5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ハウルの動く城を見た毒男

1 :1:05/01/10 02:18:50
あの映画、途中からのストーリーをもっと練り直す
べきなんじゃないか?はっきり言って
意味不明の安易なハッピーエンドに流れすぎてる。
だいたい何だかんだ言って、
二人が「愛し合う」のは結局のところ
ハウルがイケメソでソフィーが若い可愛い子だからだろ?
と思た。
宮崎って「物語の設定」を考えるところでは
天才に近いものを発揮するが、
その後の話の展開に苦労してダメダメになる感じがする。

といいつつ不覚にも泣いた(´Д`;)

2 :Mr.名無しさん:05/01/10 02:19:25
つまらない以上

3 :Mr.名無しさん:05/01/10 02:20:50
原作は宮崎駿じゃないからね。
耳をすませばと、バロンの物語も同じ

4 :Mr.名無しさん:05/01/10 02:21:25
こんな状況でクソスレを立てた>>1を俺は尊敬する
わけないだろガキはとっとと死ね

5 :Mr.名無しさん:05/01/10 02:21:25
これは新しい映画のタイトルですね


6 :Mr.名無しさん:05/01/10 02:22:22
原作はめちゃ長いらしいからな。二時間に収めようとすんのは無理があるよな

7 :Mr.名無しさん:05/01/10 02:25:18
でも見おわった後、不快な感じはしなかった

8 :Mr.名無しさん:05/01/10 02:27:58
>>5
「ハウルの動く城を見た毒男」
どんな映画だw

9 :Mr.名無しさん:05/01/10 02:29:38
>>8
一瞬だけみてみたいw

10 :Mr.名無しさん:05/01/10 02:32:03
>>7
そうね
ジブリにしては珍しくしこりの残らない清々しい終わり方だった


11 :Mr.名無しさん:05/01/10 02:36:09
しかし、
数千年前の巨大文明が作り上げた天空の城が崩れ去るのと、
一魔法使いが作ったショボい「城」が壊れて、また再生するのとでは
スケールが全然違うよなあ。。。
と思うと、やはり
ラピュタ>>>>ハウル、だという気がするんだが

12 :Mr.名無しさん:05/01/10 02:38:02
ラピュタはムスカの世界制服とはいえ個人的な戦い
ハウルは国家間戦争
この差は非常に大きい

13 :Mr.名無しさん:05/01/10 02:40:42
宮崎駿は終わった人のような気がするのは自分だけ・・
以前自分でも監督は辞めるといっていたのは 
自分の限界を分かってたんじゃないかな〜
名作は一杯有るのに まるで晩年の黒澤明のようだ

14 :Mr.名無しさん:05/01/10 02:43:09
今回は、設定としては「ブスキャラ」のはずなのに
絵は全然ブスじゃないよね。
(千と千尋は本当にブス的な絵だったが、
ソフィーはちょっと眉の太いナウシカ、て感じ)

ちょっと反則技だな、という感じがした

15 :Mr.名無しさん:05/01/10 02:43:59
ハウル良かったけどなぁ
個人的には千と千尋より好み

16 :Mr.名無しさん:05/01/10 02:45:57
あのヨボヨボ犬はたしかにかわいいのだが、
物語上、ただ「かわいい」という以上に
全く何の働きもしてないのにウケタ

17 :Mr.名無しさん:05/01/10 02:47:01
いまだに宮崎勤と宮崎駿を間違えてしまうことがある
ま、2人とも似たようなもんだしいいか

18 :Mr.名無しさん:05/01/10 02:47:27
で、おまえらカノジョ持ちなわけ?

19 :Mr.名無しさん:05/01/10 02:47:31
というわけで、>>1はポケットマネー使ってスレタイを映画化しろ

20 :Mr.名無しさん:05/01/10 02:49:47
>>13
おれは宮崎はラピュタで終ったと
マジで思ってるんだが

21 :Mr.名無しさん:05/01/10 02:51:40
魔女の宅急便はキャラクターに魅力がないが映画としては素晴らしい

22 :Mr.名無しさん:05/01/10 02:51:46
ラピュタ作った後に事故死でもしたてらパヤオは伝説になれたんだろうな

23 :Mr.名無しさん:05/01/10 02:52:47
ラピュタは設定もろパクリだろ?
あの天空の城の設定を宮崎駿が考えたわけではないべ

24 :Mr.名無しさん:05/01/10 02:53:16
ナウシカの原作が最強
なんぴとたりとも反論受け付けず

25 :Mr.名無しさん:05/01/10 02:55:06
>>15
同意

26 :Mr.名無しさん:05/01/10 02:55:26
>>23
でも城の細部とか、あの手の長いロボットのデザインとか
そういうのはパヤヲ先生のオリジナルなんじゃない?
よく知らんけど
あの手の長い古代のロボットがなかったら、ラピュタは全くつまらないよ。
そいういう才能は、やっぱり十分に認めるべきなんじゃないかと。

27 :Mr.名無しさん:05/01/10 02:56:18
>>24
激しく激しく同意。
おれも反論は受け付けない。

28 :Mr.名無しさん:05/01/10 02:57:20
設定は各シーンを見て推測してくださいっていうスタンスが気に入らない人は多いな
カルシファーと犬のキャラが狙いすぎだとは思ったけど
あとは好きな感じの映画だった

とりあえず女と行くべき棚

29 :Mr.名無しさん:05/01/10 02:58:38
>>27
禿同
映画皆中途半端

30 :Mr.名無しさん:05/01/10 02:58:53
ユパさまが・・・死ぬ・・・

31 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:00:43
1はどこに行ったんだ

32 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:07:21
前もどこかで書いたんだが、
トトロ以降の宮崎作品には
ナウシカとかラピュタみたいな、
「世界を滅ぼし尽くす」という感覚がない。
それがつまらない。

もののけ姫や千と千尋なんかを良いと言ってる女子供には、
その辺がわかってないんじゃないか。と思うんだが、
同時に、たかがアニメになんでそんなにムキになってるんだ俺
という気もする(汗

33 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:10:14
>>1はなんで泣いたか気になる。つかおまい女だろ?おまんこ
ハウルの決定的な失敗は、

どうしてソフィーは城を壊そうと思ったのか?その後ハウルのところに行こうとしたのか?

