聞いた。
もう私のこともわからなくなっているらしい。
なんとなく覚悟は出来ていた。けれど、悲しかった。
それから半年くらい過ぎた頃。
おばあちゃんが死んだっていう知らせが届いた。
泣くこともなく、通夜、葬式が終わった。

992 :五代 ◆9Iysgk63DE :2006/01/17(火) 15:24:40 O
葬式が済んだ後、私は叔父に呼び出された。
叔父はおばあちゃんと最後まで暮らしていた人だ。
「たんすの中にな、『さぁちゃんの』っていう封筒が入ってたんだよ。」
そう言って、私に封筒を手渡した。
おばあちゃんの字で“さぁちゃんの”と書いてあった。

993 :五代 ◆9Iysgk63DE :2006/01/17(火) 15:32:38 O
中身は通帳だった。私名義の。
二十万ほどの預金が入っていた。働いてないおばあちゃんが、こつこつ貯めたお金…

そういえば昔、おばあちゃんが話していた。
「さぁちゃんが結婚するときのために、ばあちゃん頑張ってるからね。
だから、ばあちゃんにもひ孫を抱かせてね。」って

その夜、初めて泣いた。

おばあちゃん。
あれからもう5年も経っちゃったけど、私、今年結婚するよ。
赤ちゃん抱かせてやれなくてごめんね。
でも喜んでくれるよね…

994 :ほんわか名無しさん:2006/01/17(火) 15:51:17 0
>>989>>993
そうともさ、ばあちゃん喜んでるよ!
結婚おめでとう。ばあちゃんのこつこつ貯めたお金
大事に使うんだぞ。
お幸せに・・・。

995 :ほんわか名無しさん:2006/01/17(火) 18:33:04 O
た の む か ら 誰 か こ の ス レ の ま と め ペ ー ジ 作 っ て く れ

このページがこんな少人数だけにしか見られずに落ちてくなんて嫌だよ…



996 :ほんわか名無しさん:2006/01/17(火) 18:43:19 O
上の方で誰か作ってたよ

997 :ほんわか名無しさん:2006/01/17(火) 18:44:29 O
それより誰か次スレおね

998 :1 ◆zBvvMGYmRg :2006/01/17(火) 19:04:36 0
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/honobono/1137492232/
次スレ立てました!

999 :ほんわか名無しさん:2006/01/17(火) 19:06:55 O
>>998ありがと
乙でした

>>1000おめ

1000 :ほんわか名無しさん:2006/01/17(火) 19:08:43 0
>>999
ありがとう(*^o^*)ノシ

1001 :1001:Over 1000 Thread
  (ヽ_/)     このスレッドは1000を超えたよ。
  (,,・_・)     もう書けないから新しいスレッドを立てようね。
  /っ日~―‐-.、
  (´        )     ほのぼの@2ch掲示板
  [i=======i]     http://human5.2ch.net/honobono/


276 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)