を明確に表現していない点だと思う。

34 :23=24:05/01/10 03:13:29
>>26
名前失念中だがあの手の長いいびつなロボットにも
元ネタがある
それをモデルにしてるのは確か本人も認めてた

35 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:13:32
「ハウルの動く城のお客の入りどうだった?」
「ん〜。○○○○○○○」




○の中身を知りたいアナタ!今すぐキーボードのUからQまでを続けて読むんだ

36 :1:05/01/10 03:13:48
>>33 男だ。
まず最初に久石タンの音楽の中で
ハウルとソフィーが空を飛ぶシーンで泣きますたよ。
悪かったな。

>どうしてソフィーは城を壊そうと思ったのか?その後ハウルのところに行こうとしたのか?
>を明確に表現していない点だと思う。
この辺は同意。というか
その他にも明らかな説明不足や筋の飛躍があり過ぎる希ガス
るので萎えた

37 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:14:33
>>33
第一に、お城に引き篭もらせたくなかった
第二に、契約を解除する為

38 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:14:51
>>36
おまんこじゃなかったのかすまん。でもあそこでなんで泣く?謎だ。

あとさ、「あなたを愛してるの」
あそこおかしくね?なんでいきなりそうなるんだと。

39 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:15:29
>>35
なんかすいてた

40 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:17:07
今回はいつにも増して久石の音楽が良かった
ハウル?(ソフィーだったかも)のテーマたった一曲を作って
それをアレンジのみであらゆる箇所で使うことで
その時の感情や場面効果などを演出していた。さらに
2時間という限られた中で映画音楽としての一貫性もあり
とても素晴らしかった。

41 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:17:19
>>37
両方ちがうんだが

城壊す→ハウルが守るもの=ソフィー、とその今の環境 と思ったソフィーが新築した家イラネ
      ハウルを危険な目にあわせたくないから起こした行動

ハウルのとこに→城壊してもハウルが戻ってこない。ハウルはそのまま魔王に?それイヤーン私がいって止めないと!!

だぞ。

42 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:17:37
飛躍ありすぎてわからんかったぞマジ。。。
ハア?って感じが連続してどんどん置いてかれたorz

43 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:18:13
音楽は確かにかなりの出来だったな。
しかし内容がクソ杉。ありゃ100%理解するのには原作読まないと無理。

44 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:18:42
>>41
俺は映画見ててそうだろうと思ったんだけど、
ソフィー戻ったらまたハウル戦うじゃんと思った

45 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:19:29
>>38
ハウルとソフィーが一番最初に出会ってから
ソフィーが自分の忘れていた記憶を覗いて、
2度目に会ってからのハウルの気持ちを考えたら泣けてこないか?
思い出してないソフィーを一人あの花畑に残して戦場へと旅立つハウル

46 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:20:06
正直今のアニメに
内容詰めろって事事態
酷だと思うぞ。

47 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:20:20
>>44
ハウルのとこに→ 参照。

ハウルが魔王になっちゃう

ってあったろ?

48 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:20:35
>>41
原作読んで

49 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:20:48
ばかだなぁ、愛してるのに理由なんて無いさ

50 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:21:33
     __
   _|_|_
    ('А')
⊂---〒∞テ---⊃
     | V |
    .|_介_|
     |
     |
     |
     |

51 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:21:39
>>45
それ最後のほうやん。
愛してるののシーンはまだその前だったよ。
そこで、なんでハウルは戦争のところにいってるのか?というのもハア?だったなそういや

52 :1:05/01/10 03:21:55
>>38
最初にナンパしてきた二人組みは悪者なのに、
それよりもっとチャラそうなハウルが良い人なのはおかしい。
なんでいきなり愛しちゃうのかもわからん。
それは重々承知なんだが、
でもあそこで突如「空を飛ぶ」というような感覚に弱いんだよ。
(しかもああいう久石の音楽だし。)
ああいう小ワザで責めてくるのが宮崎の手口だな、
というのが俺の感想。

53 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:22:16
映画板だと>>41だったような気が。見てくる。

54 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:24:18
>>41
両方とも城を壊す理由な

55 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:24:22
Q.6.ソフィーが城を壊したのは?

 A. ハウルの城は魔法除けのためのハリボテで実質的な内部は別なところに実体がある。
中盤の引越しで城の内部実体はソフィーの実家(帽子屋ハッター)に移る。
  この時、城の外装→荒地、城の中身の部屋本体→ソフィーの実家にある。
この実家のある町が空襲され、ハウルはソフィー達が実際にいる場所を守る
ため戦う。ソフィーは、ハウルが闘うのをやめさせるためには、彼女達の
部屋を実家のある町から城がある荒地に移動すれば良いと判断。
そこで、一旦カルシファーの魔法を断ち切れば、部屋の本体が荒地のほう
に戻ると考え、カルシファーを城の外に持ち出した。荒地に戻ったはいいが
結果的に城もカルシファーの魔力を失い、崩壊
それでもハウルは戦いつづけていたのを見て、残った城の一部でハウルの
元に向かおうとした
ちなみに、ドアノブの色を変えればいいという意見もあるが、実体が
ソフィーの町にあるのでこの場合はあまり意味が無いとも考えられる

56 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:24:55
too fucked up to care anymoreって感じだな

57 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:25:25
なあ、質問なんだが。サリマンの城にソフィーと荒れ地の魔女が召集されたやん?あのとき結界のために荒れ地の魔女のデクは溶けたけどソフィーの魔法は溶けなかった。なんで?

58 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:26:19
楽しかったところの話をしようぜ
意味わからんとかどこでもやってる議論じゃん

59 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:26:33
http://ahoeiga01.hp.infoseek.co.jp/hawl/

ここ参照。

60 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:26:52
>>57
ソフィーの魔法が解けちゃうと
話が続かなくなるから、じゃないだろうか(マジレス)

61 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:27:08
楽しかったとこは・・・ベーコンエッグ

62 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:28:23
今思うといままで最低の作品だな。見たときはなんかいいのか?と思ったが冷静に考えるとわけわからん展開だ。

63 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:29:39
>>62
そうそう。後半の構成がムチャクチャ

64 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:29:59
原作だと最後も婆の姿のままなんだな
子供向けとはいいにくいが、
原作の方が物語として素敵だ。

65 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:30:07
>>61
同意

66 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:30:47
一人で見に行くからだよ

67 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:30:48
子供は相変わらずかわいいよな。
あと、かかしも良いキャラしてる。
ただ最後に王子様になって
「戦争やめます」とか言い出すのは、いかがなものかと

68 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:30:53
原作を端折って作ってるからこうなるんだよな

69 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:32:51
ナウシカのテト以来
「小動物」や小物で攻めてくるのは、パヤヲの常套手段ですよ。
油断するなおまいら

70 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:34:01
いいじゃないか狙い通りに反応してあげるのが優しさだろ
かわいかったよねーなんて言ってさ

71 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:34:17
>>55
なんでソフィーんとこに引っ越したんだ?
空襲受けて危ないならまた引っ越せばいいんでない?


72 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:34:42
てかソフィー、ムカつかないか?あんな自分勝手な女しねや。

73 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:36:13
>>71
ソフィーが気に入った場所、というか生家だったからじゃねえの?

74 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:36:18
>>72
それはイマイチわからん。
自分勝手かなあ??

75 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:36:24
若くなったりまた老けたりするのはなんで?何で髪の色が変わったの?

76 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:36:44
自分勝手じゃないだろう。あんなもんだぞ女とは。

77 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:37:45
>>75
ソフィーの心理的年齢を外面に現す魔法をかけられた のかも。多説あり
後者は漏れもシラネ

78 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:37:46
ばばあになったのに一晩たったら素直に受け止めてた彼女に笑った

79 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:38:26
この手の作品に説得力を求めちゃいけない
ディズニー・ジブリは目と耳で楽しむもの

80 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:39:37
髪の色は白髪じゃなくて?

81 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:39:46
>>77
俺はそうなんじゃないかと思っていた
ソフィーってなんか最初っから婆くさかったし

階段上がるときの荒地の魔女とかハウルのナルシストぶりとか
この映画は老化と美が隠れテーマなんだなと

82 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:40:04
ナウシカのDVDで、庵野が解説してるの聞いたか?おまいら。
庵野がしきりに連発している言葉が、
「テトかわいい」(w
これが最大の誉め言葉なんだよ。
「小物で攻めてくる」のは、パヤヲの技術の中核をなすものなので、
作る側もそれを意識してやってるわけだ。

83 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:40:08
>>74
だって勝手に居座るわ、さわるな言っといた風呂場のまじないさわるわ、人様の家壊すわ、腹たった。



84 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:40:32
とりあえず駄作でFA?

85 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:41:54
テトってなんだっけ

86 :83:05/01/10 03:42:00
あとカルシファー二度も殺しかけた

87 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:42:01
正直今まで見た作品の中で一番イマイチだったなあ
見終わった後疑問が残りまくったし

88 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:42:30
>>85
ナウシカの肩に乗ってる小動物。実際かわいい

89 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:42:57
ナウシカ、ラピュタ、トトロ、魔女、豚
これだけでいいよもう。

90 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:44:35
>>89
同意ですな。
更に言えば、究極的には
上の方でも言ってたが、
ナウシカの漫画版だけで良い。

91 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:45:14
なんだかんだ言って次も出たら見るだろお前ら

92 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:45:24
>>90
なるほど確かにそうだ。漫画版だけでもうすべて片つくな。

93 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:45:42
>>91
見ますともw

94 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:45:52
漏れはもう絶対見ない。金の無駄。
1800円あるならエロビ借りて帰る

95 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:46:21
俺の中でのジブリ四天王は
ナウシカ、ラプタ、トトロ、魔女だな
これを抜ける作品は出てこない

幼い頃に見てるものほど、思い入れもプラスされて上位になってるな、とは思う

96 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:46:37
平成たぬき合戦ぽんぽこ

97 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:47:01
もちろん見るがなw

98 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:47:24
おそらく観る

99 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:48:13
>>95
>幼い頃に見てるものほど、思い入れもプラスされて上位になってるな、とは思う
確かにそれはあるかも。
でも冷静に考えても、やはり昔のものの方が良いとしか思えない。

>>96 あんたおかしいよw

100 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:48:25
劇場で見たのはもののけが最後だった

101 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:48:51
>>95
豚見れ。今はじめて見てもいいぞ豚は

102 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:49:29
あなたの心ですもありっちゃあり

103 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:49:40
飛べねえ豚はただの豚だ!

カコイイね。

104 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:50:40
>>102
それもありっちゃありだが
やっぱりブレイクはナウシカですからねえ

105 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:51:35
>>101
もちろん今までのは豚含め全部見たよ
だが、豚はやや大人になってから見たからさ
ガキの頃の感動には及ばないんだよ

106 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:56:33
キムタクは良かった

107 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:58:22
てか喪に帰れ

108 :Mr.名無しさん:05/01/10 03:59:53
キムタクの腰タオル脱ぎにハァハァした女は多いはずだ

109 :Mr.名無しさん:05/01/10 04:02:11
しかし久石が死んだら、宮崎アニメは終わりだな。
渥美清の死んだ寅さんみたいなもので。

110 :Mr.名無しさん:05/01/10 09:00:54
たしかにこの映画ってカワイイとこしか見られてないよな 特に女には

111 :Mr.名無しさん:05/01/10 09:39:08
age

112 :Mr.名無しさん:05/01/10 10:34:51
最近の宮崎のもの見てると、
結局は女子供の見るものなんだなアニメって、と思た

113 :Mr.名無しさん:05/01/10 10:56:00
>>52
つり橋の法則?

114 :Mr.名無しさん:05/01/10 11:00:09
何だつり橋の法則って

115 :Mr.名無しさん:05/01/10 11:02:09
おばあちゃんが元気とかほざいて宣伝してるアフォがいるが、
たんに若い奴が年寄りにされたってだけで、
からだも精神もリアルで年寄りなやつが元気なわけじゃないじゃんか。

○リ○ン疑惑を隠すために年寄りを持ってくるとは、
さすがの戦略だな。

吊り橋〜ブリッジ〜ジブリだろ?

116 :Mr.名無しさん:05/01/10 11:03:28
○リ○ン・オブ・ジョイトイ

117 :Mr.名無しさん:05/01/10 11:06:02
これ、どう思うかな。ハウル見て俺は、あ、これはひきこもりの連中を暗示
しようとしてるんだなと直感したんだが。特にあの魔よけグッズ満載のハウ
ルの部屋と、ハウルの正体(?)が醜悪な怪物みたいなのとで。で、だからこそ
映画としてはしくじってしまったという気がするんだが。
「幻想の城を壊せ。家族と外に出てごらん」とカントクは言いたかったのだ
ろうけど。

118 :Mr.名無しさん:05/01/10 11:07:43
>>115
> おばあちゃんが元気とかほざいて宣伝してるアフォがいるが、
> たんに若い奴が年寄りにされたってだけで、
> からだも精神もリアルで年寄りなやつが元気なわけじゃないじゃんか。

同意。そういうアホな事言ってる奴らも奴らだし、
そういうことを確信犯的にやってる宮崎もどうだかな、と思う。

とは思いつつ、おばあさんになっても全然へこたれずに
動いてるソフィーに思わずホロっと来てしまうんだが
(そこが宮崎アニメの見所なんだが)

119 :Mr.名無しさん:05/01/10 11:09:08
>.118
最後の段落、同意。ソフィー、ガンガレ!

120 :Mr.名無しさん:05/01/10 11:10:23
>>117
イケメソでヒキーというのは、母性本能をくすぐるんだ。
ブサメンでヒキーじゃダメなんだ。

121 :Mr.名無しさん:05/01/10 11:29:05
>>79
ディズニーなんかと宮崎を一緒にしちゃイカン

と思うのは俺だけ?

122 :Mr.名無しさん:05/01/10 11:34:57
初期の宮崎を、ディズニーみたいなものとは一味違ったものに
見せているのは、
極限状態の中で生きる、という切羽詰った状態
(決して「ファンタジー」ではない)だと思うんだ。

文明が滅びた後の世界で、生きる。
「ロリコンかつメカヲタク」という極限状態の中で、生きる。(w
全世界を滅ぼしつつも、生きる。

圧倒的な世界的名声を得てしまってからの宮崎は、
そういうものを失ってしまって
ディズニーと同程度のものになってしまった。

123 :Mr.名無しさん:05/01/10 11:37:36
>>117
深い・・・な

124 :Mr.名無しさん:05/01/10 11:55:00
カントクがひきこもり青年たちへのメッセージを託したつもりだとして
考えても、ひきこもりが自分を「キムタク」だとは思わんわな…。

125 :Mr.名無しさん:05/01/10 11:59:30
ホントなんでキムタクなんだろね。
ああいう人に主人公の声を任せるということ自体、
宮崎がオタクマインドを失ったという証拠じゃないだろか。

ロリコンでもメカマニアでもない宮崎なんて、
正直言って何の価値もないぞ

126 :Mr.名無しさん:05/01/10 12:02:33
       , ‐'"´        `'‐、
     , '"      , -‐‐≡三~、''‐ヽ
    /     , ‐"::::::l::::::::::::::ヾ::ヽ ヽ
  /    , ‐'":/:::::|::::|:::ヾ:::::ヽ:ヾ::::ヽ ヽ
 /    , ‐":::/::::::/::|::::|:::l:::ヽ:::ヾ::ヾ::::ヽ i、
./  /  /::/:::/::::::/::::l:::::l:::l|:::::|:::::l:::i:::ヽ:::l i,
'i  // /::/:::/::::::/:::/ll'|::||::l.|:::::ll:|:|'i::i'|:::|:::| /
.l ////::::/:/::l::::l l‐|‐i|-ll-|、.ヾ||:|-‐|‐|::|::|/
.| .// i::/:/:::/|:::| |., ‐i"゙O|''、   'i"q';、;::::l
.ヽ l l .i::/:;;;=-l:::|‐i  l;。::::j    l;::j. i:::::;:l
 ヽ |/:/:::l!"L|::i.   ''''''"     ゙̄ .i:::::|i:l
.  ヽ/:/l::::l'i 、゙!:l.        __ '  /:::::i.ヾ、
  /://,|:::|:|:/:|:|"'、,        /l::|:|:::|:l ヾ、
  //./ |::|:/:/::/-ヽ  ー- , _/|::::|::::|::::|l:l ヾ:、
 // |  ||:::/:::i/ヽi., ‐'"´ヽ ̄,;/::::|:::|:;, ‐i:l  l:/
..// |  /::/::l::lヽ i ̄\  ,入/:::::l::::l / ヽ|//
//  | /::/:/:/` ヽ ヽ  ヽ/ /:/:::/::l/  ,,,l‐i
|:|  | /::/:::/i |``'',二l二-ヽ, /://::/:l‐‐''"  l
_____________∧________________
ええ…幼なじみで同じクラスの>>1
>>1は引きこもりだから犯罪おかしそうで大変なの だから幼稚園のころから2ちゃんねるばかりしてるのよ
もっとも…今ではただの糞スレ立てに成り果てているけどね
さ 急ぎましょう 朝練がはじまってしまうわ


127 :Mr.名無しさん:05/01/10 12:07:38
設定では「ハウルの正体は醜悪な怪物」なんだが
絵的には、怪物になったハウルも、
顔だけはイケメソのままなので
全然醜悪な感じはしない。
(「黒い羽」みたいな、「醜悪さの記号」だけはあるけど)
まあこれは、
心を失って体は醜くなっても、本質的な何かは失われていない、という
ことの暗喩なわけだから、それはそれで許す。

しかしキムタクの声は許さんw

128 :Mr.名無しさん:05/01/10 12:32:53
ageるよ

129 :('-'*) ◆aWQpoQin2o :05/01/10 12:35:33
>>1
確かに、最初は良かったけど、後半はボロボロだったな

130 :Mr.名無しさん:05/01/10 12:38:23
後半のメチャクチャさは、あれが本当に
プロの(しかも「世界的巨匠」と言われてる人の!)仕事か?
という感じだた

131 :Mr.名無しさん:05/01/10 12:56:54
前半→原作
後半→オリジナル
つまり、ぱやおもおじいちゃんってことだ

132 :Mr.名無しさん:05/01/10 13:06:36
キモタクの声、案外よかったけどな。
観てる最中はキモタクだって忘れてたよ。

133 :Mr.名無しさん:05/01/10 13:08:02
あの戦争は、どこ対どこ?

ストーリーが不可解すぎて
自分でも、何がわからないのかわからないぞ。

134 :Mr.名無しさん:05/01/10 13:08:06
単なる駄作。
それ以上でもそれ以下でもない。
平成狸ぽんぽこでさえ、これに比べたら10倍は良い。

135 :Mr.名無しさん:05/01/10 13:17:19
>>34
ラピュタのロボットはルパン三世の「さらば愛しきルパンよ」のラムダが元ネタ。
とは言っても、「さらば〜」も宮崎駿が監督なので、当然パクリではない。

では、ラムダの元ネタは?と言うと、デイブ・フライシャーのアニメ「スーパーマン」。
ttp://www.scifilm.org/tv/superman/superman-mechmonsters.html
これの「ロボットが銀行を襲う」「飛ぶときに両手を広げる」など、
ネタ的にはほぼ同じ。
これは宮崎駿も認めている。

ちなみに、ラピュタのドーラ一家(海賊)のコスチュームデザインも、
昔のイギリス映画(名前失念)で、全く同じものがあったそうだ。

パクリとは思わないけどね、どっちかって言うとオマージュじゃないかと。
それにどうせみんな知らないし、知っても気にしない薄い人ばかりだし。

136 :Mr.名無しさん:05/01/10 13:25:41
コナン→ナウシカ→ラピュタの流れは、話が煎じ詰めるとまったく同じで
もののけ姫はナウシカの変奏曲というのが、アニオタではない俺の正直な
感想なんだが、不思議なことにこの「枠」とは違う話だと、むしろつまん
ないというのが宮崎アニメの謎。でも受けるというのがもっと謎。

137 :Mr.名無しさん:05/01/10 13:32:50
>>135
その画像を見る限り、スーパーマンのロボットよりも
宮崎のロボットの方がずっとカコイイな。
何というか、「機械的な人間性」みたいなものが
宮崎のにはある。(わけわからん説明ですまんが。)

あのロボットを、天空の城で、ああやって使う、というのは
やっぱり宮崎の才能だよ。
若かった頃の、「世界的巨匠」になってしまわなかった頃の。

138 :Mr.名無しさん:05/01/10 13:34:59
>>136
>不思議なことにこの「枠」とは違う話だと、むしろつまんないというのが宮崎アニメの謎
別に謎でもなんでもなく、宮崎駿自身が大して書きたくないからじゃない?
「枠」に沿った話が一番書きたくて、それ以外はどうでも良い、っつーか。

でも、「枠」に沿った話だと書きたい事が多すぎて、まとまりがなくなってしまう。
(ラピュタはそれをまとめられたからこそ傑作なんだけど)
だから一般受けはしない。
「枠」から外れた話だと、宮崎駿が気楽に、(「枠」に沿った作品よりも)思い入れなく作れるから
観客サービスをする余裕もあり、普通の人にも受け入れられる。
でも、濃い人達にはつまらないものになってしまう。

…だと思うけど、俺は。

139 :Mr.名無しさん:05/01/10 13:37:27
>>137
あのロボットのデザインも「未来少年コナン」で使っているよ。
ttp://home.b01.itscom.net/y-kano/miyazaki-01robonoid.htm
↑ね。

>あのロボットを、天空の城で、ああやって使う、というのはやっぱり宮崎の才能だよ。
全く持って狂おしいほど同意。

140 :Mr.名無しさん:05/01/10 13:38:35
ハウルの動く城を見た毒男

を書籍化すればいいと思う

141 :Mr.名無しさん:05/01/10 13:39:42
>>136
> でも受けるというのがもっと謎。
アニメの興行成績なんてそんなもんだよ。
受ける・受けないで言うのなら、ディズニーなんかの方が
世界的には、よほど「受けている」わけだし。


もうパクっても何しても良い、
どんなあざとい手段を使っても許すから、
頼むから死ぬ前にもう一度だけ、
ロリコンメカヲタの心を取り戻して
世界がぐちゃぐちゃになるような、
「ナウシカ」みたいな心の深いところに触れるようなものを
もう一度だけ作ってほしい、というのが正直な願い。

142 :Mr.名無しさん:05/01/10 13:43:04
>>138
 なるほど。ありがとう。

143 :Mr.名無しさん:05/01/10 13:43:15
要するにオタには受けない、と

144 :Mr.名無しさん:05/01/10 13:53:54
>>143
まあ、一言で言えばそうだねぇ。

普通の人ってさ、映画なんて娯楽として観るじゃない、当たり前だけどさ。
娯楽として観るんだから、そんな深いテーマとか、人生を考えるような何かなんて求めちゃいない訳で。
(倉本聰も「冬眠の森」だか「谷は眠っていた」だかで同じような事を書いてたけど)
だから>>141の書いたとおりにディズニーのパクり映画(ありゃ完全にパクリだ、剽窃だ)とか、
ハウルみたいにとっ散らかってる映画の方が楽で受ける。
ハリウッドの作品とかね。

でも、俺も含めたオタク(俺なんて薄いけどさ)ってのは全身全霊で作品を味わうでしょ、それこそ骨まで。
そう言う楽しみをするとさ、ハウルみたいな一般の人に受けるような薄い娯楽映画は物足りなく思えてしまう。
だからオタクとか一部の映画評論家からの評価は低くなる。

まあ結局、一般層の評価とオタクの評価ってのは全く違って重なり合わない、って事だよね。
仕方ないんだけどもさ。

145 :Mr.名無しさん:05/01/10 13:57:44
本当に「人生」を考えるなら、
結局この世界を滅ぼさなくてはならなくなる。

しかし、「人生を考えるふり」さえしていれば
えっ?と思うような安易なハッピーエンドでも
一般には受ける、のかと。

146 :Mr.名無しさん:05/01/10 14:00:49
本当に「一般に受けて」いれば良いのですか、パヤヲ先生。
第二のディズニーになってしまうことで、満足なのですか。
といいたい
それこそ小一時間問い詰めたい

147 :Mr.名無しさん:05/01/10 14:05:49
>しかし、「人生を考えるふり」さえしていれば
>えっ?と思うような安易なハッピーエンドでも一般には受ける、のかと。

受けているんだからしょうがない。

でも、ちょっと話変わるけど、ハウルがあそこまでグダグダになったのは
宮崎駿の責任だけじゃないと思うよ。
(宮崎駿に責任がなかった、とも思わないけど)

ハウルは元々、細田守って人が監督だったんだけど、途中で降板して一時製作中止になった…らしい。
でも結局、宮崎駿が監督に就任(でいいのかな?)して、製作を再開したらしい。
ttp://artifact-jp.com/mt/archives/200212/haulshiro.html
だからまあ、ああなったのはしょうがないのかなぁ、とも思う。

ちなみに俺は宮崎駿オタクではあるけど、
アニメオタクではないんで細田守って人が何者なのかは判らんです。
クレヨンしんちゃんの監督をやってたとか何とか位しか。

148 :Mr.名無しさん:05/01/10 14:06:11
>>144
 ふむ。俺もオタに近いのか。しかしでは、一般受けする作品で、非オタの
客は、なあにをそんなに面白がっておるのか。トトロのような夢のある作品
が子供に受けるのはとてもよく分かるんだが。

149 :Mr.名無しさん:05/01/10 14:12:00
久石音楽大嫌いでパヤオ映画の嫌な所だったけど今回ばかりは久石GJ!だね
だれかがデューン並に内容ワカランっつってたが分かる人には分かりやすい

オタ向けメッセージ説は間違い無いだろう
けどロリコンオヤジに言われたかないやな

150 :Mr.名無しさん:05/01/10 14:14:14
>>148
ヤバイ、書き込みが止まらなくなってきた。
ウザくてスマン、でも書かせてくれ。

>>148
動きの素晴らしさ、色彩の美しさ、演出の見事さ、じゃないのかな。
やっぱ絵は綺麗なんだよなぁ、宮崎駿の映画って。
まさに職人芸っつーか、絶対に真似できないっつーか。
普通の人は、その辺だけ観ているんじゃないのかな。
ハウルは特に女性に受けているとも聞くしね。
言い方悪いけど、見栄えに騙されているんじゃない?
普通の人達にとって娯楽な訳だし、「あー綺麗だった、美しかった」で終わっちゃうんじゃないかなぁ。
それで充分満足だろうし。

俺なんかだとそんな感想は思考停止にしか思えないんだけど、まあ俺はオタだしなぁ。

151 :Mr.名無しさん:05/01/10 14:19:32
とまらんでよい。俺が許す。おれも止まらなくなってきた。
するとあれか、連中は、うわーきれいだなあと、それだけを言うために宮崎
アニメを見に行くのか。こういうアニメが大人気という事実が日本の誇りよ
のうと目頭を熱くしておった俺はだまされておったのか。

152 :Mr.名無しさん:05/01/10 14:19:54
>>150
いや、そうでもないよ。
実は俺は彼女と見に言ったんだが、
あいつらとか俺の親とかが感心してるのは
ただ単に絵の綺麗さとかだけではなくて、
「おばあさんになっても全くめげずに生きる
ソフィーが良い」とか
「深い事情を背負ってるのに、どんなことにも驚かず、
城に飛行機がつっこんできても平然としてるハウルがカコイイ」とか
そういう、わりとまともなことだよ。
犬やカカシのキャラがかわいい、とか。
それは、確かにその通りなんだ。
(それが宮崎アニメの売りの一つなんだし)
しかし、それをもう一歩踏み込んだところで、俺らは満足できない、と。

153 :Mr.名無しさん:05/01/10 14:23:35
誰か、このスレを保存&コピペして
ジブリの人に見せてやってくれよ(w
できればパヤヲ本人に見てもらいたいが。

「宮崎アニメは小難しい評論家には評判が悪いけど、
一般の大衆には人気が高いんだ」とか思ってるかも知れんけど、
そんな簡単な問題じゃないよ、と。
こんなにも宮崎アニメを愛してる(笑)独身男性たちの
意見はこうなんだよ、って。

154 :Mr.名無しさん:05/01/10 14:26:22
無心で見ろよ

155 :Mr.名無しさん:05/01/10 14:30:16
>>151
>するとあれか、連中は、うわーきれいだなあと、
>それだけを言うために宮崎アニメを見に行くのか。
いや、それが映画でしょ。
ハリウッドのSFXバリバリの映画とか、カンフー映画なんてそんな感じで観に行くでしょ?
ブルース・リーの映画を見に行って「ストーリーがなっちゃらん!」って怒るのはお門違いでしょ?
だからハウルも間違ってないと思うのよ、俺は。

>こういうアニメが大人気という事実が日本の誇りよのうと目頭を熱くしておった俺はだまされておったのか。
んー…。
上で書いた制約、つまりは「観客は絵を観に来る訳で高尚な物語を拝聴しにくるのではない」ってのを
踏まえた上で、かつ作り手の伝えたいメッセージを描く、ってのが日本アニメの真髄と言うのか…。
ガンダムとかもそうだよね。
ロボットの玩具を売る為に作られたアニメで、でもそれ以上のメッセージを
観客(ガンダムはテレビ放映だけどさ)に伝えて、その両方がバランス良く成せたからこそ伝説になれた。
でもハウルはそれが出来なかった、と言うよりも(恐らく)宮崎駿に伝えるメッセージがなくなってきた。
だから…、まあしょうがないのかと…、悲しいけど。

でも、「制約の中での工夫」ってのが海外でも日本アニメが受けている要因だと思うよ。
そもそも日本のお家芸だしね、「制約の中の工夫」ってのは。
だから、騙されていた訳ではないんじゃない?
ただ、宮崎駿にそれが出来なくなったってだけでさ。

良く判らなくなっちゃった、スマン。

156 :Mr.名無しさん:05/01/10 14:31:56
>ブルース・リーの映画を見に行って「ストーリーがなっちゃらん!」って怒るのはお門違いでしょ?

確かにそれはそうだな、よく考えればw

157 :Mr.名無しさん:05/01/10 14:32:58
>>152
>「おばあさんになっても全くめげずに生きるソフィーが良い」とか
>「深い事情を背負ってるのに、どんなことにも驚かず、
>城に飛行機がつっこんできても平然としてるハウルがカコイイ」とか
>犬やカカシのキャラがかわいい、とか。

俺は全く女と縁のない生活をしているんで憶測で書いてしまっていたよ、申し訳ない。

ただ、やっぱシーン単位とかの見方なんだね。
>しかし、それをもう一歩踏み込んだところで、俺らは満足できない、と。
そうなんだよなぁ…。
もっと踏み込んで欲しいんだよねぇ…。

158 :Mr.名無しさん:05/01/10 14:33:26
>>152
 ふむ。良民よの。天晴れじゃ(とさっきからなぜかお武家様言葉になっている)。

159 :Mr.名無しさん:05/01/10 14:43:25
まあ結局、俺は
「ハウルがこうなってしまった理由は判る、判る…けどもっと頑張ってくれよ宮崎駿!」
ってのが言いたいだけなんだが…。

俺は小学生の時に見たナウシカで人生を狂わされた(別に恨んじゃいないけど)んで、
余計にそう思うんだよなぁ。
特に今、個人的に駄目になっているんで、もう一度ナウシカとかラピュタクラスのインパクトを
与えて欲しかったってのもあるし。
勝手な考えだし、宮崎駿もそんな事言われても困るだろうけどもね。

でも、でももう一度、一度だけで良いから魅せてくれないかな、
奇跡的に美しくてグロテスクで、でも痛快に面白い漫画映画を、って思うんだよね…。


長々ウザレスしてスマンでした。
もうレスを控えますんで、お許し下さい。

160 :Mr.名無しさん:05/01/10 14:49:05
>「ハウルがこうなってしまった理由は判る、判る…けどもっと頑張ってくれよ宮崎駿!」

みんなそう思ってる。w
がんばってくれよなあ・・・
俺も小学生のころ見たナウシカで衝撃を受けた一人ですよ。

161 :Mr.名無しさん:05/01/10 15:52:19
俺はナウシカ上映時に映画館で見て、
その後3日ほどボーっとしてたよ。
それから、兄と一緒にランラン歌いながら
ナウシカの真似して遊んでたのを思い出す

162 :Mr.名無しさん:05/01/10 16:04:40
俺も、ナウシカ見た直後、妙にゴキブリやハエにやさしくなって
「森へ帰ろう」と逃がしてやり、お袋にしかられた。

163 :Mr.名無しさん:05/01/10 17:05:32
子供ながらに、
「何で自分は終末の世界のお姫様でないんだろう」と
思った。

164 :Mr.名無しさん:05/01/10 17:28:30
「ハウルの動く城」というタイトルを見た時点で、
「その城が最後に壊れるんだな」と思ったのは俺だけではないはずだ

165 :Mr.名無しさん:05/01/10 19:19:58
余談だが、漏れは少し前、東村山市に住んでいた。
近くに川があって、そこらへんは所沢市なんだが、
宮崎駿会長と草取りをしよう!みたいな張り紙が貼ってあった。
宮崎駿さんは所沢在住で、自然保護活動団体の会長をやっているらしい。

下記URLの一番下の段落参照:
http://www.asahi-net.or.jp/~HH2S-FJMT/jsm/971/rteduka.htm

166 :Mr.名無しさん:05/01/10 19:24:18
しかしどうして歳取るとエコとか反戦とか芸術とか、そう言う方向に行っちゃうのかな。
野坂昭如(反戦運動に夢中)とか宮崎駿(エコ運動に夢中)とかビートたけし(芸術家気取り)とか。
名誉欲が出ちゃうのかねぇ、歳を取ると。

167 :Mr.名無しさん:05/01/10 19:30:41
>>166
年取るっつうか、ペ・ヨンジュンやチェ・ジウもそうだけど、有名になって金持ちになると
社会に還元したいとかってあるんじゃないのかなぁ

168 :Mr.名無しさん:05/01/10 19:34:04
余裕のある奴がそういう行動に出るのは
ある意味正しいんじゃねぇのか。

169 :Mr.名無しさん:05/01/10 20:10:55
>>166
それを言うなら、若い頃はパリパリの芸術家気取りで年取ってから
ニューエイジの世界の人になっちゃった坂本龍一でしょ。

宮崎は元々サヨクなんだし、別に齢とってからああなったものじゃない。
俺はサヨクは嫌いだが、齢とって妙に良識的になってしまった人よりは
まだ宮崎の方がずっと良い。
あと、たけしは、齢とって妙に態度が良識的になったとは
思わんけど。(別に俺はたけしが好きなわけではないが。)

>>168
正しくないよ。金銭的に余裕がある/ないと、
個人の思想とは本来無関係であるべき。

170 :Mr.名無しさん:05/01/10 20:33:34
>>169
なんか一見正論そうだけど意味わかんねぇよ。
べつに思想がどうこうとかじゃなくて
テーマは「金額の大きい寄付や社会的貢献する人は
大概金持ちがするもんだよね」ってことだろ。

171 :Mr.名無しさん:05/01/10 20:38:21
>>170
ん?
「大抵金持ちがする」というのは、そうかも知れんが
だからといって、
それが倫理的に「正しい(>>168)」というのとは別だと思うが。
まあどうでもいい話なんであまりこの議論を続けても意味がない。

172 :Mr.名無しさん:05/01/10 20:41:23
キムタクも自己流にやらなければ
なかなかやるなと思った

173 :Mr.名無しさん:05/01/10 20:43:55
>>171
倫理的に正しいっていう意味じゃないだろ。
「ある意味」っていう微妙なニュアンスを汲み取れよ。

174 :Mr.名無しさん:05/01/10 20:45:01
>>169
>まだ宮崎の方がずっと良い。
いや、別に良い悪いではないんだけどもさ。
ただ、歳取ると権威(と言ってよいのか?)志向に向かう人が多いなぁ、と思っただけで。

>あと、たけしは、齢とって妙に態度が良識的になったとは
>思わんけど。(別に俺はたけしが好きなわけではないが。)
良識と言うか、権威/名誉的な方向ね。
ゲージュツとかエコとかヘイワウンドウとかね。
俺もたけしは好きではないんだけども。

坂本龍一は…良く判らん。
でもあの人も昔(YMOの頃)は芸術家気取りと言うよりもパンク(テクノだけどさ)だった気が。
音楽は全く疎いんで知ったかぶりだけども。

175 :Mr.名無しさん:05/01/10 20:45:34
デビット・リンチ監督か?
って位意味が分からなかった

176 :Mr.名無しさん:05/01/10 20:47:13
宮崎はもともと左翼だよ。
ナウシカなんか、左翼思想として見るとよく読み解けてしまうわけだが
作者的にはそういう読み方が正しい、というのが怖いところ。
「紅の豚」が何で紅なのか知ってるか?あれは「左翼」の赤なんだぞ。

宮崎の不思議なところは、
ロリコンで、美少女好きで、メカマニアで、左翼で、エコじじい
<であるにもかかわらず>
ナウシカみたいなすごいものを作ってしまう、ということだ。

>>173
「正しい」ってのは「倫理的に正しい」ってことだよ、日本語として(w
微妙なニュアンスとかそういうもんじゃないよ。
まあいい、この話はもうやめ。

177 :Mr.名無しさん:05/01/10 20:50:00
そういや全く関係ないんだが、元左の人はどーして揃いも揃ってエコ方面に行くのだろうか。
今はエコ=左って図式があるけど、本来は繋がりが薄いと思うんだけども。
不思議だ。

178 :Mr.名無しさん:05/01/10 20:52:05
結論は荒地の魔女カワイイってことだな

179 :Mr.名無しさん:05/01/10 20:52:11
>>174
あんたの言う「パンク、テクノ」てのが俺の言う芸術ってことね。
あんたの言う「芸術」は、俺の言葉では「非・芸術、ないしただの名誉欲」ね。
これは単に言葉の遣いの違いの問題だな。

180 :Mr.名無しさん:05/01/10 20:52:59
>>178
 そ れ は な い 。

と、つっこんでおいてやるから感謝しる

181 :Mr.名無しさん:05/01/10 20:54:05
多謝

でも見てる間中本気でそう思ってたんだけどなぁ

182 :Mr.名無しさん:05/01/10 20:54:44
>>177
どちらも、「世界・人類のために」ってところが共通点だな。

183 :Mr.名無しさん:05/01/10 20:57:15
>>172
俺も、キムタコの声には全く期待してなかったけど、
静かなしゃべりはなかなかよかったと思った。

内容が糞なのは、最近の宮崎アニメはずっとなのでなんか慣れてしまった。
今回のは、途中までは盛り上がってたのに、
何故あんな糞エンドなんだろう。

184 :Mr.名無しさん:05/01/10 20:57:40
荒地の魔女は最後の方はたしかに
「かわいい婆さん」キャラになってるかも。
しかし、
「元敵役が後で主人公の見方(の脇役)になり下がる」というのは
何だかドラゴンボールみたいで、俺は好きくない。

185 :184:05/01/10 20:58:39
見方じゃない、「味方」ね。すまん

186 :Mr.名無しさん:05/01/10 20:58:41
>>177
どちらも
偽善的なところが共通点だな

187 :Mr.名無しさん:05/01/10 21:01:15
宮崎は、左翼思想を作品の中に入れはするんだけど、
それを表立って語ることは、しない。
それをやってしまったら作品が台無しだ、ということを
ちゃんとわきまえてるんだよ。
そういう良識は、最初から持ち続けてる人だよね。

188 :Mr.名無しさん:05/01/10 21:12:05
魔女の宅急便までは、感動があったな

豚からだよ パヤオの作品おかしくなったのは。

189 :Mr.名無しさん:05/01/10 21:19:07
しかしよく考えてみると、宮崎って所詮は
よくあるただの左系文化人なんだ。

若い頃に尖った、優れたものを作っていて、
年とってからつまらなくなる、というのは日本人にはよくあることなんだ。
大江健三郎もそう。更に言えば室生犀星もそう。島崎藤村もそう。
宮崎ファンの俺らには極めて寂しいことだが、
要するにそういうことなんだ。

190 :Mr.名無しさん:05/01/10 21:24:35
>>117
ほぼ同意

191 :Mr.名無しさん:05/01/10 21:27:42
>>136
ナウシカとラピュタは別
ナウシカもののけラインと
ラピュタ魔女宅ライン

192 :Mr.名無しさん:05/01/10 23:06:58
>>191
そのグループ分けがどういう基準によるものかわからん

193 :Mr.名無しさん:05/01/11 00:24:17
age

194 :Mr.名無しさん:05/01/11 00:26:24
>>192
規模が違う
後者はあくまでも個人の冒険、成長物語

195 :Mr.名無しさん:05/01/11 00:29:08
ラピュタは微妙にナウシカラインのような

196 :Mr.名無しさん:05/01/11 00:33:02
もののけは、作者は規模が大きいつもりかも知らんが
ナウシカとかに比べて、全然大きく見えない。
むしろラピュタの方が大きいと感じる

197 :Mr.名無しさん:05/01/11 00:37:33
ラピュタはナウシカラインに同意

46 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)